So-net無料ブログ作成
検索選択

金魚とたわむれる? [おまけ]

水槽の中に入っている1匹の金魚と手を介してたわむれる姿がとても印象的でした。

金魚ってこんなに人懐っこいんだ!

初めて知りました。





引用元→https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=132653


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:欲しがっていいの?欲しがっちゃダメなの?どっち?? 」 [アセンション]

世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:欲しがっていいの?欲しがっちゃダメなの?どっち?? 」



(ここから)

この前の記事でアシュタールは欲しいものは欲しがってください・・って

メッセージをくれたけど、でも欲しいって思う気持ちは、自分は持ってない

って宣言することだから、欲しいって言っちゃいけないんじゃないんですか?・・

どっちがどうなのか?そこのところがよくわからなくて・・というご質問を

先日のワークショップの中で受けました。


他にも同じように考えている方がいらっしゃるかもしれない・・と言うことで

アシュタールがそのことに関してメッセージをくれましたのでお伝えしますね^^


「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

いまからお話しするのは、言葉だけでは、なかなか受け取りにくいことですので、

感覚を研ぎ澄ましてお聞きいただければと思います。


欲しい・・という言葉は同じなのですが、ふたつの使い方?意味?があります。

それは、積極的”欲しい”と 消極的”欲しい”です。



消極的”欲しい”をご説明しますと・・・

いま持ってないから欲しい・・と言うことになります。

お金でよく使ってしまう案件ですね。


お金が欲しい・・と思考するときに、何も目的がなくただお金が欲しいというと、

お金が欲しいというより、お金があれば幸せになれるのに、私はお金を持っていない・・

という不安?不幸せ感?からお金が欲しい・・

という思考のエネルギーの方が強調されてしまいますので、

私はお金を持っていない現実をオーダーします・・と言っていることになります。


例えば、レストランに行って・・私はお腹がすいています、何か料理を作って

下さい・・とオーダーするのと同じようなことです。

コックさんは、お腹がすいているのはわかりました・・でも何が食べたいのか

分かりませんので、何をつくっていいのかわかりません。

それでも何か食べたいというなら、こちらで勝手につくりますよ・・ということに

なって、自分が食べたいものと違う料理(嫌いなものかもしれません)が出て来るか、

いつまでたっても何も食べられないか、どちらかになるのです。


思考のエネルギーは、方向性が決まらないと拡散してしまうのです。

そして、その中である程度方向性がある方向へエネルギーを流します。

そのある程度方向性がある思考と言うのが・・私にはお金がありません・・と

いう思考になり、お金がない現実を創造するのです。


これが消極的なオーダー(欲しい)ということです。


これが理解できれば、積極的なオーダー(欲しい)の意味が理解できると思います。

積極的なオーダー(欲しい)は、目的がはっきりしています。

思考の方向性がしっかりとしています。


お金を欲しがるのであっても、これをしたいからこれだけのお金が必要です・・と

オーダーしますので、それが現実化するのです。

積極的なオーダーには、お金がないという思考より、これをするためのお金が欲しいと

いう方が強調されますので、そちらのエネルギーが優先されそちらに流れます。

レストランで、お腹がすいているので焼きそばをつくってくださいとオーダーして

いるのと同じです。

コックさんは、お腹がすいているのはわかりました、ならばなるべく急いであなたの

好みの美味しい焼きそばをつくりましょう・・となるので、

あなたが望んだ焼きそばを食べることが出来るのです。

(ソース焼きそばか、あんかけ焼きそばか、海鮮ものを入れるか、肉類が

いいのかまでオーダー出来るともっと好みのものが出てきます)


これが積極的なオーダー(欲しい)なのです。


私がいつもお伝えしている・・欲しいものはなるべく具体的にしてください・・

漫然と欲しがっても手には入りません・・というのはこういう理由からです。


思考はエネルギーです。

どこに思考のエネルギーを流すか・・それによってあなたの現実は変わってくるのです。

しっかりと欲しいものをオーダーしてください。


もう一度お伝えしますが・・あなたのハートが欲しがっているものです。

みんなが持っているから・・

持っていないと恥ずかしいから・・

自慢したいから・・

幸せだと思われたいから・・

ないと不安だから・・

などというのは、漫然としたオーダーになり、

そちらの思考エネルギーの方が強調されますので、持っていない現実を創造して

しまいます。


これは何度もやって感覚をつかみ取って頂くしか方法はありません。

言葉だけでは、この感覚をつかみ取ることは難しいと思います。

”欲しい”を実際に何度もオーダーしてみてください。

そうすることによって、これは消極的なオーダーなのか、積極的なオーダーなのかが

分かってきます。

小さなオーダーからやってみてください。

小さな”出来た”の積み重ねが、大きな”出来た”になって行きます。


あなたに愛をこめてお伝えいたします。」


ありがとう アシュタール! 感謝します。

(ここまで)


ハートが欲しがっているもの・・・。

という部分が大事なようです。

マインドが欲しがるものは得てして他人と比較して欲しいと思うものですが、ハートは

そんなことには一切関係がなく、本当に今の自分が必要としているものということですね。

だから、そんなときには欲しい理由は要らないように思います。

例えば、自分で音楽を楽しみたいので楽器が欲しいとした場合には、誰かがやっているから

ではなく、本当に音楽を愛し、うまく楽器を演奏して他人の前でも堂々と弾けるようになりたい

という思いならハートは聞き入れてくれるでしょう。

そんなときには漠然と楽器が買えるお金が欲しいと望むのではなく、いくらの楽器が欲しいと

具体的に宣言してみることです。と、そうアシュタールは言っているのだと思います。


とはいえ、欲しいものがいっぱいありすぎて悩みますね。

それでも、先日はお金が入ったので念願の圧力鍋を購入しました。

残念ながら空から降っては来ませんでしたが(笑)。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

破・常識 あつしの歴史ドラマ「アシュタール:現実(ホログラム)」 [アセンション]

破・常識 あつしの歴史ドラマ「アシュタール:現実(ホログラム)」


(ここから)

今日の破・常識!



 
感覚を研ぎ澄まし 

     感覚で情報を得る方向へシフトするのがいい・・・らしい(笑)




では、アシュタールからのメッセージをお伝えいたします。





「こんにちは こうしてお話し出来ることに感謝します。

あなたはいまメガネをかけています。

そして、そのメガネをかけていることに気が付いていないのです。

そのメガネは、ホログラムを観るメガネなのです。

3Dの映像を観る時にあなたは

特殊なメガネをかけますね・・そのメガネをかけると 

画像が浮き上がって見える・・それと同じものを

かけていると思ってください(笑)


あなたたちの3Dの映像は 

まだまだ技術的にそこまで達していないので

あなたは、3Dの映像が映像であり

現実ではないことを認識できます。

しかし、今あなたが見ているホログラムは 

とても精巧でリアル感がすごいので

それがホログラムだと認識出来ないのです。

かけているメガネの存在すら 忘れてしまうほどに・・・


そのメガネをかけていることで 

あなたはホログラムに映し出されたものの中に

生きていると思い込んでしまっているのです。

そのホログラムの中(世界)だけが 

あなたの世界だと思って 外にあるものを

見ようとしないだけなのです。


ホログラムは、ある意味 電磁? 磁気?

に囲まれた檻?かご?のようなもので、

あなたの感覚を狭め 目に見える(と思っている)

現実(ホログラム)しか認識できないようになっています。

あなたの本来持っている感覚は、そんなに狭いものではなく 

目に見えているもの、耳から聞こえるもの 

触って感じるもの以外のものからも 

情報を得ることが出来るのです。

その5感以外の情報量は、5感で感じているよりも 

何十倍もの情報をもたらしてくれます。

超感覚といわれているものがそうです・・

本来は超感覚ではなく、あなたが持っている当たり前の感覚なのです。


今 太陽やテラ(地球)の磁気の変化により 

この磁気?電磁?に囲まれていたホログラムの

映像が揺らぎ始めています。

時々フラッとした感覚が起きたり

(気圧が急に変わった時のような感じ?)

身体の中からエネルギーがはみ出しているような感じがしたり

(ここにいない感じ?)現実が遠く感じる、

乖離感を感じたりするのは、ホログラムの揺らぎを感じるからなのです。

ですから、このような症状が起きたときは 

病気だと心配する必要はありません。

ただのホログラムの揺らぎだと思い安心していてください。


ホログラムが揺らぎ始めたいま 

もう一度ホログラムを固めようとしないでくださいね。

あなたがホログラムにフォーカスすると 

ホログラムにエネルギーを

注いでしまいますので・・・思考はエネルギーです・・

しっかりとホログラムを観ること

(今までの常識 道徳 倫理 社会制度 

教育 金融 ・・など)にフォーカスしてしまうと 

せっかくのホログラムの揺らぎをとめ 

また強固なものとしてしまいます。 


ホログラムが揺らぎ始めたことを喜びとともに受け入れてください。

あなたが見ているものは 

メガネをかけて見ているホログラムだと思って 

そこに集中しないでください。

そこにしか現実はないと思い 

そこにはまり込まないようにしてください。

そのホログラムは遊園地の中の

アトラクションのようなものだと思い

気に入らなければ、いつでもそこから

出ることが出来る事を思い出してください。


思考はエネルギーですから 

あなたがホログラムをホログラムだとわかれば

(感覚では分からなくても そういう物なんだと思うだけでもいいです)

今までそのホログラムに注いでいたエネルギーを止めることが出来、

ホログラムを溶かすことが出来ます。


ホログラムを観ているメガネの存在を思いだし 

メガネを取ることを意図してください(もちろん

あなたがそれを望むのであればですが・・・)

メガネを取るためにはマインドを静かにさせ 

ハートの声、身体の感覚に集中してください。

身体の感覚はあなたのハートの声の翻訳機です。

ですから感覚を研ぎ澄まし 

感覚で情報を得る方向へシフトしていってください。

感覚がホログラムから出るカギになります。

あなたのハートがすべてを知っています。


あなたに愛をこめてお伝えいたします。」



ありがとう、アシュタール!

(ここまで)

ホログラムを現実世界と融合したホロレンズの世界を覗いてみると、私たちの体験している

世界がいかにリアルかお分かりになると思います。



VRゴーグルをかぶっている人の周囲を映した映像も出てくると思いますが、彼女の中では

現実の仮想世界がゴーグルを通して見えているにも関わらず、彼女の周囲には何もない

ということがわかるでしょうか?もちろん部屋の映像がそこにありますが、現実には彼女には

周囲の部屋を見ているわけではありません。VRゴーグルに映し出された世界を見ている

だけなので、身振り手振りで空間を触ったり、まさぐったりしているところがわかりますね。

私たちが体験している現実もこれと等しいものです。ゴーグルにある映像はそこに見えますが

それ以外の映像はどこにありません。彼女が視点を変えるに従い新たな映像が出てくるように

なっていて、そこで初めて新しい映像が見えるわけです。

どうやら私たちの経験している現実はそこにものがあるのではなく、私たちの思考や視点に

応じて立体的な現実が創り出されて現れるようになっているようです。だから、現実に見えない

部分はおそらく何らかの数式あるいはデータとしてどこかにあり、それが立体映像としてその

場に現れるのでしょう。しかし、この現実には切れ目がなく、歩いている速度であっても新幹線

や飛行機のような高速の乗り物に乗っていても連続して立体映像が現れるので、それが創り

出されて体験していると認識することはできないようになっています。

だから、自分が経験しているのはホログラムだと改めて認識して現実を見る以外に区別する

方法はありません。つまり、主体的に見ているのは私たちの脳であり意識なのです。

ホログラムが揺らいでくると、今まで慣れ親しんでいた風景や光景が違ったものに見えてくる

可能性があります。それがどんな形になるのかは私にも想像つきませんが、もしかしたら

今まであったビルの中に別のビルが混在して見える、あるいは部分的に違うものに見える

などして今の現実世界がこれまでと違った形に見えてくるかもしれません。

またホログラムを認識しているのは私たちの意識であり脳でもあります。だから、意識を向け

ない現実は存在しないと同じことですので、今の現実世界を目を凝らしてさらに見ることに

なるとホログラムは今まで通り存在することになります。したがって、いつまで経っても5次元の

ホログラムが出現しないことにもなります。

だから、今一度ホログラムの意味を考えてみる必要がありそうですね。






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

眠れない夜に困っている人に [おまけ]

夜なかなか寝付けない人におすすめ。時間つぶしに・・・・。

https://www.facebook.com/lolwotofficial/videos/1735660183397505/

余計に眠れなくなったって・・・・。
そりゃもう、そうでしょう(笑)。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:ワンネスを理解してください・・・・」 [アセンション]

世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:ワンネスを理解してください・・・・」




(ここから)


アシュタールやさくやさんは、情報、知識は大切です、たくさん持ってください・・と

言うけど、いろいろな情報があって、それこそ真反対の情報とかもあって、どれが

本当なのかわからなくなってしまいます・・ということをよくお聞きします。


情報は必要だけど、何を信じたらいいのかわからない・・・

そういう時はどうしたらいいの? 教えてアシュタールぅ~~^0^;


「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

先ず、ワンネスを理解してください。

すべてはひとつだということです。


あなたは私、私はあなた・・すべての存在は例外なく、絶対無限の存在の分身?

小さな絶対無限の存在?だということです。


それがわかれば、どの情報が必要なものなのかがわかります。


すべては同じもので出来ている・・すべては波動で出来ています。


すべてが同じもので出来ているならば、特別な存在はいない・・ということです。

特別な存在・・”神”はいないということです。

そして、高貴な人もいないということです。

同じものなのに、特別な存在や、高貴な存在、はありえないということですね。


これがわかれば、”神”や”高貴な存在”を表に出して、その人のために尽くしましょう・・

という情報はどうなのでしょう?・・という疑問が湧いてくると思います。


”神”という存在のために、人々が争い合うということがどういうことなのか?

疑問が湧いてくると思います。


では、どうして”神”という存在がいるとされているのでしょうか?

どうして宗教というものがあるのでしょうか?

・・という疑問もわいてくると思います。


そうなると、歴史のこともいろいろ疑問、矛盾を感じるようになると思います。

すべては同じ存在なのに、特別な存在である”神”とは誰なのでしょうか?

それは、宇宙人です・・ということもわかって来るでしょう。


どうして宇宙人が”神”として君臨しはじめたのかがわかれば、

あなたの社会の成り立ちが分かってきます。

あなたの社会の成り立ちが分かってくれば、どの情報が必要なものであるかも

分かってきます。


すべては、波動エネルギーで出来ているのです。

どんな存在もそうです。

絶対無限の存在もそうです。

すべては同じもの、平等、なのです。


このことさえわかれば、どの情報があなたにとって真実なのかがわかります。

ワンネスと言いながら、”神” ”高貴な存在” を崇め奉り、その存在のおかげで

あなたは生かされているのです・・という情報は、あなたはどう感じるでしょうか?


・・ということです。


すべての情報を、ワンネスの観点から考えてみてください。

そうすれば、情報、知識の受け取り方が変わってきます。

どの情報が、あなたにとって真実かが分かってきます。


あなたに愛をこめてお伝えいたします。」


ありがとう アシュタール! 感謝します。

(ここまで)


アシュタールの語る「ワンネスを理解する」というのは特別な存在はいないということです。

文中でも述べていましたが、「私に従いなさい」、「私を信じればいい」、「私は神です」など

述べている内容に従わせようとするのは、情報をもたらしているものが私たちより優位にあり

従わせようとする意図が見えます。

そのようなことはないとアシュタールは述べているのですね。

アシュタールはこれまで私の言うことを信じなさいとか従いなさいというようなことは一言も

言っていないはずです。もし、そうとらえているなら言葉の内容を取り違え誤解しているものと

思われます。アシュタールは過去そのようなことは一切述べておらず、すべて私たちの自主的な

選択にゆだねています。こうした方がいいとか、これはどうですかなどと参考になる情報を提供

しているものす。

また、「・・・・してください」という表現をすることもありますが、これはひとつのあり方として述べて

いるものであり、それを受け入れるかどうかは個人の選択です。


情報の判断を私たちの選択にゆだねているかどうかも受け取るかどうかの目安になると

思います。また、ハートの意志が働き、その情報は正しいと教えてくれる場合もあります。

振り返ってみると、私の場合はハートから受け取る情報で判断していることが多いようです。

ただ、これは個人差がありますので個々のやり方に任せるしかないと思います。





nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog