So-net無料ブログ作成
検索選択

世にも不思議な奇妙なフツーの話「ミナミさん:馬の気持ち」 [アセンション]

世にも不思議な奇妙なフツーの話「ミナミさん:馬の気持ち」



(ここから)

iruka.jpg


動物たちもこうやって遊んでるんだなぁ~~・・ほんとステキ^0^

クジラに乗ったいるイルカの写真2

写真はこちらからお借りしました。




先日サロンでクライアントの方とちょうど話をしてたんですよ^^

よくね、動物園とかで乗馬体験とかあるでしょ・・

小さな柵の中で、いろんな人を背に乗せてただただグルグル回ってる馬たち。

なんか、人間たちのエゴ?楽しみ?のためだけに、馬たちがイヤな思い

してるんじゃないかなって思ったらすごく申し訳なくて、胸が痛むよね・・って!


そしたら、その時急に動物園の馬?(だと思うけど)の意識が流れ込んできたんです。

「大丈夫、こっちも楽しんでるから」・・だって(驚)


楽しんでるの?

「そう、こっちも人を乗せて歩くって楽しいんだよね。

乗せて歩いてあげると、みんな喜んでくれるでしょ・・だから、こっちもうれしいんだよね。」


そうなんだ・・じゃあ、競馬とか馬術競技とか、そんなのもイヤじゃないの?

「楽しいよ・・人と一緒に走る?ってすごく楽しいんだ。

特に、乗ってる人の気持ち?意識?と自分の意識が融和した?統合した?つながった?って

思ったとき何とも言えず恍惚としたような喜びを感じるんだ。

その時が一番うれしいね。」


エクスタシー的な感じ?

「言葉はわからないけど、すごくとてつもなく楽しいんだよ」


そうなんだ・・いままで人間の楽しみのために無理やりあなた達(馬)を使役して来たと

思ってたから何だか安心したわ

「無理やりじゃないよ・・イヤならやらないよ・・だって、人間に力ずくで僕たちを何とか出来ない

でしょ。力はこっちのほうが強いんだから・・こっちが本気になれば人間の力なんてかなわないよね」


そりゃそうだけど・・でも、乗馬の時に横っ腹を蹴られたり、口に手綱をつけられたり、あげくにムチで

お尻を叩かれたり・・それってイヤじゃないの? 痛くないの? 腹が立ったりしないの?

「こっちはそんなに軟(やわ)じゃないよ。

あの程度じゃ痛くないから。

横っ腹を蹴ったり、鞭でたたいたりするのは、あれは合図だと思ってるよ。

だって、人間ってこっちとしゃべれないじゃない・・自分たちの言葉しか理解できないでしょ。

ああやってこっちに合図を送るしか手はないでしょ。


もちろん、意地悪?いやがらせ?でお腹を蹴られたり、何かでたたかれたら、こっちだって

噛みつくよ(笑)蹴るし(笑)

でも、そうじゃない時は、合図だと思ってるから大丈夫だよ。


それからね、手綱や鞍(くら)は人間を落とさない?人間が落ちない?ためだから仕方ないよね。

あれがないと、掴まるところがないから不安定になって、こっちも安心して歩いたり走ったり

出来ないでしょ。


とにかくね、こっちは”かわいそう”じゃないから、大丈夫だよ」


ですって^0^;


リンクした馬の意識エネルギーを感じてると、ホントすごく優しいんです。

すごく大きい^0^

前から馬は大好きだけど、もっと好きになりました^0^

(ここまで)


馬って、そんな感じで楽しんでたんだ!

と改めて大きな発見でした。

競走馬なんて無理やり走らされているかと思っていましたが、人馬一体となったときの

感覚を楽しんでいたんですね。なんとなくわかります。

これは人とヒトとのハーモニーを感じたときもそうですね。

同じ気持ちになれたという一体感を感じたときには恍惚感に似た感情を味わいます。

それと同じなんですね。

ネコなんか飼っていても何も言わないけど、もしかしたらそう感じているかも・・・。

それは植物も同じだろうと思います。

最近、植物にも脳に似た場所があることが発見されたとありましたが、すべての生物は

そうした部位を持っているんだろうと思います。

それを知らないのは人間だけ・・・ということですね。



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

破・常識 あつしの挑戦「アシュタール:正解は人の数だけある・・・・・」 [アセンション]

破・常識 あつしの挑戦「アシュタール:正解は人の数だけある・・・・・」



(ここから)


今日の破・常識!




楽しそうに笑い、はつらつとしてエネルギーを放射していれば 

まわりの人たちはとても魅力的に感じる・・・らしい(笑)




では、アシュタールからのメッセージをお伝えいたします。





「こんにちは こうしてお話し出来ることに感謝します。

これが正しい・・という答えはありません。

答えは、ひとつではないのです。

答えは、人の数だけあります。

幸せの形もそれぞれでいいんです。

これが正しい幸せの形だ・・というものはありません。

そして、幸せの形などというものはありませんので 

それを追い求めないでください。

幸せは形ではなく、あなたのハートが幸せを感じれば 

それが他の人には幸せだと感じなくても関係ないのです。

分かりますか?


そして、身体のことも同じです。

これが正しい身体・・だというものもありません。

身体は、その人の個性の表現なのですから 

人と比べるものでもなければ

これが正しい身体です・・という正解もありません。

平均値を求めるというのもナンセンスな考え方です。

ここからここまでが正しい(正常な)血圧ですから 

それから外れた人は 病気です・・ということはありません。

その人にはその人にとっての正常値があります。

少々血圧が高いとしても 

その人に何も支障がなければ、それで構いません。

特に外見に関しては気をつけてください。

正しい体型・・これが美しい体型・・なんて、ありえません。

その人の今の体系が一番美しいのです。

どんなに美しいとされる体型になっても 

自分を生きられていなければ

その人の中から出てくる波動(エネルギー)が 

はつらつとしていなければ

他の人を感動させる魅力は感じられないのです。

反対にそのモデルケースの体型とは違っていても 

その人が楽しそうに笑い、はつらつとして

エネルギーを放射していれば 

まわりの人たちは、とても魅力的に感じるのです。

あなた達の教育で正解はひとつだと教えられてきましたが、

正解は、人の数だけあるということを思い出してください。

そして、すべての人の正解が尊重されなければ 

それはとても窮屈な社会になります。

お互いの正解を尊重しあい 

干渉しない自由な環境であれば皆が楽しくなります。

正解・・という概念に振り回されないように気をつけてください。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」



ありがとう、アシュタール!

(ここまで)


正解は人の数だけあると言っても、数学だけは別です。

場合によっては用いる証明の仕方によって複数存在することもあれば1+1=2

のようにひとつしかないこともあります。

この場合は1が実数で整数であるという条件が付く場合に成立します。

整数でない実数とすると、1は限りなく1に近い1.000001でもいいですからね。

でも、1+1は本当に2なの?

ということを考え始めると寝られなくなりますので、これは省略します(笑)。


こ世の中人の数だけ正解があり、他人から見て間違いだと思っても、その人がそれを

正解だと言えば、そのひとにとっては正しい答えになるからです。

正解にこだわらず、相手の考えも認めてあげるようにするといいですね。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog