So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

世にも奇妙なフツーの話「さくやさん:その気にならないんです!どうしたらいいんでしょうか?」 [アセンション]

世にも奇妙なフツーの話「さくやさん:その気にならないんです!どうしたらいいんでしょうか?」



(ここから)

いきなりな話題ですが・・・

SOXレスで悩んでいる・・というお話しを聞きました。

無いから悩んでるんじゃなくて、SOXをしたくないから悩んでるっていうことなんです。

この悩み女性に多いかも・・特に子育て中の女性で同じような悩みをお持ちの

方も結構いらっしゃるかも・・


パートナーのことは好き・・でも、そんな気にならない。

でも、パートナーからは求められる・・でも、身体がムリ・・

そんなこんなでパートナーとの関係もなんかギクシャクしてしまって・・

どうしたらいいのぉ~~・・ってことに。

男性も毎日のハードワークで、深夜に帰宅する日が続くと・・やっぱりねぇ~

疲れ果ててそんな気にならない・・そしたら、パートナーに”もう愛してないのね・・”

な~~ンってことを言われかねない・・どうしたらいいのぉ~~・・って叫びたくなる。


ホント、これってパートナーとの関係において、重要な問題なんですよね。

ねぇ~、本当にどうしたらいいのぉ~~・・教えてさくやさ~ん^0^;


「先ずね、あなた達も分かっていると思うけど、忙しすぎて、疲れ過ぎなのよ。

そんな気にならない・・って言うのは、疲れすぎだから。

こころと身体に余裕がなきゃ、したいと思わないわよ。

疲れすぎて、反対にSOXしたいと思う人もいるかもしれないけど、それはある意味

エネルギーバンパイアのSOXね。

これはまた違う話になるから、また違う機会に話をするとして・・


先ずね、あなた達のSOXに関する認識がおかしくなってるのよ。

SOXってね、いわゆる結合だけのことをいうんじゃないのよ。

SOXってね、愛のエネルギーの交流なの。

とても素晴らしいエネルギーの交流なの。


高次元では、いつも行われてることなんだけど、大きなエクスタシーをもたらして

くれることなのよ。

高次元では、身体を持ってないことが多いから、あなた達のような愛のエネルギーの

交流はしないけどね。


あなた達は、身体を持って、分離した状態でその愛の交流をしてみたい、身体を持った

状態で高次元のエクスタシーを感じてみたい・・と思って、物理次元のテラに転生したの。

だから、SOXって言うのは、素晴らしいことなのよ。


でもね、その認識を歪められてしまったの。

あなた達を支配・コントロールしている人たちは、あなた達にその素晴らしい交流を

知って欲しくないの。

だって、その高次元のエクスタシーの感覚を思い出されてしまったら、もう彼らがつくった

小さな磁場の檻に閉じ込められなくなってしまうから。


だから、出来るだけ気持ちの良い(高次元のエクスタシーを感じるような)SOXを

させたくないのよ。

だから、間違った方法ばかりを教えるの。

特に女性が感じないような方法ばかりをネ。


身体的に結合することだけがSOXだと教えるのもそのため。

そうじゃないの・・ただ手を触れること、それだけでもちゃんとエクスタシーを

感じることが出来るのよ。

ただ、眼を見つめ合うだけでも、ちゃんとした愛の交流になるの。


そしてね、SOXは恥ずかしいものだという観念も植え付けた。

隠さなければいけないこと、SOXのことを考える人は淫らな人・・ってね。


SOXは恥ずかしいことでも、隠さなきゃいけないことでもないの。

ご飯を食べるのと同じくらいの事なのよ。

食べたいときに食べたい物を食べればいいし、同じようにSOXしたいときにすればいい。

そして、結合的なことをしたくない時はしなくていい。

ただ手をつなぎ、見つめ合うだけでも十分に愛の交流が出来るのよ。

十分に高次元のエクスタシーのエネルギーを感じることが出来るのよ。


それを忘れないでね・・

だから、もしそういう状態になってしまったら、まず身体を休めること。

それが先ね・・身体が休まって、こころにも余裕が出来ればまた気持ちも変わるわ。


そしてね、ムリすることないってこと。

ちゃんとパートナーと話しあうことが大切なのよ。

あなたがいまどう思っているか、どうしたいのか・・をね。

ただの処理・・そんな悲しい考え方はやめてね。

あなた達はそんな悲しい存在じゃないんだから。

SOXは義務でも、奉仕でもないの。

そんな風に考えちゃうから、ますますイヤになっちゃうのよ。


SOXは二人で楽しむもの。

どちらかが我慢していたら、愛のエクスタシーなんて感じられないわよ。

どうしたら気持ちよくなるか・・その時々で二人で話し合うの。

手をつないでいればいいのなら、手をつなぎましょう・・って言えばいい。


そしてね、女の子は特に、時間がかかるの。

ゆっくりゆっくりその気になって行くの。

そのことを男の子にちゃんと伝えてね。

その過程を飛ばしてしまうと、女の子は苦痛になることがあるのよ。

その苦痛が何度も続いてしまうと、SOXそのものがイヤになっちゃう。

男の子は、そのことをあまり分かってないの・・って言うより、さっきも言ったけど

間違った方法ばかりを教えれらてしまってるから、女の子の感覚がわからなくて

とにかく刺激さえ強くすればいいと思ってる。

そうじゃないの・・刺激は出来るだけ少なく、ゆっくりとしたペースが女の子にはいいの。


それをちゃんと女の子は男の子に伝えなきゃ・・恥ずかしがることないのよ。

女の子がちゃんと伝えれば男の子もわかるから。

そしたら、とても気持ちの良い(高次のエクスタシーを感じることが出来る)SOXを

することが出来るから。


とにかく話しあうことね。

そして、身体を休めること。

そして、出来ればいつもとは違う環境に行けばいいと思うわ。

環境も大切だから・・雰囲気でも大きく感情は変わるから。


SOXに関しては、伝えたいことがたくさんあるんだけど、どんどん長くなってしまいそう

だから、今日はこの辺にしておくわね(笑)


あなた達をこころから愛してるわ~~」


ありがとう さくやさん!

私たちもさくやさんをこころから愛してるよ~~^0^


(ここまで)



やはり疲れすぎと世の中「禁欲」が良いと刷り込まれ過ぎているからですね。

最近コンビニでも大人本撤去とか・・・・。

そこまで無くしたらかえって興味が大きくなってしまい、犯罪でも起こさないかと心配に

なります。

欲望は抑えれば抑えるほど暴走する可能性があります。

と言っても、これは普通の場合です。

仕事で疲れ、毎日の家事炊事で疲れ、数多いストレスにさらされると心が疲れてしまうので

SOXに対する興味も減退するのは当たり前ですね。

それに輪をかけるのが、世の中の禁欲主義です。

だから、SOXレスが当然となります。


これって、少子化のために誘導されてるんじゃないかと思われる節があります。

できるだけSOXさせない!しないように仕向ける。

当然、子供が減り、日本の社会全体が少子化になり、自然と老人が増え国の活力も衰え

数十年後には人口5千万人まで減るかもしれないですね。

ある記事で少子化の原因は結婚した男女が子供を産まないのではなく、結婚する人の数が

全体的に減少しているからだとありましたが、まさにその通りですね。

その原因は何かというと貧困化です。結婚しても二人で生活できても子供を育てるだけの

経済的余裕がないので結婚するのをあきらめているということです。

だから、最近独身の人が増えていますね。


何かと性犯罪だけがクローズアップされますが、これは学校教育からは戦後しばらくは行わ

れていた性教育は破廉恥という事で削除され、十分な避妊法を教えられず、何も知らずに

そのまま大人になるからこうした犯罪が増えるのです。またSOXに対する社会的許容度が

低くなってしまっているので、すべてが犯罪です。セクハラも肩に手を触れただけで訴えら

れるケースもあるので困ったものです。


昔のようなあけっぴろげな風習も現代にはなじまないかもしれませんが、それなりに

欲望解消法としてあったのでそれも必要悪として許容される範囲であれば許されても

いいのではないかと思います。


また、異性を異性として見るのではなく単なる人として見てしまうので感じる魅力が

減退しているのもあるかもしれませんね。

いずれにせよ、無理にしたくないものはする必要はないし、相手に魅力を感じれば自然に

互いに求めあうものでもあるので、疲れない生活を心がけることでしょう。




nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

破・常識 あつしの歴史ドラマ「アシュタール:宇宙のすべては変化している・・・」 [アセンション]

破・常識 あつしの歴史ドラマ「アシュタール:宇宙のすべては変化している・・・」



(ここから)


今日の破・常識!



私たちは、常に未来の安定のために 

           今を我慢する・・という状態が

                 当たり前になってしまっている・・・らしい(笑)



では、アシュタールからのメッセージをお伝えします。








「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

あなた達の目的は”安定”になってしまっています。

頑張れば安定した人生が送れるんですよ・・と教え込まれて。

そして常に未来の安定のために今を我慢する・・という状態が

当たり前になってしまっているのです。


しっかりと勉強して(今の子供時代を好きなことをせずに我慢して)

いい大学をめざし、そして大きな安定した(潰れることのない)

会社に入り、そしてそこでも頑張って高い地位に就くことで 

たくさんの収入を得て最後まで安定した生活をする・・・


結婚することで(契約を交わすことで)一生同じ人と安定した

愛に満たされた夢のような生活ができる・・・


安定した生活・・これがあなた達の夢であり喜びになっています。

そして その安定をなくすことが、とても大きな怖れになりますので

もしそれを手に入れたとしても今度は無くさないように守りに入り

常に緊張を強いられるのです。

まだ安定した生活をしていない人、できなかった人たちは 

その生活を手に入れた(入れていると思っているだけ)人を 

羨望の目で見ながら 反対に苛立ちをも感じる。


これらはすべて幻だということに気が付いてください。

宇宙に安定などないんです。

そのような幻を追い求めているうちは、いつまでも心身ともに

平安を感じることができません。


安定したと思っていても、いつそれが無くなるかわからない・・

(大きな会社に入っても、今の時代潰れるかもしれない、

リストラされるかもしれない。

結婚しても、そのパートナーとどうなるかわからない。・・など、)

それを知っているから それを守ろうとして心の平安が無くなるのです。

あなたが望んでいる安定は、宇宙的には反対のことなのです。

あなたの考えている安定は不変化なのです。

宇宙には不変化はあり得ません。

宇宙のすべては変化している(循環)しているから健全を保てるのです。

変化が平安(平和 調和)をもたらしてくれるのです。


不変化を求めていると平安ではいられなくなります。

安定(不変化)は幻(未来)を生きているからです。

平安に居たければ未来などの幻ではなく 

”今 ここ”を生きてください。

”今 ここ”を生きていれば変化が怖くなくなります。

変化を受け入れることが出来るようになります。

未来などの幻のために今この時を我慢していると(犠牲にしていると)

次の瞬間も我慢しなければいけない事になります。

安定を求めているとずっと平安を感じることができないのです。

”今ここ”を 生きることで 

今この時だけにフォーカスして楽しんでいると 

次の瞬間も楽しい現実を創造することができるのです。

平安の中で生きることができます。


思考はエネルギーです・・思考が先、現実はあと・・

ですから、あなたの中が平安(平和、調和)で満たされれば 

あなたの現実は平和なものになります。

それが言うなれば”安定”だとも言えますね(笑)


あなたに愛をこめてお伝えいたします。



ありがとう アシュタール!

(ここまで)

私が子供の頃はほとんど勉強らしい勉強はしませんでした。

特にいい学校に入っていい会社に就職するなんていう考えがそもそもありませんでしたから。

だから、毎日が好きなように生きて好きなように遊んでいました。

毎日近所の悪ガキどもと低学年から高学年まで一緒になって鬼ごっこやかくれんぼ

はては見知らぬ場所の探訪(近所の工場の裏地とか空き地は絶好の場所でした)、探検

でなければ近くの山で山菜取り、川で魚採りなどいろいろありました。

春になればへびのねぐらを探して歩き、夏になれば川遊び、秋になれば家でおとなしく

していて、冬になれば雪合戦やスキー・スケートと時節に合った遊びがありました。

宿題は?というとほとんどやってませんでした。夏休みの日記帳なんかは真っ白で

休み明けの数日前にまとめて書こうとするのですが、何も書けずそのまま提出でした。

でも、先生にたしなめられることはあっても怒られることはありませんでした。

当時はゆったりしていて、受験勉強なんかは中学校3年生までないものと思っているので

まったく勉強らしい勉強はしなかった記憶があります。さすがに親はこれでは将来乞食に

なるかもしれないと危ぶんでいましたが(笑)・・・。


今はいろいろ聞いてみるとそんな余裕なんかまったくないみたいですね。

詰め込み主義の学校教育に精魂尽き果て、終われば塾通い、帰れば自習、残るのは

寝る時間だけ、せいぜいゲームに興じて一人時間を過ごすしかないようです。

考えてみれば、小さいころからそのような教育をされて育つので心の余裕を持つことすら

思いつかないかもしれませんね。

そこで詰め込まれる「安定した生活」という信条が自らの人生をしばりつけるものに

なってしまっています。それが最大の原因でしょう。


そうであれば気づいたなら自分で修正していくしかありません。

人生の目的と生きるための術はどうあるべきなのかを自らに問い、自分で模索して

試行錯誤の中から見出すか、アシュタールの言葉を頼りに自らやってみるかです。


心が安定していなければ、あるいは心が楽しくなければすべてが色あせてしまいます。

変化する様々な体験の中にその喜びを見出すものかと思います。

より多くの体験の中から生まれる知恵に価値があることをを大事にすべきでしょう。













nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

マシュー君のメッセージ(132) [アセンション]

マシュー君のメッセージ(132)


(ここから)


2017年11月20日

世界中の要求、サウジアラビアの逮捕劇、増大するエネルギーの症状、子供たちと携帯電話とインターネット、地球近辺のETたち、”リトルグレイ”
マシューです。この宇宙領域にいる全ての魂たちから、心からのご挨拶をします。長い間の望みと期待がおびただしい量の要求となって世界中に波打っています。市民が政府と司法制度に道徳的誠実さを。貧しい人たちが暮らしの全ての面での公平で均等な機会を。マイノリティーグループ(少数派の人々)が他のグループと同じ権利を。女性が個人、職業、文化における平等と尊重を。あらゆるところにいる人々が戦争ではなく平和を。

地球をめぐるソーシャルメディアとほとんどの国々の主要メディアを通して報道されている、それに伴う活動は全て大きな変化の前触れです。でも、光の中に活動している協力者たち、そしてその活動が闇の中に根ざし、その利権が著しく悪影響を受けている人間たちだけが、閉ざされたドアの背後で起きていることがさらに巨大な変化の前触れであり、それが惑星地球の長い闇の支配を終わらせることになるのを知っています。

何世代にわたって、地球文明社会人たちにはその支配の枷を外す機会が他にもありましたが、闇の人間たちの人々に対する恐れと嘘による拘束があまりにも恐ろしく、広く蔓延していたので、それを突き抜けることができませんでした。今回、ガイアの助けを求める声に応じて、はるか遠くの宇宙から送られ、またあなたたちのようなボランティアの人たちによって地球上で創造された光の強力な支援を、僕たちの地球ファミリーは受けています。あなたたちの内面の強さ、忍耐力、自信の光が、あらゆる人々への平和と公正さと繁栄の名の下に、人々が世界革命を突き進めるように励ましているのです。

“サウジアラビア官僚の多数逮捕は不安定な中東情勢をさらに悪化させるのでしょうか、それともあの地域にやっと安定と平和がもたらされる前触れなのでしょうか?”

あなたたちの一部の分析家たちがこの逮捕を懸念材料としているのを知っていますが、僕たちはこの国が、ISIS(イスラム国)や中東の他のテログループの資金を賄うことでイルミナティの利権を支えることをもはやしなくなる兆候だと見ています。そしてそれこそが暴力の温床になっているその地域を安定と平和の地に変えるための一歩です。僕たちはまたこの逮捕劇をイルミナティのトップにいるイスラエルのベンジャミン・ネタニヤフ首相にとっての敗北と見ています。彼は決して国民のためになることはしてきませんでしたが、その国民によって彼が政権の座から引き降ろされるとき、中東地域を撹乱状態にしておくといった意図を持つあの闇の組織はまた一つの大きな敗北を抱えることになるでしょう。

“ライトワーカー(光の使者)がこの時期どのような肉体的な経験をしているのか話してくれませんか?このことについては以前にも話してくれましたが、エネルギーが非常に高まっている今、私たちは何を期待できるのですか?私たちに情報があるともっと楽に症状に対処できるでしょう。私たちの身体が新しいエネルギーに馴染んで行って、再び元気になると期待できるでしょうか?これが全て起こる時がありますか?”

確かに、強まっているエネルギーが身体に影響を与えていて、主に疲労感や脱力感という形になっています・・あなたたちは、次のエネルギー上昇を前にして、この前のエネルギー上昇にやっと順応する時間を持てている状態です。散発的な頭痛、鬱、記憶障害、筋肉と関節痛、耳鳴り、異常な睡眠と目覚め時間、目のかすみ、筋けいれん、吐き気、かゆみなどもよくある症状です。

このような症状を和らげるには、十分な睡眠をとることです。でも睡眠の補助や元気づけ、あるいは落ち着かせるために薬は取らないようにしてください。年齢に合ったエクササイズをし、水をたくさん飲んでください。普段より食事の量を減らし、砂糖や少量の赤ワイン以外のアルコール、化学添加物の入った食べ物は避けます。もし経済的余裕があれば、オーガニック野菜、不純物のない海産物、“平飼い”の卵、鶏、肉を選んでください。体とマインド(精神)とスピリットはつながっています。ですから、精神的と感情的なストレスを減らすことも同等に大事です。ネガティブな考えをポジティブに変えましょう。できるだけ自然の中にいるようにし、優先事項を決めて1日を満足して過ごせるようにしてください。他の人たちのエネルギーから離れて、一人でいる時間を見つけます。そしてメディテーションも緊張を和らげるのに役立ちます。

愛する魂たち。あなたたち一人ひとりは唯一の存在ですから、新しいエネルギーレベルへの反応もそれぞれ異なります。でも適切な対応であなたたち自身の細胞はさらに多くの光を吸収し、それによって適応プロセスによる影響が減らせます。そして、注意してもらいたいことは、エネルギー上昇の影響は、病気の始まりや進行の兆候と同じであることです。もし症状が悪化したり、慢性化したら医療従事者に相談してください。できればホリスティック(全体医療)の診断と治療をしてくれる人がいいでしょう。

“小さい頃にiPhoneを持ったりインターネットに夢中になることについてマシューの意見を聞いてくれませんか?”

これは親たちがするジャッジメント(批判的)な意見です。彼らに知っていてもらいたいのは、携帯電話と発信タワーからの電磁波は大人の脳に有害であるだけでなく、脳が発達途上にある若い人たちにはさらにそうであることです。パラドックス(逆説)は、子供たちが多目的携帯電話やラップトップコンピュータをあまりにも簡単にマスターするので、それらが身体の付属品になってしまうことです。でも賢明な親たちはそれを防ぐでしょう。

親たちは、子供が電話を持つ安全な年齢を医師と相談し、その使い方に制限を設け、コンピュータの時間を決め、不適切なインターネットのサイトへのアクセスをブロックできます。子供たちが家族や友人たちとなるべく交わって個人的なつながりをエンジョイすることが大事だと僕たちは思います・・話したり、笑ったり、ハグしたり、食事や外出を一緒にすることです・・そして、愛情ある関係を作ることです。それは、電子機器では決してできない、ましてやその代わりになることはできないことです。

このことを付け足しましょう。一般の人々が健康に安全な通信機器を要求するようになれば、製造者たちはそれを作るようになるでしょう。それまでは、宇宙船の搭乗員たちが彼らのテクノロジーを使ってあなたたちの有害な影響を減少させています。でも、恐れのエネルギーはあなたたちの電機的システムとは相容れない電磁波よりも多くのストレスを生むことを知ってください。

最近ドイツ、フランス、アメリカ南西部を超スピードで横切った“ファイアーボール(火の玉)”と耳を咲くようなアラバマの“爆発”について尋ねてきた読者たちに、ニルヴァーナの地球モニター係は、天体のエネルギーが、あなたたちの上空を常に徹底的にチェックして地球の大気の有毒物質を可能な限り中和している宇宙船のテクノロジーと見事に安全に反応したと僕たちに報告しています。そのような出来事が地球に起こる瞬間は、僕たちには突然の閃光が見えます。モニター係は何がそれらを起こすのか知っています。

“今影の政府によって開発されている、私たちの知らないところで私たちを変えることができる人工知能(AI)を生む強力なコンピュータについてはどうですか?”

まず言いますが、あなたたちの世界のあらゆることはあなたたちの経験による学びのためにそこにあるのです。車輪から最新のテクノロジーに至る全ての開発は、地球外の科学者たちによって、その情報を吸収し利用できる地球の人たちに送られています。その後の開発は良い目的にも悪い目的にも利用できます。人々の選択が魂の進化での前進か後退を決めるのです。

さて、ひそかに人工頭脳を使うことへのこの読者の懸念についてですが、それは恐れているようなレベルまではならないでしょう・・闇に基づくものは全て惑星地球の上昇し続ける波動エネルギーレベルに長く持ちこたえることはできません。あなたたちの様々なテクノロジーが良い目的で利用されれば、それらは暮らしの質を大きく高めるでしょう。AIの役割は、医療、科学的研究、交通、生産といった分野での正確さと能力を向上させることです。

すでにたくさんの仕事を置き換えているオートメーション化は、これからも続くでしょう。でもそれによって、例えば組み立てラインや採鉱作業、清掃サービスといったものよりもはるかに魂が喜ぶような雇用の教育とトレーニングプログラムの拡大がもたらされるでしょう。馴染んでいることばかりに固執する社会にとって、進歩は破壊的と考えられます。けれどもこれから起こる変化による計り知れない優れた面を人々が理解すれば、彼らは地球の近未来にあるこのワクワクする新しい世界を諸手を挙げて迎え入れるでしょう。

“地球の近くにいるETたちは友好的で、彼らが着陸するときは彼らのテクノロジーで環境浄化を助けるだろうとマシューが言いました。他の情報源によると、ETたちは友好的で協力的なふりをしていますが、やがては私たちを破滅させるか闇の魂で私たちの肉体を乗っ取るだろうと言っています。”
その情報源を知らないので、僕たちに言えるのは、明らかに嘘の情報がもたらされることのあり得る理由だけです。それが地球外からのものであれば、多分恐怖を利用する闇の存在が、よく知られている尊敬される光の存在だと名乗って、その低い波動エネルギーを感知できない人たちにそれを送ったのです。その情報が地球からのものであれば、超能力者が、地球のパラレルワールドかあり得る世界(Possible World)に見たことをそのように解釈したか誤って解釈したのかもしれません。あるいは、闇の人間たちが恐れを引き起こすためにそのような偽の情報を創作し広めたのかもしれません。

真実は、光の存在しか地球の周りにある電磁場保護グリッドに入ることができません・・その強力な輝きのパワーのために、闇の地球外生命体(ET)たちはあなたたちの太陽系に近づくことができないのです。ですから、他の宇宙文明社会から来ている闇の存在たちは、この惑星地球に最初の居住が始まった時から、いつ頃か住んでいますが、今そこにいる者たちに残された時間はあまりありません。

“マシューのレプタリアン司令官たちの描写は、拉致した人々に残酷な実験をする交換に高度のテクノロジーをアメリカ政府に与えたリトルグレイのように聞こえます。私の質問は、彼らは地球にいる闇のレプタリアンでしょうか?”

あなたたちがリトルグレイと呼ぶ存在は、ゼータ・レティクル星のヒューマノイド(人間)種です。彼らがアメリカ合衆国政府とそのような取り決めをしたというのは間違いです。彼らは宇宙船の設計図、ミサイルシステム、人間クローン化の知識を分け与えましたが、それは訪問者が迎え入れる側に送る贈り物といった意味のものでした。迎え入れる側にとっては彼らの地球に来る理由は問題ではなかったのです。彼らには、遺伝子サンプルを提供することになっていた魂たちとの生前の合意があったのです。

約80年前にグレイのグループが到着したはるか以前に、彼らの文明社会人たちは、故郷の星の表面から離れ、またその地中に暮らすことで侵入者たちから逃れました。クローン技術と知的能力の結集によって、人々は再びその表面を取り戻すことができるまで、何世紀に渡って死に絶えることから防ぎましたが、その結果青白い姿になってしまいました。そして彼らにとってはるかに深刻ななことは、性格から感情がなくなったことなのです。人間のDNAを持つ子孫をクローン化することで彼らに感情を取り戻したいと言う願いから、彼らと地球に転生した魂たちとの合意が導かれました。

けれども、グレイの感情喪失は2つの深刻な結果をもたらしました。ほとんどの人たちは、それを覚えている・・“面と向かって”会うことで記憶が呼び起こされました・・人たちからだけ、細胞サンプルをとると言う合意条項を守りました。でも、そのような記憶がない人が数人ありました。そして共感、感受性、思いやりといった能力がないために、そのグレイたちはその人たちに精神的ダメージを与えていることに気づかなかったのです。そして、彼らが近づいた人たちと信頼を築くための感情的な基盤がないために、誤った選択をし、裏切られたのです。

それと同時に、アメリカ政府はUFOとETの報告を全て嘲笑い、彼らのお抱え科学者たちは拉致と残虐行為に彼ら自身の検証で信ぴょう性を与えて、地球外生命体(ET)についての恐れを人々に植えつけたのです。

もう一つの予期しなかった状況が、“拉致された人たち”が連れてこられた“巨大な地下の迷宮に隠れたグレイたちに起きました。それは悲惨なことになりました。彼らは地球にやって来た同じ方法ですぐ故郷と家族の元に戻れるものと思っていました。マインドパワーで非物質化し、到着後に再び物質化すると言うものです。しかし彼らの肉体が地球の第三密度エネルギーにあまりにも深く捕らわれてしまい、また彼らを皆殺しにすると言う政府の試みが失敗したため、生き残った者たちは今も地下に暮らしています。これらの高い知性を持つ人々は戦闘員ではありません。もし彼らが地球表面に出てくれば、それは多分他の宇宙文明社会人たちが到着する後でしょうが、だれかに危害を与えることなどないでしょう。

次第に、闇の人間たちが何千年に渡って地球の人々を囚われの身にするために使って来た嘘と恐れの深さを真実が明らかにしています。真実がさらに明るみにされるたびに、闇の人間たちがさらに弱くなり、最後はそこに本来あるべき歓びに満ちた暮らしを人々が持つでしょう。この宇宙全体にいる光の存在たちが、人々の前進を助け・・導いている・・あなたたちを讃えています。


_______________________

愛と平和を


スザンヌ・ワード著
原文:Matthew's Messages
訳文責:森田 玄

(ここまで)


マシュー君のメッセージ最新版でしたが、テラの波動が変化してきていることが書かれていて

その場合の対策も書かれていましたね。

すでに波動は変化していて一応落ち着いた形となっていると思いますが、私たちの順応が進めば

またさらなる波動の変化が起きてくるものと思います。



nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:自由への介入・・・」 [アセンション]

世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:自由への介入・・・」



(ここから)

最近、日本の自民党の議員さんが、宮中晩さん会の同性パートナーの出席について

の発言に批判が殺到しているらしいですね。

私も読んだ時に、そんなんどうでもいいやん・・ってちょっと思いましたけど。

そんなん本人の自由で、人がとやかく言うことじゃないんと違うかなぁ~~。


・・って思ってたら、すごく面白い記事を見つけました^^

同性婚を認めたらどうなる? 世界で賞賛された国会議員のスピーチ

ニュージーランドで同性婚を認める法律ができた2013年、モーリス・ウィリアムソン議員が

したスピーチです。


では、今日のアシュタールからのメッセージをお伝えしますね^^

「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

あなたが何かしようと思うことについて、誰かに”認められる”必要はありません。

誰かの許可はいらないということです。


あなたがしたいこと、あなたが思うこと、・・すべてあなたが決めることです。

そして、それに対して誰も何も言う権利はないのです。


人に認められる、人を認める・・と言う言葉は、おかしな言葉だと思います。

認める・・という言葉は、その人を自分の所有だと言っているのと同じです。

自分と違う考えは許さない・・と言っているのと同じです。


誰も、誰かの所有ではありません。

そして、みんな違うのです。

まったく同じ意見、考えの人などいないのです。

ですから、自分と違う意見、自分と違う嗜好だからと言って、それを認めない、

許さないなどと言える権利はないのです。

親であってもそうです。


あなたがしたいと思うこと、あなたが好きだと思うこと・・それはどうぞ自由にしてください。

誰かの許可はいりません。

人に認めてもらう必要はないのです。

誰かの太鼓判をもらおうなんて思わないでください。


あなたの人生、あなたの現実は、あなたにだけ権利があるのです。

人が口を出す権利はありません。


そして、反対にあなたも誰かの人生、現実に口をはさむ権利はないということをしっかりと

理解してください。

自分と違う意見を言う人がいても、それはその人の意見であり、あなたが認める、認めない

許可する、許可しないなどと判断することは出来ません。

それは自由への介入になるからです。


誰と誰が結婚しようが、不倫しようが、浮気しようが、どんな仕事をしようが、どこに住もうが、

すべてはその人のことです。

あなたには関係ないのです。


人のことに興味を持つ前に、自分のことに興味を持ってください。

あなた自身が自分をしっかりと観て、自分が好きなことをしていてください。

そうすれば、人のことなど気にならなくなります。


自分がご機嫌さんでいないから、自分が我慢しているから・・人のことが気になるのです。

自分が自分を縛っているから(常識などで、これをしてはいけない、これをしなければいけない、

などと思っているから)人がそれをしていること、しないことにイライラして口をはさみたく

なってしまうのです。


自分が自分の思考の呪縛を解きはなせば、人がどんなことをしていようとOKと

思えるようになるのです。


人に対して口をはさみたくなるのは、自分が満足していないからです。

自分が満足していなければ、誰かの人生に介入し、コントロールし、そこからエネルギーを

チャージしようとしてしまうのです。

それがエネルギーバンパイアです。


ご機嫌さんな人は、人のことは気にしません。

だから、ご機嫌さんな人同士では、お互い自由ですのでとても風通しが良く気持ちの良い

関係を築くことが出来るのです。


自分を見てください。

自分がいましたいことをしていてください。

そうして、いつもご機嫌さんでいてください。

そうすれば、人のことなど気になりません。

人が何をどうしようと、それはその人の自由だとこころから思えるようになります。


あなた達の社会がいまとても狭量になってしまって、小さなことで人を批判したりするように

なってしまっているのは、自分の好きなことをしていないからです。

我慢ばかりして、不機嫌さんばかりになってしまっているからです。


人の許可はいりません、自由に好きなことをしてください。

そうすれば、あなたも人のことに介入しようなどと思わなくなります。


自分が何をしてもOK、誰が何をしてもOK・・そうなれば、とても気持ちの良い社会になります。


あなたに愛をこめてお伝えいたします。」


ありがとう アシュタール! 感謝します。


(ここまで)


アシュタールは同性婚は良いとか悪いとかは言ってませんね。

それ以前の問題だからです。

自由への介入として許されないことであり、個人の自由は尊重されないといけないと

いう事です。だから、おのずと答えは出てくるでしょう。

社会的規範と言うのは多くの人の合意で成立してますが絶対ではありません。

時代が変わればその合意内容も変化します。


私たちは自由を守ると言いながら、その反対では自由を阻害します。

つまり一方を守るために他方の自由を侵害しているという事です。

異性同士の結婚が普通でその自由を守るために同性婚は認めないという考えです。

どちらも本来は自由ですが、それが好きか嫌いかは個人の自由です。

嫌なら嫌でいいので干渉しなければいい問題だと思います。

そうすれば別に問題は発生しませんん。

それを嫌だからみんな嫌だと思うはず、そうでなければいけないと声高々に公言する

ことから問題が広がっていきます。

パーティで嫌だと言ったのは竹下氏だけかもしれないし、ほかにもいたかもしれませんが

特に問題と思わない人も中には相当数いたでしょう。

政治的な決断を求めるものではないことは明らかでしょう。


こうした事例は枚挙にいとまがないくらいありますが、これから社会的自由度が増してくると

そのようなことは多くなることと思います。

しかし、それでも個人の自由とは何かと常に自分自身に問いかけないといけないことでしょう。





nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

破・常識 あつしの歴史ドラマ「アシュタール:お隣にいる幽霊・精霊・・・・」 [アセンション]

破・常識 あつしの歴史ドラマ「アシュタール:お隣にいる幽霊・精霊・・・・」



(ここから)

今日の破・常識!



すべての次元(波動領域)は 

同時に同じところに存在している・・・らしい(笑)





では、アシュタールからのメッセージをお伝えします。






「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

宇宙には、空間も時間も存在しません。

これに関しては、あなたのマインドの認識の外の話になりますので

今のあなたにとって理解することはなかなか難しいことだとは思いますが 

こんな話もあるんだ・・というくらいに聞いていただければと思います。


あなたの世界は、あなたが目で見ているものだけではないのです。

あなたが目で見ている世界に同時に?かぶさって?

(言葉がわかりません汗)他の世界もあるということです。


宇宙は、すべて波動エネルギーで出来ています。

そして、それぞれに周波数?があります。

ラジオなどの電波(波長)のようなものだと考えていただければ

わかりやすいと思います。ある周波数に合わせれば

その周波数の音や画像を見る事が出来ますが

他の電波が存在しないという訳ではないのはわかりますね。

その周波数以外の電波も同時に存在していますが 

ただその周波数にフォーカス(合わせる)していないから 

その周波数の音や絵(画像)を認識できないだけなのです。


同じようにあなたの周りには

たくさんの波動エネルギーの世界があります。

ただあなたがその(他の)波動エネルギーを認識していない

(合わせることが出来ない)ために無いものとしているだけなのです。


例えば、時々、幽霊、精霊などの姿を見ることが

出来るという人がいます。それは幽霊、精霊の周波数に

合わせることが出来る人だということです。

幽霊のいる別の空間や次元があるのではなく、あなたと同じところに

別の周波数(波動)の世界がある・・ということです。

幽霊も宇宙人も精霊も、すべての存在は、あなたの隣にいるのです(笑)

あなたと同じところに目には見えないけど他の世界があるのです。

ただ周波数が違うから干渉し合わないというだけのことです。

周波数を合わせると干渉することになります。


結局どの世界にあなたの周波数(波動)に合わせているかで 

あなたの現実が変わってくるということなのです。

ですから5次元的領域は別のところにあるのではない・・ということです。

すべての次元(波動領域)は、同じところに同時に存在しているのです。

そのどの波動(周波数)に

あなた自身の波動(周波数)を合わせるかです。

ラジオのチャンネルを変えれば違う音、番組になるのと同じです。


合わせている周波数の世界があなたの世界だということになります。

あなたは思考のエネルギーの使い方を教えてもらっていません。

反対にそんなものはない・・と教えられてきましたので 

わからないだけなのです。

ラジオのように周波数のチャンネルを変えることは誰にでも出来ます。

あまりにも離れたチャンネル(周波数)ですと 

かなり慣れていないと難しいですが、

近くの周波数ですと、とても簡単に変えることが出来るのです。


ですからあなたはもうすでに

5次元的領域に周波数を合わせているのに

まだだと思っているために 

ちょいちょい3次元領域の周波数と混線を起こしてしまい

混乱するのです(笑)言うなれば 5チャンネルに

しっかりとチャンネルを合わせていないために

(チャンネルのボタン?がユルユルになっている状態?)

周波数が乱れて3チャンネルの音が混線してきてしまう状態です。

そして自分が聞きたいのが

どちらの番組かわからなくなってしまうのです。


もう一度言いますが・・次元は別のところにあるのではありません。

すべての次元(波動領域)は 同時に同じところに存在しています。

あなたが どこの波動領域の周波数に合わせるか・・で 

あなたの見ている現実(ホログラム)は 変わってきます。

そのチャンネルを変える方法は、あなたの物の見方、考え方なのです。

どこに思考エネルギーを合わせるか・・それだけです。


ですから誰かがあなたを5次元領域に連れていってくれることは

不可能だということです。

宇宙船に乗せて5次元領域に連れていくことは不可能なのです。

たとえ違う惑星に連れて行ってもらっても 

あなたの思考エネルギーの波長が変わらなければ 

あなたの見ている現実は何も変わらないのです。


思考はエネルギー・・

あなたの現実は、あなたの思考エネルギーの

波長(波動)で決まってくるのです。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」



ありがとう アシュタール!

(ここまで)


なるほど、宇宙には「空間も時間もない」という言葉のひとつがピンときました。

空間がないというのはそういうことだったのか!

という驚きですね。


いつか紹介した動画を覚えているでしょうか?

「宇宙は私たちが目にしたときにその姿を現す」という動画です。

そして、アシュタールが過去に言っていた「目にしない場所には何も存在しない」という

言葉です。このふたつが宇宙には空間がないという意味を解くカギになります。


このふたつを重ね合わせると、宇宙には本来空間はないものです。

あたかもそこに空間があるように見えているだけという事です。

いつもこの3次元空間に見える建物、人、動物、車、そして地球の姿に慣れ親しんでて

空間と言う現実になじんでいる私たちにはなかなか理解しがたい概念です。

そして、「この宇宙は立体的な精妙なホログラムである」と言う言葉を考えてみれば

なんとなくその意味がわかるのではないでしょうか?

さらに、もうひとつはアシュタールがいつも言っている「思考が現実を創る」という

言葉がその一端を表しています。


空間はもともとそこにあるのではなく、私たちが意識し目にして初めて現れている

ということです。

しかし、そうは言っても目に前には現実としていつも目にする風景があるのだから、

いつもそこにあるものだし、どうしてそんなことが言えるのか?

という疑問が湧くと思いますが、いつも見えている風景も私たちの思考で創っている

ものだということです。私たちは生まれてすぐは目が見えないので空間認識はありません。

でも、しばらくするとおぼろげながらもその光景が目に入るようになります。しかし、

最初はその意味は全く分からないはずです。何度も様々な光景を目にするに従い脳が

これは○○、あれは××と意味をつけて覚えていきます。最初は身近な家の中だけの空間しか

認識していなかったものが、よちよち歩きし独り歩きできるようになって初めて家の外の

光景を目にします。そこで初めて目にする光景を脳の中で学習していきます。

ただ、その空間は自分が創ったものではなく他人が創った共有空間だということです。

その共有空間を自分の中で認識して自分で創りあげる空間として認識しています。

生まれてすぐの赤ちゃんには空間認識は備わっていません。そのときに何を思っているかは

わかりませんがおそらく多くの赤ちゃんは何も考えていないはずです。

それが体験を重ねるうちに学習することで空間認識を身に着けていくという事です。

宇宙には本来空間がないという概念は難しく、考えれば考えるほど頭が混乱しますが

すべてはホログラムとして思考認識によってそのときそのときに生成されていると考えれば

つじつまが合います。

すべては目に見える範囲内での出来事です。目に見えない部分には何もありません。

しかし、地球上空から地球の姿を写真に撮れるのだから最初からあるのでは?

という疑問も出てきますが、それさえ地球上空に飛び出た人が認識しているから写真に

撮れているものです。また、ロケットにカメラを取り付けても同じように撮れるのは

なぜなのか?そこには人がいないにもかかわらず写真が撮れます。それは他人が創った

あるいは地球が創った姿が映るからでしょう。意識を持つのは人だけではなく地球も

持っているので地球の意識で創られたものも3次元空間には存在し、それを私たちに

見えているということです。

しかし、個人個人の体験の中での空間はあくまでも目に見えている場面だけです。

説明するのが難しいですね。私も頭が混乱します(笑)。

時間も同じです。時間も私たちが存在することで認識され時間の流れとして発生します。

だから、何もないところには時間はないという事になります。


すべては私たちが意識体としてそこに存在して初めて姿を現すものだという事ですね。


それと、昨日のアシュタールのメッセージにあった「地球の波動が変化した」と言う意味を

もう少し考えてみると、波動が上昇してくると波動の合わない存在は消えていくと言うことを

意味するものだということです。

だから、これからは多少は様々な事件は起こるでしょうけど、次第に落ち着きを取り戻し

平和で安定した社会構造に変化していくという事も意味します。ただ、明日からすぐにという

ことはありません。これから少しづつ時間をかけてゆっくり変化していくことでしょう。












nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:安心して感覚を元のように戻してください」 [アセンション]

世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:安心して感覚を元のように戻してください」



(ここから)

今日のアシュタールからのメッセージをお伝えしますね^^

「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

感覚を取り戻してください。

もう大丈夫です。


テラの波動が変わり、あなた達も変化しています。

いままでの社会に合わせようと無理やりに感覚を閉じてしまった方たちが

たくさんいます。

感覚を開いてしまうと、また生きることが苦しくなってしまうと思って

怖くなってしまうかもしれませんが、もう大丈夫です。

安心して感覚をもとのように戻してください。


これからは感覚の世界になります。

感覚で受け取り、感覚で判断し、感覚で行動する・・

その方がスムーズにことが運ぶ世界になります。


テラを囲っていた波動の檻がゆるんできているのです。

ゆるんで来ているというより、あなた達のエネルギーがそこに閉じ込められないほど

大きくなって来ているのです。


これまでのような、マインド(頭)だけを使うやり方は、難しくなって行きます。

今までのように、マインドが主で感覚を横に追いやるようなやり方では、うまく

行かなくなってきているのを感じられると思います。


でも、だからと言ってマインドがいらないのかと言うとそうではありません。

マインドと戦わないでください。

マインドは、感覚を現実に落すためにとても必要なのです。


マインドは、ツールです。

この物質次元で思考エネルギーを現実(ホログラム)にするためには、大切な

ツールなのです。


バランスです。

バランスを取り戻してください。

先ず感覚で受け取る・・それをマインド(頭)で言語化するのです。

言語化したものを、また感覚で判断します。

感覚で判断したものを、それを具体的にマインドで判断し、今度は感覚で行動する時に

またマインドを使って動く・・ということになります。


難しいですか?

右脳と左脳という言葉にしてもいいと思います。

芸術的な感覚は右脳で受け取ります。

でも、それだけでは現実となりませんね。

右脳で受け取った音楽のイメージ(メロディー)を、今度は左脳で音符にする・・

ようなものだと思っていただければと思います。


右脳と左脳は、それぞれ得意なことが違うのです。

これまでは、左脳重視で、左脳で処理することだけを教えられて来ました。

右脳の存在はほとんど必要ないとさえ思われてきたのです。


右脳で動こうとすると、変人扱いされることもありました。

左脳重視で、外からの情報を受け取れない人から見れば、その人達の考えていることが

よく理解出来ないからなのです。

左脳重視の人は、資料を大切にし、何かをするときもいままでの資料をもとにきっちりと

計画を立て実行するのが大事だと思っているのですが、右脳で動く人は、その計画を

たてることなく、あっちへ行ったり、こっちへ行ったり、理解出来ない行動をすると

思ってしまうのです。


たとえば、左脳重視の人は地図を見ながら運転する人で、右脳で動く人はナビに任せる

人だと言えば理解しやすいですか?


だから、左脳重視の人たちが多かったいままでは、感覚で動く右脳派は生きるのが

苦しかったのです。

頑張って、無理して、右脳の機能を止め、左脳で生きようとしてきた人たちもたくさんいます。


でも、これからは大丈夫です。

テラの波動が変わり、あなた達の感覚もどんどん変わってきています。

ですから、これまでのやり方は通用しなくなるのです。


ムリして感覚を閉じて来たあなたも、安心して感覚を解き放ってください。

多くの人が感覚を取り戻し、感覚で生きるようになると、とても楽になります。

小さくしていたあなたの感覚をもとに戻してください。


身体の中だけでなく、身体の外側を感じるようにしてみてください。

これはちょっとしたコツがいりますが、何度かやってみるとすぐにそれはつかめます。

コツがつかめれば、すぐにいつでもできるようになりますので、やってみてください。


身体の外側に感覚を持って行くことが出来ると、マインドの外側の情報がたくさん入って

来るようになります。

そうなると、あなたのマインドが一生懸命考えたり計画しなくても、ナビに案内されているように、

必要な時に、必要な情報が確実に入ってきます。

あなたは行き先をナビに入力するだけでいいのです。


また長くなってしまいますので、今日はこのくらいにしたいと思います。

とにかく、これからは感覚です。

感覚を大切にしてくださいね。


あなたに愛をこめてお伝えいたします。」


ありがとう アシュタール! 感謝します。

(ここまで)


感覚をもとに戻すというのは、自分自身のハートの思いに素直になるということだと思います。

今までは社会的常識、規律、規範に基づいた行動を余儀なくされてきたために、本来自分自身が

持っていたハートの考えを閉じ込めて社会集団に取り残されまいとしてきたと思います。

それを止めて、本来の自分自身のハートに従い自由になって欲しいといういうことですね。

もう、これが正しいという素直な思いをとどめておく必要はなく、自由に自分を表現して

自由に生きるという事です。

そのためには自分の自然な感覚を思い出しそれを使っていくということです。

何か疑問を持った時に何となくこんな感じかなと感じるものがあると思います。

それをそのまま取り出し、マインドに置き換え表現するという事ですね。

テラの波動が変化し私たちの身体も変化しているというのは波動の上昇に伴いDNAの変化も

起きているはずです。2重らせんから3重らせんへとつながる変化だと思われます。

次第に今まで考えられなかった多くのことが表面化してくると思います。

慌てずゆっくりとその変化を楽しんでいくことを意図していくのが良いだろうと思います。




nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

破・常識 あつしの歴史ドラマ「アシュタール:その癖を反対に・・・・」 [アセンション]

破・常識 あつしの歴史ドラマ「アシュタール:その癖を反対に・・・・」



(ここから)

今日の破・常識!



私たちは、すぐに出来ない方法

(~~がないから出来ない、常識では考えられない、など)

       を先に考えてしまう癖がある!・・・らしい(笑)





では、アシュタールからのメッセージをお伝えします。






「こんにちは こうしてお話し出来ることに感謝します。

あなたは、何がしたいですか? どうなりたいですか?

先ず一番にそれを大切にしてください。

何をしなければいけないのか・・ではなく何がしたいのか?・・です。


あなたには見えている現実がとてもリアルに見えるために 

現実の中にいると思ってしまっています。

でもあなたが見ているのは、あなたが映し出したホログラムなのです。

あなたは現実の中にいるのではなく 

写し出されたホログラムを見ているだけなのです。

そして、そのホログラムをつくっているのは 

あなたの思考エネルギーなのです。

ですから、あなたの思考のエネルギーひとつで 

ホログラムはどうにでも変えることが出来るのです。


すべては波動で出来ています。

思考のエネルギーも 波動です・・ホログラムも波動で出来ています。

波動のエネルギーは思考エネルギーでどうにでも変わるのです。

波動エネルギーにあなたの社会で言われている

善悪などという判断はありません。

どういうエネルギーを注ぐかで波動は変わるのです。

磁石でいろいろな形に変わる砂鉄のようなものだと思ってください。

磁石の形(動向)で砂鉄の形(表現)も変わりますね・・それと同じです。


あなたが何になりたい・・どうしたい・・

と思うエネルギーが磁石になります。

そしてホログラムがその砂鉄の表現(形)なのです。


でもしたいと思ってもお金がない、時間がない、

子供がいる、家庭がある、勝手なことをしたら仕事がなくなる、

常識的(科学的、物理的、道徳的)に無理・・などなどの

思考を動かすから何も起きなくなるのです。

磁石の磁力を止めるようなものです

(磁石ではなくなりますので砂鉄は動きません)


いつも言いますがアクセルとブレーキを同時に踏むと車は動きません・・

それどころかどちらにも負荷をかけてしまいますので壊れてしまいます。

あなたがとても疲れるのはそういうことです。

やりたいことがあるのに、それは常識的に考えて、

状況的に考えて、無理でしょう・・という 

相反する考えに挟まれて 動けなくなっている状態です。

ハートとマインドがバラバラになってしまっているために 

とても疲れてしまうのです。

疲れてしまうから何もする気にならなくなるのです。


あなたの見ている現実は 

あなたが映し出しているホログラムだということを信じてください。

そうすれば、あなたが今無理だ、

不可能だと思っていることも可能になるのです。

マインドでは まったく予想もしていないところから 

可能な状況が起きて来ます。


あなたの思考エネルギー(磁石)がどう動くかで 

あなたのホログラム(砂鉄)の表現(形)が変わって来るのです。

だから無理だと思えば 無理だというホログラムが現れます。

時間がないから無理だ・・と思えば 

時間がないホログラムを見ることになり・・

あなたは ね、やっぱり無理でしょ・・ということになるのです。

マインドが 無理だ・・と言っても、思い切ってハートの声に従えば 

きっと驚くような形で

それを実現しているホログラムを見ることが出来るのです。


ハートの思考エネルギーは 

マインドの思考エネルギーより磁力が強いのです。

ですからハートで望んだことは、マインドで考えたことよりも

ずっと現実化 ホログラム化しやすくなるのです。

無理だと思っている時点で無理な現実(ホログラム)を 

あなたがつくっているのです。

そのことを忘れないでください・・

誰かがあなたのためにホログラムをつくっているのではなく 

あなたが、あなた自身があなたのホログラムをつくっているのです。


あなたは砂鉄を動かす磁石なのです。

磁石をどう動かすかは、あなた次第なのです。


だからあなたは何をしたいのですか? どうありたいのですか?

それを一番に大切に考えてください。

それをするための方法だけを考えてください。

出来ない方法は、まったく考える必要はありません。

あなたは すぐに 出来ない方法

(~~がないから出来ない、常識では考えられない、など)

を先に考えてしまう癖があります(笑)

その癖を反対にしてください。

何かしたいと思ったら即座に出来る方法を考える様にしてください。

そうすればあなたのホログラムに出来ないことはなくなります。


すべては、あなたの思考ひとつだということです!

宇宙は、とてもシンプルなのです!


あなたに愛をこめてお伝えいたします」



ありがとう アシュタール!

(ここまで)



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:考えるだけでもワクワクしませんか?」 [アセンション]

世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:考えるだけでもワクワクしませんか?」



(ここから)

もうねぇ~、書きたくないんですけど・・

また、増税ですって(呆)



タバコでしょ、選挙前は渋ってた消費税10%(選挙終わったとたんに強気?)

それに、観光促進税(出国税)、そして、よく意味の分からない森林環境税・・

を予定してるんですって・・これまでの経験では、”予定している”は、

実行するという意味ですね。

他の事は、実行するのに偉い時間かかるのに、増税だけはさっさと決まるんだからぁ~~


でもね、増税しても使い道はっきりと決まってないらしいんですよ・・なんじゃそりゃ(呆)

はっきり決まってたはずの復興税も、ほとんど復興につかわれてないんだから、

目的もはっきりせずに税金だけ取ったら、どこへ行くかだけは、はっきりしてますよね。


いろんな国に差し上げる・・そして、議員年金を復活させる・・そして、公務員の

給料を引き上げる・・・そして、偉い人たちのお友達に配っちゃう??


足りないよ~、足りないよ~、足りないよ~、

もっとちょうだい、もっとちょうだい、もっとちょうだい。


何かどこぞのアニメに出て来る、妖怪みたいになってない???

国民からどこまで搾り取れると思ってるのかなぁ~~???


では、今日のアシュタールからのメッセージをお伝えしますね^^

「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。


税金は搾取です。

ピラミッド社会は、搾取するためのシステムです。

搾取するために考えだされたシステムなのです。

搾取が目的ですので、その中の人たちの暮らしにはまったく興味はありません。

搾取さえ出来ればいいのです。

庶民の幸せなどはまったく考えていません。

それが、いまのあなた達の現実なのです。


先ず、現実、真実を知ることが大切だと思います。

ここで目をつぶってしまったら、ずっと搾取の対象となります。

それを受け入れてしまうことになるからです。

我慢をすれば、我慢の回路が開くのです。


現実にしっかりと目を向け、どうしてこうなっているのかの原因を知ることが出来れば、

対処の仕方が分かります。

原因は、ピラミッドシステムです。

これは、はっきりした真実なのです。


そして、お金という概念です。

これも、あなた達の生活が豊かにならない大きな原因です。

お金がなければ生きていけない・・と思わされてしまっているから、そこから

離れることが出来ないのです。

お金は、あなた達の生活にはいらないものです。

そんなお金などという概念がなくても、十分あなた達は豊かに生きていけるのです。

お金という概念がない方が、豊かになれるのです。

何故なら、お金という概念自体が詐欺システムだからです。


お金を使っている限り、そのシステムから出ることは出来ません。


お金という概念が出来て(意図的に創られて)、あなた達はそれに振り回されるように

なりました。


お金という概念が出来たのは、本当につい最近のことです。

それまでは、お金などなかったのです。

それでも、人々はちゃんと生きていました。

お金というものが出来てからよりも、もっと豊かで、自由に生きていたのです。

お金がない時代の方が、長いのです。


ならば、いまだってお金を使わなくても十分生きていけるのです。

お金を使わなければ、お金による搾取は出来なくなります。

(他にも宗教的な概念で、エネルギーを搾取することはありますが・・

それも、宗教(神の存在)の真実がわかれば、搾取されることはなくなります)


どうすれば、搾取された後の少ないお金で生活するか・・どうやって我慢するか・・

と考えるのではなく、どうすれば搾取されないように出来るのか、どうすればお金を

使わない生活が出来るのかを考えてください。


お金による搾取から抜ける方法は、お金を使わないことです。

お金という物を使わなくても、あなた達庶民がいれば何も困りません。

むしろ、豊かで自由になれます。


じょうもん時代の人たちのように、豊かで自由な生活を手に入れることが出来ます。

戦争もなく、愛と調和のエネルギーに満たされた平和な社会を創造することが出来るのです。

実際にじょうもん時代の人たちは、その生活を1万年以上続けていたのです。

だから、あなた達にも出来ます。

だからと言って、そのままじょうもんの人たちの生活を真似してくださいと

言っているのではありません。

あなた達の好きなように自由に創ってください。


搾取のために創られたピラミッド社会からそっと離れて、みんなが横並びの”個の時代”に

向かって、あなた達の手で新しい社会を創って行くという遊びを楽しんではいかがですか?

考えるだけでも、ワクワクしませんか?

そのエネルギーが現実を創造していくのです。

考えてください、妄想のレベルでもいいんです。

楽しんでイメージしてください。

雲をつかむような妄想、イメージであっても、思考すればそれが現実になっていくのです。

思考が先、現実があと・・ですから。



思考を変えてください。

あなた達庶民の思考さえ変われば、すぐにでも社会は変わります。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」


ありがとう アシュタール! 感謝します。

(ここまで)


本当にいくら取れば終わるんだろうと思うほど来年からは増税ラッシュです。

消費税だけではとても足りず、観光客の宿泊税、出国税、たばこ税、配偶控除の見直し、

サラリーマンの所得税に関する基礎控除見直し、相続税のアップ、加熱式たばこの税金

新設、たばこ税アップ、介護保険料アップ、国民健康保険料アップ、高齢者の医療費

アップ、国民年金保険料の増額、こども保険、厚生年金保険料のアップ、森林環境税の

新設、観光振興税などなど・・・。

ざっと調べただけでもこれだけの税金アップが予定されています。

おそらくいまだかってない増税ラッシュではないかと思います。

もう無茶苦茶ですね。

その一方で公務員の給与アップ、議員年金の復活、法人税のさらなる減額などで自分たち

の懐はしっかり確保し、大企業には優遇税と国民を苦しめるものばかりです。

この国のお役人は取れるうちに取って置かないと将来取れなくなると考えているので

しょう。

しかし、このような増税ラッシュになっている要因は財務省の国家予算の収支バランスを

回復するために出るものを減らし入るものを増やすという国会議員へのプロバガンダがり、

それらに洗脳されている結果とも言えます。本来は国の借金は国民の借金ではないはずで

あり、それを口実に国家予算の借金減らしとして行われている背景があります。

確かに現実に赤字国債が膨らみ続け、その利払い額が国家予算を圧迫し始めているという

背景があります。しかし、それは日銀が赤字国債を購入すれば問題はなくなるのですが財

務省はそれを何としても増やさないように誘導して借金が必ず増えるようにしています。

もっともそれが目的なのですが・・・・。そうすればいつまでも財務省が権力を握り続け

ていられるからです。


話が長くなりましたが、この状態を解消するためにはお金を使わないで済めせる方法を考

えるしかないようです。なぜならお金が動かなければ税金は決して発生しないからです。

すべての税金は国民が物を買い、交通機関を利用してお金を使う、車などの購入、移動の

ためのガソリン、高速道路料金、食品の購入などあらゆる消費が動くからそこに消費税、

ガソリン税などが発生するからです。ものが動かなければ国の税収は限りなく減り続け

ます。そこまでやれば国はいとも簡単につぶれます。一回潰してご破算にして作り直した

方がいいのではないかと思うくらいです。

それぞれで対策を考えていくべきでしょうね。





nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:blog

破・常識 あつしの歴史ドラマ「アシュタール:問題・悩みを解決するには・・・・」 [アセンション]

破・常識 あつしの歴史ドラマ「アシュタール:問題・悩みを解決するには・・・・」


(ここから)

今日の破・常識!



すべての事に対して 

波動エネルギーという観点から観る、考えるようにしてみると

あなたの現実(ホログラム)が面白いように変わっていく・・・らしい(笑)





では、アシュタールからのメッセージをお伝えします。






こんにちは こうしてお話し出来ることに感謝します。

思考は、エネルギーです。

あなたの思考のエネルギーを注ぎ込むところに 

あなたの現実(ホログラム)が出来るのです。

エネルギーのないところにはホログラム(現実)は創れないのです。

電気がなければ映写機が動かなくて 

フィルムが映し出せないのと同じです。


すべてのものは波動(エネルギー)で出来ています。

そしてエネルギーを流すことで存続することが出来るのです。

エネルギーの流れないところ(注ぎ込まれないところ)には 

何も作り出すことが出来ないのです。

エネルギーという原材料がないので何も創ることが出来ません。

ここまではわかりますね・・


ということは、さっきも言いましたように 

あなたの見ている現実(ホログラム)も同じだということになります。

意識のエネルギー(思考のエネルギー)を注ぎ込まなければ 

そこにはどんなホログラム(現実)も創造できない・・ということですね。


あなたは 望む、望まない、関係なくあなたの見ている現実を

自分で創造しているということは間違いないのです。

心配、怖れ、不安・・

これも思考のエネルギーだということを思い出してください。

エネルギーに判断はありません。

あなたにとって 良い現実でも悪い現実でも関係ないのです。

ただエネルギーが注がれたところに 

ホログラム(現実)が創造されるだけの事なのです。

とてもシンプルですね。


たとえばお金のことに関してもそうです。

お金がない、足りない、もっと欲しい・・というところに 

あなたの意識エネルギーを注いでいれば 

そのようなホログラム(現実)を創造する・・ということです。

お金に対して不安、心配、を煽り 

そのような現実を創造させるために 

たくさんの事が行われています。

お金だけじゃなく他にもありますが・・

やはりお金のことが一番あなたを揺らすことが出来るので 

お金に関することが今は主流となっています。

あなたに 不安、心配、怖れにフォーカスさせたがっている存在たちは 

思考はエネルギーであるということ 

そして思考のエネルギーの使い方を知り尽くしています。


だからこのことが分かれば 

あなたは好きにあなたのホログラム(現実)を 

変える事が出来るということになります。

自分で 自分の好きなようにホログラムを創造できるのですから 

何も心配する事は無いのです。


ただあなたがどこに あなたの思考のエネルギーを注ぎ込むか・・

たったそれだけのことなのです。


イヤなもの嫌いなものが あなたの現実の中にあるのならば 

そこにフォーカスするのを止めればいいだけのことです。

イヤだ、嫌いだ・・と思う事で 

あなたはエネルギーをそこに注いでいるのですから、

エネルギーを注がないように意図すれば 

あなたの現実からなくなっていきます。


イヤなことには 関心を持たないことが一番なのです。

そこから そっと立ち去るのが一番なのです。

イヤなことと対立する事も そこにエネルギーを流しているのです。

ですから、たとえば国に対して

集団で何か抗議するということも同じことです。


関心を持たない・・エネルギーを注ぎ込まない・・

それだけであなたの現実からなくなります。

反対に 楽しいこと、好きなことにフォーカスしていれば 

それにエネルギーを注ぎ込むことになりますから 

あなたの現実には楽しいことがあふれてきます。


すべては、波動エネルギーで出来ている・・

これが理解できればあなたの現実で

抱えている問題、悩みが解決できます。

あなたの抱えている問題、悩みも簡単に言ってしまえば 

あなたがそこに思考のエネルギーを注いでいるから 

あなたの現実に起きているだけだということです。


楽しいことにフォーカスし 

イヤだと思う事からは離れて(無関心になって)ください・・

というのは こういう理由からです。

私は何も理由なしに楽しいことばかりにフォーカスしてください・・と

言っているのではないのです(笑)

すべての事に対して波動エネルギーという観点から 

観る、考えるようにしてみてください。

あなたの現実(ホログラム)が面白いように変わっていきます。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」



ありがとう アシュタール!


(ここまで)


私たちのいちばんの悩みは「お金」でしょう。

お金がたくさんあればいいと思うなら、今「お金がない」とか「お金が足りない」と

思わずに「とりあえず今のところは大丈夫」と思うか「たとえなくても、ある」と

思うようにするということですね。

自分で自分のマインドをだますしかありません。

しかし、実際に試してみるとことのほか難しく、すぐに「お金が不足している」、だから

「将来が心配だ」という思いが首をもたげてきてまとわりつきます。

その思いがない状態を創り出すのでいつまで経っても問題が解決されないという悪循環

が起きてきます。

問題はお金だけではないですね。戦争への不安、仕事での不安、将来への不安と様々な

問題があって困ることも多いはずです。

でも、思考が現実を創造するというならば、いったんそのような考えは捨てて傍観して

みるのがいちばんのようです。






nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:悲劇の主人公はエネルギーバンパイア!」 [アセンション]

世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:悲劇の主人公はエネルギーバンパイア!」



(ここから)

今日のアシュタールからのメッセージをお伝えしますね^^

「こんにちは こうしてお話出来ることに感謝します。

私はいつも、人に同情しないでください・・とお伝えしています。

それは、自分にもです。

自分にも同情しないでくださいね。


自分を悲劇のヒロイン、かわいそうな人・・という視点で考えないでください・・

ということです。

自分を悲劇の主人公にしてしまうと、そこから抜けることが

出来なくなってしまいます。


どうしてこんな病気になってしまったんだろう・・

どうしてこんなことに巻き込まれてしまったんだろう・・

どうして私だけこんな目にあうの??・・

私って本当にかわいそう、私って本当に運が悪い、私っていつもダメなのよ・・


こう思っているうちは、そこから出ることが出来ません。

そこにいることを選択しているのと同じだからです。

それは、いまの自分で良いと肯定しているのと同じなのです。

そして、誰かに依存してしまうことになります。


自分の気持ちを理解して、そして自分に同情してくれる人を探している状態

と同じなのです。

そういう人(自分に同情し、そこにいることを肯定してくれる人)を

オーダーしているのです。

同情してもらったら、一時的にはホッとするかもしれません。

でも、そこから抜け出せなくなるのです。


手を差し伸べてくれる人を待たないでください。

自分でそこから抜けるアイディアをつかんでください。

それには、そこから出るという強い意志を持つことしかありません。

いつまでも、かわいそうな私、悲劇の主人公を演じていたら、アイディアも

出てこないのです。


私はいまの状況がイヤです・・ここから抜けるにはどうすればいいですか?

と自分に問いかけてください。

そうすれば、必ずそこから抜けるアイディアがわいてきます。

アイディアがわいて来れば、それを行動に移せばいいのです。


よく、これではいけないとは思っているんですけど・・という言葉を

耳にします。

よく、頭では分かっているんですけど、なかなかねぇ~~・・と

いう言葉も耳にします。


この言葉が出るときは、自分を変えたくないと言っているのと同じだと

いうことを認識してください。

自分でそこから抜けようと思わない限り、抜けることは出来ないのです。

それならそれでいいと思います。

その状況をこころゆくまで楽しんでください。

どうしても、どうしても、イヤだと思うまで楽しむのもいいと思います。


でも、自分に同情している限りそこからは抜け出ることは出来ないということ

だけはわかってくださいね。


病気は、意識一つでどうにでもなります。

環境も、あなたの意識ひとつでどうにでも変えることが出来るのです。


すべては考え方ひとつだということです。

自分をかわいそうな人、悲劇の主人公にしていると、その方向でしか考える

ことが出来なくなり、出口が見えません。


悲劇の主人公を演じて、誰かの同情を得ようしても何もなりません。

こんな病気になってしまった、受験に失敗した、失恋した、会社をリストラされた、

他の人が先に昇進した、子どもが反抗して手が付けられない・・いろいろあると

思いますが、それを愚痴にして誰かに同情してもらっても次にはすすめないのです。

愚痴を聞いてもらって同情してもらうというのは、エネルギー不足になったこころに

一時的にエネルギーをチャージしてもらうだけのことです。

ある意味、エネルギーバンパイアなのです。


自分に対して、かわいそうな私と思うのも、自分で自分にエネルギーバンパイア

しているようなものなのです。


エネルギーを内側に回すのではなく、外側に回してください。

悲劇の主人公は、エネルギーが内側に回ります。

エネルギーを外側に回すと、いろんなエネルギーが入ってきます。

誰かにチャージしてもらわなくても(エネルギーバンパイアにならなくても)

自分でチャージできるようになります。


エネルギーを外側に回すというのは、悲しいこと、苦しいこと、自分をかわいそう

だと思うことにフォーカスするのではなく、どうしたら楽しくなるのか?に

フォーカスすることです。


自分をかわいそうな立場においてしまうと、いつもそこにフォーカスしている

状況になってしまうということです。

楽しいことにフォーカスを変えてください。

そうすれば、そこから抜け出し、楽しい現実を創造するためのアイディアが

ドンドン湧いてきます。


人にも、自分にも、同情しないでくださいね。

誰かが、そして自分が、何か不機嫌なところにいるとしたら、かわいそうね、

苦しいね、わかるよ・・と声をかけるのではなく、楽しいことをしましょうね・・

と声をかけてください。


あなたに愛をこめてお伝えいたします。」


ありがとう アシュタール! 感謝します。

(ここまで)


私も若いころはそうしたことがありました。

そんなときにはどうしても自分に同情してもらいたいという気持ちになります。

そして、いつまでもそうした状態を続けてしまいます。

それがエネルギーバンパイアの状態なのですが、いったんそうした状態になると

なかなか気づけないですね。

そのような状態から抜け出すのはやはり楽しいことをしていることだと思います。

楽しいことに熱中していると嫌なことも忘れてしまうからですね。





nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:blog