So-net無料ブログ作成

世にも不思議な奇妙なフツーの話「アシュタール:基準が高すぎやしませんか?」 [アセンション]

世にも不思議な奇妙なフツーの話「アシュタール:基準が高すぎやしませんか?」


(ここから)

今日ののアシュタールからのメッセージをお伝えしますね^^

「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

基準が高すぎませんか?

高い基準に合わせて、辛くなっていませんか?


こういう人でなければいけない、5次元的な考え方はこうでなければいけない・・

その基準が高くなりすぎてしまうと、迷ってしまいます。

自分の中に基準が高くなってしまうと、他の人にもそれを求めてしまう

ことになってしまい、周りの人に不満や不平がでてきて辛くなってしまいます。

自分の求める基準に達してくださいと求め、それをしてくれることに期待し、

思うようにならないとがっかりすることになるのです。


5次元領域なんだから、こうでなければいけない・・などとモデルケースを創り

それにならなければいけないと思ってしまうと迷子になってしまいます。

砂漠の中で蜃気楼を追い求めている旅人のようになってしまいます。


5次元領域にはモデルケースはありません。

5次元領域はあなたの中にあるのです。

あなたがご機嫌さんでいること・・それが5次元領域なのです。

それが軽い波動(5次元領域)でいられることなのです。

5次元領域、軽い波動の人、はこういうものだと思い込み、基準を高くしてしまうと

それが出来ない私はダメな人だ、これが出来ない人はダメな人だという判断を

してしまいます。

5次元領域には、いままで刷り込まれてきた判断は要らないのです。

その判断を基準にしてしまうと、ご機嫌さんでいられなくなり、波動がかえって重くなって

しまいます。


5人源領域はこんなところです・・と言うモデルケースはありません。

あなたがご機嫌さんでいられるところ・・それが5次元領域なのです。

モデルケースを創り、それに合わないからと不機嫌さんになってしまうのはまるっと

反対の考え方なのです。


モデルケースを創らないでください。

モデルケースを創り、それに合うように自分を高めなさい・・という考えは、

いままでの宗教的な考えと何も変わりません。


5次元領域という言葉に大きな期待を持たないでください。

誰かが5次元領域を創り、導いてくれるのではありません。

あなたの中がご機嫌さんになり、波動が軽くなることで、5次元領域と共振するのです。


5次元領域は、いままであなた達が刷り込まれてきた、いわゆる”天国””極楽”

ではありません。

そこに行けば何も心配することなく、不安になることもなく、感情が波立つことも

なく、幸せになれる・・・それは刷り込まれた宗教的な概念です。

そうではありません。


あなたの中がすべてなのです。

人から見てどうのこうのは関係ないのです。

誰かほかの人の目から見て、気の毒にと思われる現実に生きていたとしても、その人

自信が満足し、その人の中が平和であれば、その人は平和なところにいるのです。

5次元領域にモデルケースはありません。

モデルケースを創り、それを追い求め、自分にも、他人にもそこを目指すことを

求めないでください。

基準を高くするのは、いままで刷り込まれた”成長しなければいけない”という

概念からくるものです。

いまのままではいけない、もっと軽く、高く、清らかに生きなければいけないと

いう行先(ゴール)の見えない坂道を歩き続けているようなものです。


何度も言います・・5次元領域は楽しい波動領域です。

ご機嫌さんの波動が5次元領域なのです。

宗教的なモデルケースを求めないでください。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」


ありがとう アシュタール! 感謝します。

(ここまで)



これは誰でもが陥る落とし穴みたいなものですね。

自分がそうだからと人に求めても無理なような気がします。

私の場合は人それぞれと割り切っていますので、その人に5次元らしい要素が

発見できればそれでよしと見ています。

そして、なくてもそれはその人の問題と思ってます。

だから、あまりそうした気苦労はないですね。

要は人それぞれと言うことです。

それを受け入れられないからそうした落とし穴にはまるのです。




nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

破・常識 あつしの挑戦「アシュタール:思考でデザインしている?」 [アセンション]

破・常識 あつしの挑戦「アシュタール:思考でデザインしている?」



(ここから)


今日の破・常識!




病気というものは、 自分で作り出している不調和・・・らしい(笑)




では、アシュタールからのメッセージをお伝えいたします。







「こんにちは こうしてお話し出来ることに感謝します。

すべては、波動(エネルギー)で出来ています。

身体も波動(エネルギー)です

思考も波動(エネルギー)です。

ですからあなたの身体は 

あなたの好きなようにデザインできるのです。

何か不具合(病気などの不調和)が起きても 

自分で治すことが出来ます。

あなたがそのことを信じきれば 

身体はあなたの好きなように出来ます。

削らなければ治らないと思われている虫歯でも 

自然治癒することが出来るのです

抜けてしまった歯もまた生え変わることも出来るのです。

ただあなた達は、それが出来ません・・と教えられ 

それを受け入れ信じてしまっているから 

歯が生え変わらないだけなのです。

すべてそうです・・

病気というものも自分で作り出している不調和です。

そしてあなた達を支配 コントロールしている存在たちは 

身体はただの物体だから 自分ではどうにもならないと 

思い込むように教育してきているので 

あなたはそれを受け入れ信じているだけなのです。

病気もそうです・・

たとえば癌になったら こういう症状が出て 

次にこうなって最後には こうなって死んでしまいます・・

っていう経過を とても詳しくテレビなどで紹介していますね。

たいていの場合 悲惨な死に方(苦しみ悶えて)を 

ご丁寧に教えてくれています・・ここがミソです(笑)

そこに病気に関しての

恐怖の刷り込みが成功するわけです。

恐怖にさらされた人は

簡単にコントロールされてしまいます。

それを見た人の中には 恐怖とともに 

その情報が強くインプットされます。

そして、とても詳しく手とり足とり教えられたものですから 

簡単にイメージすることが出来るようになるのです。

思考はエネルギーですから 

身体はあなたがイメージしたようになっていきます。

そして本当に教えられた経過をたどることになるのです。


真実は、あなたが教えられていることと逆なのです。

病気になったから そういう経過をたどり

苦しんで死ぬのではありません。

そのような思考のミスリードがあるから 

あなたの思考のエネルギーが 

あなたの身体をそのようにデザインしてしまうのです。

分かりますか? 

病気になるではなく 自分で病気をイメージすることで

身体を病気に してしまうのです。

信頼している人(医者)が 

あなたの命はあと一週間です・・といったら、

そして、それを信じて受け入れてしまったら 

たとえその人の身体はとても健康でも

その人の思考がそう働きますから 

その人は本当に死んでしまうこともあるのです。

そのくらい思考のエネルギーは

強くあなたの身体に影響するのです。

ですから反対のことも言えるのです。

誰かがもうダメです・・と言ったとしても 

その本人がそれを受け入れず、

なんとか治そうという方向に意識(思考のエネルギー)を

働かせば、身体は治るのです。


すべて波動(エネルギー)で出来ています。

そして思考は波動(エネルギー)です。

身体も波動(エネルギー)です。

ですからあなたの身体は、あなたの思考で

どうにでもデザインすることが出来るのです。


あなたに愛をこめてお伝えいたします。」



ありがとう、アシュタール!

(ここまで)



病気って厄介なものですね(笑)。

軽いものは風邪から始まって、重いものの究極はガンです。


ガン罹患率.jpg

これは男性でガンにかかっている人の数の年次別グラフです。

これを見ると2012年のがんにかかっている人の数は1985年と比べて約2.5倍に

増えています。その年数わずか30年です。これは毎年約9%ガンにかかる人が増えて

いることになりますが。ものすごい増え方です。

これだけ増えたのは大気汚染や食品添加物、放射能などが影響しているかもしれませんが

医学学会やマスメディアがガンが増加傾向にあるとアナウンスしていることが心理的に

影響している可能性も否定できないだろうと思います。

日本人のがん死亡率が年々増えてきていると聞けば、もしかしたら私もガンではないかと

不安になるのもうなずけることだし、その不安がガンを作り出しているともいえると思います。

それにしてもものすごい増え方です。異常ですね。

昔からバカは風邪をひかないといわれますが、その通りだと思います。

何しろ病気なんて心配していないのですから。


テレビの病気に関する番組なんか見ないほうがいいです。

あれは見れば見るほど自分にも思い当たる節が出てきて不安を増大させてしまうからです。

そして、病院にいけばほんのちょっとした病変(自分で治せるはずのもの)でもすぐに病名を

つけられ、翌日から薬漬けにされてしまいます。この薬が厄介な代物で治すのではなく

薬に合わせて病気を進展させはしないけれど治らないという状況を作りだし、長年飲んで

いると薬なしではいられなくなり、終いには自分の身体を蝕んでいきます。

だから、病院へ行くときにはどうしようもないと判断した時だけにしましょう。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

世にも不思議な奇妙なフツーの話「ミナミさん:いただきます、は誰に言う言葉?」 [アセンション]

世にも不思議な奇妙なフツーの話「ミナミさん:いただきます、は誰に言う言葉?」


(ここから)

日本人の習慣として、食事の前に「いただきます」って言いますよね^^

この「いただきます」は誰に向かって言ってるんでしょう??


思い出したい。日本人が忘れかけている「いただきます」の誇り

ひとつの答えとして、「食事を与えてくれた人に対する感謝の言葉」

であると考え。

もう一つの答えとして、「食事を作ってくれた人に対する感謝の言葉」

という考え。

そして、このコラムの著者は、「いただきます」の言葉は、

「命をいただく」ことに対する感謝の気持ちである、と書いています。


私もこの著者の方の考え方と同じです^^

お米などの穀物や、果物、野菜、魚、肉・・すべては生き物です。

その生き物の命をいただいて、自分の命を維持する・・それに対しての

感謝の気持ちが「いただきます」の言葉なのだと教えてもらいました。


では、今日のアシュタールからのメッセージをお伝えしますね。

「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

すべてにいのちが宿っている・・こういうと、その他のいのちを奪って

自分は生きているんだ・・などと罪悪感を持ってしまうかもしれませんが、

そんな罪悪感を持つ必要はありません。

いのちは循環しているのです。

循環しなければいけないのです。

ひとつのいのちにフォーカスすると、そのいのちは消えてしまう・・と悲しくなる

かもしれませんが、大きな視点で観ればそのいのちは消えたのではなく形を変えた

だけなのです、

ひとつのいのちの形はなくなり消えたように見えますが、それは違う形となって

他のいのちとなるのです。


木の葉が地面におち、微生物によって分解され、土の栄養となり、その栄養がまた

ほかの生物のいのちを支える・・循環なのです。

だから、あなたが他のいのちをいただいて、あなたのいのちを維持することは、

すべての循環に基づいている行為なのです。

ですから他のいのちを奪ってまで自分が生きているのはひどいことじゃないのですか?・・

そんな考え方はナンセンスです。

そして、動物を食べると波動が重くなるということはありません。

植物も、動物も同じいのちです。

ですから、植物だけ食べて、動物は食べてはいけないという考え方もナンセンスなのです。


肉食獣が悪い存在で、草食動物が良い存在ということは無いですね。

どちらも素晴らしい存在です・・ただ、循環の中にいるだけなのです。

肉食するのは悪いことだ・・と言って、肉食動物が居なくなったらどうなるでしょうか?

草食動物だけになってしまうと、テラのバランスが崩れてしまいます。

バランスが必要なのです・・そして、バランスを保つためにも循環が必要なのです。


そして、お伝えしたいのは・・あなた達人類以外の生物は、いのちに対して執着を

していないということです。

あなた達人類といのちに関しての概念が違うのです。

彼らはいのちを失うこと(死ぬこと)に対して怖れを持っていません。

死ぬことは自然のことで、怖れることではないと思っているのです。

彼らは、形は変わってもいのちは続くことを知っています。

いま現在持っている形(身体)に執着しないということです。


いのちはみんな平等です・・みんな同じ存在です。

だから、他のいのちを自分のいのちとすることに罪悪感を感じる必要はありませんが

感謝を忘れないでください。

単なる食べ物・・として見るのではなく、その存在(植物でも果物でも)のいのちに

尊敬と感謝を持っていただければと思います。


これを食べたら波動が重くなる、これなら軽くなる・・・などと思わず、

食べたいものは食べてください。

感謝を忘れなければ大丈夫です。


食べることは、いのちを奪うことではなく、あなたのいのちとその存在のいのちを

統合することなのです。

いのちの形が変化するだけのことなのです。

感謝して、食べることを楽しんでくださいね。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」


ありがとう アシュタール! 感謝します。

(ここまで)


確かに、肉食は波動を下げるので食べないほうがいいと主張する人はいます。

それらの人は波動メーターで肉の波動が植物より荒いことを理由としたり、牛や豚が

とさつされる時の恐怖感が波動として肉に残るからだと指摘する人もいます。

私もそれを信じている一人です。

だから、牛肉よりは豚肉、豚肉よりは鶏肉という風に考え、ほぼ牛肉は口にしてません。

しかし、今回のアシュタールの語る内容によれば、何を食べても構わないということに

なります。

注意するのはそれらの食品を食べるときに罪悪感を感じないように、そして食べる

自分自身の波動を軽く保つなら影響されないということです。

そのことから察するに、肉食は危険と言う思いや不安心理を持つことで波動が引っ張られ

影響を受けるものと思われます。

だから、食べる人の心理状態や波動状態が大事だということですね。



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog