So-net無料ブログ作成
検索選択

世にも不思議な奇妙なフツーの話「アシュタール:幸せに見えることと幸せであること・・・・」 [アセンション]

世にも不思議な奇妙なフツーの話「アシュタール:幸せに見えることと幸せであること・・・・」



(ここから)


毎日思うんですよね・・・

気が付いたら晩御飯食べてる、あ~今日も一日終わったのね。

気が付いたら朝が来て、あ~今日も一日が始まるのね。

毎日、毎日、毎日・・・・・

当たり前のように過ぎていく毎日・・・繰り返しのようで繰り返しじゃない。

確実に前に進んでる毎日(言い換えれば死ぬことに進んでる)

最近、本当に毎日を大切にしたいって思うんですよね。

絶対に戻らない時間だから・・・若くても同じ、年を重ねてても同じ・・確実に

毎日を消化?してる?時間を消化してる?んだって、ひしひしと思う今日この頃の

ミナミなのです^0^;


こんな記事を見つけました・・

【心に刻む】ナースが聞いた 『死ぬ前に語られる後悔したこと』 5選

1. 「自分自身に忠実に生きれば良かった」

2. 「あんなに一生懸命働かなくても良かった」

3. 「もっと自分の気持ちを表す勇気を持てば良かった」

4. 「友人関係を続けていれば良かった」

5. 「自分をもっと幸せにしてあげればよかった」


では、今日のアシュタールからのメッセージをお伝えしますね^^

「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

幸せに見えることと、幸せであることは違います。

幸せに見えることに一生懸命になってしまうと、幸せであることを見失ってしまいます。

幸せに見えることは、外から見たものです。

幸せであることは、中から見たものです。


外から見たものでは、幸せでいられないのです。

それは、中が幸せでいられないから・・

思考が先、現実があと・・です。


幸せにみられるために生きていると、不安になります。

不安があると、その不安の思考が現実を創造しますので、いつも不安を感じることに

なって、いつまでも不安から逃れることが出来なくなります。


外からの”幸せそうでいいね”・・と言われる現実であったとしても、あなたの中が

幸せでなければ幸せではないのです。

常に”その幸せそうでいいね”と言われる現実を失うことへの不安と怖れの中で

生きていかなければいけなくなるからです。


”幸せそうでいいですね”というのは、これが”幸せです”というモデルケースに

沿ったものです。

お金があって、たくさんのものに囲まれて・・他の人に幸せそうでいいなぁ~~と

思われていても、あなたの中が不安や怖れで波立っていたら、幸せと言えるのでしょうか?


幸せというのは、満足だということです。

自分の中のエネルギーが満タンだということではないでしょうか?


いいえ、たくさんのものを持ち、大きな家に住み、人から幸せでいいね・・と言われる

ことで自分の中のエネルギーが満タンになりますので、それも幸せです・・と

思うかもしれませんが、それはバンパイアの満足なのです。


人から賞賛される(幸せだと思われてうらやましがられる)ことでエネルギーを得ている

バンパイアなのです。

人から賞賛されることがなくなれば、エネルギーを満たすことが出来ませんので、次から

次へと賞賛されるものを手に入れなければならず、それを求めるがゆえにもっともっとと

飢餓感が強くなっていくのです。

だから、なくしてしまう不安や怖れで常に気持ちが波立ち、満足することが出来なく

なるのです。


お金や物を欲しがってはいけません・・と言っているのではありません。

欲しいものはどんどん欲しがってください。

でも、欲しがり方を間違えないでくださいとお伝えしているのです。

外から見て幸せそうに見えるために欲しがるのは、辛くなるだけです。


何かを持っていようと、持っていなかろうと、環境がどうであろうと関係ないのが

幸せでいるということです。

自分がそれでいいと思えることが幸せでいるということです。

人の目を気にせず、持とうが手放そうが関係ない・・と思えると幸せでいることが

出来ます。

失うことを怖れなくなるからです・・

怖れがなくなると、心の中は平和になります。

心の中が平和になると、平和な現実になるのです。

それが、幸せでいるということです。


どう見えるか?・・ではなく、何がしたいか?・・そこにフォーカスしてください。

そうすれば、あなたの中が平安になり、エネルギーが満タンになります。

ご機嫌さんでいられるようになります。

幸せだなぁ~~と感じることが出来るようになります。


幸せは人に決めてもらうのではなく、自分で決めるものだということをお伝えしたいと

思います。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」


ありがとう アシュタール! 感謝します。

(ここまで)



今日は用事があって出かけますのでコメントは割愛させていただきます。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

破・常識 あつしの挑戦「アシュタール:あなたを素直に・・・・・」 [アセンション]

破・常識 あつしの挑戦「アシュタール:あなたを素直に・・・・・」


(ここから)


今日の破・常識!




素直に話せば 

必ずあなたの気持ち、考えは伝わる・・・らしい(笑)



では、アシュタールからのメッセージをお伝えします。





「こんにちは こうしてお話し出来ることに感謝します。

今日は、情報開示・・

すべてを話すことについてお話ししたいと思います。

まず何事もコミュニケーションです・・

コミュニケーションがうまくいっていれば

ほとんどのことがスムーズにはかどります。

コミュニケーションを上手く取るには 

まず何も隠さず、あなたの思っていることを

素直に相手に話をすればいいだけのことです。

あなたがハートを開いてしっかりと

あなたの思っていることを話せば

お相手の方もハートを開いて 

正直に自分の気持ちを話してくれるようになります。

ただこれだけのことです。

これが出来ればすべてはスムーズになるのです。


仕事でもパートナーでも親子でも どんな関係でも同じです。

素直にあなたが思っていることを正直に話してください。

素直に話せば必ず相手にあなたの気持ち、考えは伝わります。

ただ感情をぶつけないように気をつけてくださいね。

感情をそのまま相手にぶつけることが

素直なことではありません。

感情に振り回されて話をすると 

コミュニケーションが取れなくなってしまいます。

ですからまず、自分の感情を引いてみることをおすすめします。

(これは 感情を押し殺して 我慢をする・・

ということではありません)

今自分がどんな感情でいるかを観察するということです。

腹が立っているのならば・・あ~~、私は 今 怒ってるわ・・って

見てあげてください。そうすれば 落ち着いてきて 

感情に振り回されることが無くなります。

そして感情が落ち着けば話をしてください。

”今 私はこう思っていて、こうしたいのですが 

あなたはどう思いますか?”・・って

”今 こういうことに困っています。

手を貸してもらえないでしょうか?”・・って

あなたの気持ち、思いを相手に投げかけてください。

自分の思いとともに 

相手の思いも受け入れることを忘れないでくださいね。

自分の思いだけを一方的に話すと 

エゴの押し付け合いになってしまい

コミュニケーションではなくなってしまいますから・・

しっかりとコミュニケーションが取れれば 

何か問題があっても解決策が出てきます。

助けを求めるとコントロールされてしまうような

気がして助けを求められない・・って 

思う方がいらっしゃるかもしれませんが 

しっかりと正直に話しあえる関係に 

コントロールは存在しません・・

会社など特にそう思うかもしれませんが・・

社員に助けてもらうと後から経営に口を挟まれるので 

話をしたくない・・って思うかもしれませんが、

それはあなたが、会社というものが

分かっていないからです。

会社というものは誰かの所有物ではないということです。

経営者の所有物だという概念があるから 

おかしなことになるのです。

会社を自分の所有物だと思った時点で 

会社は衰退していきます。

会社は、人の集まりで成り立っていることを

忘れてはうまくいきません。

”個”を大切にしない会社 社会は長くは続きません。

この話は とても長くなりますし 

またいつか機会があるときにお話ししますね。

コミュニケーションを大切にしてください。

尊敬と感謝とともにすべての存在と話をしてください。

あなたを素直に正直にハートを開いて表現してください。

そうすれば、すべてはスムーズになります。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」



ありがとう、アシュタール!


(ここまで)


これに関してはその通りだと思います。

まず、自分が冷静で相手に疑義をもたないということも必要です。

たとえ、相手を疑うようなことがあっても、それをわきにおいてまず相手の話を聞く。

そこから始まるものだと思います。

自分の言い分はそこからでも遅くはないものと思います。

そして、相手を信じるということも必要ですね。

最初から信じないという心はそのまま相手に伝わりますので、警戒感を持たれ

話し合いもスムーズにいかないでしょう。

それを何度か繰り返してもダメなら、そこで次の策を考えてみるしかありません。

そのときの判断はおのずとわかることでしょう。





nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog