So-net無料ブログ作成

世にも不思議な奇妙なフツーの話「アシュタール:右脳はスーパーコンピューター・・・・」 [アセンション]

世にも不思議な奇妙なフツーの話「アシュタール:右脳はスーパーコンピューター・・・・」




(ここから)

今日のアシュタールからのメッセージをお伝えしますね^^

「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

脳のバランスを取り戻すように意図してください。

脳には右脳と左脳があります。

どちらも大切な機能を持っています・・だから、あるのです。

どちらかが大切で、どちらはいらない・・そういうものではありません。

そして、どちらか一つで機能出来るものでもありません。

右脳と左脳、それぞれの得意な分野があって、その得意な分野を担いあって

いるから、機能出来るのです。


でも、あなた達の社会では左脳ばかり重視しています。

それではバランスは保たれなくなり、苦しくなっていきます。

あなた達の教育では左脳重視の勉強ばかりさせられているのです。

記憶、合理性、効率・・左脳の得意とすることばかりが重要視されているのです。


右脳は感性・・左脳より劣る・・と教え込まれ、感性をないがしろにするのです。

右脳は芸術面だけのためにあるのではありません。

右脳はスーパーコンピューターなのです。

左脳ですべて計画や計算などの処理をしていると思っているかもしれませんが、

そうではないのです。


右脳はとても大きなスペックを持っています。

右脳は、クラウドサービスのような?パソコンの中に入りきれない情報を

インターネット上で保管するような機能を持っています。。

左脳では覚えきれない、計算しきれないことを、右脳は出来るのです。


左脳では覚えきれない膨大な記憶も、クラウドに記憶させることによって記憶を

思い出すことが出来るのです。

複雑な計算もスーパーコンピューターのように計算することが出来ます。


左脳は各自が持っているパソコンのようなものです。

そして右脳は、それとクラウドやスーパーコンピューターにつなげるラインの

ようなものです。

右脳は、感覚や直感という形で、クラウドやスーパーコンピューターから情報を

持ってきます。

そして、その情報を理解できるように言語化するのが左脳なのです。


右脳は感覚なのです。

そして、左脳はその感覚を具現化する(言語化する)機能を持っています。

だから、どちらも必要なのです。


でも、あなた達はそれを教えられていません。

右脳の機能を教えられることなく、小さなスペックの左脳ばかりで作業するように

教育されているのです。

どうしてでしょうか?

右脳の機能を知られてしまい、クラウドやスーパーコンピューターなどにアクセス

されてしまうと、支配者たちが困るからです。

彼らが隠してきた真実がすべてバレてしまい、彼らの言うことを誰も聞かなくなり

支配、搾取できなくなってしまうからです。


右脳も左脳もとても大切な機能を持っています。

ただ、使い方が違うだけなのです。

どちらも必要なのです・・そして、そのバランスがもっと大事なのです。


右脳の機能を思い出すにはどうしたらいいでしょうか??

そうですね、感覚を大切にしてください。

感性を大切にしてください。

証明できないこと・・それが感性です。

フッと閃く、何にも証明?出来ないけど、でもなんとなく理解できる・・という

感性です。


右脳の感性で感じ、受け取り、それを左脳で言語化する・・これが脳のバランスです。


女性性と男性性も同じです。

この話をするとまた長くなりますので、またの機会にお伝えしたいと思います。


感性を大切にしてください。

感性からたくさんの情報を受け取ることが出来るのです。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」


ありがとう アシュタール! 感謝します。

(ここまで)


右脳の驚異的な力を示す良い例が速読ですね。

それだけでなく画家が持つ一目見ただけでその光景をすべて記憶してしまうのもそうです。

優れた画家は現場ではスケッチだけして、詳細な絵を描くのは自宅のアトリエに戻ってから

と言われています。そのときに現場で見た風景や光景を今そこにあるかのように克明に思い

出し、それをキャンパスに描いているのです。

一般的な人はそれが出来ないので、同じ場所に何度も行って絵を完成させます。

そこに右脳の違いがあるようです。


アシュタールが語るようにこれまでの論理的な脳の使い方から感覚や感性を重視する

ものの考え方をするようにするといいと思います。

そして、こうした能力は先天的に出来る人もいれば訓練によって出来る人もいますので

私たちにも十分右脳の能力を開発できるチャンスはあります。

そのためには左脳だけでなく、右脳も使う機会を増やしたり、速読などの技術を習得する

ことでスーパーコンピューターのような能力を手にすることは可能なはずです。





nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

破・常識 あつしの挑戦「アシュタール:世界は反転します!」 [アセンション]

破・常識 あつしの挑戦「アシュタール:世界は反転します!」



(ここから)


今日の破・常識!




あなたのハートが気持ちいいと感じる方を

選択するようにして。

一人一人が、そのエネルギーを強く求めることで

世界はグルんと反転していく・・・らしい(笑)



では、アシュタールからのメッセージをお伝えいたします。





「こんにちは こうしてお話し出来ることに感謝します。

愛の波動がなければ人は満足できないのです。

人は言葉だけを聞いているのではなく 

その人から感じるエネルギーを

受け取っているのです(テレパシーですね)

それと同じことがすべてにおいて言えます。


食べ物もそうです。

どんなに素敵なお皿にきれいに盛られていても 

その料理自体に作り手の愛(楽しさ 喜び の波動)

を感じなければ感動出来ないので 

なんだか欲求不満を感じます。

物にしてもそうです。

すべてに作り手のエネルギーが乗ります。


あなたの社会は、これまで効率、合理性 

そして成長(大きくすること、利益を上げること)

に重点を置き、エネルギーのところを

ないがしろにしてきました。

はじめは、それでうまくいっていました。

でも愛のない社会は長続きしません・・

なぜならば満足できないからです。

効率、合理性 利益率などを重視して 

機械で作られたおにぎりに飽きてしまうのは 

その理由からです。機械で作られたおにぎりに 

虚しさ、つまらなさを感じるのは 

作り手のエネルギーが乗っていないからです。

人は物質だけの栄養を欲しているのではなく 

そのエネルギーによっても癒されて 

満たされているのです。

あなた達が食事を楽しみにするのは 

ただ単におなかがいっぱいになるだけではなく

楽しいエネルギーを補充するためなのです。


食事だけではなく人の笑顔もそうです。

人の笑顔から受け取るエネルギーは 

とても素晴らしいエネルギーです。

周りの人を楽しく、気持ちよくさせるエネルギーなのです。

人は、そのエネルギーによっても満足できるのです。

笑顔は笑顔だけを見ているのではなく 

笑顔から放射されるエネルギーを

受け取って楽しくなるのですから、

感情の乗っていない作り笑顔には何も感じることが出来ません。

機械のおにぎりと同じことです。


そして、そのエネルギーは余裕からしか生まれません。

合理性 効率 利益率などからは、余裕は排除されてしまいます。

今ここに来てあなた達は、愛(喜び、楽しさ)のない社会に

嫌気がさしてきています。愛のエネルギーを 

欲する気持ちがとても強くなってきています。

ハートは、愛を求めています。

暖かな人のエネルギーを求めています。

どうぞ、そのハートの声を受け取って愛を求めてください。

気持ちの良い、あなたのハートが喜ぶこと喜ぶものを選択してください。

効率 経済性 合理性ではなく 

あなたのハートが気持ちいいと感じる方を

選択するようにしてください。

あなたたち一人一人が そのエネルギーを強く求めることで

世界は、グルんと反転していきます。


経済的だから・・という理由で選択したものには 

満足できないでしょう。

満足できないから、もっと欲しくなるのです。

反対にあなたのハートが気持ちよく感じるものは 

長く使いたくなりますし気に入っているものですから 

他の物もそんなに欲しくなくなります。

ですから結果的には 手に入れるときは少々高く感じても 

ハートが満足する方を選ぶ方が経済的になるのです。

あなたのハートが喜ぶ方 

楽しくて気持ちよく感じる方を選択してください。

使い捨てという考えではなく 

すべては自分のパートナーであると考えてください。

人との関係においてもそうです。

物を大切にすることが出来る人は 

人との関係も大切にすることが出来ますから

人間関係もとても気持ちのよいものとなります。

この関係を多くの人が大切にすれば世界は反転します。


あなたに愛をこめてお伝えいたします。」

ありがとう、アシュタール!


(ここまで)


多くの人が自分自身の心に気づき、真実を知るならば、それは全体が気持ちの良い方を

選ぶ方向に変わっていくものと思います。

そうなったときに、何が求めるもので、今あるものの虚構に気づくはずです。

そのときに世界のホログラムは崩れだし、それまで見えなかった世界が自分自身の

周りに見えてくるだろうと思います。

今までと全く違った世界がそこにあり、肉眼では目に見えなかったものもそこに姿を

現してくるので、一瞬目を疑うかもしれませんが、それが真実の姿です。

それはすべてがホログラムであると理解すれば、おのずと見えてくるはずです。


その日が待ち遠しいですね。








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog