So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:飽和状態ってどういうことですか?」 [アセンション]

世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:飽和状態ってどういうことですか?」




(ここから)

アシュタールはよく、あなた達の社会はもう飽和状態です・・って言いますが、

飽和状態ってどういうことですか?・というご質問がワークショップの中でありました。

その件に関して、ブログのメッセージにしてくれましたので、お伝えしますね^^

「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

言葉でお伝えするのは難しいのですが、形は下が広くてトップに行くにつれて小さくなって

行くピラミッド型を維持していますが、エネルギーの流れという観点から見ると逆三角形に

なっているような感じです。


あまりにトップの人たちの富などが強大化しすぎて、ピラミッドの下の人たちに流れて

いないのです。

ピラミッドシステムは循環をしないシステムですので、トップの人たちが富をせき止めてしまうと、

上ばかりが膨らむ異常な形になってしまうのです。

ピラミッドの下の方が小さくなってしまうので、もう搾取出来なくなるのです。


例が良くないと思いますが、たとえばねずみ講と呼ばれるシステムと同じだと

考えていただければ理解しやすいと思います。


最初にはじめた人は、下につく人が増えればどんどんお金は入ってきます。

でも、下の方になればつく人が減ってきますので、下になればなるほどお金は入ることは

ありません。

それは分かりますね。

そうなるとトップの人も儲からなくなります。

ならばどうすればいいでしょうか?


そのシステムをやめて、また同じような新しいシステムをつくればいいのです。

名前を変えて新しい組織にすれば、また新しく人を勧誘することが出来ますね。

でも、トップの人は変わりません。

前のシステムのトップの人たちがまた新しくはじめるシステムですので、またその人達

だけが儲かるようになっているのです。

ただ、システムの名前とトップの人(本当のトップは変わらず、表面的な代表者の名前)が

変わるだけなのです。

名前と代表者が違うので、知らない人たちは新しい組織だと思ってまたそこに参加しようと

思ってしまうのです。


いまのあなた達のピラミッド型の社会システムはもう飽和状態にあります。

エネルギーがまるで循環せずに上ばかりに流れてしまっているので、下の人たちが疲弊し

きってしまい、もう搾取出来なくなっているのです。


なので、もう一度いまのシステムを崩壊させ、新しく同じようなシステムをつくろうとして

いるのです。それはいままでも何度も繰り返されています。

戦争によって国同士がつぶし合い、焦土となったところにまた新しい名前と代表者をたて、

つくりなおすのです。

経済を崩壊させるのも同じです。

でも、本当のトップは変わりませんので、また同じような搾取の社会になるということです。


戦争や経済の崩壊によって○○国という国の名前が変わっても、主義主張(社会主義、民主主義など)

が変わっても、大統領が変わっても、結局はまた同じことが繰り返されるのです。



繰り返さないためには、まったく違う社会を創造するしかありません。

三角形のピラミッド型の社会(搾取のための社会)ではなく、丸い社会になればもう繰り返す

必要がなくなるのです。

丸い社会はエネルギーが循環します。

だから、飽和状態になることがないのです。

一部の人たちのところに富というエネルギーが一極集中するのではなく、まんべんなくみんなに

エネルギーがクルクルとまわるのです。

そうなると、みんなが豊かになります。


取り合いではなく、提供しあう社会になるのです。

そのためには、どちらかを選択する必要があります。

まったく違う、まるっと反対の社会なので、どちらかを選択するしかありません。

選択しなければ、いまのままの状態が続いて行くのです。


先ずは、選択するということ、方向性を決めるところからはじめてください。

方向性が決まると、そちらに現実は動いて行きます。

あなたの選択です。

他の人はその人が考えますので、あなたの選択をしてください。


飽和状態ということ、そして、崩壊させる意味を理解していただけましたでしょうか?


あなたに愛をこめてお伝えいたします。」


ありがとう、アシュタール!感謝します。

(ここまで)



先日電気自動車について電池交換システムの問題点に絡み、電気に頼らざるを得ない

社会の危険性について書きましたが、これもピラミッドシステムの典型だと私は考え

ています。

もともと電気自動車が急速に語られるようになってきたのはエネルギーがクリーンで

排気ガスを出さないということが二酸化炭素が原因とされる地球温暖化を防げるとい

う狙いもあるからです。


確かに電気エネルギーは二酸化炭素を出さないクリーンなエネルギーです。しかし、

その電気はどのようにして作られるのでしょうか?今可能な方法は水力、重油、ガス、

原子力です。その中でいちばん稼働している施設の多いのは重油と原子力です。

電気エネルギーというのは重油を例にとるなら、必ず重油を燃やし、その発熱を利用し

て蒸気タービンを回すことで電磁回転ブラシを回転させ発電する方法で得られます。

ガソリンを燃やす排気ガスの問題点はわかりますが、今は排ガス規制も厳しくなりかっ

てのような排気ガスではないだろうと思いますし、電気は結局は重油を燃やすので必ず

二酸化炭素を排泄します。

そうした工場では排気ガスのクリーン化はされているでしょうか?おそらくそうでは

ないはずです。

だから発電所から排泄される排気ガスはこれから電気エネルギーが必要とされるに

つれ、さらに増えていくでしょう。車はなくなったけれど発電所が増えるので排気ガス

の総量はそれほど大きく変わらないだろうと思います。むしろ、いろいろな場所に発電

所が建設されそこから排泄される排気ガスに悩まされるのではないかと思います。

日本での電気自動車のシェアは2016年の段階で0.1%です。対してハイブリッド車は増え

たとはいえ6.9%です。これが何を意味するかお分かりでしょうか?

世界で一番電気自動車化が進んでいるのはノルウェーでそのシェアは4割です。でも、

ノルウェーには日本のような発電に関する問題がないと言われています。それは国土

に深さ10000mに達する深い谷がありその水力を利用して電気が得られるからです。

そのため、発電所に絡む環境問題はノルウェーには存在しません。こうした背景がある

からノルウェーの電気自動車のシェアが4割まで高められるのです。その点日本はどう

でしょう?エネルギーとなる重油は海外から輸入しなければならず、発電所の建設過多

になった場合新たな問題が発生するでしょう。

なぜなら0.1%を40%に持っていけばそれなりの発電所が必要になるからです。


皆さんが知っているように重油のほとんどは国際石油資本(石油メジャー)が占めて

います。

彼らは世界中に重油(石油、ガソリン、軽油のもと)を販売することで利益を得ている

集団です。アシュタールの言葉で言えばピラミッドの頂点に位置する組織です。もし、

日本が電気自動車の占める割合が増えて行けば多かれ少なかれ重油がないと車が走れな

くなります。つまり、彼らの資本の支配を受けることになります。日本が第二次世界大

戦に突き進んだのも海外からの重油の輸入が制限されたからです。それだけエネルギー

というのは私たちの生活を左右します。

世界中で電気自動車の占有率を高めるべきだという議論が沸き起こっていますが、

ノルウェーのように自国でエネルギーをまかなえるならいざ知らず、多くの国はこう

した海外からの重油に頼らざるを得ず、それは国家の命運を石油メジャーに握られるの

と同じことです。

おそらく、電気自動車の進捗度を高めるべきだという論調を進めているのはこうした

石油メジャーかもしれません。電気自動車そのものはクリーンで素晴らしいのですが

こうした点も考えておかないといけないのではないでしょうか?

エネルギーを制する者は世界を制するということです。いまだにフリーエネルギーが

進展しないのはこうした石油メジャーの巨大な圧力があるからですが、私は将来国民が

使うエネルギーはフリーエネルギーによるべきだと思っています。なぜなら、実用化し

ようと思えばいくらでも実用化できる技術はすでに存在するからです。

各家庭に一個ずつこうしたフリーエネルギー発電機が一個あり、その家庭で必要な電気

をすべてまかなえるとしたらどうでしょうか?多くの利便性が生まれると思います。

電気料金は払わなくてすみ、おまけに多くの電気機器が使えるようになります。電気自

動車だって家庭で充電できるようになるので、遠方に行った時だけ充電ステーションを

利用すればいいだけです。

水でガソリンエンジンを回せるという技術も東北大学で開発されたというニュースが

数年前に流れましたが、そのようなものでも良いのです。ガソリンと違ってコストは

かかりませんから。


話は長くなりましたが、ピラミッドシステムの頂点にいる人たちの支配をこのまま受け

続けていくのか、そうではなく新たなシステムを考え出してそれを進めていくのか考え

なくてはならないと思います。



nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:blog

nice! 2

コメント 2

愉快

トヨタの傲慢さには嫌気が差しますねぇ。

トヨタのパラレル式ハイブリッドより日産のシリーズ式
ハイブリッドのe-POWERの方がいいんじゃないですか。
エンジンが駆動に介入することはないし、システムも軽く済むし。

ドイツは48V電気システムをメルセデスから採用したけど
これもトヨタのようなTHSとは違って、以前あったホンダの
IMAに似てるマイルドハイブリッドシステムですね。
こちらの方が軽く作れるし、内燃機関のエンジンの良さを
最大限に引き出してるようです。
平均速度の高い国ではトヨタのハイブリッドシステムの美味しい
所は発揮されませんよ。

日本の低い平均速度に助けられてるんじゃないですかね。
トヨタのハイブリッドシステムが全てじゃないですし。

車音痴の多い日本人は騙せても、車との付き合いのが長い欧州・
欧米の連中は騙せないでしょう。
最近トヨタ式のハイブリッドの欠点が続々出て来てますし
生産・廃棄のことを考えるとハイブリッドそのものが全然エコ
じゃなかったこともバレてしまってますが。

電気自動車は充電電時間と航続距離の問題が全然解決してませんね。

まー、フリーエネルギーが広まれば面白くなりそうですが・・
なんだか、不要な物が多すぎて疲れますわ。
それにしても安倍政権が今まで隠してきたことが次々と公表されて
ますが・・・・・こいつと心中したくない連中や安倍内閣を倒閣
したい連中が動き出してんのかな。
あ~・・・日本の幸福度は54位まで落ちたらしいですよ。
地獄の国日本じゃねーか。そのうち滅びるか ?





by 愉快 (2018-04-08 01:01) 

ada755

愉快 様

トヨタの傲慢さは昔からだろうと思います。それはトヨタが天皇家との
つながりが強いからでしょう。つまり、日本企業のリーダーシップを取るという思いがそこにあるからでしょうね。

どうもトヨタのハイブリッドシステムの目的の大部分が燃費改善に重きを置いていて、狭い日本でこそ生かされるものです。しかし、ご存知のように米国や欧州などアウトバーンの多い国ではトヨタの非力なハイブリッドシステムは長距離を高速で走ろうとすると全く役に立ちません。最近、その問題に気づき、搭載エンジンの排気量を上げることが多くなったようです。特に国際的マーケットを占めるカムリなどの排気量は2.5Lです。そのため、日本の田舎の日常の足として使うのは大きくて取り扱いが厳しいでしょう。だから愉快様の言われる通りと思います。

日本人の暮らしは安倍政権になってから急速に悪化してるようですね。幸福度54位というのもうなずけます。問題はそうしたデータが出ていながらも大企業優遇政策を続ける政権に問題がありますね。






by ada755 (2018-04-13 20:31) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。