So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:私はしたくない、それだけを伝えてください!」 [アセンション]

世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:私はしたくない、それだけを伝えてください!」




(ここから)

今日のアシュタールからのメッセージをお伝えしますね^^

「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

エネルギーをひかないでください。

どうやって我慢しようと考えないでください。


エネルギーをひくということは我慢を受け入れるということです。

一度我慢を受け入れると、我慢の回路が開き、ずっと我慢をするタイムラインが続く

ことになってしまいます。


あなたが我慢をすると、あなたに我慢を強いた人はそれでいいと思ってしまうのです。

だから、もっと我慢を強いることを要求してくるのです。


これをしてください、と言われたとします。

あなたはちょっとだけイヤだなと思います。

でも、そこでイヤだと言うと角が立つし、関係が悪くなってしまうかもしれない・・と思い

このくらいならいいかと我慢し受け入れるとします。


それをあなたに頼んだ人は、あなたがそのことをイヤだと思っているとは知りませんので

それでいいと思ってしまいます。

ならば、また何か同じようなことが起きたらあなたに頼めばいいと思ってしまうのです。

そして実際にまた頼まれることになります。

だんだんお願いではなく、やって当たり前という感じになって来るのです。

そしてもっと断りずらくなって行くということです。


分かりますね。

これがエネルギーをひくということです。

仕方なしに受けてしまうと、それでいいと思われ、もっと大きな頼まれごとが続くと

いうことになるのです。


引くと押されるということです。


でも、エネルギーをひかないでくださいということは、対立ではありません。

ケンカ腰になるということではないのです。

ここがあなたにとってむずかしいところだと思います。


あなた達はエネルギーをひくことが良いことだと教えられてしまっています。

我慢は美徳、人のために自分は犠牲になる(自己犠牲)は素晴らしいことだと教えられてしまって

いるので、自分の意見をいうことに慣れていないのです。

断ることに慣れていないのです。

断ることはいけないことだと思い込んでしまっているので、断るときに大きな罪悪感に襲われるのです。

だから、ついつい対立的な言い方をしてしまう傾向にあります。


言っていることが伝わっていますでしょうか?

断るのは相手にとってとてもイヤなことだから、きっとイヤなことを言われるに違いない・・と

自分の中で考えてしまうので、身構えてしまい、キツイ言い方になってしまうということです。

とても深刻な言い方になってしまうのです。

それは、対立のエネルギーで返してしまうことになり、相手もそれを受け取ると気分を害し、

あなたにまた対立のエネルギーを返してくるという悪循環になってしまいます。


シンプルに簡単に軽い気持ちで言えばいいのです。

あなたのそれはしたくないと思う気持ちを素直に表現すればいいだけなのです。

それはしたくないです・・それだけでいいのです。

謝る必要もありません。

ただ、私はしたくない・・それだけを伝えてください。


それが出来るようになると、エネルギーをひくことがなくなります。

だから、我慢することもなくなるのです。


何に対してもエネルギーをひかなくなると、誰もあなたにムリなこと、我慢させることを言わなく

なるのです。

そして、あなたも誰とも対立する必要もなくなるのです。


スッと立つ・・前のめりにケンカ腰に対するのでもなく、引いてオドオドしたエネルギーを

出すのでもなく、ただスッとあなたそのままで立っていてください。

そうすれば、あなたは自分の現実をスムーズに動かすことが出来ます。



言葉ではとても分かりにくいと思います。

でも体験するとすぐに分かります。

自分がいまどういうエネルギーを放出しているか・・それをいつも意識してみてください。

あなたが出しているエネルギーがあなたの現実を創造するのです。

だから、客観的に自分のエネルギーの状態を見ることが出来るようになれば、あなたは自分の

現実を好きなように出来るのです。



今日は観念的な話になりましたので、頭では理解しにくいと思いますが、分からないと

思うのではなく、エネルギー場には響いていますので大丈夫です。

あ~、そんな話もあるのね・・くらいに聞いていただければと思います。



あなたに愛をこめてお伝えいたします。」


ありがとう、アシュタール!感謝します。

(ここまで)



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

破・常識 あつしの歴史ドラマ「アシュタール:宇宙ファミリーのメッセージ・・・」 [アセンション]

破・常識 あつしの歴史ドラマ「アシュタール:宇宙ファミリーのメッセージ・・・」



(ここから)

今日の破・常識!



宇宙ファミリーのメッセージを理解しようとしなくても大丈夫。

エネルギーで感じてください・・その意味が分からなくてもいいので、

ただそうしようと意図すればいい・・・らしい(笑)

 
=========================================


では、アシュタールからのメッセージをお伝えします。









「こんにちは こうしてお話し出来ることに感謝します。

私は、新しいこと、あなたの知らないことを

お伝えしているのではありません。

私がお伝えしていることは、すでにあなたも知っていることなのです。

あなたが惑星テラの物質次元に転生する時に忘れてしまった知識、

情報を思い出して頂けるように、思い出すきっかけになるように

メッセージにエネルギーを乗せているのです。

あなたは、私たちのメッセージを言葉だけで受け取っているのではなく 

エネルギーとしての情報も一緒に受け取っているのです。

ですから頭では理解できなくてもエネルギー場では理解できています。

そのことを信じてください。

そしてあなたのタイミングが来た時に 

エネルギー場で理解していたことが”腑に落ちる”

という感覚で理解することが出来るのです。


あなたのハートはすべてを知っています。

でもあなたのハートは思い出せないように

たくさんの釘が刺さっています。

それはあなたを支配・コントロールしている存在たちが 

あなたが軽い波動領域のエネルギーを

思い出さないように刺した釘です。

マインドでの知識、常識、倫理、道徳、科学、合理性、効率、などが

釘のようにあなたのハートに刺さっているのです。

その釘を抜かないとハートからの情報を

受け取ることが出来ないのです。

私たちは、その釘を少しづつ抜くお手伝いをしています

新しい情報をお伝えしているのではなく 

メッセージとしてあなたのエネルギー場を刺激し

あなたもすでに知っているハートの情報を受け取ることが出来るように

釘を抜くお手伝いをしているだけなのです。

私たちに出来るのは 釘を抜くお手伝い

(きっかけをつくる)をすることだけです。

実際に少しづつ釘を抜いて行くのは 

あなた自身だということを分かってください。

私たちが出来るのはきっかけをつくることだけです。

それにはタイミングがあります。タイミングは、人それぞれです。

タイミングを大切にしてください・・

早ければいいというものではありません。

ですから今わからないことがあっても心配はいりません。

もちろん私は理解できないダメな人だ・・

なんて思う必要は全くありません。

今頭で理解出来なくても大丈夫です。

反対に頭で理解しなくてはいけない・・と思わないでください。

頭(マインド)で理解しようとすればするほど迷子になってしまいます。

私たち宇宙ファミリーのメッセージは 

あなたのハートにしっかりと届いています。

それを信じていてください。

エネルギー場で少しづつ あなたの釘は抜けていっています。

その釘は何本も数えきれないほどありますが 

一本抜けるたびに何かが分かります。

抜ける前には分からなかったことが 抜けたときに”あっ、わかった!”

という状態になります。それもタイミングです。

タイミングが来るのをあなた自身を信じて待っていてください。

必ずタイミングはきます。

一度に無理に引き抜くことは

非常な苦痛を伴いますのでお勧めしません。

痛みは緊張を伴いますので身体もハートも硬くなってしまいます。

固くなると 抜けにくくなります。

そうですね・・固くなっている地面から抜くのが大変ですが 

柔らかい地面から抜くのは楽で簡単ですね。

少しづつすこしづつ 感じるか感じない程度に

抜いていくのがいいと思います。

ですか リラックスが大切なのです。

リラックスしていると気持ちよく抜けて行きます。


で、毎日お伝えしていることになりますが(笑)・・

リラックスするために楽しいことをしていてください。

楽しいことに夢中になっているとマインドが止まります。

マインドが止まるとハートが柔らかくなって

刺さっている釘が抜けるのです。

私たち宇宙ファミリーのメッセージを理解しようとしなくても大丈夫です。

エネルギーで感じてください・・その意味が分からなくてもいいですので、

ただそうしようと意図してください。

それだけで充分受け取っていただけます。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」



ありがとう、アシュタール!

(ここまで)



進ちょく状況はひとそれぞれということです。

中にはまだこの世界の時間がかかる体験を楽しみたい人もいるだろうし、無理にあせって

釘を引き抜こうとしてはいけないだろうと思います。

一気に釘を抜いたら、その影響で私たちの脳がパンクしてしまいます。

その場合、耐えられれば無事に通過できると思いますが、耐えられなかった場合には精神が

破たんします。なぜなら、それまでのマインドの常識では思いもよらないものだからですね。


アシュタールのメッセージには多くのチャネリングメッセージにあるような膨大な科学的な

知識をようするものはありません。だから、良いのですね。

そう書くと反発されるかもしれませんが、そうした情報は必要であればネットでググると

いくらでも出てきます。しかし、その情報が正しければいいのですが、そうでなかった場合には

全く違う方向へ誘導されてしまいます。だから、アシュタールも出さないのでしょう。

なぜなら、そうしたと知識を理解するための素地が必要であり、現代の3次元科学では到底

理解できないものがあり、誤解を生むことになるからですね。その誤解が大きく未来を変えて

しまうので、そうしないとも言えます。


今はたいくつかもしれませんが、じっくりとメッセージを聞き、今の自分にとって必要な

ものなら活用し、そうでないならいったん受け止めておくということでもいいでしょう。






nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog