So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の5件 | -

世にも奇妙なフツーの話「さくやさん:さくやさんと龍神は同じ存在??? 」 [アセンション]

世にも奇妙なフツーの話「さくやさん:さくやさんと龍神は同じ存在??? 」



(ここから)

さくやさんはドラコニアン(水棲龍族)だということなので、神社にいる龍神と同じですか?

・・って質問をいただくことがあります。

その件に関してさくやさんからメッセージがありますのでお伝えしますね^^

「まったく違うの。

龍神と呼ばれている存在は、あなた達とは違うテラにある別の次元の存在。

テラの上にある異次元(4次元と言う人もいるけど)と呼ばれている領域にいる存在のこと。


龍神っていうけど、別に龍じゃないのよ。

どう言えばいいかしら・・

異次元の存在を見ることが出来るツールを持っている人がいるの。

その人が異次元にいる長いエネルギー体を見て、蛇?みたいだと思った。

でも、蛇より大きいし、長いし、ちょっと怖い感じだし・・・

とにかく自分たちの世界では見たこともないような生き物だった。

そしてその人が、何となく自分の(実際の目ではなく松果体で)見た感じの絵を描いた・・

その絵を見た他の人(自分では異次元の存在を見れない人)がそういうものだと信じた。

それが龍という幻の存在として定着してしまったということ。

あなた達の世界には龍はいないでしょ・・異次元のことはよくわからないし、不思議な存在だけど、

なんとなく魅かれる・・でも、その存在がどういう存在なのかまったくわからない。

じゃあ、どうやってその不思議な存在である龍の立ち位置?どう理解すればいいか?という

ことになって、同じ(目に見えないし、存在自体も)わからない存在である神の使いという

ことにしようと思ったのよ。

そして、眷属神(神など偉い人につきそう存在)として、龍神などと呼ばれるようになったの。

この説明で理解出来るかしら?


だから、龍神は龍じゃないし、神の使いでもないの。

あなた達とは違う次元(異次元)に住む、エネルギー体だということ。

他にもキツネや蛇などの眷属神といわれる存在もいるけど、みんな同じ。

いまのあなた達の世界にいるキツネや蛇などとはちがうの。

エネルギー体を見た人が、あ、キツネに似てる、蛇に似てる・・って思って、それを絵に描いた。

その絵を見た人が、そういうものだと思い込んで、それからその絵を基にキツネや蛇に似た

眷属神をつくりだしたってこと。


はじめに異次元の存在を絵に描いた人のイメージが、いまも引き継がれていて、そのまま

眷属神として祀られてしまってるってことね。


眷属神と呼ばれない存在・・魑魅魍魎、妖怪・・などと呼ばれている存在も同じなのよ。

ただ、その頃の人たちの美的な感覚に沿わないような絵を描かれてしまっただけ(苦笑)

同じ異次元の存在だけど、あなた達の世界にいないような(あなた達が不気味を感じるような)

姿かたちに描かれてしまっただけで、魑魅魍魎や妖怪などと呼ばれてるだけなの。

眷属神が偉くて(波動が軽くて、素晴らしい存在)で、妖怪が悪くて意地悪で人間に悪さをする

ダメな存在・・というようなことはないのよ。

ただ、最初に描かれてしまったイメージが悪かったってことだけ。

ある意味、気の毒よね(まぁ、人間にどう思われようと彼らは気にしていないけど)



でもね、これは余談になるけど・・

妖怪や魑魅魍魎と呼ばれている存在に対して、人間に害をもたらす悪い存在として排除しようと

して、人間側から戦いを挑んだりすると、やっぱり彼らもそんなに波動領域の軽い存在

じゃないから、関わってくるから気をつけてね。

人間側から何もしなければ、彼らも何もしてこないんだから。


住み分けが出来ているんだから、そのまま住み分けておけばいいのよ。

それがお互いの平和のためなのよ。

だから、眷属神として祀る必要もないの。

神はいないんだから、神に仕える存在もいない・・だから、祀ったり敬ったり怖がったり

しないで、ただお互いの存在を尊重しあっていればいいと思う。


そしてこれも余談だけどね・・龍を使おうとか、龍に何かを頼もうとか、

龍のエネルギーと共振しよう(龍のエネルギーを身体に入れる)とかそんなことは考えないでね。

とても危ないことだから。

彼らのエネルギーはとても強いの。

人間のエネルギーよりずっと強いの・・だから、あまり深くかかわると危ないの。

それも、尊敬と尊重も気持ちなく関わってしまうと、彼らも怒るからね。




余談はこのくらいにして・・今度は私の話ね。

同じ龍っていうのが名前に入っちゃってるから、混乱しちゃうわよね。

同じ龍って言葉が名前に入ってるけど、私はドラコニアン(水棲龍族)という宇宙種族なの。

宇宙人ね。

私はテラにはいない・・もちろん、異次元にも、神社にもいない。

私はテレパシーで別の次元の惑星から話をしているの。

だから、龍とはまったく違う存在だということね。


理解してもらえたかしら?


あなた達をこころから愛してるわ~~」


ありがとう、さくやさん!

私たちもさくやさんをこころから愛してるよ~~^0^

(ここまで)


さくやさんはドラコニアン(水棲龍族)という宇宙種族であって龍神様ではないと

いうことですね。まったく違う次元の存在だという事です。

でも、ドラコニアンって随分と誤解されている部分があるようです。

地球人でも白人、黄色人種、黒人がいるようにドラコニアンにも何種類かに分かれて

いるようで、その中の一つが悪いことをするとすべてそうだと思われがちだという

ことですね。


さて、今日は台所のリフォームでした。

あまりにも古くてどこから手を付けていいかわかりませんでしたが、思い切って

棚をすべて取り外し新しいのを取り付けることにしました。

今日はとりあえず壁に新しくペンキを塗りました。これだけでも薄汚れて見ているだけ

で気分が落ち着かない壁も色合いも良く気分も良くなりました。

明日は新しく棚の取り付けです。これでとりあえずは終わりでしょう。

たまにこうして日曜大工をやるのも楽しいことのひとつです。




nice!(2)  コメント(0) 

破・常識 あつしの歴史ドラマ「アシュタール:あなたがどの現実を望むか・・・」 [アセンション]

破・常識 あつしの歴史ドラマ「アシュタール:あなたがどの現実を望むか・・・」



(ここから)

今日の破・常識!



素直になれば、表現が変わる。

表現が変われば、現実も変わる・・・らしい(笑)


------------------------------------------------------------------------------------------------------------


では、アシュタールからのメッセージをお伝えします。







「こんにちは こうしてお話し出来ることに感謝します。

あなたがどうしたいか・・です。

いつも言いますが、ケンカというのは、

どちらの意見が正しいかを主張しあっているだけなのです。

私が正しい、だから私の意見に従いなさい・・

と主張しあっているだけなのです。

とてもナンセンスなコミュニケーションです。

最後は、どちらが相手をやり込めるか・・

そこに価値を置く様になってしまいます。

何としても、自分の意見を認めさせ、自分に従わせ、

相手の非を認めさせるか・・そこには、まったく愛がありません。

どちらが勝つかの勝負です。


あなたは、それがしたいのですか?

どうしてケンカになるのか?・・そこをしっかりと見つめてください。

たとえば一緒に出掛けることを約束して、それを楽しみにしていた。

でも急きょ仕事が入ってしまった・・

ここからケンカがはじまるとしましょう。


約束を破った相手が悪い・・そう思うでしょう。

だから相手に非を認めさせ謝らせたい・・と思うと思います。

でも、そこでちょっと自分の気持ちを見直してみてください。

何故、こんなにも腹が立つのか・・そこです。

楽しみにしていたんですね、一緒にいたいと思ったんですね。

楽しみにしていなければ、そこまで腹は立ちませんね。

そこをわかってください。

一緒にいたかった・・それを素直に言えばいいんです。

一緒に出掛けるのをすごく楽しみにしてたから、

それが出来なくなってすごく悲しいです・・

と、自分の気持ちを素直に言えばケンカにならないのです。

わかりますか?


あなたは、その人とどうしたいのですか?仲良くしたいのですか? 

ケンカをして仲が悪くなってもいいんですか?

どちらを選ぶのも、あなた次第です。どちらを選んでもいいと思います。

でも本心をしっかりと見ることなく、

ただ腹立たしさだけで相手をやり込めて、そしてそこから

いいコミュニケーションがとれなくなるのはどうでしょうか?

あとから後悔することはナンセンスですね。


いつもこの人とどういう関係でいたいのか??・・

自分にしっかりと聞いていてください。

あなたがその人と一番望んでいるのは、どういう状態なのか?

それがいつもしっかりとして入れば、

不毛なケンカになることはありません。

気持ちよく、素直に、一緒に出掛けたかったから、

とても切ないです・・と言えるようになります。

そうすれば、相手の方も他の対応を考えられるようになります。

何よそれ・・と言う対立のエネルギーをすぐに出されてしまうと、

相手も対立で返したくなるのです。

出したエネルギーが返って来ることを忘れないでください。


さみしいです・・と素直に口に出せば、

相手も・・じゃあこうしたらどう? 気持ちがすむ?

と、お互いにとって納得できる提案が出来るのです。

そうすれば、不毛なケンカをしなくて済みます。


わかりますか?

あなたは、その人とどういう関係を築きたいのですか?

それが一番大切なのです。


これは男女間のことだけではなく、親子関係でも、

友達関係でも、みんな同じです。その人と気持ちいい関係を望み、

仲良くしたいと思うのであれば、

自分が何を一番に望んでいるのかを常に心にとめおいてください。

そうすれば素直に自分の気持ちを表現することが出来ます。

そこをしっかりと見ていないので、つまらないプライド、

意地が出て来て素直になれなくなるのです。


素直になれば、表現が変わります。

表現が変われば、現実も変わるのです。

あなたがどの現実を望むか・・それだけなのです。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」



ありがとう、アシュタール!



(ここまで)


つまらないプライドを捨てることですね。

そうすれば相手の言質をとらえて腹を立てることも減ります。



nice!(2)  コメント(0) 

若手社員「連鎖退職」の恐怖…職場の問題とは? [社会・経済]

若手社員「連鎖退職」の恐怖…職場の問題とは?



(ここから)

新入社員の3分の1が入社3年後までに辞めていく(厚生労働省の2017年度調査)近年、特に企業が頭を悩ませるのが、若手社員らが次々辞めていく「連鎖退職」だ。読者の中にも、数人の若手が短期間に次々と辞めていったのを目の当たりにした人もいるかもしれない。将来を担うはずの若手を一気に失うのは職場はもちろん、会社にとっても大きな損失だ。連鎖退職が起きる理由や、防止する手段について、人材活用に詳しい青山学院大教授の山本寛氏に解説してもらった。
若手社員「連鎖退職」の恐怖…職場の問題とは?

◆地震でパワハラ上司「何が何でも出てこい」

 6月の大阪北部地震の時のことだ。電車が軒並み止まり、出勤も困難な状況の中、ある会社の上司が「何がなんでも出てこい」と部下に指示。それに対し「非常時に社員を守ろうとしない会社は嫌だ」と新入社員7人が連名で退職届を出した――という話がソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で話題になった。

 話の真偽は定かではないが、社員が短期間に一斉に辞める「連鎖退職」は、今、多くの企業で問題となっているという。

 連鎖退職で多いのは、同僚の退職に影響され、別の社員も退職を決意するなど「退職が退職を呼ぶ」状況だ。一人が辞めると

 「会社の将来は大丈夫か?」

 「ここにいては危ないのか?」

 「私も辞めた方がいいのではないか?」

――などといった不安感や絶望感が伝染してしまうのだ。

(ここまで)


昔はねえ~

会社に入ったら3年は絶対辛抱して勤めなければならないと学校の先生や親に

よく言われたもんです。

石の上にも3年ということですね。

そして、中途退職するのは根性の無い奴がするもの、そんな奴は恥だとまで

言われ都会に送り出されました。

今やそんな風潮は煙たがれる傾向にあります。

いわゆる体育系の根性論ですね。

問題の会社の上司がどう言ったかは知りませんが、その上司にとっては

当たり前の考え方だったのでしょう。

でも、もうそんな時代は終わりました。

多くの人が自分の自由を尊重し自己主張する時代になってきたのだと思います。

会社が個人を支えているという思い違いが今後通用しなくなるという良い例です。




nice!(3)  コメント(0) 

世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:病気になるのには、必ず原因があります」 [アセンション]

世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:病気になるのには、必ず原因があります」



(ここから)
「病気ではない」という診断にガッカリする、自称・発達障害者の心理

う~~ん、わかる気がするぅ~~・・・^^;



私も同じような経験があります(発達障害ではなくて違う病名ですが・・)

小学生のころ、軽く登校拒否になったことがあります。

学校に行くのがイヤでイヤで・・・だから、しょっちゅうお腹が痛くなったり微熱が出たり・・

そんなとき嬉しかったです・・これで学校に行かなくてすむ・・・やった!って^0^;

病気になれば、誰からも責められずに行かなくてすみますから・・・

学校に行かない自分は悪くない・・・だって病気なんだから仕方ないじゃん・・って

気が楽になるんですよね。


ちょっと違うかもしれないけど、でも、きっと同じような気持ちなんだろうなぁ~~って、

思ったミナミなのでしたぁ~~^^;





では、今日のアシュタールからのメッセージをお伝えしますね^^

「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

あなた達の社会は完璧を求められます。

それもすべてにおいてです。

でも、すべてにおいて完璧に出来るスーパーマンのような人はいません。

絶対にいません。

でも、いると思わされてしまっているのです。

だから、あなた達は苦しむのです。

出来ないことがある自分を責め、苦しむのです。


先ず、すべてのことを完璧に出来る人などいない・・それを分かってください。

どんな人でも必ず得手不得手があります。

自分の得意なことだけをしていればいいのです。

それも、完璧に得意になる必要はないのです。

楽しんでいればいいのです。

人と比べる必要などないのです。


掃除が好きな人もいれば、苦手な人もいます。

書類の整理、計算が得意な人もいれば、苦手な人もいます。

仕事が早い人もいれば、ゆっくりと確実にすすめていく方がいいと思う人もいます。

人ぞれぞれなのです。


それを一律に考えてしまうから、苦しくなるのです。

自分の好きなこと、得意なことを自分のペースでするのが一番なのです。


教えられた来た理想の人間像を手放してください。

そうすれば、出来ないことは恥ずかしいことではないと思えますので、

出来ないことは出来ない・・と素直に伝えることが出来ます。

それが出来るようになれば、自分を責めることがなくなります。

病気や他のことに逃げる必要がなくなります。


でも、いま、どうしても苦しくて仕方がないと思うときは逃げても大丈夫です。

逃げることは悪いことでも、恥ずかしいことでもありません。

先ずは、どこでもいいですから避難してください。

病気になることでそこから離れ、楽になると思えるのであれば、病気になることも

悪いことではありません。


ただ、自分が逃げている・・ということだけは認識しておいてください。

(もう一度言いますが・・逃げることは悪いことではありません。)

それをしっかりと認識出来ていれば、身体やこころが楽になったときに病気を必要と

しなくていい状況になります。


自分が避難するために病気を自分でつくりだした・・ということを認識できなければ

ずっとその病気と付き合うことになってしまいます。

いつまでも病気を言い訳としていなければいけなくなってしまいます。

そして、また、病気になってしまった自分を責め続けるということになってしまうので、

今度はまた違うところに逃げ場所を求めてしまいます。


病気になるには必ず原因があります。

病気になることで、何かの利益(イヤなことをしなくて済む、何か出来ない自分に言い訳

出来るなど)があるのです。

その原因を見つけ、手放すことが出来れば病気は良くなります。


一時的に逃避するために病気という手段を使うことはいいと思います。

でも、それは一時的な逃避であり、原因を取り除かなければいつまでも病気と

付きあうことになってしまうということです。


その原因のほとんどが・・完璧でなければいけないというところです。

人と比べて劣ってはいけない・・というところです。

それを手放し、イヤなものはイヤ、出来ないことは出来ない、

でも、自分には自分の出来ることがあり、自分のペースでそれをすればいい・・

と思えれば、自分で病気をつくりだしたりする必要はなくなります。


そんなに頑張る必要はありません・・楽になってください。


あなたに愛をこめてお伝えいたします。」


ありがとう、アシュタール!感謝します。

(ここまで)


発達障害という病気がこうした形で世の中に浸透し始めているというのは初めて

知りました。困った兆候ですね。


社会的ストレスから逃れるため・・・。

というのをおそらく本人も自覚してないんじゃないかと思います。

それだけ完璧さを求められることが多いという事になります。


社会がコンピューターシステムによって運営される機会が多くなるにつれ、要求が

厳しくなってきているのでしょう。

コンピューターはプログラムに問題がない限り間違いは起こしません。

その完璧さに人も従うように要求されているのでしょうか?


かっての日本社会はまあまあという部分が多く存在してましたが、それでも

許容される時代でした。

それがミスが許されない時代になってきているのでよりストレスが過重になって

きている現れでしょう。


人は機械とは違うはずなのに、そして人が機械をコントールするはずなのに

逆に人が機械に合わせなければならないということです。

社会的に見てこうした流れをどこかで食い止めない限り、こうした病気を理由にする

傾向はなくならないと思います。




nice!(1)  コメント(0) 

破・常識 あつしの歴史ドラマ「アシュタール:お金が欲しければ・・・」 [アセンション]

破・常識 あつしの歴史ドラマ「アシュタール:お金が欲しければ・・・」



(ここから)

今日の破・常識!



お金のエネルギーが回って来る循環を止めているのは、

あなたのそのお金に対する間違った認識のせい・・・らしい(笑)


--------------------------------------------------------------------------------------------------------------


では、アシュタールからのメッセージをお伝えします。







「こんにちは こうしてお話し出来ることに感謝します。

お金を持っていないことは、何も恥ずかしいことではありません。

お金を持っていようが、持ってなかろうが、

あなたという存在は何も変わらないのです。


あなた達の社会では、物質的に豊かだと

なんだか人よりも優れているように思われているみたいですが、

それはとてもナンセンスです。そして、お金を持っていない人は、

人格的にも劣っているような考え方があるようですが、

それもものすごくナンセンスなことです。


人の価値は、物質の多さではないのです。

お金を持っている人が偉くて、お金を持っていない人はダメだ・・

ありえません。そして、反対の考え方も持っています。

精神性の高い人は、お金を欲しがらない・・

だから、お金をたくさん持っている人は精神性は低い・・・

このものすごく矛盾した正反対の2つの考え方の間で揺れ動き、

どうしたらいいのか、わからなくなってしまっているのが

今のあなた達の現状です。


お金は欲しい・・でも、精神性を高めたい・・

どうすればいいのでしょうか?

欲しいものは欲しがっていいんです。

欲しい物を欲しがることと、精神性は全くの別物です。

精神性の高さ・・とはどういうものですか?

いつもニコニコしていて、穏やかで、人には親切で、

人のために自己犠牲もいとわない・・自分の持っているものを、

惜しむことなく人に差し上げることが出来る人・・

定義はこんな感じでしょうか?そんな人はいません!

そして、そんな人になる必要はありません。

そのような精神性の高い人が、

波動の軽い人だと思っているのならば、それは違います。

そのような精神性が高い・・と言うのは、

あなた達の支配者がつくったモデルケースです。

そのような人になりなさい。

そのようでないあなたはまだまだ成長が足りません。

もっと頑張らないと、あなたは天国にいけませんよ・・

という、脅しなのです。


波動の観点から見ると、そのような人は波動は軽くはありません。

なぜなら、ご機嫌さんではいられないからです。

自分の感情を押し殺し、いつもニコニコして、

欲しいものも我慢して、人のために自己犠牲をして、

自分の物も人に無理してでも差し上げる・・これは、楽しくはありません。

そんな人は、支配者にとって都合がいいだけです。

感情を表に出さず、何が起きても我慢して、

耐え忍んで、人のためだけに生きていってもらえると、

支配者はとてもコントロールしやすくなります。

そんな人になりなさい・・と教え込むと、

自分の欲求を満たすことをあきらめ、

思考が停止するからです。

思考停止の人をコントロールするのは、とても簡単だからです。


欲しいものは欲しがってください。

お金が欲しければ、欲しいと堂々と主張してください。

でも、目的のないお金を欲しがらないでください。

それは、欲しいのではなく、安心したいだけです。

安心したいという理由でお金を欲しがらないでください。

切りがありません・・ずっと、枯渇感に悩まされるだけです。

欲しい物を手に入れるためにお金を欲しがるのは、大丈夫ですので、

どんどん欲しがってくださいね。


あなた達は、お金に対して特別な感情を抱いていますが・・

お金はただの紙きれであり、

金属の塊だということを忘れないでください。

お金に価値があるのではなく、

それはただのエネルギーの交換の手段に過ぎないのです。

お金には、それ以上の価値はありません。

人の価値を決めるものでは決してありません。

持っていても、持っていなくても、あなたは何も関係ないのです。


お金はただのエネルギーであり、

持っていようが持ってなかろうが自分は素晴らしい、

お金ではない・・と思えるようになれば、

ただのエネルギーとして考えられるようになります。そうすれば、

欲しい時に必要なだけ手に入れることが出来るようになります。


いま、お金というエネルギーが

自分に回ってこないと思っているのであれば、

お金に対するゆがんだ?偏見に満ちた?矛盾に満ちあふれた? 

お金に対する概念を変えてください。

お金には、そんな価値はありません。

あなたの人生を左右するような大きな価値はないのです。

ただのエネルギーです。

これが信じられて、そのように行動できるようになれば、

あなたの手にお金はどんどん廻ってきます。

お金のエネルギーが回って来る循環を止めているのは、

あなたのそのお金に対する間違った認識のせいです。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」



ありがとう、アシュタール!

(ここまで)


お金をただの紙切れと思えるかどうかですね。

私なんかどうしたって宝の山に見えます(笑)。

とても紙切れに見えません(´;ω;`)ウッ…・・・・。

というのがほとんどの人の気持ちだろうと思います。


結局、お金があればこれも買えるあれも買える、毎日旅行三昧が楽しめる。

豪華客船にも乗れる・・・・などなどですね。


しかし、お金で何も買えないとなると(例えばハイパーインフレなんかですね)

そのお金はただの紙切れに見えてくると思いませんか?


かって1万円で買えたものが今は1千万出さないと買えないとなると1万円札が

手元にあったってただの紙切れです。


結局、お金で何でも買えたり出来たりするからお金を持った時の夢が膨らみ

「お金が欲しい」となるのでしょう。

そして、お金持ちは卑しい人だからお金を欲しがることは善行にそむくと教えられて

いるので、たとえ目の前に積まれても欲しがってはならないという思いがあります。


ところで、私はいつも思うのですが、どうして人からお金を恵んでもらうと贈与税が

取られ、親から遺産をもらうと相続税が取られるのか疑問に思います。

下手すると半分以上持っていかれる可能性もあり、場合によっては払えなくて遺産を

売却することすらあります。

このように一般庶民が濡れ手に粟のようなお金を手に入れることを厳重に制限して

いるのが日本の社会(世界的に見てもですが)です。

それなのに、株の売買で得た利益には20%しか税金がかかりません。

株の売買で儲けられる人というのはある程度まとまったお金を持っている人に限られ

ますので、貧乏人には厳しく金持ちには甘くという制度上の功利が見え隠れします。

つまり、今の制度はすべてお金持ち優遇制度だという事ですね。


また話が長くなりますので、この辺で・・・・。

要はお金に対する考え方を根本から変えないとお金が容易に回ってこないと

いうことですね。


















nice!(0)  コメント(0) 
前の5件 | -