So-net無料ブログ作成
検索選択

破・常識 あつしの挑戦「アシュタール:祈りは要りません・・・・・」 [アセンション]

破・常識 あつしの挑戦「アシュタール:祈りは要りません・・・・・」



(ここから)

今日の破・常識!



クローンの幽霊がいる!・・・らしい(笑)




戦争でたくさんの方が亡くなられた場所に行く時、

(苦しみが和らぐように)と祈りたいのだが、

それにより、自分に背負いきれないものが

来てしまうのではないか・・

自分の体調に響くのも心配だが、

その方々にどうしたらよいか分からない・・

ただ祈ればよいのか・・ どのような気持ちでいるとよいか・・

というお話しを聞きました。

この件について・・

アシュタールからのメッセージをお伝えいたします。






「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。


何もしなくて大丈夫です。反対に何もしないで下さい。

苦しみをやわらげたい・・という祈りもいりません。

身体を脱いだ人たちは、

もうそれぞれに行くべきところに行っています。

祈る・・ということは 念を送る・・

その人たちに まだこちらとの関係を作ってしまうことになります。

それはその人たちを縛ることにもなってしまいます。

必要のないことです。 

何かしたいのであれば、祝福の光を送ってください。

あなたがいる次元では、「死」は悲しむことだと考えますが、

高次では祝福することなのです。分かりますか?


そして大きな事件、歴史的に惨状が起きた場所では、

たくさんの人が「かわいそうに・・」「辛かったでしょう・・」

「どんな気持ちだったのかしら?」などと思い 

それぞれにイメージします。

その思い、その思考が幻の「幽霊」を作り上げます。

本来の事件の犠牲者の精神体ではなく、

人びとの作り上げた「クローンの幽霊」が

出没するようになります。分かりますか? 


自分達で 「幽霊」を作り上げてしまうのです。

思考はエネルギーですから、訪れた人たちが

「まだ犠牲者の魂がここにいるのね・・」って思考し、

イメージすることで、その犠牲者の魂の

幻のクローンを作ってしまうのです。そしてそのクローンは、

あなた達が想像している通りの行動をします。

無念の幽霊の姿をして目の前に現れたり、写真に写ったり・・

時には霊障と言われる現象も引き起こします。

理解してもらえましたか?


誰かが身体を脱ぐときは、

よほどその精神体が、どうしてもここにいたい・・

と拒否しない限りは・・高次の存在がいつもそばにいて 

ヒーリングをしながらその精神体をサポートし 

しかるべきところへお連れします。

この話は理解しがたいと思いますので、

また機会があればお話したいと思います。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」



ありがとう、アシュタール!

(ここまで)



これは、これは・・・・・。

完全にこれまでの私たちの常識では考えられない回答でしたね。

私たちが心霊写真に写りこんだり、霊的スポットと言われる場所で見たりする幽霊が

私たちの意識が創り上げた霊的エネルギー体だったとは(◎_◎;)。


私にもそういう考え方はありませんでしたね。

もしそれが事実だとしたら、私たち自身は信じられないほどの力を持っていることになります。

誰もそんなことなんか思い浮かばないことでしょう。


ということは亡くなった人に対して強い引き留めはしないのがいいということになります。

私の母親も父親が亡くなった後でも時々父親の幽霊を見ると言ってましたが、それって

自分が創り上げたコピー?今はまったく見なくなりましたが、もしかしたら自分の持つ強い

情念がそうさせていたのかもしれませんね。


この世界では死は喜ぶべきものではなく悲しみの対象です。

でも、どこかの葬式ではじゃんじゃん騒いで場を盛り上げるところもあるとか・・・。

死は身体を脱いで元の場所に帰ることなので、重い身体から自由な意識体へと転換

することでもあるので、やっとこれまでの不自由さから抜け出せたという意味では喜ばしい

ことなのでしょう。


もうそろそろ私たちは死に対する概念を変えていかなくてはならない時期に差し掛かって

いるのだと思います。




世にも不思議な奇妙なフツーの話「アシュタール:ちょっとでもいいから、ドキドキすることを・・・・・」 [アセンション]

世にも不思議な奇妙なフツーの話「アシュタール:ちょっとでもいいから、ドキドキすることを・・・・・」



(ここから)


今日のアシュタールからのメッセージをお伝えしますね^^

「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します

冒険をしてください。

小さな冒険でいいんです。

たとえば、いつもと違う道を歩いてみるとか、いつもは読まないジャンルの本を読んで

みるとか、つくったことのない物をつくってみるとか、いつもは乗らない電車に乗って

目的なく終点まで行ってみるとか。


いつもしていること以外のことをしてみてください。

ちょっとドキドキするでしょ?・・ちょっとドキドキするくらいの冒険でいいですので

やってみてください。

それは刺激になります・・何もないと思っているところに波を起こしてくれます。

それによって、”いま”を感じることが出来るのです。


日常の慣れたルーティーンワークを繰り返していると、”いま”に対して無意識に

なってしまうのです。

無意識に同じことを繰り返していると、思考は”いま”ではなく、過去や未来などに飛んで

行ってしまいます。

身体はここに居るけど、思考は全く違うところに居る感じです。


そして、大体は過去への執着、もしくは将来への不安・・などに思いをはせることになるのです。

そして、もう関係のない過去やまだ来てもいない未来に生きることになってしまうのです。

”いま”がとても大切なのはご存じだと思います。

そのためには、常に”ここ”にいることが大切なのです。


瞬間瞬間が新鮮で、刺激的なものであるなら、いつも”いま””ここ”に意識を置いておく

ことが出来ます。

”いま”だけに生きることが出来るのです。


あなたは身体を持って冒険する、未知のことを経験したいと思って物質次元のテラに

転生してきたのです。

なのに、安定ということばかり求めるようになってしまいました。

冒険より、知っていることをしている方が安全で安心だと思うようになってしまったのです。

そして、何だかつまらないなぁ~~と思いながら毎日にルーティーンを繰り返す日々を

送ることになってしまっているのです。


生まれて同じ事を繰り返して死んでいく・・これが安定した人生なんだと教えられて来ました。

でも違うのです・・冒険することを目的としてあなたはテラに転生したのです。

”いま””ここ”を存分に感じ、楽しむことのために転生したのです。

大きなことを考える必要はありません・・同じ道を歩いていてもたくさんの冒険は出来ます。

ちょっと視点を変えるだけで、たくさん知らなかったことがみえてきます。

花が咲いている・・それを見つけることも冒険の楽しみなのです。


季節の移り変わりの風の匂いを感じることも、大きな刺激となり”いま””ここ”に

意識を戻すことが出来るのです。


それが・・瞑想です。

”いま””ここ”に意識を戻す・・マインドではなく、ハートの感覚を感じる・・

それが瞑想なのです。

じっと目を閉じて座っていても、意識がいろんなところに飛んで行ってしまっては瞑想に

ならないのです。


冒険すると、新鮮な刺激を得ることが出来ますのでマインドではなく感覚に集中することが

出来ます。

だから”いま””ここ”に戻ることが出来るのです。

”いま”自分は何を感じ、何を思っているのか?・・それを認識することが出来ます。

何も感じることなく、慣れたルーティーンを繰り返していると感覚で感じることを

忘れてしまいます。

瞬間に生きることを忘れてしまうのです。

感覚は瞬間です。

瞬間を感じていると”いま””ここ”にいることが出来ます。


あなたは過去や未来ではなく”いま””ここ”で体験を楽しむために来たのです。

”いま””ここ”を生きてください。

瞬間を感じ、楽しむことを忘れないでください。

瞬間はいつも違うのです。

あなたがいるのは、”いま””ここ”だけなのです。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」


ありがとう アシュタール! 感謝します。

(ここまで)



いつもいつも同じことをしていると、これでいいのかなあ?と思うことがしばしばです。

そんなときにはあまりのたいくつさに寝てしまうこともありますが・・・・(笑)。


やはり人は何か刺激がないとダメなようですね。それもとっても新鮮なものほど良い!

今まで体験したこともないようなことなんかわくわくしてしまいます。

でも、一方で「そんなこと出来るわけないじゃない」とささやく声もあるんです。

だから、7割がた空想だけで終わることも(;一_一)。

でも、残りの3割はできているんだからいいんじゃない!と正当化することも・・・。


もし、生まれたときに「あなたがたはここ地球でいろいろなことを体験するために生まれてきたんだから

どんどんいろんな体験をしなさい」と言われていたとしたら、人生は大きく変わっていたでしょうね。

ところが大半の人はおとなしく安全に、安定した生活を、そしてできればお金を貯めて安心できる

生活を送りなさいと言われることが多いと思います。学校でも、これをしちゃいけない、あれをしちゃ

いけない、家庭でもどうしてこんなことをするの!と怒られてばかり・・・・。

幼いころから自由がなく、いつも制限された世界で生きてきました。でも、もうそんな考えは捨てて

自由に、好きなことをするんだと決めてこれから先を生きるのがいいですね。






破・常識 あつしの挑戦「アシュタール:睡眠、夢について・・・・・」 [アセンション]

破・常識 あつしの挑戦「アシュタール:睡眠、夢について・・・・・」


(ここから)


今日の破・常識!



次元が上昇すると ほとんど眠る必要はなくなる・・・らしい(笑)



寝ている時に潜在意識化で 

ハイヤーセルフや高次の存在と会ったり、

話し合ったりしている・・・と聞いたことがありますが・・・

でも、朝、目が覚めて記憶にあるのは他愛の無い夢だったり・・・

それも一瞬で忘れてしまうのが、ほとんどですよね(笑)

この他愛の無い夢は、いったい何なのか?

寝る・・・ということ、

夢・・・について・・アシュタールに聞いてみました。

では、アシュタールからのメッセージをお伝えいたします。






「こんにちは こうしてお話出来ることに感謝します。

まず、あなた達にとって 寝る・・ということは、

ガソリンスタンドに寄る・・ようなことだとイメージしてください。


車は、あなたの身体で、運転しているのが、あなたの精神体だとします。

車にはガソリンを入れます・・

これは、身体を休養させ身体的エネルギーの補充と考えてください。

運転手は、どうしますか?

車から降りてリフレッシュするためにカフェに行ったりしますよね。

そのカフェがあなたの精神体と魂のふるさとなのです。

カフェには、たくさんのあなたの家族がいます。

その家族達もいろいろなところで、いろいろな経験をしています。

その経験をそのカフェで話し合うのです。

私は、こんな経験をした・・こんなものを見た・・など楽しく話をします。

経験を共有しあうのです。

そして、車のエネルギー補給が終わったら 

また車に乗り込み旅をします。

それがこの次元での目覚めになります。


夢は、カフェで話し合った、共有しあった

経験の一部を覚えていることです。

家族は、この次元だけでなくいろいろな次元にもいますし、

過去にも未来にもいます。

ですからこの次元の感覚で理解できないことも共有していますから

訳の分からない夢になるのです。

車に乗り込んだ時点で車の方に注意が要ってしまい

話し合った体験談を 忘れてしまうこともあります。

これが寝ているときにしていることです。


この次元では 身体のエネルギーの消耗が激しいため 

何時間も眠らなければいけませんが、

次元が上昇するとほとんど眠る必要はなくなります。

そして不眠症・・寝られない・・という現象は、

身体の脳が働きすぎで疲れきっていて、

ガソリンスタンドに行っても 

上手くエンジンが切れない状態になっているのです。

ずっとフル回転で思考を動かしていると 

オーバーヒートのようになって

エンジンが冷えずに(気が上がりすぎて)いる状態です。

理解していただけましたでしょうか?


あなたに愛をこめてお伝えいたします」



ありがとう アシュタール!

(ここまで)


メッセージを動画で見ているとあっという間ですね。

今回はなんとなく尻切れとんぼのような感がしましたが、また後日この題材で話してくれることが

あるだろうと思います。

夢って不思議ですね。普段は白黒の舞台の中で動いていますが、時々鮮明なカラーだったり

ときには何かの本やペーパーを文字で追って読んでいて、「あっ!これは覚えておかないと」

と思うのですが、そこで目が覚めてしまい、「あれっ!何だっけ」と思うこともしばしばです。

確か、そこには絶対重要なことが書いてあったはずなんですが・・・・・。残念(笑)。


でも、次元が上昇すると眠る必要がなくなるというのは身体が変化していくのでしょうね。

まだ波動が重いので動くだけで疲れますが、波動が軽くなると海の中から空に飛びで出して

動き回るのと同じようになるので疲れにくくなるんでしょう。同時に肉体も軽くなり精妙な

身体となるのでエネルギー消費も少なくなるものと思います。

それにしても、眠る必要が亡くなれば、24時間フル活動できますね。今から何をするか

考えておかないと・・・・(笑)。






世にも不思議な奇妙なフツーの話「アシュタール:求める人を間違えないで・・・・・」 [アセンション]

世にも不思議な奇妙なフツーの話「アシュタール:求める人を間違えないで・・・・・」




(ここから)

アシュタールのメッセージを動画にしてくださっているみなさま、

本当にありがとうございます。

おかげさまで、たくさんの方の目に留まるチャンスが増え心から感謝しております。


ただ、お願いがあるのですが・・・・

アシュタールのメッセージを音声にするのだけはご容赦ください。

バックに音楽を入れていただくのは良いのですが、アシュタールのメッセージそのものを

ご自分の声や機械音で読まれると、メッセージのエネルギーが大きく変わってしまいます。

前にもお願いいたしましたが、メッセージをなるべくそのままのエネルギーでみなさまに

お伝えしたいと思っております。


細かいことを・・・と思われるかもしれませんが、エネルギーが違う形になって伝わって

行くことを出来る限り避けたいと思っております。

ご理解、ご協力のほど、どうぞよろしくお願いいたします。



では、今日のアシュタールからのメッセ―ジをお伝えしますね^^

「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

私はどうしたらいいのでしょうか? 私はどちらを選べばいいのでしょうか?・・

と誰かに相談しても何も解決出来ません。

反対に迷子になるだけです。


何かを決める時は、あなた自身で決めてください。

誰かに相談しても、それはその人の考え方を聞くだけです。

その人が、もしあなただったら私はこうします・・という意見を聞くだけにすぎないのです。

そしてもし、その人の意見を受け入れ、それに従ったとしてもその人には何も責任は

ないのです。

あなたがこういったから・・・というエクスキューズはきかないのです。

だって、それを決めたのはあなたなのですから。


分かりますか?

誰かに聞いても、あなたにとっての答えは出ない・・・ということです。

結局は自分で決めることになるのですから。

いろんな意見を聞くことは大切だ・・・と言われますが、いろんな意見を聞けば聞くほど

迷子になります。

いろんな人が、いろんな意見を言うからです。

それは、その人たちの考え方であってあなたの考えではないから、訳が分からなくなって

行くだけです。


あなたはどうしたいのですか?

それだけです。

迷っているとき、一番に相談するべき相手はあなた自身です。

一番したいことは何ですか?・・・と自分自身に聞いてください。

自分と相談してください。

解決できるのは、あなたしかいないのです。


そして、どうしても誰かの意見を聞きたいと思った時は・・

私はこうしたいのですが、そのためにはどうすればいいですか?・・と情報を求めてください。

あなたはどうすればいいと思いますか?と意見を聞くのではなく、何か良い情報はありませんか?

と聞いてください。

そうすれば、あなたの求めている答えが返ってきます。


言いたいことが伝わっていますでしょうか?

決めるのはあなたです。

でも、決めるにおいての情報が足りないと思うならば、その情報を誰かに求めてください。

答えを求めるのではなく、役立つ情報、やり方を求めてください。


それには、あなたが欲しいと思う情報を持っている方に聞いてくださいね。

情報を持っていない方にいくら聞いても仕方ありません。

実際に山登りをしたことのない方に、山登りの装備や道順などの知識を求めてもムリなのは

分かりますね。


そして、ここが大切なのですが・・

自分で山登りをしたことのない人は、山登りをしたいという人に怖いからやめておいた方がいいよ・・

と答えることがあるのです。

自分で経験したことがないと自信がありません・・ですから、それは怖いことだと思ってしまいます。

低い山ならばとにかく、山が高ければ高いほど(エベレスト級なら特に)、経験したことの

ない人は危ないからやめておきなさい・・と助言します。

そうするとあなたも怖いことだと思い、諦めてしまうことがあります。


反対に、実際に高い山に登ったことがある人に相談すれば、このことに気をつければ出来るよ、

大丈夫できるよ・・と背中を押してくれます。

そう言ってもらえるとあなたも、出来ると思えますので現実にも出来るようになります。


何が言いたいかというと、相談?助言?を求める人を間違えないでくださいね・・ということです。

山に登りたければ実際に山に登ったことがある方に相談してください。

それも、私登れるでしょうか?・・と言う聞き方ではなく、登りたいので登り方、装備を教えて

ください・・と聞いてください。


登ると決めるのはあなたです。

そして、登る方法を教えてもらうのは、実際に登った経験のある方にです。


私どうしたらいいですか?・・という相談の仕方はナンセンスです。

そして、経験したことのない方に情報をくださいと求めることもナンセンスです。


何か迷うことがあるなら、まず自分に相談してください。

そして、自分がどうしたいのかしっかりと決めることです。

その後に、それをするためにはどうしたらいいのかの情報を、実際に経験したことのある方に

聞いてください。


そうすれば、あなたがしたいことは出来ます。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」


ありがとう アシュタール! 感謝します。

(ここまで)



そうですね。私もわからないことや、どうしたらいいかなと思うときには、まず参考になる

情報を求めます。そしてその情報は大概のものがネットの中にあります。

考えてみれば本当に便利な時代になったものだと思います。

あるいは本屋で興味のあるものを開いてみるとか・・・・・。

これはネットの情報と言っても詳細な部分になると案外書き足りてない部分が多いからです。

それには本が役に立ちます。

また、誰か人に聞く時がありますが、その時には自分が求める役立つ情報がどこにあるのか?

というような聞き方になります。そうすると、ここにいけばいいよとか、これがいいとか教えてくれます。

最後はそれを材料にして自分自身で咀嚼して考えることですね。そうすれば自然と答えが

出てくることがあります。それでもダメな時には何度もトライすることです。

トライしているうちに必要な情報に引き寄せられていきますから大丈夫です。

これは私のやり方ですのので、それぞれ得意な方法がると思います。

参考までに。



今回のミナミさんのお願いはその通りだと思います。

言葉にはその人の意識が加わりますので、元のエネルギーを変えてしまうことがあるからです。

言霊というのはその人が発する音声にエネルギーが乗るからです。

これはお分かりのことと思います。





破・常識 あつしの挑戦「アシュタール:魅力のない世界・・・・・」 [アセンション]

破・常識 あつしの挑戦「アシュタール:魅力のない世界・・・・・」



(ここから)

今日の破・常識!



無気力になるのは、当たり前・・・らしい(笑)





現在の日本において、無気力な人が増えている・・・

ということを、よく耳にしますが、実際どうなんでしょうね?

特に若い世代に対し、一生懸命働かない・・とか

我慢が足りない・・とか

それは、ゆとり教育に問題がある・・とか。

何が原因で、これほどまでに無気力な人が増えている?・・

と思わされているのか?

アシュタールに聞いてみました。


では、アシュタールからのメッセージをお伝えいたします。。







「こんにちは こうしてお話出来ることを感謝します。

無気力とは・・やる気が出ない、努力できない、一生懸命頑張れない・・

という意味と理解していいでしょうか?

そう理解してよいのであれば、それは当たり前のことです。

あなた達は、今の世界(経済や政治など)のシステムに

ホトホト嫌気がさしているからです。

もうこんなシステムの中で生きていくことに 

何も魅力を感じないから・・

だからそんなシステムの中で無理にやる気を出したり、

努力したり、などしなくなったのです。

これは、意識的なものでは無く 

心の深いところから出てきている感覚です。

ですから、これからもっといわゆる

”無気力”な人たちが増えるでしょう・・


しかしその反対に今のシステムとは違ったところで

楽しみながらワクワクしながら行動していく人たちが

どんどん増えていきます。

それは、見ようによれば、やる気満々、

一生懸命に努力を重ね頑張っているように見えますが、

今までのように いやいや努力しているわけではないので、

本人達は自分が頑張っているとか、努力しているとか思いません。

自分達は楽しんで遊んでいる・・くらいの感覚で行動し始めます。

そして、その数が逆転したところで世の中がガラッと変わるのです。

今、その分起点に差し掛かっています。

あと少しで今の世界はガラッと変わります。

ハートが喜ぶこと、楽しいこと、努力や頑張りから遠いところを

選択してください。それが早道です。

理解していただけましたでしょうか?

私達 宇宙ファミリーはそのときを心から待っています。

そして、そっと手助けをしたいと心から願っています。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」



ありがとう、アシュタール!

(ここまで)



今、私たちが楽しめる娯楽と言えば、TV、映画、ドラマ、音楽、スポーツ、そしてギャンブルが

ほとんどだと思います。

そのほとんどが私たちをこの世界にくぎ付けにしてあちらの世界を思い起こさせないように

しばりつけておくものでしたが、いいかげん飽き飽きしてきています。

テレビはつまらないし、映画はアクションが流行りで、最近はCGを駆使して現実世界には

ないような場面を見せられたりしていますが、それも同じパターンなので飽きてしまっています。

そのため、次に次と新しいアトラクションが繰り出されますが、それも同じことです。

スポーツも年中熱中できるものでもないでしょう。唯一熱中できるのは創造性を持つ音楽

くらいではないかと思います。ギャンブルも年々パチンコ人口が減ってきていることからも

衰退傾向が明らかです。


TVで縫製されるニュースはほとんどが暗いものばかりで明るいニュースはローカルニュース

に見られるくらいです。昼はゴシップ番組があふれ、いつも同じような番組です。

もう嫌々しながら、テレビのスイッチを付けて惰性的に見ている人がほとんどでしょう。


世界を見回しても話題に取り上げられるのは戦争、気候変動、政治が主なものです。

たまに羽生選手がどうしたというニュースで人々の関心を引きますが、内容はいかにして

人々の関心をひきつけるかにかかっています。そうして自分を忘れてくれるのがいいからです。

でも、もうそのような手品は続きません。手品もタネがばれてしまえばただの余興です。


私たちはネットの普及に伴い多くの情報が手に入るようになり、そこから真実を知るように

なりました。当初、ネットは人々の思考をコントロールするものとして支配者は考えていましたが

結果は逆になっています。そのため、最近はネットで嘘ニュース規制なんてものが出てきましたが

支配者自身が嘘ニュースをじゃんじゃん垂れ流しているのですからピエロそのものです。


もうそろそろそですね。この世界がぐるりんとひっくり返るのも。楽しみです。

でも、そのときに自分がどこにいるかは考えておかないといけないようですよ。