So-net無料ブログ作成
検索選択

世にも不思議な奇妙なフツーの話「さくやさん:食べたいものは食べればいいじゃない?」 [アセンション]

世にも不思議な奇妙なフツーの話「さくやさん:食べたいものは食べればいいじゃない?」



(ここから)


私ね、すっごく食いしん坊なんです。

食べることが大好き!!^0^

疲れてヘロヘロの時も、なんか力が出ない~~って思ってる時も、美味しいものを

食べると元気ふっか~~つ^0^

ほんと、美味しいものってパワフルですよね。

(高級な食事とか、☆いくつとかそんなんじゃなくて私が美味しいって思えるものです^^)


ワークショップで名古屋にお邪魔してますが、みなさまとご一緒出来る楽しい時間と

美味しいご飯・・・最高の体験をさせていただいています^0^


こうしていろんなところで、みなさまにお会い出来て、その土地の美味しい物を

食べることが出来て、私はなんて幸せなんだろう~~って心から感謝している

ミナミなのです・・本当にありがとうございます^0^


では、今日はさくやさんからのメッセージをお伝えしますね^^

「食べることが出来るのは、身体を持っているからなのよ。

食べることをもっと楽しめばいいのに。

どうして、これを食べちゃいけない、とか、食べることを楽しんじゃいけない・・

って考えるのかしら?


食べたいものは食べればいいじゃない・・太る??

そんなことを考えて食べることを楽しまないから太るのよ。

わかる?

食べることに罪悪感?を感じながら食べるから、満足できなくてもっと食べたいって

思うの・・だから、必要以上に食べてしまうの。

そして、カロリー信者になってしまうから、カロリーの多い食事をすれば太る、食べる量が

増えればカロリーが増えるから太る・・って思うから太るの。

身体はね、思考でどうにでもなるの。

どんなにカロリーが多いものを食べようが、たくさん食べようが、楽しんで食べれば

必要以上に太ることはないのよ。


必要以上に(身体に害が出るほど)太るというのは、こころが満足していないから・・・

それは、食事を楽しんでいないから。

楽しむんじゃなくて、食べることで欲求不満を解消しようとしているからなの。

食べることを楽しんでいれば、少しの(適量の)食事で満足できる。

お腹がいっぱいになれば、それでやめることが出来るの。


でも、食べたら太る、食べちゃいけない・・でも食べたい・・という葛藤を持って食べると

そこに満足感が生まれないから、身体に必要な量よりももっと食べたいと思ってしまう。

だから、太ったりするのよ。

病気になるほど、量をとってしまうことになるの。

(ここでいう太るというのは、標準体型?平均的な体型?じゃないからね。

痩せているのが良い・・と言うんじゃなくて、それぞれの個性にあった体型っていう意味。

ぽっちゃりしている体型の人は、それが良いの。

細い体型の人はそれで良いの。

それをみんなお人形のように同じ体型になろうとするから、おかしくなるのよ。

自分の適性の体型が一番いいんだからね。)


太ることが悪いことじゃないのよ。

あなた達は太るということを目の敵のように考えてしまってる。

そうじゃなくて、自分の適性の体型を大事にすればいいの。

変な価値観を植え付けられて、自分の適正な体型をダメだと思ってしまうから、おかしなことに

なるのよね。


一日3回食べなさい、これだけの野菜、栄養をバランスよくとりなさい、カロリーの高い

物は食べないように気をつけなさい、塩分は控えなさい、糖分は身体に悪い・・

そんなこと大きなお世話よ・・って言っちゃえばいいのよ。

身体なんてそんなに単純なものじゃないの。

みんな同じじゃないの。

それぞれに合った食事の量や、時間や、必要な栄養は違うの。


体型だって、体重だって、血圧の数値だって、血糖値の数値だって、みんなちがうのよ。

身体はね、機械じゃないの。

身体はね、こころと密接に関わり合ってるの。

こころの問題を放っておいて、栄養だとか、体重だとか、なんかの数値などをいくら

調べてみてもダメなの。


体重が増えてるから、食事を我慢しなさい・・っていうことは、体重を減らしたいって

思っていることから考えれば反対のことをしてるってこと。

体重が増えてる(他の人と比べての体重ではなく、自分のいつもの体重より増えている)なら

食べちゃダメと考えるより、食べることを楽しむようにする方がよほど効果的だってこと。

食べちゃダメって考えると欲求不満からいつもいつも食べることばかり考えるようになり、

たくさん食べてしまうことになる。

でも、食べることを楽しむことにフォーカスすれば、そんなに食べなくても満足できるから

必要以上に食べなくなるのよ。


欲求不満で太ってしまうことは、身体にとっては負担になるからよくないけど、

でも、これが美しい体型ですと言われ、そのモデルケースのような身体になるために痩せようと

するのはナンセンスなこと。


話しはもとに戻るけど、食べることが出来るのは物質的な身体を持っているいまだけ

なのよ。

それをもっと楽しめばいいと思うわ。

食べることを楽しむのに制限をかける必要はないの。

楽しめばご機嫌さんになる・・ご機嫌さんになればあなたの中からパワーが湧き出してくるわ。

ご機嫌さんでいれば、次もまたご機嫌さんな現実を創造することができる。


今日は食べることが好きな人を例に出してお話ししたけど、すべて同じこと。

好きなことに制限をかけることなく、楽しみ切ることが出来れば、あなたの中はエネルギーで

満たされ、ご機嫌さんな現実を創造することが出来るの。

楽しむことに制限をかけないでね。


それが、楽しい現実を創造するコツなんだから・・


あなた達をこころから愛してるわ~~」


ありがとう さくやさん!

私たちもさくやさんをこころから愛してるよ~~^0^

(ここまで)


私もここ数年で5kgくらい増えました。

考えてみれば、10年くらい前までは一日1-2食でたまには1食と言う日もある食習慣でした。

それが今や同居人に合わせ、毎日昼と盤はきっちり決まった時間に食べています。

これがいけないようです。ん~、そうした罪悪感がいけないのか!(笑)。

でもね~。おなか周りが膨らんできましたので、罪悪感がたまってます(笑)。

特にお酒を飲むわけではないので、やっぱり間食でしょうか?

と言っても、駄菓子一袋くらいですし、そんな多くはないと思うのですが・・・・。

つまるところ、人の身体はある限度を超えると太るスピードが加速するのではないかと・・・・。

思うわけです。


さくやさんが言うように、楽しんで食べているわけではなく、作ったものは残さず食べないと

いけないと思うからかもしれませんね。

だから、つい食べ過ぎてしまうということでしょう。


これが食べることを楽しむなら少しの量でもおなかは満足するから必要以上のものは食べない。

と言うことですね。

う~ん、食の道は険しい(笑)。








nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

破・常識 あつしの挑戦「アシュタール:宇宙の流れのままに、自然に逆らわない・・・・・」 [アセンション]

破・常識 あつしの挑戦「アシュタール:宇宙の流れのままに、自然に逆らわない・・・・・」



(ここから)


今日の破・常識!



守ろうとするのは 

その変化を止めようとしているのと同じ・・・らしい(笑)




では、アシュタールからのメッセージをお伝えします。






「こんにちは こうしてお話し出来ることに感謝します。

守ろうとしないでください。

あなたのまわりにあるものすべてです。

お金 仕事 人間関係・・身体でさえです。


あなたが今守ろうとしているものは、すべて幻です。

そして、その幻を守ろうとすればするほど 

執着心が起きてきて、それをなくすことへの心配、

不安 恐怖心が出てきてしまいます。

あなたは、はじめから何も持っていないのです・・

そして、すべてを持っているのです・・矛盾ですか?(笑)

何かを持っているというのは幻です。

そして、必要なものはすべて 

必要な時に必要なだけ手に入れることが出来るのです。

持っていると思っているもの(幻)を 

必死で守ろうとするのはナンセンスですね。

だって守るものは何一つないのですから・・

何も守らなくても(貯めようとしなくても) 

あなたはすべて満たされています。

守ろうとすれば 足りないというところに

フォーカスをしてしまいますから

足りない現実を創りだしてしまいます。

そして、足りないと思わされる現実を見て 

また守ろうと(貯めようと)します。まさしく悪循環ですね。

もともと守らなければいけない物などないのです。

そしてあなたが守れなくて 

何かをなくしてしまったと思ったときは、

それは、あなたがどんなに頑張って守っていても 

離れていくものなのです。。

分かりますか?

宇宙は常に変化しています。

守ろうとするのは、その変化を止めようとしているのと同じです。

そんなことは誰にもできません。

だから、あなたが守ろうとしなくても 

あなたのまわりにあるものは、今のあなたに必要なものなのです。

そして、どんなに守ろうと思っても

あなたのまわりから去っていくものは

今のあなたにとって必要なくなったものなのです。

その代りに(と言ってはなんですが・・)

その時のあなたにとって必要なものが

あなたのまわりに現れてきます。

守るもの自体が幻であり 守ろうとすること自体も幻なのです。

どんなに頑張ってもあなたに必要なものしか 

あなたのまわりにはない・・ということです。

ですから、あなたから離れていくもの(人)があれば 

変化が起きているだけのことです。

あきらめてください(笑)・・

変化は誰にもどうしようもありません。

気持ちよく感謝とともに手放してください。

次には次のあなたにとって

必要なものが必ず出てきますから・・

流れをせき止めようとしたり逆らおうとしても辛くなるだけです。

守ろうとしないでください。

変化の波を受け入れ 

ただ感謝とともにその流れに乗って行けば 

すべてはスムーズに進みます。

今持っているAにしか価値はない・・

これは、守りきらなければいけないと思っていても

必要でなくなった時が来れば 

Aはあなたからはなれていきます。

その時は大きな損失感を感じるかもしれませんが 

代わりに今度は Bが手に入ります。

その時あなたは、その時のあなたにとっては

Bのほうが適当なものだとわかるでしょう。

でもAを手放さなければBはあなたの手には入らないのです。

手放したくない・・と執着してれば 

Bは目に入らないので

手にするチャンスを逃してしまうことになります。

分かりますね?何も守る必要はありません。

安心してください・・

あなたは必要なものは、必要な時に 

必要なだけ手に入れることが出来るのですから!

執着を手放せば

私がお伝えしていることがすぐに実感できます。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」



ありがとう、アシュタール!

(ここまで)



今日のメッセージはグッドタイミングと言うか、ひとつ失くしました。

それは5年ほど愛用した時計でしたが、ある施設のお風呂の脱衣場にズボンの下にこっそり

隠しておいたのですが、風呂から上がって着替えるときになくなっていましたから、たぶん

盗まれたのでしょう。

そこの施設に届けられてませんか?と聞こうかと思いましたが止めて帰ってきました。

なんとなくつけていて違和感のある時計でしたので、それも自然の流れとあきらめましょう。

そういうこともあるんですね。失くなる時には失くすものですね。


今日はいろいろなことがあり、いろりおと気づかされた一日でもありました。

詳細は書けませんが、それもひとつの転機でしょう。


アシュタールの
あなたは、はじめから何も持っていないのです・・
そして、すべてを持っているのです・・矛盾ですか?(笑)
何かを持っているというのは幻です。
そして、必要なものはすべて 
必要な時に必要なだけ手に入れることが出来るのです。

という言葉を信じましょう。

でも、何も持っていないのにすべて持っていると言われても・・・・・。

矛盾だらけです(笑)。



nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog