So-net無料ブログ作成

世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:信じたもの勝ちです」 [アセンション]

世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:信じたもの勝ちです」


(ここから)

今日のアシュタールからのメッセージをお伝えしますね^^

「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

信じたもの勝ちです(笑)

信じたもの、信じたこと、があなたの現実になるのです。


ならば、あなたにとって良いと思うことを信じてはいかがでしょうか?


”出来る”ということを信じるのか、”出来ない”ということを信じるのか・・

どちらも同じことなのです。



あなた達は、何故だか(まぁ、教育によってですが・・)出来ないということを

信じてしまう傾向にあります。


私には無理、私にはそんなことは出来ない・・・出来ている人をみても、あの人だから

出来るのであって、私にはそんな幸運は起きるわけがない・・などと、出来ない方向へ

ばかり思考をめぐらしてしまうのです。


それは、”出来ない”ということを信じているということになるのです。


自分で”出来ない”を信じているにもかかわらず、

どうして私には出来ないのでしょうか?・・と

ブツブツと文句を言っているのです(笑)



”出来る”と”出来ない”は、同じものです。

同じ波動なのです。


栗のケーキを選ぶか、イチゴのケーキを選ぶか・・それくらいのことなのです。

栗のケーキが良くて、イチゴのケーキはダメ

栗のケーキが価値があって、イチゴのケーキには価値がない

栗のケーキを食べる資格はないけど、イチゴのケーキは食べる資格がある


なんてことはないでしょう?

ただ、好みの問題なだけです。


”出来る”、”出来ない”も同じことです。

あなたはただ”出来ない”を好んで選んでいるだけなのです。


そんなぁ~~・・私は”出来ない”はイヤです・・って思うなら、”出来る”を選んで

ください。


アシュタールは簡単にそういうけど、でも、どうしても”出来ない”って思ってしまうんです・・

っていうことをよく耳にしますが・・思ってしまうんです・・って言う時点でもうそちらを

選びますと宣言しているのと同じことになります。

それはわかりますね?


でも、勝手に思ってしまうんだから、どうしたらいいかわかりません。

”出来ない”って思ってしまう思考をどうしたら変えることが出来ますか?


というご質問には・・言葉を変えてください・・とお伝えしたいと思います。


あなたの思考は言葉になります。

言葉があなたの思考なのです。

だから、言葉を変えれば思考も変わるのです。

口に出す言葉だけでなく、あなたはほとんど言葉で思考していますから、あなたの頭の

中で響く言葉も同じです。


すぐに”出来ない”という言葉が出て来るならば、その言葉が出たらすぐに”出来ました”と

いう言葉に変えてください。

(”出来る”でもいいのですが、波動的観点から見ると”出来ました”と過去形にした方が

より効果的になるので”出来ました”の方をおすすめいたします)

最初は、かなり意識しないと難しいかもしれませんが、それに慣れて来ると自動的に?

そんなに意識しないでも、言葉を変えることが出来るようになります。


意識しなくても、”出来ない”という言葉(思考)が出たらすぐに”出来ました”に変える

ことが出来るようになると、今度は、すぐに”出来ました”という言葉が出るように

なります。


そうなると、”出来ない”という言葉(思考)が出なくなります。

”出来ない”を信じるのではなく、”出来ました”を信じられるようになります。


あなたが”出来ない”を信じていようと、”出来ました”を信じていようと、他のひとには

何も関係ありません。

あなたが”出来ました”を信じていても、他の人に迷惑をかけることもないのです。

分かりますか?

だから、変な謙遜から、”出来ない”を選ぶ?信じる?必要はまったくないのです。

(あなた達は謙遜?へりくだる?ことが美徳だと教えられていますが、自分を尊重しない

ことが謙遜ではないことをお伝えしたいと思います。

もっと言わせていただければ、へりくだる・・と言うのは、尊重以前の問題です)


人に何も迷惑をかけることがないなら、あなたの好きな方を選ぶ、信じる方が

いいのではありませんか?


信じたもの勝ちです。

何を信じるかは、あなたの自由です。

ならば、あなたにとって気持ちの良いことを信じてください。

(気持ちが良いことを望むのであれば・・ですが)



”出来ました”を信じれば、”出来ました”の現実になるのです。

それには、口に出す言葉、頭の中で話す言葉・・両方の言葉を変えてください。

口と頭が違う言葉を言っていると、思考を変えることは出来ませんので。


あなたに愛を込めてお伝えいたします。」


ありがとう アシュタール! 感謝します。

(ここまで)


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

破・常識 あつしの歴史ドラマ「アシュタール:(続)すべての存在の始まり・・・・・・」 [アセンション]

破・常識 あつしの歴史ドラマ「アシュタール:(続)すべての存在の始まり・・・・・・」



(ここから)


今日の破・常識!




私たちは、絶対無限の存在が 

自分が何者であるかを知るために体験を続ける

個性エネルギーだということが分かっていればいい・・・らしい(笑)



では、アシュタールからのメッセージをお伝えいたします。








「こんにちは こうしてお話し出来ることに感謝します。

前回の続きになりますが・・・あなたは 

物質世界を体験するために この惑星テラ(地球)に転生しました。

物質という形態を保つためにはかなり波動を重くする必要があったので

身体に入る前のエネルギーの時には持っていた記憶を

忘れなければいけなかったのです。

だから、何も覚えていないのです。

そして、その状態で(覚えていない状態で)

物質としての自分を体験したかったのです。

波動の重い物質世界を体験する・・

これが、あなたの個性エネルギーのしたかった体験なのです。

深海とはどんなものなのかを体験するために

実際に潜るようなものです。そのためには深海を旅するための

装備(知識やツール)が必要になります。

あなたは、それを物質の身体の中に入る前に

絶対無限の存在のデータから

いくつかのデータをツールとして持ってきています。


絶対無限の存在は、情報の海だと思ってください。

個性のエネルギーは、そこに存在しています。

絶対無限の存在の海の中にある情報は 

あらゆる個性エネルギーが体験して来たことが

すべて入っています・・そして、それらの情報を

すべての個性エネルギーが共有しているのです。


あなたが今度は物質世界を体験したいと思った時に 

深海へ潜るためのツールが必要となります。

そのツールとしてどんな情報を持って行くかは、あなたが決めます。

深海で何がしたいのか・・それによって 

持っていくツール(情報)は変わっていきます。

あなたはあらかじめどんな経験をしたいのかを決めて深海に潜ります。

そして、そのために必要なツールを

たとえばUSBのような物に入れて持ってくるのです。

それがハートなのです。


あなたが誰かから教えてもらってもいないのに 

なんか知ってる、うまく出来る・・と思うことがあるのは

あなたのUSBにその情報が入っているからなのです。

それがあなたが体験したかったことを見つけるツールともなります。


そしてあなたは物質世界を体験し、終われば物質の身体を脱ぎ 

個性エネルギーに戻り あなたが物質世界で体験した記憶を持って

また情報の海の中に戻ります。

その情報を海の中にいるたくさんの個性エネルギーと共有するのです。

すべての個性エネルギーは 

あなたの体験をすべて共有し再体験するのです。


あらゆるところで個性エネルギーがたくさんの経験をしています。

そして、それを情報の海の中に入れ みんなでその体験を共有する・・

この情報の海自体が絶対無限の存在なのです。


絶対無限の存在の海に戻ったら 

あなたの個性エネルギーはなくなってしまうのでしょうか?

あなたの個性の意識は、海に融合され 

あなたはあなたを意識出来なくなってしまうのでしょうか?

それはありません。

あなたは絶対無限の存在の海に戻っても 

あなたの意識を失うことは無いので安心してください。

あなたの個性の意識は、絶対無限の存在が 

自分のことが何者かわかるまでなくなることはないのです。

もし絶対無限の存在が自分が何者であるかわかって 

もう体験をしなくてもいいと思えたらそのあとはどうなるのか・・・

それは誰にもわかりません、私ももちろんわかりません。

私は、考えてもわからないことは、考えなくていいと思っていますので 

考えていません(笑)

とにかく私たちは、絶対無限の存在が 

自分が何者であるかを知るために体験を続ける

個性エネルギーだということが分かっていればいいのだと思っています。


そして、またいろいろなことを体験するために 

情報の海からどこかへ移動します。

(移動といういい方もちょっと違いますが・・)

また物質世界を体験するのか、

今度は違う次元(世界)を体験するのかは 

あなたの個性エネルギーが決めることなのです。

輪廻転生というようにずっと物質世界に縛られていることはありません。

そして今世で何か罪を犯したから罰として来世では昆虫などに

生まれ変わらなければいけないなどということもないのです。

昆虫の経験をしたい個性エネルギーもいます。

昆虫が下等で、人間が上等だという考え方は 

まったくナンセンスだということです。

すべては同じエネルギーから派生した同じ存在なのですから・・・

犬も ネコも 植物も 石も 宇宙人も(笑)どのような体験をするかは

すべては、あなたが決めているだけなのです。


そして、宇宙には決して罰などという概念はない・・

ということを思い出してください。


もっとお話ししたいことがありますが・・長くなりますので 

またの機会にお話ししたいと思います。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」



ありがとう アシュタール!


(ここまで)


こうして考えるとアシュタールの語ることから輪廻転生やカルマというのが存在しないという

ことになります。仏教思想では頻繁に出てくる輪廻転生ですが、その根底にあるのは魂の

成長と言う概念です。

しかし、私たちが死後、すべての根源となる絶対無限の情報のプールに戻るとしたら、成長

するという過程は必要なくなります。

それでは、なぜ、ここまで輪廻転生サイクルや成長という概念がこの世界にはびこっているの

でしょうか?私はそれは作られた輪廻転生サイクルだと思っています。

私たちをこの3次元に閉じ込め抜け出せないようにするために、いつまでも死後再びこの3次元に

生まれ変わるというシステムを創り出したのだろうと思います。当然、それを作ったのは闇勢力

とそれに加担する者たちであろうと思います。私たちをこの世界に閉じ込め生まれ変わるたびに

何度も何度も苦難を味わわせ、そこから出る負のエネルギーを搾取するというものです。

彼らに必要なのが負のエネルギーだとすると納得できるのではないでしょうか?

そのために作られた偽の天国、地獄、そして偽の天使や悪魔というのが存在するのです。

彼らが死後私たちを生前教えられたように現れ、そして偽の天国へと連れて行き、次に生まれ

変わる準備をするというものですね。私たちの現実は思考によって創られるとしたなら生前に

転生輪廻の教えを信じた人は自らがそうした世界を創り、そうした人々が集まる世界へと行く

ということになります。したがって、これまでの3次元世界にはそうした偽の輪廻転生システムが

存在しただろうと思います。しかし、5次元に移行した今はそのようなシステムが崩壊し、そのまま

絶対無限の情報プールに戻るということになります。そのためにみ輪廻転生システムの考えを

捨てなければいけないことと思います。もし、そうしなければかっての3次元世界に引き戻される

(と言っても、自分の考えがそうなのでそこに引き寄せられるだけのことですが)ことになるのでは

ないかと思います。

カルマも同じですね。成長と言う概念や罪や罰と言うものが存在しないならカルマも存在し得ない

ことになります。そして、重要なことはそうしたことを前面に押し出しているアセンション情報は

正しくないか、別の世界からの情報と言うことになります。

そのためには情報を知ることは大事ですが、その後に取捨選択して残す、捨てるという判断が

必要になると思います。



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:税金、税金、税金・・・・」 [アセンション]

世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:税金、税金、税金・・・・」



(ここから)

目をつけたところからは、何があっても、どんなことがあっても、何を言われても、

どんなムチャクチャな言いがかり?をつけて、ごり押しをしてでも取る(盗る?)・・

一度、取れる!と目をつけられたら終わり・・・


これが、税金????


そして、取る理由は関係ない・・復興に使いますと言って取ってる復興税・・

でも、まったく復興には使われてない・・・それでも、復興税は復興税という名前の

ままずっと取り続ける・・一度名前をつけて、国民がそれを支払いはじめたらOK。

もらったお金の用途はこちらで自由に勝手に変更します・・・


これが、税金・・・


そして、強い?ところには優しく、弱い?ところからは搾り取る・・


これが、税金の取りかた・・


加熱式たばこに増税案急浮上、当惑するメーカーの本音


ブータンで聞いたんですけどね・・

ブータンでは、10年ほど前まで税金というものは無かったそうです。

戸籍もほとんど機能していなかった・・・


そして、いまでも税金を払うのは毎月決まったお金をもらう公務員と会社員だけらしいです。

それも、日本とまったく違って、まずお給料をもらうでしょ・・その中から必要経費

(食品とか、衣服とか、文具とか制服とかの教育費などの生活に使った分の

領収書をもらっておいてそれを必要経費として計上する)を引いて、残った分に

税金をかけるそうです。


それでも、特にティンプーのような都市部では、お給料のわりに住居費が高くて、生活は

苦しいそうです。

お給料の半分が住居費(都市部では賃貸がほとんどらしいです)でなくなる・・と。

それは日本の都市部と同じですね。

だから、経費を引いたらほとんど残らない・・だから、ほとんど税金は払ってないらしい。

貯金も出来ない・・って、ガイドさんも嘆いてましたけど。

そして、はっきりとしたお金としての収入がない農家などは、まったく税金は払って

ないそう。


それでも、国は何とかやっていけてるみたい・・まぁ、まわりの国の援助で成り立って

いるみたいだけど。

それはそれで、またいろいろ問題は出てきますが・・税金としてはうらやましい方法だと

思いました。


日本みたいに、最初から天引きされる国ってあまりないそうですよ・・おまけに

二重、三重に税金をかけてる国なんて、ほとんどないって聞きました。

(二重、三重に税金をかけるって、もうすでに憲法違反らしいけど、偉い方たちは

そこは誰も突っ込まずスルーで既得権???)

そして、そうやって集めた税金も国民にはほとんど還元されず、他の国のATMとして

どんどん持っていかれてしまうんですよね。


税金を払わないと言ってるんじゃないんです(本音は、出来れば払いたくないけど)・・

でも、適切に使って欲しい。

適切に使ってもらえたら、国民がこんなに重税にあえぐこともなくなるし、税金を

払う分を生活にまわせたら、消費も増えるから、経済もよくなると思う。


では、今日のアシュタールからのメッセージをお伝えしますね^^

「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

よく、どうすれば税金を少なくすることが出来ますか?、とか、払いたくないんです・・

というご質問を受けます。


人それぞれの考え方がありますし、それぞれの仕事や収入も違いますので、ひとことで

こういう方法があります・・とお伝えすることは出来ないことをご理解くださいね。


それでも何か方法はありませんか?・・と言われれば・・・


まぁ、一番いい方法は、お金というツールを使わない・・という答えになりますが。

いまのあなた達の社会において、急にそれをすることはムリだと思います。

でも、お金というツールを使わなくても良い社会を創造する・・という

方向性を持っていれば、その社会を創造することは出来ます。


それには、まず・・・あなた達のいまの社会の形態・・ピラミッド型社会は、あなた達

庶民から搾取するために創られたものだということを、しっかりと認識してください。

それが一番最初にすることです。


自分がいる(所属している)社会が、どういう社会なのか?・・それを知ることが先です。

そうでないと、考えることが出来なくなるからです。

そうでなければ、疑問を持つことが出来なくなるからです。


いままでのようにそのことを知らず、国や国の偉い人(リーダーたち)は、国民のことを、

一番に考えているんです・・などと言う言葉を信じていると、いつまでたっても

搾取され続けることになるからです。

思考停止にならないでください。


何度もお伝えしていますが・・あなた達のピラミッド型の社会システムは、あなた達を決して

豊かにはしません。

搾取が目的ですから、取れるところからどんどん取ろうとします。


そして、そのことに気がつかせないように教育するのです。

自分たちが搾取されていることに気がつかないように、いろんな方法であなた達の目を

違うところに向かせようとするのです。

思考停止にするために、たくさんのことを行っているのです。


ピラミッド社会は、あなた達にとって味方であり、安全なところではないのです。

そこから出ない限り、あなた達は搾取され続けるのです。

そこが安全だと思ってしまっているのは、思考が停止している状態なのです。


戸籍という制度は、あなた達を管理するために創られたものです。

国民の動向(どこに住んで、誰と結婚して、子どもが何人いて、などの情報)を掴むことで

庶民をしっかりと管理することが出来ます。

その戸籍をもとに、搾取をするのです。


戸籍がないと働くことも出来ませんね。

社会的な活動が出来ないようにしているのです。

そこからはみ出すと、社会では生きて行けない、それはもうどこでも生きることが出来ない・・

と思わされていますが、戸籍など必要ないのです。


戸籍は、管理するためにあるものだということも理解してください。


このように、生まれた時から当たり前にある制度などに疑問を持ってください。

そうすれば、いろんなことを考えることが出来るようになります。


税金は、搾取です。

誰かがお金を集めて、それをみんなの利益のために分配する・・そんな必要はないのです。

分配するためにリーダーなどいらないのです。

お金を集める、それをどう使うか決める・・それが政治です。

でも、そこには権力が発生してきます、自分の気にいらないことをすると分配を止めますよ、

という脅しで人をコントロールすることもできるようになるのです(あなたもよくお分かりだと

思いますが)・・だから、どんどんおかしくなって行くのです。


一人一人が自立した社会では、リーダーなど必要ないのです。

福祉?など、いちいち誰かが計画?リード?するなんてまったく必要ないのです。


みんなが豊かで、ご機嫌さんな社会なら、手を貸し合うのは当たり前のことだからです。

自分の得意なことを提供しあうことが出来れば、お金も、リーダーも、政策も何も

必要ないのです。



お金というツールは、生きていく上で必要のないものだということを理解してください。

そして、国もいりません。


当たり前だと思っていることに疑問を持ってください。


それが、税金を払わなくてもいい社会を創造するための第一歩になります。


あなた達に愛を込めてお伝えいたします。」


ありがとう アシュタール! 感謝します。

(ここまで)


この国は税金と言うシステムからして終わってますね。

なぜなら、税金の半分は国外や政治家などへ消えてしまっているから国民に還元されることなんか

あり得ない話だからです。

モリカケ学園のシステムしても合法的な税金かすめ取りシステムだし、一般会計以外の特別会計は

使途不明金がたくさんあり、その実態はどこかに貢いでいるのでしょう。

そのくせ、一般会計だけ取り上げて国の借金はこれこれで国民一人当たり837万だからとのたまうし

何とかして国民をだまそうとしているのは目に見えてます。


学校教育では税金は国民の義務と教えられ、脱税をすると刑罰を受けるの脅され渋々払っているのが

大多数で誰も文句を言わない。それに、違法税金で国を訴えてもほとんど負ける裁判になってます。

何せ裁判所と国はグルですからよっぽど明らかな事例でないと裁判では勝てません。

勝ったとしても、それだけです。同時に彼らは税法を変更して次には勝てないようにします。

だから、この世で一番力を持っていっる国そのものの存在悪だろうと思います。

やはり、この世からお金を追放しないと真に国民のためのシステムは生まれてこないようです。



nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:blog

破・常識 あつしの歴史ドラマ「アシュタール:すべての存在の始まり・・・・・・」 [アセンション]

破・常識 あつしの歴史ドラマ「アシュタール:すべての存在の始まり・・・・・・」



(ここから)

今日の破・常識!




すべては、あなたがどこへ 

あなたの意識エネルギーを向けているかで決まる・・・らしい(笑)



では、アシュタールからのメッセージをお伝えいたします。






「こんにちは こうしてお話し出来ることに感謝します。

あなたも私も すべての存在は体験するために存在しています。

あなたの目に見える存在も見えない存在もすべてです。

私たちは(すべての存在は) みんな例外なく 

私たちの大元の存在から派生したものなのです。


この宇宙は、ある意識からはじまっています。

その意識が出来た?目を覚ました?生まれた?から 

宇宙そのもの、そして そこに存在するすべてがはじまったのです。


その大元の意識が、絶対無限の存在なのです

(呼び方は いろいろありますが・・)

絶対無限の存在は、意識=波動=エネルギーなのです。

意識が生まれたから世界が生まれたのです。

そして、この意識は自分が何者であるか知りたかった。

でも、一人でいくら知りたいと思っても 一人では何もわからない・・・

だから自分を知るために自分をたくさん創りだしたのです。

意識はエネルギーですから なんでも創造する事が出来ます。

自分をたくさん創りだして たくさんの経験をすれば 

自分が何者であるのかわかると思ったのです。


その大元の絶対無限の存在が体験(経験)するために創りだしたのが 

あなたであり 私という存在なのです。

あなた=私=絶対無限の存在だということです。

これがワンネス・・すべてはひとつだと言われる理由です。


ですから私たちは、体験するためにここにいるのです。

3次元の物質世界を体験するために 

あなたはその3次元的波動領域の惑星に転生し

私はエネルギーとしての体験をするために 

この次元に存在しています。


ただ存在しているところが違うだけで 

あなたも私も同じものだということです。

そして存在しているところが違うのは、どちらが偉いとかではなく 

同じところに みんながいても体験が似てきて幅が狭まるので 

もっと違う体験をするために違う次元を 絶対無限の存在が創造し 

そして、どの次元の体験するかは 

その創りだした存在が決めるのです。


同じ絶対無限の存在から派生したもの(存在)であっても、

それぞれに個性があり 、そしてすべての体験の選択は 

自由にその個性に任されているのです。


ですので体験(経験)に いい経験、悪い経験というものはありません。

絶対無限の存在にしてみれば 

すべては素晴らしい貴重な経験なのです。

愛に向かって行こうとする体験も 愛から離れようとする体験も 

どちらも素晴らしい体験だということなのです。


喜びの体験も 悲しみの体験も 

絶対無限の存在においては同じ貴重な体験なのです。


そしてどの経験をするかは、個性のエネルギーに

すべて任されているということを忘れないでください。

絶対無限の存在は 、それぞれの自分から派生した個性のエネルギーに 

どんな体験をするかは、すべて任せています。

個々のエネルギーは何をしてもかまわないのです・・

どこまでも自由なのです。


だからあなたは自由に何をしても構わないのです。

相手との同意があれば、その相手(その相手も絶対無限の存在だから 

結局は自分なのですが)とどのような体験をしてもかまわないのです。

悲しい体験をしてそこから喜びの体験の楽しさを知ることもあるでしょう。

喜びの体験だけが素晴らしくて 

悲しみを感じる体験はいけないものだということは

絶対無限の存在から見ればまったくないということです。



もしあなたが、今この時になにか悲しみを感じる体験をしているとしたら

それはあなたが悲しみの体験をする方向を向いているからなのです。

思考はエネルギーですから どこに向かっているかで

現実(体験)は変わってきます。


ですから、もう悲しみを感じる体験は止めようと

気持ちをパッと切り替えて 楽しい経験を選ぶと宣言すれば 

そちらに意識の方向性が変わりますから 

現実も(体験も)楽しい方向へ変わっていくのです。


すべては、あなたがどこへ 

あなたの意識エネルギーを向けているかで決まってきます。

なにかあなたにとって不都合な現実が起きているとしたら 

その現実を起こしている人(起こしていると思われる人)ではなく 

あなたがそこにフォーカスしたからその現実が起きてきたのです。


あなたが創造したのだから違う現実(体験)も 

あなたが好きなように創造できるのです。

絶対無限の存在は、どんな体験をするかは 

すべてを個性のエネルギーに任せ切っています。


あなたが悪い人だと判断した人も 同じ絶対無限の存在から派生した

個性のエネルギーなのです。

そして、その存在も同じように何をしても自由なのです。

この話になるとたくさんの疑問が湧いてくると思います。

ここでお話しするとすごく長く、難しくなってきますので 

またの機会にしますね。


とにかく私たちは絶対無限の存在から派生した

個性のエネルギーで、

体験するために存在しているということなのです。

そして絶対無限の存在が自分が何者であるかわかるまで 

体験し続ける旅の途中だということです。

そして、どのような体験をするかということは 

それぞれの個性エネルギーに任されていて

何をしても自由なのです。


あなたは、私 私は、あなた・・

あなたも私も絶対無限の存在・・ワンネスなのです。


私であるあなたに愛をこめてお伝えいたします」



ありがとう アシュタール!

(ここまで)


どんな体験であってもその人には貴重な体験だということですね。

たとえ、この世で悪いことと思われておることであっても、その人だけしか体験できない

ものなので価値ある体験と言うことになります。

この良い悪いという価値判断はあくまでもこの3次元におけるものなので、この次元を

離れてしまうとその体験はその価値判断を超えてすべての存在に共有されるものと

なるので貴重なものと言えるしょうです。

しかしながら、だから悪いことをいくらしてもいいということにはならないということも

心に留めておくべきでしょう。それが許されるのは互いの合意がある場合です。

戦争もものすごく悲惨な体験ですが、双方ともハートのレベルに於いて被害者と加害者を

体験したいと思うならばあり得ることです。

ただ、それをマインドにおいても望むかと言えばそうでないことも多いだろうと思います。

そうした場合にはそこで終わりにしたいと強く宣言する必要があるようです。

そうすることによって、次の新たな体験へと進むことが出来るのでしょう。




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

偽の子馬を用意したら・・・、馬はどんな反応を??? [おまけ]

牧場に子馬の人形を用意してあげたら、それを見た馬が示した行動とは???

やっぱりね~(笑)。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

世にも奇妙なフツーの話「ミナミさん: ブータン旅行記(4)・・どうしたん??それ・・・」 [アセンション]

世にも奇妙なフツーの話「ミナミさん: ブータン旅行記(4)・・どうしたん??それ・・・」




(ここから)


「近代化の波・・(ブータン)」の続きになります^^


パロからティンプーへ移動した私たちミナミAアシュタールですが・・・


パロに着いたのが朝の8:30でしょ(荷物が出てこないやら、両替やらで時間をとられ

パロ空港を出発したのが10:00くらい)・・そこから車に乗り一時間余りかけて

ティンプーへ到着したのが11:00くらい。

日本時間で14:00くらいでしょ・・・日本を出てから、かれこれ28時間近く・・・

飛行機の中でもほとんどゆっくり寝られなかった私たちは、正直もうヘトヘト(苦笑)


降り立ったパロ空港は、標高2200メートル、大体富士山の5合目くらいの高さにあって、

空気が薄く、急に動くと高山病のような症状が出るから気をつけてください・・という

情報があったので、心配してたんだけど、それに関しては二人とも大丈夫みたい・・


それよりも、眠さの方が勝ってた私たち^^


ティンプーに向かう道すがら、ブータンのことやティンプーのこととかいろいろ

ガイドさんが話をしてくれんですが・・写真にある3つの仏塔の話とか・・・


butan15.jpg



眠すぎて?ヘロヘロ過ぎて?まるで頭に入らず・・・

とにかく横になって休みたいよ~~~・・ってなってました^^;


ティンプーに着いてからも旅行社の人が立ててくれてたプランでは、お寺やお城とかの

市内観光があったんですけど・・・もう無理ぃ~~~^^; 頭クラクラするぅ~~^^; 


・・ってことで・・もう無理ぃ~~・・休ませてぇ~~・・って、ガイドさんに無理を言って、

急遽プラン変更してもらうことに。。わがままな私たちでごめんなさいね~~。。

だって、疲れちゃったんだもん^^、だって休みたかったんだも~~ん^^、

気持ちよく了解してくれたガイドさん、ありがとうございま~す^^

で、市内観光は明日にまわしてもらって、とにかくお昼ご飯だけサクッと頂いて、即ホテルへ・・


butan16.jpg



まだチェックインできる時間じゃないのに、無理言って大丈夫かなぁ~~、

(日本なら決められた時間にならないとほとんどチェックイン出来ないから)部屋に入れず

フロントで何時間も待つっていうのもかなりしんどいなぁ~~・・って思ってちょっと心配して

たんだけど・・・



やっぱりブータンだったぁ~~^0^

ゆるさマックス・・大好きブータン^0^


すぐに良いですよ~~ってことで、無事にお部屋にチェックインすることが出来ましたぁ~~

ホント助かったぁ~~~・・

でもね、シャワーは夕方5時すぎないとお湯が出ないので無理です・・って。

それまでは、我慢するか、水でシャワーしてください・・って。

大丈夫、大丈夫、・・きっとシャワーする気力もなく、即寝ちゃうからOK・・ってことで、

お部屋へGO!


でね、お部屋に入って、荷物を解いて、とにかく顔だけでも洗いたいと思って私は洗面所に

いたんですよ。



そしたらね・・・ゴン、グシャ・・ってすごい音とともに、あつしさんのウオ~って叫び声が・・


え~~ッ?? 何? 何? 何が起きた????






急いで洗面所を出てみると・・手にカーテンレールを持って佇んでいるあつしさんが・・・


どないしたん??。それ・・・あまりのことに思わず関西弁で聞く私・・・


・・・カーテン閉めようとしたら、レールごと落ちて来た・・・


え~、どうすんのぉ~~?? カーテン閉まらなかったら、外から見えて寝られへんやん・・

明るいし・・フロントに電話する???



・・ちょっと待って、何とかしてみる・・・と言って、椅子に登ってカーテンレールと格闘する

あつしさん・・・



あ~~でもない、こ~でもないと、20分くらいの格闘の後、無事にカーテンレールはもとの

ところに格納することができ、無事に昼寝をすることが出来ましたとさ(笑)


ブータンまで来て何をやってるんだか???

ブータンは、カーテンレールまでゆるかった(爆)

でも、そんなブータン、大好き^0^



・・・ということで、たっぷり昼寝をして元気を取り戻した私たちは、夕方になって

ティンプーの町なかへと散策に出掛けたのです。

実際歩いたティンプーの町は、やっぱり朝に感じた違和感と同じものを感じました。


なかなか写真では私の違和感をお伝えすることが出来ないけど・・

こんな感じの町です^^

野良犬が、車道も関係なくあっちこっちで寝てる^^;

車はそれをよけながらだから、結構スリル満点(笑)

butan17.jpg


butan18.jpg



この並びは、ブータン政府が許可している80件くらいが連なるお土産物屋さんたち。

5時過ぎにはもう店じまいしているお店が多かったですね・・閉める時間もバラバラ。

そんなところもやっぱりブータンだった^0^


butan19.jpg



日本だったら、これからが書き入れ時って時間ですよねぇ~~^^;



そんなこんなで、次の日はティンプーの市内観光?となります・・・続く。


(ここまで)


犬が道路端で寝ていますが、中にはかなり道路に近いところに寝ている犬もいてブータンらしさ

いっぱいですね(笑)。

それだけ動物と人との距離が近いのでしょう。

互いに信頼関係を築きテリトリーを守っている証拠ですね。

昔の日本も犬は放し飼いが普通でした。

それが出来なくなったのは狂犬病が日本で蔓延し始め、注意喚起がなされたころです。

よだれをだらだら垂らしながら放浪している犬のイラスト入りのポスターが町のあちこちに貼られて

いたのを覚えています。それからは犬の予防接種と鎖でつないで飼うことが義務化されました。


隣の家でデコというちょっと大型の雑種犬が飼われていて、もう老犬だったので毎日道路端に

寝そべって日光浴をするのが日課でした。

道路も今のようなアスファルトで舗装されたものではなく砂利を敷き詰めたものでしたが、端っこの

方は砂が固くなってアスファルトの様になっていましたので絶好の場所だったんですね。

今ではとても考えられない光景です。それがブータンではまだ健在だったんですね。

その写真を見ただけでうれしくなってしまいました。

ブータンにはまだ土のにおいが残っているんだな~とですね。


まだまだ旅行記が続きますが、次回はどんなたびになるのやらとても楽しみです。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

破・常識 あつしの歴史ドラマ「アシュタール:人間関係・・・・・・」 [アセンション]

破・常識 あつしの歴史ドラマ「アシュタール:人間関係・・・・・・」



(ここから)

今日の破・常識!




対立のエネルギーは、対立を生み出し

楽しさを失ってしまう・・・らしい(笑)


では、アシュタールからのメッセージをお伝えいたします。








「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

対立しないでください・・対立のエネルギーは対立を生みます。

緊張を生み出し、身体も気持ちも固くなってしまいます。

固さは柔軟性をなくし、余裕をなくし、楽しくなくなってしまいます。


積極的に受け入れてください。

受け入れると柔軟になります。

柔軟になるとリラックスし余裕ができ楽しくなります。

楽しくなるといろいろなアイディアが出てきて、もっと楽しくなります(笑)


対立ではなく仲良くする方向へ意識を変えてみてください。

例えば、身体についてですが・・どこかが痛かったり 

不調だったりした時には、どうしてこんな時に・・とか、

もう私の身体ってホント弱くてイヤ・・とか、思って 

イライラしたりしないで下さい。

身体を責めるエネルギーを出して身体と対立しないようにしてください。

仲良くする方向・・ありがとうね、

あなたがいてくれるからこうして私は動くことが出来て 

したいことが出来て、たくさん楽しい経験することができるの、

とても感謝しています・・と身体に優しく語りかけてください。


すべての存在には意識があります。

あなたの細胞一つひとつにも意識があります。


ちょっとイメージしてもらえればわかると思いますが・・・

あなたが出来る限りのエネルギーを使ってやった仕事があるとします。

あなたは、あなたなりに一生懸命しました。

その時に、この程度ですか? 

もっとやってくれなきゃ困りますねぇ~~・・と言われたら 

どうでしょうか? どう思いますか? 

そして、そのあとその仕事に対するあなたの気持ち、

テンションはどう変わりますか?

反対に、ありがとう、あなたがこの仕事をしてくれたおかげで 

本当に助かりました。

感謝しています・・これからもよろしくお願いします・・

と言われたら、どうでしょうか?


身体の細胞も同じです・・身体の細胞も意識がありますので 

感謝のエネルギーを受けると元気になり調子よくなっていくのです。

動いて当たり前・・ではないのです。

動いてくれるのは奇跡のなせる業なのです・・


対立のエネルギーは対立を生み出し楽しさを失ってしまいます。

楽しいエネルギーが、すべてをスムーズに動かしてくれるのです。


身体だけではなく、人間関係も同じだということはわかりますね。

お互い尊敬の気持ちを忘れず、その人の存在に感謝していれば 

軋轢は 起きてきません。

仲良くする方向のエネルギーを忘れてしまった時に 

何かしらのトラブルが発生するのです。

コントロールしようとするのも、対立のエネルギーをもたらします。

対立のエネルギーを感じると、人は反発しようとします。

子供に対して言うことを聞かせようとするエネルギーを出すと 

子供は 言われたことを理解していても、気持ちが反発しますので

あなたの言うことに わざと逆らおうとします(笑)


もちろん子供だけではなく、夫婦間、会社の上司と部下、

友人関係などすべての人間関係も同じことが言えます。

何か上手くいかない人間関係があるならば 

仲良くする方向へ意識を転換してみてください。

相手にこうしてほしい・・とか、私の役に立ってほしい・・とか、

というようなコントロールの気持ちは 自由の介入になり 

対立のエネルギーを生み出します。


仲良くなる方向とは、尊敬と感謝の気持ちです。

あなたが存在してくれることに感謝します・・という気持ちです。


そして、何よりも一番大切な人間関係・・(笑)

あなた自身との関係も同じです。

あなた自身と 仲良くする方向へ意識を変換してください。

出来ないことを数えるのではなく、出来ることを数えてください。

私はこんなことも出来るし、あんなことも出来る・・

素晴らしい存在だと自分を褒めてください。

出来ないことを数えることは 対立のエネルギーです。

自分と対立してどうしますか?(笑)

仲良くしてください・・そのためには、どんどん自分を褒めてください。

褒めることで 自分が好きになり、自分でいることが楽しくなり 

自分と仲良くすることができます。

あなたがあなた自身を尊敬し、自分の存在に感謝してください。


あなたがあなた自身と仲良くなれれば 

人のことは気にならなくなりますよ。

人と比較してどうのこうのと悩むことがなくなり自由になれます。

すべてにおいて対立ではなく、仲良くする方向へと変換してくださいね。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」



ありがとう アシュタール!

(ここまで)


対立のエネルギーを出し、いがみ合っている二人を見ていても楽しくありませんね。

それはどちらかに非があるということ関係なく見ていても苦しいものです。

だから、対立するというのは好ましくありません。

ましてや当事者同士はもっと苦しいはずです。

しかし、勝ったと思った方が楽しいかもしれませんが・・・・。

それも一時でその反動がどこかで現れます。


対立するとそこにはエネルギーのぶつかり合いが生じ火花が散ります。

結局はエネルギーの消耗に終わることなので、受け流すことも時には必要かと思います。




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

世にも奇妙なフツーの話「ミナミさん: 時間がな~~い^^;」 [アセンション]

世にも奇妙なフツーの話「ミナミさん: 時間がな~~い^^;」


(ここから)


なんかやることがいっぱいあって、忙しい、忙しい・・あ~~、もっと時間が

欲しいよ~~・・って思ってたら、アシュタールからメッセージが来ましたので、

お伝えしますね^^


「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

時間が欲しい~~って思う時は、ゆっくりと行動してください。


え~~、何言ってんの? アシュタール・・そんなことしたらもっと時間が無くなる

じゃない・・って思うと思いますが、そうなんです。


ゆっくりと行動すれば(行動だけではなく、気持ちの方が大事なのですが・・)

時間は伸びるのです。


時間というのは、定規のように固く、そして一定のメモリがあるわけではありません。

時間は伸び縮みするのです。

それは、あなたの意識によって変わります。


早く、早く・・って気持ち(意識)が焦れば焦るほど、時間も短くなってしまいます。


反対に気持ち(意識)がゆったりとしていると、時間もゆったりと流れるのです(伸びる

のです)

それは、あなたも経験したことがあると思います。

ゆったりとした気持ちでいる時の5分と、焦っていることに5分は感覚的に違うと思います。

それが、時間の伸び縮みなのです。


時間は意識の表れです。

時間という物質はありませんね。

時間は、時計で計れるものではないのです。

時間は体感です。


時計で計っているように思っても、結局は体感なのです。

天体(太陽や星)の動きで時間をはかろうとするやり方もあるかもしれません。

それも結局、時計と同じです。


だからといって、時間を止めることは出来ません。

それは、あなたの意識が止まることがないからです。

意識が動けば? 流れれば? 変化すれば?、あなたの現実は動く?流れる?変化する?

から、時間が流れたように思うのです。


時間が先ではなく、意識が先なのです。

意識が動いたから、現実が動き、時間(という体感)も動くのです。


難しいですか?

時間は、伸び縮みするのと同様に過去にも未来にも接続することが出来ます。

先ほどもお伝えしましたように、固い定規のようなものではありません。

やわらかくて、伸び縮みしたり、巻くことが出来るゴムのようなものだと思って

いただけるとイメージしやすいかもしれません。


イメージすると言っても、結局は物質ではなく、あなたの体感にしか過ぎないのですが・・


時間は、あなたの意識の中にあるのです。

あなたの意識が過去の記憶にリンクすれば、あなたの時間は過去とつながります。


そして、あなたの過去とリンクした時間は、いまのあなたの時間(意識)は未来へと

リンクすることになるのです。


もう無理ですか?(笑)

ですので、時間を物質的に?形而上学的に?理解、表現、解説しようとすると、どんどん

迷子になってしまうということです。


時間は、人によって、そして同じ人でもその時その時の状況によっても変化します。

それは、体感だからです。

体感によって、時間を感じなければ、時間を認識することは出来ないのです。


体感を信じてください。

そして、決めてください。

この時(決めた時?)までに、これをします・・と、決めてください。


たとえば、日が暮れるまでに、この場所にたどり着きます・・と決めるのです。

そしたら、そこに意識のエネルギーが流れますので、その現実が創造できるのです。

そこで、時間がない、そこにその決めた時までにつくことが出来ないかもしれない・・と

いう意識エネルギーを流したら、その現実を創造して着かないということもあるのです。


乗りたいと思ってた電車に間に合わない・・もう無理だ、ゆっくり行こう・・って気持ちを

かえたとき、無理だと思ってた電車にどうしてかわからないけど間に合った・・という

経験はありませんか?

それは、あなたの中の意識が変わったから、時間も変わったということです。


時間はあなたの意識の中にあります。

あなたの意識が創造し、そしてそれを体感しているのが時間と呼ばれるものなのです。


だから、最初に話に戻りますが・・

時間がない、時間がない・・と思えば思うほど、あなたの”時間がない”という意識が、

時間がない現実を創造し、時間がないと体感することになるのです。


ですので、時間が欲しいと思うならば、意識をゆったりと持って、

意識してゆったりと行動してください。

そうすれば、時間は伸びた?ゆったりとした流れになった?体感を得ることが出来るのです。


今日お話ししたよくわからない説明は理解しようとしなくても大丈夫ですので(笑)

とにかく、あ~時間が欲しい・・と思う時は、ゆっくりしようと思っていただけるだけで

いいです。

とにかく、試してみてください。

きっと、頭(マインド)的に理由はわからなくても、時間がゆっくりとなる体感を

感じることが出来ると思います。


時間は、あなたの意識の中にあります。


あなたに愛を込めてお伝えいたします。」


ありがとう アシュタール! 感謝します。

(ここまで)


時間って何なんでしょうね?

江戸時代には時計がなかったので、日の入りと日の出で大体の時間を決めていたようです。

edonojikan.jpg

ただ、これだけだと季節によって日が長い時もあれば短い時もあるので鐘の音で時間を

知らせていたようです。

だから、江戸時代の人はとてものんびりしていたと思います。

現代人のように分刻みで生活することもなかったでしょう。昼の刻になりおなかが空けば

昼飯だし、夕方になって暗くなりかければ夕食を早めに摂っていたことでしょう。


子どものころを思い出せばわかりますが、子どものころと言うのは時間がやけに長く感じられ

一日の終わるのがとてつも長く随分といろいろなことが出来た気がします。

でも、今や時計とにらめっこしながらいろいろなことをするので時にはあっという間に時間が

流れたように感じることがあります。

ということは、時間は個人個人によって流れる速さは異なるということです。

たとえ1時間であってもゆったりコーヒーを飲みながら談笑している人には時間は長く感じられ

営業でいろいろな資料の作成に追われている人はとてつもなく短く感じるでしょう。

あせればあせるほど時間がなくなっていくということです。

でも、面白いですね。みんな平等に時計の針が進むのに、5分がある人にとっては10分に

感じられたり、ああるいは3分に感じられたりするのですから。

時間を測る尺度として原子の分裂する長さを使いますが、あれはあくまでも時計としての時間です。

感覚時間ではありません。時計の時間と感覚時間をいっしょくたにするからわけがわからなく

なってしまうんですね。

過去に意識を飛ばせば過去の時間を今この場に持ってきていることになり、未来に思いを馳せれば

時間は未来に飛ぶということですね。ただ、未来だけは起こりうる確率現象としての時間だと

思います。だから、その通りに時間が流れるとは限らないということになります。

まあ、あまり深刻に考えても仕方がないでしょう。いずれタイムマシンみたいなものも発明され

あちこちに行けるようになるかもしれませんね。





nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

破・常識 あつしの歴史ドラマ「アシュタール:この惑星に来た目的・・・・・・」 [アセンション]

破・常識 あつしの歴史ドラマ「アシュタール:この惑星に来た目的・・・・・・」



(ここから)


今日の破・常識!




ハートは すべてを知っている!

ハートは あなたがこの惑星でしたかったことを知っている・・・らしい(笑)




では、アシュタールからのメッセージをお伝えいたします。






「こんにちは こうしてお話し出来ることに感謝します。

あなたは、もともとは絶対無限の存在から

派生した個性エネルギーなのです。

意識エネルギー・・・それが、あなたです。

その個性の意識エネルギーが物質としての身体を持って 

分離の世界でいろいろな体験をしてみたいと思い 

物質次元のテラ(地球)に波動を合わせ転生して来たのです。

すべては、あなたが望んだから今があるのです。


分離と制限の中でどんな経験が出来るか・・

ワクワクしながら来たのです。

分離と制限の中でいろいろな経験をすることで 

自分が何者であるのかわかるかも知れないと思い 

ここに転生して来たのです。


あなたは、身体を持って誕生し 

そして、身体を脱ぐ日まで体験し続けます。

一体私の人生は何のためにあるのかしら・・

と思うときがあると思いますが、

あなたは体験をしに来たのです。

あなたにとって好ましい体験もあるでしょうが 

イヤだと思う体験もするでしょう。

でもそれは どちらもあなたにとって貴重な体験だということです。

あなたにとっていい体験も悪い体験もない・・

すべては貴重な体験だということです。


楽しい遊園地に遊びに来ているのと同じです。

ジェットコースターを楽しんだりお化け屋敷に入って怖い思いも楽しみ、

湖に浮かぶボートに乗ってゆらゆらと漂うゆっくりとした時間も楽しむ・・

あなたは、楽しむために来たのです。

そして遊園地で楽しんだ記憶を 

お土産として絶対無限の存在に持って帰るのです。

そこにいる意識エネルギーたちにその記憶を共有するために 

あなたは体験しているのです。


あなたの今この一瞬の体験は 

すべての存在と共有されるとても素晴らしい体験なのです。

だからこの体験はダメで この体験は良い・・と、判断しないでください。

あなたのすべての体験を大切に思い感謝して下さい。


そして、あなたは選ぶことが出来ることを忘れないでくださいね。

すべての体験は素晴らしいものですが・・

でも、あなたが望まない体験はしなくてもいいのです。

遊園地に行っても ジェットコースターが苦手ならば 

乗らなくてもいいのです。

あなたの自由意思は尊重されています。

誰かが無理やりにジェットコースターに

あなたを乗せることは出来ないのです。

あなたがイヤならば乗らなくてもいいのです。

どんな体験をしたいのかは 

あなたが自由に選択する権利を持っているのですから・・


ということは、今あなたが体験している現実は 

あなたが選んでいるということなのです。

それなのにどうして私の現実は思ったようにいかないのでしょうか?・・

というご質問が聞こえてきますが、

それは あなたのマインドとハートがバラバラになっているからです。

ジェットコースターはイヤだとマインドで思っていても 

もしかしたらハートは

刺激的な体験をしたいと思っているかもしれません。

マインドで思うよりもハートで思うことの方が現実化するからです。

ハートがジェットコースターの経験を楽しみたいと

思っているかもしれません。

でも、マインドはイヤだと言っている・・・どうしたらいいのでしょうか?


とにかく乗ってしまっているジェットコースターを楽しもうと思ってください。

このジェットコースターに乗っている今を感じつくそうと思ってください。

そうすればハートが満足します・・ハートが満足すれば 

もうジェットコースターに乗らなくても良くなるのです。

ジェットコースターに乗っている今を楽しんで味わい尽くさないと 

ハートはまたジェットコースターに乗りたがります(笑)


アシュタールが何が言いたいのかわからない・・ですか?

ハートは、すべてを知っているのです。

ハートは、あなたがこの惑星でしたかったことを知っています。

それはあなたのマインドの判断では理解できないことなのです。

マインドではイヤな出来事 

したくない体験だと思うかもしれませんが・・

ハートにとっては必要な体験だということなのです。

だからマインドで、こんな体験はしたくない・・

と避けてもあなたのハートが望むのであれば

何度でもその体験をしようと現実化してきます。

ですから、今この時に起きていることから目をそらして背を向けても

また同じようなことが起きて来るのです。

何故同じような事ばかりが起きて来るんだろうと

思うことがあるのならば

それはあなたがこの惑星で体験しようとしてきた

目的を果たすためにハートが起こしていることだからです。

分かりますか?


だから、ハートが満足しなければ

(体験をしっかりと受けとめなければ) 

何度も同じ事が起きて来るということです。

この惑星に転生して来た目的を思い出すために 

ハートが選んでいる事だということです。

だからそこを思い出さなければ何度も同じことが起きて来ます。

それには今この体験を味わい尽くし楽しむ事が必要なのです。


ハートで選んでいることは 

あなたの自由意思で選んでいるということも忘れないで下さいね。

マインドで悪い体験だと思っても ハートの次元では

あなたにとって必要な体験だということです。


何度も言いますが・・

ハートの次元は、マインドには理解できないのです。

あなたのハートを信じ、その体験を楽しんでください。

それが、この遊園地から出るカギ?ドア?になります。

今日は あなたのマインドにとって

訳の分からない話になったと思います。

マインドではなく感覚で受け取っていただければ嬉しいです。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」



ありがとう アシュタール!


(ここまで)


今日はとても信じられない光景を目にしてしまいました。

と言っても、昔はごくありふれた光景だったのですが、今この時にそのような体験をするとは

思ってもみませんでした。

今朝2階の窓から何気なく外を見ると、そこには一面に覆いつくす(オーバーかもしれませんが)

ほどのトンボが飛んでいました。おそらく目の前から数十メートル先まで数百匹はいるだろうと

思いますが、悠々と空を飛びまわっていました。

子どものころにはごくありふれた風景でしたが、農薬が散布されるようになってからとんぼや

バッタ、イナゴと言った昆虫は年々少なくなり、最近では数えるほどしか見なくなりました。

かと言っても今年の農薬散布量が減ったわけでもないのに、こんなにとんぼが飛んでいるとは!

まるで、どこかにタイムスリップしたような錯覚に陥ってしまいました。

しばらくして、2階に上がった時にはそのとんぼの姿はもうありませんでした。わずかに1匹隣家の

屋根の上を這うように飛んでいるだけでした。

何だったんでしょうね。あれは?

でも、すごい楽しい気分を味わさせてもらえました。

また見られるといいですね。




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:社会はもう飽和状態・・・・・・」 [アセンション]

世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:社会はもう飽和状態・・・・・・」


(ここから)

イヤぁ~~、もうやめてぇ~~~(叫)


体臭を計る機械・・体臭チェッカー


「スメハラ」という言葉があるらしいけど・・・口臭、タバコ臭、体臭、

加齢臭、汗臭さ、・・世の中、臭い、臭い、臭い・・って、どんだけぇ~~??


飲めば体臭がバラの匂いになる・・っていうサプリメントもあるけど、

私たちは人間であって、バラじゃな~~~~い(叫)

バラの匂いがする人間の方がおかしい・・っちゅうの(叫)

人間の匂いがしてどうして恥ずかしいんだぁ~~(叫)


もう、こんなに臭い、臭い、臭い・・って言われたら、ずっと消毒液の中にいるしか

ないじゃん!!

そしたら、消毒液も臭いってなるんでしょ????


洗濯洗剤にも、シャンプーにも、化粧品にも、服にも、あれにもこれにも、

たくさん人工的な香料が入ってて、それが混じってまた何とも言えない複雑な匂いがするし、

それはいいのかしら??


どんな匂いがしてたら合格なのかしら??????

無臭の人?・・そんな人絶対にいないし・・


匂いを気にしはじめたら、どんどん気になって来て、ホント外に出ることも、

人に会うことも、怖くなっちゃうよ。

対人恐怖症になっちゃうよ~~・・って、思ったミナミなのでしたぁ~~^^;


では、今日のアシュタールからのメッセージをお伝えしますね^^

「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

すべては商業ベースです。

あなた達の社会はもう飽和状態なのです。


これ以上、物が売れない・・という状態になってしまっているのです。

だから、必要のないものを作り出し、それを売らなければいけないのです。


そのためには、どうすればいいのでしょうか?



そうです・・怖れを作り出すのです。

怖れを作り出すと、それに関するものがたくさん売れるようになるのです。


怖れ・・死や病気ももちろんですが、人からどう思われるか?ということです。

いま盛んに煽っている武器もそうですね。


死や病気に対する怖れを刺激することで、医療や薬、サプリメントが売れます。

人からどう思われるかという怖れを刺激すると、流行遅れの服を着ると恥ずかしいと

思い必要以上の衣服が欲しくなり、より幸せであることをアピールするために(人より

優れている、豊かであるとアピールするために)ぜいたくなものが欲しくなり、そして

体型や髪型、体臭などが気になります。

そのため、衣料品や高級品、サプリメントなどが売れるのです。


他の国との争い?を煽ることによって、武器もたくさん売れるのです。


すべては、物を買わせるための商業ベースだということです。

怖れから物を買う・・本当に必要ではない物をたくさん買うようになる。

そのために、必要以上の労働をしなくてはいけなくなる。

そして、働き過ぎて心身ともにクタクタになり、その疲労を紛らわせるために

また必要のないものを買い、そのお金を稼ぐためにまた必要以上に働く・・・

その悪循環に陥ってしまっているのです。


生活するのに必要なものだけを買う・・

そうすれば、必要以上に働く必要はなくなるのです。


怖れに巻き込まれないでください。

商業ベースで考えられた怖れに乗らないでください。

怖れに乗ると、次から次へと必要のないものを買わなければいけなくなって

しまいます。

必要のない労働をしなければいけなくなってしまいます。


あなたの人生の目的が、物を買うことになってしまいます。

それでは、人生の質(クオリティー・オブ・ライフ)が低くなってしまいます。


あなたは、必要なものはすべて手にしています。

そして、テラに存在するために本当に必要なものは、必要な時に、必要なだけ

必ず手に入るのです。


怖れから欲しがらないでください。

怖れを手放せば、あなたは豊かな人生をゆったりを過ごすことが出来ます。


あなたに愛を込めてお伝えいたします。」


ありがとう アシュタール! 感謝します。

(ここまで)

臭いと言うのも最初は汗臭いにおいだけが商売の対象になっていましたが、今の社会は

それこそあらゆるものに香料が入ってますね。

いちばんの例は清涼飲料水やコーヒー類ですね。

必ず何らかの香料が添加されています。

コーヒーならコーヒーらしい香料ですが、これはコーヒーらしくなくなった古い豆の香りを

消してカモフラージュするためのものです。

コーヒーを入れてその後1週間、2週間と放置するとどうなるかわかりますね。

色はどす黒くなり、味は酸味と渋みが増し、苦みも出てきます。

それ以上にもはやコーヒーと呼べないものになっています。

それを缶コーヒーにすると数か月間大丈夫と言うんですからね。

中身は香料などが効いているだけでほとんど放置したコーヒーの味と変わらないと

思いますが・・・・。

それでも、たまには飲んでますので強いことは言えませんが(笑)。

だから、最近は車の中には清涼飲料水ではなく、飲んだ後に空いたペットボトルに水を

詰めておいて、のどが渇けばそれを飲むようにしてます。

お金もかからず、健康にもいいのでお勧めですよ。


こう考えてみると社会は本当に飽和状態ですね。

だから、すべてご破算にして一からやろうとしているんでしょう。

それが戦争です。その手に乗ってはいけないですね。


本来、こうした上昇志向の経済制度自体に間違いがあるということです。

成長路線が永遠に続くはずはありません。必ずどこかで破たんします。

それが資本主義経済の本当の姿です。

もっと、ゆるく生活できる時代に戻さないとダメですね。




nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:blog