So-net無料ブログ作成
ニュース ブログトップ

Twitterで「貧乏人はペットを飼ってはいけないのか?」ということが話題になっているらしいが・・・・ [ニュース]

獣医師のOotori Rakuさんが10月30日にツイートした次の内容が話題を呼んでいて、中には
貧乏人はペットを飼ってはいけないと言われているように感じている人もいるようですが・・・






これは至極まともな考えだと思います。
ペットが好きだということと飼うということは今の日本ではイコールではありません。昔だったら
飼いたいと子供が言えば親がどこからかもらってきて育てたものでした。ただし、犬小屋を置くスペースがあるとか誰が世話をするのかというのが決まっている場合です。ネコの場合は大概家の中で飼うので問題はありませんが、それでも下の世話としつけが要ります。

こうして飼った場合、当時はほとんど放し飼いでした。私も3代くらい続けて犬を飼いました。猫は残念ながら一度飼ったときに家中におしっこやうんちをするようになってしまったので手放した記憶があります。きちんとしつけをしなかったからでしょう。それに自由に戸外に出られる出入り口が必要でしたがありませんでしたのでそうなったのだろうと思います。

だから、いくらでも飼えたのです。しかし、今の日本では狂犬病が問題になって以来、法律が制定され犬を飼う人は保健所に登録し狂犬病や他の寄生虫のワクチンを受けなければなりません。


その費用が実際に犬を飼うとどのくらいお金がかかるのか知らない人がいると思います。

pet01.jpg

これは最初に買い始めたときに必ずかかる費用です。
犬の登録は最近してない人が増えているようです。これは昔のように戸外に犬小屋を作って飼う人より室内犬として飼う人が増えているからと思います。ただし、狂犬病のワクチンは登録済みでないと受け付けてくれない獣医さんもいますので注意が必要です。

また、これ以外にも室内犬なら犬用のケージや寝床も用意しないといけません。専用のトイレも必要なのでけっこう費用がかかります。さらに毎年かかる費用としては

pet02.jpg

参考サイト→http://www.koinuno-heya.com/kaumae/cost.html

どうでしょうか?貧乏人は犬を飼ってはいけないという獣医さんのツイートはわかる気がします。昔なら掘っ立て小屋で十分で余もののごはんに味噌汁をかけちょっとした魚でも添えてあげれば十分でしたのでお金はほとんどかかりませんでした。

それに昔のように放し飼いではないので毎日の散歩は必ず必要になります。これがけっこうしんどいです。何せ休みなしですから。用事で留守にする場合は誰かに預けるかペットホテルなどが必要になりますのでさらに費用がかかります。

ホントペットを飼うのも大変です。その点ネコなら大丈夫です。ただ、寄生虫感染でなくなるケースが多いので予防接種は必要です。忘れてましたそれ以外に去勢手術も必要です。



nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

ついいAMAZONがお坊さんの宅配まで始めた!登録殺到も仏教界に衝撃走る! [ニュース]

ついにAMAZONがワンクリックでお坊さんの手配が出来、お布施もクレジットカード払いが出来るサービスを始めたようです。これに対して仏教界からは衝撃とともに批判的な意見も殺到していて、今後の動向が注目されます。





「お坊さん便」 法事法要手配チケット (移動なし)

このサービスは株式会社みんれびが登録していて、四十九日や一周忌といった法事(法要)の際に、読経を行なう僧侶の手配サービスを行うもので料金は、自宅など手配先への訪問のみなら3万5000円。全国どこでも手配が可能というものです。

株式会社みれんびのホームエージを見ると下記のように記載されています。

(ここから)

インターネットで購入できる定額のお葬式「シンプルなお葬式」を運営する株式会社みんれび(本社:東京都新宿区、代表取締役:芦沢雅治、以下「みんれび」)はこの度、総合オンラインストアAmazon.co.jp(以下、Amazon)が運営するAmazonマーケットプレイスに出品し、法事・法要の際に全国一律定額・追加料金なしで僧侶を手配するサービス「お坊さん便」を2015年12月8日(火)より販売開始いたします。

obousan.jpg


■「お坊さん便」とは?(http://obousan.minrevi.jp/
 お坊さん便は、『法事・法要などで読経をしてもらいたいものの、お寺とのお付き合いがない』『お布施は何代をいくら包めば良いのか相場がわからず不安』という方へ、インターネットを通じて、全国へ定額・追加料金なしでお坊さんを手配するサービスです。時代のニーズに応えて、必要な法事・法要の際のみでも心のこもった供養をしていただける僧侶を紹介しています。 

■本取り組みの特徴
定額・明朗会計で安心
「何代をいくら払えばいいのか」という法事・法要での不安を解消
お寺との付き合いがなくても、臨時で一度だけ頼むことができる
「お坊さん便」は定額のためAmazonでの販売が可能に
無形であるサービス商品をAmazonにて販売

■Amazonでの「お坊さん便」販売の目的
 2013年5月より自社サイトにて展開している「お坊さん便」は、何代をいくら払えばいいのかという難しいお布施という制度に不安や悩みを持つ方々が増えていることで、2014年の年間受注件数は前年比300%と伸長しています。サービスを拡大するにあたり、「定額」という形態であることから他サイトでの販売が可能と考え、家事代行などの無形サービス商品の取り扱い実績があり、情報収集に活用されるレビュー機能の充実したAmazonでの展開を決定いたしました。

obousan2.jpg


■販売概要
販売開始日:2015年12月8日(火)
販売内容:葬儀を除く主要な法事・法要での読経
価格:35,000円(税込) 

※読経法話、御膳料、お車代、心づけが含まれています。
※法要同日に自宅などでの読経に加えて墓前など別の場所での法要がプラス1万円で可能なプランも用意。
(注文時に、商品選択で『35,000円+法要場所追加10,000円』というプランを選択することで購入可能。)
※Amazonでの販売については、既に菩提寺がある方は販売対象外となります。
※上記価格はリリース時点の価格です。最新の価格はAmazon.co.jpのオンラインストア(www.amazon.co.jp)にてご確認ください。

■申込み手順
1)Amazonのみんれびのストアページにアクセス(http://www.amazon.co.jp/dp/B018HVTR2U
2)商品のバリエーションを選択。Amazonにログイン後、注文を完了します。
3)注文完了後、注文が確定したことをお知らせするメールが届きます。
4)みんれびよりお客様へメールにてご連絡し、日時・地域・宗派・ご連絡先等の詳細を確認します。
5)確定した条件に該当する僧侶の手配が完了し、内容をご確認いただくための僧侶手配書を発送いたします。
6)出荷通知メールが届き、決済が完了します。
7)当日ご訪問させていただくお坊さんから確認のお電話いたします。
8)僧侶手配書に記載された日時・場所へお坊さんが直接お伺いいたします。

(ここまで)

このニュースを聞いて、ついにここまで来たか!と思いました。
これはアセンションの進行とともに人々の宗教行事離れが加速していることを現していると思います。最近では家の中に仏壇や神棚を用意して、毎日お供え物を上げる家庭は少なくなりました。ソウカなどに入信している例を除けばほとんどないと言っても良いくらいです。故人を偲ぶのはお盆とかに限定され、死後の法要も簡素になり、3回忌までは行っても、それ以降は省略してしまうことも珍しくありません。このような流れとともに僧侶の収入も減りつつあるのでしょう。一方で、地方を除けば都市部などはお寺の檀家になっていないケースもあり、こうした行事の手配に事欠く場合もあります。

NEWSポストセブンによると、このサービスはかなり評判を呼んでいるようです。

(ここから)

 神奈川県在住・64歳の利用者男性は「地方出身者で菩提寺がない、お坊さんとの個人的な付き合いもない人には、利用価値はあると思いました」と語る。さらに、メリットを感じているのは遺族だけではないようだ。都内に住む30代の僧侶がいう。

「僧侶の仕事は確実に減ってきています。お寺は檀家さんのお布施で成り立っているのですが、派手な葬儀は姿を消し、急速に簡素化が進んでいる。地方では墓の面倒が見られないという理由で“墓じまい”をして寺を離れる檀家も増えてきました。特に私のように寺を持たない“マンション坊主”にとって、このサービスで仕事が入るのはありがたいことです」

「お坊さん便」がamazonに出品された日、利用者からの問い合わせが殺到したという。

「それ以上に多かったのが僧侶からの“登録したい”という電話。これは予想外でした」(「お坊さん便」を運営する「みんれび」取締役副社長の秋田将志氏)

 しかし、仏教界からは、「宗教をビジネス化している」という批判的な意見もあがっている。主要宗派が加盟している全日本仏教会の広報担当者が言う。

「私どもはずっと“お布施を明確に金額に表わしてはいけない”と主張し続けています。法要や葬儀で僧侶がお経を読む行為は営利目的ではない。これでは結婚式の司会者を手配するのと変わらない。私は一僧侶として疑問を感じます」

(ここまで)


今やすべてがネットで完了するような時代になってきましたが、さすがにお坊さんの手配が出来るようになるとは思ってもみませんでした。アセンションが進むにつれて、これまでの常識が崩れ、手軽な時代に変わってきたという感じがします。



nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

フランスパリでのテロ事件は猿芝居? [ニュース]

昨日のフランスパリでのテロ事件の報道が日本でかなり遅れて報道されたことからネットでは

マスコミの姿勢に大変な不評を乱れ飛んでいますが、もしかしたら、これが正解かも・・・。


日本のマスコミで街角インタビューを行ったときによく言われるのが

「あれっ!またあの人だ!」という指摘です。

これを何というか茶番劇と言います。


これと同じことが今回のフランスパリでのテロで行われていたとしたら、どう考えるでしょうか?

pari01.jpg

donのブログの「パリテロは自作自演!ボストンマラソンテロとパリテロ両方に同じクライシスアクターが!www」という記事によると、今回の事件の被害者がボストンマラソンで写っていた人と同じだという指摘です。詳細はリンク先の記事を参照してください。


その他にも今回の事件であれだけの死者を出しながら現場での写真や映像がおかしいなどの指摘があります。(日本や世界や宇宙の動向さん

(ここから)



1:45辺りの映像:
こちらの映像をご覧ください。これはテロが起きた現場横の路地の様子を映した映像ですが、不自然な点が多くあります。彼らは演技をしているのが分かります。

左側の外壁に女性が片腕でぶら下がっていますが、このような姿勢で長時間ぶら下がり続けるのは不可能です。しかも彼女の腕はまっすぐ伸びていませんし、身体が壁から離れています。この女性はハーネスでつるされているのです。

その上の男性も壁に必死にしがみついているようには見えません。
この映像を最初に見た時は、実際の現場の映像と思いましたが、窓からぶら下がっている女性の姿勢があまりにも不自然なことに気が付きました。

3:55辺りの映像:
地面に倒れている男性の死体をご覧ください。彼はポケットから携帯電話を取り出し、誰かと話し始めました。

4:04辺りの映像:
1人の男性が、壁にぶら下がっていた女性の腕をつかみ助けようとしていますが、彼女を引っ張り上げるシーンが撮影されていません。なぜなら、彼女に取り付けていたハーネスが見えてしまうからです。

この映像で見るシーンは演劇です。テロの現場の映像は全てジャーナリストが提供したものです。一般市民が携帯電話で撮影した映像は一切ありません。

4:41辺りの映像:この女性を良くご覧ください。彼女は窓から片腕でぶら下がり下を見ています。こんなことは絶対にできません。本当にばかばかしい限りです。
このような偽の映像が公開されても一般の人々は映像の細部を確認しようとはしません。我々がいかにバカにされているかということが分かります。
テレビでこのような偽の映像を見て信じるバカな人たちが多すぎます。

(ここまで)


今回の事件の後、フランス政府は速攻でシリアにこれまでの中で最大規模と言われる爆撃を行い
ました。このことから、シリアを叩きたいフランスの意図と計画が丸見えでした。


こうしたことから、茶番劇を演じてまでも何とかして世界を戦争に向かわせたいという意図が見えますが
先ほど終了したG20ではどのような話し合いが行われたのでしょうか?特にロシアのプーチン大統領は
真相を知っているはずなのですが・・・。


こうしてみると世界を彼らの意図通りに動かしたいと思っているようですが、つきあいきれません。
できるだけこうしたドラマは見ないようにしましょう。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

デング熱ウイルスに対する完全ヒト型光体作成に成功:医学生物学研究所 [ニュース]

日本で約70年ぶりと言われるデング熱の感染者は9月4日の時点で55名の感染者が
確認されているようですが、このニュースに関連して、デング熱ウイルスに対する完全
ヒト型光体が開発されたというニュースが数時間前にありました。

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0H00FZ20140905

今回の研究報告でデング熱の4つの型すべてに対応することと、現在世界中で死亡者
の急増で感染拡大が恐れられているエボラ出血熱にも効果が期待されるようです。
ただ、治療薬の実用化までには数年かかるとされているので、今すぐというものではない。


ワクチンは体内にウイルスそのもの、デング熱であればそのウイルス本体を活動出来な
いようにして体内に注射などで取り込み、それに対する抗体が産生されることで感染
予防をする(抗体が産生されるまで最低でも3週間はかかる)ものであるが、特定の
光体にしか対応できないという問題点を持っている。そのため、デング熱の4つの型っすべ
てに効果が期待できないということになります。また、それ以外にもワクチンには水銀や
アジュバンド(免疫部活剤)などの副作用で多くの障害を引き起こすことは多く知られて
きているところです。


今回発表のあったヒト型完全抗体はデング熱ウイルスと直接反応するたんぱく質で
これを体内に注射するとワクチンと違ってすぐに免疫反応が起き治癒する方向に向かう
ことが最大の特徴です。そのため早期の実用化が期待されるところですが、これまでの
ワクチンのように異物を混入することがないことを期待したいところです。
そういう意味では、ワクチン接種を求める方向に進もうとしている流れとは異なる方向を
持っていると言えます。現在の多くのワクチンは異物を含んでおり、この副作用が発現
すると波動の上昇はかなり困難になるので打つことはお勧めしません。
<参考情報>
http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1179220



ただ、デング熱ウイルスやエボラ出血熱ウイルスについては重曹やビタミンCが効果が
あると言う記事もあるので、それほど心配するには及ばないものと思います。.
<参考記事>
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51934867.html
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51934795.html


また、アシュタールが言うように私たちの身体の波動が上昇するとこのようなウイルスの
影響を受けにくくなることもあるので、感染を恐れるような不安を持たない方が良いでしょう。






nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

麻薬逮捕事件の深層 [ニュース]

この数日、芸能人の麻薬所持逮捕は2件相次いだ。
いずれも、かなり有名な2人です。



1人は歌手・俳優押尾学で、合成麻薬MDMAを使用した
として逮捕された。
本人は勧められて飲んだと犯行を否認しているが、
同時に発見された30代女性の死体はどう説明するのか?

また、同じ日に歌手酒井法子の夫自称プロサーファーで
ある高相祐一容疑者(41)が麻薬所持で現行犯逮捕され
ている。こちらは自分で吸う事を目的で持っていたことを
認めていた。

このように、事件が続き、今日は酒井法子さんが失踪した
と報じられている。

何故、ここ数日になって相次いでいるのか?

この背景には小泉元首相が絡んでいて、衆院議員選挙を
前後に小泉の権力低下は明らかとなり、彼は今ロシアに
いるとネットでは語られている。

小泉氏のバックはかの有名な△川会であることは世間では
つとに知られていることである。

この小泉氏の勢力低下が△川会の地盤低下につながり、
麻薬取り締まり捜査が発動されているのです。

まだ定かではないが、場合によっては小泉氏の逮捕もあり得る
との情報もあり、それを何とかしようと言うことでロシアに
渡航しているようである。

衆院議員選挙前の政局の動きが大変気になるところです。



話は変わりますが、バシャールの今夏株価大幅下落が実現して
いませんが、今日の株価は150円下げて1万円すれすれのところ
まで来ていました。

恐らく、政府としては衆院議員選挙までは何とか高値で維持した
いと言うことで、上げ基調にありましたが、今日下げ、明日以降も
下がるようであればわかりません。


クリントン元大統領の平壌訪問、北朝鮮に捕らわれていた米国
記者2人が特赦で解放されました。


このまま行けば、北朝鮮による核攻撃はなさそうな気がします。
世界の動向は次第に平和を目指した方向へと動きつつあるよう
な印象があります。

注視して動向を見ていきましょう。


nice!(0)  コメント(0) 
ニュース ブログトップ