So-net無料ブログ作成

世にも不思議な奇妙なフツーの話「ミナミさん:離婚バトルで騒がしいようですが・・・・・ 」 [アセンション]

世にも不思議な奇妙なフツーの話「ミナミさん:離婚バトルで騒がしいようですが・・・・・ 」



(ここから)


ネットの中では、大物芸能人の離婚バトルでワイワイ騒がしいようですが・・

なんでそんな状況になっちゃうのかなぁ~~・・・って思ってたら、さくやさんから

メッセージが来ましたのでお伝えしますね^^


「原因は執着よね。

執着を手放しちゃえばいいのよ。

あなた達の悩み?苦しみ?のほとんどの原因が執着なんだから。


お金に対する執着。

人間関係に関しての執着。

社会的立場に対しての執着。

そして、身体に対しての執着。


執着ってね、変化をしたくないってことでしょ。

変化することを拒むから、苦しくなるのよ。

宇宙に変化しないものなんてないわ。

変化するから、宇宙が保たれるのよ。

変化、循環、それはとても必要なものなの。

変化、循環、が、安定なの。


あなた達の考え方の中にある安定は、変化しないこと。

だから、苦しくてたまらなくなるの。

大きな流れに逆らって泳いでるみたいなものだもの。


変化っていうからイヤなイメージがあるのかしら?

じゃあ、進化っていうわね。

進化って言葉ならそんなに拒否感は出ないでしょ?


みんなすべての存在は進化し続けるの。

進化するから、新しいものが生み出されるの。

新しいものが生み出されるっていうことは、循環するってこと。

循環だからね・・消滅じゃないのよ。


すべてはエネルギー・・そのエネルギーが形を変えて循環しているだけなの。


お金もエネルギー、人間の感情もエネルギー、身体もエネルギー・・すべてエネルギーなの。

そのエネルギーの流れを止めようとするのが、執着。

止めようとすればするほど、そのエネルギーは流れることが出来なくなり、淀んでいく。

淀んだエネルギーの中では、苦しくなって当然よね。


もう一度言うけど、お金はエネルギーなの。

気持ちよく流せば(手放せば)また廻って来るわ。

手放そうとしないから、エネルギーの流れが止まってしまうの。

エネルギーの流れが止まってしまうということは、入ってこないということになる。


人間関係もそう・・パートナーや子どもとの関係も、感情のエネルギーが主なのよね。

この人は絶対に手放さないという執着の感情を持つと、その感情はとてもネバネバしたエネルギーと

なり、その人と自分のエネルギーを絡めてしまうの。

波動エネルギーが違ってしまったら、すんなりと離れたほうがいいのよ。

そんなネバネバしたエネルギーで、絡まれていたらどっちもツライだけよね。

それはわかるでしょ・・離れることは敗北じゃない。

離れることは、ただの進化なの。

お互い進化しただけ・・そして進化の方向が違っただけ・・だから、お互い気持ちよくなれる

方向へ行きましょう・・というただそれだけのことなの。

進化した先で、また新たな人間関係を築けばいいだけのことよね。

その方がネバネバしたエネルギーの中にいるより、息がしやすいと思うけど?


社会的立場・・それはもう幻想でしかないわよね。

何が社会的立場っていうのかわからないけど、そんな幻想にしがみついていても仕方ないじゃない。

その社会的立場が自分のアイデンティティーだと思ってしまうから執着するの。

そんな幻想がアイデンティティーな訳ないじゃない。

そんな幻想は、いつでもすぐに揺らぐわ。

社会的立場・・部長?役員?社長?会長? 自治会の役員? 議員? 何かの組織のトップ?

お金持ち? お医者さん? 弁護士さん? 学校の教授? 母親? 父親?・・社会的立場って

たくさんあるけど、どれが良い?高い?立場なの?

それもはっきりしてないよね。

そして、そんなのすぐになくなるわよね。

社長だって、その会社を辞めればその立場はなくなるでしょ。

国会議員だって落選すればただの人って言われるでしょ。

だから、その立場を死守しようと躍起になるんでしょ?



自分はエリートで社会的にも価値があると思って、そこに自分のアイデンティティーを

持っていたら、その立場を失ったときには自分もここに居る価値はない、生きてる価値もない・・

くらいにて思ってしまうってことよね。

そんな危うい価値観に執着して、自分のアイデンティティーを持ってしまったら、怖くて

怖くて、不安で不安で仕方なくなるわよ。



そして、身体ね・・生への執着があなた達にとってはとても大きいわね。

でもね、身体はあなたじゃない。

身体=自分ではないの・・それは知ってるでしょ。

あなたは意識エネルギー、個性のエネルギーなの。

そのエネルギーが身体という乗り物に乗ってる・・それだけ。

そして、その乗り物から降りる時が来たら、降りるだけ・・

あなたの意識、個性のエネルギーは何も変わらない。

車を運転しているドライバーのようなものなの。

ドライバーは車から降りても何も変わらないでしょ。


だから身体に執着しても仕方ない・・死ぬときは何をしても死ぬの。

死なない時は、何をしても死なないの。

ならば、車を降りる時を(死ぬことを)怖れてビクビクしてるより、車を運転している

いまを楽しめばいいじゃない。

ドライブすることを楽しみ、行きたいところに行き、やりたいことをやって、車に

乗ってるいまを楽しみ尽くすの。

生きているいまを楽しみ尽くすの。

そしたら、生きることに執着しなくなるわ。

生き尽すことをしないで、我慢ばっかりしてるから執着したくなるのよ。

いまを楽しむことなく、来るかどうかわからない未来のためにって我慢ばっかりしてるから

身体を手放すことが辛くなるの。

もっと生きたい、もっといろんなことがしたかった・・って思って執着しちゃうの。

欲求不満になってるから、執着心がでるの。

瞬間、瞬間を生ききっていれば、いつ死んでもいいわ・・って思えるから、執着しなくて

すむのよ。


変化は進化・・それはとても大切なことなの。

安定するためには、進化が必要なの。

水の流れに逆らってもしんどくて、ツライだけよ。

素直に水の流れに沿って流れていけば楽しくなるわ。

(これは他の人の意見に流されるというのとは違うからね・・)


執着を手放してごらん・・すごく楽になって、現実もスムーズになるから。

悩みも苦しみも消えてっちゃうから・・


あなた達を心から愛してるわ~~」


ありがとう さくやさん!

私たちもさくやさんを心から愛してるよ~~^0^

(ここまで)


この手の話題は読むのもあほらしいので全く読んでいません(笑)。

ちょっとねちっこい顔のおばさんの写真が出てますが、その表情を見るだけでわかります。

原因はいろいろあるようですが、女性の方が別れたくないということなんでしょうね。

だって、慰謝料も離婚後の生活費も要求しないというんですからね。

ただ、相手を困らせて、困るのが嫌ならよりを戻しなさいと言っているのかな(?)

失礼!詳細が不明なので私の想像です(笑)。




nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

破・常識 あつしの挑戦「アシュタール:大切なパートナー・・・・」 [アセンション]

破・常識 あつしの挑戦「アシュタール:大切なパートナー・・・・」


(ここから)


今日の破・常識!




身体は、あなたの大切なパートナーであり、一番の味方・・・らしい(笑)




では、アシュタールからのメッセージをお伝えいたします。




「こんにちは こうしてお話し出来ることに感謝します。

身体の具合が悪いときは 

どこのお医者さんに行こうかな・・って考える前に 

身体にどうしたらいいか聞いてください。

あなたの身体はよく知っています。

たとえば膝が痛いと思ったら 

身体にどうしたらいい?・・って聞いてください。

何となく膝を温めてみよう・・って、ふっと思うかもしれません。

そう思ったら膝を温めてみてください。

お湯にゆっくりとつかるのも良いでしょう。

タオルで巻いて温めるのも良いでしょう。

そのやり方も身体に聞いてください。

ふっとどうしたいか閃きのような形でわかります。


身体は、あなたの大切なパートナーであり一番の味方です。

身体と対立しないでください。

お腹が痛くなった時 ”もうこんな時になんで~~? 

今から行かなきゃいけないところがあるのに・・

ホントに困った身体ね!”って 言わないでください。

怒らないでください。お腹が痛くなるということは 

もしかしたら、あなたはそこに行きたくない・・

って思っているのかもしれません。

分かっているのに無理に行こうとしていたりするとそうではないよ・・って

身体があなたの本当の気持ちを

教えてくれているということもあるのです。

身体は、あなたのハートの翻訳機です。身体をよく感じていてください。

そうすれば、あなたのハートが望んでいることが分かります。

そして、病気になることを悪いことだと思わないでください。

身体は、あなたを守ってくれているのです。

たとえば下痢は、身体に必要のないもの 

害を及ぼすものを体外に出す働きです。

身体から排出することで身体を守ろうとしているのに 

下痢止めなどを飲んで下痢を止めてしまうと

出すものも出せなくなり、もっと苦しくなリます。

下痢したときは、どうしたいかを身体に聞いてください。

水分が欲しいか、今はいらないのか?

水分も冷たい水 もしくは熱い何かの飲物?

横になりたかったらなってください。身体が治し方を知っています。

不調を怖がる必要はありません。

あなたの身体にある自己治癒力、自己免疫力の作用で

そういう症状が 出ているだけです。


熱もそうです。

熱を出す・・体温を上げることで 

身体に入ってしまったものを無害化しているのです。

鼻水も涙もくしゃみもすべてそうです。

アレルギーも悪いことではなく 

何があなたの身体にとって合わない物なのかを

教えてくれている正常な働きだということです。

ですから身体のすべての症状に対して感謝してください。

間違っても怒ったりしないでくださいね(笑)

身体も波動で出来ています・・

怒りなどの粗いエネルギーをあてられると

良くなるものもよくなりません。

なぜなら自己免疫力、自己治癒力を 

落としてしまうからです。

不具合を感じたら、まず身体に感謝をして優しくして上げてください。

身体は あなたの大切なパートナーであり 

一番の味方だということを思い出してくださいね。


あなたに愛をこめてお伝えいたします。」



ありがとう、アシュタール!

(ここまで)


先日の旅行で歩き過ぎたのか、帰ってきてから膝が痛くて階段を上がる時に苦労しました。

今はだいぶ痛みも和らいできましたが、私のハートはその時何も伝えてこなかったのですが

ただ、時間がかかるが休めるしかないというイメージしか沸いてきませんでした。

でも、結果としてはそれが正解だったようです。

もちろん、その間にいろいろと調整はしましたが、どれが良かったのかわからないです(笑)。


身体の不具合を解消する方法は言葉では伝えてきません。

漠然としたイメージです。それは過去に行ったことのなる方法だったり、何かのときに

読んだことだったりします。それでもわからない場合にはネットで少し調べます。

そうすると解決に必要な記事にありつけるときがあります。

だから、いろいろな形でメッセージがあります。

そういう点では、自分自身の身体が伝えてくるメッセージに敏感でいることが必要です。

この痛みは何が原因なのか?とか症状について考えてみたり、そこから解消方法を

探ってみたりとかします。あるいは体のあちこちを触ったり、動かしたり、感じてみたりと

いろいろなことをしてみることも時にはあります。

ただ、方法は人によって異なりますので、あくまでも参考までにしてください。

自分の身体の処置方法は身体が教えてくれます。そしてその方法もその人個人に

もっとも適したものになるはずです。



nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog