So-net無料ブログ作成

記憶違いもパラレルワールドの影響? [アセンション]

「記憶違い(マンデラ効果)」がパラレルワールドの影響であることを証明する10例!
あなたの勘違いも並行宇宙情報かも!?


(ここから)

パラレルワールドは、多くの場合、たとえ存在するにしても我々の世界とは相いれない世界であると考えられている。しかし昨今、パラレルに存在する並行世界同士は、これまで考えられていた以上に相互に影響を及ぼし合っているのではないかという説が聞かれるようになっており興味深い。その仮説を後押しする有力な現象が「マンデラ効果」だ。


■「マンデラ効果」とパラレルワールドの関係

 人種差別政策・アパルトヘイトの撤廃に尽力した20世紀の世界的なトップリーダーの一人であるネルソン・マンデラ氏であるが、2013年に氏の訃報のニュースが流れた時は、決して少なくない人々の頭の中にクエスチョンマークが浮かんだという。故人にとっては不本意極まりない話にはなるだろうが、とっくの昔(1980年代)にマンデラ氏は亡くなっていたと思い込んでいた人々がかなりの数いたようなのである。

 こうした過去の疑いようのない記憶が、事実と反するものになってしまっている(と当人には思える)現象を、超常現象研究家のフィオナ・ブルーム氏は、このネルソン・マンデラ氏の例にちなんで「マンデラ効果」と名づけている。

 気のせいだと言われれば認めるしかない勘違いともいえそうなのだが、ブルーム氏に言わせれば、これは単なる思い違いなどではなく、一部の人々は確かに1980年代にマンデラ氏の訃報に触れていたのだという。別のパラレルワールドではマンデラ氏は1980年代に亡くなっており、その世界を垣間見た時の記憶が一部の人々に残っているのだと指摘している。…

つまり、並行する世界との“接点”に触れた一部の人々が、ある一定の時間、パラレルワールドからの影響を受けたのではないかということだ。

 もしこのようなことが起こっているとすれば、ネルソン・マンデラ氏についての現象だけということはないだろう。ではマンデラ氏のケース以外ではどんな「マンデラ効果」疑惑例があるのだろうか。「マンデラ効果」は主に英語圏で話題になっているため、日本人には馴染みのないケースも多いのだが、その中でも日本人にもわかりやすい例をオルタネティブ系オンラインジャーナル「Mysterious Universe」などから選んで紹介してみたい。

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2017/05/post_13112.html

1. ダース・ベイダーは「ルーク、わしがお前の父親なのだ(Luke, I am your father)」とは言っていない

『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』(1980年)において、ダース・ベイダーとルーク・スカイウォーカーの一騎打ちの場面で、ダース・ベイダーがルークに向かって「ルーク、わしがお前の父親なのだ(Luke, I am your father)」と言い放ったことを多くのファンが覚えているのだが、実際のセリフは「いや、ルーク、わしがお前の父親なのだ(No, I am your father)」というもので、若干ニュアンスの違う表現であった。…

どうしてこのような集団的な事実誤認が起こったのだろうか?


2. C-3POのボディは隅々まで金色ではなかった

 同じく『スター・ウォーズ』の話題だが、全身“金ぴか”なイメージがあるロボットのC-3POだが、右足のスネはどの作品においても銀色であった。


3. 天安門事件の戦車への抗議シーン

 1989年に中国で起きた天安門事件(六四天安門事件)だが、この事件を象徴する映像として今でもよく取り上げられるのが、戦車の前に立ちはだかる1人の男性の勇姿だ。当時リアルタイムで事件の模様をメディアを通じてウォッチしていた少なくない割合の人々が、この学生が戦車に轢かれているシーンを目撃していたという。もちろんこの男性が轢かれたという記録も映像も残ってはいない。


4. キットカットのロゴに「-」はない

 チョコレート菓子のキットカットの商品ロゴなのだが、どういうわけか「Kit-Kat」と-(ダッシュ)が入っているものと記憶している人が多いという。正しくは「KitKat」だ。


5 『セックス・イン・ザ・シティ』という題名の映画はない

 1998年から2004年にかけてテレビドラマとして放送され、後に映画版も好評を博した『セックス・アンド・ザ・シティ』だが、これもどういうわけなのか『セックス・イン・ザ・シティ』と覚えている人が多いということだ。


6. ピカチュウの尻尾の先は黒くない

 昨年からの『ポケモンGO』ブームで再び世界的に脚光を浴びたピカチュウだが、耳の先と同じように尻尾の先が黒いと思っている人が多いという。…

7. おさるのジョージに尻尾はない

 現在Eテレで放送されているアメリカのテレビアニメ『おさるのジョージ(Curious George)』だが、ジョージには尻尾があると思っている人が多いということだ。


8. レクター博士は「ハロー、クラリス」と言っていない

 トマス・ハリス原作の映画『羊たちの沈黙』(1991年)において、アンソニー・ホプキンス演じるレクター博士は、ジョディ・フォスター演じるクラリス・スターリングに向かって「ハロー、クラリス」とは言っていない。「ハロー、クラリス」が勝手に一人歩き(!?)して、同作の決めセリフのように語られてきたのだが、実際は「グッド・イブニング、クラリス」だったのだ。


9. 白雪姫の王妃は「鏡よ、鏡、鏡さん」とは言ってない

「鏡よ、鏡、鏡さん」というのは『白雪姫』の有名なセリフなのだが、実際は王妃はもっと命令口調で「壁にかかった魔法の鏡よ(Magic mirror on the wall)」と言っている。

10.モハメド・アリはそんな昔に亡くなっていない

 このほかにも、昨年亡くなった元WBA&WBC統一世界ヘビー級チャンピオン、モハメド・アリ氏の逝去についても、決して少なくない数の人々がアリは1990年代からせいぜい数年前の間にすでに亡くなった人物であったとしてその訃報に驚かされたという。

 また、映画『ゴースト/ニューヨークの幻』(1990年)で一躍有名になった俳優、パトリック・スウェイジの2009年の逝去についても、もっと前に亡くなっていたと感じていた人々がいるということだ。…

さらに興味深いのは2005年にアメリカ南東部を襲ったハリケーン・カトリーナによる大災害が2005年の8月ではなく、不思議なことに同年4月だったと記憶している人が一定数存在しているという。

 はたしてこれらの“思い込み”がパラレルワールドの存在に何からの関わりがあるのだろうか。今後も思わぬところから「マンデラ効果」と思われる事例が登場してくるかもしれないので今後もチェックが必要だ。
(文=仲田しんじ)

(ここまで)

いかがでしたでしょうか?

この10個の中に私にも当てはまるものがありました。C-3POのボディの色とか、白雪姫物語とか

ピカチュウの尻尾の色とか、あるいは天安門事件のこととかはそのように記憶しています。

これはどう説明すればいいのでしょうか?

私の仮説ですが、世界中のすべての人が自分では意識してないにもかかわらずパラレルワールド

を実際に行き来しているのではないか?ということです。

先日の記事でアシュタールが波動とパラレルワールドは少し違いますがと述べていたのを思い

出しますが、もしかしたら、この世界の実相はパラレルワールドが複雑に絡み合って出来ている

のではないかということです。つまり、個々の人々が見ているものがそれぞれ異なっているのは

それぞれが独自のパラレルワールドを形成していて、それぞれが少しずつ異なっているということ

です。ただ、互いの波動が合ったときにパラレルワールドが干渉し始め、互いに同じものを経験して

いるというものです。

思考が違えば創られる現実もちょっとだけ違います。そうなると、世界中の人口の数だけパラレル

ワールドが存在することになりますが、とてつもなく天文学的な数ですね。

でも、宇宙はなんでもありで制限がないのですからあり得る話かも・・・・。

みなさんもちょっと考えてみると面白いかもですよ。




nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

世にも不思議な奇妙なフツーの話「アシュタール:”よくできました”のハンコは自分で・・・・」 [アセンション]

世にも不思議な奇妙なフツーの話「アシュタール:”よくできました”のハンコは自分で・・・・」



(ここから)


オーストラリアでは同性婚が認められていないそうです。(日本もそうですが・・)

で、オーストラリアのアイスクリーム屋さんが同性婚が認められないことについて抗議の

意味を込めて、同じフレーバーのダブル注文は禁止するってことにしたそうです^^

この話を聞いて思ったのが・・・どうして結婚しなきゃいけないんだろ??ってことです。

(違う考え方の方ももちろんいらっしゃると思います・・あくまでもこれは私の考え方ですので)

だって、別に好きで一緒に暮らしたいなら、それでいいんじゃないのかな?・・って思うんです。

事実婚・・結婚制度に入ってはいないけど、一緒に生きていく・・っていう生き方でも

いいんじゃないかなって思うんですよね、私は。

籍が入ってない事実婚と呼ばれる形態でも、日常の生活では特に何も支障ないと思うんです。

同性婚だけの話じゃなくて、異性婚?でも同じだと思うんです。


私の体験を言わせていただければ、結婚制度って束縛や義務や人間関係においてめんどくさいこと

ばかりで(特に女性には)あまり楽しい制度ではないです。

そして、結婚したからって、一生安心、安全、安定なんて事もなく、幸せになれる・・・

なんてなんの保障もないですしね・・・^^;

だから、世界的にもどうしてそんなに結婚制度にこだわらなきゃいけないんだろうか?・・

みんなが結婚制度にこだわらなくなれば、もっと自由な世界になるのになぁ~~・・

って思ったミナミなのでしたぁ~~^0^;


では、今日のアシュタールからのメッセージをお伝えしますね^^

「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

他の人からの太鼓判を求めないでください。

誰かの承認はいらないのです。

何に対してもそうです・・誰かに認められることを追わないでください。

特に権威者?権力を持っている人?自分より偉いと思っている人?の太鼓判、保障、承認を

得なければいけないと思わないでください。


社会的に認められる・・という考え方は、誰かの承認を得たいという考え方です。

自分を信じていないから、誰かからそれは大丈夫ですよという承認が欲しいのです。

承認が欲しい・・という考え方は、自信のなさからくるものです。


自信をもってください。

あなたの人生において、誰の承認もいりません。

”よくできました”のハンコを誰かに押してもらう必要はないのです。

あなたが自分で押してください。

あなたが自分を承認すればいいのです。


他人の承認?社会的に認められる・・ことを追い続けて行くと、自分にどんどん自信がなくなります。

いつまでも不安で不安で仕方無くなります。


誰かの?社会的な?承認を求めるのは、もともと不安からですので、それを求めれば求めるほど

不安が募るというわけです。

自分が承認すれば、誰に承認されなくても自分はこれでいい、と思えれば不安はなくなります。


あなた達は小さなころから教育で、権威者、権力者、偉い人たちから承認されることで

自分の価値?アイデンティティーを保つように教えられてしまったのです。

先生に”よくできました”のハンコををもらうことで、自分の存在に価値があると思い込まされて

しまったのです。

”よくできました”のハンコをもらえない子はダメな子だと刷り込まれてしまったのです。

だから、自分でどうしたいのか考えるよりも、どうしたら”よくできました”のハンコが

もらえるのか?を優先的に考えるようになってしまったのです。

その考え方の習慣が抜けないので、社会的に認められる存在になることに重きをおき

自分のしたいこと、考えを脇に追いやってしまうのです。


”よくできました”のハンコは自分で持ってください。

そして、自分で押すのです。

人に渡して、人に押してもらおうとしないでください。


自分でハンコを押せるようになると、世界が広がります。

自由になることが出来ます・・人の目を気にして小さくなることもなくなります。

人のことも気にならなくなり(干渉することに興味がなくなり)、人間関係も楽しくなります。

世間的な形を求めることにも興味がなくなります。



あなたに愛をこめてお伝えいたします。」



ありがとう アシュタール! 感謝します。

(ここまで)


簡単に言ってしまえば、自画自賛ということですね。

自分で自分を認めるということです。

誰かの承認を必要とするのではなく、自分でそれでOKと思えればそれでいいということです。


でも、なかなかこの簡単なことが出来ない。

いつもいつも何しからの不安が残ってしまい、信用できないというのが私たちなのでしょう。


誰かの承認やハンコがないと安心できないという心理です。

どこかで、その考えを捨てないといけないことでしょう。

そうしなければ反転する世界についていけなくなるかもしれませんね。






nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

破・常識 あつしの挑戦「アシュタール:上昇志向は幻・・・・」 [アセンション]

破・常識 あつしの挑戦「アシュタール:上昇志向は幻・・・・」


(ここから)


今日の破・常識!



生きている・・というのは 

       今完璧だということ・・・らしい(笑)




では、アシュタールからのメッセージをお伝えいたします。






「こんにちは こうしてお話し出来ることに感謝します。

上昇志向・・という概念を手放してください。

上昇志向は、あなたを現状にとどまらせてしまいます。

上昇志向は、幻を追うものです。

人間は、上昇志向をなくしたら成長することはできない・・

と教え込まれていますが・・それは、3次元領域の考え方です。

上昇志向は、マインドの作り上げる幻です。

あなたは、もうそのままで完璧なのです。

自分はまだまだ足りないと思う気持ちが、

上昇しなければいけない・・と思ってしまうのです。

上昇志向には終点はありません。

それを持ち続ける限り 

あなたのヒリヒリした枯渇感は続き苦しみは続きます。

砂漠の逃げ水を追うようなものです。


あなたは、今すでに完璧で必要なものは手にしています。

だって、いましっかりと生きているでしょう?(笑)

生きている・・というのは、今完璧だということです。

何か今必要でないものを求めて 

枯渇感を感じ続けていると

思考はエネルギーですから 

枯渇感を感じ続けなければいけない現実を創造します。

今自分は必要なものはすべて手にしている・・と感謝し 

満足していると満足できる現実を創造できるのです。


あなたのハートが欲しているものは 

どんどん欲してください。

私が言っているのは 

あなたが刷り込まれてしまっている 

上昇志向についてです。

誰かが作り上げたモデルケース(目標)に向かって 

無邪気に従う上昇志向というものは、

もう手放してください。

あなたは、上に上がる必要も成長する必要もないのです。

そこには自分に対しての愛がありません。

自分を叱咤激励して無理に歩き続けることはいりません。

今この時楽しくいれば 

楽しい現実を創造することが出来ます。

自分はすでに完璧であり、このままでいい・・と 

思い出してください。

あなたは、上にも先にも行く必要はないってことです。

今この時を楽しんでいてください。

それがあなたの行きたいところに

連れて行ってくれる一番の早道です。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」



ありがとう、アシュタール!

(ここまで)


人間は、上昇志向をなくしたら成長することはできない・・
と教え込まれていますが・・それは、3次元領域の考え方です。
上昇志向は、マインドの作り上げる幻です。

上昇志向と言うのは今よりさらに良くなろうとする考え方ですが、それは未来はこうなろうという

現実を創ろうとしていることに等しいものです。

しかし、未来はいまだ存在せず、そうなろうとしてもその未来は確実に訪れるかどうかは不確実で

確定的ではありません。私たちはそのまだ来ない未来を思い描いて想像しているに過ぎないと

いうことになります。

現実には今しかありません。私たちが実際に体験できるのは今しかないということです。

言葉を変えれば今の体験の仕方を変えれば未来も変わると言うことになります。

つまり、今もっとよくなろうとする仮想現実を追うのではなく、今何をするかですね。

この3次元はフィルムのコマを一コマ一コマつないで見ているようなもので、過ぎ去ったフィルムは

今この場所には実在しません。あるのは私たちの記憶と言うプールの中だけです。

現実には今ある一コマを見ているだけにしか過ぎないということです。

その一コマを記憶しているので、当然未来はこうなるだろうという思考がそこに生まれます。

それが3次元です。

いうなれば3次元は今を体験する場所であって、5次元以降の世界は自分で創る世界です。

思考が現実をすべて創る世界に移行してしまうと、未来はこうなる、こうなりたいということは

出来ないということになります。なぜなら、思ったことが現実化するからです。

3次元はそうはいきません。思ったことがなかなか現実化しないからです。そのため未来に夢を

託すような思考形式が生まれます。

私たちが現実を創れる力を持っているとしたら、いつまでも3次元で遊んでほしいと思っている

存在はどうするでしょうか?未来を追い求める思考形式を刷り込むでしょう。そうしてもらった

方がいつまでも3次元に居てもらえるからです。それが真実を知られてしまうと私たちがこの

3次元を離れ、自由に現実を創造する世界に飛び立ってしまいます。

それが嫌なことなのでしょう。


しかし、これから反転する世界はすべてが可能になる世界であり、私たちはそれに必要なものを

すべて持っていることになるので、上昇志向は必要ないということですね。





nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog