So-net無料ブログ作成
検索選択

世にも不思議な奇妙なフツーの話「アシュタール:情報は必要ですが、その中に答えはありません」 [アセンション]

世にも不思議な奇妙なフツーの話「アシュタール:情報は必要ですが、その中に答えはありません」



(ここから)


今日のアシュタールからのメッセージをお伝えしますね^^

「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

たくさんの情報に触れてください。

情報はあなたにとって大きな力となります。

どんなことでも良いです・・その時あなたにとって必要だから情報が入って

来るのです。

不必要な情報、知識などありません。


物を知るということは、たくさんの考え方が出来るということです。

この道しかないと思っているのと、たくさん道はあるけど私はこの道を選ぶ・・

と思うのではまるで違ってきます。

仕方なくこの道を進むという意識と、自分で積極的に選んで進むという意識では、

同じ道を進んでいたとしてもまるで違うのです。

そして、自分で選んで進んでいると分かると、違うなと思う時には道をかえることが

出来るようになるということです。

違うと思えば、他の生き方が出来るということです。

それは、自分の人生を自分で創造することが出来るということになり、

人生の主役は自分だと考えられるようになるということです。


このように情報はとても大切です。

でも、情報の中に答えを探さないでください。

情報の中に答えはありません。

情報は、ただの情報に過ぎないということを忘れないでください。

言っていることが伝わっていますでしょうか?


情報の中に答えを探してしまうと、迷子になってしまいます。

情報=答えではありません。

答えはあなたの中にあるのです。


あなたの答えを導きだすために情報はあるのです。

目の前にたくさんの道があります。

どれが自分にとって良い道か分からない・・その時にいい道はどれか?という視点で

情報を得ないでくださいということです。


Aの道は、水辺を通ります。

Bの道は、暑い場所を通ります。

Cの道は、ちょっと険しいです。

Dの道は、平坦です。


これらの情報を得て、どの道を選ぶかはあなたが決めるのです。

その中の情報が自分にとって良い道(正しい道)かを探すのではありません。

表現が難しいですね。


情報があなたの答えではなく、情報はあなたの答えを導き出すツールに

なるということです。

答えを出してくれる情報を探していると、いつまでも情報の中をさまようことに

なってしまいます。

たくさんの情報を得て、それを自分の中に落とし込み、それらを整理して、自分で

選ぶ・・それが、あなたの答えなのです。


誰かがあなたの答えを教えてくれることはありません。

こういう情報、知識はありますよ・・と提供してくれるだけなのです。

その情報、知識を使って、どの道を進むかを選ぶのは、あなただということです。


この道を進みなさい・・それがあなたの正しい答えです・・と言ってくれる情報を

求めないでください。

そんなものは無いのです。


例えこれがあなたの答えですと言ってくれる人?情報があったとしても、それも

あなたの選択肢に過ぎないのです。

そして、誰がこの道にしなさいと言ったとしても、それを選んだのはあなたなのです。

誰かが答えを教えてくれたような気がしたとしても、結局はそれを答えだと決めたのは

あなた自身だということです。


少しの選択肢より、たくさん選択肢を持つ方が好きな道を選びやすくなります。

だから、たくさんの情報に触れてください。

自分には合わないと思う情報は、拾わなければいいのです。

この情報は自分にとって使えると思う情報を選んでください。


たくさん情報があれば、取捨選択することが出来ます。

そして、あなたの前に出てきた情報は、あなたが望んだから出てきたのです。

無駄な情報、知識はありません。


いまの現実を変えたければ、情報、知識を得てください。

選択肢が増え、自分の人生の道を自分で選ぶことが出来るようになります。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」


ありがとう アシュタール! 感謝します。

(ここまで)


次第に世の中の人々の考え方が変わってきているんだな~と改めて思わされる記事がありました。

それがこれ

結婚式はもはやオワコン?

結婚式の意識調査で、結婚式への参列が好きか嫌いか聞いたところ、全体の33.4%が「『嫌い』の方に近い」と回答。20代前半では、43.5%が「『嫌い』の方に近い」と答えている。「『あまり仲の良くない友人の結婚式は断りたい』の方に近い」という人も全体で92.6%に上った。 (一部抜粋)

というのですから、驚きです。結婚式の招待を「どちらかと言えばお断りしたい」という人が全体の

92.6%を占めたというのですから驚きものです。

回答された年齢別の分布(引用サイト参照)をみても若い人ほどその傾向が強いようですので

結婚式に対するイメージがどんどん変化しているのを感じます。お葬式も最近は簡単に済ませ

ようという傾向が強く、お墓も代々守ってきたのが、次第に檀家が減りお寺の経営がままならない

状況で、お坊さんが出稼ぎに出ているというお話も・・・・。

時代はどんどん変化しているようです。

こう見ると、ひとりひとりの力は小さいようでも、次第にその数が増え全体を動かしてしまうまでに

なるというのがよくわかりますね。




nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

破・常識 あつしの挑戦「アシュタール:趣味が仕事になる・・・・・」 [アセンション]

破・常識 あつしの挑戦「アシュタール:趣味が仕事になる・・・・・」


(ここから)


今日の破・常識!



趣味が仕事になる・・・らしい(笑)



では、アシュタールからのメッセージをお伝えいたします。





「こんにちは こうしてお話し出来ることに感謝します。

はじめから大きく考えないでください。

はじめから最終地点にいようと考えるから怖くなってしまうのです。

最終地点(やりたいと思っていること)は、

方向性だけでいいのです。

こんな感じでやりたいなぁ~~という

方向性を決めるだけで、後はちょっとずつから始めれば 

何も怖いことはないし、ましてや失敗などはありません。


たとえばパンを焼くのが好き・・趣味・・だとします。

私は、よく好きなことを仕事にしてくださいと言いますが、

この時点で、すぐにパン屋さんの店舗を持って仕事にしましょう・・

と思えば、それは失敗を恐れて怖くなって

一歩が踏み出せなくなります。

店舗を持ったパン屋さんをするのは最終地点です。

まずは、今出来ることから始めてください。

とにかくパンを焼くことです。

楽しんであなたが美味しいと思うパンを焼いてください。

そして、それを家族でもお友達でもいいですから 

食べてもらってください。

そして美味しいと言ってくれる人が多くなってくれば 

それを商品として売り始めてください。家の中で出来ます。 

そして、少しづつ数が増えてきたら どうしようか考えてください。

車の移動販売などを始めるのもいいかもしれませんね。

そうやって少しづつあなたのパンに

感動してくれるファンを増やしていけば

気が付いたら店舗を持つことが出来ています。

これならば怖くはないでしょう?

趣味が仕事になることがわかりますね(笑)

はじめから大きく足を踏み出そうと思うから 

考えているだけで疲れてしまうし、失敗したらどうしようという

怖さが出てくるのです。パン屋さんがしたかったら 

まずパンを焼くことから始めてください。

店舗を持っているパン屋さんをすることが目的ではなく、

美味しいパンをたくさんの人に食べてもらう・・

これが目的になれば、とても楽しくなります。

楽しんでいるあなたが焼くパンは 

そこにあなたの楽しいという波動(エネルギー)が

のりますから食べた人も感動するのです。

そして、あなたが焼くパンをもっと食べたいと思います。

パン屋さんに限らず、まず何をするにもあなたが楽しむこと・・

そこからまずははじめてください。

そうすれば、あなたの楽しい(好きなこと)が仕事になります。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」



ありがとう、アシュタール!

(ここまで)



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog