So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:感覚が現実化のカギなのです!」 [アセンション]

世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:感覚が現実化のカギなのです!」



(ここから)

思考が先、現実はあと・・ということについて、アシュタールからお話ししたいことが

あるそうですのでお伝えしますね^^

「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

思考が先、現実はあと・・といつももう耳にタコができるくらいお話ししていますが、

ちょっと誤解を生じているようですので、補足させてくださいね。


思考と言っても、無理やりの思考ではありません。

そこに感情が乗らなければ現実化しないのです。


あなた達は感情で動いています。

先ず感情があって、そのあと頭(マインド)で考えるのです。

そして、感情のエネルギーの方が大きいのです。

だから、感情が動いたほうが現実化するのです。


言っている意味が伝わっていますでしょうか?

ですので、頭でどれだけ一生懸命イメージしても、そこに感情が乗らなければ現実には

なりにくいのです。


一生懸命、こんな家で、こんな家具を置いて、庭にはこんな花を植えて・・とイメージ

していてもそこに楽しいとか、フワッとしたとかという感覚、感情が乗らなければ現実

化しないのです。


反対に、具体的にイメージしなくても、フッとこころに浮かんだ感覚、感情の方が現実

化するということになります。

言葉で説明するのは難しいですね。


先ず、感情(感覚)が先なのです。

楽しい感情、気持ちの良い感覚に共振したうえで、具体的なことをイメージしていくの

が現実化するには最適な方法だということです。


幸せだわぁ~~という感覚、フワ~っとした感覚を身体に感じながら、こんな家だった

らいいなぁ~、こんな花が咲きほこる庭にイスとテーブルを出して紅茶を飲むっていい

なぁ~・・という感じでイメージしていくのです。

そして、そのイメージで遊ぶのに飽きたら、そこでやめます。

いつまでも、無理にイメージし続けなければなどと思ってしまうと、それは執着になりま

すので反対に違う感覚にフォーカスしてしまうことになります。


形を追うのではなく、感覚を感じてください。

こんなイスに座りたいと思う時、イスのイメージを先に頭でするのではなく、こんな座り

心地のイスが良いなぁ~・・それにはどんなデザインが良いかな、と感覚で感じるの

です。感覚で、もう座っていて、そのイスの座り心地を思う存分楽しむのです。

そうすれば、具体的なイスのイメージが湧いてきます。

イメージが湧いて来れば、その通りに作ればいいだけのことなのです。


思考といっても、頭の思考ではないことをお伝えしたいと思います。

感覚の思考・・これは言葉では分かりにくいですが、それこそ感覚で受け取っていた

だければと思います。


起きて欲しくない、現実化してほしくないと思うことの方が起きるのはなぜですか?と

よく聞かれますが、それは起きて欲しくないことに感情、感覚を動かすことの方が得意

になってしまっているからです。

起きて欲しくないと思った瞬間に感情が動き、感覚を感じ、そして具体的にイメージ

してしまう方が得意だからです。

とても上手に現実化するのです。


でも、反対に起きて欲しい、現実化したいと思うことには、頭を使ってしまうのです。

頭を使って、感情、感覚を感じることがおろそかになってしまうので、なかなか現実化

しないのです。


反対にしてください。

起きて欲しくないと思うイメージが来たらすぐにキャンセルするのです。

感情、感覚をそのままにせず、すぐに切ってください。

そして、すぐに感情、感覚の方向性を変えるのです。

楽しい感情、ホワッと感じる感覚を思い出し、こちらに戻しますと宣言してください。

そして、その感情とともに、楽しくなる具体的なイメージをするのです。

好きなアニメを見ているイメージでも構いません。

可愛い犬をだっこしている時の感覚(犬のぬくもり、匂い、声など)を思い出すのも

OKです。


だからと言って、怒りとか悲しみの感情を押し殺してくださいと言っているのではあり

ません。ちゃんと出してください・・ただ、それに振り回されないでくださいねとお伝

えしているのです。

ちゃんとその感情を感じてあげれば、それは昇華することが出来ます。

昇華したら、すぐに感情を切り替えることが出来るのです。


これを話し出すとまた話しが逸れて長くなってしまいますので、もとに戻しますね。

とにかく、思考が先、現実はあと・・の思考は頭(マインド)の思考ではなく、感情、

感覚をともなった思考だということを理解していただければ、上手に現実化すること

が出来るようになります。


感覚を大切にしてください。

感覚が、現実化のカギなのです。


あなたに愛をこめてお伝えいたします。」


ありがとう、アシュタール!感謝します。

(ここまで)


私たちは思考というと、どうしても頭で考えるというイメージを持ちやすいように

教育されてしまっているようです。

なぜなら、すべての教育・学問において脳が指令コントロール役を務めていて

そこから考えることが指示として出されると教えられているからです。

そのため、イメージを持つにしても頭で考えてイメージするという方向になって

しまいがちだろうと思います。したがって、そこにはアシュタールの語るような

感情をのせるという考えは出てきません。

また、日常生活においても常に自分の感情をストレートに出さないことが常識

ある人間であると教えられているので、よけい感情をのせにくいことと思います。

だから、そこはいったんわきにおいて、感情を入れ込むというやり方を覚えないと

いけないようです。それまで抑えていた感情を入れるという事です。

したがって、怒りを爆発させるようなことではなく、楽しい時の気分やうれしい

ときのわくわくした感情をそこにのせると良いという事です。

美味しいものを食べれば「美味しい」と感じます。また、歌を歌って楽しければ

そのときのうれしい感情が湧いてきます。歌手になれば会場との一体感も一緒に

感じていることでしょう。そうした感情を上手くのせた方が現実化しやすいという

ことですね。

ただ、私もそうですが頭ではわかっているつもりでも、その場になるとすっかり

そのことを忘れてしまうようですので、常にそういう思いを持っていないといけ

ないですね。







nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。