So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の5件 | -

消費税収19兆のうち6兆が大企業に還付…消費税と法人税を「払わない」大企業、優遇の実態 [政治・経済]

消費税収19兆のうち6兆が大企業に還付…消費税と法人税を「払わない」大企業、優遇の実態


来年はいよいよ消費税10%になる予定ですが、政府は消費税増税後の消費の落ち込みを
防ごうとあの手この手で懐柔しようとしてますが、おそらく景気はこれまでよりもさらに
大きく落ち込むでしょう。

また、今日の夕方のNHKのニュースでは来年度の税制大改編の報道をしてましたが
なぜか、走行税は完全にスルーでした。国民を愚弄しているようなものです。

今回転載する記事を読めば消費税増税のからくりがよくわかり、増税には反対したくなる
ことでしょう。また、増税後の残りの分は公務員給与アップ(地方公務員、関連団体も含め
アップしてます)に消えて行っていることも知っておくべきです。



(ここから)

大企業とマスメディアはなぜ「消費税率アップ」に反対しない?


 2014年4月に消費税率は5%から8%に引き上げられました。15年10月にはさらに10%へ引き上げ予定でしたが、17年4月へと延期し、さらに昨年には19年10月まで2年半延期すると安倍晋三首相は表明しました。

 世界経済の不透明感が増していることなどが理由でしたが、いまだにデフレから脱却できないアベノミクスの大失敗が、景気の腰折れで決定的になることを避けたかったからにほかならないでしょう。なにしろ消費税率アップは、小売業をはじめ一般消費者への影響は甚大だからです。

 政府・財務省は、将来の社会保障の財源を確保するうえで、所得税や法人税の増税は適切ではなく、負担の公平性からも消費税率を引き上げることこそがベストと強調してきました。そして、財界や大手マスコミも消費税増税はやむなしのポーズを決め込んできました。

 輸出大企業中心の財界にとっては、消費増税は大きなメリットがあるから当然でしょう。つまり、非常に不公平なカラクリによって、莫大な権益を享受しているのが輸出大企業だからです。

 また、大手マスコミも消費増税でうかつに政府に楯突くことはできません。これまで政府から戦後に国有地を格安で払い下げてもらい、テレビ局放送免許を独占的に付与され、激安の電波料で儲けさせてもらっているからです。さらに経費で飲み食いしても「取材上の交際費は非課税」と処理しているので、下手に消費増税に反対して業界の談合体質を突つかれたり、財務省から経費水増しの常習ぶりを税務調査で暴かれると大変だからです。過去にもマスコミの申告漏れや所得隠しの脱税は多数あったので、再び追及されることは避けたいところでしょう。

 財界と大手マスコミは、もともと広告宣伝関係でがっちりつながっています。特権階級同士は、「阿吽の呼吸」で政府と一枚岩になるゆえんなのです。

輸出が主力の大企業は消費税を払っていない?


 これまで日本では、「欧米と比べ消費税率が低いから上げる」という論理が支配的でした。しかし、欧米では食料品など生活必需品が非課税になるなど、所得の低い人には負担のしわ寄せがいかないような工夫があります。日本では、何から何まで一網打尽に消費税を徴収しますから、現行の8%でも生活者の実質的負担は欧米以上に高いのです。逆進性が高く、所得再分配機能も働かない租税立法上の「応能負担原則」にも反します。所得が低く貧しい人ほど、日常生活は苦しくなるわけです。

 しかも、輸出で稼ぐ大企業には輸出還付金制度という特典があります。これは、海外販売分では消費税が発生しないことを理由に、仕入れの際に支払った消費税分を「輸出戻し税」というかたちで還付される制度です。これにより、部品材の仕入れの際に子会社や下請けに「買い叩き」をしても、国から還付金を得ることができます。

 消費税が5%だった時にも、例年3兆円強が大企業に還付されたため、消費税収の毎年10兆円が国庫に入る時には、7兆円弱になっていました。一方、下請けの中小企業は大企業向けでは納品価格に消費税分を載せられずカットされるため、納品価格の内税分の消費税を払うことになります。消費税は赤字でも払わなければならないため、中小企業は青息吐息です。

 消費税率5%だった2010年度の大企業の推定還付金は以下の通りです。

・トヨタ自動車:2200億円強
・ソニー:1100億強
・日産:1000億円弱
・東芝、キャノン、ホンダ:700億円台
・パナソニック、マツダ:600億円台
・三菱自動車工業:500億円台
・新日鉄:300億円台

 そして消費税率が8%の15年度には、トヨタが3633億円、日産が1546億円などで、消費税収19兆円のうち還付金額は6兆円に膨らんでいます。消費税収19兆円でも、国庫の実収はたったの13兆円なのです。消費税率がアップするほど、輸出大企業は払ってもいない消費税の還付で儲かります。まるで輸出奨励金なので、そのうち米国トランプ政権も目をつけてくるでしょう。

 そして大企業にとって税金でトクをする状況は、消費税だけに限った話ではありません。法人税もろくに払っていないのが実態なのです。

大企業の法人税実効税率は高くない


 大企業もマスコミも「日本の法人税実効税率は高い」と唱え、安倍首相も16年度に30%を切る29.97%にして、2018年度には29.74%にするとしていますが、大企業の多くはこの実効税率をまともに払っていません。なぜなら、企業にはさまざまな減税措置があるからです。

 国税庁が公表した13年度の「資本金階級別の法人税(国税)の状況」によれば、実質的な法人税率は以下のようになっています。

・全企業平均:15.66%
・資本金1000万円以下の単体法人:13.6%
・資本金1000万円超1億円以下の単体法人:17.6%
・資本金1億円超10億円以下の単体法人:22.3%
・資本金10億円超の単体法人及び連結法人:14.6%
(うち資本金100億円超の単体及び連結法人:13.6%)

 資本金100億円超の大企業と資本金1000万円以下の零細企業が、たったの13.6%という同じ税率なのです。これに地方税7.38%を加えても、法人税実効税率は20.98%にしかなりません。これは13年度の実績として国税庁が公表したものですが、実際には16年度から法人税の実効税率は表向き29.97%と、13年度(34.62%)と比べ4.6%も下がっていますから、16年度なら資本金10億円以上の大企業は、実質的な法人税負担率は10%さえも切っている可能性があります。
世界の中で日本の法人税実効税率は低水準


 世界の法人税実効税率は、表向きは以下のような順番になっていますが、少なくとも日本の場合は、実際の税負担はさらに10%前後は低いと言えるのです。

 米国38.91%、フランス34.43%、ベルギー33.99%、ドイツ30.18%、オーストラリア30%、メキシコ30%、日本29.97%、ポルトガル29.5%、イタリア27.81%、オランダ25%、韓国24.2%、アイスランド20%、トルコ20%、イギリス19%、チェコ19%、ポーランド19%、ラトビア15%、アイルランド12・5%

 日本の29.97%から10%前後を差し引くと、実質的な負担率は法人税が低いといわれるイギリス、チェコ、ポーランド並みとなります。消費税引き上げ分の負担を家計に押し付け、大企業には消費税に加えて法人税も大まけして、与党は大企業から政治献金の見返りをもらうという構図なのです。

 こうした大企業に与えられている法人税の軽減特典は、ざっと挙げれば「連結納税制度による所得金額の減少措置」「受け取り配当金の所得不算入」「外国子会社配当金の所得不算入」「所得税額控除」「外国税額控除」「試験研究費税額控除」などがあります。大企業ほど特典が多数あります。そして大企業は正社員を減らして非正規雇用を激増させ、人件費を削って内部留保(利益剰余金)も膨らむ一方です。

「日本の法人税の実効税率は高い」という嘘を垂れ流してきたマスコミや大企業、政府与党の罪は重いのです。法人税率は、これ以上下げる必要はありません。そして、大企業経営者などの金持ち優遇策で引き下げてきた累進所得税率を上げ、とっとと消費税は廃止すべきです。
(文=神樹兵輔/マネーコンサルタント)


(ここまで)
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:思考と感情・・これがワンセットなのです」 [アセンション]

世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:思考と感情・・これがワンセットなのです」




(ここから)


今日のアシュタールからのメッセージをお伝えしますね^^

「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

感情を出す?感じる?のは、ハートなのです。

脳で感じている訳ではありません。

それは何となくわかると思います。


何かツライ話を聞いたときに、あなたは胸が痛いという表現をするでしょう。

脳が(頭)が痛いとは言わないですね。


誰かを好きだと感じるときもそうですね。

胸がキュンとする・・といいます。

脳がキュンとするとは言いませんね(笑)


あなたの感情は、エネルギーです。

その感情のエネルギーはハートから出ているのです。

詳しく言えば、ハイヤーハートと呼ばれるところから出ています。

エネルギーの渦(ボルテックス)がそこから出ているのです。

このエネルギーを感じてまわりの人も反応するのです。


ここから悲しみのエネルギーが出れば、それに影響を受けてまわりの人も

なんとなく悲しくなったりするのです。

よろこびや楽しいといったエネルギーもそうです。

楽しそうな人のそばに行くと、楽しくなる・・というのも、そのボルテックスのエネルギー

の影響を受けて、共振するからなのです。


このエネルギーは頭から出るエネルギーよりも共振力が大きいのです。

・・というか、頭(マインド)はほとんど感情のエネルギーは出していません。



そして、この感情のエネルギーは現実化にとても大きな影響を与えます。

感情が動いた思考は、感情が動かない思考の3000倍現実化するのです。

ただ頭で思考しているよりも、感情が動いただけの方が現実化しやすいのです。

どこかに行きたいなぁ~と思ったとします。

それを頭だけで地図を見ながら考えるよりも、そこの写真を見て感動してどうしても

行きた~いと思ったほうが現実になるということです。


頭で思考して、そこにハートの感情エネルギーを乗せる・・これが一番現実化しやすい

方法になります。


感情はとても大切です。

ですから常に自分の感情を意識して感じていてください。

何故なら、楽しい感情ばかりを感じている訳ではないからです。

というより、あなた達は楽しくない方向へ思考するように誘導されています。

だから、いつも不安や心配、怖れの感情を出してしまっているのです。


常に不安の思考をして、そこに不安な感情が乗ると、その不安が現実となってしまうのです。

ですから、不安を感じたときは、すぐにその思考と感情をキャンセルするように

してください。

そうすれば、その不安を現実化することがなくなります。

出て来る度に、ただキャンセルするだけで大きく違ってきます。


そして、常に不安や怖れ、心配の感情が出るのを変える方法があります。

それは、常に”出来る”という言葉を繰り返しておけばいいのです。

あなたの頭の中では、出来ないという言葉が繰り返されています。

ダメだ、出来ない、ムリだ・・・その言葉を”出来る”に変えるのです。

常に反射的に”出来る”という言葉が出るようにしておけばいいのです。


常に”出来る”と思考出来るようになれば、感情のエネルギーも出来るということに

よろこびを感じるようになります。

そうなれば、”出来る”現実を創造できるようになります。


そのために、”出来ました””ありがとうございます””感謝します”という3つの

波動の軽い言葉を口ぐせに出来るように繰り返すことをおすすめします。

”出来ない、ムリだ”という思考と感情を、”出来ました、ありがとう、感謝します”の

思考と感情に入れ替える・・それだけであなたの現実は楽しいものへと変わります。


思考と感情・・これがワンセットなのです。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」


ありがとう、アシュタール! 感謝します。



(ここまで)


常に出来るという言葉に変えてしまう。

これが継続的にできるかどうかです。


と、書くということは、私の心の中ではまだ出来ないと言っていると同じことなので

忍耐強けないといけないですね。





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

破・常識あつしの歴史ドラマ「アシュタール:どうやったら楽しくなるか?」 [アセンション]

破・常識あつしの歴史ドラマ「アシュタール:どうやったら楽しくなるか?」



(ここから)


今日の破・常識!



誰かが楽しませてくれるのを待っているのではなく、

自分で積極的に楽しむことを考える。

自分で楽しむことに慣れてくると、

ほんの小さなことでも楽しむことが出来るようになる・・・らしい(笑)




---------------------------------------------------------------------------------------------------------




今日のアシュタールからのメッセージをお伝えします。







「こんにちは こうしてお話し出来ることに感謝します。

楽しむぞ!・・って思ってください。

あなたの生活すべてまるっと楽しんでください。

だってぇ~~、楽しくないもん・・って思ってるから楽しく感じないのです。

どうやったら楽しくなるか??・・

という視点で考えてみるようにしてください。

毎日のルーティーンワークでも、楽しむことにフォーカスすれば

楽しくなるのです。通勤時間の電車の中・・気がつけばイヤなこと、

不満なこと、心配なこと・・ばかり考えていませんか?

それ妄想ですね・・どうせ妄想するならば、

あえて楽しい妄想をするようにしてください。

イヤなことに妄想がもどりはじめたら、

意図して楽しい妄想の方へ戻してください。

楽しい妄想に慣れてくると、どんどん妄想は広がり、妄想することが楽しくなります。

身体は電車の中にあっても、意識は楽しい世界へと

行くことが出来るのです。イヤだイヤだと思いながら電車に乗るより、

その時間を楽しんでいたほうがいいんじゃないでしょうか?

そして、楽しい妄想をして遊んでいると、

楽しいエネルギーになりますから現実も楽しくなってきます。


電車の中だけでなく、毎日の生活も”楽しもう”と

積極的に思うと楽しくなるのです。

同じ事ばっかりでつまらないな・・って思いながらしていると

つまらなくなるのです。でも、例えば料理でも、どうやったら

美味しいものが出来るか?って考えると楽しくなります。

家族のためにつくらなければ・・って思うと楽しくなくなりますので、

自分が食べたいものをつくってください。

何が食べたいかなぁ~~・・この材料をどうやって料理しよう?・・

どんな味が良いかな?・・いろいろ工夫することを楽しんでください。

自分が食べたいものをつくる・・それが楽しむコツです。

人のためにとか、○○のためにとか、~~ネバならない・・

で考えると楽しくなくなります。


小さなことでも楽しむことにフォーカスしていると、

すべてが刺激的になります。つまらない・・と感じることがなくなり、

いまこの時を楽しむことが出来るようになるのです。

人生に?生活に?飽きる・・ということがなくなくなり、

生きていることを本当に楽しむことが出来るようになります。

意識ひとつです・・どこにフォーカスするか・・それだけなのです。


食べることもそうです・・食べることをたのしんでください。

しっかりと味わうということです。いま口にしているものの味、

食感、匂い・・すべてに感覚を研ぎ澄まし味わう。

それが食べることを楽しむということです。

違うことを考えながら食べるのではなく、

食べているいまを感じながら食べるのです。

そうすれば、食べる過ぎることもなくなりダイエットにもなりますよ(笑)


いつも、私はどうすれば楽しくなりますか?・・と自分に聞いてください。

誰かが楽しませてくれるのを待っているのではなく、

自分で積極的に楽しむことを考えてください。

自分で楽しむことに慣れてくると、ほんの小さなことでも

楽しむことが出来るようになります。

生活の小さなことが楽しくなってくると、

朝もワクワクした気持ちで起きることが出来ますよ。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」



ありがとう、アシュタール!



(ここまで)


毎日を楽しく生きるためにはすべてが楽しく思えるようになる

ということですね。

街を歩いいても、行き交う人たちを見ていても、周りの風景を見ても、歩いて

いることさえ楽しく思えるならもう楽しい一日になるでしょう。


でもね~。

正直、普段何気なく過ごしていて、自分で楽しいと思える時だけそう思わない

という部分があるので、まだまだかもしれないと思うのです。


過去に、時々何を見ても楽しいと思える時期があったんです。

それは???

熱烈な恋愛をしていた時です(笑)。


その時は寝ても覚めても相手のことばかり考えているのですが、周りに映る

光景がホントすべてがバラ色に見えてました(爆)。

何をしても何を話していても、何を見ていても人生バラ色って感じですね。


いつも楽しいというのは、そんなことだろうと思います。

楽しいとハートで思えるようになるとそれが出来るのだと思います。

だから、心の底から楽しみを感じるように、すべての対象に興味を持ち

そして、すべてが自分のために存在しているのだとわかると楽しさを一層

感じられるようになると思います。


アシュタールの語るように自分から積極的に楽しむようになるということが

とても大事なことですね。






nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

なぜ大富豪はお金をたくさん持っているのにそれに満足できないのか? [世界経済]

なぜ大富豪はお金をたくさん持っているのにそれに満足できないのか?



世界中には10億㌦(約1300億円)以上の純資産を持つ人が2208人(2018年)もいるということですが、その人たちがなぜ我々から見ると必要十分以上のお金を持ちながら、さらに多く持とうとするのか?
その問いにハーバードビジネススクールの教授が億万長者の心理を分析してある回答を得たそうです。その回答とは・・・。



(ここから)

daifugou1.jpg
by Ishan @seefromthesky

フォーブスが公開している「The World's Billionaires 2018」によると、世界中には10億ドル(約1100億円)以上の純資産を持ついわゆる「億万長者」と呼ばれる人が2208人もいるそうです。これだけ多くのお金を稼いできた人たちであっても、現状に満足することなくより多くの金銭を求めて仕事に打ち込み続ける、というのはよくあること。なぜ多くのお金を持っているのに現状に満足することができないのかについて、幸福と富の関係について研究しているハーバード・ビジネス・スクールのマイケル・ノートン教授が億万長者の心理を分析しています。

Why Aren’t Rich People Happy With the Money They Have? - The Atlantic
https://www.theatlantic.com/family/archive/2018/12/rich-people-happy-money/577231/

ノートン教授によると、人間は自分の人生の何かしらに満足しているかどうかを判断する際、自分自身に「自分は他の人よりも良いか?」と自問するそうです。この問いかけは富だけに限らず、身長などの外見や個人の魅力なども含まれるそうです。

しかし、問題となるのは「人生において本当に重要なことの多くは測定することが困難である」ということ。例えば自分が良い親かどうかと考えても、1年前と今の自分自身を比較して「良い親になっているかどうか」を正確に測ることは難しいものです。また、「良い親かどうか」についての明確な尺度は存在しないため、隣の家の親と自分自身を比べて「どちらが良い親か?」を判断することも難しいものです。

そのため、人間は数値化することが可能な「比較が容易な次元」に目を向けるケースが多いそうです。ノートン教授は「その際、お金こそ素晴らしい尺度となる。自分がそれまでよりもうまくやっているかどうかを知る必要があるなら、簡単に確認することができます。その方法は『私は昔よりも多くお金を稼いでいるか?』『私の家の面積はどれくらいか?』『昔よりも多くの家を持っているか?』と自問するだけです」と語り、自分の人生を評価するために他人との比較を行い、最も簡単に比較に使用できる尺度としてお金、つまりは自分の資産を用いると記しています。

daifugou2.jpg
by Sharon McCutcheon

また、1度多くのお金を勝ち取った人が「お金」による比較から離れることは容易ではないそうです。もし、家族で5000万円を稼いでいたとしても、自分の周りのコミュニティが同じくらい稼ぐ人たちばかりなら、以前よりも自分のことを貧乏と感じ「より稼がなくては」と考えるようになることはあり得るとのこと。財産に関する目標は絶え間なく変化し続けるため、どれだけ稼いでも、自分の周囲が同じようにレベルアップしていけば満足感を得られないまま「もっと稼がなければ」と感じるのは自然なことであるとノートン教授。

ノートン教授が2018年初頭に発表した論文では、少なくとも100万ドル(約1億1000万円)以上の純資産を持つ2000人を対象に調査を行っており、調査対象者は基本的に「2~3倍の資産が必要」と回答したそうです。多くの資産を持つ人々でも自身の資産に完全に満足している人はおらず、皆が「もっと稼がなければ」と感じていたというわけ。

daifugou3.jpg
by Kenny Luo

ノースウェスタン大学の政治学教授であり、「Oligarchy」の著者でもあるジェフリー・ウィンタース氏は、「一般的に支出は住宅ローンや健康保険、食料、子どもの授業料などの経費と結びつくものです。しかし、超富裕層の多くはお金を稼ぐためにお金を使っています」と語り、超富裕層は財産を増やすために投資やビジネスなどに資金を投入していると指摘しています。

コペンハーゲン・ビジネス・スクールで超富裕層の金融慣行について研究しているブルックリン・ハリントン氏は、「『うまくいっている』という感覚は『帆船や何かを購入する』という幼少気の夢を実現することで得られる感覚ではありません。裕福な気持ちは、自分が比較する他人との差から得られるものです。なので、問題は個人が買いたいものではなく、自身の地位を維持するために買わなければいけないと感じているものにこそあります」と語っており、何を買ったかが超富裕層の満足感を満たすのではなく、自分と似たレベルの人と比べて何を買えばより優位に立っていると感じられるか、こそが超富裕層の心を満たすものだと指摘しています。

さらに、小説家のゲイリー・シュタインガート氏も超富裕層が財産についてどのような考えを抱いているかの経験をつづっています。シュタインガート氏が2018年9月に出版した小説「Lake Success」の主人公は、ニューヨークで働く金融業者です。そのため、小説を書くためにシュタインガート氏は十数人の非常に裕福な投資家たちと知り合いになりその生活を調査したそうです。その結果、裕福な投資家の誰もが自身の資産を増やすために財務担当者を雇っていたそうで、「彼らはあなたが必要とするものすべてを購入できる以上の金銭を持っていました。そして、彼らが購入できるものは、彼らが持っているものに比べて高価ではありませんでした。ガルウイングのテスラだったり、最新のテスラだったり。私はそれらがどれくらいの値段かわかりませんでしたが、1億ドル(約110億円)では足りないレベルだと思います」と、自身が取材した投資家たちがいかに多くの資産を持った人たちであったかについて語っています。

そんなシュタインガート氏が取材した投資家たちは、その誰もが「激しい競争心を持っていた」とのこと。「彼らは終日ブルームバーグのターミナルで互いに競争し、その後、さらに競争力のあるポーカーをプレイしていました」とシュタインガート氏は語り、この奇妙な精神は遊びのポーカーから慈善団体への寄附にいたるまで、あらゆる面に反映されていたと語っています。シュタインガート氏によれば、「この競争心のもと、仲間よりもスマートで能力が高いと見える必要があるのかもしれない」と、裕福な投資家たちの心理を分析しています。

daifugou4.jpg
by Steven Lelham

さらに、シュタインガート氏はヘッジファンドがノートン教授やハリントン氏が説明した超富裕層の持つ「他人との比較」に関する心理を用い、資産をスコアカードとして扱っていることを目撃したと明かしています。

なお、シュタインガート氏は「この調査が終わってうれしく思います。なぜならそれはかなり憂うつなものだったからです」と語り、幸福と富に関する調査が想像以上にハードで精神的に気持ちの良いものではなかったとしています。

(ここまで)


もう彼らに見えているのは私たちの生活がどうのこうのというレベルではないようです。要するに貧富の差なんかどうでもいいという事です。そしてそういうこととは全く関係のない他者との競争による自分自身の価値を獲得するためだったということがわかりました。
それにしても、人の欲には際限がなく、彼らには貧困というものは理解できないようです。わかっていても関係ないというのか・・・。そういう心理でしょう。





nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:無関心でいるという事は・・・」 [アセンション]

世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:無関心でいるという事は・・・」



(ここから)


先日の「同じ土俵から降りる・・」の記事に、いくつか同じような内容のご質問を

いただきました。


以前の記事で、

「(税金や寄付金の使い道を)しっかり見てますよ」と思うだけで権力者達は

やりにくくなります。

とあったと思いますが、今回の「無関心でいて下さい」と混同してしまっています。

自分は今はニュースはほぼ見ないので水道が民営化されようとしてること

すら分からないのですが、これでは無関心すぎでしょうか。

もう少し違いなど教えて頂けませんか?



見てるということと、無関心でいるということ・・

ここのとこ、教えてアシュタールぅ~~^0^


「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

無関心でいるということは、何も知らなくても良いということではなく

感情を動かさず、真実だけを見るということです。

あ、そういうことをしているのですね、ご勝手に・・という感じでしょうか?

ですから、税金の使い道に関しても、知っていますよ・・ということは必要なのです。


たとえば、いたずらをしている子どもがいるとします。

誰も見ていなければ、子どもはそれを続けます。

でも、誰かが見ているとそのいたずらをしにくくなります。

ここまでは大丈夫でしょうか?


しかし、それを叱責したり、力尽くでやめさせようとすると、子どもは反抗したり、

意地になってそれをしようとしたりしますね。

でも、あなたがしているいたずらは知っていますよ・・という雰囲気を出しながらも

何も言わない、何もしなければ子どもはどうでしょうか?

やりにくくなってきますね。

そして、やれなくなってきます。


少し状況は違いますが、心理的には同じようなものです。

デモをして抗議したり、力で何とかしようとしても、それは逆効果になってしまいます。

彼らにとって、それは何も怖いことではないのです。


でも、あなた達が何をしているか知っていますよ、というエネルギーを出していても

何も言わないという態度を貫くと、彼らは気持ちが悪くなってくるのです。

そして、感情を動かさず、どうぞお好きになさってください、私たちはあなたに賛同したり、

従ったりしませんけど・・という態度を取れば、彼らは何もできなくなってしまうのです。


手の内がばれてしまっていると、手品もやりにくいですね。

それも、ネタバレしているのに、何も言わずじっと見られている方がやりにくくなります。

そのような感じです。


私がお伝えしている無関心は、何も知らないということではないのです。

知った上で、感情エネルギーを動かさず、彼らに怒りなどのエネルギーを向けず、

ただ淡々と自分の好きな方向だけにフォーカスするということです。


それが、彼らと離れる方法なのです。

知らなければ、何も出来ません。

知らなければ、自分の意志で選択することも出来ないのです。


情報があって、知識を持つことが出来て、はじめて彼らのしていることが分かります。

手品のタネが分かります。

彼らのしていることがわかった上で、彼らと違う世界を選択するのです。

(離れたいのであれば、ですが)



>自分は今はニュースはほぼ見ないので水道が民営化されようとしてること

すら分からないのですが、これでは無関心すぎでしょうか。


テレビのニュースで見なくても、別の形でしっかりと情報は入って来ていますね。

テレビで水道の民営化の情報を得なくても、このようにブログなどから情報を得ています。

それは、あなたが知りたいと思っているからです。

それは、無関心ではありませんね。

関心があるから、情報が入ってきているのです。


知っているけど、あえて何もしない・・これが彼らにとってはイヤな?困る?こと

なのです。

見ているけど、何も反応しない・・このようにされるとやりにくくなるのです。


これはエネルギーの観点からの話です。

ですから、いつもお伝えしますが、波動エネルギーのことが理解出来ると、

この方法がとても効果的だということがお分かりいただけると思います。


でも、私たちがおすすめするのは、彼らの考え方ややり方を変えようとする

方向ではなく彼らと住み分ける方向です。


知っています、分かっています、見ています・・だから、あなたとは一緒にいることは

出来ませんので、違う方向へ進みます・・ということです。


住み分けてください・・波動領域を変えてください。

そうなれば、彼らに意識を向けることもなくなります。

彼らに見ていますよ・・というエネルギーを向ける必要もなくなってきます。


あなたに愛をこめてお伝えいたします。」


ありがとう、アシュタール!感謝します。


(ここまで)



無関心でいるということは全く知らないでいることを良しとしてそれを貫き通すという

ことではなくて、知っていても関心を向けないという事ですね。

だから、知ることを嫌がる必要は全くないことと思います。

問題は知ることで自分がその事実に恐怖心や不安を持つことです。

そのため、たとえ支配者のことについて知ったとしても、それは一つの事実としてだけ

見て、恐怖心や不安、強い関心を持たないという事です。


私なんかもいろいろネットで見たり読んだりしてますが、ほとんどは忘れてしまっています。

だから、あんなことがあったと思い出せればそれでいいものと思います。

今はネットという便利な道具が出来たのでいつでも必要なことを調べられます。

ぜひそのツールを活用しましょう。







nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog
前の5件 | -