So-net無料ブログ作成
検索選択

破・常識 あつしの挑戦「アシュタールシマナー・ルール・制度・・・」 [アセンション]

破・常識 あつしの挑戦「アシュタールシマナー・ルール・制度・・・」




(ここから)



今日の破・常識!



マナー、ルール、制度の形にとらわれないでいい・・・らしい(笑)





では、アシュタールからのメッセージをお伝えします。






「こんにちは こうしてお話し出来ることに感謝します。

制度、ルールというのは何なのでしょうか?

礼儀(マナー)というものも 

形式化されなければいけないのでしょうか?

まず、制度、ルール 礼儀などの根本を考えてみてください。

すべては、人への尊厳を尊重する表現だということです。

それが今のあなた達の世界では形骸化してしまって 

形にだけこだわるようになってしまっている・・

ということです。

分かりますか?


たとえばご飯を食べる時のマナーもそうです。

まずお箸の握り方、フォーク、スプーンの持ち方、使う順番・・

それを知らなければ恥ずかしいことだと思わされていますが・・

そんなのは関係ないのです。

まずはマナーというのは形ではないということ!

マナーの根本的なことは、食べるときに

人に不快な思いをさせないという

心配りから出ていることです。

ですから形にこだわらなくてもいいのです。

一緒に食べるために楽しく気持ちよく食べられれば 

それがマナーなのです。

マナーは形ではありません。

他の人に対する心配りです。

ですが、あなた達の世界では形のマナーを重要視します。

そして、その形にとらわれ過ぎて 

本来の食事が美味しくなくなってしまう・・・

このようなことになってしまっています。

制度もルールも同じことです。

はじめは、人に対する心配りの気持ちだったのが 

ただの形になってしまって、

内容のないものに変化しているものが多いのです。

理由はわからないけど とにかく制度だから、

ルールだから・・と

形だけを盲目的に覚えさせられ 

使うことを強要されていることが多いのです。

形にこだわらないでください。

形は、ただ心配りに付随しただけのものです。

あなたの気持ち(楽しい気持ちでいてほしい)

と思う意図があれば

多少やり方が違っても、その気持ちは通じます。


たとえば国が違うとマナーも違ってきます。

それは仕方がないことです。

でも形のマナーは違っても 

お互いを尊重する気持ちが共通してれば、

そんなことは問題にはなりません。

すべてあなたの気持ちが通じるのです。

ですから制度、ルール、マナーの形に

とらわれないでください。

本質を見る・・そうすれば形が違っても 

あなたの気持ちは通じます。

形が違うからといって 

分離の方向(排除、拒否)へ向かわないでください。

まずは形(外)ではなく 

その中にある内容に目を向けてください。


今日は概念的な話になりましたが、

感覚(エネルギー)で理解していただけると嬉しいです。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」



ありがとう、アシュタール!


(ここまで)


私も昔、かっての上司だった人に諭されたことがありました。

それは結婚相手を選ぶ時の相手の礼儀作法の見方です。

その中のひとつとして箸の持ち方がありました。

端は親指からくすり指の4本を持って支えますが、大事なことは人差し指とくすり指の

間にある中指が2本の箸の間に入っているかどうかでした。

これが正式な橋の持ち方であり、中にはスプーンを持つように親指と人差し指だけで

持つ人もいます。これは幼児期の名残であって、親の教育が出来ていないということでした。

上司が何をいいたかったのかと言うと、親のしつけができていない人は嫁さんにもらうべきで

ないということでした。なぜなら、夫の世話をきちんとできないからと言うのがその理由でした。

また、誰かと一緒に食事をするような場面ではみっともない作法として人の目に映ることが

とても嫌なことだとも言われました。


これをどのように取るかは人それぞれと思いますが、どうでしょう。


このように世間的には様々な作法があり、上流階級と言われる世界の人々では特に作法に

厳しいものと思います。したがって、そのような階級の人々はかなり教育には厳しいことだろう

と思います。

しかし、私たちのような一般人にはほとんど話題にならないことだろうと思います。

箸の持ち方にしても指摘さえされなければ、どうでもいいものとして誰も話題にしないでしょう。

ダメならスプーンと箸の両方を使えばいいだけのことですから。

体裁ばかり気にしすぎると本質を見失う恐れがあります。

しかし、逆も言えます。相手を尊重するなら相手の気分を害さない程度に必要なマナーは

身に着けておくべきだということです。

いくら楽しく食事をと言っても、怒りだす、怒鳴る、あまりにも無作法な行為は相手の気分を

損ねるものなので、そこにはその人自身が相手の立場を尊重しているとは言えない部分が

あると思います。

尊重と言うのは互いに要求されるものであり、一方だけが守れば相手はどうでもいいというもの

ではないように思います。

問題は尊重すべき態度を取れない人をどうすればいいかと言うことになるかと思いますが

それはケースバイケースと思います。その場で相手の無作法を指摘し直させるか、あるいは

それとなくアドバイスするという手もあるでしょう。

しかし、それを聞き入れない場合はどうするのでしょうか?

それも多くのケースがあるので、ここで断言できるものではありませんが、それなりの対処が

必要な場合もあるかもしれません。

ただ、問題を大きくする前に、相手の立場、育った環境、心情などには十分配慮したうえで

相手を改めて見直して再考するということは必要なことと思います。

そのうえでどうするかを決めればいいことです。




nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

世にも不思議な奇妙なフツーの話「アシュタール:不思議減少と言われているものは・・・・」 [アセンション]

世にも不思議な奇妙なフツーの話「アシュタール:不思議減少と言われているものは・・・・」




(ここから)


不思議体験をされる方が増えてるみたいです^0^

何か不思議なものが見えた、とか、幽体離脱した、とか、・・・いろんな話を

お聞きすることが多くなりました。

そして、アシュタールにその体験は何なのか?どうしてそんな体験をしたのか?

どういう意味があるのか?・・とご質問されるんですね。

そのことに関してアシュタールからちょっとお話しがあるそうですので、お伝えしますね^^


「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

不思議体験に関しては、いろいろそれぞれのストーリーがありますので、

ここでこういうことです・・とお伝えすることは出来ませんが、ある意味不思議体験というのは、

きっかけにすぎないということだけはお伝えしたいと思います。


きっかけ・・です。

あなたがいろんなことを思い出すためのきっかけとして自分で創った現実だということです。


きっかけ・・そちらにフォーカスするために起きたことなのです。

どういうことかというと・・・

たとえば幽体離脱のような経験をしたとします。

あなたはそれまでは、小さなころから教えられてきたように、身体が自分であると思っていました。

物質的な身体=自分だと、教えられてきたのです。

それを疑うこともありませんでした。


でも、その幽体離脱という不思議な体験をすることで、身体から自分が抜ける??

じゃあ、自分はいったい何なの? 身体ってなに? 身体を脱いだらどうなるの??・・

などなど、いままで考えもしなかった疑問が生まれてきます。

そして、いろんなことを調べはじめ、いままではまったく思いもよらなかったことに気がつき、

ある意味”目覚め”はじめるのです。

疑問を持ち、考えることをはじめるのです。


考えること・・これまでの常識を疑うことによって、違う視点からいろんなことを観ることが

出来るようになるのです。


そのために自分で決めた時期に、自分で不思議体験を設定しているのです。

だから、不思議体験の内容?はそんなに意味はないのです。

光が、霊が、見えた・・その光、霊はどういう意味を持っているのか? 

その光、霊の正体は何なのか?・・

そこにフォーカスしなくてもいいのです。


いままでは目に見えないものは無い・・と教えられてきたけど、目に見えないものもある・・と

わかることによって、狭くて小さかった世界が広がるのです。


(これを言うとまた混乱するかたがいらっしゃるかもしれませんが、)もちろん目的?意味?

があって起きてる不思議現象もありますが、でも根本的に不思議現象といわれるものは

視野?価値観?常識?などを変えるためのものだということです。


ですので、不思議体験だけを求めるのはナンセンスなのです。

幽体離脱をしたい。。幽体離脱を体験したい。。そこだけにフォーカスしてしまいますと

本来の目的を見失ってしまいます。

幽体離脱体験が大切なのではなく、幽体離脱体験をすることでいろんな疑問が生まれてきて

それを考えることで、視野?考え方?などが広がり、真実を思い出すことが大切なのです。



不思議体験そのものだけを追わないでください。

その後ろにある真実に目を向けてください。


たとえば、宇宙船(UFO)を見たとします。

それが本当にいるのか?いないのか?・・を議論しないでください。

それを見たい・・だけにならないでください。

見たからすごいでしょ・・にならないでください。


宇宙船はあります・・この話になるとまたややこしくなりますので今日はあるとだけお話ししますが、

それは、宇宙船がすごいのではなく、宇宙人がいるということに目を向けてもらいたいのです。

あなた達の社会では、宇宙中で知的な生命体は地球に生息している人類だけだと教えています。

それこそがまったくのナンセンスなのですが、でもあなた達はそれを信じています。


そこでもし宇宙船があることがわかれば、知的生命体は人類だけでなく、他にもいるんだ

ということが分かります。

その一つの事例だけで、他にもたくさんのことに疑問を持つことが出来るのです。

宇宙人はいる・・でも、いないと教えられている・・どうしていないなどと教えているのでしょうか?

真実ではない情報を教えることで誰が得をするのでしょうか?

もしかしたら宇宙人のことだけでなく、他にも真実とは違うことを教えられているかもしれない・・

などなど、いままでとはまったく違った視点を持つことが出来るのです。


あなた達が教えられている知識は本当に狭く小さなものです。

それは、あなた達を支配・コントロールしている存在たちにとって、支配するのに都合のいい

知識だけなのです。

都合の悪いことは絶対に教えてはくれません。

波動のこと、思考が現実化するなど、絶対に知られてはいけないのです。


だから、あなた達の目をそらせるためにいろんなことをしています。

不思議体験をした人を嘲笑するような風潮を作ったり、宇宙船があるとかないとかの論争に

明け暮れさせたりします。

その先にある真実を見せたくないのです。


不思議体験は、その先にある真実に目を向けるために自分で創ったきっかけだということを

理解してくださいね。

不思議体験だけでとどまらないようにしてください。


今日は少し難しいことをお伝えしたかもしれませんが、そんな話もあるんだなくらいでいいですので

受け取っていただければうれしいです。


あなたに愛をこめてお伝えいたします。」


ありがとう アシュタール! 感謝します。


(ここまで)


私は不思議体験と言うのはあまりないのですが、それはそうした不思議な事実をあり得るものとして

受け入れているからかもしれませんね。

あなたはそんな必要はないのですから・・・。ということなのでしょう。


ただ、知らない人はあったというだけで、それ以上の???を考えてもなかなか理解まで至るのは

難しいかもしれないが、それが自分の引き起こしたことであるということが多くの人に知られるべき

ことだろうと思います。








nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

破・常識 あつしの挑戦「アシュタール;私は誰? ここはどこ?」 [アセンション]

破・常識 あつしの挑戦「アシュタール;私は誰? ここはどこ?」



(ここから)


今日の破・常識!



アシュタールにもわからない・・

    お手上げのことがある・・・らしい(笑)



では、アシュタールからのメッセージをお伝えします。







「こんにちは こうしてお話し出来ることに感謝します。

私たちは、一体誰で何をするためにいるのでしょうか?

私は誰?? 何のためにここに生まれてきたの?? ・・って、

一度くらいは考えたことがあるでしょう??

何故こんなことを考えるのでしょうか?・・

それは、その考えが私たちの原点だからです(笑)


あるとき ナ~~ンにもない”無”から 

突然 意識(波動)が芽生えました。

「えっ??」 これが、すべての始まりです。

この「えっ??」って思った存在が 

私たちの原点なのです。

その原点をとりあえず 

絶対無限の存在・・と呼ぶことにします。


そして、この絶対無限の存在の

「私は誰? 何のためにここにいるのか?」という

疑問(テーマ)の答えを見つけるための旅が始まったのです。

一人では答えは見つからない・・

だったら 二人に別れてみよう・・

それでもわからないから 

もっとたくさんの自分に分かれてみれば

何かが分かるのではないか・・・そう思って 

たくさんの自分を作り、たくさん経験をすることにしました。

たくさん作った自分が私であり、あなたなのです。

ですから私たちは 

絶対無限の存在の分身だということになります。


あなたの惑星だけでなく 

たくさんの次元の中にたくさんの分身を作りました。

もちろん惑星も分身の一つです。

テラ(地球)でいえば 

テラ、人間、木、犬 ネコ 石 水 海 山・・

すべて同じ絶対無限の存在の分身なのです。

ただ違う経験がしたかったから 

姿形を変えているだけなのです。

だから私達はいつも

「私は誰? どうしてここにいるの? 何をしたらいいの?」

という疑問を持ち続けているのです。

私たちは体験するためにここにいるのです。

絶対無限の存在からしてみれば 

良い体験も 悪い体験もありません。

すべては自分を知るための 

貴重な素晴らしい体験なのです。

だから私たちは、ただここにいるだけでいいのです(笑)

今自分がいるところにいて自由に自分を表現し 

いろいろなことを体験していれば、それでいいのです。

私たちは、それぞれ一つのピースとして 

それぞれの体験をしていればいいのです。

そのピースが絶対無限の存在に集まり 

ある日ひとつの絵になる

(答えが見つかる)のかもしれません。

ということは・・私たちは、何もわからないということです(笑)

一生懸命考えてもわからない・・ということです(笑)

私にも絶対無限の存在がどんな存在で 

これから宇宙や私たち 

絶対無限の存在の分身がどうなっていくのか?・・

わかりません(笑)

サレンダー・・お手上げです(笑)


だったら何も考えずに 今この時を自由に自分を表現し 

体験することに集中しましょう・・

それが結局 答えを見つける

一番の方法なんじゃないでしょうか(笑)


私たちは、絶対無限の存在の子供ではありません・・

私たちは、分身なのです。

ですから私たちは、絶対無限の存在なのです・・

これが、「私はあなた、あなたは私」の意味です。

この「自分が誰なのか?」という答えが 

いつ見つかるのか?

それこそ 誰にもわかりません・・

次の瞬間かもしれませんし 

あなたたちの基準でいう 

何万年後 何百万年後かもしれません。

そして答えが見つかった時に 

私たち分身がどうなるのかもわかりません(笑)

絶対無限の存在に統合されて 

キャラクターがいなくなってしまうのか?

それとも何も変わらないのか?


何が言いたいかというと(笑)・・

結局私たちには何もわからない・・ということです(笑)

だったら今この瞬間の体験を

楽しむことに集中しましょうね。

絶対無限の存在にとって 

悪い体験もいい体験もないんですから・・


あなたが今あなたにとって悪いことが起きている

と思っていても、それはあなた(絶対無限の存在)にとって 

素晴らしい貴重な体験だということです。

あなたの体験に判断はいらないということです。

そして、すべては絶対無限の存在なのですから 

絶対無限の存在は、

すべての分身を愛している・・ということです。

だから絶対無限の存在は 

愛そのものだということなのです。


「あなたは私、私はあなた」・・

あなたとすべての存在はつながっています。

ただ姿形が違う”あなた”なのだ

ということを思い出してください。


私であるあなたに愛をこめてお伝えいたします」



ありがとう、アシュタール!



(ここまで)


最近は、私は誰?という疑問はあまり持たなくなりましたが、それというのも持っても解決しようが

ないということに気づいたからでもあります。

むしろ、今を楽しむということの方が大事なことと思います。


それでも、人類はどこから来たのだろうか?という疑問はありますが、決してサルから進化した

ものではないということは理解できています。

現代科学の解明では現生人類にネアンデルタールや ホモ・エレクトスのY染色体を持った系統は

存在しないし、ミトコンドリアDNAでも同じということから、人類の直接の祖先はホモ・サピエンス

のみであり、人類の祖先は人類と言うことになっている。

したがって猿人から進化したというのはそのような科学技術の背景のなかった時代にダーウインが

推測しただけのことにすぎない。

では、人類はどこから来たのだろう?

そこで、限られた世界でしか考えられていないが、誰もが信じがたい異星人によって創られたという

説だろう。彼らがこの地球に人類を誕生させてのです。そして、かって地球に存在した文明として

7番目だというのもどこかで読んだ気がしますが、そうだろうと思います。

今の科学はそれらを真っ向から否定し、自らの起源に思い至らないようにしていることも事実です。


そして、この世界は意識が自分自身を体験できる場として創られたということも言えるでしょう。

なぜなら、意識の場だけでは体験できないものがここにあるからです。

そう考えるならば、体験あるのみと言えるのでは?


















nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

世にも不思議な奇妙なフツーの話「アシュタール:エネルギー場で引かれ合い・・・・」 [アセンション]

世にも不思議な奇妙なフツーの話「アシュタール:エネルギー場で引かれ合い・・・・」



(ここから)



先日超次元ウィークと銘打って、13ステージ開催させていただきました。

この無謀な企画をした本人であるあつしさんも・・俺ってバカぁ~~?ウィークじゃないじゃん

マンスじゃん・・やっぱりバカぁ~~??

って自分で自分に突っ込みを入れてましたぁ~~(爆)


でね、13ステージして面白かったのは・・毎回雰囲気が違うんですよ、これがまた^^;

同じプログラムをしても、ご参加いただいたみなさまによって雰囲気が全然違うんですよね。

そして、面白いように同じような雰囲気の方が集まるんです^^;

おとなしい雰囲気の方が集まるときもあれば、はっちゃけた雰囲気の方が集まるときもあれば、

真面目な方が集まるときもある・・みんななんか知り合いで約束して予約していただいたの??

って思うくらい^^

ほんと、おもしろ~~い^0^


あ、名古屋のワークショップも近づいてまいりましたぁ~~・・お席も残りわずかとなっております。

ご希望の方はお早目にご連絡くださいねぇ~~^0^


では、今日のアシュタールからのメッセージをお伝えしますね^^

「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

ある意味約束して?話し合って?いるんですね。

あなたの現実に出て来る人は、あなたとエネルギー場でエネルギーラインをつなげた人だということです。

お互い了承の上で、お互いの現実に登場しているんです。

勝手に入って来ることはありません。


どういうことかと言うと・・一人ずつハンディータイプのゲーム機を持っていると

イメージしてください。

それは、他の人とつなげて遊べる機能を持っています。


一緒に遊びませんか?・・と誘って、そうですね、一緒に遊びましょう・・ということになれば

ゲームをライン?でつなげるのです。

ラインでつなげると、その人は自分のゲーム機の中に登場しますね。

それと同じだと思ってください。

イヤ一緒に遊ぶのはやめておきます・・ということになればラインをつなげませんので、お互いの

現実の中には登場しません。


分かりますか?

だから、あなたの現実に登場する人は、必ずその人とあなたの間で了解しあっているということです。

例え、こんな人と絶対に一緒に遊ぼうなんて思うはずはない・・と思ったとしても、必ずお互い

了承しているのです。


同じような考え方、波動エネルギー、価値観の人はラインをつなげやすいのはわかりますね。

同じ趣味の人は、集まります・・それはラインをつなげるからです。

野球の好きな人は、野球の好きな人と合うことが多いです。

野球に興味のない人は、あまり野球好きな人とは出会いません。

それは、エネルギー場で引かれ合わないからです。


同じような波動エネルギーの人は、引かれ合っているということです。

ぜんぜん違うと思っても、どこか引かれ合ったから現実に登場するのです。

野球の趣味は違うけど、旅行の趣味が一緒・・ということもありますね。


趣味でお話ししましたが、引かれ合うのはやはり波動エネルギー(考え方、価値観)が

似ているということですね。

ですから、あなたの現実に居る人は、あなたと波動エネルギーが似ているんだと思って頂いて

良いと思います。

もし、自分にとってあんまり気持ちの良くない現実だとしたら、それはあなたの波動エネルギーが

あなたにとってあまり楽しくないものである・・ということです。

ならば、あなたの波動エネルギーを変えればいいのです。

波動エネルギーが変わると、引かれ合う人たちが変わりますのであなたの現実に登場する人も

変わります。


楽しさもそれぞれです。

楽しいと感じる感性もそれぞれ違います。

ですから、あなたが楽しいと思うことをしていてください。

誰かがではなく、あなたが楽しいと思うことです。

そうすれば、あなたが楽しいと思う人とエネルギー場で引かれ合い、その人が現実に登場します。

野球が好きな人は、野球が好きな人と引かれ合いますので、野球の話を楽しむことが出来る・・

ということになります。


理解していただけましたでしょうか?


あなたに愛を込めてお伝えいたします。」


ありがとう アシュタール! 感謝します。



(ここまで)




nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

破・常識 あつしの挑戦「アシュタールシ真実はハートから・・・」 [アセンション]

破・常識 あつしの挑戦「アシュタールシ真実はハートから・・・」


(ここから)


今日の破・常識!




真実を知ることに恐れはいらない・・・らしい(笑)




では、アシュタールからのメッセージをお伝えします。





「こんにちは こうしてお話し出来ることに感謝します。


あなたは どうしたいですか? どうありたいですか?


しっかりと自分のハートと相談してください。


今の生きているだけで精一杯のような生活を続けたいですか?

イヤだと思うのであれば 

では、どうすればいいのか?・・

何故今のような生活になっているのか?・・

疑問を持ってください、問題意識を持ってください。

何かがおかしいと思ったら 

いろいろ自分自身で知らべてみてください。

自分で調べることをめんどくさい・・と思わず 

納得するまで調べてください。

あなた自身が調べることです・・!

ハートにピンとくる情報にたどり着くことが出来れば 

絡まり合っていた疑問がほどけて真実が見えてきます。


何かが違う・・なぜ?・・どうして?  

この気持ちを大切にしてください。

この気持ちが真実まで連れて行ってくれます。

真実を知ることにもっと向き合ってください。

真実を知ることに恐れはいりません。

あなたがどうしてこのような生活をしているのか 

原因を知ることが出来れば 

そこから出ることが出来ます。

あなたが持っている(気がついた)疑問が 

そこから出るカギです。

誰でもないあなたが、そのカギを持っているのです。

ものの見方、考え方を変えることに柔軟になってください。

頭ではなくあなたのハートが感じる小さなことを 

敏感にキャッチすることを意図してください。

たくさんあなたのハートと話をしてください・・

そこからあなたの答えが出てきます。

頭の中にある今まで教えられてきた知識の中には 

答えはありません。

これから起きてくることは 

あなたの過去から積み上げられてきた知識の中では

理解出来ることではありません。

あなたのハートの中に答えがあります。

感性を大切にしてください・・

あなたの疑問の中にカギがあります。

小さな疑問をたくさん見つけてください。


あなたは どうしたいですか? どうありたいですか?


たくさん あなたのハートと相談してください。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」



ありがとう、アシュタール!


(ここまで)



これから起きてくることとは?

これまでの常識では全く想定外のことかもしれませんね。

それに合わせていくためにはハートの助けが必要になります。

もしかしたら、世の中がどんどん変化していき、じっと見ている余裕さえなくなるかも・・・・。

どうしてこんなことが起きてているのだろうとか・・・。

なぜ、地球変動が???

などなど多くあることだろうと思いますが、今いるあたなの環境がそれを教えてくれます。

なぜなら、環境を変えていくのはハートの思いがそこにあるからです。

もし、今忙しくて考える余裕すらないならば、今一度立ち止まって考え直す必要があります。

もし、今余裕のない生活をしているなら、その根源を探ってみれば答えがわかります。

もし、今の環境が平和であるならば、それこそがハートが望んでいたことでしょう。

これから始まる序章はどのように幕開けを迎えるのでしょう。



nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog