So-net無料ブログ作成
検索選択
アセンション ブログトップ
前の10件 | -

破・常識 あつしの歴史ドラマ「アシュタール:あなたは多次元的存在・・・・・」 [アセンション]

破・常識 あつしの歴史ドラマ「アシュタール:あなたは多次元的存在・・・・・」



(ここから)


今日の破・常識!




今回は、物質の身体も波動を軽くして5次元領域に移行する・・・

           という珍しい体験をしようとしている・・・らしい(笑)




では、アシュタールからのメッセージをお伝えいたします。






「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

あなたは 多次元的存在なのです。

今 あなた(のマインド?)が 3次元的領域にフォーカスしているので

3次元的領域の現実を見ているだけなのです。


例えて言うならば(まぁ、多少の無理はありますが(笑)・・)

ロシアのマトリョーシカのようなものだと思ってください。

人形の中に 小さい同じ人形が入ってて 

それを開けると また同じ顔の小さい人形が入っている・・というものです。

あなたも同じです・・ただ 人形のように

しっかりと境界線があるのではなく、

なんとなくブワーッとグラデーションのように

広がっていく感じでしょうか。


ですから 3次元的領域のあなたの周りには 

5次元的領域のエネルギーがあり

その上には、6次元的領域のエネルギーが巻いている・・と言えば

なんとなくでもイメージ出来るでしょうか?

今のあなたは すでに5次元的領域のエネルギー場に

意識は広がっているのですが、

(すでに5次元的領域にいる)あなたが

まだ3次元的領域にフォーカスしてるために

3次元的領域の現実を体験しているだけだということです。


しかし意識はすでに広がっていますので

3次元的領域にフォーカスしながらも

そこに意識が小さく固まっていませんので

(意識のエネルギーが収縮する事で 物質を現実化することが出来る

ということです。意識が広がると 固体、物質が緩くなっていくのです)

広がっている意識で3次元領域を見ていると 

何かしら違和感を感じることが多くなってきているのです。


時々クラッとしたり、現実感がなくなったり、乖離感を感じたり 

身体の感覚がおかしくなったり・・いろいろな症状が出ることがあります。

それは、その時 5次元的領域の意識の方に

フォーカスが移行するからなのです。

5次元的領域は、広い意識ですから 

その意識で3次元的領域に合わせると違和感が起きてくるのです。

言うなればホログラムが揺れる?

ホログラムを見ているメガネが外れる?感じですか・・

今のあなたは このように3次元領域と5次元領域のはざまを

行き来してることが増えてきています。

こうして 少しずつ5次元領域の波動に合わせることが多くなって 

少しずつ確信と共に移行していくのです。


今までのテラでの移行は、身体(3次元的領域の物質)から出て 

エネルギー体として 5次元領域に波動を合わせ 

そこの領域に移行していましたが・・・

今回は、物質的な身体の中にエネルギーを入れながら 

5次元領域に波動を合わせる・・

物質の身体も波動を軽くして5次元領域に移行する・・・

という珍しい体験をしようとしているのです。


このように次元とは場所ではないと言うことです。

あなたそのものが多次元なのです。

あなたがどこに意識を持っていくかで 

あなたの次元が決まってくるのです。

だから5次元的領域のあなたにフォーカスを移したい・・

意識を広げたいと思うのであれば 

3次元的領域の考え方、物の見方を

5次元領域のそれに変えれば 良いだけのことなのです。

それには、私は5次元領域の波動と共振します・・

と決めればいいのです。


テラ(地球)は、すでに5次元領域に意識を広げています。

そして、あなたもテラと共に意識を広げているのです。

後はあなたがどこにフォーカスするか・・ということだけです。

これはマインドでは理解できないと思いますので 

感覚でイメージしてみてください・・

あなたの感覚(ハート)は知っています。


5次元領域の波動は 3次元領域の波動よりも

速く振動し軽いエネルギーです。

ですので、あなたの波動エネルギーも

軽いほうへ共振するようにしてください

それには楽しいことをしていればいいということです。


今日の話題は、マインドにはとても難解なものだと思います。

たくさんの疑問がわいてくると思います。

今すべてを理解する必要はありません。

こんな話もあるんですね・・くらいで聞いていただいて大丈夫です(笑)


あなたに愛をこめてお伝えいたします」



ありがとう、アシュタール!

(ここまで)


改めて考えてみると、今日のメッセージを読んでいて気付いたのですが、今私たちが体験

している現実はもしかしたらすでに5次元領域にあるのかもしれないということです。

2012年以降、周囲の環境や自分の身体的状況も大きな変化がないので、そのまま3次元

の状況を保持していると思いがちですが、どうもそうではないようです。

現実もすでに5次元に移行していて、身体も5次元領域になりつつあるということです。

ただ、そこには大きな変化はありませんので、これまでの3次元と思いがちですがそうでは

ありません。今私たちが生活している場が5次元領域にあり、テレビで見ている場面が

3次元領域をもっともよく表しています。だから、意外なことかもしれませんが、次第にテレビの

映りが悪くなり、そのうち画面に3次元の現実が何も映らなくなるかもしれません。

そのときには完全に5次元に移行したと言えるでしょう。ただ、それでも無理やり合わせれば

テレビは映るかもしれませんが、5次元に完全に移行した時には3次元のことすら忘れて

思い出すこともなくなるかもしれませんね。ただ今は移行期なので両方を見ることが出来て

いるのではないかと思いました。

それと、あつしさんが毎日作っていただいているアシュタールの動画メッセージの画面からが

精妙なエネルギーが発せられているようで、それが頭をクリアにさせるようです。これは個人的

感じですのですべてがそうとは言えませんが、何らかの軽いエネルギーが放射されているのは

間違いないだろうと思います。

だから、メッセージを読むだけでなくその画面を見ることにも意義があります。




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:守る、保護することが”愛”ではないのです」 [アセンション]

世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:守る、保護することが”愛”ではないのです」



(ここから)

今日のアシュタールからのメッセージをお伝えしますね^^

「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

”愛”というのは、尊敬と感謝の気持ちです。

そして、人を愛するというのは、その人の個性のエネルギーを尊重するということです。

その人の個性のエネルギーに干渉しないということです。


誰かを守る・・それが”愛”ではないということです。

この”愛”という概念を間違ってしまうと、争いや自己犠牲になってしまうのです。


守る、保護することが”愛”ではないのです。

手をかけることが”愛”ではないのです。


その人の個性のエネルギーを信じ切れること・・それが”愛”なのです。

子どもであっても、パートナーであっても、誰であっても、その人の自由を尊重すること

それが”愛する”ということなのです。


子どもを愛してるならば、親は我慢するものだ・・・それは愛ではなく、自己犠牲です。

自己犠牲からは喜びは得られません・・自己犠牲することで欲求不満になってしまうだけです。

子どものことを保護し、間違った道に行かないように守る・・それは、愛ではありません。

それは、コントロールです。

自分が(親が、まわりの人が)正しいと思うことを、子どもに押し付けているに

過ぎないのです。


子どもを愛するならば、子どもの意志を尊重してください。

でも、そんなことをしたら子どもは好き勝手して、手に負えなくなってしまいます。

そんなに好き勝手にさせたら、社会のルールが守れなくなって困った人になってしまいます。

だから、子どもにはちゃんと社会のルール(常識、倫理感、道徳感など)をしっかりと

教えなければならないのです。

それが子どもを愛することです・・とあなた達の社会では考えられていますが、

子どもに何も教える必要はないのです。


子どもに教えるのは、人を愛することだけで十分です。

人を愛することを知っている子どもは、人に対して困ったことはしません。

ルールを教えなくても、出来るのです。

マナーやルールというものは、人がイヤな思いをしないようにどうすればいいか・・と

いうマニュアルにすぎません。

ただのマニュアルなのに、そのマニュアルに価値があるように思ってしまっているだけです。

マナーやルールの本来の目的を思い出してください。

マナーやルールが主で、人が従ではありません。

人に不快な思いをさせないためにはどうすればいいでしょうか?

それは、相手を尊敬し、尊重し、感謝し、干渉しないことです。

それは、相手を”愛する”ことです。



大人たちが”愛”を知り、”愛”を実践していれば、子どもも”愛”を実践するのです。

子どもは大人の姿を見て、社会のことを覚えて行くのです。

大人が”愛”を実践していないのに、子どもに”愛”を説いてもそれは無理なのです。

ルールだから守りなさいとうるさく言っても聞く耳は持ちません。

分かりますね。



もう一度言いますが、”愛”は尊敬と感謝です。

人(人だけでなく、あらゆる存在すべてに)に対して、尊敬と感謝の気持ちを持つことが

出来れば、何も問題を起こすことはないのです。


子どもだけでなく、大人もそうです。

”愛”の意味を知ることが出来れば、争いなど起きないのです。

戦争など起きるはずがないのです。


お互いの考え方、価値観、習慣を尊重しあうことが出来れば、争いなど起きないのです。

私が何をお伝えしたいのかというと・・保護すること、守ることを”愛”だと思わないで

くださいということです。




”愛”に満たされた社会というのは、誰かを守り保護する社会ではありません。

”愛”に満たされた社会というのは、お互いの個性のエネルギーを尊重し、尊敬し、感謝し、

そして、干渉しないということです。

100人いれば100の考え方があるということを理解し、その人がどんなに自分と考え方

価値観が違っていても、それでいいと思える社会なのです。

(あまりに自分と違うならば、どちらが正しいかなどを言い合うのではなく、ただ住み分け

ればいいだけのことなのです。)

そして、お互いに、お互いの力?能力?を信頼し合える社会なのです。


親子愛、夫婦愛、民族愛、宗教的な神への愛・・そんな狭義の愛のために、争わないでください。

余談になりますが・・戦争はその狭義の愛を刺激して起こされるのです。

あなた達に小さくて狭い”愛”の概念を教え、その”愛”を守るために自分を犠牲にする

ことが素晴らしいことだと教え込み、自分達の利益のために起こした戦争に駆り立てるのです。

誰か大切な人を守るために、自分は犠牲になって戦争に行く・・そんな考え方はナンセンス

だとお伝えしたいのです。



戦争に限らず、普段の生活の中でもそうです。

小さくて狭い概念の”愛”を守るために、自己犠牲をすることが素晴らしい生き方だと教え、

そして、自ら自己犠牲をするようにミスリードするのです。

そうすれば、あなた達は我慢し、そして疲れ果て、そして重いエネルギーを放出してくれる

から支配者たちにとって都合がいいのです。



”愛”は尊敬と感謝です。

その”愛”を実践することが出来れば、人に干渉することがなくなりますので、自分も

誰からも干渉されることがなくなり、お互い自由になれるのです。

お互いの力を信頼しあえることで、コントロールなどする必要がなくなるのです。


あなたの社会、あなたの世界を”愛”で満たしてくださいね。


あなたに愛をこめてお伝えいたします。」


ありがとう アシュタール! 感謝します。

(ここまで)

戦争の大義名分としていつの世でも言われるのは「国を守るため、国を愛するから」という

キャッチフレーズです。これを聞かされると人々は「お国のためならば」と思い始めるようです。

そして、そのカンフル剤として使われるのが他国からの干渉です。

第2次世界大戦はアメリカでは戦争に対する厭世気分が蔓延していたのを真珠湾攻撃と言う

ビッグニュースが人々の愛国心を呼び覚まし、アメリカ国民を戦争賛成と言う流れに変えた

ものです。しかし、その真珠湾攻撃は周到に計画されたものであったことは後世に知ることと

なるのですが、それでも一部の人しか知らない事実です。

戦争で犠牲になるのはいつの世でも国民である一般庶民です。政治を動かし国の動向を

変える権力を持つ人々は絶対に戦争には参加しません。ただ上から見下ろし国民を捨て駒

のように使うだけです。

そうなることがわかっているはずなのに、国全体の流れが変わってしまうとどんどんその方向に

押し流され、気づいてみれば戦争が始まり動員されていたということになるのです。

だから、戦争は国民が望んで起こしているのではなく、為政者が意図的のその方向に誘導して

起こしているものだと知ることです。そこには真実の愛はありません。

そこに愛があれば、尊敬する相手を攻撃することなんかできないでしょうに・・・。







nice!(2)  コメント(1) 
共通テーマ:blog

破・常識 あつしの歴史ドラマ「アシュタール:本来、時間と言う概念はない・・・・・・」 [アセンション]

破・常識 あつしの歴史ドラマ「アシュタール:本来、時間と言う概念はない・・・・・・」



(ここから)

今日の破・常識!




不変だと思われていた時間さえも 

自分の好きなように創造することが出来る・・・らしい(笑)



では、アシュタールからのメッセージをお伝えいたします。






「こんにちは こうしてお話し出来ることに感謝します。

時間は、決まったものではありません。

時間は、すべてに共通して流れているのでもありません。

個人個人で違う時間の流れの中にいます。

分かりますか?

時間は、あなた達が使っている

時計の通りには流れてはいない・・ということです。

そして時間は、固い定規のようなものでもありません。

伸び縮みするゴムのようなものです。


時間は、その人その人によって流れ方は違ってくるのです。

その人の中(意識)が忙しければ 

その人にとっては、時間はとても早くすぎて行きます。

その人の中(意識)が変わって、ゆっくりとすれば 

すぐに時間もゆっくりと流れるようになります。


本来、時間という概念はないのです。

時間は、3次元領域の中だけのものです。

そして、3次元領域でも思考はエネルギーですから 

思考によってなんでもできます。

だから思考が急いでいれば、時間も急いだものになります。

ゆっくりとした思考でいれば、時間もゆっくりとなります。


あなた達は、誰にでも時間は平等に

24時間与えられている・・と言いますが、

そうではなく、時間は人によって違ってくるのです。

表面的な時計が刻む時間は変わらないように見えますが 

中がまるで違ってくるのです。

同じ時間でも、イヤなことをしていると、とても長く感じたり、

好きなことを夢中でしていると あっという間に時間が過ぎていく・・

という経験をしたことがあると思います。それと同じことです。

あなたは時間を創造することも出来るのです。

時間をたっぷりと使いたいと思うのであれば 

あなたの中をゆっくりさせてください。

忙しい忙しい・・と思っていると 

本当に時間が短くなって忙しくなります。

次々と次のことを考えずに 今この時していることを

ゆっくりと楽しむと意図すると 時間はゆっくりとしたものになり 

急ぐことなくすべてのことが出来るようになります。


これは、とても感覚的なことですが 

きっとあなたもすぐに理解できるようになります。


時間がない、忙しい・・と思う状況になったら、

一度手を休めて大きく息を繰り返し

あなたの中(心)を静めてゆっくりしよう・・と宣言してください。

そうすれば時間はゆっくりと流れ始めます。


時間の流れを自分の好きなものにすることが出来れば 

気持ちもゆっくりとしてきますので 

あなた自身の感覚を思い出すことが出来ます。

忙しさに忘れてしまっている感覚を

思い出すことが出来れば、あなたが今何感じているか、

今何がしたいのか、どうしたいのか・・

ということが分かってきます。

それが5次元領域に共振する大きなカギになります。


あなたは、今まで絶対に変えることが出来ない

と思っていた不変だと思われていた時間さえも 

自分の好きなように創造することが出来るのです。

あなたの思考は、なんでも創造することができます。

そのことを思い出してください。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」



ありがとう、アシュタール!

(ここまで)


アシュタールは何を言いたかったのでしょうか?

私は、皆さんはあまりにも忙しさに追われ時間を浪費しすぎでいて、自分の時間を持つ余裕さえ

ないのではないですか?と言いたかったのだろうと思います。

同じ24時間でも時間の流れる速さはそのひとによって異なっているということです。

例えば、24時間と言う時間をAさんはゆったり過ごしているのでまるで30時間かけて生活している

ように感じているのに、Bさんはあまりの忙しさに24時間が18時間くらいしかないという感覚になって

いるということです。そのため、忙しいと思っている人はその24時間に80個しかお菓子箱を作れ

なかったのに、Aさんのようにゆったり生活している人は100個の菓子箱を作っているという風に

考えてみてもいいだろうと思います。

同じ24時間でも時間の速さは同じではないということです。確かに、時計では24じかんきっちり

経過しますので、その違いに気づかないだけです。


ゆったりと生活するスタイルにすると自分を見つめる時間の余裕が出てきて、ハートからの情報も

受け取りやすくなるだろうと思います。

それが最大のポイントだろうと思います。




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:リア充生活???」 [アセンション]

世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:リア充生活???」



(ここから)

”リア充代行業者”という職業があるそうで・・・

ランチ会を投稿、リア充代行業者使う46才独身女性の気持ち


サプライズ誕生日会をリア充代行業者に頼んで、その写真をSNSに投稿

したら、いつもの50倍の「いいね」がついたそうです。

自分も幸せで華やかな人生を歩んでいるところを誰かに見せたい・・・

と言う理由で、何度も代行業者に頼んでいるうちに、人の幸せを見ても不安に

ならなくなったそうな^^;


一時前には、レンタル彼氏やレンタルファミリーなどを派遣する代行業者さんの

話題もありましたが・・・


どうなんでしょうね?・・・まぁ、それで不安感がなくなったり、満足できるなら

それはそれでいいと思いますが。。。


代行業者に頼む実行力とお金があるなら、実生活の中でリアルに充実出来る

ことを探すことも出来るとおもうんだけどなぁ~~・・・その方がよっぽど

楽しいと思うんだけどなぁ~~・・・って思うミナミなのでしたぁ~~^^;


それよりも、何よりも、”リアル充実”という言葉の意味自体が

分からないミナミなのですけど・・・

”リアル充実”な生活ってどんなの????

教えてアシュタールぅ~~^0^;


「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

リアル(現実的)に充実しているということですか?

それは、ご機嫌さんでいるということなんじゃないでしょうか?

ご機嫌さんでいると、楽しくて充実していられます。

ただそれだけでいいと思います。


でも、あなた達は何だかそれでは物足りないようですね。

そこには、承認してほしいという欲求が生まれるからです。

あなた達は、小さなころから”よくできました”のハンコを先生から

もらわなければ安心できないような教育を受けています。

だから、いつも誰かの承認が欲しいのです。


自分でこれで良い・・と思っていても、その上に他の人からの

”よくできました”のハンコが欲しくなるのです。

誰かに、あなたは幸せですね・・と承認してもらいたいのです。

承認してもらえないと不安になるのです。


自分の生活が充実しているかどうかは、自分で決めればいいのです。

そして、充実の仕方にもいろいろあります。

一日中、ただただ本を読む・・それで満たされると思うならば、それがあなたの

幸せであり、充実した日々なのです。


人の基準はいりません。

充実感?幸福感?は、目では見えないのです。

人から見て幸せだと思ってもらえる生活が、幸せな生活ではないのです。

でも、人から見える幸せでなければ、承認のハンコをもらうことは出来ません。

だから、一生懸命承認のハンコがもらえるような幸せ?(友達がたくさんいる、

こんなステキな家族に囲まれている、こんなものを手に入れました、こんなに

楽しい素晴らしい経験をしました、など)を求めてしまうのです。


もう一度言います。

充実感?幸福感?は、目に見えるものではありません。

その人が充実している、幸福だ、と思えば、それが他の人から見て幸福感を

感じないとしても良いのです。

他の人は、他の人の充実感や幸福感があります。

それその人の基準であって、あなたの基準と違うだけです。

違っていいのです。

違って当然なのです。

100人いれば、100の充実感と幸福感の基準があるのです。


人から見て、あなたは幸福ですね・・という承認のハンコをもらおうとすれば

するほど、あなたは自分の基準を失ってしまいますので、いつまでも充実感や

幸福感を感じることは出来なくなってしまいます。


人の承認は要らないのです。

あなたが幸福だと思うこと、あなたが充実していると思う生活・・

それがあなたにとってのリア充なのです。


これが”リア充な生活”です・・というモデルケースはいりません。

感じ方など人それぞれなのです。

そこを分かってください。


そしてもう一つお話しさせていただきたいのは・・

自分の楽しみは、自分で見つけるしかない・・と言うことです。

待っていても誰もあなたを楽しませてはくれません。

あなたが自分で自分を楽しませるしかないのです。


私はどうすればご機嫌さんでいられますか???・・と

いつも自分自身に聞いてください。

誰かが聞いてそれを実行してくれることはないのです。

あなたが、自分をご機嫌さんにするしかないのです。


どうすれば私はご機嫌さんでいられますか???

これを聞き続けていけば、気が付けばあなたはリア充な生活をしています。

それが、リア充な生活だと私は思いますが・・・・


あなたに愛をこめてお伝えいたします。」


ありがとう アシュタール! 感謝します。

(ここまで)


これは一種の心理的な病気ですね。

誰かにいいねとスタンプを押してもらえないと不安になるという病気です。

それにしてもリア充なんていう仕事があるのを初めて知りました。なんでも商売になるんですね。

しかし、その料金はいったいいくらなんぞ?と思い調べてみたら、一人当たり約8000円~で

参加する役者の年齢によっても違ってくるようですが、高~いですね。

だって、パーティを演出するのに10人くらい必要だとしたら、10人分×8000ですよ。

中には50万円かけてSNSのいいねが50倍に増えたと喜んでいる人もいたそうですから

どういう気分なんでしょうね。それより50万円でりょこうに行って出会いの場を増やしたり

いろいろなところを見て楽しむことをした方がよっぽどいいのでは・・・と思いました。

ただ、あくまでも自己満足の世界なのでそれでいいと思えばそれでもいいような・・・・。

もう、誰かのお墨付きは要らないのでは・・・・。




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

破・常識 あつしの歴史ドラマ「アシュタール:死はただの変化です・・・・・・」 [アセンション]

破・常識 あつしの歴史ドラマ「アシュタール:死はただの変化です・・・・・・」



(ここから)

今日の破・常識!




死ぬ(身体を脱ぐ)ことを当たり前のように受け止めることが出来れば 

         生きることが輝いてくる・・・らしい(笑)




では、アシュタールからのメッセージをお伝えいたします。






「こんにちは こうしてお話し出来ることに感謝します。

突然ですが・・・身体を脱ぐこと(死ぬこと)を怖がるのは 

あなた達人類だけなのです。

生きることに執着するのも人類だけです。

それは、死というものがどういうものかを 

波動的観点 宇宙的観点から教えてもらっていないからです。

死は、あなたの形態が変わるだけです。

形が変わるだけで、あなたの意識は何も変わらないので 

なにも怖がることはありません。


あなたは、あなた=身体 だと教えられて来ました。

だから身体が無くなると 

自分という存在もなくなってしまう・・と思って

死を怖がるようになってしまったのです。

死を怖いものだと思い込んでしまうから 

死から離れよう、死を遠ざけようと

そちらにばかりフォーカスしてしまい 

今この時を生きることにフォーカスできなくなってしまうのです。

死から目をそらすのは、生きることから目をそらすのと同じことです。


死は怖いものではありません・・

死ぬ(身体を脱ぐ)事を当たり前のように

受け止めることが出来れば、生きることが輝いてくるのです。


死んでも自分は何も変わらないことが分かれば 

今生きることの意味が変わってきます。

死ぬと何もなくなると思うから 生きることに執着するのです。

死ぬことで自分は何も変わらないことが分かると 

この身体の人生で焦って何かを成し遂げようとか、

富を蓄えようとか、名を成そうとか思わなくなります。


この身体を持ってここにいることが 

ただ体験するためなのだとわかると

いまこの時の体験を楽しめるようになります。

体験に いい体験、悪い体験 という判断が

必要ないことが分かります。

体験は、すべて素晴らしい体験だとわかるようになります。


身体を持っているあなたも、脱いだあなたも 

あなたは何も変わらない・・あなたは、あなたなのです。


死を恐れないでください・・

死ぬことを怖がり過ぎて病気などを恐れないでください。

怖がれば怖がるほど そちらにフォーカスしてしまいますから 

その現実を創造することになってしまいます。


死は、ただの変化です。

宇宙に変化しないものはありません。

変化を恐れないでください。

変化を怖がり、変化を押しとどめようとすることは 

宇宙の流れに逆らうことになり

そこにエネルギーの摩擦が起き 

とてもつらい事になってしまいます。


死を怖がり過ぎ、そこにフォーカスすることは 

今を生きることから目を逸らすことになります。

今日は少し観念的な話になりましたが 

ハートのところで理解していただけると嬉しいです。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」



ありがとう、アシュタール!


(ここまで)


確かに死を恐れるあまり、今生きると言うことに専心できないということがあります。

特に病気になったり、肉体的に弱ってしまったときなんかは死が目の前に眼前とそびえたつ

ように感じるだろうと思います。

それは自分と言う存在がこの世から消えてしまうことの恐れでもあり、忘れ去られてしまうという

喪失感がそうさせる場合もあります。

どれだけ長生きしたいとこの3次元で臨んだとしても現在の医学的常識ではせいぜい110歳くらい

が限界だろうと思います。死は肉体の衰えであり細胞が新生しないことの表れであります。

肉体が永久の保てる技術があるならば、それこそ多くの人が求めることでしょう。

2016年からこれを飲めば寿命が120歳まで延びるというメトホルモンの臨床試験が始まった

ようです。これだけ見ても人間の不老阻止思考の高いことがわかります。

しかし、どれだけ長く生きられたとしても健康でなければ意味がありません。そういう意味では

寿命や余命よりも健康寿命の方が大事なことです。まあ、いちばんの長生きの秘訣はアシュタ

ールが述べるように楽しく笑っていられる毎日を過ごすことでしょうね。なにしろ寿命を縮める

最大の要因はストレスですから。

話がそれてしまいましたが、確かに死を普通のありきたりの単なる変化だととらえることが出来

れば、生きていることに大きな価値を見出せるようになると思います。死を恐れなければ今生きる

ことに何のためらいもなくなるでしょう。どうせいつかは死ぬのですから・・・・。





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:ご機嫌さんの回路が開いていきます」 [アセンション]

世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:ご機嫌さんの回路が開いていきます」


(ここから)

小さなころから一人暮らしがしたくて、やっと叶った一人暮らし!

でも、その後がよくないんです・・最近、一人暮らしを始めたことに後悔

してきています。

どうして? 念願の一人暮らしを手に入れたのに、その後うまくいかないの?

・・というお悩みを耳にしました。


念願の一人暮らしを手に入れてご機嫌さんなはずなのに、どうしてその後が

上手くいかないのぉ~~・・教えてアシュタールぅ~~^0^;


「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

一人暮らしをする、親離れする・・と言うことが最終のオーダーになってしまって

いるからです。


一人暮らしをしたい。。。だからそれは現実化しました。

でもその後の展望?オーダーがはっきりとしていなかったので、現実は動かなかった

のです。

そして、念願だった一人暮らしに対しても、大きな不安が出てきてしまったために

その不安が現実化しているのです。

一人暮らしをはじめたことは、間違いだったのではないか?という不安が、その不安を

感じる現実を創造してしまっているのです。


あなたは、一人暮らしをして何がしたかったのでしょうか?

次のオーダーをしっかりと決めてください。

一人暮らしがしたい・・というオーダーをしっかりと現実化することが出来たの

ですから、次のオーダーもしっかりと現実化できます。


あなたのお悩みの原因は、次のオーダーが決まっていない・・と言うことです。


あのレストランに行ってみたい・・それが、一人暮らしをしたいというオーダーと

同じだと思ってください。

あなたは、レストランに行くことが望みだったのですか?

それならば、もうしっかりと叶っていますね。


それとも、そのレストランに行って、美味しいもの、好きなものを食べたいですか?

レストランに行く(行った)・・それだけでは、美味しい料理は食べられないのです。


レストランに行きたい・・という願い?オーダーがかなったのならば、そこで何を

食べるかを決めなければ、”行っただけ”になってしまいます。


いまのあなたの状況は、”行っただけ”なのです。

せっかく来たのに、何も食べられないと文句を言っているのと同じです。


何を食べたいか? 何をオーダーしようか?・・・決めてください。

そうすれば、美味しい料理を楽しむことが出来ます。


あなたは一人暮らしをするというオーダーをしっかりと受け取ることが出来たの

です。

あなたは、オーダーを現実化する力があるのです。

だから、次のオーダーを決めてください。

いま、あなたは次のオーダーを決めていないだけなのです。



この方だけでなく、これをお読みのあなたも、何かが叶ったら次のオーダーも

決めてくださいね。

レストランに行くだけで満足!って思えるならいいですけど、せっかく行くなら

美味しい料理を食べた方がご機嫌さんになれるのではないですか?



美味しい料理を堪能した後はどうしましょうか?

散歩がてら見晴らしのいいところへ行って景色を楽しみますか?

それとも、違うカフェに行って食後のコーヒーを楽しみますか?

それとも、歌いに行く? 踊りに行きますか?



オーダーを受け取ったら、また次のオーダーをしてくださいね。

そうすれば、次から次へとご機嫌さんの回路が開いて行きますよ。


あなたに愛をこめてお伝えいたします。」


ありがとう アシュタール!感謝します。

(ここまで)


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

破・常識 あつしの歴史ドラマ「アシュタール:変化の先に見える景色」 [アセンション]

破・常識 あつしの歴史ドラマ「アシュタール:変化の先に見える景色」



(ここから)


今日の破・常識!




あなたのハートは、変化を受け入れ、変化を楽しんでいる・・・らしい(笑)





では、アシュタールからのメッセージをお伝えいたします。






「こんにちは こうしてお話し出来る事に感謝します。

あなたの深いところに亀裂が入ってきています。

今まで固く閉ざされてきたところです。

そこに光が届きはじめ変革が起きてきています。


あなたは時々、得体のしれない不安感 訳の分からない焦燥感、

悲しみなどを感じることがあるかと思います。

それは、あなたの深いところで 

大きな変化が起きているときだと思ってください。

大きく変化しようとしているあなたの中を感じ 

あなたのマインドが怖がっているのです。

マインドは変化を嫌います・・

このまま慣れ親しんだものを続けようとします。

ですから、何か変化が起きるごとに、不安感 

怖れ、悲しみなどが湧き上がってくるのです。


今起きている変化は、あなたのハートの中の出来事です。

あなたのハートは変化を受け入れ 

変化を楽しんでいます。その変化を押しとどめようと

マインドが叫んでいるだけなのです。


原因の分からない不安感などに襲われ 

その不安や悲しみ、怖れに飲み込まれそうに

感じるときは、その不安を感じ切ってみてください。

そして、そこで何かのビジョンが浮かんで来たら 

そのビジョンから目を離さずに しっかりと見据えてください。

そして、そのビジョンがどこまで行くのか見届けてください。


たとえば地震が来て大変なことになるのではないか・・

という不安なビジョンを観たとします。

そしたら、その地震が実際に起きたらどうなるか・・

をイメージしてみてください。

家が倒壊する? 家の下敷きになる? 

家族がバラバラになる? 火事が起きる?・・・

思いつく限り最悪のことをイメージし 

その時に感じるであろう感情をイメージで感じてみてください。

あなたから湧き出て来るそのイメージから

目を背けることなく、じっと見つめ感情を感じてみてください。

はじめは、とても怖いと思います。

でも怖さから逃げず感じていると 

身体の中(ハート)から、これは”起きない”と

いう確証の感覚が湧き上がってきます。

そうすれば、あなたはその不安を手放すことが出来ます。

ですから、あなたの不安 恐怖 悲しみは現実化しません!

だって、思考はエネルギーだから 

その場にいるようにリアルに感じれば 

それが現実化するのではないですか?・・

という質問が聞こえてきますが、

このやり方でのイメージは現実化しません。

なぜならば、この不安からのイメージは 

マインドが起こしているものだからです。

マインドでイメージすることは、ほとんど現実化しないからです。


マインドでの思考は、とても弱いエネルギーなので

波動領域に影響を及ぼすことが少ないのです。

そして、あなたはこれがイメージであることを

認識しながらやっていますので大丈夫です。

ハートからの思考は、とても強いエネルギーを

放射しますので、波動領域に 大きな影響を及ぼし 

現実化しやすくなります。

これは、静かな水面を指でちょっと触って出来る波と 

大きな石を投げいれて出来る波が

水面に与える影響が違うのと同じことです。


突然にあなたを困惑させるマインドの

不安感、恐怖心、悲しみなどの感情は、

あなたの中が大きく変化しているという

サインだと思ってください。

そして、どうしてもその不安感などに

飲み込まれそうになったら 

その不安感にしっかりと目を向け味わい切ってください。

そうするとあなたのハートから その不安感は幻であり 

それは現実化しないという確証が湧いてきます。

変化に伴うマインドの声に惑わされ 

巻き込まれないようにしてください。

大丈夫です・・・あなたの中に

大きな変化が起きているだけなのですから


変化は素晴らしいものです!変化を喜び楽しんでください・・

変化の先に見える景色を楽しんでください!


あなたに愛をこめてお伝えいたします」



ありがとう、アシュタール!


(ここまで)


まず、心配するようなことは起こらないと信じることです。

そうすれば、どのようなことがあっても不安を持たなくなると思います。

今日も夕方のNHKのニュースでバルセロナで起きたテロ事件の模様を伝えていますが

どうも最近はこうしたニュースが多いようです。

しかも連続していますので、おかしいと思うべきですね。

犯人像も明らかになっておらず、どの事件もその後の動向が伝わってきません。

私の印象ではこれらの事件はマッチポンプだろうと思ってます。

だから、不安に駆られるようなことがなく、いつも冷泉に見ています。

おそらくハートはこれらの事件の真相は知っていることでしょう。

そのため、ハートを信頼するなら心配することもないものと思います。



nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:blog

世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:欲しがっていいの?欲しがっちゃダメなの?どっち?? 」 [アセンション]

世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:欲しがっていいの?欲しがっちゃダメなの?どっち?? 」



(ここから)

この前の記事でアシュタールは欲しいものは欲しがってください・・って

メッセージをくれたけど、でも欲しいって思う気持ちは、自分は持ってない

って宣言することだから、欲しいって言っちゃいけないんじゃないんですか?・・

どっちがどうなのか?そこのところがよくわからなくて・・というご質問を

先日のワークショップの中で受けました。


他にも同じように考えている方がいらっしゃるかもしれない・・と言うことで

アシュタールがそのことに関してメッセージをくれましたのでお伝えしますね^^


「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

いまからお話しするのは、言葉だけでは、なかなか受け取りにくいことですので、

感覚を研ぎ澄ましてお聞きいただければと思います。


欲しい・・という言葉は同じなのですが、ふたつの使い方?意味?があります。

それは、積極的”欲しい”と 消極的”欲しい”です。



消極的”欲しい”をご説明しますと・・・

いま持ってないから欲しい・・と言うことになります。

お金でよく使ってしまう案件ですね。


お金が欲しい・・と思考するときに、何も目的がなくただお金が欲しいというと、

お金が欲しいというより、お金があれば幸せになれるのに、私はお金を持っていない・・

という不安?不幸せ感?からお金が欲しい・・

という思考のエネルギーの方が強調されてしまいますので、

私はお金を持っていない現実をオーダーします・・と言っていることになります。


例えば、レストランに行って・・私はお腹がすいています、何か料理を作って

下さい・・とオーダーするのと同じようなことです。

コックさんは、お腹がすいているのはわかりました・・でも何が食べたいのか

分かりませんので、何をつくっていいのかわかりません。

それでも何か食べたいというなら、こちらで勝手につくりますよ・・ということに

なって、自分が食べたいものと違う料理(嫌いなものかもしれません)が出て来るか、

いつまでたっても何も食べられないか、どちらかになるのです。


思考のエネルギーは、方向性が決まらないと拡散してしまうのです。

そして、その中である程度方向性がある方向へエネルギーを流します。

そのある程度方向性がある思考と言うのが・・私にはお金がありません・・と

いう思考になり、お金がない現実を創造するのです。


これが消極的なオーダー(欲しい)ということです。


これが理解できれば、積極的なオーダー(欲しい)の意味が理解できると思います。

積極的なオーダー(欲しい)は、目的がはっきりしています。

思考の方向性がしっかりとしています。


お金を欲しがるのであっても、これをしたいからこれだけのお金が必要です・・と

オーダーしますので、それが現実化するのです。

積極的なオーダーには、お金がないという思考より、これをするためのお金が欲しいと

いう方が強調されますので、そちらのエネルギーが優先されそちらに流れます。

レストランで、お腹がすいているので焼きそばをつくってくださいとオーダーして

いるのと同じです。

コックさんは、お腹がすいているのはわかりました、ならばなるべく急いであなたの

好みの美味しい焼きそばをつくりましょう・・となるので、

あなたが望んだ焼きそばを食べることが出来るのです。

(ソース焼きそばか、あんかけ焼きそばか、海鮮ものを入れるか、肉類が

いいのかまでオーダー出来るともっと好みのものが出てきます)


これが積極的なオーダー(欲しい)なのです。


私がいつもお伝えしている・・欲しいものはなるべく具体的にしてください・・

漫然と欲しがっても手には入りません・・というのはこういう理由からです。


思考はエネルギーです。

どこに思考のエネルギーを流すか・・それによってあなたの現実は変わってくるのです。

しっかりと欲しいものをオーダーしてください。


もう一度お伝えしますが・・あなたのハートが欲しがっているものです。

みんなが持っているから・・

持っていないと恥ずかしいから・・

自慢したいから・・

幸せだと思われたいから・・

ないと不安だから・・

などというのは、漫然としたオーダーになり、

そちらの思考エネルギーの方が強調されますので、持っていない現実を創造して

しまいます。


これは何度もやって感覚をつかみ取って頂くしか方法はありません。

言葉だけでは、この感覚をつかみ取ることは難しいと思います。

”欲しい”を実際に何度もオーダーしてみてください。

そうすることによって、これは消極的なオーダーなのか、積極的なオーダーなのかが

分かってきます。

小さなオーダーからやってみてください。

小さな”出来た”の積み重ねが、大きな”出来た”になって行きます。


あなたに愛をこめてお伝えいたします。」


ありがとう アシュタール! 感謝します。

(ここまで)


ハートが欲しがっているもの・・・。

という部分が大事なようです。

マインドが欲しがるものは得てして他人と比較して欲しいと思うものですが、ハートは

そんなことには一切関係がなく、本当に今の自分が必要としているものということですね。

だから、そんなときには欲しい理由は要らないように思います。

例えば、自分で音楽を楽しみたいので楽器が欲しいとした場合には、誰かがやっているから

ではなく、本当に音楽を愛し、うまく楽器を演奏して他人の前でも堂々と弾けるようになりたい

という思いならハートは聞き入れてくれるでしょう。

そんなときには漠然と楽器が買えるお金が欲しいと望むのではなく、いくらの楽器が欲しいと

具体的に宣言してみることです。と、そうアシュタールは言っているのだと思います。


とはいえ、欲しいものがいっぱいありすぎて悩みますね。

それでも、先日はお金が入ったので念願の圧力鍋を購入しました。

残念ながら空から降っては来ませんでしたが(笑)。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

破・常識 あつしの歴史ドラマ「アシュタール:現実(ホログラム)」 [アセンション]

破・常識 あつしの歴史ドラマ「アシュタール:現実(ホログラム)」


(ここから)

今日の破・常識!



 
感覚を研ぎ澄まし 

     感覚で情報を得る方向へシフトするのがいい・・・らしい(笑)




では、アシュタールからのメッセージをお伝えいたします。





「こんにちは こうしてお話し出来ることに感謝します。

あなたはいまメガネをかけています。

そして、そのメガネをかけていることに気が付いていないのです。

そのメガネは、ホログラムを観るメガネなのです。

3Dの映像を観る時にあなたは

特殊なメガネをかけますね・・そのメガネをかけると 

画像が浮き上がって見える・・それと同じものを

かけていると思ってください(笑)


あなたたちの3Dの映像は 

まだまだ技術的にそこまで達していないので

あなたは、3Dの映像が映像であり

現実ではないことを認識できます。

しかし、今あなたが見ているホログラムは 

とても精巧でリアル感がすごいので

それがホログラムだと認識出来ないのです。

かけているメガネの存在すら 忘れてしまうほどに・・・


そのメガネをかけていることで 

あなたはホログラムに映し出されたものの中に

生きていると思い込んでしまっているのです。

そのホログラムの中(世界)だけが 

あなたの世界だと思って 外にあるものを

見ようとしないだけなのです。


ホログラムは、ある意味 電磁? 磁気?

に囲まれた檻?かご?のようなもので、

あなたの感覚を狭め 目に見える(と思っている)

現実(ホログラム)しか認識できないようになっています。

あなたの本来持っている感覚は、そんなに狭いものではなく 

目に見えているもの、耳から聞こえるもの 

触って感じるもの以外のものからも 

情報を得ることが出来るのです。

その5感以外の情報量は、5感で感じているよりも 

何十倍もの情報をもたらしてくれます。

超感覚といわれているものがそうです・・

本来は超感覚ではなく、あなたが持っている当たり前の感覚なのです。


今 太陽やテラ(地球)の磁気の変化により 

この磁気?電磁?に囲まれていたホログラムの

映像が揺らぎ始めています。

時々フラッとした感覚が起きたり

(気圧が急に変わった時のような感じ?)

身体の中からエネルギーがはみ出しているような感じがしたり

(ここにいない感じ?)現実が遠く感じる、

乖離感を感じたりするのは、ホログラムの揺らぎを感じるからなのです。

ですから、このような症状が起きたときは 

病気だと心配する必要はありません。

ただのホログラムの揺らぎだと思い安心していてください。


ホログラムが揺らぎ始めたいま 

もう一度ホログラムを固めようとしないでくださいね。

あなたがホログラムにフォーカスすると 

ホログラムにエネルギーを

注いでしまいますので・・・思考はエネルギーです・・

しっかりとホログラムを観ること

(今までの常識 道徳 倫理 社会制度 

教育 金融 ・・など)にフォーカスしてしまうと 

せっかくのホログラムの揺らぎをとめ 

また強固なものとしてしまいます。 


ホログラムが揺らぎ始めたことを喜びとともに受け入れてください。

あなたが見ているものは 

メガネをかけて見ているホログラムだと思って 

そこに集中しないでください。

そこにしか現実はないと思い 

そこにはまり込まないようにしてください。

そのホログラムは遊園地の中の

アトラクションのようなものだと思い

気に入らなければ、いつでもそこから

出ることが出来る事を思い出してください。


思考はエネルギーですから 

あなたがホログラムをホログラムだとわかれば

(感覚では分からなくても そういう物なんだと思うだけでもいいです)

今までそのホログラムに注いでいたエネルギーを止めることが出来、

ホログラムを溶かすことが出来ます。


ホログラムを観ているメガネの存在を思いだし 

メガネを取ることを意図してください(もちろん

あなたがそれを望むのであればですが・・・)

メガネを取るためにはマインドを静かにさせ 

ハートの声、身体の感覚に集中してください。

身体の感覚はあなたのハートの声の翻訳機です。

ですから感覚を研ぎ澄まし 

感覚で情報を得る方向へシフトしていってください。

感覚がホログラムから出るカギになります。

あなたのハートがすべてを知っています。


あなたに愛をこめてお伝えいたします。」



ありがとう、アシュタール!

(ここまで)

ホログラムを現実世界と融合したホロレンズの世界を覗いてみると、私たちの体験している

世界がいかにリアルかお分かりになると思います。



VRゴーグルをかぶっている人の周囲を映した映像も出てくると思いますが、彼女の中では

現実の仮想世界がゴーグルを通して見えているにも関わらず、彼女の周囲には何もない

ということがわかるでしょうか?もちろん部屋の映像がそこにありますが、現実には彼女には

周囲の部屋を見ているわけではありません。VRゴーグルに映し出された世界を見ている

だけなので、身振り手振りで空間を触ったり、まさぐったりしているところがわかりますね。

私たちが体験している現実もこれと等しいものです。ゴーグルにある映像はそこに見えますが

それ以外の映像はどこにありません。彼女が視点を変えるに従い新たな映像が出てくるように

なっていて、そこで初めて新しい映像が見えるわけです。

どうやら私たちの経験している現実はそこにものがあるのではなく、私たちの思考や視点に

応じて立体的な現実が創り出されて現れるようになっているようです。だから、現実に見えない

部分はおそらく何らかの数式あるいはデータとしてどこかにあり、それが立体映像としてその

場に現れるのでしょう。しかし、この現実には切れ目がなく、歩いている速度であっても新幹線

や飛行機のような高速の乗り物に乗っていても連続して立体映像が現れるので、それが創り

出されて体験していると認識することはできないようになっています。

だから、自分が経験しているのはホログラムだと改めて認識して現実を見る以外に区別する

方法はありません。つまり、主体的に見ているのは私たちの脳であり意識なのです。

ホログラムが揺らいでくると、今まで慣れ親しんでいた風景や光景が違ったものに見えてくる

可能性があります。それがどんな形になるのかは私にも想像つきませんが、もしかしたら

今まであったビルの中に別のビルが混在して見える、あるいは部分的に違うものに見える

などして今の現実世界がこれまでと違った形に見えてくるかもしれません。

またホログラムを認識しているのは私たちの意識であり脳でもあります。だから、意識を向け

ない現実は存在しないと同じことですので、今の現実世界を目を凝らしてさらに見ることに

なるとホログラムは今まで通り存在することになります。したがって、いつまで経っても5次元の

ホログラムが出現しないことにもなります。

だから、今一度ホログラムの意味を考えてみる必要がありそうですね。






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:ワンネスを理解してください・・・・」 [アセンション]

世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:ワンネスを理解してください・・・・」




(ここから)


アシュタールやさくやさんは、情報、知識は大切です、たくさん持ってください・・と

言うけど、いろいろな情報があって、それこそ真反対の情報とかもあって、どれが

本当なのかわからなくなってしまいます・・ということをよくお聞きします。


情報は必要だけど、何を信じたらいいのかわからない・・・

そういう時はどうしたらいいの? 教えてアシュタールぅ~~^0^;


「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

先ず、ワンネスを理解してください。

すべてはひとつだということです。


あなたは私、私はあなた・・すべての存在は例外なく、絶対無限の存在の分身?

小さな絶対無限の存在?だということです。


それがわかれば、どの情報が必要なものなのかがわかります。


すべては同じもので出来ている・・すべては波動で出来ています。


すべてが同じもので出来ているならば、特別な存在はいない・・ということです。

特別な存在・・”神”はいないということです。

そして、高貴な人もいないということです。

同じものなのに、特別な存在や、高貴な存在、はありえないということですね。


これがわかれば、”神”や”高貴な存在”を表に出して、その人のために尽くしましょう・・

という情報はどうなのでしょう?・・という疑問が湧いてくると思います。


”神”という存在のために、人々が争い合うということがどういうことなのか?

疑問が湧いてくると思います。


では、どうして”神”という存在がいるとされているのでしょうか?

どうして宗教というものがあるのでしょうか?

・・という疑問もわいてくると思います。


そうなると、歴史のこともいろいろ疑問、矛盾を感じるようになると思います。

すべては同じ存在なのに、特別な存在である”神”とは誰なのでしょうか?

それは、宇宙人です・・ということもわかって来るでしょう。


どうして宇宙人が”神”として君臨しはじめたのかがわかれば、

あなたの社会の成り立ちが分かってきます。

あなたの社会の成り立ちが分かってくれば、どの情報が必要なものであるかも

分かってきます。


すべては、波動エネルギーで出来ているのです。

どんな存在もそうです。

絶対無限の存在もそうです。

すべては同じもの、平等、なのです。


このことさえわかれば、どの情報があなたにとって真実なのかがわかります。

ワンネスと言いながら、”神” ”高貴な存在” を崇め奉り、その存在のおかげで

あなたは生かされているのです・・という情報は、あなたはどう感じるでしょうか?


・・ということです。


すべての情報を、ワンネスの観点から考えてみてください。

そうすれば、情報、知識の受け取り方が変わってきます。

どの情報が、あなたにとって真実かが分かってきます。


あなたに愛をこめてお伝えいたします。」


ありがとう アシュタール! 感謝します。

(ここまで)


アシュタールの語る「ワンネスを理解する」というのは特別な存在はいないということです。

文中でも述べていましたが、「私に従いなさい」、「私を信じればいい」、「私は神です」など

述べている内容に従わせようとするのは、情報をもたらしているものが私たちより優位にあり

従わせようとする意図が見えます。

そのようなことはないとアシュタールは述べているのですね。

アシュタールはこれまで私の言うことを信じなさいとか従いなさいというようなことは一言も

言っていないはずです。もし、そうとらえているなら言葉の内容を取り違え誤解しているものと

思われます。アシュタールは過去そのようなことは一切述べておらず、すべて私たちの自主的な

選択にゆだねています。こうした方がいいとか、これはどうですかなどと参考になる情報を提供

しているものす。

また、「・・・・してください」という表現をすることもありますが、これはひとつのあり方として述べて

いるものであり、それを受け入れるかどうかは個人の選択です。


情報の判断を私たちの選択にゆだねているかどうかも受け取るかどうかの目安になると

思います。また、ハートの意志が働き、その情報は正しいと教えてくれる場合もあります。

振り返ってみると、私の場合はハートから受け取る情報で判断していることが多いようです。

ただ、これは個人差がありますので個々のやり方に任せるしかないと思います。





nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog
前の10件 | - アセンション ブログトップ