So-net無料ブログ作成
検索選択
世界経済 ブログトップ

日本や世界や宇宙の動向さんより「ジョージソロスの動きから金融崩壊を予測する」 [世界経済]

日本や世界や宇宙の動向さんより「ジョージソロスの動きから金融崩壊を予測する」


(ここから)

一部抜粋

年明けの株価が世界的に下落しています。金融専門家らが警告した通りのことが起きています。
いよいよ金融崩壊が近いのでしょうか。
また、サウジアラビアがイスラム教シーア派の指導者の死刑を執行したことに反発したイランのデモ隊 がイランのサウジアラビア大使館を襲撃したことで、イランとサウジアラビアが国交を断絶しました。
その後、サウジとアラビアだけでなく、バーレーンとスーダンとUAEまでもがイランとの国交断絶を表明しました。
このように、金融市場は大荒れ、中東全域に益々緊張が走り。。。2016年の年が明けた途端にとんでもない事が次々と起こっています。

そんな中、1月1日付けの以下の記事では、ジョージソロスのお金の動きに注意している専門家らが米銀行の破たんが間近であることを伝えています。ジョージ・ソロスは金融マフィアのゴッドファーザー的存在ですから、ソロスこそが金融市場を破壊する黒幕なのかもしれません。

現在の米株式市場は嘗てないほどのバブルが発生しています。これは1929年に起きた株式市場の崩壊数ヶ月前の状況と似ています。
過去に起きた金融崩壊の時期に関しては気味が悪いほどソロスの予測が当たっていたのです。
そのため、経験豊富な投資家らは前もって金融危機を知るためにソロスのお金の動きを注意深く観察しています。
ソロスは世界的経済ヒットマンであり金融関係者や政治家は常に彼の動向を観察しつつ恐怖や不安を抱いています。2014年に、ソロスはシティグループ、JPモルガン、バンクオブアメリカの持ち株を売却しました。その後、彼は売却で得た資金を中国関連のゴールドとテック市場(RF Micro Devices、 Nuance Communications、Marvel Technology Group、Nokia Corp.、Cypress Semiconductorなど)に投資しました。
現在、ソロスは米株式市場や米大手銀行(3行)の投資を止め、金融崩壊時に有利なゴールドを大量購入しています。
そして、最も重大なことは。。。ソロスがFRBの主要投資機関=米大手銀行3行を見放しているということはFRBに支払能力がないと判断しているということです。しかも丁度FRBが中国の投資家ら(人民軍配下)に米銀行の株や資産を大量に購入させFRBの資金源にしているときと重なります。
JPモルガンチェースもマンハッタンにあった自社の高層ビルを中国の投資会社にバーゲン価格で売却しました。中国の投資家らはニューヨークのFRBのメンバーが所有していた不動産を大量に購入しました。彼らはソロスの策略に見事に嵌っています。

2014年に金融政策が大きく変わったことで、ソロスは米銀行を見捨て始めました。この時から我々は米銀行から預金を全額引き出すべきだったのだと思います。

IMFは手始めにヨーロッパの銀行口座に預けられている預金額の10%を盗み取ろうとしています。そのうちアメリカでも同様の事が起こるでしょう。今年の第一四半期に、JPモルガンはアメリカのキャピタルフライトを阻止するために海外の銀行への電信送金を禁止します。また口座から5万ドル以上の現金引き出しを禁止しています。アメリカのHSBSも同様です。実際に全ての大手銀行が国外への送金を制限し始めています。

(ここまで)

日本や世界や宇宙の動向さんのサイトによると、今年は金融崩壊が起きる可能性が高いとアナウンス
していますが、こちらのサイトではこのような記事が多く、そのほとんどが外れていますので、気にする
必要はないと思います。


ただ、アメリカに関してはわかりません。起こる可能性はあるだろうと思います。仮に起こった場合にその
余波がどこまで波及するかですが、日本への影響は少ないでしょう。仮に株式が大暴落しても今は自動
的に取引停止になりますので、かってあったような大恐慌にはなりません。アメリカでも同じようにサー
キットブレーカーが発動されるでしょう。


要するに、このような記事が多く発生する目的は世界的に不安をあおるためのものです。その策略に乗
らない限り心配することはないものです。また、たとえ起きたとしても生活が完全に破綻して全人類が
滅亡に追い込まれるなどということは起こりようもなく、いつもの通りのことを続けているなら大きな変化
はないでしょう。




nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

果たしてギリシャのデフォルトで起こっている株式下落は世界中に連鎖するのか? [世界経済]

ギリシャがIMFに対して借金は返済しないと回答してから、中国の株式が急激に下落し、日本の株価
もここ2日間で700円以上の値下がりをしています。


中国上海の株価も30%以上の値下がりで、今日は少し持ち直していますが、それ以上に衝撃的だっ
たのは、上場企業1400社以上が取引を停止したことです。これまでになかったことであり、その余波
が日本を直撃した結果となって現れています。


ギリシャ国債を多く購入しているEU各国の中でドイツがかなり購入しており、これが不良債権となった
場合ドイツの銀行の連鎖倒産が起き、それが世界中に波及し経済恐慌が起こるのではないかという
説も現れています。


なぜ、ドイツ銀行が破たんするのか?と思うかもしれませんが、ドイツ銀行はこのギリシャ国債を購入
した後、一般投資家に売りさばいているからです。もしギリシャがデフォルトした場合、ドイツ銀行の
持っている国債は日本円で言えばゼロ円になります。そうなると、一般投資家に売りさばいている
ものがゼロ円になりましたと言っても、元値を保証してあればドイツ銀行は売値で買戻しを要求され
ることになり、それが大量に起こると資金ショートを起こし破綻するからです。
銀行が破たんすると預金引きおろしが制限され、高額預金者ほど被害は莫大なものになります。
それがドイツ経済を悪化させ教皇が発生します。これが世界中に連鎖します。


中国もギリシャ国債を大量に購入していて、今回の上海の株価下落はこれを懸念した投資家が安全
確保のために売りさばいたのが一般投資家まで拡大したものと思いますが、この背後には国際的な
ヘッジファンドが暗躍していることでしょう。


今後、これらの経済的変動がどのように推移していくかはわかりませんが、実際問題リーマンショック
以来、全世界が抱えている隠れ負債は天文学的なものに膨れ上がっていて、いつ経済が崩壊しても
おかしくない状況にあります。自由主義経済そのものが中央銀行に搾取されるシステムを根幹として
いるのですから、経済成長は決して永遠には続きません。ロスやロックはそのことを知っているので
定期的に戦争を画策して負債を帳消しにしているのです。ただし、この負債を帳消しできる権利を持つ
ことが出来るのは戦勝国のみです。敗戦国は数十年以上の歳月をかけて負債の支払いをすることは
先日の動画でもおわかりのことと思います。


こうしたシステムがいつまでも続くはずはありません。必ず崩壊の時期を迎えます。


7月5日のシャンティフーラに下記のメッセージがありました。

このメッセージの信憑性が定かでありませんでしたので、当ブログでは紹介しませんでしたが、はか
らずもその内容が起こり得るものとして予感さえるには十分なものでした。

(ここから)

スミワタルタカキホシノヒメミコ様からの通信文34

〈通信者:中西征子〉
〈通信日:2015年7月4日〉

「大切なお知らせを致します。
必ず起きる事についてのお知らせです。
注意深くこれからの日常をお過ごし下さい。

これから秋にかけて世界の市場に混乱が生じます。
皆さんの生活にも影響が及ぶ程の大規模な混乱です。

とてつもない程の大きな揺さぶりがかけられるでしょう。
人々のこれ迄の生き方の本質が剥き出しにされるでしょう。

霊的な事柄を中心に生きてきた人々にとって、それは平常心を保って受け止める事が出来るでしょう。

物を中心にしてきた人々にとって、それは耐え難い衝撃と混乱をもたらすものとなるでしょう。

すでに地球の将来は決められているのです。
すざまじいエネルギーが光となって、地球を変貌させつつあります。
輝く地球の住人として相応しい者は誰か…。
これから、最終的な選別の時となるでしょう。

すでに様々な兆候が世界中で見受けられます。
それらの兆候として…

1.大規模な自然災害
2.株式の乱高下、経済の混乱
(最終段階として)
3.戦争への急速な暴走
  これは日本の安倍政権の軍事的流れをいかに弱める事が
  出来るかにかかっています。
  その事によって、結果には変化の余地が残されているのです。

ひとりひとりの心のありようが、切実に問われているのです。

以上、おおまかな出来事をお伝えしました。

(ここまで)


これをどう受け取るかによりますが、予言される方々が5次元以上の存在であれば、今の世界情勢
がこのまま進めばどのようなことが起こるかと言うことを確率論的に予測することは十分可能なもの
と思います。したがって、これは予言ではなく予測ととらえるべきものです。


超巨大なコンピューターシステムで構成される人工知能システムに世界中のあらゆる事象に関する
パラメーターを入力し予測を行うなら確率精度●●%という形で導き出されるものと思います。


しかしながら、私たちには自由意志というものがあり、それをどう受け取るかにより、高確率で起こる
と予測されるものも起こらない可能性も出てきます。


最新の量子力学的研究でも明らかにされているように、量子の運動の変化する方向は私たちが見た
時点で定まり、私たちの意思の内容でそれが決まるとされています。


これを5次元的視点で見るとどうなるのか?


今、ニュースで伝えられている株価下落は私たちが過去に住んでいたある地球で起きているもので
あり、直接的影響は生じないという考えです。これらがホログラムとしてリアルな3次元映像として
見せられているので、あたかも自分の周囲にも起きているように思わされますが、実際にはテレビ
の映像を見ていることと違わないということです。
従って、見ているだけで映像に強く引き込まれなければいいことになります。しかし、それでも不安
を禁じ得ないという人もいるかもしれません。そうした場合は極端な話、こういうニュースを視なければ
全く問題がないことになります。今、周囲に広がっている平和な世界がこのまま続くということです。
これが幻想に終わるのかどうかは今の意識次第だろうと思います。













nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog
世界経済 ブログトップ