So-net無料ブログ作成
検索選択

世にも不思議な奇妙なフツーの話「さくやさん:王子様を待たないで・・・・・ 」 [アセンション]

世にも不思議な奇妙なフツーの話「さくやさん:王子様を待たないで・・・・・ 」



(ここから)


『毎日かあさん』の著者 西原理恵子さんが新書を出されたそうです。

題名は・・

『女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと』(西原理恵子/KADOKAWA)

その紹介文の中に・・

「つぶれない会社、病気にならない夫はこの世に存在しない」

「王子様を待たないで。社長の奥さんになるより社長になろう」

「お寿司も指輪も自分で買おう。その方が絶対楽しいよ」

というフレーズがありました。

(詳しくはこちらでご覧ください)



このフレーズに激しく共感したミナミなのです。

昔、昔、私も白馬に乗った王子さまがいつか私を迎えに来てくれることを

本気で夢見ていた時期がありました(爆)

いつか、私を幸せにしてくれる人と出会えるぅ~~って^0^;


それから年月は過ぎ・・そんな幻想はどこかへ飛んでいきました・・とさ(笑)

いま、自分でお寿司を食べてます^^

指輪はあまり興味ないから買わないけど、旅行に行ってます^0^

楽しいよ~~~^0^

おかげさまで、私はいますっごく幸せです^0^

ありがとうございます^0^ こころから感謝しています^0^


では、今日はさくやさんからのメッセージをお伝えしますね^^

「自立しなさ~い。

自立すれば、不安はなくなるわ。


でもね、自立は孤立じゃないのよ。

あなた達は、自立と孤立をごっちゃにしてしまうの。

だから、怖くなってしまうのよ。


自立ってね、自分を信じること。

自分の力を信じることなの。

自分だけで生きていくことじゃないの。


分かる?

自分で生きていくには、誰の力も借りちゃいけない・・・そんなことはないし

反対にそんなことは誰にも出来ないわ。

自分一人で生きていくのが自立じゃなくて、依存しあわない関係を築いていける

ことが自立なの。

だから自立した同士が手を貸しあいながら生きていけばいいの。


あなた達は、手を貸しあうこと(提供しあうこと)と依存し合うこともごっちゃに

なってしまってるの。

だから、訳が分からなくなっちゃうの。


自分の力を信じ、自分の出来ることをする。

自分が出来ることを提供し合うのが自立した同士の関係。

この人がいなければ生きていけない・・と思ってしまうのが依存。

これは自分には力がないから、誰かの助けがなければ生きていけないって思うことでしょ。

だから、執着してしまう。

その人が自分から離れてしまったらどうやって生きていけばいいか分からない・・と

思ってしまうから、ご機嫌をとったり、理不尽な要求をも我慢して受け入れてしまうの。

だから、いつもいつも不安で心配で、こころが平和でいられなくなるの。


でもね、自分には力がある、自分のことは自分で出来るっていう自信があれば、

例えその人がいなくなったとしても(さみしいかもしれなけど)執着はしない。

その人がいなくなっても大丈夫って思えるから、不安も心配もなくて気持ちも穏やかで

いられるわ。


自分のことは自分で出来る・・自分の力で生きていける・・と思える人同士が

お互い提供し合えば(手を貸しあえば)とても気持ちの良い関係を築くことが出来るわ。

自立した人たちの社会はとても風通しが良くて、気持ちのいい社会になるの。


いまのあなた達の社会は依存の社会・・あなた達を支配・コントロールしている

人たちと共依存関係になってしまってるから、息苦しくてたまらないのよ、

支配者たちとの共依存をやめれば、すぐに気持ちの良い社会になるわ。


夫婦関係もそうだし、親子関係もそう。

親子関係・・子どもの教育?それも共依存を創りだすのではなく、子どもが自立

出来るようにするのが親の一番大切なことなの。


依存するってことは、あなたのすべての権利を誰かに渡してしまうってこと。

誰かに渡してしまうと、自分で生きる力を失ってしまうから、怖くて仕方なくなる。

それがいまのあなた達の社会に蔓延している不安、恐怖、心配の原因。


それぞれが自立して、それぞれの力を提供し合えば、何も怖いことはないし、

何も不安に思うことはないの。

みんなが豊かで自由で、安心して楽しめる社会を創ることが出来るわ。


あなたには力があるの。

自分のことは自分でなんでも出来る力があるの。

その自分の力を信じてちょうだい。

そして、自分の力を信じるのと同時に、人の力も信じるの。

みんなに自分と同じ力があると信じるの。

そしたら、お互い信じ合い、提供し合うことが出来るようになるわ。

いまあなた達を支配・コントロールしている人たちが作ったピラミッド型の社会から

そっと離れることが出来るの。


自分の力を信じ、人の力も信じることから、新しい社会が生まれるのよ。


あなた達をこころから愛してるわ~~」


ありがとう さくやさん!

私たちもさくやさんをこころから愛してるよ~~^0^


(ここまで)


破・常識 あつしの挑戦「アシュタール:夢物語と片づけずに、それを信じ切る・・・・・」 [アセンション]

破・常識 あつしの挑戦「アシュタール:夢物語と片づけずに、それを信じ切る・・・・・」




(ここから)



今日の破・常識!




どんなに望んでいても 

その望みの現実化を信じていなければ・・

疑いや不安を持っていれば 

それは現実化しにくい・・・らしい(笑)



では、アシュタールからのメッセージをお伝えいたします。







「こんにちは こうしてお話し出来ることに感謝します。

あなたは、一番大切なことを教えられてきませんでした。

真実を見る目に目隠しをされ、聞く耳も塞がれてしまっていたのです。

あなたは、あなたのまわりにあるものすべてが 

偶然にできたものだと思っていますが、そうではありません。


一番大切なこと・・それは、すべてが波動(エネルギー)だということです。

そして思考がすべてだということです。

あなたのまわりにあるものすべては

誰かの思い、願いが現実化したものだということです・・

偶然にできたものなど何もありません。

誰かの頭の中にできたものが現実となるのです。

何よりもまず思考が先だということです。


この思考のエネルギーは、あなたの世界でいう 

良い、悪いは関係ありません。

エネルギーに良い悪いの判断はありません。

ですから強く思考すれば、

そして、それを信じきれば必ず現実化します。

どれだけその思考を信じ切れるかによって 

現実化するスピードと確実性が変わって来るのです。


どんなに望んでいても その望みの現実化を信じていなければ・・

疑いや不安を持っていれば それは現実化しにくいということです。

アクセルとブレーキを一緒に踏むと車は動かないのと同じです。


今あなたの世界は、とても難しいところに来ています。

あなたは、どのような世界を望みますか?

あなたは、どうしたいですか?それをしっかりと意図してください。

あなたが 平和な世界に生きたいと望んでいても 

その世界を夢物語だから・・と思考してしまえば 

本当に夢物語で終わってしまいます。

本当にその世界で生きたいと望むのであれば 

そこで生きるあなた自身をしっかりとイメージし 

その世界の現実化を信じ切ってください。


今あなたの世界は、ある意味 

思考のエネルギーの混乱状態にあります。

思考はエネルギーであり、すべての始まりは

思考だということを知っている存在が

(あなたからその情報を遠ざけ、目隠しをしている存在たち)

その混乱を起こしているのです。

あなたが別の世界を望もうとする思考に 

そんなことは夢物語であって

あなたには、それを現実化する力はない・・

と思わせる情報をこれでもかと流しています。

あなたのハートは平和な新しい世界を

望んでいるのですが、いろいろな悲惨なニュースなどを

みさせられることによって 

あなたのマインドが、やっぱりこれが現実なんだ・・

ここから出ることはできない・・

どんなことを望んでも、それは夢物語であって 

むなしい希望に過ぎないと思い込むのです。

これが、さっき言いました アクセルとブレーキになってしまって 

現実は動かないのです。


思考のエネルギーは、良い悪いの判断はしません。

どれだけ強く、しっかりと信じるかで現実化が変わってきます。

もし本当にあなたが あなたの望む世界に

生きたいのであれば、ぶれないでください・・

疑問、不安に巻き込まれないでください。


こういうことは あまりお伝えしたくはないのですが・・・

今あなたの世界では、思考エネルギーのところで 

あなたをコントロールしようとしている存在と 

新しい世界を創造しようとしているあなた達との

せめぎ合いが 行われています。

今あなたの世界では、武力ではなく 

思考エネルギーの場でのせめぎ合い(紛争)の

まっただ中にいるということを覚えておいてください。

思考エネルギーをしっかりと理解し 

それを信じ使いこなせるようになってください。

すべては、あなたの頭(イメージ、想像)から 

始まります。まずあなたがどうなりたい、

どうしたいのかを しっかりと決めてください。

そして、それは必ず現実化することを

信じ切ってください。そこをあいまいにしていると 

コントロールのエネルギーに巻き込まれてしまいます。

私たち宇宙ファミリーは 

あなた達が新しい世界を創造できると信じています。


あなたに愛をこめてお伝えいたします。」



ありがとう、アシュタール!


(ここまで)


今、この世界は見えないところで大きく揺れ動いています。

これまで信じてきたことが何も信じられないという思いが渦巻いていて、その根底では

もうこのような現実を体験するのは続けたくないというエネルギーが感じられます。

私たちの生活を豊かにしてくれるはずだった政治が実は為政者のためであり、私たち

国民の方を見ていなかったという思いが先日の世論調査に如実に表れています。

これまでマスコミが支持率を高く偽っていたのが真実を報道するような形に変化して

きています。


そして、先日のG20ではトランプ大統領のグローバリズムの否定と温暖化政策への

反対が強硬に反対されなかったのも変化の一端です。

ISと戦うそぶりを見せていたアラブ諸国が実はアメリカと同様IS支援国であったことを

カタールが表明するなど、その団結にほころびも見え始めています。

日本は加計学園や森友学園の認可の不透明さが暴かれるに従い、国民の見る目も

厳しくなりつつありますが、為政者は今でも隠ぺいを続ければ国民もそのうち忘れるだろうと

たかをくくっているようですが、その水面下ではどんどん国民の共感が薄れて行って

いるのがよくわかります。

加計学園と森友学園については法的には何ら問題はないので彼らは総思っているのですが

忖度による恣意的な政治判断が問題だと国民は気づいています。

税金がそうしたことに無駄に使われ、そのシステムにより税金の横領をどうどうと行って

いることが知られ始めています。私たちの支払った税金がどうして有効に使われていない

のか?という国民の隠れた不満がいずれ一気に噴き出すことでしょう。

社会保障費補填のための消費税だとうそぶき、毎年上がる公共料金と庶民の給与が

下がっているのに上がり続ける公務員の給与とのギャップ感に堪えられない思いでしょう。

物価2%アップの掛け声も全く効果がなく、物価はさらに下落し消費者の節約志向が止まら

ない現状から日銀はついに2%の目標を1.4%まで減らす公算が出てきましたが、これも

消費税に対する国民の防衛策でしょう。これに気づいていながらさらに推し進めようとする

日銀は烏合の衆なのか?

いずれにしても国民の不満は大きく渦を巻いていて、このままいけばピラミッドが崩壊する

のも近いことでしょう。

アシュタールの彼らはやり過ぎましたの言葉通りの現実が今起きています。

私たちはもっと安定した生活が出来る平和な社会を求める必要があり、そのためには

その夢を手放さないことです。夢はいつか実現します。辛抱強く現実化のイメージを

持ち続けましょう。