So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
世界の異常気象 ブログトップ

西日本の集中豪雨が発生した経緯が科学的に解析された模様 [世界の異常気象]

今回の西日本集中豪雨が先日私が気象庁の気象衛星レーダーの画像から推測したように

東アジア(フィリピン洋上)と中国大陸(インド洋上)から流れ込み、西日本に集中

豪雨をもたらしていたようです。


(ここから)

西日本豪雨を受けた広島県では、当時、東アジアの広い範囲から、上空に湿った空気が流れ込み、記録的な大雨を降らせていた――。そんなシミュレーション結果を、広島工業大の田中健路准教授(気象学)がまとめた。



7月6日夜と7日未明に降った同県での大雨について、上空にあった、水蒸気を含んだ空気の粒が、数日前からさかのぼって、どこからきたのか、計算した。すると、中国大陸から流れてきた分厚い湿った雲に、太平洋高気圧や南シナ海からの湿った空気がぶつかり、大きな積乱雲が発生。広島県呉市などで猛烈な雨が数十分間降ったことがわかった。
 さらに、7日未明には広く雨が降っていたが、西からの乾いた空気に押されるような形で、降水帯が圧縮されることになり、局地的に強い雨になったという。田中さんは「あたたかく湿った空気の流れ込みと、西からの乾いた空気の強まりの組み合わせによって、線状降水帯のような猛烈な雨が降ったのではないか」と分析する。

(ここまで)

ここまで水蒸気の流れをコントロールできるとしたなら、気象操作しか考えられない

ような気がします。

それにしても、なぜ、日本がここまで集中して狙われるのか?ということですね。






nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

ここ数日の大雨は気象操作なのだろうか? [世界の異常気象]

今、西日本では集中豪雨に見舞われ、かってないほどの被害が出ているようです。

NHKも番組を中断してその光景を報道していますが、なんかおかしいと思わない

のだろうかと・・・。

これまで、こうした大雨は台風が近づいた時や台風が通過した時にしかみられる

ことはなく、それでも、ここまですごい豪雨になることはなかったと思います。

それが、今回は台風が通過した後であり、しかも新しい台風ははるか南方にある

という条件にもかかわらず集中豪雨に見舞われています。

これをどう考えるのでしょうか?

「まあ、集中的に降っているのだから仕方がない状態なんでしょう」と

片づければそれでお終いなのですが、政治的に安倍総理が何かの問題で起き込まれると

こうした地震や大雨などの異常気象が起こると指摘している人も中にはいます。


7月2日の気象衛星写真 台風は九州南端にある
tenki0702.jpg

7月3日の気象衛星写真 台風は本州に上陸
tenki0703.jpg

7月4日の気象衛星写真 台風は熱帯低気圧に変わる
tenki0704.jpg

しかし、このときフィリピンとインド上空に新しい雨雲が発生(赤丸)

7月5日の気象衛星写真 上記赤丸でかこった雲が日本列島へと誘導されている
tenki0705.jpg

7月6日の気象衛星写真 九州に豪雨をもたらす
tenki0706.jpg

7月7日の気象衛星写真 本州を縦状に貫くように雨雲がかかり九州、本州近畿地方に
大雨をもたらし、記録的な豪雨と災害をもたらす
tenki0707.jpg


これまでのパターンだと7月4日に台風が熱帯低気圧に変わった時点で全国的に晴れになる

はずなのですが、新たな雨雲がフィリピン洋上とインド洋から日本列島に集中的に流れ

込んでいることがわかるはずです。もちろん偏西風の影響もありますが、これまでと全く

異なるパターンです。しかも、台風8号はまだ太平洋上に残っていてこの影響はありません。

これらの影響で本来1ケ月で降る雨がたった1日で降るという異常な事態に遭っています。

果たして、これを自然現象と言えるのでしょうか?

少し疑ってみるべきではないかと思っています。







nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

アフリカ全土で水不足 アジアでも干ばつと豪雨の二極化 [世界の異常気象]

アフリカ全土で水不足 アジアでも干ばつと豪雨の二極化


今年の冬の天候はこれまでと違いかなり異常です。

12月後半にかけてドカッと降ったかと思えば1月に入ると月下旬までほとんど

降らず道路は乾いたまま。このまま続くかと思ったら下旬から2度にわたり

ドカ雪が振りました。しかし、その後はまた好天気に恵まれています。

本来なら1月に入れば何日も降ったりやんだりの繰り返しでかなりの雪が積もり

ますが、そうした傾向が見られないのが異常なところです。

世界に目を向けてみればアフリカでは水不足が深刻で周辺諸国でも水を巡った

争いが勃発しているようです。


genyu.jpg


先日沖縄南端の海でタンカーが貨物船と衝突し沈んだため積んでいた重油の

ほとんどが海に流されましたが、日本ではその報道がほとんどされておらず、この

油の流出で日本周辺の海は死の海になると予測されています。かってメキシコ近海

でも油田の採掘施設からの油漏れが起こり、今はそれがヨーロッパの寒冷化を引き

起こしていると言われています。当然日本もその影響を受けることが予測される

のですが、ほとんど報道されないという事は報道規制がされているのでしょう。

また、この重油による海洋汚染と魚類への影響が出てくることであり漁業への

影響も懸念されるところです。今からでも漁民への注意喚起が必要なはずですが

日本政府はこうした場合何もせずそのままということがあります。福島原発の後も

こうした状況でしたが、何がこうさせるのだろうかと思ってしまいます。


(ここから)

アフリカでは頭に水を乗せて運ぶが、運ぶ水が減少している

mizubusoku.jpg
引用:http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/61/91/6aadd9415ea83fe2fc62da136ac5775d.jpg



ケープタウンで水不足

日本ではあまりピンと来ないが、世界とくにアフリカでは2017年から現在進行形で、大干ばつによる水不足が起きています。

南アフリカ第2の都市ケープタウンでは、このままだと4月12日に水道から水が出なくなると説明している。

市では浴槽の水でトイレを流したり、シャワーを90秒に制限するなどの対策を講じています。



また手を洗わずに消毒液などで洗浄する方法も勧められているが、市長は市民が水を節約していないと非難している。

というのは市民はむしろ、水が出るうちに溜め込もうとし、あらゆるバケツや容器に最大限の水を溜め込もうとしている。

それでも市の1日当たり水の消費量は約11億リットルだったのが、半分の5億8600万リットルまで減少している。


こうなった原因は3年連続の低降水量と増え続ける人口で、市の人口は400万人を超えたのに降水量は減り続けた。

市民が給水所で受け取れる水の量は1日25リットルで、これはアフリカのトイレでは2回流す分にも足りない。(市は「小」で水を流すのを禁止した)

因みにアフリカの水洗トイレは1回流すのに15L消費し、日本のトイレは6L以下らしいので、効率が悪い。


給水所では水の奪い合いに備えて、銃を構えた警官や兵士が警備している。

まるで『北斗の拳』のゴーストタウンになった世界のようだが、アフリカ全体で人口増と降水量不足で、同じような状況になりつつある。

給水制限は産業界にも打撃を与え、観光客のキャンセルが発生し、ホテルではペットボトルの飲料水を購入して客に出している。



アフリカ全土で旱魃、アジアは旱魃か豪雨のどちらか

水不足は南アフリカだけではなく、アフリカ各地で発生し、2017年3月にはケニアが「国家災害」宣言し国連に支援を求めました。

ケニアの野生動物も水を得られず大量に行き倒れになり、家畜用の水も不足し農業にも悪影響が出ている。

海賊で有名なソマリアでは、やはり数年前から干ばつが続き、数十万人がなくなり600万人が食糧不足に陥った。


草が枯れたため大量の家畜が倒れ、周辺のエチオピアやケニアも同様の状態になった。

農業が壊滅したため海賊の動きが活発化し、2017年は商船への襲撃が増えたと言われている。

水不足から水の奪い合いが起き、紛争や戦争に発展する可能性も高まっています。


エジプトとエチオピアはナイル川の水を争っていて、上流でエチオピアがダムを建設して水を止めようとし、実現するとエジプトは水資源の大半を失う恐れがある。

インドとパキスタンも水を巡って争っており、パキスタンは「水の聖戦」を呼びかけている。

パキスタンは水資源をインダス川に依存しているが、上流はカシミール地方でインドが占領していて、度々戦争が勃発している。


イスラム過激派は「インドが我々の水を奪っている」として、国民にジハードを呼びかけている。

インド沖の島国スリランカも水不足に陥り、2016年はほとんど雨が降らず、2017年5月には逆に豪雨災害に見舞われた。

島国では干ばつと豪雨に交互にみまわれる傾向があり、日本でも極端な少雨と極端な豪雨が増えている。


イスラエルも4年連続の水不足で悩まされていて、「嘆きの壁」で雨乞いの儀式を行い、農業・農村開発相は市民に神に祈るよう呼びかけている。

イスラエルはアメリカの援助があったりお金持ちなので、海水を淡水化することで水道水を確保している。

東南アジア諸国でも旱魃か豪雨のどちらかという極端な気候が増え、地球温暖化の影響だといわれています。

(ここまで)


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

長野駅前で透明な犬が目撃される? [世界の異常気象]

こんなことってあるのでしょうかね?
確かに動画を見ているとひもの先についている洋服らしいのがピクピク震えながら移動して
いるのがわかるので、いったいこれは?しかも日本ですよ!
当たり前のように歩いているので、行き交う通行人も驚いてましたね。

今年は正月早々いろんなことが起きているようです。




https://twitter.com/kouheijudgment6/status/683564221934649344
https://twitter.com/yaba_doga/status/683612780344115200




nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

カナダで起きた氷の津波? [世界の異常気象]

信じられない光景です。
いくら異常気象が顕著とはいえ、このようなことがあるのでしょうか?

In Deep最新記事より


(ここから)

カナダ西部のマニトバ地区で、ドーフィン湖の湖岸のいくつかの家が「氷の波」によって
破壊された事態を受けて、現在、地区の緊急事態状態が宣言されている。

湖の南岸に位置するいくつかでは9メートル程度まで氷が積み上がるような状態になる
まで氷が押し寄せているという。これまでに少なくとも6つの家やコテージが氷の波によ
って破壊され、その他にも地盤などに甚大な被害を受けた家屋などが14軒ある。




(ここまで)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog
世界の異常気象 ブログトップ