So-net無料ブログ作成
アセンション ブログトップ
前の10件 | -

世にも奇妙なフツーの話「さくやさん:江戸時代はお金なんかほとんど必要としなかった・・・・」 [アセンション]

世にも奇妙なフツーの話「さくやさん:江戸時代はお金なんかほとんど必要としなかった・・・・」


(ここから)

この前ね、ある時代劇を見たんですよ・・

何だかなぁ~~、お金、お金っていう映画でした。

江戸時代って、今と変わらないじゃない・・

税金もとられ、その上、何かの時は労働力として駆り出され・・・

庶民たちはいつもお金がなくて、食べ物にも困る始末・・・


・・・なんだかなぁ~~・・って感じの映画でした。

・・・って思ってたらさくやさんからメッセージが来ましたので

お伝えしますね^^

「江戸の子たちは、お金はほとんど使ってなかったのよ。

お金というものを使ってたのは、ほんの一部の人たちだけ。

一般庶民は、お金はほとんど使わずに生活してたの。

江戸時代の後期の大都市(江戸や大阪など)では、だんだん使われるように

なってたけど、それでもいまのあなた達の生活みたいにお金は密接にかかわって

なかったわ。


だって日々の生活でお金を使う必要がなかったんだから。

生活のほとんどのものは、自分たちでつくってたし、そんなにたくさんの物を

必要としなかったしね。

着物だって、何枚かあればそれでよかったのよ。

毎日、毎日、違う物を着なければいけない・・なんて考え方もなかった。

笑われないように、カッコ悪いと思われないようにと、毎日違う服を着るために、

たくさん服を買わなきゃ・・なんて発想はなかった。

清潔であればいい・・みんなそう思ってた。


清潔って言ってもね、あなた達みたいに、除菌、殺菌、消臭などということにムキになる

清潔感じゃなくて、気持ちよく着れればよかったの。

そしてね、その清潔に関して、ここが大きなポイントなんだけど、江戸の子たちは

毎日お風呂に入って、シャンプーして、洗濯しなくても、そんなに汚れなかったの。

どうしてかって?


先ず空気がきれいだったから・・空気がきれいで、木などの自然も豊かだったから

湿気も適度にあった。自然が放出するイオンによって、皮膚も常に洗われて?たの。

土地もコンクリートで覆われてなかったから、地面からもたくさんのエネルギー、イオン?

が出てた。

そして、食べものも動物性の脂っこいものはそんなに食べてなかったから、身体からも

そんなに油も出なかった。

だから、軽く行水するくらいでよかったのよ。

石鹸やシャンプーとか、洗濯洗剤など使わなくても十分清潔でいられたわ。

だからそんな物を買う必要もなかった(買いたくても誰も作ってなかったけどね)


それから、あなた達の社会でもとりわけお金を使う食事のことだけど・・

そこでもほとんどお金は介在していなかったわ。


あなた達みたいに、いろんな種類の食品を、日替わりで食べるという考え方を持って

なかったから。

今日あるものを食べる・・それは旬の物を食べるということね。

夏とれる野菜を、冬に食べようとかは思わない。

夏は夏の食べ物を楽しみ、冬は冬の食べ物を楽しむ。

近くで出来た野菜、近くで獲れた魚などを食べるから、運送費とかも必要ないしね。


そして、みんなそれぞれに好きな物を植え、好きな物を獲る・・そして、それを

みんなで分け合う(提供しあう)・・だから、そこにはお金は介在しないの。


空気もきれいで、自然も豊か、食べ物も豊富にあるし、着るものもそんなにいらない・・

着物だって、普段着なら自分で織ることもしてたわ。

生活の細々したものだって、自分で作るか、得意な人が作って提供するかしてたの。

だから、お金なんていらない、必要ないの。

だから、そんなにきりきりストレスを貯めながら働く必要もない。

だから、病気にもならない。

だから、医療費もいらない。


どこにお金を使う必要性があるのかしら?


でも、税金を払わなければいけなかったでしょ?・・って思うと思うけど

税金っていってもね・・税金はお金ではなく物納だから、お金は使わなかった。

江戸時代の庶民はものすごい重税に苦しみ、辛酸をなめた・・

的な物語が多いけどね、私から見たらいまの社会のあなた達の方がよっぽど重税に

苦しんで辛酸をなめるような生活をしているように見えるけど・・


だからね、江戸時代の子たちはお金に困ってた、貧乏でいつも米櫃は空、貧乏で夫婦は

いつもケンカばかりして、子どもはお腹をすかして泣く・・的な物語はウソってこと。

お金なんてものは、使ってなかったんだから、お金に困ることなんてまったくの

ウソの話。


ウソのほとんどの話は、江戸後期(ほとんど明治維新の前くらい)の大都市の庶民の話を、

膨らまして、さも江戸時代すべて、庶民すべての生活がそうだったように言ってるだけ。


どうして?そんな悲惨な物語ばかり作るの?

そうよね、明治維新をバンザイにしなければいけないから。

明治維新が起きて、庶民を苦しめていた幕府が倒れ、民主主義になって、自由で豊かな

国作りに成功した・・と言う話にするための作り話をたくさんすれば、それが真実だと

みんなが思うから。

実際に、そう思ってる人が大半でしょ・・

っていう結果を見れば、明治維新からの政府の偉い人たちは、それに成功してるってこと。


江戸時代の庶民たちは、お金はほとんど使ってなかった。

だから、お金に困ることもなかった。

そして、とても健康で、自由で、豊かで、男女の関係もとても良くて、いつも笑ってたわ。

子どもたちも幸せだったわ。

素晴らしいユニークな文化も花開いた時代だったの。


江戸時代ってね、いま語られてるような時代じゃなかった・・ってことだけ、

分かって欲しいの。


あなた達をこころから愛してるわ~~」


ありがとう、さくやさん!

私たちもさくやさんをこころから愛してるよ~~^0^

(ここまで)


私は江戸時代に住んでいたわけではありませんがなんとなくわかりますね。

野菜だって畑に植えれば作れるし、魚は川に行けば豊富に採れるし、ミルクはヤギの乳でも

良かったし、特に毎日牛肉や豚肉を食べる習慣はなかっただろうと思います。

当時の人は食べ物なんて気軽に分け合いして食べていたと思います。

今みたいに自分の食料はがっちり保存して家族以外の知らない人にはあげないというような

ことはなかっただろうと思います。江戸時代の長屋に住む人はみんなどこか地方から来た人の

集まりだったようですが、みんな家族みたいに仲良く暮らしていたみたいです。だかた子供の

面倒も長屋全体で見ていたようだし、食べ物も余ればご近所におすそ分けするということは

当たり前のようにしていたと思います。

着るものもさくやさんが言われるように今のように汚れなかったんだろうと思います。

だから、下着を除けば同じものを何日も着ることもできていたんじゃないでしょうか。

それなら一年通してもそれほど多くの衣類は必要ないです。子供は親のお古を、弟は兄の着たも

のをもらって着て、破れればきれいにつぎはぎをして着て、余った布切れは何枚も継ぎ足して

縫い合わせ新しい着物にしていたようなのでリサイクルもかなり進んでいたようです。今みたいに

模様がどうのこうのとかファッションなんて考えもしなかったし、誰もそんなことを気にすることはないし

あんたみすぼらしい着物だねなんて言うことはなかっただろうしね。

今は物は豊富にあるけれど比較する文化ばかり進んでしまったので、人よりも良いもの、見栄えの

するもの、高価なもの、便利なものという評価になっていて逆に心が貧しくなっているようです。

私も子供の頃はズボンが敗れれば当て布をして縫い合わせたズボンをはいていたし、何も違和感を

感じることはありませんでした。誰もそれをおかしいという人はいませんでした。でも時代が進むにつれ

学生服もきれいでないといけないし、破れようもするなら学校へは履いて行かず、学校から帰宅して

からの普段着にするようになりました。


だから、江戸時代と言うのは今よりもはるかに自由で気楽な時代だったんだろうと思います。

それを変えてしまったのは明治時代のお偉い人たちでしょう。






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

破・常識 あつしの歴史ドラマ「アシュタール:役に立つ・・・それは危ない考え」 [アセンション]

破・常識 あつしの歴史ドラマ「アシュタール:役に立つ・・・それは危ない考え」



(ここから)


今日の破・常識!




誰かのために存在する人は 宇宙には一人もいない。

みんな自分のためだけに存在している・・・らしい(笑)



では、アシュタールからのメッセージをお伝えします。







「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

役にたつ、立たない・・で考えないでください。

あなたの社会の基盤は、その考え方で成り立っています。

この考え方は、あなた達にとって、とても大きなテーマだと思います。

この件に関しては、お伝えしたいことがたくさんあります。


よくあなたたちは、人様のためになるように、

社会のお役に立てるような立派な人にならなければ・・と言いますね。

私たちは、この考え方にとても違和感を感じます。

あなたは誰のために生きているのですか?

どうして誰かのお役に立たなければいけないのでしょうか?


人の役に立つ・・誰かのために生きる・・社会に貢献する・・

一見とても素晴らしい考えのように見えますが 

とても危ない考えだと私は思います。

なぜならば、役に立つ人が素晴らしい人だ・・という考え方は 

裏返せば、役に立たない人は必要ない・・

という排除の考えにつながるからです。

誰かの役に立つためにあなたは生きる必要はありません。

誰の役に立つことをあなたは目指しているのでしょうか?

世間?社会?会社?家族?何かの団体?・・・

たくさんあるでしょうが、それをしてどうなるのでしょうか?

何かの役に立たなければ 自分の存在価値がないということは 

セルフイメージも低くなりますし 自己犠牲の精神にもつながります。

自己犠牲は我慢をするという事です。

我慢をするところに喜びはありません。

なぜならば自分を自由に表現出来ないからです。


あなたは誰かのために、社会のために生きているのでもありません。

あなたは、あなたを表現するために ここにいるのです。

わかりますか?

だから役に立つ必要はないのです。

役に立たなければ・・という考えは手放してください。

あなたが誰かの役に立つことが素晴らしいことで 

それをすることが生まれてきた目的だと思っていれば 

他の人にもそれを要求することになります。

それはとても窮屈な関係を生み出します。


誰かのために存在する人は宇宙には一人もいません。

みんな自分のためだけに存在するのです。

あなたの社会の中の役に立つという考え方は 

とても小さな基準で計られたものだと言うことを わかってください。

人間にすぐに直接役に立たない植物は 

雑草として必要ないものとして排除しようとする考えと同じです。

雑草・・何も役に立たない・・・

これはあなたの社会の小さな狭い知識の中で

考えられているだけのことです。

もっと違う角度、違う観点から見れば、雑草と言われる植物も 

あなたにとても役に立ってくれているのです。

雑草は、食べたり飲んだり薬になったり・・

人間にとって直接役には立たないかもしれませんが 

土地を豊かにする物質をたくさん放出し 

あなた達が必要としている植物を育んでくれるのです。


虫もそうです・・害虫だと思われている虫であっても 

めぐりめぐって あなた達を育んでくれるのです。


近視眼的に見てしまうと とても危ないことになります。

必要のない存在など宇宙には存在しません。

それをわかってください。


そして誰も(どんな存在も) 役に立とうと思っている存在はありません。

そこに存在し自分を自由に表現することが 

誰かの役に立つことがある・・ということです。

言葉をかえて言えばすべての存在が自分だけのためにいる・・と当時に 

すべての存在は、他の存在のためにいる・・ともいえるということです。


今日は、とても大きなテーマでお話ししましたので 

話題があっちこっちへ飛んでしまいました(笑)

最後に、もしあなたがどうしても誰かの役に立ちたい・・と思うのであれば

あなたがあなたを自由に表現して楽しくいてください。

それが一番他の人の役に立つのです。

あなたが楽しい波動を放出することで周りも共振して楽しくなります。

その波動がどんどん広がっていって

楽しいエネルギーの循環が起こります。

それが人の役に立つ一番の方法なのです。


もっと お話ししたいことがありますが長くなりますので 

今日はこの辺にしたいと思います(笑)


あなたに愛をこめてお伝えいたします」



ありがとう アシュタール!

(ここまで)


人の役に立たないとダメよ、とはよく言われる言葉であり、生まれてこのかた親、親戚、学校の

先生、職場の上司など様々な人から言われるだけでなく、それらしい人生本にも嫌と言うほど

書かれています。

宗教書なんかその典型ですね。

だから、頭の中にその考えがこびりついてしまっているので役に立たない人というのは落ちこぼ

れと同じで人生の敗北者と誰からも見られます。もちろん、自分自身の中でも役に立たない人間

と他人から指さされることがどれほど怖いことか・・・・。

しかし、仕事ではそうではない一面があります。人の役に立とうと思って頑張っていたらいつの間

にかお人よし人間になっていて、何でも頼めば聞いてくれると軽く見られ逆に評価を下げている

ケースだってあります。それって変じゃない?結局仕事で優先されるのは仕事が出来る人で

あり、それが周りを助け、行きつくところは会社の役に立つ人間ってことですね。会社の収益を

プラスにできる人が評価が高いということです。

でも、それって誰かの役に立っているんではなく、ひたすら自分のことだけ考えて頑張った

結果じゃないの?とも思うわけです。

だから、社会的に見ると人の役に立つイコール重要な人ということではないようです。

困った人のために出来ることをしてあげるボランティアの人もたくさんいますが、同じことをして

いてもきちんと給料をもらっている人はいます。災害救助での自衛隊員は国から給与をもらって

いるし、災害現場の土木関係の人だってただではやらないでしょう(笑)。だから純粋なボラン

ティアを覗けば何かしらの報酬はもらっているのでお金を対価として考えれば役に立っている

と言っても仕事でしていることになります。

またボランティアの人だっていくら人の役に立っているからと言われても永久にそのことばかり

しているわけではありませんね。

ということは人の役に立とうとしてすることは長くは続かないということになります。

ボランティアの人も何を目的としてやっているのかというと、結局は自分の心の満足感を得る

ためではないかと思います。そう言ってしまえば何このへんちくりんな考えは・・・となります。

だから、行きつくところは自分の心の満足感や喜びが人の役に立つという行動へと駆り立て

そして、その行動に対する評価やお礼の言葉がひとつの支えになっています。

つまるところ、自分自身のためということですね。

話が堂々巡りしてしまいましたが、人は自分のために生きているということになります。


それを自分のためにやっていると言えば利己的な人と評されるので、人の役に立つことを

しているんだという言葉に変えているのではないかと思います。なぜなら世間一般の風潮

として自分の利益にということを表面に出す人は煙たがれる傾向があります。

だから、人の役に立つと言えば体面が保たれるということです。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

世にも奇妙なフツーの話「さくやさん:ホント!これは真理なの!」 [アセンション]

世にも奇妙なフツーの話「さくやさん:ホント!これは真理なの!」



(ここから)

今日はさくやさんからのメッセージをお伝えしますね^^

「あなたは、あなたの生活?人生を変えたいと思ってる?

もし、変えたいなぁ~~・・って思ってるなら、変わるようにしなきゃ

変わらないの。


ホントにね、思考が先、現実があと・・・これしかないの。

思考が変わらなきゃ、環境をいくら変えても何も変わらないのよ。

環境を変えたすぐは、なにか変わったような気がするとは思う。

でもね、また同じことが繰り返されるのよ。


誰かとお別れした・・これで私の人生は大きく変わるわ・・って思ってても、

次にあった人もまた同じような人で、同じような生活になってしまった。

どうして私は、いつもこうなってしまうのぉ~~(涙)ってことよく聞くでしょ。

それは、自分が好きになる人の好みが変わらないから・・

人は変わっても、好みが変わらなければまた同じような人を好きになるわよね。

それと同じこと。


価値観、常識、道徳感、倫理観・・・いままで持って来た考え方、思考が変わらないと

現実も変わらないのよ。

ホント、これは真理なの。


でも、思考を変えるってめんどくさいわよねぇ~~、大変よね~~、しんどいわよねぇ~~

私にも、あなたの気持ちはよ~~くわかるわ。

パッと誰かが変えてくれないかしら・・って思う気持ちもよ~くわかるのよ。


でもね、めんどくさくても、大変でも、しんどくても、自分で変えるしかないの。

誰かにパッと変えてもらうことは出来ないの。

少しずつ、変えていくしかないの。


神社に行っても、UFOを探しても、パワースポット巡りをしても、思考が変わらないと

現実は変わらないのよ。

あなたの中が変わらないと、見える現実は変わらないの。


そのままでいい・・それなら、私今日のメッセージはまったく無視してもらっても

大丈夫よ。

私は、本当に自分の生活、自分の人生を変えたい・・と思ってる人に伝えてるだけだから。


本当に、こころから自分の生活、人生を変えたい・・楽しくしたい・・と思うならば

覚悟してちょうだい。

自分の人生を変える覚悟・・それには、いままでの思考を手放す覚悟。



頭では分かってるんだけどねぇ~~・・という言葉を使うのをやめる覚悟。

私は、やります・・と宣言する覚悟。


それがあれば、すぐにでも思考を変えることは出来るわ。

めんどくさい、とか、大変だわ、とか、しんどいのよね、とか、そんなことを

感じるヒマもなく、すぐに変えることが出来るのよ。


めんどくさい、とか、大変なのよね、とか、しんどいのよね、とかいう言葉、思考が

出るということは、生活、人生を変える気はない・・ということなの。

文句はあるけど、でもまだこの生活でいい、この人生でいい・・と

思っているってこと。


それならば、ムリをする必要はないわ。

そこでまだ楽しんでいればいいと思う。

それも、またあなたにとって素晴らしい経験なんだから。


生活を変えなきゃ、人生を変えなきゃ・・って思う必要はまったくないの。

変えたいと思うかどうかだけなの。


変えたいと思えば、いつでも変えることが出来るんだから、本当に変えたいと

思うまで、そのままでいいのよ。

これはイヤな意味で言ってるんじゃなくて、そこまで必要に駆られてないのに、

ムリする必要はないんだから。

ムリする方が、よくないんだから。


だから、めんどくさいのよねぇ~~・・って思えるなら、そこでいいと思う。

頭で考えて、誰かと比較して、この現実を変えなきゃって思う必要はないって

ことを言いたいだけなの。


本当に、イヤでイヤでたまらなくなって、めんどくさいと思わない

くらいになったら、本気で変えればいいだけのことだからね。


気持ちのままでいてちょうだい。

そして、本気でどうしても自分の生活を変えたいと思ったときに、今日私が話した

ことを思い出してね。


そして、本気で変えたいと思う人は、すぐにこの情報を使ってちょうだいね。

どう変えればいいか?・・・それは、アシュタールが毎日メッセージで教えて

くれているからそれを参考にすればいいと思うわ。


あなたの人生なんだから、あなたの好きにしていいのよ。


あなた達をこころから愛してるわ~~」


ありがとう、さくやさん! 

私たちもさくやさんをこころから愛してるよ~~^0^


(ここまで)


昨日はカラオケ大会の決勝戦があって私の友人が予選で選ばれたので応援に行って

きました。結果はどうも決勝戦の雰囲気に飲まれてしまい上がってしまったようでステージから

聞こえてくる歌声がいまいちでした。そのため残念ながら落選でした.。

それで、決勝戦でみんなが歌い終わった後で、司会者がこれから3名だけ審査が終わるまで

カラオケを歌えますので希望する人はステージに来てくださいとアナウンスしてました。

どういうわけか私は知らないうちにフラフラとステージに吸い込まれるように上がってしまい

ました。100人以上はいる聴衆の前で歌うなんて全く考えてもいなかったのに・・・・。

なぜ行ってしまったんだろうかと今でも不思議です。

当然選ばれるつもりはなかったので、くじは一番最後、つまり残ったものを引いたらなんと

当たってしまいました。残り物に福とは言えませんが、とりあえず普段練習してた曲を歌い

ましたが、全く予定してなかったので、のどの調子もいまいちでした。

それでも、最後の決勝戦でつまみのようだけれど歌えたんですからよかったと思ってます。

どうも、最近は思うのもいっときで行動が先に立つようで困ったものです。

でも、楽しめたんですから結果良ければオーライだと思いますよ。




nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

破・常識 あつしの歴史ドラマ「アシュタール:ずっと待ってるの?」 [アセンション]

破・常識 あつしの歴史ドラマ「アシュタール:ずっと待ってるの?」



(ここから)


今日の破・常識!



なにかしたいと思うことが出来たら 

まずは、小さな行動からはじめるといい・・・らしい(笑)





では、アシュタールからのメッセージをお伝えします。











「こんにちは こうしてお話し出来ることに感謝します。

何度も何度もお伝えしていますが・・

耳にタコが出来そうかもしれませんが(笑)

思考が先です、現実はあとです。

なにかしたい事があったら 

環境が整ってからはじめようと思わないでください。

環境が整ったら・・という考えは 

ずっと環境が整わない現実を創造してしまいます。

環境が整うのを待っていたら 

ずっと待っている現実を見ることになってしまいます。


環境が整ったら・・という考えはマインドの領域です。

マインドは出来ない理由ばかりを探します・・

ですから、いつまでたっても動くことが出来なくなるのです。


何かしたいと思ったら まず今何が出来るかから考えてください。

パン屋さんになりたいと思ったら 

まずあなたが納得できるパンを焼くことからはじめてください。

それならばマインドはそんなに出来ない理由を探しませんので 

軽く動き始めることが出来ます。

それを大きな目標を掲げてしまうとマインドが騒ぎはじめ 

動くことが出来なくなるのです。

大きな目標を掲げてしまうと 

今はお金がないから出来ない、時間がないから出来ない、

資格が無いから出来ない、場所がないから出来ない・・

出来ない理由ばかりが出てきます。

そして、お金が出来たらしよう、時間が出来たらしよう、

資格が取れたらしよう、場所が見つかったらはじめよう・・となります。

それは その環境が無いから出来ませんと

自分に宣言しているのと同じですので、

いつまでたっても その環境が整うことがないのです。


環境が整うのを待たないでください。

環境は思考すれば整います。

もう一度言いますが・・思考が先 現実があと・・なのです。

パン屋さんになりたかったら 

まずパンを焼くという動きからはじめてください。

パンを焼けば次にまた違う動きをするためのアイディアが出てきます。

実際に動かなければ

次の動きへつながるアイディアは出てこないのです。

ほんの小さな行動を起こすだけで次へとつながっていくのです。

それが環境を整える方向へと現実を動かすのです。


環境が整うのを待つのではなく行動すれば環境が整ってくるのです。

方向性を決め 小さなことから行動を起こすと

環境はおのずと整ってきます。


なにかしたいと思うことが出来たら 

まずは 小さな行動からはじめてください。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」



ありがとう アシュタール!


(ここまで)


確かに耳に痛い言葉ですね。

何かと理由をつけては起きない現実を待っているということです。

現実は思考が創るものと耳にタコができるくらいアシュタールは伝えてくれていますが

その時はそうだと思っても、現実の世界に戻るといつのまにかそのことを忘れて

「どうして現実はこうなの?」と思っていると思います。


それでも最近は思い立ったらすぐに行動と言うパターンが多くなりました。

料理でもこれが作りたいと思えば材料を買いに行き、夕方にはせっせと作り始めます。

だから、料理は苦にならないですね。

以前だったら、行動するより前に動くこと自体がおっくううで何もせず、せいぜい作ると言えば

カレーか野菜炒めです。何かの代名詞ですね(笑)。

それ以外でも行動は早いです。

思い立ったら吉日と言うじゃありませんか?

何はともあれ、行動してから考えても遅くはないようです。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

世にも奇妙なフツーの話「ミナミさん:”宇宙ヤバイコピペ”についてアシュタールに質問です」 [アセンション]

世にも奇妙なフツーの話「ミナミさん:”宇宙ヤバイコピペ”についてアシュタールに質問です」




(ここから)

なんか「宇宙ヤバイコピペ」という超有名?な文章があるそうで・・


「宇宙ヤバイコピペ」って科学的に正しいの? 

国立天文台に聞いてみたら、やっぱり宇宙はヤバかった 

「ヤバイ。宇宙ヤバイ。まじでヤバイよ、マジヤバイ」

とハイテンションなノリで、宇宙がいかに人類の想像を絶する世界であるかを

紹介したもの・・・だそうです。


<転載します>

●宇宙ヤバイコピペ

ヤバイ。宇宙ヤバイ。まじでヤバイよ、マジヤバイ。

宇宙ヤバイ。

まず広い。もう広いなんてもんじゃない。超広い。

広いとかっても

「東京ドーム20個ぶんくらい?」

とか、もう、そういうレベルじゃない。

何しろ無限。スゲェ!なんか単位とか無いの。

何坪とか何ヘクタールとかを超越してる。無限だし超広い。

しかも膨張してるらしい。ヤバイよ、膨張だよ。

だって普通は地球とか膨張しないじゃん。

だって自分の部屋の廊下がだんだん伸びてったら困るじゃん。

トイレとか超遠いとか困るっしょ。

通学路が伸びて、一年のときは徒歩10分だったのに、

三年のときは自転車で二時間とか泣くっしょ。

だから地球とか膨張しない。話のわかるヤツだ。

けど宇宙はヤバイ。そんなの気にしない。膨張しまくり。

最も遠くから到達する光とか観測してもよくわかんないくらい遠い。ヤバすぎ。

無限っていたけど、もしかしたら有限かもしんない。でも有限って事にすると

「じゃあ、宇宙の端の外側ってナニよ?」

って事になるし、それは誰もわからない。ヤバイ。誰にも分からないなんて凄すぎる。

あと超寒い。約1ケルビン。摂氏で言うと-272℃。ヤバイ。寒すぎ。

バナナで釘打つ暇もなく死ぬ。怖い。

それに超何も無い。超ガラガラ。それに超のんびり。

億年とか平気で出てくる。億年て。小学生でも言わねぇよ、最近。

なんつっても宇宙は馬力が凄い。無限とか平気だし。

うちらなんて無限とかたかだか積分計算で出てきただけで上手く

扱えないから有限にしたり、fと置いてみたり、演算子使ったりするのに、

宇宙は全然平気。無限を無限のまま扱ってる。凄い。ヤバイ。

とにかく貴様ら、宇宙のヤバさをもっと知るべきだと思います。

そんなヤバイ宇宙に出て行ったハッブルとか超偉い。もっとがんばれ。超がんばれ。

ーーーーーーーーーーーー<ここまで>

で、面白そうだったので、その中に書かれてることをちょっと抜粋して、

アシュタールに聞いてみました^0^



●まず広い。もう広いなんてもんじゃない。超広い。 広いとかっても
  
「東京ドーム20個ぶんくらい?」 とか、もう、そういうレベルじゃない。

何しろ無限。スゲェ!なんか単位とか無いの。何坪とか何ヘクタールとかを超越してる。

無限だし超広い。




「そうですね、どうご説明しましょうか?

先ず、宇宙には空間という概念がありません。

空間がないのですから、広さもありません。

でも、思考のエネルギーであなた達の世界のように空間をつくりだすことは

出来ますが、その広さの基準は人それぞれの基準?によって違いますので、広い人も

いれば、広くない人もいます。」





●しかも膨張してるらしい。ヤバイよ、膨張だよ。



「膨張はしていません・・膨張するというのは、空間があると仮定したときの話ですので、

宇宙には空間は無いので、膨張はしないのです。

そして、宇宙には時間の概念もありませんので、何万光年離れているということも

ないのです。

だから、地球に住むあなた達が計算しているような、何万光年離れているから、

自転車でいけば何京年かかる・・などはないのです。

意図でそこに位置すれば、即座にそこに位置することが出来ます。」





●(宇宙が有限だとすると)「じゃあ、宇宙の端の外側ってナニよ?」って事になるし、

それは誰もわからない 



「宇宙に端っこはありません。空間ではないのですから。

でも循環はしています。

循環のエネルギーが宇宙だと言ってもいいと思います。

どのように循環しているかと言えば、地球からでて、ず~っと宇宙の方へ向かって行きますと

あるところで方向が変わるところが出てきます。

方向が変わると、それがどんどんあなたの細胞の中へと向かって行くのです。

そして、細胞の中へエネルギーが入って行くと、そこがまた宇宙とつながるのです。

メビウスの輪の立体版だと思っていただければ理解しやすいと思います。

宇宙はずっと循環しているのです。

大から小へ、小から大へ・・・そのエネルギーの循環が宇宙なのです」





●あと超寒い。約1ケルビン。摂氏で言うと-272℃。ヤバイ。寒すぎ 



「これもまた説明の難しい案件ですね・・

何度も言いますが、空間はありません。

空間がありませんので、空気?も存在しないのです。

空気?が存在しないところに、温度も存在しません。

太陽もあなた達が思っているように熱くはないのです。

熱くなるのは、地球の外側の大気圏と太陽から発しているエネルギーが摩擦?を

起こして熱に変わるだけなのです。

宇宙にあるのは、エネルギーだけなのです。」





●超何も無い。超ガラガラ 



「これは、先ほどお伝えしたのと同じです。

宇宙にあるのは、エネルギーだけです。

惑星?星?は存在しているじゃないですか?・・というご質問があると思いますが、

惑星、星は、エネルギーなのです。

エネルギーがあなたの目では物質としてとらえられているのです。


あなたも同じです。

あなたの身体もエネルギーが結着して、物質になっているのです。

その結着を意図しているのは、あなたです。

あなたがエネルギーを結着しようと思ったから、物質化しているだけなのです。


宇宙はエネルギーで満たされています。

そのエネルギーを、意識エネルギーで結着すれば、人間にも、動物にも、惑星にも

なるのです。


そして、そのエネルギーが結着して物質化して分離しているように見えていたと

しても、その間にはエネルギーが存在し、お互い干渉しあっているのです。

難しいですか?


結論として、あなた達の科学は、波動エネルギーのことを理解出来ていませんので、

物質的なところばかりに目が行ってしまい、宇宙のことをまるで理解出来ていない

状態だとお伝えしたいと思います」



ありがとう、アシュタール! 感謝します。

ムチャブリしてごめんなさ~~い^^

これ以上聞いても、私が理解できないから、翻訳出来ませ~~ん^^

(ここまで)


どうやらこの「宇宙ヤバイコピペ」というのは2ちゃんで誕生し、その宇宙のやばさが話題となって

コピーしまくられたので「宇宙ヤバイコピペ」となったものらしいです。

私は宇宙ヤバイコピペそのものを全く知りませんでした(笑)


でも、宇宙には空間がないという概念が全く分かりませんね。

なにしろ私たち自身がこの3次元空間に住んでいて空間を認識しているので「空間がない」という

概念そのものが理解できないからです。

アシュタールの語るところによれば空間も私たちの意識あるいは認識の産物らしい。

ほら、量子は私たちが見た瞬間にその動向が決まると言われているでしょう。

まさにそれです。私たちが量子を認識したから空間が生まれた?ということになるのかな?


私たちは身体を持ち意識をすることで存在しているわけですが身体は3次元の物質としての

空間を形成してますが、意識には空間はありません。ただそこにエネルギーとして意識が

存在するだけです。意識は脳を介在することで思考ができ、目を用いることで物が見え

他人を自分とは違うものとして認識できるものです。当然見えなければ認識できません。

耳も同じです。耳があるから聞こえます。

それでは、もし、身体がなければ・・・・・。

そこには意識しか存在しません。そして意識は空間を持たないのでどこにも存在可能です。

ただ意識が物質空間を認識すればそこに空間が現れるということのようです。

難しいですね。このとんち問答は・・・・。


宇宙の端っこに行けば細胞に戻ってくる????

どういうこと?そのこと自体が認識イメージできないと思います。

要するにクラインの瓶ですね。

宇宙の端っこと言うと数万年光年と言う距離で考えがちですが、意外と太陽系の端っこあたり

かもしれませんね。その先はスクリーンみたいになって反転しているだけということです。

様々な星や恒星もそこに映し出されているだけということかもしれないですね。

昔、ボイジャー1号が打ち上げられ今はすでに太陽系を脱しているはずですが、あれってどこへ

行ってしまったんでしょう?もしかしたら、地球上のどこかにいきなり戻って落っこちていたりして(笑)。

猿の惑星という映画がありましたが、宇宙船ではるか彼方へ飛ばされてどこかに不時着したら

そこは地球だったという話と同じです。不時着した地球では数百年経っていたらしいですが

核戦争で一度滅びサルが支配する地球になっていたという物語です。


太陽は実は核反応なんか起こしているのではないということもどこかの宇宙人の話で読んだ

ことがありますが、その通りではないかと思います。アシュタールが語るように地球が暑いのは

太陽からの輻射光が空気を熱しているからですね。それで熱く感じるだけです。

なぜなら、冬でも夏並みに暑い日があるなんておかしいと思いませんか?私は今の天文学の

常識をそのまま鵜呑みにするならあり得ないことだと思っています。

冬って太陽からの距離が離れ太陽光の入射角度が小さくなるからと理解してますが、いくら

距離が離れるって言ったって太陽から地球までの距離に比べれば地球の赤道から北半球

までの距離なんてたかが知れているでしょう。数万分の1くらいしか違わないのにあんなに

寒暖の差が激しいの?って思います。

入射角度と言ったってどれだけ違うの?ストーブの正面とちょっと斜めってそう違わないでしょう?

だから、太陽で核反応が起きてその温度で地球が熱せられているというのは嘘です。

それなら、太陽にさらに近い地球の上空にある宇宙船が燃えたって話聞かないでしょう????

いろいろ考えてみるとどう見ても嘘に嘘を上塗りして真実を教えていないということがわかるのでは

ないだろうかと思うわけです。

また長くなるので、この辺で・・・・。

ここまでは私の勝手な想像物語なので真に受けないように・・・・。

でも、案外的を得ていたりして(笑)。





nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

破・常識 あつしの歴史ドラマ「アシュタール:新しい世界のうねり・・・・・・」 [アセンション]

破・常識 あつしの歴史ドラマ「アシュタール:新しい世界のうねり・・・・・・」




(ここから)

今日の破・常識!



目が覚める人が増えてくると

         グルンとひっくり返る時期が早くなる・・・らしい(笑)




では、アシュタールからのメッセージをお伝えします。








「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

何も見えていません・・あなた達を支配、

コントロールしている人たちは何も見えていません。

生命力の強さを侮っているのです。

生命とは、そんなに弱いものではありません。

どんなに固い土地、コンクリートからでも芽は出てくるのです。

そして、その芽からほころび始め 

固いコンクリートも崩れていくのです。


生命力はコントロールできるものではないのです。

どんなに高く固い壁で周りを固めても、必ず水は洪水となり

出口を求め、そこから出ようとします。

固めれば固めるほど抵抗は強くなり そこから出ようとする力は

大きくなります・・コントロールがきかなくなるのです。

出口が無ければ、その壁を破壊し、そこから出ようとします。


今のあなた達は、そのような状態です。

彼らは、あなた達の真のパワー(生命力)を侮っているのです。

囲めば何とかなる・・脅せば何とかなる・・と思っています。

しかし脅されれば脅されるほど開き直りの時が近づいてくるのです。

やりたければやればいい・・と、覚悟が出来てきます。

覚悟ができた人は、どうやっても従わせることができないのです。

覚悟ができた人には脅しはききません・・

今までのやり方が通用しなくなるのです。


このまま無理やりなことを続ければグルンとひっくり返ります。

だからある意味、無理やりなことをしてくれている人たちに 

感謝してください(笑)

あなたに覚悟をもたらしてくれるからです。

あなた達を開き直らせてくれるからです。


こんなムチャクチャなやり方をする人たちとは付き合っていられません・・

もうまっぴらです、もうたくさんです、もうイヤです・・と 

はっきりと主張できるようになるからです。

そして、もう今のピラミッド社会にいるつもりはありません・・と

開き直ることが出来るからです。


今のあなたのピラミッド社会はあなたが支えているのです。

上にいる人たちが支えているのではないのです。

あなた達 一人ひとりが支えているのです。

その人たちがもうまっぴらです・・と支えるのを止めれば 

すぐにそのピラミッドは崩れ去ってしまいます。


そろそろすべてが目に見えてわかってきます。

もうかなりわかってきてはいますが、もっと見えてくるようになります。

今まで自分たちが知らないうちに どんなにひどい社会にいたのか・・

はっきりとわかる時が近くなっています。


ですから、もっとムチャクチャしてもらった方がいいのです。

ムチャクチャしてくれれば 今まで気が付かなかった人たちも 

何かがおかしい・・と 感じるようになり いろいろ考えるようになります。

目が覚める人が増えてくるということです。

ですからグルンとひっくり返る時期が早くなります。


でも ムチャクチャに共振して怒りを持ったりしないでください。 

同じ土俵に立って振り回されないでください・・

遠くから冷静に見てください。

そうすれば、これまで見えなかったことが

どんどん明らかになってきます。

オセロのように一つのコマがひっくり返ったことで

全部がひっくり返る・・ということが起きてきます。


あなた達をコントロールしているつもりの人たちは 

何も見えていないのです。

何もわかっていません・・

人を長い間、恐怖でコントロールすることは出来ないのです。

恐怖は続かないのです・・

愛がなければ長く続けることは出来ないのです。

そのことをわかっていないのです。


愛を求めて人は大きく動きます・・それが次の時代への流れです。

ピラミッド社会から横並びの愛に満ちた

”個”の時代へと移行していきます。

その大きな流れ、うねりがもうすでにはじまっています。

そのことを信じてください。

後ろを振り返るのではなく(今までの社会に怒りを持つのではなく)

これからはじまる新しい世界にフォーカスしてください。


それは あなたが好きなこと、楽しいことに集中する・・ということです。

その楽しい波動が次の世界を創造するのですから・・・・


あなたに愛をこめてお伝えいたします」



ありがとう、アシュタール!

(ここまで)


今回の選挙は自民党が300議席をうかがう勢いとマスコミがこぞって報道してますが

果たして、そうなるのでしょうか?

小池新党も出だしの頃の勢いがなくなって国民の熱狂も冷め、今やどこ吹く風です。

民進党は小粒になりましたが代わって設立された立憲民主党が人気を集めつつありますが

22日の投票の行方はどこへ流れるのでしょうか?

これまで、美しい日本を取り戻すとして圧勝した自民党が国民に行ってきた数々の政策の

結果に国民も気づき始めています。

これをわかりやすくまとめてくれたブログがありました。

→simatyan2のブログ「現実を直視せよ!テレビやネット世論に流されるな


デフレ脱却、物価上昇率2%アップを旗印に掲げた安倍自民党が残した傷跡はひどいものです。

これはアメリカの貧富の差を完全に後追いしているものです。

国民もいいかげんに嫌気が差してきている頃でしょう。そしてその政策の多くがアメリカの

要求に基づくものだということも次第に気づかれています。

300議席も議席を取ってさらに悪政を続けるのか!というのが正直な気持ちでしょう。

選挙ではムサシによる投票数操作がありますが、今回はどうなるのか?

最近、ムサシの株価が急落しているということなので、もしかしたら上手く機能しない可能性も

あり、意外な結果になるかもしれませんね。


選挙のたびにおいしい人参をぶら下げられて騙され続けてきた国民もいいかげん嫌気が

差してくるころだろうと思います。

このまま行けば本当にグルリンとひっくり返る日もそう遠くないことでしょう。







nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

世にも奇妙なフツーの話「ミナミさん:”スミカスミレ”って???」 [アセンション]

世にも奇妙なフツーの話「ミナミさん:”スミカスミレ”って???」


(ここから)

「スミカスミレ」っていうドラマを見ました。

主人公は65歳の女性 澄・・・

厳格な父親に逆らえず、子供の頃から家の手伝いをし、祖母の介護と家事のために

せっかく入った大学も諦め、やがて父、母の介護をし続け、恋を知らないまま65才に・・・

母が亡くなってようやく自分のための時間が出来たと言われても、何をしたいのかも

分からなくなっていて、自分は何のために生きてきたんだろうと悲しくなるんですね。

自分の人生をもっと生きたかった・・って、泣きながら寝てしまった。

その晩に澄の前に人間に姿を変えた化け猫が現れ、澄を20才の姿に

戻してくれたんです。

その日から、澄はすみれと名前を変えて、また20才から生きなおす・・

というお話しです。


20才にもどる・・・過去の記憶も知識もすべて何もかも変わらず、ただ身体

だけが20才になる。(姿形は、自分の20才のときのものです)


このドラマをみて・・・どうよ?私?・・って考えました^^

いま、私の姿がそのまま20才のときになったら????


身体が若返るのは、うれしい^0^


でもなぁ~~・・っていうことは、もう一度20才からやり直すんでしょ?

もちろん、人生を選びなおすことが出来るんだから、まったく違う職業についたり、

結婚とかしても、しなくても、いいんだし・・・いまの知識を持ってすれば、

もっと楽しい?人生を選えらぶこともできる自信はあるけど・・・


結論としては、もういいかな・・って思っちゃいましたぁ~~^0^

だって、いまが楽しいんだもん・・20才にもどるってことは、いまの人生はなくなる?

いまの延長線上の人生はなくなって、また作りなおすことになる?


それは、イヤかな・・・いまのままで良い・・というより、いまのままが良い。


な~~ンってくだらない妄想をしてたんですけどね・・・

ということは、私、自分の人生を結構楽しんできたんだなぁ~~・・

そりゃイヤなことも山ほどあったけど、でも、それなりに一生懸命楽しんでたんだなぁ~・・

って思ったわけです。


このまま、これからもずっと楽しもう^0^


では、今日のアシュタールからのメッセージをお伝えしますね^^

「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

常に”死”を意識してください。

こういうと、すごく怖くなりますか?


あなたの意識エネルギーは不滅です。

永遠に続きます。

でも、いまのテラ(地球)用に装備して来た肉体の身体は、いつかは脱がなければ

いけません・・それが”死”と言われる現象です。

ですから、”死”は何も怖がることではないのです。


あなたは、テラで楽しく遊ぶために、テラに適した装備を整えてきました。

深海に潜って、深海を体験するためには、それなりの装備が必要ですね。

山登りをするにも、それに適した装備を用意しますね。

でも、その装備を脱いだところで、あなた自身は何も変わりません。

それと同じだと思ってください。


そして、それはいつ脱ぐかは、あなたにはわかりません。

本当は、それを脱ぐタイミングもあなたが決めているのですが、いまのあなたの

マインドではそれを知ることが出来ないのです。


いつ脱ぐかわからないのですから、いつ脱いでもいいように意識しておいて

ください・・ということをお伝えしたいと思います。

そうすれば、あの時こうしておけばよかった・・と思わないですみます。

あなたは常に何かしらの選択をしています。

そして、その選択によってあなたの現実は変わってきます。

体験することが変わってきます。


ですので、常にあなたにとっての最善の選択をしていただきたいと思うのです。

我慢したり、無理したりすると、最善の選択が出来ません。

最善の選択をしなければ、あなたの人生は、あなたにとって最善のもの、

ご機嫌さんなものにはならないのです。


わかりますね?


そのためには、自分の人生は、自分のものだ・・ということも、常に強く意識

していただきたいと思います。


自分はいつこの身体を脱ぐかわからない・・そして、自分の人生は自分のためにある、

自分のために使う・・いう意識があれば、他の人のことを考えて?優先して?

選択することがなくなります。


私は、いつ死んでもいい(これは投げやりな考えからのものではありません・・

いつ死んでも、あ~、良い人生だったと思えるかどうかということです)と

思える人生を送っているか?

そして、自分がご機嫌さんでいられるように、どんな現実であっても納得できるように、

自分のために常に選択しているか?


この2点を常に意識していてください。


そうすれば、いまの人生を楽しみ切ることが出来ます。

ずっとご機嫌さんでいることが出来ます。


あなたに愛をこめてお伝えいたします。」


ありがとう アシュタール! 感謝します。

(ここまで)

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

破・常識 あつしの歴史ドラマ「アシュタール:たくさんの小さな輪(和)・・・・・・」 [アセンション]

破・常識 あつしの歴史ドラマ「アシュタール:たくさんの小さな輪(和)・・・・・・」



(ここから)

今日の破・常識!



すべて ひとりで出来るのが素晴らしいのではなく、

手をつなぎあえることが 素晴らしいこと・・・らしい(笑)





では、アシュタールからのメッセージをお伝えします。







「こんにちは こうしてお話し出来る事に感謝します。

手をつないでください。

すべてをひとりでやる必要はありません。

苦手なことは、それが得意な人にお願いすればいいのです。

そして、あなたが得意だと思うことを それが苦手だと思う人に

提供すればいいのです。

それですべてがうまくまわります。


何か人に頼むことを負い目のように思う必要はありません。

すべて何もかも一人で出来る人は存在しません。

意識していても していなくても必ず誰かの力を借りているのです。

ならばそれを認めて、出来ないことは出来る人に

素直にお願いすればいいのです。

出来ないことがあるのは恥ずかしいことでもなんでもありません。

当たり前のことです。

出来ないことはあるけど出来ることもたくさんあります。

これは出来ないけど(苦手だけど) これは出来ますよ・・って

言えばいいのです。

(出来ることが ”優” で 出来ないことが ”劣” ではありません。

それを間違えてしまうと、出来ないことがある自分をダメだと

思ってしまいセルフイメージを低くしてしまいますので 

気を付けてくださいね。)


あなたがAさんに何かを提供したら Aさんからは何も

かえって来ないかもしれませんが、

まわりまわってKさんがあなたの苦手なことをしてくれるのです。

こうして、すべてが回っていくのです。

言っていることが伝わっていますでしょうか?


すべて ひとりで出来るのが素晴らしいのではなく、

手をつなぎあえることが 素晴らしいことなんです。


でも手をつなぐのと依存するのは違うことはわかりますね。

提供よりもいただく方に傾いているのが依存です

いただく方に重きを置いてしまうと、頂けなくなったらどうしよう・・

という気持ちが起きて来て、くれる人に執着し手放そうとしなくなります。

それが依存です。


自立した人同士が手をつなぐから そこに輪(和)が出来るのです。

依存は、輪(和)を乱します。


そして、手をつなぐのは集団になることではありません。

集団は、輪(和)ではなく分離を生みます。


集団と手をつなぐのは何が違うのでしょうか?

集団は、何か一つの目的に向かって集まることです。

一つの目的を決めてしまうと 何かの決まりごとが出来てきて

拘束がはじまります。

拘束は、輪(和)にはなりえないのです。

輪(和)・・手をつなぐのは、どこにも向かいません。

すべての人が、それぞれの好きな事?ところ?を見ています。

そして、その好きなことをするために 好きなところにいくために

得意なことを提供し合うだけなのです。


一つの大きな輪(和)を作ってください・・

と言っているのではありません。

たくさんの小さな輪(和)でいいんです。

そして、手をつないだり、離したり、他の人とつなぎなおしたり

他の輪(和)と融合したり・・・と変化していくのです。 

変化していくから ずっと続いていくのです。

変化しないものは固く、強固に見えるかもしれませんが 

反対にとても弱く、壊れやすく、長くは続きません。

変化するから循環が起き 長く続くものになるのです。


そして得意なものを提供し合えるところには信頼が生まれ

お互いを尊重し合える関係が出来ます。

お互いを尊重し、信頼し、大切に出来る社会はとても気持ちがいいです。

”個”が自立し手をつなぎ合えば、すべてがスムーズに

気持ちよくまわっていきます。

何も怖いものはなくなります。

常に安心の中にいることが出来るようになります。


まずは身近な人と手をつないでくださいね。


依存の関係でできているピラミッド社会から出て 

自立した”個”が横並びに手をつなぎあう

”個の時代”を意図してください。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」



ありがとう アシュタール!

(ここまで)


こうして考えると何か出来ないことをなそうとしたら数を集めて団体になることではなく

手をつなぎあい互いに協力し合えばいいだけと言うことですね。

それは別に大きな団体になる必要はなく地域の小さな輪で十分と言うことです。

その小さな輪がいくつもできれば大きな輪と同じかあるいはそれ以上の力になります。

出来ないと悩まずに誰かにちょっとだけ助けてもらうだけでいいんですね。





nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

世にも奇妙なフツーの話「ミナミさん:ガス抜きのための選挙・・・・」 [アセンション]

世にも奇妙なフツーの話「ミナミさん:ガス抜きのための選挙・・・・」




(ここから)

巷のニュースを見ていると、ホントに、ホントに、この世界がイヤになります。

選挙?・・全部出来レースで、公約なんてその時ばかりの口約束。

当選すれば、華麗なる手のひら返し・・・また、同じことの繰り返し。

そして、安全が売りで商売している大企業は、一番してはいけないデータの

改ざん・・・車、新幹線、果ては宇宙ロケット?までの材料が信じてた強度を

保てないと(驚)

人の命を何だと思ってるんだぁ~~~・・・


あっちを見ても、こっちを見ても、こんなんばっかり、ウソばっかり!


もう、まっぴらごめんだぁ~~、ほとほと嫌気がさしてるミナミなのです^^;

あ~、もうどっかに飛んで行きた~~い(涙目)


・・ということで、今日のアシュタールからのメッセージをお伝えしますね^^

「こんにちは こうしてお話出来ることに感謝します。

もっとやってもらってください。

もっと、もっと、無茶なことをやってもらってください。


アシュタールは何を言ってるの? 

おかしくなった??・・


そうではありません(笑)

もっとイヤだと思うことをやってもらうことで、あなた達にパワーが出ます。

さすがにもうイヤだ!・・と、ちゃぶ台返しをするパワーが出るのです。


あなた達は変化を怖がります。

なるべく慣れしたしんだところに居たいと思うのです。

ちょっとくらい我慢しても、変化するよりいい・・と思ってしまうのです。

だから、慣れ親しんだところから出るには、大きなパワーが必要になるのです。


いま、そのパワーを集めている?蓄えている?ところだと思ってください。

怖さよりもイヤさが先に立つくらい出なければ、パワーが出ないのです。



これは余談になりますが・・

それが怖いので、支配者たちはちょこちょことあなた達のガス抜きをするのです。

今回の選挙もある意味ガス抜きです。

怒りのパワーがかなりたまって来たので、国民が喜びそうな演出をして、

顔だけ変えようとしただけのパフォーマンスです。

シナリオは出来ていたのです・・ただ、国民をいままでのようにシナリオ

どおりにコントロールすることが出来なくて、彼ら自体も混乱して

しまっているのです。

ですので、何も統制が出来ずに、あたふたしている状態です。



パワーを大きくしていってください。

一度そのパワーが出れば、あとはそんなにパワーはいりません。

大きな石を動かすとき、最初は大きなパワーを必要としますが、転がりだせば

後はそんなにパワーはいらないですね。


最初だけです。

ロケットの噴射のように、最初に大きな噴射をしてください。

宇宙空間に入ってしまえば、あとは噴射はいらないのです。


あなた達のいまの社会は、とてもあなた達を引っ張る?縛りつける?力が

強いので、その力を断ち切るには、それなりの大きなパワー、噴射が必要

になります。




ただ、パワーのベクトルを間違えないで下さいね。

対立・・むちゃくちゃしている人たちへ、怒りのエネルギーとしてそのパワーの

エネルギーを放出するのではなく、反対の方向へ放出してください。


反対の方向とは、離れる方向です。

何も言わず、何もせず、ただ静かにそこから離れる・・そっと離れる方向へ

その大きなパワーを使ってください。


どこかの誰かに向かってロケットを飛ばすのではなく、大きくて自由な

宇宙空間に向かってロケットを飛ばしてくださいね。



いま、起きているムチャクチャな出来事を、あなたのそっと離れるパワーに

してくださいね。

そのために、あなた達が自分たちで起こしている現実です。

だから、反対に彼らに感謝してください。

こんなにイヤな目に合わせてくれてありがとうございます・・と。

そして、本当にもうイヤですので、私はそっと離れます・・と宣言してください。


自由なところへ飛んで行き、あなたの好きな世界を創造してください。


あなたに愛をこめてお伝えいたします。」


ありがとう アシュタール! 感謝します。

(ここまで)


今回の選挙ははっきり言って「モリカケ学園」の追求をかわすためです。

少なくとも私はそう思っています。

小池新党でマスコミがあれほど騒いでいたのに投票日が近くなると、小池新党の落ち目と

報道が逆転し、与党絶対有利なんて報道に変わっています。

と言うことは小池新党で国民に甘い期待感を持たせ、国民のモリカケ問題への追求心理が

おさまったところで本来の与党圧勝というシナリオに持っていくということだったのでしょうか?

一説には小池新党が大躍進をして日本の流れが変わるという話もフルフォードなどから

出ていますが、どこまで真実かわかりません。

たとえ、それが真実であったとしても支配する勢力は支持母体をバトンタッチするだけなので

本筋は変わりません。

私も小池新党が大躍進して与党が惨敗し、新しい日本の誕生かと思っていましたが、いろいろと

調べていくと結局は日本を操る勢力同士の争いだということがわかりました。

だから、どちらになっても日本はよくなりません。

小池新党のベーシックインカム導入や大企業の内部留保に税金を課すということがマニフェストと

してあげられていますが、どれをとっても今の日本では実現不可能なものです。

これらのマニフェストは明らかに国民に対するガス抜きの作用しか持ちません。

小池新党が敗れればマニフェストはなかったものとなるし、小池新党が大躍進して政権を握った

(候補者数が議席の半分を超えていないので最初からあり得ないものとなっています)としても

約束は反故にされるでしょう。

要するに、小池新党という話題を振りまき、国民にモリカケ問題を忘れさせることが目的です。

次に自民党が勝てば、モリカケ問題は「問題なし」というお墨付けを国民からもらったものと

いうことでお終いになるでしょう。当然マスコミも追求しません。

そのため、ここのところ選挙の報道なんか見てません。たとえテレビに出ても無視してます。


ここのところ話題になっているのが日産、神戸製鋼の問題です。

この背後には日産つぶし(ルノーが最終的に傘下に収める)、神戸製鋼潰し(神戸製鋼のアルミ

精製技術を横取りする)といった背景が見て取れます。

考えてみれば、ここ数年日本の大企業が次々と問題を起こし合併や会社の分離譲渡と言った

流れになっています。これは外国資本の日本攻勢と見た方がよさそうです。

なんで、数年前から行われていたことが今になって情報がリークされるのか?

それはこの時期を待っていたということでしょう。すでにこうした不祥事は知られていたはずです。

何とかして日本を沈没させたいと考えている輩がいるということです。

もちろん、こうした不祥事は褒められたことではありませんが。





nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

破・常識 あつしの歴史ドラマ「アシュタール:病名を受け入れてしまうと・・・・・」 [アセンション]

破・常識 あつしの歴史ドラマ「アシュタール:病名を受け入れてしまうと・・・・・」




(ここから)


今日の破・常識!




あなたの身体の不調を治すのは、あなた自身であって 

              薬や治療ではない!




では、アシュタールからのメッセージをお伝えします。






「こんにちは こうしてお話し出来ることに感謝します。

身体の不調には、出来る限り名前を付けないでください。

名前がついてしまうと本当にその病気になってしまいます。

病気に名前がついているのではなく 

名前が付くからその病気になるのです。


わかりますか?

反対なのです・・思考はエネルギーですから、病名を受け入れてしまうと 

身体はその病名に即した(こういう症状になりますよ・・)

と教えられた症状を創造してしまうのです。

思考のエネルギーは、身体をデザインすることが出来ます。

だからこうなります・・

と自分で思考してしまえば身体はそのようになるのです。


ですから、ここのところ病名がどんどん増えていっているのです。

何も名前のない時には、そんなに重要視されなかった不調が 

名前を付けられると立派な病気になり 

そこにフォーカスすれば、あなたの身体は本当に病気になります。

あなたの社会には病気が増えると利益が増える人たちがいます。

そのことをわかってください。


少しの不調でも それはこういう病気の予備軍で 

それが進行するとこういう症状が出てきて 

このような経過をたどって最後にはこうなってしまいます・・

と こと細やかにとてもイメージしやすいように

ご丁寧に教えられるのです。

イメージしやすい情報は、受け入れやすくなります。

そして、それをあなたが受け入れてしまうと 

あなた自身であなたの身体をそのようにデザインしてしまうのです。

そして、本当にその病気

(そのような病気はなかったとしても)になってしまいます。


身体の不調に名前を付けないでください。

そして、少しの不調で怖がらないでください。

なにか不調を感じるときは、ゆっくりと身体を休め 

そして、あなたの身体にどうしたいかを聞いてください。

あなたの身体は、どうすれば回復するかを知っています。

あなたの身体には、自己回復力と自己免疫力が備わっています。

身体の不調の治し方も知っています。


あなたの身体の不調を治すのは、あなた自身であって 

薬や治療ではないのです。もちろん 薬も治療も 

あなたの不調を和らげることは出来るかもしれませんが、

でも最終的にあなたの身体を治すのは 

あなたの身体自身だということを認識し 

身体を信じてあげてください。


身体に出来た傷を治すのは薬ではなくあなたの自己治癒力です。

薬は、その補佐的な物です。

下痢は、あなたの身体に害のあるものを 

身体の外に出すための必要な症状なのです。

その下痢を止めてしまうと害のあるものを外に出すことが出来ず 

結局は症状を長引かせてしまうのです。


少し話がそれましたが・・病名は気にしないでください。

病名に振り回されないように気をつけてください。

そして、なぜこんなに病名が増えて行くのか・・

少し考えてみてくださいね。

環境が悪くなったせいだけではありません。

病気の人が増えると誰が得をするのか・・周りを見てみてください。

少しだけでいいですので 

ピラミッド社会の仕組みに興味を持っていただけると

たくさんのことが見えてきます。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」



ありがとう アシュタール!


(ここまで)



病名を聞くと、心に浮かぶのはその病気の怖さでしょう。

そして、自分がその病気でどのような症状になり、どのような経過をたどり身体が弱って

行くかを想像してしまいます。

その想像が現実に自分の身体が病に侵され病状が進行する手助けをしてしまいます。

たとえ、表面的な意識で思っていなくとも深層心理ではその病気のことを知っているので

影響がおよんでしまうので注意が必要です。


私の場合にはちょっと違っていて、なんとなく症状に違和感を感じるときにはその症状が

どのような病気であるかその可能性を調べます。

そして、その症状から考えられる病気を診断し、自分の身体の状態がどのようになっているかを

予想し、そこから対策を立てます。もちろん、これは自分の意識だけではどうにもならない場合

になるのですが、その症状を緩和する方法、薬や食べ物と言った方法を探ります。

そこで思いつく方法を試すことで症状がなくなる方へ持っていきます。

ただ、西洋薬を使うのは最後です。なぜなら、西洋薬は効果が表れても症状の緩和が長く

持続しないので回復しません。一時的なものです。そのため、それまで自分が使ってきた

自然薬を用います。漢方とかサプリメントです。ただし、その種類は限られます。

それは自分に合うものとそうでないものがあるからですね。

それでも、いちばん良いのは身体を休めて自然回復力の力を高めることです。

これが最終的に大きな効果をもたらします。そして回復することを信じることです。

また、身体を温めたり(風呂やサウナなど)することも効果的です。


つまり、私の方法は病名を自分の症状を確かめるだけのために利用し、そこから回復する

ための方法を探ることなので、その病気で最悪どうなるかと言う考えは持たないようにしています。

この方法は私個人のやり方なので、人それぞれ合った方法があると思いますからご自身で

探してみてください。

注意しなければいけないのは病名から自分の病気の進行を予測しないことです。

治る方向に物事を考えることです。そうすれば治る方法も出てきます。

そのためには浮かんできた方法を一つ一つ試してみる必要もあります。

これでダメなら、あれ、あれでダメなら、さらに次の方法をという具合です。

そのうち、効果的な方法が見つかります。そのときのポイントは試してみて症状が緩和されて

いるかどうか確認することです。緩和されているやり方が出てくればそれが正解です。

そのためには常にいろいろな方法を頭の中に想像でもいいので浮かばせることが大事です。

それでもいちばんの方法は身体を休めることです。そうすれば自然治癒力が働きます。





nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:blog
前の10件 | - アセンション ブログトップ