So-net無料ブログ作成
検索選択

世にも不思議な奇妙なフツーの話「アシュタール:いろんな色があるから世界は美しく輝く・・・・」 [アセンション]

世にも不思議な奇妙なフツーの話「アシュタール:いろんな色があるから世界は美しく輝く・・・・」




(ここから)


顔のアザを魅力にした南米女性が美しい・・・という動画を見ました。

ブラジルに住む女性なんですが、生まれた時から顔に大きなあざがあったそうです。

でも、彼女はそのあざを恥ずかしがったり、嫌がったりするのではなく、自分のチャームポイント

と思い、とてもステキな笑顔を振りまいていました、

本当に美しい方です・・・ステキだなぁ~~って本当に思いました。


では、今日のアシュタールからのメッセージをお伝えしますね^^

「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

すべては個性のエネルギーの表現なのです。

すべてが、その個性のエネルギー(個人)の素晴らしい表現なのです。


モデルケースなどナンセンスです。

これが美しい、これが正しい、これが素晴らしい・・そんなモデルケースなどいらないのです。


あなた達は画一化された社会に生きています。

支配者たちが作った基準・・それに合うように、合わせるように無理をさせられているのです。

その基準に合わない人は、ダメな人だと思ってしまうのです。

姿形だけではありません・・すべてに置いてです。


朝早く起きて、日中は働き(学校に行き)、夜は次の日のために寝る・・規則正しい生活を

しましょう・・と支配者たちにとって(あなた達を支配するのに)都合のいい生活を押し付けられて

いるのです。

その人にはその人のリズムがあるのです。

朝早く起きることが楽な人もいれば、朝早く起きることが苦手?ツライ?人もいるのです。

朝型、夜型・・それは個性なのです。

楽な時間に起き、楽な時間に寝る・・そんなことは自分で決めることなのです。

早寝早起きの規則正しい生活に苦痛を感じてる自分がダメな人だと思う必要はないのです。

あなたのリズム(ペース)で楽に居られるところに行けばいいのです。


人生もそうです・・みんな、家を持ち、家族を持ち、子どもを育て、一生懸命仕事をして生きる・・

それが良い人生なのです・・そこから外れた人は、落伍者であるという烙印を押すのです。

それは、支配者たちのために一生懸命働く人を作るためなのです。

家が欲しい人もいるでしょう・・家を持つことに魅力を感じない人もいるでしょう。

ひとつの土地にずっと住みたいと思う人もいれば、いろんなところを見て回りたいと思い、

いろんな土地を転々とする人もいるでしょう。


家族を持ちたい人もいれば、一人の方が良いと思う人もいます。

子どもが欲しいと思う人もいれば、子どもは欲しくないと思う人もいると思います。

会社に入って仕事をしたいと思う人もいるでしょうし、会社などの組織に入るのは自分に合わないと

思う人もいるでしょう。



それぞれなのです・・これが正しいなどというモデルケースなどないのです。

その人の個性が自由に表現されることが、その人にとっての正しい生き方なのです。


モデルケースから外れている、常識などで決められた基準に満たない、などで恥ずかしいとか、

私はダメだなどと考える必要はありません。

あなたが自分を認め、あなたが自分を大切にし、あなたが自分を愛していれば、どんなことも

あなたのチャームポイント、魅力となるのです。

堂々としていてください。

あなたは、完璧なのです。

欠点?欠けたところ?短所?ダメなところ?劣っているところ?いろんな表現があるかと思いますが、

そんなものはありません。

それはすべて押し付けられたモデルケースや基準と違うだけなのです。

押し付けられたモデルケースや基準に合わせる必要はありません。


支配者たちが作るモデルケースや基準など、その時々で変わります。

支配者たちの都合によってクルクルと変わるのです。

そのたびに、あなた達はそれに合わせようとしてツライ思いをするのです。

無理やり小さな器に入れられるようなものです。

形の合わない器に詰め込まれて、自分の形がおかしくなって苦しくなるのです。


好きに表現してください・・それがあなたの魅力となるのです。

あなたの表現は完璧です。

あなたの表現を大切にしてください。

あなたの表現に誇りを持ってください。

みんなが自由に自分の表現を楽しむことが出来れば、あなたの世界は本当に豊かで楽しいものと

なります。

それぞれの個性のエネルギーが、それぞれの表現をすることによって、美しいハーモニーを

奏でることが出来るのです。

いろんな色があるから、世界は美しく輝くのです。


何かあなたの中に恥ずかしいとか、ダメだとか、欠点だとか思っているコンプレックスがあるなら

それはコンプレックスではなくチャームポイントだと思ってください。

あなた自身がコンプレックスだと思い、エネルギーを引いてしまうからその個性が輝かなくなるのです。

あなたがそれをチャームポイントだと思い、堂々と自信を持って表現してエネルギーを引かなければ

それはあなたの大きな魅力となるのです。


同じことでも、あなたの気持ちの持ち方でまるっと反対の表現になってしまうのです。

あなたが気にしていることがあるなら、反対の方向からみてみてください。

きっと素晴らしい魅力となります。


あなたに愛をこめてお伝えいたします。」


ありがとう アシュタール! 感謝します。

(ここまで)


反転する5次元社会はそれぞれ違う異なった個性をそれぞれに楽しむ世界です。

どんな人にもそれぞれ固有の波動があり、それを互いにハーモニーを奏でながら楽しむ世界です。

だから、今の画一化された社会自体がおかしいのです。

人は本来自由であり、これをこうしなければならないと強制されるものではないのです。

それぞれが自分の個性の発現を楽しむ、それぞれが他者の個性の表現を楽しむものです。

それがこれから反転する5次元世界の姿です。





nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

破・常識 あつしの挑戦「アシュタール:仕事は楽しい遊び・・・・・」 [アセンション]

破・常識 あつしの挑戦「アシュタール:仕事は楽しい遊び・・・・・」




(ここから)


今日の破・常識!



仕事は、自分を自由に表現するための楽しい遊び・・・らしい(笑)

では、アシュタールからのメッセージをお伝えします。






「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

仕事は、とても楽しい遊びです。

自分を自由に表現できる とても楽しいことなんです。

私たちは、あなた達のいうような仕事はしていません。

私たちがしているのは遊びです(笑)


本来は、すべてが楽しい遊びなのです。

でも、あなたたちの社会には、お金・・というものがあります。

だから仕事が嫌に思えるのです。

楽しく好きなことをして遊んでいるのが本来の仕事ですが・・

あなた達の社会では、お金を稼がないといけない・・

という概念が邪魔をして楽しむことができないのです。


考え方を反対にしてはいかがですか?

お金を稼ぐために仕事をするのではなく 

楽しく遊んでいたらお金がついてきた・・

それならば仕事が楽しくて仕方がなくなりますよ。

お金のためにどうして自分の時間を拘束されて 

嫌なことまでしなくてはいけないのですか?

嫌なことをしなければ、我慢をしなければ、

本当にお金を得ることができないのですか?

お金がなければ生きていけないのでしょうか?

そう思い込んでいる(思い込まされている)

だけではないのでしょうか?

もう一度考えてみてください。


生きていくうえで大切なのはなんですか?

お金を得るためだけに仕事をするのか?

自分を表現するために仕事をするのか?

お金を得るためだけに仕事をするのは楽しくないですね・・

自分の好きなことをして 

自由に生きていくことは出来ないのですか?

世の中そんなに甘くない・・って思っていますか?

あなたは自分の好きなことをする

自由さえも無くして何が欲しくて 

お金を得るための仕事をしているのでしょうか?

好きなことをしていれば楽しいし 

飽きることもありません。

好きなことをしてください・・思いっきりしてください。

そうすればその好きなことが仕事になります。

そのことでお金を得ることができます。

音楽を聴くことが好きなら 

とことん好きなだけ音楽を聴いてください。

そうすれば、あなたの中に

音楽に関しての情報がたくさんできます。

その情報をほしいと思う人も出てくるのです。

例えば映像を撮るのが好きで 

映像を撮るのは任しとけ・・って思っていても 

それに合わせる音楽には疎くてわからないっていう人と

一緒に協力することだって立派な仕事になるんです。

自分には出来ないとあきらめていませんか?

自分の好きなことなんて仕事になんかなるわけがない、

お金をもらえるわけがない・・って思い込んでいませんか?

もっと柔軟に考えてみてください。

必ず自分の好きなことが仕事になります。

お金のために無理して我慢して 

自分を抑え込んで誰かに強制されて

仕事をする必要はないのです。

お金のために生きるなんて・・

あなたは、そんな小さな存在ではないのです。


仕事の概念を変えてください・・

お金の概念も変えてください。

仕事は、自分を自由に表現するための楽しい遊びです。

そうすれば仕事は遊びになり 

楽しくて仕方がないものになります。

みんなが自分の好きなことを

楽しんでやっていけるようになると

お金というものが要らなくなってきます。

この話は、とても長くなりますので 

またの機会にしたいと思います。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」



ありがとう、アシュタール!

(ここまで)


おそらく誰もがお金のために仕事をしたいと思っていないでしょう。

もし、そう思っている人がいたら、それは仕事を楽しんでいる人かお金亡者です(笑)。

なぜ、人は生きるためにお金を稼ぎ、そのために嫌な仕事をしなければならないの

でしょうか?


その答えは・・・・・。

そこにも5次元に反転するためのヒントがありますが、多くの人がその呪縛から逃れられ

ないでいます。


社会に出てから、家族を養うため、膨大な家のローンを払うため、子供を学校に入れて

大学を卒業させ、果ては結婚式の費用を賄うためとどこまで働き続けないといけないの

でしょうか。多くの男性は仕事の奴隷となり果てています。

最近は労働力不足を補うため、ウーマンリブを発端として始まった男女平等精神のもとに

女性まで職場に繰り出され、男女とも仕事のために生きなければならない人生となって

しまっています。

どこかおかしいと思わないでしょうか?たとえ、そう思っていても若いうちに背負った借金で

にっちもさっちもいかないのが今の現状ではないでしょうか?

あまつさえ、今では大学を卒業するために借りた奨学金が人生の重荷になってしまって

思うようにまかせない人生を送る人がかなり増えているようです。

本来なら、この3次元で時間と言うはざまの中で生じる体験を楽しむはずだったのが苦しい

人生を送る羽目になっているのですから、なんと本末天将なことか・・・・。


それでも、自分の好きな仕事を選び、それに楽しみを見いだせるなら幸いです。

出来るなら、これからはそのような仕事を親が何と言おうと選ぶようにしたいものですね。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog