So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

世にも奇妙なフツーの話「さくやさん:名前って・・・なに?」 [アセンション]

世にも奇妙なフツーの話「さくやさん:名前って・・・なに?」



(ここから)

新しく最高裁判事になられた方が自分は旧姓を使うと表明したそうです。

それに対していろんな意見がネットで出ていました。

先日も大手の会社の社長さんたちが「選択的夫婦別姓制度」を

求めて提訴したとか・・


どうしてこんなことが話題になるのかさえよく分からないんですよ、私。

別に国民全員を別姓にしてくださいと言ってるんじゃなくて、

別姓でも良いという選択肢を増やしてくださいと言ってるだけなのに、

そんなことをしたら結婚制度が崩壊するとか、別姓にしたら家族の絆?が

なくなってしまうとかいう意見が結構あったんですけど・・

なんか???って思ってしまいました。

名前が一緒なら固いきずなが結べるってもんじゃないと思うし、名前が

一緒でもダメなものはダメなんだし・・

どの名前を名乗るかは自分で決めてもいいと思うんですけどねぇ~~。

そこんとこどうなの~?教えてさくやさ~ん


「名前ってね、そもそも個人のエネルギーを特定するためのものなのよね。

さくやさんってあなた達は私を呼ぶけど、私にはそもそも名前は無いの。

私は私の個性のエネルギーがあるだけ・・エネルギーで存在している世界では

その個性のエネルギーを感じて、その存在を認識しているのよ。


あ~、このエネルギー(雰囲気)はこの存在ねって感じ。

でも、エネルギーをそこまで認識出来ないあなた達は、名前という認識方法

を使わないとなかなか難しいから、一応名前を使ってるだけなの。

最初に名前というものが出来たのはそういう経緯からなの。


でもね、その名前というエネルギーの認識方法だけが最近になって

一人歩きしてしまったの。

所有という方向へね・・日本では特に明治維新後からね。


江戸時代には庶民は苗字(名字)は使わなかった。

個々の名前だけで十分だったの。

いまのような家制度がしっかりと制定されたのは明治維新以降だから。

江戸時代は封建制で家に縛られ、個人の自由などなかったというのは

庶民にはないの。

それは武士や公家など一部の支配階級だけの話。

しっかりとした戸籍などの制度が出来たのは明治維新後だから。

庶民たちを管理するため(税金などを徴収するなど)に戸籍が便利だったのね。


だから、江戸時代は庶民には必要なかった苗字(名字)を明治になってから

全員に使わせるようになったってこと。

それから庶民たちも一部の支配者たちの概念である家族の一員は家族の

所有というような考え方になってしまったの。

家族ありき、組織ありき・・で個人が軽んじられるようになっていったの。


家という組織になったとき、個人はその所有物と化すの。

苗字(名字)というのは、その概念ね。

○○家の当主、○○家の長男、○○家の嫁・・この概念になったとき

個人のエネルギーは消えてしまう。

個人ではなく、組織の一部としてカウントされてしまうということ。


そういう考え方をしている人にとっては、苗字(名字)はとても大切なものと

なるわけ。

個人のエネルギー、名前が主となってしまうと、組織の統制が取れなく

なってしまい不安になるから。


組織の中に人がいるのではなく、感性の合う人たちが集まって出来る

組織ならば、ひとつの統制された名前は必要ないのよ。

組織ありきになってくると、統制された名前が絶対になってくる。


家制度という組織が大切だと思う考え方だと、苗字(名字)は絶対に必要となる。

でも、家制度という概念で家族になるのではなく、感性があって一緒に

いたいと思う人たちにとっては苗字(名字)はどうでもいいことと思える。


それだけのことなの。

どこに価値観を置くか・・それによって見るものも変わってくるし、

考え方も変わってくる。


どちらを選ぼうとその個人の自由だと思うけどね。

でも、家族、結婚などの価値観が変わってきているのは確かね。

価値観って言うのは、その時代に生きている人によってどんどん変わって

行くの。

変化、進化していくものなのよ。

変化すること、進化することに抗えば抗うほど辛くなっていくわ。

臨機応変に変化、進化していけばいいと思うんだけど。


宇宙に変化しないものは無い。

変化するからこそ、安定するんだから。


あなたたちをこころから愛してるわ~~」


ありがとう、さくやさん!

私たちもさくやさんをこころから愛してるよ~~^0^

(ここまで)

夫婦別姓でも同性でもどちらでもいいような気がしますが、今までの流れだと

夫婦であることを証明するひとつの手段のようなものなので、社会的には同性

でああった方が何かと便利じゃないかと思いますね。

夫婦別姓を望む人は自分の親の家族や家柄を重視しているのだと思います。

つまり、別の家に入ってそこの住人になりたくないと表明しているようなもの

ですね。今回最高裁判事になった方は進歩的な人として有名で特に女性の独立

に力を注いできたような人なので、別の角度から見れば差別されたくないという

思惑がそこにあるように思えます。そこをどう見るかによりますが、何でも

女性を貶めていると見てしまえばそれ以前の問題があると言わざるを得ないような

気がします。

この人が判事になったのでおそらく夫婦別姓認可をいう流れになっていくことが

予想されますが、社会的混乱がなければいいですね。



nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

破・常識 あつしの歴史ドラマ「アシュタール:カギは振動の速さ・・・・」 [アセンション]

破・常識 あつしの歴史ドラマ「アシュタール:カギは振動の速さ・・・・」


(ここから)


今日の破・常識!



あなたの身体は、どうにでもデザインすることが出来る・・・らしい(笑)



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


では、アシュタールからのメッセージをお伝えします。







「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

もう耳にタコ・・かもしれませんが(笑)

すべては波動で出来ています。

波動を粒子のようなものだとイメージしてみてください。


例えば、水も水の粒子から出来ています。

粒子というか決まった粒子がくっついて水になっているのですが・・

細かいことは横において 

ざっくりとイメージしやすいようにお話ししますね(笑)

水の粒はたくさんあります。

そして水の粒の振動が遅くなったり速くなったりすることで

形態が変わってくるのです。

水の粒粒は何も変わりません。

ただ振動が変わるだけです。

水の粒の振動が速くなると蒸気のような形態になります。

振動が遅くなると粒が結着して氷のような形態になります。

このことは容易にわかりますね・・。


あなたの身体も粒子で出来ています。

ですから水と同じようなことが起きても不思議ではないのです。

水に熱(エネルギー)を加えると 

粒子の振動が速くなり蒸気になります。

水から熱をとると振動が遅くなり固まり氷になります。

この熱のエネルギーの代わりになるのが 

あなたの思考エネルギーなのです。

あなたの思考エネルギーによって身体の振動は変わってくるのです。

軽い思考エネルギーで刺激を与えると 

振動は速くなり(波動が軽くなり)ます。

重い思考エネルギーで刺激すると振動は遅くなります。

蒸気が素早くいろんなところにとどいたり、形が変わるのと同じように

あなたの身体も振動(波動)が軽くなると 

いろいろな形になることが出来るようになります。

身体はずっと変わらない固定したものではない・・ということです。


例えば、氷として存在している水も 

熱を加えて溶かした後(水の状態にした後)

また別の形の入れ物に入れて冷やせば 

前とは違った形の氷になりますね。

それと同じです。

熱を加えたり、冷やしたりすることで 

形はいくらでも変えることが出来るのです。

形は変わっても水であることは変わりません。

材料はどこにでもいくらでも無限にありますので 

どんな形にもどんな大きさにも出来るということです。


水の粒もあなた身体を作っている粒も同じものです。

ですから水に出来ることは、あなたにも出来るということになりますね(笑)

水を刺激するのは熱エネルギーです。

あなたを刺激するのはあなたの思考エネルギーです。

それも形態が違う、呼び方が違う・・それだけです。


あなたが自分の身体は固定されていて 

結着を解く事が出来ない・・という思い込みを外すことができれば 

あなたの身体は、どうにでもデザインすることが出来るのです。

歯も生えてきます・・傷も瞬時にくっつきます・・

何かのダメージが身体に起きても

あなたの思考エネルギーで治すことは可能なのです。

そして今、あなたの社会で身体に悪い・・

身体に悪い影響を及ぼすと思われている物質であっても 

あなたの思考(波動)エネルギーを そこに共振させなければ

あなたの身体に影響を及ぼすことができなくなるのです。

あなたの身体に悪影響を及ぼすと思われている物質は 

振動の遅い物質です。

波動の重い物質です。

ですから、その影響を受けなくするには 

あなたの身体の振動を速めればいいのです。

身体の振動と思考の振動は連動していますので 

思考を速く軽い振動にしておけばいいと言うことになります。

思考エネルギーを速い振動、軽い振動にするには 

軽い感情エネルギーであなたを満たしておけばいいということです。

軽い感情エネルギーと言うのは 

楽しい うれしい 幸せ ワクワクなどの気持ちです。 

ご機嫌さんでいるということです。


ご機嫌さんでいれば病気にもなりません。

病気の原因は突き詰めていけば 

化学物質だとか添加物だとか放射能だとか・・ではなく、

あなた自身の重く粗い思考エネルギーなのですから。。

好きなこと 楽しいこと ワクワクすることをしていれば 

リラックス出来、身体の振動が速くなり軽くなりますので 

重い振動には共振しなくなります。


今日は、身体のことでお話ししましたが 

すべてのカギは振動の速さだと言うことです。

すべては波動で出来ているのですから・・・

”波動使い”として波動を理解し、使いこなしていってください。

出来ました×3 感謝します×3 ありがとうございました×3

祝文も忘れないでくださいね(笑)


あなたに愛をこめてお伝えいたします」



ありがとう、アシュタール!

(ここまで)


すべての物質は波動で出来ていてそれは振動しているという事ですね。

その振動の速さ=振動数という形で表されるので、その振動数が速い=波動が軽いほど

変化させることが容易であるということです。

そして、その変化をさせるエネルギーは私たちの思考にあり、その思考が軽ければ軽いほど

物質を変化させる力が大きく働き、形を変えることが容易になるという事ですね。


なかなかすぐには難しいかもしれませんが、実際にはすでに使っているかもしれないですね。

それは物質を変えるという事ではなく物事の流れを変える、あるいは自分にとって思いがけない

ほど良い方向に変化するということでも体験できると思います。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog