So-net無料ブログ作成

この動画をご覧になればきっとみなさんも幸せになれますよ!(^^)! [おまけ]

にゃんこの前で幸せなら手を叩こうを歌いだしたら・・・・。





いいですね.

これを見ただけで本当に幸せ気分になってしまいました(笑)。





nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

世にも不思議な奇妙なフツーの話「アシュタール:自分に勝つ必要などないのです」 [アセンション]

世にも不思議な奇妙なフツーの話「アシュタール:自分に勝つ必要などないのです」



(ここから)


何のドラマだったかなぁ~~?・・主人公がよく口にするんですよ・・

私は誰にも負けない、自分にも、人にも・・って!

そのドラマって、恋愛ものだったんですよね・・恋愛もので勝つとか、負けるとか・・

なんやねん、それって思ったんですよね(苦笑)

たぶん、自分を高めて?磨いて?どんな相手もゲットする?ってことだと

思うんだけど・・いや、私には分からんです^^;


そんなしんどい恋愛したくないし(苦笑)・・ボケ~~っとしてて、

気を抜きまくってっててもいい方が私としては楽しいと思うんだけどぉ~~^0^7


恋愛の話はさておき、自分に負けないって言葉よく使いませんか?

私も昔はよく使ってたような・・なんで自分と戦ってたんだろう??

いま思うと・・あ~~しんど・・ってカンジです^0^;


では、今日のアシュタールからのメッセージをお伝えしますね^^

「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

誰とも戦う必要なんてないんですけどね。

どうして戦わなければいけないのでしょうか?

戦ってどこに行くのでしょう?何になるのでしょう?

自分と戦うなんてことを考えていると、それこそ身体を脱ぐまで決着はつきません(笑)


自分を甘やかしてはいけない・・という言葉も同じです。

どうして甘やかしてはいけないのでしょうか?

気持ちよくいることが甘やかすことになると思っているようですが、気持ちよくいる

ことは素晴らしいことです。


いつも自分を律し、高め、磨き、緊張感を忘れてはいけない・・それが正しい生き方です。

そんなことをして楽しいですか?


あなたは、楽しいことをするためにテラに転生してきたのです。

修行や鍛錬などの苦しいことをしに来たのではありません。

ましてや、テラ(地球)は監獄でも、流刑地でもありません。

何か前世?(そんなものはありませんが)で悪いことをしたから、テラに罰を受ける

ために送られたのでもありません。


本当に修行や我慢、忍耐、鍛錬などいらないのです。

楽しくいてください。

自分と戦うなんて、まったくのナンセンスです。

戦うというのは、善悪があると思っているからです。

宇宙には善悪という判断は無いのです。

すべてが素晴らしい体験なのです。

してはいけないこと、しなければいけないこと、こうあらねばならない姿など

存在しないのです。

あなたがしたいことをして楽しくいればいいのです。


ダイエットしなければいけない、そのためには好きなケーキを食べてはいけない・・

目の前にケーキがあったとしも、食べたいと思う自分に負けてはいけない・・我慢するのよ、

それが大人、それが自分を律することが出来る素晴らしい人なんだから??????????

食べたければ食べればいいじゃないですか?

どうして我慢することが勝つことになり、自分を高めることになるのですか?


波動エネルギー的観点から見れば、反対のことをしているとしか思えません。

目の前に美味しそうなケーキがあるのに、それを我慢することは波動を重くするとしか

思えないのですが・・・

我慢して何になるのでしょう?

我慢することで、どうして魂?が磨かれるのでしょう?

食べない自分が、自分に勝った自分がすごいと思う・・意味が分からないのです、私には・・

ケーキを食べることが、自分を甘やかすことになり、ダメな自分になることになり、

自分に負けることになるのならば、私はどんどん負けてくださいとおすすめします。

どんどん負けて、どんどん自分を甘やかして、どんどんダメになってください・・と

おすすめします。

その方がどんどん波動は軽くなります。


波動が軽いのが善(いいこと)で、重いのが悪いことだと言っているのではありません。

良い悪いではなく、あなたがどうしたいかです。

戦うことが好きならば、戦ってください。

ただ、楽しいほうが軽くなります・・とお伝えしているのです。

楽しいほうがすきならば、軽いほうが好きならば、我慢するのはナンセンスです。

自分と戦うのはものすごくナンセンスです。


あなたはそのままでいいのです。

どこかに行く必要も、誰かになる必要もないのです。

そのままでいることが、素晴らしいのです。


何かを手に入れたいと思うならば、反対に戦わないでください。

戦えば手に入りません・・ただ欲求不満になるだけです。

ダイエットしたければ、我慢しないで好きなものを楽しんで感謝して食べてください。

そうすれば、あなたの身体はあなたの思い通りになります。

我慢して自分と戦うから、欲求不満になっていつまでも満足できないのです。

だから、必要のないものまで食べたくなってしまうのです。

常に食べたい、食べたいと思い、常に太るからダメ、太るからダメと言い聞かせ、

自分と戦うから、太るという結果になるのです。

思考が先、現実があと・・と言うことです。


ダイエットを例にお話ししましたが、すべて同じです。

お金も同じです。

節約するというのは、我慢です。

自分を甘やかす?(自分の欲求に素直になる)ことで、すべてはスムーズになります。

戦うから、うまくいかないのです。


とにかく、戦う必要はありません。

我慢する必要はないのです。

戦っても、魂?は磨かれません。精神性も成長しません(成長などないのです)

この話になるとまた長くなりますので、今日は戦わないでください、我慢しないでください・・

ということだけお伝えしたいと思います。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」


ありがとう アシュタール!感謝します。

(ここまで)



自分の欲望に勝つ!ということが克己心というふうに教えられ、また小説なんかでもよくそんな

フレーズが出てきて若いころは自分を鍛えねばと思うことが多くありました。

社会に出てもそうですね。他人との競争に打ち勝つ前に自分に勝たないといけないという強い

思いがありましたが、とてもしんどかったです(~_~;)。


今はもうそんな気持ちはほとんどないというより、すっかり怠け者になってしまいました(笑)。

毎日、気の赴くまま、思うがままの生活で、好きなことをしています。

それでいいのだろうと思います。

後は、それにどう自分が意味づけしていくかだけです。

それが良いと思えばそれでいいし、良くないと思えば軌道修正をします。

だから、毎日道の中心線をぴっしり正確に歩いているわけではなく、左右に揺れながら中心線を

踏み外さないように歩いてます。

それでいいのではないかと思います。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

破・常識 あつしの挑戦「アシュタール:いつも一人・・・・」 [アセンション]

破・常識 あつしの挑戦「アシュタール:いつも一人・・・・」




(ここから)


今日の破・常識!




分離の意識の不安が執着を産み 

         私達を苦しめている・・・らしい(笑)



この世界、人間関係で悩んでる方が多いみたいですが・・・

あなたは、どうですか?

私の周りには、ひとりでも楽しんで生きられる仲間しかいないので

悩んでいる人は、まったくいないみたい(笑)

わたしは、もちろんマイペースなのだ!

では、アシュタールからのメッセージをお伝えします。





「こんにちは こうしてお話し出来ることに感謝します。

高次元領域の人間関係(存在関係?)は 

あなたが見たらびっくりするほどあっさりしたものです。

まず常に誰かと一緒にいることはありません。

基本いつも一人でいます。

そこにあなたが思うような寂しさはありません。

なぜならば、すべてがつながっていることを知っているからです。

すべてが同じもので出来ている、

もともとが同じものだということを認識していますので 

分離の感覚がなく常にエネルギー的にすべてが融合、

同化していますので、常に誰かを感じていられるのです。

(まぁ、誰かと話がしたいと思えば 距離 空間など関係なく 

すぐに話が出来ることもありますが・・)

とても観念的なことですので 

今のあなたには理解しずらいかもしれませんが・・

なにか必要なときには一緒にいますが 

それが終わればあっさりと離れます。


あなたの今の観念は 

一人一人が別の存在だと思っていますので・・

分離の意識が強くあって 

誰かといないと不安になってしまうのです。

ひとりではエネルギーのチャージが出来ない・・

一人では何もできない・・と思ってしまっています。

なので何かをしようとするときに 

集合し団体になろうとするのです。

でも、そこに分離意識が働いてきますので 

分離しないようにルールを決め

ある意味それぞれを拘束しようとしてしまいます。

男女の関係もそうです。

結婚という契約をして 

お互い離れないようにしようとするのです。

この人がいないと 私の人生はどうなってしまうのだろう・・

などと思って不安になったりします

その不安を払しょくするために 

結婚という契約をして ずっとずっと一緒にいる

約束を取り付けることで安心を得ようとしているのです。

(結婚と言う制度に関しては 

もっと他にも言いたいことはありますが、

話がそれますので、それはまた機会があればお話します)


この分離の意識の不安が執着を産み 

あなた達を苦しめているのです。

分離の意識が執着を産み 

それが焼きもちなどの感情をもたらすのです。

常に自分の側にいてほしい・・

常に自分を愛していてほしい・・というのは、

そのようにしていないと不安で仕方がないからです。

自分から分離(離れて行ってしまう)して

自分とは関係ない人になってしまう・・

という不安が付きまとうのです。

誰がいなくても あなたは何も困らないし 

何も変わらないのです。


すべては、ひとつであって 

常にエネルギー的につながっている・・ということが分かれば 

分離の意識はなくなり不安もなくなります。

そして、自分一人でいても一人ではないことがわかります。

これからすべてが反転していけば 

ひとりでいることに不安は感じなくなっていきます。

常に一緒にいる仲良しの友達 家族 パートナーがいなくても

あなたは何も変わらず、何も困らないことが分かってきます。


高次元的思考では、すべてが自分の中にありますので、

一人でいても必要なものは 必要なことは 

自分の中で完結します。

もちろん協力する関係はありますが

・・精神的に依存しあうことはありません。

個人が一人でしっかりと

立っている(自立)ことが出来るので、

だれかに頼ったり依存することがないのです。

自立した個が集まって何かをする・・

それが反転した新しい世界です。

外から見れば同じように見えますが 

まったく反対の思考です。

足りないものを補いあう依存した関係ではなく、

自立した個人が集まって協力する・・

これが ”個”の時代です。

依存関係はありませんから 

あっさりとした関係でいられるのです。

焼きもちと言う感情もありません。

とても風通しの良い、楽な関係です。

理解していただけましたでしょうか?


あなたに愛をこめてお伝えいたします」



ありがとう、アシュタール!


(ここまで)


高次元ではエネルギー的に離れていても常に相手を感じていられるので一人でいる

寂しさは感じ何のだろうと思います。

しかし、この3次元では肉体を持ち、それぞれが分離していて、なおかつ思いや考えの

やり取りが言葉に頼らざるを得ないので、相手の心を感じることが出来ず不安になるの

だろうと思います。

私でも近しい友人と一緒にいてもいつも一緒にいたいと思うときもあればうっとうしさを

感じることもあるので、感情の揺れはそのときそのときですね。

また、それは女性であってもいつも一緒に傍にいて欲しいと思う気持ちもありますが

別れて帰ってきてしばらくするとそうした感情も薄れてしまうので面白いものです。

最近はあまり執着しなくなってきているのかもしれません。


ただ、若いころだとやはり恋人だったりすると心変わりはしないかと不安が大きく常に

会っていないと不安になるところはありました。

要は、心の奥底で離れていてもいつも一緒だという感覚を持てるかどうかですね。

この世界は大家族の同居を減らすように誘導し、核家族社会を中心としたものに

してしまいました。そのため、余計に孤立感が大きく感じられるものと思います。

昔だったら、家族や兄弟の協力を求めれば誰かが助けてくれたので大きな孤立感を

感じることはなかったものと思います。


しかし、これからは次第にテレパシーのやりとりが増えてくるのでこれまでのような孤独感

や疎外感を感じることが少なくなるだろうと思います。

そうなれば今よりすべては一緒と言う感覚をいつも感じていられるようになるでしょう。

テレパシーで常にいつでも自由に相手を感じることが出来るようになれば今のような電話も

必要もないし、どこかで会わないと不安と言うこともなくなることでしょう。

でも、まだまだそれほど自由にテレパシーを使えるわけではないので、根底にすべては

ひとつであるという共有感を持つように心がけたいものです。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog