So-net無料ブログ作成
検索選択
アセンション ブログトップ
前の10件 | -

世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:私の使命を教えてください!」 [アセンション]

世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:私の使命を教えてください!」


(ここから)

今日のアシュタールからのメッセージをお伝えしますね^^

「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

あなた達はよく私に・・私の使命はなんですか?・・とご質問されます。


何度もお伝えしていますが、使命などないのです。

誰かの命令で、あなたはテラに来たのではないのです。

あなたは、あなたの意思で、あなた自身が決めて、テラに転生して

きたのです。


それを分かってください。

”神”という概念を持っていると、その考え(使命を持ってきた)から

抜けることが出来ません。

あなたより偉い存在がいて(それを神と呼ぶことが多いですが)、その存在の

命令で、あなたが行くところが決まり、あなたがすること(しなければいけないこと)

も決まる・・そんなことは、まったくありません。


まず、いつも言いますが、”神”という存在はいません。

あなたより偉い存在はいないのです。

ワンネスということが理解できれば、そのことも理解できます。

すべては、同じ存在であり、あなたは私、私はあなた・・みんな平等。

誰かが特別などということはないのです。

あなたに命令出来る特別な偉い存在もいないのです。



ですから、私の使命はなんですか?と聞かれれば・・・

あなたには誰かに託された(命令された?)使命などありません・・

とお答えしたいと思います。


でも、あなたが自分で決めたことはあります。

あなたがテラに転生してきた目的はちゃんとあります。

それは、楽しむということです。

体験することを楽しむということです。


身体という物質を持って、このテラで楽しみきる・・ということです。


楽しいというと、あなた達は気持ちの良いことばかりを考えてしまいますが、

気持ちがよくない?体験も、あなたが望んでしているということを忘れないで

くださいね。


う~~ン、この体験はつらいな・・と思うことでも、それはあなたが望んで、

選んでしていることなのです。

そんなことは望んでいません・・と頭で思うかもしれませんが、あなたが望んで?

選んで?いなことは、絶対にあなたの現実には起きないのです。


だから、まず、何か面白くない?気持ちよくない?と思うことがあったら、

それを思い出してください。

これは自分で選んだ現実なのだ・・と認識してください。

そうすれば、選びなおすことが出来ます。


あなたは、選ぶことが出来ない・・と思い込んでしまっているから、そこから

出ることが出来なくなってしまうのです。

誰かの力(自分以外の存在)によって、いまの自分の現実が作られている・・と、

思ってしまっているから、現実は変えられないと思うのです。


先ほども言いましたが、あなたに命令?出来る存在などいません。

あなたの人生を勝手に選ぶ存在など宇宙にはただ一人もいません。

あなたに関しての選択が出来るのは、あなただけなのです。


ならば、いま体験している現実が気持ちの良いものではないならば、

この現実は自分が選んだものなのだと認識し、そしてそれが出来れば、次は

気持ちの良いと思う現実を選びなおせばいいだけのことです。


でも、どうしてわざわざ自分で気持ちの良くない現実を選ぶことがあるので

しょうか?

それは、その経験も素晴らしい経験だということをあなたのハートは知って

いるからです。

その経験も楽しいと思うあなたがいるからなのです。


この話になると、頭(マインド)がうるさくなってくると思いますが、

もう少し聞いてくださいね。

頭(マインド)で望んでいることは、いまのあなたの社会システムの中で

快適に過ごすことだけです。

でも、ハートで望むことは、体験することなのです。

たくさんの体験をすること・・社会システムの中では拒否?悪い出来事?だと

されることでも、体験したいと思うこともあるのです。


ですので、もしそのような体験をしてるとしても、それを楽しみきってください。

そんなこと楽しめるわけないでしょ・・と怒りのエネルギーが飛んできますが、

それを楽しまなければ、逆にそこから抜けることが出来ないのです。


大丈夫ですか?・・・もうマインド的にムリですか?



あなたは体験したいのです。

たくさんの体験をしたいのです・・良いと思う体験も、悪いと思う体験も・・

どちらも体験したいのです。


でも、それはハートの願いです。

マインドは、悪いと思う体験を何とか、出来る限り、拒否しようと思います。

だから、悪いと思うことが起きれば、そこから抜けることばかりを考えます。

どうしたら、この状況から抜けることが出来るのか?・・そればかりを

考えてしまいます。


そうなると、ハートが満足することが出来ないのです。

ハートは、悪い体験だと思っていません。

ハートにとっては、それも楽しい体験なのです。

だから、しっかりとその体験を味わってください。

しっかりと味わう・・悪いと思っていることも、逆に楽しんでください。

開き直って、逆に楽しもうと思うと、ハートは満足しますので、その体験は

もう終わりにすることが出来るのです。


お化け屋敷も楽しいですね(怖さを楽しみに入るのですよね)。

せっかく楽しもうと思ってお化け屋敷に入ったのに、とにかくそこから出る

ことばかりを考えて、怖さを楽しまなければ、欲求不満になってまた入りたく

なったりしないですか?


きゃあきゃあ叫ぶことも、ある意味楽しいことでしょう?

怖さを逆に楽しんでいるのですよね?


それと同じだと思ってください。

悪いと思う現実も、逆に楽しむ(積極的に体験する)ことで、ハートは満足し

次の現実を選ぶことが出来るのです。


話がまたずいぶん逸れてしまいました(笑)

今日、お話ししたかったのは、私の使命はなんですか?・・というご質問には、

あなたは誰かの使命(命令)を受けてテラに来たのではありません。

あなた自身が、あなたに使命(転生の目的)を与えた?という意味であれば、

あなたの使命は・・全力で自分を楽しませること・・だということです。


身体を持っての体験を楽しむために、あなたはテラに転生したのです。

だから、全力で楽しんでください。

そうすれば、テラでの人生を満足することが出来ます。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」


ありがとう アシュタール! 感謝します。

(ここまで)

アセンション情報や宗教団体に語るものの中にはこうした内容のものが多いですね。

いちばん多いのがカルマの解消です。

その次が成長するためというものです。

アシュタールの語ることからすればどちらも誤りと言うことになります。

そうなると、ほとんどのアセンション情報や宗教団体の語ることは???ということになりますね。


すべては自分が決めてきたことです。

どんな体験をしたいのかということをおおまかにあらかじめ決め3次元に降り立ち

その体験に見合う場所と肉体を選び地球に生まれます。

だから、確かにこんな体験をするはずがないと思っているものがあります。

でも、すべて自分が決めてきたものとおもえば納得できるのではないでしょうか?

また、選び直すこともできるので、嫌なら止めればいいだけですね。





nice!(0)  コメント(0) 

破・常識 あつしの歴史ドラマ「アシュタール:意識エネルギーが拡張する・・・」 [アセンション]

破・常識 あつしの歴史ドラマ「アシュタール:意識エネルギーが拡張する・・・」




(ここから)


今日の破・常識!




波動が軽くなるにつれて、今までの様に

   しっかりと身体と意識が固定されなくなっている・・・らしい(笑)
 




では、アシュタールからのメッセージをお伝えいたします。







「こんにちは こうしてお話出来ることに感謝します。

意識が違うところに行ってる・・って言えばわかるでしょうか?

波動が軽くなるにつれて、今までの様に

しっかりと身体と意識が固定されなくなっているのです。

意識が拡張している・・身体からぼわ~っとはみ出している状態・・です。


ちょっと気を抜くと ボーっとしてる、

今まで出来ていたことが出来なくなってきた、

距離感が取れなくてよく何かにぶつかる、

時間の感覚がおかしくなってくる、

記憶があいまいになる、

物事をすぐに忘れる、

考えていることと行動がバラバラになって、変な動きをしたりする、

などのことが起きてきます。


これは意識エネルギーに身体がついていけないときに 

よく起きる症状ですので 何かの病気だとか、

ボケちゃったんじゃないかとか心配する必要はありません(笑)


まだ軽い波動エネルギーに慣れていなくて 

上手く身体が動かせなくなっているのです。

操縦に慣れていない機械を動かしているような感じでしょうか(笑)


今まで身体を動かしていたのは(行動は)マインドの分野でした。

マインドがこうしようと考え それに従って身体を動かす・・順番でした。

でも波動が軽くなってきて 

意識エネルギーと身体がゆるゆるな感じになって来ると

意識エネルギーのほうが先に動きますので 

身体がうまくついていけずギクシャクしてしまうのです。

今までマインドの領域で上手に出来ていたことも 

マインドより意識エネルギーの方に重きが変わってくると 

うまくできなくなってくるのです。

これは、今まで左脳で成り立っていた生活が 

右脳寄りになってきていることもあります。

左脳で上手にこなしていた計算などが 

苦手になって来るのもそういう理由です。

計画を立てる、企画する、なども苦手になってきます。


しかし右脳でもしっかりと計算は出来ますので安心してください。

ただ今までのようなやり方ではないということです。

意識エネルギーでの計算は 

パッと閃く形で答えが分かるというような感じでしょうか(笑)


たぶん今はこの感覚はよくわからないでしょうが 

そのうちに少しづつわかるようになってきますので 

今それが分からないからと言って 

自分は、まだまだだとか思わないでくださいね。


とにかく、今意識エネルギーが拡張していて 

身体にうまく密着できていないことが

起きていますので気をつけてください。

安全なところでは心ゆくまで 

意識エネルギーが拡張する感じを楽しんで 

その感覚をたっぷりと味わってください。

(ボーっとする感覚を楽しんでください)

でも外にいる時や、車を運転している時や、機械を操縦しているときや 

刃物などを持っているときは、身体がついて来られなくて危ないですので 

意図して意識エネルギーを身体の中に入れるようにしてくださいね。


身体の中にしっかりと意識エネルギーを入れるのは簡単です。

入りました・・と意図すれば身体の中にしっかりと入れることが出来ます。


これからもあなたのマインドでは理解できないことが

たくさん起きてきます。

それはマインドの外側で起きていることですので

マインドではわからないのです。

マインドで理解できないからといっても起きているのは事実なのです。


これからいろいろなことがエネルギー場で起きて来ます。

それを マインドで理解しようとすればするほど迷子になってしまいます。

どんどん訳が分からなくなってしまいます。


これから必要なのは感覚なのです。

感覚は、たくさんの情報を教えてくれます。

感覚は、5次元領域に共振するための大切なカギなのです。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」



ありがとう アシュタール!



(ここまで)


波動が軽くなってくると様々なことが起こるようですね。

パッと答えがわかるというのはわかるような気がします。

それは閃きみたいなもので、瞬間的にそうだ!という感じ出来ますね。

都会に出て道に迷っていてもなんとなくあのあたりだろうと歩いて行ったらそこが

探していた場所だったという感じです。

これはもう感覚の領域になります。マインドではいくら考えても堂々巡りするだけで

一向に問題解決には至らないのが、すぐにピンとくるようなものです。


忘れっぽいというのはこれは歳でしょうかね(笑)。

でも、これも波動の軽さからくる現象かもしれないと思うときもあります。

カレンダーを見ても今いつだったかとかと思うことも時々あるので、時間にもルーズに

なってきているようです。それよりもあまり時間を気にしてないからでしょう。

もちろんきちんと約束した時間は守ってますよ~。

意識と身体の乖離は幽体離脱のようなものだろうと思います。

意識が身体から少しだけ分離したような状態でいることです。

意識の思考スピードはマインドよりはるかに速いのですが、いつもは意識がマインドに

命令を出してマインドはそれを受け取って行動を起こすのだろうと思うのですが、

そのときマインドが受け取るタイミングがほんのちょっと間に合わない状態でしょう。

だから、あとでハッとするようなことになるのだと思います。

いずれにしても、これからはだんだんそのようなことが多くなるだろうと思います。





nice!(0)  コメント(0) 

世にも奇妙なフツーの話「ミナミさん: ブータンに向けて出発!」 [アセンション]

世にも奇妙なフツーの話「ミナミさん: ブータンに向けて出発!」



(ここから)

・・・・ということで、(前回のブータンの話の続きになりますが^^)・・・


じょうもんの子たちを探す?会いに行く?ためにブータンへ行く!!・・・・


そのことだけは決まったのですが・・・これが、3月の末、大阪でワークショップを

開催している真っ最中の出来事です。



さて、どうやって行けばいいのやら????・・・・

さっぱりわからないというのが最初の問題(笑)


どこの旅行社に聞けばいい?? あんまりメジャーなところじゃないから、

ネットでツアーを探してみても、なかなか見つからないし・・・


じゃあ、まずガイドブックを買ってみようということで本屋さんに行ってみるけど、

ブータンのガイドブックは無い(笑)


え~~、ガイドブックさえ手に入らないってどんなぁ~~・・って思いながら、ネットで

ガイドブックを探してみると、なんとか大手のネット通販で売っていたので、即注文。


数日たってガイドブックが手に入って、読んだけど、まるで知識がないから、どこそこの地域は

こんなで、ここはこんなで・・って書いてあっても、写真を見ても、さっぱりわからない。

ゾン(お城)とか、ラカン(お寺)の場所や写真ばっかりしか紹介されてないしぃ~~^^;



あ~~、じょうもんの人たちは、ブータンのどこに行けば会えるのぉ~~~(叫)

じょうもんの人たちぃ~~、返事してぇ~~~・・私たちはどこに行けばいいのぉ~~


もうね、まるで雲をつかむような感じですよ^^;



これはもう、ブータン専門の旅行社に行って話を聞くしかない・・と思い、いくつかある

ブータン専門? 秘境ツアー専門? の旅行社に電話をかけまくり、その中で一番話を

聞いてくれそうな旅行社に行ってみることに・・(なんせ、私たちの旅の目的が特殊でしょ、

普通の観光旅行じゃなくて、じょうもんの人たちに会いたいんです・・

なんて言えるわけもなく(苦笑)、ただ人々の生活を見たいんですって言っても、

旅行社の人は?????状態、そりゃそうですよね(笑)


でも、その中でもなんとか雰囲気的に理解してくれそうな方がいらしたので、その方に

ツアーを組んでもらうことにしました。

その方に詳しい話をするため、旅行会社がある渋谷へと二人で出かけました。

これが5月の末、その時の渋谷の様子を書いた記事がありますので、

お読みくださいねぇ~~^^


「5次元領域の渋谷?」



ブータンの人々に会いたいんです、ブータンの人々の生活を見たいんです、

ブータンの生活を体験したいんです・・と、

ここだけを強調してツアーを組んでもらったんですけど、旅行社の人にとっては、

ブータンの人々に会いたいって言われてもねぇ~~、

ブータンに行けばブータン人はどこにでもいるし、

そんな強調しなくても、ブータンに行けばブータン人は普通に生活してるし・・

ってなりますよね。



そうじゃないんです・・じょうもんの人々に会いたいんです、私たちは・・

って言えない、もどかしさ・・・



そんなこんなのもどかしいやり取りをしながら、結局、最終的に出来て来たツアーは、

まぁ、有名なお寺やお城巡りが主のよくある観光パターンになっていましたけど(苦笑)・・

でも、それでも、なんとかその中に民泊(普通の農家に宿泊させてもらう)スケジュールを

入れてもらいました^^

旅行社のかた、本当に訳わからん事ばかりお願いしてごめんなさ~い^^;

それなのに一生懸命組み立てていただいて、感謝してます^0^ 

ありがとうございましたぁ~~。



こうして、まったく手つかずで困っていたブータン旅行も、何とか形になって行きました。



あとは、15日間の長い間、日本を離れるための準備などでバタバタしていると、

すぐに出発の日となり・・めでたく無事にブータンへと旅立つことが出来ましたぁ~~^0^


まったくなんの情報も、方法もなかったころから考えれば、旅立つこの日を迎えることが

出来たことに感動しましたよ、私^0^


アシュタールやさくやさんがいつも言ってる・・


思考が先、現実があと・・

決めれば情報は入って来る・・

入って来た情報をもとに動けば現実化する・・


・・って言うことを改めて実感したミナミでしたぁ~~(感動)




待っててねぇ~~、じょうもんの子たちぃ~~、今から会いに行くよ~~~^0^







ブータンってどこにあるのか・・っていうと。ここです。


butan07.jpg


ブータンへは、直行便がないので一度タイのバンコクで乗り継ぎをしなければならず、

バンコク空港内で6時間待って、次のパロ(ブータンの空港)行きへと乗り換えです。

その飛行機も直行ではなく、一度インドのコルカタ空港で降り、そのまま1時間ほど機内で

待機して、その後パロへと飛びます。


成田を出たのが、日本時間で15:30ころ・・・パロに着いたのが、日本時間の

11:30ころ(ブータンと日本の時差は3時間で、パロに着いたのは現地時間で

8:30です)の約20時間の長旅です(それでも、まだバンコク乗り換え時間が

短いフライトを選んでいただきました)・・・疲れたぁ~~~^0^;



ここが、パロ空港です。


butan08.jpg


butan09.jpg


ここからあつしとミナミの珍道中がはじまりました^0^

(ここまで)


そりゃ~ね。ブータンに行ってじょうもんの人たちに会いたいのです。と言ったらら旅行会社の人は

きっと、「そんなツアーありません。申し訳ありませんが他を当たってください」と言うでしょうね(笑)。


それにしてもブータンに行くのに、タイとインドを経由しないといけないなんて知りませんでした。

都合20時間だから、ホントに長い旅ですね。

写真を見てもローカル空港そのままだし、空港の建物も日本と違いブータン色いっぱいですね。

壁に描かれているのは国王夫妻ですね。オリジナルではピントがあまり合っていませんでしたので

少しピントを補正しました。これでよくわかると思います。


渋谷のあつしさんの会話に対してアシュタールが説明していることがよくわかりました。

あの時には???でしたが、今はそうなんだ・・・・という感じです。

すべては私たちの意識状態にあり、その状態によって見えるものや体験するものが異なってくる

ということです。それがパラレルワールドの仕組みのようです。

そういう点では私たち自身がパラレルワールドを旅する人そのものだったんですね。



nice!(2)  コメント(0) 

破・常識 あつしの歴史ドラマ「アシュタール:エネルギー場での魅力・・・・・・」 [アセンション]

破・常識 あつしの歴史ドラマ「アシュタール:エネルギー場での魅力・・・・・・」



(ここから)

今日の破・常識!

 


第一印象が重要!

      第一印象・・それこそがエネルギー場での判断・・・らしい(笑)




では、アシュタールからのメッセージをお伝えいたします。







「こんにちは こうしてお話し出来ることに感謝します。

あなた達は、見かけをとても大切にしています。

太った 痩せた 手足が長い 短い 髪が多い 薄い・・・などなど(笑)

見かけが良ければ(美しいとされている基準に近ければ)

魅力的だと思っています。 

実はそんなことは全くないのです。


あなたは目で見ている事で判断していると思っていますが、

実は、目で見る前にエネルギー場でもうすでに判断しているのです。

あなたは、容姿で決めているように思っていますがそうではありません。

まずは、第一印象が重要なんです。

この第一印象というのは容姿にはまったく関係ないのです。

第一印象というのは頭が認識するより前に判断を下しているのです。

第一印象・・それこそがエネルギー場での判断なのです。


とても素敵だな・・と思う人は 

エネルギー場で魅力的な人ということになります。

分かりますか?

たとえば、とても容姿端麗な人でも不機嫌そうにむっつりとしていると

魅力的には感じないですね。

でもニコニコして気持ちの良い人には、とても惹かれますね。

そういうことなんです。


でもそんなことを言っても容姿端麗の人は

やっぱり魅力的な人が多いんだから、

やっぱり見た目じゃないの?・・っていう

ご質問がありますが、これも同じことです。

なぜならば、その人は自分自身に自信があるから 

自分が好きだと思っているから魅力的になるのです。

容姿端麗だから魅力的なのではなく 

自分に自信があるから魅力的にみえるのです。

自分は太っている、髪が薄い、鼻が低い、目が小さい、

などと自分の容姿に不満を持ち

コンプレックスに感じている人は 

輝くエネルギーが出ませんので魅力的には感じられないのです。


太っているから、髪が薄いから、鼻が低いから、目が小さいから・・

魅力的ではないのではなく、その人が自分を嫌い、楽しくしていないから 

輝くエネルギーを放射しないから 魅力的に感じられないのです。


だから容姿端麗でも自分に自信がなく 

自分を嫌っている人は魅力的には感じません。

反対に容姿など関係なく、自分が好きで楽しいことをしている人は 

とても魅力的に感じます。


見た目は関係ないのです。

見た目をそんなに気にしないでください。

そしてあなたが思っている容姿端麗という規準は

誰が決めたのでしょうか?

どうして華奢で 手足が長く、目が大きく、鼻が高く 

髪が豊富な人が美しいのでしょうか?

美的な感覚は土地や時代によってずいぶん変わってきます。

今美しいとされる基準も 

年代、時代が変わると美しいとされなくなるのです。


そんな不確かなものに振り回され右往左往しないでください。

容姿ではなく、エネルギー場での魅力は 

土地が違っても時代が違っても変わらないのです。

魅力的な人になりたかったらまず自分を好きになって 

大切にして楽しいことをして輝いてください。


そして(これは余談になりますが)エネルギーには 

合う合わないがあります。どちらが良い悪いではなく 

ただ合うエネルギーと合わないエネルギーがあるのです。

これは対立とか反目とかではなく 

ただ合うか合わないか・・それだけです。

すべては絶対無限の存在から派生した同じエネルギーなのですが、

それぞれのエネルギーには個性があります。

その個性というところで 

やはり合う個性と合わない個性があるということなのです。

ですから、会った瞬間にちょっと違うな・・

と感じることがあると思いますが 

それはエネルギー場で合わないと判断しているからなのです。

もう一度言いますが、この判断は良い悪いではなく 

ただ合う合わないだけの話です。

合わないな・・と思ったら無理に一緒にいる必要はありません。

エネルギー的に合わない人と一緒にいるのは 

お互い疲れますので・・・


とにかく、そんなに見た目(容姿)にこだわる必要はないのです。

人は容姿を見ているのではなくエネルギーを感じているのですから・・・

どんな姿形であろうともその人が輝いていれば魅力的なのです。

自信を持ってください・・

あなたは、宇宙に一人しかいない素晴らしい存在なのです。

容姿などまったく関係ありません。

そんな見かけだけの不確かなことに夢中になって 

本当に大切なことを忘れないで下さいね。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」



ありがとう アシュタール!

(ここまで)


初対面で会う人に感じる第一印象というのはとても大切ですね。

スッと心の波長が合うとわかる人とそうでない人がいます。

合うとわかった人は向こうでも好意を持ってくれることも多いようです。

これは互いにエネルギーのやり取りをしているからでしょう。

だから、第一印象がほぼ合っていると思います。

しかし、そうでないこともあります。

それは自分が好む容姿と言うのが決まっている場合です。

容姿だけでなく、発声音や言葉遣い、行為、しぐさなどに常識的に見てこれがスタンダードと

強く思っている場合はエネルギー場での感覚より、マインドの方の力が強いようです。

そんなときは決まって後から、次第にそのような基準が気にならなくなり、好意的にみられる

ようになってくるということもあります。

そのため、先入観を持たずに見ることが必要なことだと思います。




nice!(1)  コメント(1) 

世にも奇妙なフツーの話「ミナミさん: なんでブータン???」 [アセンション]

世にも奇妙なフツーの話「ミナミさん: なんでブータン???」



(ここから)

先日までブータンにお邪魔しておりましたミナミAアシュタールでございますが・・

なんで、ブータン?????・・というお声を多数いただき・・・


そうだ! その件に関して何もお話ししていなかった!・・とハタと気がついたわけです(笑)



そうなんです・・どうして突然ブータンだったのか???をお話しするとですね・・・



実は、縄文の人たちを探しに?会いに?行ったわけです、はい。



大分前にね、な~~んとなく・・縄文時代の人たちってどんなだったんだろ??って

思ったんです。

縄文の人たちの生活?をちょっとだけでも見ること出来ないかなぁ~~・・

夢でもいいからぁ~~・・

な~~ンって、さくやさんにムチャブリしたわけです。

その時は、さくやさんノーリアクション・・まったく答えてくれず・・そのままスルー(笑)


それから日常に忙しくしていて、そんなことをさくやさんに言ったこともうっかりすっかり

忘れてたある日・・・・

ご飯を食べてる時に、破・常識あつしさんとどっか旅行に行きたいねぇ~~って話をしてたんですね。

そしたら、さくやさんが、「じゃあ、ブータンに行ってみればぁ~~」・・って!!


ブ~~タン??? ブータン?? ぶ~~たん??

あの”幸せの国” ブータン????


何で???? ブータン???


だって、「前に縄文の人たちの生活をちょっとだけでも見たいって言ったでしょ」・・

ってさくやさん。

縄文の人たちとブータンに何の関係があるの??


「ブータンなら、まだ少しはじょうもんの子たちの生活が残ってるところもあるから・・

もちろん、生活そのものじゃないわよ、考え方?感性?という意味ね。」



・・・ということで、ブータンに縄文の人たち?に会いに行こうということに相成ったわけで

ございます^0^

butan04.jpg


「前にも話たことあると思うけど、じょうもんの子たちは世界の各地に散らばって行ったの。

散らばって行った・・と言うより、私たち宇宙ファミリーがお願いしていろんなところに

住んでもらったって言うほうが正解なんだけどね。


アトランティスとム―の時代に一度テラは大きく傷を負ったでしょ。

アトランティスの人たちが開発した武器によって、テラのスピリットに大きな傷を受けて

しまって、その傷が癒えるのに何万年もかかった。


そして、やっと傷が癒えたころ、またアトランティスを作ったレプティリアンたちがテラに

戻って来て、そしてまたアトランティスと同じようなピラミッド型の文明?社会?を

作りはじめた。

人間たちから富もエネルギーも搾取するピラミッド型の社会システム・・・

そうするとまたアトランティスの頃と同じようにテラの表面の波動が重くなっていって

しまったの。


だから、テラの内部(といっても多次元の内部だけど)に保護していたムーの人たちの子孫に

もう一度テラの表面に出て生活してくれないかとお願いしたのね。


ムーの軽い波動を受け継ぐ人たちが表面で暮らしてくれれば、ピラミッドシステムで

重くなってしまった波動のバランスを取ることが出来るから。

私たち宇宙ファミリーのそのお願いに快く了承してくれて、テラの表面(日本列島)で

暮らすようになったのが、じょうもんの子たちなの。

それがじょうもん時代と呼ばれる文明のはじまりだということ。


でもね、どんどん波動が重くなって行って、日本列島だけじゃ波動のバランスを取ることが

難しくなって来たのね。

だから、もう一度ムーの波動を受け継ぐ子たち(じょうもんの子たち)にお願いして、世界の

波動のキーポイント?に当たるところに移住してもらったのよ。


それが、チベット、メキシコ(マヤ)、アメリカ中部(アメリカインディアン)、

アラスカ(エスキモー)、イスラエル(ユダヤ)など。

もちろんブータンもね(そのころはブータンという国?名前?じゃなかったけどね)

だから、彼らは顔も似てるし、雰囲気も似てるでしょ。

あなた達の歴史?では、ユダヤの人たちが日本にやって来たと言われてるみたいだけど、

本当は反対なの。

日本から世界各地に移住していったのが真実なのよ。


こうして、じょうもんの子たちは各地に散らばり、そこで軽いムーの波動を放射して

テラの波動のバランスをとろうとしたわけ。


でもね、結局やっぱりまた、軽い波動を嫌う人たちによってどんどん生活圏を

奪われてしまって、ピラミッド社会に組み込まれてしまったの。

メキシコのマヤの人たちも、アメリカインディアンも、エスキモーの人たちも、

(もともとの)ユダヤの人たちも、そしてチベットの人たちもどうなったか知ってるでしょ。


もうほとんどじょうもんの子たちの子孫は残ってないわ。


でもね、チベットとちょっと離れたところ・・高い山々に囲まれ、厳しい自然の中で

ブータン(と呼ばれてる地方)の人たちだけが、まだ少しはじょうもんの子たちの波動を

受け継いで行くことが出来たの。

高い山に囲まれ、ひっそりと暮らすことでピラミッド社会の手から逃れることが出来た。


だから、まだ少しはじょうもんの波動を感じることが出来るの。

だから、じょうもんの波動を感じたいっていうから、ブータンに行ってみれば・・

って言ったのよ(笑)


そしてね、いまのブータンに行けば、いろんなことが見えてくると思ったの。

歴史的なこと、宗教的なこと、そして、近代化というのはどういうことか?

それを実際に見て来て、みんなに伝えて欲しかった。


いまの日本が歩んで来た道をそのまま進むのか? それとも違う道を歩むことが出来るのか?

いま、ブータンは岐路に立ってるってこと。

そして、それを知ることで、これからの日本が向かう方向もわかって来ると思うの。

私たち宇宙ファミリーは、あなた達をこころから愛してるわ、もちろんテラもね」


ありがとう さくやさん! 



これからも私たちは、ブータンで感じたことを、お伝えしたいと思っています。

そして、ブータンで感じたことが、私たちがいまやろうとしている

「じょうもんの麓(村)を作るぞ!大作戦(Muu Free Club)」にとっても

大きなヒントになると思っています。


いまのブータンの現状と、かろうじてまだ残っていたじょうもんの波動については、

また別の記事で書いていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします^0^


butan05.jpg

butan06.jpg


(ここまで)


最近、日本人のルーツを探ろうと国立遺伝学研究所のグループがこれまでミトンドリアDNAの

解析しか行ってこなかったものを初めて細胞核のDNA解析に成功しました。

それによると

(ここから)
国立遺伝学研究所集団遺伝研究部門および総合研究大学院大学遺伝学専攻の斎藤成也教授らのグループは、福島県北部にある三貫地貝塚から出土した縄文時代人(縄文人)の歯髄からDNAを抽出して、核ゲノムの一部を解読することに成功しました。
これまで縄文人のDNAについては、ミトコンドリアDNAの情報しか得られていませんでした。今回、ミトコンドリアDNAの数千倍にあたる核ゲノムのDNA配列1億1,500万塩基対を決定しました。このゲノム情報を、現代日本列島人と比較解析したところ、縄文人はアイヌ人にもっとも近く、ついでオキナワ人、そしてヤマト人(アイヌ人とオキナワ人を除く日本列島人)に近縁であることが明らかになりました。さらに、縄文人は、現代人の祖先がアフリカから東ユーラシア(東アジアと東南アジア)に移り住んだ頃、もっとも早く分岐した古い系統であること、そして、現代の本土日本人に伝えられた縄文人ゲノムの割合は15%程度であることが明らかになりました。
今回、縄文人の核ゲノムの一部が解読されたことによって、縄文人が現代の東アジア人と比べて遺伝的に特異な集団であったことが明らかとなりました。今後、縄文人ゲノムデータを充実させ、それらを比較解析することによって、縄文人のたどった進化史が明らかになり、日本列島人の起源と成立を知ることにつながると期待されます。

http://www.soken.ac.jp/news/30232/(一部転載)

(ここまで)

ミトコンドリアDNAではDNAの数が少なく、それだけで人類のルーツを分析することに限界が

あるので、ミトコンドリアDNAの数千倍の数を持つ核ゲノムDNAの遺伝子配列の解析に成功

したということです。これに用いられたのが縄文人の歯です。

その結果、縄文人に最も近い遺伝子を持っていたのがアイヌ人、次にオキナワ人、ヤマト人

(アイヌ人とオキナワ人を除く日本列島人)だったことがわかりました。しかし、問題は縄文人が

アフリカやユーラシア大陸に居た人種より早い時期に分かれた人種であることが判明し、結果

として、縄文人は独特の遺伝子を持つ人種であることも判明したようです。

このことはさくやさんが述べているように、日本人のルーツである縄文人は突如としてこの日本に

現れた(ここが重要なところです)人種だということになります。つまりさくやさんの述べていることを

(少し飛躍しますが)これらの研究が裏付けていることになります。

したがって、縄文人が世界各地に散らばって、今残っているのがブータンであるということですね。

こんな研究が明らかになったら、それこそ世界中のの人が驚くだけでなく隠しておきたい事実

でしょう。なぜなら、今まで文明発祥の地がユーラシア大陸だという説が崩れますから。

そのほかにも「文明発祥の地は日本だった」という記事を書いている方もおられますのでとても

参考になると思います。さくやさんの語っていることの裏付けとなります。中でもモーゼが物部氏

だという説には驚きましたがありそうな気がします。

私たち日本人は縄文人としてのルーツを受け継いでいるのですから、もっと自信を持つべきでしょう。





nice!(2)  コメント(0) 

破・常識 あつしの歴史ドラマ「アシュタール:波動と言うものの真実・・・・・・」 [アセンション]

破・常識 あつしの歴史ドラマ「アシュタール:波動と言うものの真実・・・・・・」



(ここから)


今日の破・常識!




あなたが深刻になれば 波動が重くなるので 

            テラ(地球)の波動も重くなってしまう・・・らしい(笑)



では、アシュタールからのメッセージをお伝えいたします。






「こんにちは こうしてお話出来ることに感謝します。

とにかくあなたは、あなたが楽しいと思えることをしてください。

私は、本当に毎日同じことしか言いませんね(笑)


でも、そうなんです(笑)

あなたが楽しければ、すべてはうまくいくのです。

あなたはよく私一人ぐらいが何かをしても 

世界は何も変わらないでしょ・・って言いますが 

それは大きな認識不足です。

あなたが放射するエネルギー(波動)は 

世界(宇宙)の隅々まで影響を与えるということをわかってください。


私一人ぐらいが・・ではないんです。

私一人が宇宙を変えてしまうくらいのパワーを持っているんです。

あなたは、それくらい大きな存在だということです。


あなたがあなたの好きなことをして楽しんでいれば 

楽しい波動があなたから放射されますので 

それに共振する人達も楽しい波動を放射するようになるんです。

笑っている人のまわりは、楽しいエネルギーで満たされますね。

怒りのエネルギーを出している人のまわりには 

楽しいエネルギーはありませんね。


エネルギー(波動)は伝染するんです。

あなたから楽しいエネルギー(波動)を受けた人は 

そのエネルギーに共振して、その人からも楽しいエネルギーが放射され 

その人に共振した人もまた他の人に

その楽しいエネルギーを放射していく・・というスパイラルが起こります。

そのエネルギーを止めることなくどんどん広がっていくと 

あっという間にあなたの惑星を

楽しいエネルギーで包み込むことが出来るのです。


楽しいエネルギーを受けると深刻に考えていたことが

何だか小さなことのように思えて来ることがあるでしょう。

それほど楽しいエネルギーは とても大きなパワーを持っています。


ひとりの楽しいエネルギーがそれほどのパワーを持っているのですから 

楽しいエネルギーを放射する人が増えたらどうなるかわかりますね(笑)


真面目に考えるのと深刻になるのとでは

エネルギーがまったく違います。

真面目に楽しむことは出来ても深刻に楽しむことは出来ません。

深刻なエネルギーは 重く粗いエネルギーになりますので 

深刻にならないでください。

深刻なエネルギーは楽しいエネルギーを打ち消してしまいます。

楽しいエネルギーがアクセルだとしたら 

深刻なエネルギーはブレーキなのです。


そんな楽しいことばかりしていいのですか?

そんなことしてたら世界の問題が何も解決できませんよ・・

と思う方がいらっしゃるかもしれませんが、

わたしから言わせていただければ 

そんな深刻な顔をしていても、深刻になにかを考えていても 

世界の問題は何も解決しませんよ・・とお伝えしたいです。


楽しいエネルギーは、軽い波動です。

軽い波動を放出する人が増えればテラ(地球)の波動も軽くなります。

波動が軽くなればあなたの見るテラの現実も軽くなります。

深刻に考えることが問題解決にはならないのです。

反対に深刻になれば波動が重くなりますので 

テラの波動も重くなってしまうのです。

そうなれば、あなたの見るテラの現実も重いものになります。


世の中(世界)を波動が軽く楽しいところに変えたいと思うのであれば 

あなたが楽しくて軽い波動でいてください。

あなたひとりの波動が変わるだけで宇宙に大きく影響するのです。


だから私ひとりが・・・なんて思わないでください。

世の中を楽しくしたければ、あなたが楽しくいてください。

世の中のために・・と思って深刻にならないでください。

とにかく楽しんでください。

世の中がこんなにひどいことになっているのに 

私一人楽しむなんて不謹慎だわ・・なんて 

くれぐれも思わないでくださいね。

こんなにひどい世の中になっているからこそ 

あなたが楽しんでほしいのです。


これが波動です。

あなた達が教えられてこなかった波動というものの真実なのです。

波動(エネルギー)のことが分かれば 

あなたの世界はグルんとひっくり返ります。


あなたに 愛をこめてお伝えいたしますfont>



ありがとう アシュタール!

(ここまで)


波動と言うものは同じもの同士共振し合うという特性を持っています。



これはてんでバラバラに揺らしたメトロノームが数分後には同じ揺れ方に同期し始め最後には

全く同じ揺れになります。

波動とはある意味「振動するもの」という定義もできます。


私たちの心もある波動(振動)を持っています。その波動は人それぞれに異なり、感情の起伏に

伴い変動します。アシュタールが述べているのはメトロノームの同期と同じようにある強い力を

持つ波動に引っ張られ同期しやすいということを言ってます。

その強い力は波動が重いほど大きく働くので、落ち込んでいる人のそばにいるとそういう心理

状況になりやすく、また楽しんでいる感情を持つ人のそばではそうした軽い波動に同期します。

ただ、そこに重い波動を持つ人と軽い波動を持つ人が一緒に居れば、重い波動の方が引っ張る

力が強いので、全体として重い空気になります。

そこには良い悪いという判断はなく、あるのは、ただどちらを今自分が好むかの問題だけです。

重い波動を好み、いつも寂しさや悲しさを味わい悲嘆に暮れている人は同時に同情される

ことを好みますが、それは同じ仲間を寄せ集めているとも言えます。ただ、その人はそうした

感情が好きなだけですが、その場に居合わせたら楽しい方を好む人には重苦しく耐えられない

ものになり、そこに長時間いることは出来ないでしょう。でも、仮に寂しさや悲しさに暮れている

人の悩みの相談に乗り、そうだねと一緒に悲しんでしまうとメトロノームが同期したのと同じ

ようにその人も悲しみから抜けられなくなり、何とかしてあげたいという気持ちが芽生えて

それが足を引っ張り離れられなくなるでしょう。

もし、そのような人が周りに多くなったらどうなるでしょうか?地球全体が暗くなりますね。

それより、楽しい人がたくさんいる方が気分も明るく、落ち込んでいてもすぐ立ち直れますし

なにより全体が明るくなるでしょう。そうすれば悲観的な未来は生じないことでしょう。

北朝鮮のロケットもそうですね。落ちるかもしれないというエネルギーが日本全体を包み込んで

しまったら、そのイメージが未来を創るので北朝鮮が本当にロケットを打ち込んでくるかもしれ

ません。それより気にせず毎日を楽しく生きているならロケットなんか落とされることはありません。

すべては心の在り方によって決まります。思考が先、現実が後と言うことですね。そして思考は

エネルギー場を動かすので現実もそうなります。





nice!(1)  コメント(0) 

世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:もうあなたは5次元領域にいるのですよ・・・・」 [アセンション]

世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:もうあなたは5次元領域にいるのですよ・・・・」



(ここから)

今日のアシュタールからのメッセージをお伝えします。

「こんにちは こうしてお話し出来ることに感謝します。

私は 次元の話を良くしますが・・これは 言葉では きっと理解しにくい

事だと思います。


3次元領域、5次元領域・・など 数字を使ってお話ししますが これは

言葉でお話しする便宜上の概念になります。

本当は そんな数字で表されるようなものではないのです。

そして ここまでが3次元で ここからが5次元・・というはっきりとした

境界もありません。

ですから もうあなたは5次元領域にいるのですよ・・と言われても いつから?

どこから?・・という疑問が出るわけです(笑)


そして 場所ではないのです。

次元という場所があるわけではないのです。

次元は あなたの意識の広がりだということです。


海の中の泡をイメージしていただけるとわかりやすいと思います。

海の深くから 水面の方へ向かって上がって来る泡をイメージしてみてください。

海の深いところでは 水圧が高くなるので 泡は小さいですが、水面に近づくに

つれて 泡は大きくなっていきますね。

そこには ここからが~で ここからが~ という段階はありませんね。


少し無理やりな説明になりますが(笑)・・・

水圧で押されている小さな泡が あなたの意識だと思ってください。 

水圧で小さく押しつぶされている泡(あなたの意識)は 水面に向かって上がって行く

内に 少しづつ水圧が減って来ることで 大きく広がることが出来るようになります。

水面に近づけば近づくほど 水圧は減り 泡は大きくなっていきます。


これが 次元だと考えてください。

身体の中にいる意識は 今までは 波動が重かったために 身体にしっかりと入って

いることが出来ました。

でも あなたの波動が軽くなるにつれ 泡のように意識が広がって(大きくなって)

来ますので 小さな体に入りきらなくなってきているのです。

身体から 意識エネルギーがはみ出してきている状態になっています。


ですから なんだか現実感がなくなったり、ボーっとすることが増えたり、

今までは 難なくこなすことが出来た事務的なことなどが出来なくなったり、

身体が思うように動かず 転んだリ つまづいたり、怪我が増えたり するのです。

今までは 一度にいくつものことをこなすことが出来たのに 出来なくなった・・

物事をすぐに忘れてしまう・・記憶が あやふやで 時系列がおかしい気がする・・

という症状が出てくるのは そのためです。


身体の中にしっかりと留まることが出来ていた頃は マインドが強く働いていました

ので、計画をきっちり立てたり 合理的に動くことが出来たりしたのです。

ある意味 左脳を中心に働かせていました。


でも 意識エネルギーが身体からはみ出しはじめると 左脳ではなく 右脳が中心に

働くようになってきますので 左脳的な作業が難しくなってくるだけのことです。


ただ やり方が変わって来ただけですので 心配しないで下さい。

使うところが変わっただけですので 何かの病気になったんじゃないかと心配

する必要はありません(笑)


身体の外にはみ出した(変な表現になりますが(笑))意識エネルギーは マインドで

持っていた知識では理解できない情報を受け取ることが出来ます。

それが 3次元領域を超えたところからくる情報です。

それが 5次元的領域の情報なのですから そのままでいいのです。

ボーっとしてはいけない・・しっかりと今までのように 見えている現実にフォーカス

しなければいけない・・と せっかく大きく広がっている意識エネルギーを

小さくしないでくださいね。

そんなことをしたら 水面へ向かっている泡を また深いところへ戻してしまうことに

なってしまいます。(深いところが好きであれば 別です・・それはそれでいいのですが)


今までは 水圧に加えて 泡にはおもりのようなもっと違う力が意図的に加えられて

いましたので、なかなか浮上できず、大きく広がることも出来ませんでしたが、

そのおもりは外れ あなたの好きなように水面に向かって上がっていくことが出来るのです。


ボーっとして なんだか広がっているような気がするときは 思いっきり広がることを

自分に許してください。(ただし 安全なところで広がってくださいね)

そうすることによって あなたの意識エネルギーは 大きく広がって 軽くなっていきます。

そして 右脳(感覚)を大切にするようにしてください。

感覚がたくさんの情報をもたらしてくれます。

これからは 感覚がカギになります。


あなたに愛を込めてお伝えいたします。」


ありがとう アシュタール! 感謝します。

(ここまで)


今日のメッセージはあつしさんのブログで述べていたことと同じでしたね。

5次元になったからと言って、いきなりお金が全く必要のない社会が忽然と現れるわけでは

ないということです。

それは私たちがこれから創るもので、誰かが創ってくれるものでもないものです。


5次元は場所ではなく、思考です。

物の考え方にあります。

考え方が変われば環境も少しづつ変化していくものと思います。






nice!(2)  コメント(0) 

破・常識 あつしの歴史ドラマ「アシュタール:なぜゴールを目指すのか??」 [アセンション]

破・常識 あつしの歴史ドラマ「アシュタール:なぜゴールを目指すのか??」



(ここから)

今日の破・常識!




このメッセージを受け取っているあなたは 

              すでに5次元的領域にいる・・・らしい(笑)




では、アシュタールからのメッセージをお伝えいたします。






「こんにちは こうしてお話し出来ることに感謝します。

5次元的領域を何か特別のものとして考えないでください。

5次元的領域は、あなたの生活の中にあります。

あなたの日々の日常の中に5次元的領域はあるのです。


5次元的領域を今までの日々と全く違うところにあると思うってしまうと

迷子になってしまいます。

5次元的領域は、どこかにあるのではなく、あなたの中にあるのですから

あなたのまわりが今までと変わらないように見えても 

少しづつ変化しているので、それが分からないだけなのです。


5次元的領域を特別なもの、特別なところと考えてしまうと、

自分はまだそこにはいない・・そこに行きたい・・と思ってしまい

その思考が自らまだそこにはいないと

思わせられるような現実を創ってしまいます。


このメッセージを受け取っているあなたは 

すでに5次元的領域にいるのです。

5次元的領域にも3次元よりの5次元と 

6次元よりの5次元があります。

これは場所や空間ではないことはご存じだと思います。

次元は、あなたの中、あなたの現実にあります。


そしてあなたは今、3次元よりの5次元を体験しているのです。

次元というのは、ここからここまでが3次元で 

ここから5次元というはっきりとした境目はありません。

エネルギーが ふわ~~っと拡大していくようなものだと思ってください。

雨みたいなものです。

大きな雨粒がだんだん霧雨に変わって行くときに

ここからが霧雨です・・という境目が無いのと同じようなものです。


ですので移行していっても本人にはそんなに自覚は無いのです。

生活やまわりの環境もそんなに目に見えて変わることもないでしょう。

しかし、ちょっと振り返ってみれば(長い目で見てみれば)

変化しているのが分かると思います。

親しかった友人と疎遠になって、付き合う人たちが変わって来たり、

楽しかったものに興味が無くなり 

違うことを楽しいと思えるようになって来たり、

読むもの見るものが変わって来たり・・

注意してみればいたるところに変化は見られると思います。


緩やかに 少しづつ気が付かないうちに移行しているのです。

そして、ここがゴールというものもありません。

ゴールはないのです・・ずっと拡大し続けるのです。

ドンドン軽くなっていきます(あなたがそれを意図すればの話ですが・・)


ですので、ゴールを目指さないでください。

ここまで来ればもう大丈夫、終点に着いたから 

ここからガラッと変わる・・ということはないということです。

なんだか がっかりしましたか?(笑)

じゃぁ、ずっとこの生活が続くの?・・って 

がっかりだ~~っていうエネルギーが飛んできましたが(笑)

それは、今のあなたが自分を生きていないからです。

自分を好きなように自由に解放することが出来れば、

そして今この時を生きることが出来れば 

その生活が続くことが喜びになります。


この生活が続くの~~って、がっかりとされた方は 

今のご自分の生活を見直してみてください。

なぜゴールを目指したくなるのか?

それは、ゴールすれば 

今の生活を止めることが出来ると考えたからですよね。

ということは、今の生活が楽しくない・・

もうやめたい・・と思っているということですね。

ならば簡単です。

今のあなたの生活を楽しいものにすればいいのです。

イヤなことを止め、楽しいこと、ワクワクすることをしていれば、

この生活を止めたいとは思わなくなります。

もっと波動を軽くしエネルギーを拡大し続けたいと思えるようになります。

ゴールなんていらなくなります。


もう一度言いますが・・5次元領域は、あなたの生活の中にあります。

あなたの生活が楽しくなればなるほど波動は軽くなり

6次元領域に近づくほうへ拡大していきます。


何が言いたいかわかっていただけますね。

今のあなたの生活を大切にしてくださいとお伝えしたいのです。

5次元領域は別のところにあると思い 

そこを目指して今の生活を我慢したり、大切にしなかったり 

ぞんざいに扱う事はナンセンスだということです。

今のあなたの生活(この時)を 

楽しく、喜びに満ちたものにすることが 

5次元領域に共振しエネルギーを拡大していくということなのです。


ですから、イヤなことはやめ、生活そのものを楽しみ 

自由にあなたを表現していれば

5次元領域にいることを自覚出来ます。


他の人の現実を見る必要はありません。

他の人の生活が、あなたから見て苦しそうにみえても 

それはその人の選択でしている事ですから 

そこに共振(同情)しないでください。

同情は、必要ありません。

一緒にその苦しみを背負うことが優しさではないのです。

(この話になるとまた長くなりますので

機会があるときにお話しします(笑))


あなたは、あなたの生活(現実)が 

楽しくて 軽いものになるように意図し 

そこにフォーカスするだけでいいのです。

あなたの生活(現実)の中にこそ 

あなたの5次元的領域があるということを思い出してください。

5次元領域は、あなたの外側の世界にあるのではなく 

あなたの中にあるのです。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」



ありがとう、アシュタール!


(ここまで)


5次元領域はあなたの中にあると言われて

?????だったのではないでしょうか?


今までアセンションを考えるうえで5次元は4次元のひとつ上の次元だから時空体として

見た場合、空間が別の場所にあると私たちの思考では考えがちです。

それは3次元に住んでいるからにほかなりません。

3次元は縦、横、上の棒で示される立方体のイメージがあるので、そこに棒をひとつ

くっつけたもの。だから、別の場所にあるか宇宙のどこかにあるらしいと思ってしまいます。

簡単な話、ドラえもんのどこでもドアから自由に出入りできるような場所、あるいは宇宙船に

乗って空を飛び、空間のある一部分に穴をあけてそこから入ったところが5次元と思う人も

多いだろうと思います。


今日のアシュタールのメッセージを聞いていて、はたと閃くものがありまして・・・。

それは「あなたの中にある」という言葉に隠されていました。


別に隠しているわけではないのですが、私たちが自ら持っているものです。

そこに気づけば答えがそこにあるのではないかと思いました。

さて、私の閃きが当たっているかどうかですね。




nice!(1)  コメント(0) 

世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:任せるよ・・と言っておきながら・・・」 [アセンション]

世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:任せるよ・・と言っておきながら・・・」


(ここから)

今日のアシュタールからのメッセージをお伝えしますね^^

「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

人に何か任せるなら、任せきってください。

OKを出したなら、何も干渉せずそのままOKしていてください。

・・・


アシュタールは何が言いたいのでしょうか?

あなた達は、OKです、好きにしてください、良いですよ・・といいながら、

干渉してしまうくせがあります。


たとえば、子どもに好きなだけゲームをしてもいいですよ・・と言ったとしても、

どうでしょうか?

子どもがそれを受けて本当に好きなだけゲームをしていたらどうでしょうか?

言葉に出さなくても、イライラしたり、ゲームをやめなさいとは言わないけど、

ご飯どうするの? お風呂は入らないの? 宿題は? 早く寝ないと明日起きられないわよ・・

と、言いませんか?(笑)


それは、好きなだけしてもいいですよ・・といってるのとは違います。

やめなさい・・と言葉に出していないだけで、エネルギーでは思いっきり制限をかけて

いるのと同じなのです。


子どもはそれを感じます。

親がイライラしていることも、止めさせたくて仕方がないことも、すべてエネルギーで

分かっているのです。

だから、いくらやっても欲求不満状態になって、いつまでも満足することが出来ないのです。

そして、親がコントロールのエネルギーを出せば出すほど、子どもは反抗?対立?するのです。

だから、よけいにゲームを続けるということになります。


好きにしていい・・といったら、とにかく干渉しないことです。

好きにしていいよ・・といいながら、心配したり、イライラしたり、不安に思ったりするのは、

それは試しているのと同じです。


好きにしていいよ・・といいながら、どこまで自分の意図を汲んでくれるか?・・

試しているのと同じことなのです。

好きにしていいよ・・と言ったけど、自分を律して、ご飯もお風呂も宿題も、何も言わなくても

自分で出来るよね・・と考えるのは子どもを試しているのと同じことです。

テストをしているのです・・それは、好きにしていいよということとまったく反対のことです。


好きなだけやってもいいよ・・と言うなら、一切干渉しないでください。

ご飯を食べなかろうが、お風呂に入らなかろうが、宿題をしなかろうが、徹夜しようが、

放っておいてあげてください。

それが、好きなだけやっていいよ・・ということです。

やっていいよ・・というなら、気持ちよくやらせてあげてください。

そうすれば、満足します。

満足すれば、自分で自分を制御することが出来るようになるのです。

自分で決めることが出来るようになります。


子どもだけではありません。

大人もそうです。

任せるよ・・といったら、任せきってください。

それが信頼です。


任せるよ・・といっておきながら、干渉するのは任せたことにはならないのです。

それは、言葉だけの”任せるよ”であって、エネルギーでは任せたことになりませんので、

任された人も安心して自分の思うように出来なくなり、実力を発揮することが出来ません。


すべて任せることが出来ないなら、任せない方がいいのです。

信頼できないなら、任せることをやめた方がいいのです。

分かりますか?


それが、信頼なのです。

あなたが許可する範囲?容認できる範囲?の中だけでOKする、任せるのは、

それはOKでもありませんし、任せることでもないのです。

それは、自分のコントロール下においておくのと同じことなのです。

それでは、いい関係は築けません。

OKしておきながら、任せると言っておきながら、心配したり、不安に思ったりするのは、

その人に対して信頼を持っていない、信じていないということになりますので、

とても失礼な事なのです。



そしてOKされた方も、それを感じますのであなたに絶対の信頼を置くことが出来ません。

だから、いい関係が築けないのです。




人に対してだけではなく、それはあなた自身にもやっていることではありませんか?(笑)

今日はダイエットのことや身体のことを考えずに何を食べてもいい・・って、

自分にOkを出しながら、どこかでストップをかけたり罪悪感や後悔を感じていませんか?


こころのそこから気持ちよく、何も考えずに食べる・・それがOKを出すということです。

ダラダラすることも同じです。

今日はダラダラしようと思い、ダラダラしていても、こんなことしてていいのかな? 時間を

無駄にしてるんじゃないかな? あれもしといた方がいいんじゃないかな?・・など考えたり

していることありませんか?


決めたら、さっぱりと決めてください(笑)

ゴチャゴチャ言うのは、干渉するのは、不安に思うのは、心配するのは・・

OKしていないのと同じことです。


食べる・・と決めたら、気持ちよく食べてください(笑)

食べることを楽しみ、そのことだけにフォーカスしてください。


任せると言ったら、任せきってください。

いいよ、OKといったら、すべてにおいて(それがあなたにとって不愉快?イライラする?

疑問を持つ?容認できない?)ことであっても、任せ切ってください。

任せる、OKするならば、信頼しきってください。


信頼しきることが出来ないなら、最初から任せることはしない方がいいです。

好きにしていいよ・・とは言わない方がいいのです。


人を試すことをしてしまうと、関係を悪くしてしまいます。


いいよ、OK、任せるよ・・ということは、あなたの手から離れることだということを

お伝えしたいと思います。


あなたに愛を込めてお伝えいたします。」

ありがとう アシュタール! 感謝します。

(ここまで)


nice!(0)  コメント(0) 

破・常識 あつしの歴史ドラマ「アシュタール:所有の象徴・・・・・・」 [アセンション]

破・常識 あつしの歴史ドラマ「アシュタール:所有の象徴・・・・・・」


(ここから)

今日の破・常識!




お金は、所有の象徴・・・らしい(笑)



では、アシュタールからのメッセージをお伝えいたします。






「こんにちは こうしてお話し出来ることに感謝します。

今のあなた達にとってお金が一番の問題だと思います。

お金というものがなければ、あなた達の今抱えている問題は 

ほとんど解決するのではないでしょうか?

そう思いませんか?


あなた達にとってお金は手かせ足かせになっています。

お金に縛られ自由に動き回ることも出来ない状態です。

何をするにもお金が基本で、お金を判断の基準にしてしまっています。

お金を持っている人が偉い人で 

偉い人は、お金を持っていない人をコントロールしてもかまわない・・

それは仕方がないことだと思われています。

本当にそうでしょうか?

表向きにはそんなことは誰も言いませんが 

現実問題としてそうなっていますね。


今のあなたにとってお金がある生活は当たり前で 

ない生活は考えられないことでしょうが

実はお金というものを使いだしたのは、ほんの少し前からなのです。

テラの長い歴史の中でみるとお金というものが

あなた達の生活に使われだしたのは、つい最近のことなのです。

それまでの何万年という長い歴史の中では、お金はありませんでした。

でも何も困らずにみんな生きていました。

ならばあなた達もお金がなくても

何も困らずに生きていけるのではないですか?

反対に手かせ足かせになってしまっているお金から解放されれば 

自由になれるのではないでしょうか?


お金のなかった時代は、原始的な生活だからそんな生活はしたくない・・

と思いますか?

では、今の文明が発達したと思われ 

なんでもすぐに手に入る便利な世界と思われている

あなたの社会が、どうしてこんなに苦しいのでしょうか?

あなた達は常に苦しい、こんな世界はイヤだ、

楽しくない、自由になりたい・・と言っています。

見かけは便利に見えますが本当に便利で幸せを感じる世界ですか?

余裕があって、みんなが笑顔で暮らしていける世界でしょうか?


お金に縛られず好きなところで暮らし好きなことをし 

好きな人たちと楽しく生きていた人たちのように 

暮らしたいと思いませんか?


それには所有という概念を手放せばいいのです。

すべてはテラが用意してくれたものだから 

誰かが何かを所有するという考え自体が 

あなた達を窮屈にしているのです。

お金は、所有の象徴です。


そして今またもっとお金による

手かせ足かせを重くされようとしています。

あなた達のお金を減らし 

もっと苦しくなるように持っていかれようとしています。

お金で縛り付け、あなた達の自由を

もっと奪おうとする計画がたくさんあります。

そこにいれば、あなたはもっと重くもっと自由ではなくなっていきます。


手かせ足かせをはずしませんか?

手かせ足かせは、自分で外すことが出来るのです。

それにはどうしたらいいのでしょうか?


さっき言いました今計画されていることは 

ほとんどがエネルギー場でのことです。

それならば、エネルギー場でその計画から離れればいいのです。

エネルギー場で起きていることは 

エネルギー場で相殺することが出来ます。

ゼロにすることが出来るのです。

これは、戦ってください・・と言っているのではないことはわかりますね。

戦うという意識は同じ土俵に乗ることですので 

その計画と共振してしまい そこに巻き込まれてしまいます。


衝突ではなく融和で 重いエネルギーを相殺していけば 

計画を現実に写しだすことが出来なくなるのです。


では、どうすればいいのでしょうか?

エネルギー場で、お金に対する執着や 

なくなっては困るという不安を出させるための

計画が進められています。


ですので、それを安心、喜びの波動で包み込むのです。

安心、喜びの波動を共振させれば相殺されます。

反対の波動エネルギーを当てれば波は消えます。


お金がなくなった世界をどんどん想像して 

それが本当に現実になったとありありとイメージしてください。

お金が無くなったら どうですか?

家のローンも車のローンも 教育費も食費も何もいらなくなるのです。

それだけで自由な気持ちになりませんか?

それらのお金のために あなたはずっと縛られてきました。

好きなこともできずに一日のほとんどの時間を仕事に充てて 

自由な時間はほとんどありませんでした。

でもお金が無くなれば 

あなたは一日中好きなことをしてられるのです。

そうなったら何がしたいですか?

自由に想像してください。

出来れば3次元的な発想ではなく、まったく違う世界を創るつもりで 

イメージをふくらましてください。

シュミレーションゲームで遊ぶように 

あなたの好きな世界を創りだしてください。

あなたのイメージの中では、なんでもできます。

楽しいと思えるイメージをどんどんしてください。


そうすればあなたから楽しい波動、軽い波動が放出されます。

その波動が、今 エネルギー場で蔓延し始めている

重い波動を相殺することが出来るのです。


今 あなた達のエネルギー場を粗く 

重いものにしようとする計画がたくさんあります。

その計画を現実のところに写し出さないように 

エネルギー場で相殺してください。

あなたの楽しい波動をたくさん放出して 

重い波動を包み込み 融和し 相殺してください。


目には見えないけれどエネルギー場は確実に存在します。

そして、エネルギー場が先で 現実が後なのです。

ですから、エネルギー場で包み込んで融合してしまえば 

計画は現実には映し出されません。


理解していただけましたでしょうか?

これは団体で一斉にする必要はありません。

ひとり一人が好きな時に、好きなように 

自分のエネルギー場で遊べばいいだけのことです。

あなたの楽しいイメージ、想像が 

あなたの現実を創造することを思いだしてください。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」



ありがとう、アシュタール!

(ここまで)


アメリカで起きているハリケーンや日本の異常に湾曲して到来した台風18号なども私たちの

生活を破壊することになります。ひとたび建物が水浸しになるとまた最初から新たに建て直さ

なくてはならなくなります。それには多くのお金が必要になります。そしてそれが私たちの生活を

不自由にさせ、動きが取れないようにしてしまいます。楽しい旅行や娯楽をすべてあきらめ

自由な生活が手に入るまであきらめなくてはならない窮乏生活になります。

それがこれらの異常気象のひとつの目的と言えなくはありません。

大局的に見れば経済の破壊です。それが彼らのお金の再吸収手段なのです。

そして、日本で起きていることに着目すると、大企業は肥え太り、中小企業は虐げられ

多くの国民が従事する中小企業の給与が上がらないので収入は増えず我慢の生活を

強いられています。それなのに、公共物価は年々上昇し、あまつさえ税金の種類(貧困な

こどもを救うための新年金や出国税、死亡税など)をさらに増やし国民生活をさらに落とし

込もうと画策しているのがわかります。はっきり言って彼らの頭の中には国民の生活を

豊かにしようという思考はありません。ただ、国民の反発があれば止め、また日が経った

ところで形を変えて新たな税金を持ち出すだけです。今の日本はそうした流れですね。

昭和50年代の経済成長著しかったころに日本を支えていた官僚は今はおらず、いたとしても

すべて押さえつけられるか辞めさせられています。

かっての日本と今は全く違う考え方が支配しています。

だからといって抵抗しても彼らには何の効力もありません、徒労に終わるだけです。

何と言っても彼らの勢力の方が莫大ですから・・。マスコミさえ沈黙させてしまうほどの

力を持っています。

こうして勢力に抵抗しても始まらないので、エネルギー場で楽しく遊ぶことが良いですね。




nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - アセンション ブログトップ