So-net無料ブログ作成

世にも不思議な奇妙なフツーの話「アシュタール:身体の痛みについて・・・・・」 [アセンション]

世にも不思議な奇妙なフツーの話「アシュタール:身体の痛みについて・・・・・」



(ここから)


よく身体の痛みについて耳にします。

肩が、頭が、膝が、腰が・・痛いんです。

お医者さんに行っていろいろ検査してもらっても原因が分からなくて・・

困ってます・・とおっしゃる方が結構いらっしゃるんですよね。

でも、ホント身体の痛みって辛いです。

身体の痛み、何とかならないのぉ~~・・教えてアシュタールぅ~~^^;


「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

痛みを嫌がらないでください。

痛みは、あなたの状態を教えてくれているのです。

痛みだけをみていては、痛みの原因はわかりません。

一時的に何かの対症療法で痛みをとっても、またすぐにぶり返してしまいます。

痛みはあなたに何かを教えてくれているのです。


痛みにもいろいろあります。

ハードワークで疲れてしまっています、休んでください・・

と教えてくれる痛み。

同じ姿勢ばかりで、身体が固まっていますので姿勢を変えてください・・と

教えてくれる痛み。

冷えてます、温めてください・・と教えてくれている痛み。

ねん挫など、動かすと治りが悪くなる場合は、動かさないように痛みを感じる

場合もあります。


身体だけのことではなく、こころの状態についても教えてくれているのです。

例えば、

仕事に行く前になるとお腹が痛くなるなどの時・・それほど、仕事が

イヤなんです・・と教えてくれているのです。


自分がダメな人間だと思い込んだりして、セルフイメージが低くなっている時も

身体の痛みで教えてくれます。

セルフイメージが低くなると、エネルギーが内向きになり自分で自分を攻撃して

しまうために、いろんなところに痛みが出ることがあるのです。

痛みだけでなくアトピーと呼ばれる症状も、この場合が多々あります。


何か自分がいけない事をしたと思い、罪悪感を手放せずにいると、自分を自分で

罰する?ために痛みを創りだすことがあります。


エネルギーバンパイアとして痛みを創りだすこともあるのです。

エネルギーを搾取するために病気になることがあります。

痛みを訴えることで、周りに同情してもらえる、気にしてもらえる・・ので、

自分で痛みや病気を創りだすのです。

もちろん自分で意識して意図的にしているわけではありません。

本当に痛いし辛いので、本人は早く痛みを取りたいと本気で思っています。


誰かのエネルギーに共振して、その人の痛みをもらって?感じてしまっている

場合もあります。


誰かの怒りのエネルギーが飛んできて、どこかに痛みを感じる場合もあります。


まだありますが、一概に痛みと言っても原因はいろいろなのです。

でも、原因さえわかればそれは治るのです。

痛みは悪いものではないのです。

痛みだけを悪者として排除しないでください。

一時的に痛みをとっても、原因が残っているならまた同じ痛みが出るのです。


原因は身体が教えてくれます。

どうしたらいいか、あなたの身体が知っています。

静かにして、身体の声に耳を傾けてください。

身体の声と言っても、あなたが使っている言葉で話をしてくれるわけではありません。

何かフッと閃き的に、これが原因かもしれないと思いつくことがあります。

それが身体の声なのです。

その声を、気のせいだとか思わず、とりあえず閃いたことを実践してみてください。

最初は上手く受け取れなくても、やっていくうちに少しずつ受け取ることが

出来るようになります。

小さな出来たと積み重ねてください・・少しずつでいいです。



痛みを悪いもの、いけないものと考えるのではなく、

痛みは、あなたの状況を教えてくれている・・それを理解してください。

そして、あなたの身体に感謝してくださいね。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」


ありがとう アシュタール! 感謝します。

(ここまで)


痛みと関係ありませんが、最近太ってきたようで・・・・。

体重計に乗ると日ごとに増えているのがわかりショックです。

以前は増えたら、朝食を抜くなどでもとに戻すことが出来たのですが、最近はそうもいかなく

減らないようになってきました(笑)。

おそらく間食も原因の一つなんでしょうが、太り始めると体が食べることを要求し始めるようです。

なんとなく、太っていてダイエットで悩んでいる人の気持ちがわかるようになりました。

太っている人は一日の間に知らず知らずのうちに間食を繰り返しているのでしょう。

なぜなら、身体が要求するようになるからのようです。

それは口が寂しいという感覚と同じようで、煙草を吸えないのと同じものです。

だから、ダイエットしたい人はまず自分の生活習慣を見直し、間食を止めることが重要ですね。

もし、間食をしていないのであればご飯の量を減らすことです。

走すれば少しづつ減っていきます。



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

破・常識 あつしの挑戦「アシュタール:一緒にいるのが楽しいから・・・・」 [アセンション]

破・常識 あつしの挑戦「アシュタール:一緒にいるのが楽しいから・・・・」


(ここから)


今日の破・常識!



自立した人が自立した人と ただ一緒にいるのが楽しいから・・

ということで一緒にいる・・それが、よい関係・・・らしい(笑)



では、アシュタールからのメッセージをお伝えいたします。
 




「こんにちは こうしてお話し出来ることに感謝します。

なぜあなたは、自分が楽しむ・・ということに 

そんなに罪悪感やうしろめたさを感じるのでしょうか?

どうして楽しいことばかりを選択してはいけない・・

と思ってしまうのでしょう?

自分が楽しいことを選択すると 

誰か人を苦しめてしまうと思うのでしょうか?


たとえば、お母さんが

自分の楽しいことばかりをしていると 

子供に何かガマンをさせてしまうから 

それは子供にとって良くない・・

だから自分のことは横において 

子供を優先させるのが正しい母親なんだ・・って、

思ってしまうのでしょうか?

そんなことをしたら 

子供の育児放棄をしている親になってしまう・・

って思いますか?


いいですか?

お母さんが楽しくて自分を愛することが出来れば 

子供を放棄することなどありえないのです。

育児放棄してしまう親は 

自分を愛せず大切にしていないから 

そうなってしまうのです。

自由気ままに子供をほったらかして

遊びまわっているのが 私のいう、

自分の楽しいことをしてください・・とは

違うのはわかりますね。

自由気ままに何もかも忘れて遊びまわる・・

というのは、欲求不満からの行動です。

欲求不満は、どこから来るのでしょうか?

それは本当に自分の中からの

表現をしていないからです。

前者の自由気ままは 

ただの欲求不満の発散に過ぎないということです。

本当に心の中からやりたいことをしているときは 

自分の中がエネルギーで満たされますので 

欲求不満にはならないのです。

そして自分を大切にすることができ 

自分を愛することができます。

そうすれば子供に愛を放射することが出来るのです。

わかりますか?


ですから、子供のために

自分のやりたいことを我慢する・・

と自分を表現できなくなり 

あなたの中に欲求不満がたまってきます。

それは、育児放棄とは違うけれど 

反対に過干渉という現象になってきます。

過干渉は、子供を自分の思い通りにしたいという 

コントロールしたいという気持ちだということです。

過干渉(コントロール)は、

子供にとっては とてもつらいものです。

あなたが自分を表現できないのと同じように 

子供にも自分を表現させないように

しているということですから・・


お母さんが自分の好きなことを楽しんでいれば 

子供に向かう過干渉のエネルギーがなくなり 

子供も生き生きと

自分の表現が出来るようになります。

お母さんも子供も

自分の中のエネルギーが満たされれば 

お互いのそのエネルギーを共振することができ 

とてもいい関係になることができます。


子供は、どんなに細かく

世話をしてくれるお母さんより 

少々手を抜いても笑っているお母さんが好きなんです。


これは、子供とお母さんの関係だけではありません。

パートナーでも同じです。

自分を楽しむことが出来る人は 

自分の足で自立できる人です。

例えそばに誰もいなくても 

それを楽しむことができます。

自分を楽しむことができない人は 

誰かに依存しようとしてしまいます。

だれかがいつも自分の側にいて 

自分を愛してくれていなければ 

自分は、生きてはいけないと思ってしまうのです。

自分で自分を愛することができない人は 

他の人も愛することが出来ないのです。

自分で自分を愛することが出来る人は 

他の人も愛することができます。

わかりますか?

自分の好きな楽しいことをしていると 

人は自分が好きになり 

愛することが出来るようになり 

大切にすることが出来るのです。

それが自立するということです。

自立した人が自立した人と 

ただ一緒にいるのが楽しいからということで

一緒にいる・・それが、よい関係だと言えます。

依存関係は、起きてきません。

誰かが自分を楽しませてくれる・・と

思っている自立していない人が

同じように自立していない人といると 

お互いが依存しあうという関係になって

どちらもどちらのエネルギーを欲しがる 

エネルギーバンパイアになってしまうのです。

そして、多くエネルギーをもらえるように 

いろいろな計算などのやり取りがはじまり

執着などが起きてくるのです。

この依存関係が、あなた達の人間関係を 

苦しいものにしてしまうのです。


エネルギーバンパイアにならないために 

楽しいことをしてください。

楽しいことハートが喜ぶことをしていれば 

あなたの中にとめどなくエネルギーがあふれてきます。

その愛のエネルギーが、あなたの中からあふれ出て 

他の人の愛のエネルギーの呼び水となり

その人の愛のエネルギーも

あふれて来るようになるのです。

ですから子供でも パートナーでも 友達でも 

あなたが誰かを幸せにしたいと思うのであれば、

まずあなたが幸せになってください。

だから自分が楽しむことに 

罪悪感やうしろめたさなど感じる必要はないのです。

どんどん楽しんでください・・

そして、どんどんまわりの人を幸せにしてください。

あなたの幸せが、まわりの人の幸せなのですから・・

堂々と楽しんで幸せになってください。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」



ありがとう、アシュタール!


(ここまで)


今日はなぜか餃子が作りたくなって、作り始めたら3時間ほどかかってしまいました。

ここ数日予期しない出来事があり、妹の旦那が脳溢血で他採れてしまったので、それに付随する

あれやこれやで頭を悩ましていました。

餃子づくりはそれを忘れたいがためだったかもしれません。

それでもいろいろと考えていましたが、こうして何かに夢中になっていると思いがけないことをが

わかったりします。

これはこうした方が良いとか、あれはダメとかですね。

でも、同時にこれを入れたら、いやあれを入れたらもっと美味しい餃子ができるかもしれないと

いろいろ思い浮かべながら楽しんでいる自分もそこにいました。


楽しみながら時間を過ごしているといろいろなことが頭の中に浮かんできます。

だから、そうした時間も大事です。

深刻に悩んでいても始まりませんからね。






nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog