So-net無料ブログ作成

世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:ピラミッド社会から離れるには準備が・・・」 [アセンション]

世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:ピラミッド社会から離れるには準備が・・・」



(ここから)

今日のアシュタールからのメッセージをお伝えしますね^^

「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

私は、ピラミッド社会からでてそっと離れてください・・とお伝えしています。

そっと離れてください、であって・・ムリして急に飛び出してくださいと

お伝えしているつもりはありません。


好きなことを仕事にしてください・・ともお伝えしています。

でも、準備をすることなくすぐにそうしてくださいとお伝えしているわけでは

ありません。


そっと離れるにも、好きなことを仕事にするにも、準備は必要なのです。

分かりますか?

準備もせず飛び出してしまうと、不安が先にたってしまいます。

不安が先にたってしまうと、好きなことも好きではなくなってしまう可能性が

たかくなります。

そして、いつも不安の思考になりますから、もちろん現実も不安いっぱいのものと

なってしまいます。


大丈夫、私には出来る・・と自分で一生懸命思い込ませようとしている時は、

まだ準備が出来ていない時だと思ってください。

自分に言い聞かせていなければ不安で仕方がないということですので、不安を

現実化させてしまいます。


準備は大切です。

特に思考の準備は大切なのです。


準備とはどういうことでしょうか?

ピラミッド組織から抜けるんだぁ~と思って、自分で独立したいと思います。

好きなことを仕事にして独立するんだと決めます。


たとえば、そばを打つことが好きだからそば屋をはじめたいと思います。

ここですぐに会社というピラミッド組織からでるんだと思って会社を辞めてもムリですね。

あなた達の社会では、まだお金というものが必要だからです。

急に収入がなくなると大きな不安を抱えてしまうことになります。


ならばどうすればいいのでしょうか?

先ずは、そばをうってください。

どんどんそばをうって技術を高めてください。

それがまず一番しなければいけないことです。


そして、もし可能ならば休日などにいろんなそば屋に行って食べてみてください。

自分ならこれはこうやってうつな、などとたくさんの情報を集め、それを自分なりの

オリジナルなものにしていくのです。

そして、気にいったおそば屋さんがあればそこで手伝わしてもらってください。

手伝わせてもらって(もちろん手伝うことによる報酬はいただいてくださいね、無償は

良くないです)そこでいろんなノウハウを教えてもらうのです。

そばをうつ技術はもちろんですが、経営的なことや、仕入れのことなどもそうです。

自分が店をやるときにはどうするか・・という視点ですべて考えておけば、具体的に

シュミレーションすることが出来るようになります。


そして、その合間に経済的なことも考えておきます。

店を持つためにかかる初期費用と維持するのに必要な費用、そしてあなたが生活する

ために必要な費用・・そのためにはどうすればいいかを考えていくのです。


それが出来れば、少しずつシフトチェンジしていきます。

会社に行く日にちを少しずつ減らして、そば屋での日にちを増やしていくとか、

会社の勤務日数を減らすことが出来ないなら、会社を辞めても生活できるくらいの

他の収入減を確保しておくとか、シフトチェンジの方法はいくらでもあると思います。

これは余談ですが、収入源を確保するために他の仕事をするにしても、

そばとはまったく関係ない仕事は選ばないでくださいね。

そば屋をするのに何か情報を得ることが出来るような関係した仕事を選ぶようにしてください。


そうしているうちにいろんなところに自信、確信が出来てきます。

そうなると、自分に無理に言い聞かせなくても大丈夫だと思えるようになってきます。

不安が出て来ても、前のような漠然とした不安ではなく、対処できる不安になって

来るのです。

対処できる不安になれば、それは不安ではなくただの壁となります。

壁となったら、それを取り除くアイディアはいくらでも出て来るのです。

楽しんで乗り越えられるものとなります。


急がないでください。

準備もなしに海に飛び込んでも溺れてしまうだけです。

少しずつ環境に身体をならし、泳ぎ方を覚えて、泳げる自信が出来てから飛び込んでも

決して遅くはありません。その方が安全です。


飛び込むぞ(そっと離れるぞ)という意図さえしっかりとしていれば、必ず現実は

そちらに流れていきます。

思考が先、現実があと・・です。


これは蛇足になりますが・・

少しずつゆっくりとは言っても、行動はしてくださいね。

いくら思考が先と言っても、まだあなた達の世界は行動しなければ現実は動かないのです。

少しずつでいいですので、行動することは忘れないでくださいね。

いつかそのうち・・はありません。

”いつかそのうち”という思考をしていると、”いつかそのうち”はやって来ません。

分かりますね。


急ぐ必要はありません・・でも、”いつかそのうち”ではなく、ある程度の期限は決めて

おくことをお勧めします。


しっかりと緻密に計画する必要はありません。

反対に緻密に計画は立てないでください。

ただ、こうしたいとオーダーするだけでいいです。

でも、しっかりと具体的にオーダーしてください。


言葉だけで表現すると、私はいまとても矛盾したことをお伝えしているように

見えますね(笑)

とても微妙なところですので、エネルギーで感じ、ニュアンスを受け取って

いただけるとうれしいです。


今日、一番お伝えしたかったのはムリはしないでくださいということです。

漠然とした不安を抱えたままでムリヤリ自分を鼓舞しながら飛び出しても、

それはうまく行きません。

不安を抱えて飛び込んでも、不安を現実化してしまうだけです。


急ぐ必要はありません。

ゆっくりと少しずつそっと離れてください。

漠然とした不安ではなく、不安がただの壁と感じられるようになるまで、ゆっくりと

すすんでいってください。


あなたに愛をこめてお伝えいたします。」


ありがとう、アシュタール!感謝します。

(ここまで)


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

破・常識 あつしの歴史ドラマ「アシュタール:名前を付けるとは?」 [アセンション]

破・常識 あつしの歴史ドラマ「アシュタール:名前を付けるとは?」



(ここから)

今日の破・常識!



名前がつくと、それにエネルギーが与えられ具現化する・・・らしい(笑)



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


では、アシュタールからのメッセージをお伝えします。






「こんにちは こうしてお話し出来ることに感謝します。

名前をつけると それが具体化するからですね。

あなた達はエネルギーを感じることがなかなか出来ません。

ですから名前と言うものが大切になって来るのです。

名前をつけることによって 

エネルギーを特定することが出来るのです。

エネルギーで判別することが出来ないあなた達でも 

名前を付けると、そのエネルギーを固定し 

読み取ることが出来るようになるからです。

伝わっているでしょうか?


ボヤ~~っと見えている、感じているだけでは 

その存在を特定することが出来ませんね。

たとえば蒸気に向かって何かをしようとしても 

蒸気がどこにあるのか分からないし

それにどうやって触れていいのかもわからない・・

だから何も出来ない・・ですね。

でも蒸気を氷のように固めたらどうでしょうか?

どこにあるのかわかるし、そして触れることも壊すことも出来ますね。

なにかのエネルギーに名前を付けるということは 

氷のようにするということなのです。

ですから、あなた達を支配 コントロールしたいと思っている存在たちは 

常にあなた達にとって蒸気のような存在でいたいのです。

存在を知られることなく触れられることなく・・・

あなた達がどこに向かって不満や恐怖などを吐き出せばいいのか

分からないように固体化しないように名前を明かさないのです。

存在がはっきり分かって見えてしまえば 

怖さ 恐ろしさ 恐怖などは半減してしまいますから。

お化けは、見えないから怖いのです。

正体がばれてしまったら誰も怖がらなくなります。

そのために名前を付けられること、名前が分かることを嫌がるのです。

あなた達の不満、怖れなどを吐き出す対象が

はっきりとしてしまうからですね(笑)

あなた達を支配・コントロールしようとしている人たちの話だけではなく、

反対に名前を付けないほうがいいことがたくさんあります。


病名もそうです・・

名前がつくと、それにエネルギーが与えられ具現化します。

そうすると何もないところよりも対象がはっきりしますので 

もっとそこにエネルギーを注ぐことが出来るのです。

ただなんとなく不調だと思っていた身体の不調が 

名前がついたとたんに病気に変わります。

それは、あなたのエネルギーが病名に固着するからです。

病名に添えられた(教えられた)症状に 

あなたのエネルギーが向かい 

そのエネルギーであなたは自分の身体を 

その方向へデザインしはじめるからです。

思考はエネルギーです・・あなたの身体もエネルギーで出来ています。

身体を病気にするのは、あなたの思考エネルギーです。

ですから、しっかりと対象?的(マト)(病名)を見てしまうと 

そこにエネルギーが注ぎ込まれ 

注ぎ込まれたところに現実が出来るということになります。


この件に関しては、とても長くなりますので 

別の機会にお話ししたいと思います。

”名前”に関して理解していただけましたでしょうか?

私は、あなた達から隠れる必要がありませんので 

アシュタールという名前にさせていただいています(笑)


あなたに愛をこめてお伝えいたします」



ありがとう、アシュタール!


(ここまで)




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog