So-net無料ブログ作成
検索選択

世にも不思議な奇妙なフツーの話「アシュタール:ため息がでるときは・・・」 [アセンション]

世にも不思議な奇妙なフツーの話「アシュタール:ため息がでるときは・・・」



(ここから)

はぁ~~、ふぅ~~、はぁ~~・・・・気が付くとため息をついてる

時があります。

はぁ~~、疲れたぁ~~・・・はぁ~~・・どんだけため息が出るんだって

笑っちゃうくらい^^;


でもね、ため息をつくと幸せが逃げてくよ~~って誰かに聞いたことがある。

あ~幸せ逃げちゃイヤだ・・でも、知らないうちにため息が出ちゃう・・

どうしたらいいのぉ~、教えてアシュタールぅ~~^^


「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

出るものは出してください(笑)

出るものを我慢すると身体によくありません。

必要だから出るのです。

排泄、排出はとても大切なことです。

この排泄は良くて、この排泄は悪い・・そんなことはありません。

ガスは出してはいけない、恥ずかしいことです・・そんなことはありません。

身体が必要としているから、出そうとするのです。


ため息は必要だから出るのです。

幸せが逃げていくなど、まったくありませんので安心してため息をついてください。

反対に、ため息を我慢する方がご機嫌になれず、幸せが逃げていきます。


ため息は、酸素を必要としているときに出ます。

ため息は、ある意味深呼吸なのです。

ため息という深呼吸をすることで、身体が緩み、リラックスできます。

リラックスすることで、身体が必要としているホルモンが出るのです。

緊張している身体をほぐそうとする自己治癒?のためにしていることです。

ため息をついてはいけない・・と我慢するとその自己治癒力を制限してしまう

ことになりますので、我慢しないでください。


そして、ため息のもう一つの効果は・・疲れていることを認識できることです。

身体もそうですが、気持ち?こころ?精神?がひどく疲れていますよ・・という

身体からのサインだということです。


だから、知らないうちにため息をついているときは気を付けてください。

疲れていることさえ気が付かなくなっている状態だということです。

頑張りすぎて、身体も、こころもヘトヘトだということですので、

意図的に休むようにしてください。

こころ?頭?が疲れている時は、とにかく考えないようにすることが大切です。

何か問題や悩みごと、などがあって常にそのことばかりを考えて疲れてしまって

いるときは、いくら考えてもいいアイディアは出てきません。

そういう時は、思い切って何も考えないようにするのです。

そうすると、こころ?頭?は休まり、リフレッシュすることが出来ますので、

いいアイディアがわいてくるのです。


思い切って何も考えないようにするって言われても、気が付いたら考えてるから

どうにもなりません・・というエネルギーがかえってきますが(笑)

それはいつもお伝えしている方法を使ってください。

それは・・・感覚にフォーカスすることです。

いま目で見えるもの、いま耳に聞こえる音、いま肌に感じるもの、いま食べているものの

味や触感・・五感で感じるものにフォーカスするのです。

そうすれば、頭グルグルは止まります。

すぐに戻ってしまっても、気が付いたときにまたフォーカスを五感に戻せばいいのです。」

慣れてくれば、簡単に長い時間出来るようになります。


身体が疲れてため息が出るときは、とにかく身体を休めることにフォーカスして

ください。

そして、ため息が出るときはどんどん出してください。

そうすると、疲れすぎて上がってしまった”気(エネルギー)”をおろし、身体の

エネルギーの流れをスムーズにすることが出来ますので、ゆっくりと眠ることが

出来ます。


ため息は、あなたの状態のバロメーターです。

ため息がでるときは、あ~、私は疲れてるんだな・・と素直に認めてくださいね。

ムリに止めようとしたり、疲れていることを認めようとしなかったりすると、

病気になってしまいます。


ため息が出たときは、自分に”教えてくれてありがとう”・・と感謝してくださいね。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」


ありがとう アシュタール! 感謝します。

(ここまで)


ため息をつくと幸せが逃げていくとはよく言われている言葉ですが、私もどうしてこのように

言われるのjか調べたこともありませんでしたのでアシュタールの回答が意外でした。

でも、調べてみると本来の意味はそうではないようです。

中国ではため息をつくと悪い気が抜けるとされているし、気功でもそう言われているようです。

実際問題、傍でため息をつかれると耳障りなので、そういう話をして避けようとした言い伝え

のようなものだという説もあるようです。

そんな意味のないため息ならどんどんついた方が良いですね。

でも、あまりため息ばかりついて傍にいる人を心配させるようなことにならないように

した方が良いですね(笑)。


さて、明日から4日間ほど旅行に出ますので、次の更新は来週の火曜(4日)になります。

悪しからずご了承ください。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

破・常識 あつしの挑戦「アシュタール:実現にはリアルなイメージを楽しむ・・・・・」 [アセンション]

破・常識 あつしの挑戦「アシュタール:実現にはリアルなイメージを楽しむ・・・・・」


(ここから)


今日の破・常識!




努力と根性(涙と汗?)をもって目標を追いかけていく・・

           という方法は、もう古いやり方・・・らしい(笑)




では、アシュタールからのメッセージをお伝えいたします。






「こんにちは こうしてお話し出来ることに感謝します。

追いかけると逃げいていくんです(笑)

何か目標?目的?夢? があるとします。

それを必死で追い求めると反対にもっと遠ざかっていきます。

それはなぜでしょうか?まだ追いつかない・・まだ駄目だ・・

もうちょっと頑張らないと・・と思う気持ちは 

そこには到達していないという意識が強く働きますので、

その波動が現実を創るからです。

まだ到達していない・・という意識が 

到達しない現実を創造するからです。

ですから、その目標を達成したいと思うのであれば

目標を立て、そしてそれが

すでに達成したというイメージをしてください。

その時の感じをリアルにイメージするのです。

達成したときの喜び、その達成したときに

持っているものがあれば、その物の重さ 

温度 形などを感じ楽しんでください。

そのイメージを楽しんで感じ切っていると 

ストンと何かが落ちる感じがします

(この感じは人ぞれぞれですので 自分の感じを覚えてください。

イメージすることに飽きたと感じることも 

そのサインであることもあります)

このもうこれは達成した・・と思える感覚を感じたら 

もうそのことは忘れてください。

大丈夫です・・あなたの中にはしっかりと

そのイメージが刻まれましたので

現実はそちらの方へ動いていきます。

そこでまだ疑いや不安、心配などのエネルギーを出してしまうと

アクセルを踏んでいるのに 

同時にブレーキを踏んでいるのと同じことになって

現実が動かなくなりますので気をつけてくださいね。

そして他のことを楽しんでいてください。

何かしたいこと、アイディアが浮かんで来たら 

その目標と何も関係ないと思うことでも積極的にやってみてください。

まったく関係ないことで意味がないと思ったとしてもやってみてください。

何も関係のないと思われたことが ひとつのパーツとなります。

そして、そのバラバラで目標とは何も関係がないと思われたパーツが

時期が来れば一つにまとまって

目標達成という大きな絵が完成するのです。


いいですか?

今までのような努力と根性(涙と汗?)をもって 

目標を追いかけていく・・という方法は、もう古いやり方です。

思考はエネルギーです。

先に出来たというイメージをしっかりと持つことで 

思考エネルギーがその現実を創造するのです。

すべては、あなたの思考から始まります。

ですからあなたの思考エネルギーをどう使うかで 

あなたが創造する現実が変わって来るのです。


ここでひとつわかっていただきたいのは、

目標と言っても狭い範囲のこと、

ピンポイントのことではないと理解してください。

たとえば金メダルを取ることを目標にするのは、違うということです。

金メダルを目標にするのは マインド、エゴの発想ですから 

かなり現実化は難しくなってきます。

そうではなく自分の演技がこうなりたい・・こうしたい・・

という目標を持ってくださいということです。

自分の納得できる演技をすることで結果が出るのです。

表面的には同じように見えますが 

まったく反対からのアプローチですので現実化が変わってきます。

自分の演技をこうしたいと思う気持ちは 

ハートから出てくるものですので

イメージが現実化しやすいということです。

この違いがあなた達には理解しにくいことだと思いますが 

これをしっかりと理解できるようにすることで 

現実化の意味が分かってくると思います。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」



ありがとう、アシュタール!

(ここまで)




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

世にも不思議な奇妙なフツーの話「さくやさん:どちらの現実を体験するかは、あなた次第・・・・・ 」 [アセンション]

世にも不思議な奇妙なフツーの話「さくやさん:どちらの現実を体験するかは、あなた次第・・・・・ 」



(ここから)

この前ね、スーパーのレジですっごく怒鳴ってる人がいたんです。

何が原因か私にはわからないけど(たぶんそんなに大きな問題では無いとは思うけど)、

とにかく怒ってる。

レジの人にビニール袋を投げつけるわ、罵詈雑言を投げかけるわ・・・すごかったです。

最近、女性議員の秘書に対する暴行と暴言のニュースもありましたけど・・


なんか世間のひと、みんなイライラしてるなぁ~って感じます。

何にそんなに腹が立って、何に対して怒ってるのか?・・それさえも分からず、

ただ怒ってる?・・・そんな感じ??


では、今日はさくやさんからのメッセージをお伝えしますね^^

「忙しすぎるのよ、やることが多すぎて、いつも時間に追われてる・・

そんな生活してたら余裕もなくなるわ。


便利になっているはずなのに、便利になるほど忙しくなって行く・・矛盾よね。

時計なんて無かったころは、時間はたくさんあったわ。

時間に追われるなんて概念はまったくなかった。

日が落ちる頃に待ち合わせしましょうね・・って感じね(笑)


時計なんて便利なものが出来ちゃったから、時間がどんどん無くなってしまったの。

時間はね、自分でどうにでもなるの。

時間はね、自分の気持ちで伸びたり縮んだりするの。


気持ちがゆったりとしているときは、時間の流れもゆっくりとなるでしょ。

でも、焦れば焦るほど、どんどん時間は短くなっていく。


そしてね、やることが多すぎるのよ。

あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ・・あ~時間がない、時間がない、早く、早く・・って

思ってるから時間はどんどん短くなって行くの。

どうしてそんなにたくさんのことをしなくちゃいけないの?

生きていくためにしなきゃいけないことって、そんなにないんじゃない?


じょうもんの子たちや、江戸の子たちもちゃんと生きていたけど、あなた達みたいに朝から

晩まであれもしなきゃ、これもしなきゃなんてなかったわよ。

もちろん時計なんてなかったから、何時から何時まで働く・・なんて概念もなかった。

目が覚めたから仕事でもしようかな、そろそろ休もうかな、そろそろご飯にしようかな、

眠くなってきたからそろそろ寝ようかな・・って感じかしら。


そしてね、これはまた話が変わって来ちゃうけど・・・みんなで手分けしてすることが当たり前

だったから、そんなに忙しくなかったのよ。

どういうことかっていうとね、みんなで一緒に生活してたから(一緒の家に住んでたってこと

じゃなくて)


いまのあなた達の生活がそんなに忙しくなってしまっている原因は、何もかも自分でやらなきゃ

いけないって思ってしまっているから。

ちょっと前みたいに、みんなで手分けしあって生活すればそんなに忙しくはならないの。

子ども達だって、親だけで育てるんじゃなくて、まわりの大人たちの手を借りればいいの。

じょうもんや江戸、そして近いところでは昭和の40年代くらいまではそうしてたわ。

近所の大人たちが一緒になって子どもたちを育ててた。

この話になるとまた長くなるから、別に機会に話をしたいと思うけど、都会は特に人々の

生活が分離し過ぎちゃったの・・だから、どんどん負担ばかりが増えて行った。

そして、いつもいつも忙しくなってしまったのよ。


忙しくなると余裕がなくなる。

余裕がなくなるから、イライライライラするのよね。

そして、イライラするから、次の現実もまたイライラするものになってしまう。


余裕がないと、エネルギーがトゲトゲしてしまうのね。

トゲトゲしたエネルギーを人は感じると、すごく痛いの。

痛いから、その人のエネルギーもトゲトゲしてしまう。

お互いトゲトゲのエネルギーで接するから、どんどん関係が悪くなってしまうの。

悪循環ね。


あ~私いま余裕がないわ・・って思ったら、ちょっと立ち止まって深呼吸をしてみるといいわ。

そして、それはいま絶対にどうしてもしなきゃいけないことなのかどうか、考えてみて。

1分2分を惜しんでまでしなきゃいけないことなのかどうか、考えてみて。

そんなに急ぐことじゃないなって思えたら、余裕が出来るから。

余裕が出来れば、ゆったりとしようと思える・・そしたら時間は伸びるの。

時間の流れもゆったりとしたものになる。


速足で歩いてるのを、ちょっとゆっくり目に歩いてみようって思うだけでも、気分は大きく

変わるからやってみて。


お金の話もしたいんだけど、また長くなるから今日は時間の話だけにしとくわね。

とにかく、いまのあなた達は時間とお金に振り回されて余裕を失ってしまってる。

だから、イライラしてちょっとしたことでも腹が立つの。

余裕があるときには笑ってすむことなのに、余裕がないばっかりにけんかになったりする。


そしてね、もう一つの原因が、我慢し過ぎってことね。

我慢して、我慢して、もう我慢しきれなくって、自分の気持ちをコントロール出来なくなって

来てるっていうのも大きな原因の一つでもあるの。

マインドとハートの軋轢がすごくて、自分の中の矛盾に対処できなくなって爆発している・・

そんな感じかしら。

これもまた別の機会に話をするわね。


あなたのエネルギーがイライラから、調和にかわると見えて来る現実もかわるから。

先ず、あなたが余裕を持って笑うようにしてみてね。

あなたのエネルギーが変わると、そのエネルギーの共振して周りも変わるから。


みんながイライラしてるからってそっちのエネルギーに共振しちゃうと、イライラした世界

(パラレルワールド)を体験することになるからね。

そのパラレルがイヤだなって思うなら、ちょっと意識してあなたが調和のエネルギーに変えると

いいの・・そしたら、調和のエネルギーのパラレルワールドと共振してそちらの体験が出来るから。


すべては、あなたの出すエネルギーであなたの現実?体験?は変わるってこと。

時間に追われてしまうと、時間に追われる(時間が短くなる)体験をするし、

時間を気にせず、気持ちがゆったりとしていると時間もゆったりと長く感じる経験も出来る。


どちらの現実?パラレルワールド?を経験するかは、あなた次第だってことなのよね~~


あなた達をこころから愛してるわ~~」


ありがとう さくやさん!

私たちもさくやさんをこころから愛してるよ~~^0^

(ここまで)


私の一日は申し訳ないくらいのんびりしてます(笑)。

寝たい時間に寝て、起きたい時間に起きて、やりたいことはそのときに済ませて

そうでないときはパソコンで記事を見たり、サイトを作ったり・・・・。

ホント気ままです。


私たちは忙しすぎるんですね。

そのスーパーのレジで怒ってた人は何が原因かわかりませんが、ものを投げつけるなんて

相当なことをされたんでしょうかね?

私もスーパーで買い物しますが、ひまな人なのにレジで待たされるのが嫌で、早く終わりそうな

列を見つけては並ぶんですが、決まって前の人のレジが遅くて、ときどき財布を全部広げて

小銭を探しているおばあさんとかに出くわすので、必ずほかの列と比べて遅くなります(笑)。

いくらよさそうな列を探してもどうしてもそうなるので不思議なもんです。

それにしてもスーパーのレジの店員さんの商品カウント速いですね。

中にはゆったりしている人もいて、列が長くなったりしますが、ホントに朝から晩まで毎日

そんな単純作業をしていて疲れないのかしらね。私だったら3日、いや一日で辞めます(笑)。

それだけハードな仕事だと思います。

昔はレジに商品の金額を入れて合計を出して、お金をもらいお釣りを払うというやり方から

商品名のついたボタンを押すと最後に合計金額とレシートが出て会計を済ませるやり方に

なりました。最近はすべてバーコードを読ませて会計を済ませる形になりましたが、イラっと

来るのが、その会計をお客さんが自ら出来るシステムを導入したことです。

どうして、自分で会計処理しないといけないの?と思いますが、レジの列が長すぎるので

時々利用させてもらっています(笑)。

AMAZONなんかは自動レジなる無人店舗を開発したそうですが、近い将来お店には店員

さんらしき人がいなくなるのもそう遠くないでしょう。そこまでになると無味乾燥すぎて

あまりいい気持がしません。特に都会はそうした自動化がどんどん進んでいますので

マシンを操れない人は取り残されてしまいますね。

いったい、そこまで必要なのでしょうか・

その原因は都会に人口が集中し過ぎたことでしょう。大量の消費財を消費する人が増えすぎ

処理が追い付かないことが原因です。そのために大量処理できる効率化が推奨されて

いますが、いつの日か人はロボットを相手にする時代が来るかもしれませんね。

私には到底受け入れられない未来の現実ですが・・・・・・。

それにしても一度回り始めた効率化と言う歯車は誰にも止めることが出来ないくらい

人々の心が病んでいるという証拠です。







nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

破・常識 あつしの挑戦「アシュタール:黙っていたらOK?」 [アセンション]

破・常識 あつしの挑戦「アシュタール:黙っていたらOK?」



(ここから)


今日の破・常識!




黙っているのは、受け入れたと表明しているのと同じ・・・らしい(笑)





では、アシュタールからのメッセージをお伝えいたします。






「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

黙っていたらOKだということになってしまいます。

あなたが何か違和感を感じても黙っていれば 

そのままで事は進んで行ってしまいます。

違和感を感じたり、何か違うと思ったときは 

小さなことでもそのままにしておかず 

声に出してあなたの気持ち、考えをはっきりと表明してください。

少しでも我慢をしたり小さなことだからと見過ごしていると、

それで良しとなり、その我慢が続くことになります。

我慢が我慢を呼ぶのです。

我慢の波動が、次にも我慢をしなければいけない

現実を創造するのです。

あなたが誰かにコントロールされることを許してしまうと

コントロールしようとしている存在は、それで良しとして 

もっとあなたをコントロールしようとしてきます。

最初は小さなことだから、事を穏便にしたいから 

と見逃していると、気が付くと 

とんでもなく大きなコントロールになってしまいます。

小さなことでも、少しでも何かが違う・・

おかしいと思うことがあれば

声に出して、嫌なら拒否を表明してください・

まぁまぁ大したことじゃないから・・と 

それにしっかりと向かい合うことなく

事を穏便に済まそうとすることと 

調和 共生 とは違います。

小さなことでもあなたが違和感を感じるならば 

しっかりとそれに向き合い

声に出してあなたの気持ちを伝えてください。

喧嘩をしてください・・と言っているのではありませんよ(笑)

ただ淡々と素直にあなたの気持ちを伝えればいいのです。

あなたをコントロールしようとする存在は、そうされることを嫌がります。

そして、そんなことをしたら 

みんなから嫌われるぞ・・と脅すかもしれませんが、

勇気を出して 声にしてください。

あなたのその声を嫌うのは 

あなたをコントロールしようとする存在だけです。

あなたを信頼し尊敬し、あなたのとの関係を

大切にしたいと思っている人は

あなたがあなたの気持ち、考えを素直に表現しても 

あなたを嫌ったり離れて行ったりすることはありません。

だから怖がらないで勇気を出して 

あなたのハートを開いて話してください。

ただ声に出してください・・と言っても、

誰かと団結して何かをしようと思う必要はありません。

というか、反対に団結とかはしないでください。 

あなたが ”個人”であなたが思うことを

口に出せばいいということです。

わざわざ団結しなくても”個人”が 

それぞれに嫌なことを嫌だと口にしていけば 

それが気が付くと大きな声になっていきます。

他の人のことを考える必要はありません。

とにかくあなたが何を思いどうしたいかを 

素直に声に出して伝えてください。

黙っているのは受け入れたと表明しているのと同じです。


あなたに愛をこめてお伝えいたします。」



ありがとう、アシュタール!

(ここまで)


日本人はいつからここまでおとなしくなってしまったのだろうか?

政府に何をされても文句も言わず従順に従うだけ・・・。

江戸時代はそうでもなかったようです、ときの幕府が農民を圧迫する政策を取れば

農民一揆を起こして反対の意を唱えていました。

日本でもその行動は安保に反対する国会前でのデモ(今は通行規制されているので

国会前の広場に入ることは出来ませんが当時は出来たようです)しかりですが、この

動乱も70年代の学生運動を境にして影をひそめてしまったようです。当時の学生運動の

後に見られた内ゲバをに見せつけられ国民が嫌悪感をいだいたこともひとつの要因

だったようです。

しかし、その当時まではおかしかったら声を上げるという風潮はありました。

それが今や飼いならされて羊同然になってしまいました。

アシュタールが語るように集団でデモを繰り返して異を唱える必要はありません。

ただ、日常の中でもテレビやニュースを見ておかしいということが必要なことです。

今は誰も何も言いません。国民い蔓延するあきらめの境地なのかもしれませんね。

しかし、街の中で多くの人々がインタビューに答えて「反対」と言えば、テレビもそれを

そのまま取り上げるしかないでしょう。今のテレビのインタビューはよくできています。

反対の意見の後に必ず「賛成」のインタビューを放送することで最初に放送した「反対」

意見の帳消しをやっているからです。ああした番組の場合、印象に残るのは最後の

部分だけです。このようにして印象操作されているのがよくわかります。

飼いならされた羊がいつ目覚めるのでしょうか?






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

世にも不思議な奇妙なフツーの話「アシュタール:波動領域に善悪の判断をしないでください・・」 [アセンション]

世にも不思議な奇妙なフツーの話「アシュタール:波動領域に善悪の判断をしないでください・・」



(ここから)

今日のアシュタールからのメッセージをお伝えしますね^^

「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

波動領域がはっきりしてきます。

波動領域というのは・・・似たもの同士が集まる・・ということですね。

良い悪いの判断は必要ありません。

ただ似た考えの人が集まり、似てない?違う考えの人とはあまり付き合わなくなるという

ことです。


軽い波動、重い波動・・という表現をしますが、それは善悪ではありません。

ただ、好きなもの、好きなことが違うというだけのことなのです。

野球観戦が好きな人は野球を見に行きますね。

そこには野球観戦が好きな人が集まります。

野球観戦に興味がない人は、そこにはいきません・・ただそれだけのことです。

そこには善悪の判断はありませんね。


最近あなた達は少し、波動領域に関して善悪の判断をしていることがあるように感じます。

軽い波動にならなければいけない、重い波動になってはいけない・・という風に考えすぎて

いるのではないでしょうか?


5次元領域は良いところ、でも3次元領域は悪いところ・・だから、5次元領域に共振

しなければいけない・・そのためには、これをしてはいけない、あれもしてはいけない、

これをしなければいけない、あれをしなければいけない・・・という考えが強くなっているように

思います。


そうではないのです・・3次元的な波動領域を体験したい人もいるのです。

5次元領域の方を体験したいと思う人もいるのです。

怖い映画が好きな人は、怖い映画を見ればいいのです。

怖い映画は波動を重くするから見てはいけない・・と思って、我慢してみない方が波動的

観点から考えると良くないのです。


我慢すると波動は重くなるのです。

見たい映画を我慢する方が波動が重くなってしまうのです。

波動が軽い=善ではありません。


善悪で考えてしまうと、宗教と同じことになってしまいます。

そんなことをすると天国に行けなくなりますよ・・という宗教的概念の”天国”が”波動”に

代わっただけのことになります。


すべては自由なのです。

どこの波動領域に共振しようが、その人の自由なのです。

どの波動領域を体験したいか・・ただそれだけのことなのです。


したいことをしてください・・そしてご機嫌さんでいてください。

我慢する必要はありません。

波動を軽くするために我慢する・・その考えの方が波動を重くしてしまいます。

波動を軽くしたいと思うのであれば、我慢しないでください。


怖い映画を見たい時は、見ることをたのしんでください。

それでいいのです。

いま私は怖い映画が見たいのね・・と思えばいいだけのことです。

そして、充分に楽しめばそれで満足できます。

ご機嫌さんでいられるのです。

だから、波動は軽くなります。


じゃあ、人を傷つけることも楽しめばいいのですか?

人をいじめることを楽しめば、波動は軽くなるのですか?・・などと聞かないでくださいね。

それはいまお話ししている波動領域の話とは違うところになります。

人をいじめたいという気持ちは、単なるエネルギーバンパイアです。

その人の中にエネルギーがなくなってしまっているので、人をいじめることで人からエネルギーを

チャージするエネルギーバンパイアなのです。

だから、いじめることでバンパイアして、何となく満足したつもり(ご機嫌さんになったつもり)

でも、すぐにまたエネルギー切れを起こしてしまい、またバンパイアをしてしまうので

いつまでもそこから抜けることは出来ません。

ハートからの楽しみ、ハートからの満足ではありませんので、波動が軽くなることは

ありません。


アシュタールは何が言いたいのでしょうか?

私がお伝えしたいのは、波動領域に善悪の判断をしないでくださいということです。

あなたがどこに居たいか、どの波動領域が気持ちいい、ご機嫌さんでいられるか・・

それだけのことだとお伝えしたいのです。

軽くならなければいけない、重くなってはいけない・・そのような宗教的な概念は手放して

ください。

波動領域は、宗教ではありません。


軽くならなければいけない・・ということは無いのです。

重くなることは罰ではありません。

その波動領域が好きな人が集まり、その波動領域の体験を楽しむ・・それでいいのです。

そして、その波動領域が楽しくなくなったら、別の楽しいと思える波動領域に移行すればいいのです。


もし、無理やりにでも軽い波動領域に行かなければいけない・・と考えてしまうと、それは

とても辛いものとなります。

重い波動領域が好きで、気持ちが良い人もいるのです。

自分の波動と違うところに無理やり共振することは、とても辛いことなのです。

砂漠で生きることが快適だと思っている虫を無理やり水辺に連れて来るとどうでしょうか?

その虫は辛くて仕方ありません・・死んでしまうかもしれません。


自分の波動に合うところが、一番その人にとって楽なのです。

楽しいところなのです。

ご機嫌さんでいられるところなのです。


ですから、波動を軽くするために・・という考えは手放してください。

宗教的な概念で波動領域を考えないでください。


波動領域に関して、マインドで考えないでください。

マインドで考えてしまうと、善悪になってしまいます。


あなたがご機嫌さんでいられるところ(場所ではありません)が、あなたにとって一番合っている

波動領域なのです。

そして、その領域にはあなたと同じ思考、価値観の人がいますので、楽しく過ごすことが

出来るのです。


あなたはどこに共振したいですか?

ただそれだけなのです。


今日は、少しマインド的には難しい話になってしまったと思いますが、エネルギーのところで

受け取っていただけるとうれしいです。


あなたに愛を込めてお伝えいたします」


ありがとう アシュタール! 感謝します。

(ここまで)



私は怖い映画を見たいと思えば見ます。

でも、見ていて、これは合わないからそれ以上見たくないと思えばそこで止めます。

それでいいのではないでしょうか?

宗教団体によっては禁欲を勧めるあまりSOXを禁止することさえありますが

実態はそれを勧める教師が影てこっそり隠れてSOXしていますからね・・・。

結局禁欲は無理と言うことです(笑)。

我慢することも場合によっては必要ですが、それがストレスの原因となるなら無理しない

方が良いでしょう。


波動が軽くないといけないと思うのは自然な流れだろうと思いますが、波動を軽く保つ

ということだけに集中すると無理が生じます。

この3次元ははっきり言って重い波動の世界です。

すべてが軽い波動ではありません。

でも、軽い波動もあるのでそれを好む人同士で集まり会話したり、一緒に何かを楽しむ

ということで軽い波動を保つことは出来ます。

だからと言って、他の人との交流を遠ざける必要もないのです。

必要があれば重い波動の人とも合わなければなりません。

そんな人と会えば自分の波動が落ちると思っている人は自分の波動のコントロールが

うまくできていないのだと思います。

様々な波動の体験をすることでそれをどう自分自身の中で消化し、自分の波動を軽く

保っていられるかコツがつかめると思います。

いちばん良いのは気分転換を図ることです。

何か好きなことに没頭するとか、自然の中を歩いてみるとか、旅行してみるとか

いろいろあると思います。







nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

破・常識 あつしの挑戦「アシュタール:本当の自分に出会う旅?」 [アセンション]

破・常識 あつしの挑戦「アシュタール:本当の自分に出会う旅?」




(ここから)



今日の破・常識!




今この時、一瞬一瞬を感じているあなたが 

                       あなた・・・らしい(笑)





では、アシュタールからのメッセージをお伝えいたします。






「こんにちは こうしてお話し出来ることに感謝します。

本当の自分を探す旅に出ないでくださいね。

本当の自分はどこにもいませんから(笑)

本当の自分はどこにいるのか?

本当の自分とはどんな存在なのか?

探せば探すほど迷子になってしまいます。

深い森をさまようことになってしまいます。

鏡の中の自分を自分だと思っているのと同じです。

本当のあなたは、今こうしてこのメッセージを読んでいる、

この瞬間のあなたです。

笑っているあなた、怒っているあなた 

泣いているあなた、喜んでいるあなた、

意地悪なことを考えているあなた 

優しいあなた、悔しがっているあなた・・

すべてが本当のあなたです。

だから本当のあなたを探す必要はありません。

そして過去にも未来にも本当のあなたはいないし 

でも本当のあなたはいるのです。

矛盾しているように聞こえるかもしれませんが 

そうなんです(笑) この時 この瞬間 

そこにいるあなたが本当のあなたです。

そこにそのままでいるあなたが 

本当のあなたであって 

マインドで考えている過去や未来のあなたは 

マインドが判断している幻なので

本当のあなたではない・・ということですね。

マインドで考えているあなたは、あなたではなく、

今この時、一瞬一瞬を感じているあなたが、

あなたなのです。


ちょっとわかりずらい話になってしまいましたので 

話を戻したいと思います。

すべてが あなただということ・・理解していただけましたでしょうか?

あなたには、たくさんの面があります。

さっきも言いましたが、意地悪なあなたも 

やさしいあなたも冷たいあなたも

可愛いあなたも、すべてがあなたなのです。

ですから自分を探す必要はないのです。

この一瞬一瞬 何かを感じているあなたが本当のあなたです。

自分を探すことにフォーカスするのではなく、

自分が今体験していることにフォーカスしていてください。

体験していることをリアルに感じているあなたが本当のあなたです。

あなたは、いろいろなことを体験するために

この惑星に転生したことを思い出してくださいね。

今日は、観念的なお話しになりました。

言葉ではなくエネルギーのところで受け取って頂けると嬉しいです。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」



ありがとう、アシュタール!


(ここまで)


自分には気づかないもっと素晴らしい自分がいるはず!

今の自分にないものを探して自分のものにしたい!

自分の過去を探れば、本来の自分の姿が見えてくるはず!


などと、スピリチュアルセミナーやカウンセリングを受ける人が多いみたいです。

そのせいか、人気のあるチャネラーやセラピストの講座には多くの人が集まります。

また、スピリチュアル本や雑誌の最後に掲載されている広告の数々。

中には講座だけでなく持つだけで自分が変わると宣伝するストーンやグッズを紹介する

ページもあります。

そんな広告を見ると、そこには魅力的な言葉が並んでいますね。


巷で有名なのは雑誌社VOICEが主催するスピリチュアルセミナーでしょうか?

ネットでもそのPR内容が見れますが、その講座の数と主催者の数がすごいですね。

全世界からありとあらゆるセミナーを集めています。


でも、そんな講座を受ける必要はないのです。

なぜなら、いくら講座を受けても自分自身は変わらないのですから・・・・。

講座終了後は少し変化した自分を発見すると思いますが、大丈夫です数年後には

すっかり元の自分に戻っていますから(笑)。

それよりも自分のものの見方や意識の持ち方を変える方が効果的です。

案外、そうした方は自分に自信を持てていないだけだと思います。

自分はこういう人間なんだと自信を持つことが出来れば他人の言葉など気にならなく

なります。そうすれば自分でも変化しているのがわかるでしょう。

自分に自信がないからあれこれと頼れそうなものを探し始めるのです。

それよりも今のありのままの自分でいることを選択する方がいいです。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

世にも不思議な奇妙なフツーの話「アシュタール:ハートを開く方法!」 [アセンション]

世にも不思議な奇妙なフツーの話「アシュタール:ハートを開く方法!」




(ここから)


今日のアシュタールからのメッセージをお伝えしますね^^

「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

ハートを開いてください。

あなたからハートを開いてください。

ハートを開けば、あなたからあたたかく、やわらかなエネルギーが放出されます。

そして、そのエネルギーに触れた人のハートのエネルギーをもあたため、やわらかく

してくれるのです。

そのエネルギーの触れた人は安心するのです。


お互い安心できるエネルギーのやり取りができるようになりますので、とても気持ちの

いい関係を築くことが出来るのです。

安心できる関係というのは、素直に本音で話しが出来る関係だということです。


でも、ハートを開くと言われても、実際にどうしたらいいかわかりません・・

となると思いますので、簡単な方法をお伝えしたいと思います。


先ず、あなたの胸にあるハートのチャクラの辺りを意識してみてください。

ピンポイント的に考えなくても大丈夫です。

ハートのチャクラってどこ?・・ってあなたの身体に聞いてみてください。

なんとなくボヤ~と、この辺かな?って思えるところが出てきます。


そこにドアがあるイメージをしてみてください。

自分の感覚の大きさでいいです・・大きくても小さくても、どんなデザインでも、あなたが

しっくり感じられるドア(扉)をイメージしてください。

出来れば、両開きのドアがいいと思います。


そして、そのドアをゆっくりと少しずつ開いて行きます。

開き切るとその中に、やさしくてあたたかい光が見えます。

次にその光が、だんだん大きくなって(前面に出て来て)ドアからあふれ出すイメージをしてください。

あたたかく、やさしい光がどんどんあなたのハートのドアからあふれ出し、八方に放射されて

行きます。

あなた自身もその光に包まれ、あたたかく気持ちよくなっていきます。

あなたから放出されるハートの、あたたかでやわらかいエネルギーを感じてください。

この方法で、ハートを開くことが出来ます。


一度試してみてください。

そして、もしこの方法が気に入られたら、是非日常でも使ってみてください。

あなたのハートを開くと、他の人もハートを開いてくれるようになります。

先ずは、あなたからハートを開いてコミュニケーションをとってみてくださいね。


あなたに愛を込めてお伝えいたします」


ありがとう アシュタール! 感謝します。

(ここまで)


今回アシュタールが教えてくれた方法を試してみると

おなかのあたりから白い光が全体に飛び出すように広がっていくのがイメージとして

浮かんできますので、それがよくわかります。

そして、ぽっかりおなか(場所は人によって違います)に開いた空間に輝く光が見え

その光が大きく広がり全身を包み込むようにぐるりと広がります。

柔らかく、温和な光が体を包み込むとものすごく気持ちが楽になります。

それが相手にも伝わっていきます。

ぜひ試してみてください。







nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

破・常識 あつしの挑戦「アシュタール:超感覚の目・・・・・」 [アセンション]

破・常識 あつしの挑戦「アシュタール:超感覚の目・・・・・」



(ここから)


今日の破・常識!




頭(マインド)で考えないでください・・

          すべては感覚・・・らしい(笑)




では、アシュタールからのメッセージをお伝えいたします。






「こんにちは こうしてお話し出来ることに感謝します。

目を閉じて周りを観てください・・

あなたの目は、ほとんど何も見えていません。

あなたが見ていると思っているものは本当に狭い狭い領域です。

例えるならば、真っ暗な中で細く小さな懐中電灯で

真正面を照らしているようなものです。

その狭く小さな領域の物を見て 

それがすべての世界だと思い込まされているだけのことです。

ですから目を閉じていろいろなものを見てください。

目を閉じればいろいろなものが見えて(感知出来て)きます。

懐中電灯では照らすことが出来なかった周りの物が見えてきます。

目は便利なように思えますが、それはマインドを使った目ですから

物質的な領域の物しか見えていません。

目を閉じて 感覚、感性でものを見るようにしてみると 

目では感知できなかったさまざまな物の

息遣いが感じられるでしょう。

目を閉じまわりのものに集中してください。

聞こえてくる音、流れてくる空気(風)の感じ、

匂い、温度、皮膚感覚 そして見えてくるイメージ・・

それら感覚に集中しているとマインドが止まり(懐中電灯が消え)

周囲が明るくなってきて、あなたの周りにあるものが見えてきます。

聞こえなかった周囲の音、声、が聞こえて来るようになります。

ただ目で見るような今までの感じを追いかけると 

見えてきません。そうではなく

(言葉では 非常に難しいですね)感覚で見る・・

というとわかりますか?

肌の感覚で見るようにしてみてください・・

コツがわかると、とても簡単なことです。

そして、聞こえてくる声(あなたのハイヤーセルフや

ハートの声)も今までのように

耳で言葉として聴こうとしないでください。

それらは言葉ではなく、意識、理解として聞こえてきます。

閃き・・のようなものです。

あ、わかった・・という感じでしょうか?

目を開けてマインドがうるさくしているときは 

この意識、理解の声?音?が聞こえにくくなります。

どうしても目から入ってくる情報に振り回されてしまうからです。


言いたいことを理解していただけますでしょうか?

頭(マインド)で考えないでください・・すべては感覚です。


これからは目に見える物ではなく 

見えない物が大切になってきます。

そして見える物よりも見えない物の方に

真実があることが分かってきます。

見える物から 見えない物へ・・

シフトチェンジするように意図してください。

実際の目で見ている世界(3次元領域)から 

実際の目では見えない(5次元領域)に

シフトする為には目で見ないということです。

目で見える物だけを信じないということです。

目で見える物よりも、あなたの感覚の方を

信じるように意図してください。

これからエネルギーの反転に伴って 

あなたの中に混乱や戸惑いが出てくると思います。

そんな時には目をつぶり、ゆっくりと呼吸を繰り返し 

そして感覚を研ぎ澄ましてまわりを見てください

(実際の目で見るのではなく、体中が

目になったようなイメージで感じてみてください)

松果体、サードアイ・・いろいろな呼び方がありますが 

あなたには超感覚の目が備わっていますので 

それを信じ、それを使ってみると意図してください。

すぐにコツがつかめると思います。

目で見えないところにあなたの真実があります。

懐中電灯を消すと大きく広い世界が見えてきます。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」



ありがとう、アシュタール!

(ここまで)


静かにイスに深く腰掛け目を閉じているだけで様々な環境音が体で感じられます。

家の前にある道路を通過するバスや車の音。

近くで話している人の声。

窓から流れてくる戸外の冷たい風が肌に当たる時のひんやりした感触。

カーテンが揺れるときに西日がゆらめいて輝く様子。

そしてそのままにしていると、時々ふっと脳裏に浮かんでくるイメージがあります。

それは過去のことだったり、昔懐かしい当時の雰囲気だったりします。

思うに、あの頃のゆったりした感覚を思い出しさなさいと言われているような気分になります。

今のようなせわしない日々ではなく野原を駆け回った日々のことです。


みなさんもやってみるといろいろなことが見えてくると思います。


最近のアシュタールのメッセージは次第に実践的なものに変わってきたように感じます。

これも反転する世界をうまく乗り切るためのことだろうと思います。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

世にも不思議な奇妙なフツーの話「アシュタール:この社会は何かおかしい・・・・」 [アセンション]

世にも不思議な奇妙なフツーの話「アシュタール:この社会は何かおかしい・・・・」


(ここから)

巷のニュースを見て、何もかもが信じられなくなってしまっている

今日この頃のミナミなのです^^;

右を向いても、左を向いても、何が真実なのか?わからない、、、はぁ~~・・

って思ってたら、アシュタールからメッセージが来ましたので、お伝えしますね^^


「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

たくさんのことが起きて来ています。

何が本当のことなのか?わからなくなって不安に思っていらっしゃる方もいるかもしれません。

でも、大丈夫です。

硬くて絶対に割れないと思っていた地面が割れ、そこから花?植物?の芽が出て来ているだけの

ことです。


割れて行く地面を見て不安になるのではなく、割れた地面から出て来る花?植物?の芽を

見てください。


いままでの社会システムが崩壊しはじめているのです。

いままでの搾取が目的であったピラミッドの社会が崩壊しはじめているのです。

あなた達は、肌感覚で感じるようになってきたのです。

だから、ピラミッドシステムが続けられなくなってきたのです。


肌感覚・・それが、支配者たちにとってはとても怖いのです。

肌感覚は、マインドの外の情報なのです。

なんとなく違う気がする・・それが肌感覚です。

言葉でははっきりと説明出来ないけど、もう信じられないよね・・という感覚です。

言っている意味が通じているでしょうか?


いままでは、マインド(頭)が主でした。

マインドとは、教え込まれた常識、道徳、善悪、倫理観、価値観などです。

それは、教育で教えられるものでした。

そのマインドにしたがっていれば、ピラミッド社会の中では安全にいられますよ・・というもの

だったのです。

ピラミッド社会の中で安全でいられるというのは、搾取を受け入れるということです。

柵の中で生きるということです。

でも、柵の中は実はとても狭く、不自由なところなのです。

そして、あなた達はその柵の中しか世界はないと教え込まれ、柵の中でどうやって生きるか

だけを考えるようになっていたのです。

それがマインドで考える世界なのです。

だから、人々(庶民と呼ばれる人たち)がマインドで生きている時は、庶民を支配・コントロール

している人たちは安泰だったのです。

マインドさえコントロールしておけば、いくらでも庶民を彼らの好きな方向へ動かすことが

出来るからです。

思考のコントロールさえしておけば、好きなようにあなた達の現実をコントロールすることが

出来るからです。


でも、最近になって(最近と言っても十何年のスパンですが・・)マインドではなく、感覚で

感じる人が増えてきたのです。

感覚、肌で感じる違和感を感じて、何かがおかしいと思う人が増えてきたのです。

肌感覚ですので、はっきりと何がおかしいのが言語化出来ずに、モヤモヤしていました。

その肌感覚の違和感が大きくなってきたのです。

そして、その肌感覚を信じるようになって来たのです。


だから、いろんなことが見えてくるようになって来ました。

いままで隠されて来たことも、見えるようになってきたのです。

肌感覚で感じたものを、言語化出来る人も増えてきました。

そして、その人達の言葉を聞いて自分の肌感覚はこういうものだったのか・・と

わかる人も増えてきたのです。


だから、マインド(教えられてきた常識、道徳感、倫理観、善悪、価値観など)をあまり

信じなくなってきたのです。

肌感覚で感じることを信じるようになってきたのです。


あの人は言葉ではこう言ってるけど、何か違うことを言ってる気がする・・何だか信じられないな、

というように感覚の方を信じはじめたのです。


こうなるとウソはばれてしまいます。

言葉だけを信じていられた頃は、言葉を上手に使えば人々は彼らについてきていました。

でも、言葉だけではなく、人々が肌感覚で判断するようになると、いくら上手に言葉を操ろうとも

そこに本心がないことがバレてしまうのです。


この社会は何かおかしい・・これは肌感覚です。

肌感覚で感じてしまうと、もうマインドではどうにもならなくなってしまうのです。

肌感覚が、その人の真実なので、その人は真実を知ってしまうことになるからです。


でもまだ支配者たちは言葉を駆使すれば、大丈夫だと思っています。

だから、どんどん言葉が複雑で理解しにくいものとなるのです。

何とかマインドに訴えかけ、自分たちの主張が正しいものと思わせようと一生懸命に言葉を作り

言葉をすり替え、何とかごまかそうとしますが、そうすればするほどどんどん複雑になり、

矛盾が起きて来て、そして真実からどんどん遠ざかって行きますので、庶民たちは肌感覚で

大きな違和感を感じてしまうのです。


肌感覚で感じた違和感は消せないのです。

そして、言葉遊び(いろんな言葉を使ってごまかそうと)をされればされるほど、どんどん

信用しなくなって行くのです。

信用をなくしてしまうと、どんなに言葉を駆使してももうミスリードすることが出来なく

なります。

それがいまの現状なのです。


言葉が通用するのは、信用があってのことです。

でも信用がなくなると、言葉は通用しなくなるのです。

人々は言葉ではなく、肌感覚に敏感になろうとします。

肌感覚(波動エネルギー)で感じ取ろうとします。

肌感覚(波動エネルギー)は、言葉のようにウソをつくことが出来ません。

だから、どんどんいままで隠されていたことが表面に出てくるようになったのです。


地面が割れているいま、しばらく混乱が起きるかもしれません。

でも、それは地面が割れているだけで、芽が出て来るために起きてることだと思って、

冷静に、霊性にいてください。

そして何か迷った時は、肌感覚に集中してみてください。

そうすれば、真実が見えてきます。

なんとなく違う気がする・・それが肌感覚(波動エネルギー)です。

言葉にできなくてもいいんです。

反対に無理に言葉にしようとしないでください。

無理に言葉にしようとするとマインドが働き、迷いが出てきます。


なんとなくそんな気がする・・違う気がする・・頼りなく感じるかもしれませんが、慣れて来ると

それがあなたにとって一番の指針となるのです。


これからは、はじめて経験することがたくさん起きて来ると思います。

いままでの世界とは違う世界をみるかもしれません。

はじめての場所に踏み出す怖さが出るかもしれません。

でも、この肌感覚を頼りに行けば大丈夫です。


いままでいた柵から出る時期が来たのです。

それは、あなたが望んだからなのです。

あなたがもう柵の中はイヤだ、もっと自由で広いところに出たいと望んだから、柵のドアが

開いたのです。


柵の外は、まだ何もないところです。

そこに世界を創るのは、あなたなのです。

あなたはどんな世界に住みたいですか?

どんどんイメージをふくらましてください・・そのイメージが新しい世界になるのです。


そのためには、肌感覚を研ぎ澄まし、その感覚を信じ、頼ってください。

感覚・・それはマインドの外からの情報なのです。

肌感覚を頼りに、ピラミッド型社会からそっと離れてくださいね。


今日の話はマインドで理解できないかもしれませんが、それでも大丈夫です。

感覚で受け取っていただければと思います。


あなたに愛を込めてお伝えいたします」


ありがとう アシュタール! 感謝します。

(ここまで)


消費税を上げるときには社会保障に使いますからと言ってたはずなのに・・・・。

あれ以降、国民健康保険税は上がる、国民年金保険料も上がる、介護保険料も上がる

何一つとして上がらないものはありませんでした。

完全に嘘ですね。もう国民は気づき始めました。

為政者の言うことは嘘だらけだと・・・・。


と思えば、公務員の給与は上がるうえに、定年の年齢を引き上げようとする動きがあるみたいです。

民間ではいまだに60歳定年でそれ以降は任意または嘱託、一時退職による再雇用で何とか

働いているのを定年延長が定着し始めたと見ているのでしょう。

彼らの給与の源泉は国民の税金です。

公共料金を次から次へと上げて、公務員の給与まで上げて、退職年齢まで引き上げて

いったいいくら税金を集めれば気が済むのか?

と思いますが、いいかげんにしてほしいというのが国民の思いでしょう。

もはやこんな社会に付き合っていられない、それならば離れてしまおうと思っている人が多いはず。

身体は抜けられなくとも心理的にはかなり抜けているはず。

もう、この社会はこれ以上続きません。

もしかしたら、オリンピックを境に大変動が起きるかも・・・・。

オリンピックが終わった後に国民の不満が一気に噴き出すでしょう。

そのときのためにと制定したのが秘密保護法案と共謀罪ですがもう遅いです。

そんなものは国民が離れてしまえば何の役にも立ちません。


最近の人口減少で思うことが一つ。

もしかしたら、これって嫌になった国民が離れて行っているためでは?????






nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

破・常識 あつしの挑戦「アシュタール:あなたはあなたです・・・・・」 [アセンション]

破・常識 あつしの挑戦「アシュタール:あなたはあなたです・・・・・」



(ここから)

今日の破・常識!




身体を持っていても、いなくてもあなた・・・らしい(笑)




では、アシュタールからのメッセージをお伝えいたします。







「こんにちは こうしてお話し出来ることに感謝します。

あなたは、あなたです・・当たり前ですね(笑)

あなたは、結婚していても、していなくてもあなたなのです。

子供がいても、いなくてもあなたなのです。

会社に勤めていても、いなくてもあなたなのです。

車を持っていても、持っていなくても 

あなたには変わりはないのです。

豪華な素晴らしい宝石を身に着けていてもいなくても同じです。

素晴らしいドレスを着ているあなたと 

パジャマ姿のあなたは、同じ何も変わらないあなたなのです。

もっと言ってしまえば 

身体を持っていても、いなくてもあなたなのです。

分かりますか?

あなたが持っているものが、あなたではない・・ということです。

アクセサリー(身体を含めて持っているもの、

世間的な立場)は、あなたというエネルギーの個性を

表現するだけのものに過ぎないということです。

どんなことが起きても 

あなたの個性(エネルギー)は変わりません。

どんなアクセサリーをつけていても 

あなたは何も変わらずにあなたなのです。

そして、あなたという個性(エネルギー)は 

宇宙に一つしか存在しないのです。

これを忘れないでください。

あなたは宇宙にただ一つの素晴らしい存在だということです。

だから誰か他の人のようになろうとする必要はないのです。

反対に誰もあなたにはなれないのです。

宇宙に一つしかない あなたの個性エネルギーを大切にし

愛し自分自身を尊敬してください。

あなたは、あなたでいることで完璧な存在なのです。

人のことを気にして、あなたの個性エネルギーを

小さくする必要はありません。

これが正しいことだと言われても 

そんなものはあなたには関係ありません。

あなたがこれが正しいと思うことが 

あなたにとって正しいことなのです。

100人いれば、100の正しいがあります。それでいいのです。

何があっても、どんなアクセサリーをつけていても 

あなたがあなたであることには 何も関係ないということです。

アクセサリーは、あなたではない・・

ですからアクセサリーに価値を置き

それを守ることに夢中にならないでください。

アクセサリーではなく、あなた自身の個性エネルギーを

輝やかすことに夢中になってください。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」



ありがとう、アシュタール!

(ここまで)


今、私はここにいる。

でも、身体を脱ぎ捨てたら・・・・。

それでも私は私として存在します。

ただ、いる場所が変わるだけ・・・。

でも、そのとき私はどこにいるんだろうか(笑)。


今を生きていると、永久にこの3次元にいる感覚がしてしまいますが、いつかは身体を

脱ぐときがやってきます。それが今なのか、それとも明日なのかはわかりませんが

永久にこの地球に3次元の肉体をまとっていられないということは間違いのない事実です。


だから、身体を脱いでも、自分は自分として存在することを思っている必要があります。

なくなっても私たちの意識はなくなりません。

意識体としてどこかに存在します。

それはアシュタールのように空間のないところに意識として存在するだけかもしれないし

または、どこか別の空間に存在するかもしれませんが、それでも私は私として存在する。

もし、望めばどこかの惑星で地球と同じような身体をまとうかもしれないし、あるいはまったく

異なる容姿を持つ身体を持つかもしれません。

寿命ももしかしたら、数千年生きられるかもしれませんね。

ただ、地球は波動が重いので長く生きられないだけ。

それでも、生きて多くのことを体験することには変わりありません。


今のままでも、死んでも私は私として存在します。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog