So-net無料ブログ作成

世にも不思議な奇妙なフツーの話「アシュタール:あらかじめ決まった道などないのです」 [アセンション]

世にも不思議な奇妙なフツーの話「アシュタール:あらかじめ決まった道などないのです」



(ここから)


今日のアシュタールからのメッセージをお伝えしますね^^

「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

過去と言われている時間と、いま現在はまったく関係のないものなのです。

過去(に起きた出来事)はありました。

でも、それはいまとは繋がっていないのです。

まったく違う時間だということです。


あなたは毎瞬を生きているのです。

あなたの時間は、この一瞬にしかないのです。

では、過去とは何?・・それは記憶です。


過去と言われているのは、記憶の収納箱のことです。

あなたは一瞬一瞬一枚ずつの絵を描いているのです。

その絵を収納しているのが過去だということです。

分かりますね。


その一枚一枚の絵は、これから描く絵にはまったく関係ないのです。

でも、あなたは時間というのは繋がっていると教えられてしまっています。

過去の延長線上にいまがあって、未来がある・・と思いこんでしまっているのです。

だから、未来は過去によって左右されると・・


未来の予測というのは、過去を引きずったものだということです。

こういう過去があったから、これからもこうなるでしょう・・という予測にすぎないのです。

それは予測なので、いくらでも変えることは出来ます。

でも、その予測を信じてしまうので、予測通りの未来を自分で創造してしまうのです。

占い・・と呼ばれるものがそうですね。

占いというのは、エネルギー的に過去を見て、その過去の延長線上のエネルギーをよむ

ということです。

過去のエネルギーはこちらの方向へ向いているから、この後もそちらの方向へいくでしょう・・と

エネルギー的な予測をしているだけなのです。


過去というエネルギーがまっすぐな道だと思っているだけなのです。

まっすぐな道がずっと続いていると思い込んでしまっているだけなのです。

あなたの前には道はありません。

道は一瞬一瞬、あなたが創るのです。

分かりますか?

過去はまっすぐにあるかもしれませんが、一瞬で右へ行くこともできるのです。

左へ行くこともできるのです。

それは、あなたの一瞬の選択でどうにでもなるのです。


あなたはまっすぐな時間という道をずっと走り続けているのではないということです。

まっすぐ行くか、右へ曲がるか、左へ曲がるか、左斜めに道を創るか・・あなたの自由なのです。

右へ曲がるのと、左へ曲がるのでは、景色はもちろん行き先もまったく違ってきます。

あなたの未来というのはそういうものなのです。

過去の道と、前の道はまったく違うものだということです。


あらかじめ決まった道などない・・ということです。

一瞬のあなたの選択で、どの道でも選択出来るのです。

それが、未来です。


そして、未来を決めるのは”いま”のあなたの選択だということです。

あなたが右を選択するのか、左を選択するのかによって、未来は変わってきます。

道を選択するのは、あなたの思考です。

だから、思考が先、現実があと・・なのです。


過去の思考をそのままずっと持ち続けていると、道はまっすぐに続きます。

思考を変えなければ、道は変わらないということですね。

でも、まっすぐではなく右へ曲がろうと思う(思考を変える)と、道(未来)は変わって

来るのです。


行き先は、あなたの自由です。

でも、いままでのまっすぐな道はイヤだと思いながらも、どちらに曲がるかという決断を

しないと、そのまま惰性でまっすぐ進み続けることになります。


道(過去)がそのまま続いているのではなく、あなたがそのままの道(過去から続く方向)

を選んでいるから、道(過去)が続いていると思っているだけなのです。


このことが理解出来れば、未来(次の道)はいますぐにでも変えることが出来ることが

わかると思います。

どの方向へ道を創るか・・それが、どういう現実を創造するかということです。

過去の道は、次の道とはまったく違う道だということを理解してください。


過去といまは、まったく違う時間軸だということです。

過去の出来事を悔やんでいても仕方ありません。

過去の出来事があるから、いまがあると思っているといつまでもその道を進み続ける

ことになってしまいます。

過去は過去であって、いまとはまったく違う時間、絵、道だということです。


次の絵、次の道は、”いま”あなたが決めているのです。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」


ありがとう アシュタール! 感謝します。


(ここまで)


今年のゴールデンウイークは珍しく5日間とも快晴に恵まれました。

明日からはすこしぐづつきそうですが、5日間楽しめましたので良しとしましょう(笑)。


ゴールデンウイーク中に面白い事件がありましたね。

(ここから)
弘前署などは3日、弘前市内の駐車場で空き巣に使えるような工具を持っていた疑いで、
陸上自衛隊八戸駐屯地所属の3等陸曹佐藤康平容疑者(28)=八戸市下長8丁目=を、
特殊開錠用具所持禁止法違反容疑で現行犯逮捕した。
(ここまで)

逮捕された人は容疑を認めているというので空き巣狙いだったのだろうか?

それにしても、マイナスドライバーを2本持っていれば逮捕のきっかけになるとは知りませんでした。

やっぱりゴールデンウィークなんですかね。休みで人がいないところをうろうろしてたからかも

しれませんね。







nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

破・常識 あつしの挑戦「アシュタール:人はそれぞれです」 [アセンション]

破・常識 あつしの挑戦「アシュタール:人はそれぞれです」




(ここから)


今日の破・常識!



波動(エネルギー)が合わない人同士 

無理に一緒にいる必要はない・・・らしい(笑)



みんな同じ考え方・価値観じゃないとダメみたいな世の中に

あなたは嫌気がさすことはありませんか?

私は幼いころから、ずっとそうでした(笑)

自分の思うまま、感じるまま生きてきたら

友達らしきものがいなくなってました(爆笑)

でも、今では同じ方向を見ている仲間がいます。

私は、これでいいのだ!


では、アシュタールのメッセージをお伝えします。







「こんにちは こうしてお話できることに感謝します。

人には、それぞれ考え方があります。

100人いれば、100の考え方があります。

同じものを見ていても 

その人がどの面をどの角度で見るかによって

違うものが見えてきます。

まったく同じ見方をすることはありません。

それでいいのです。

そこに何が正しいという答えはありません。

間違っているということもないのです。

人それぞれでかまわないのです。

ですから物の見方が違うからといって

対立する必要はありません。

お互いの物の見方を認めあってください。

そして、自分と違う見方であれば、

そうなんですね、でも私とはちょっと違います・・・・・

と受け取ればいいだけです。

こちらの見方をするべきだ・・などという必要は全くないのです。

違う見方をする人に対して摩擦を感じないでください。

それは、その人の自由です。

そしてあなたの見方も 

あなたの自由だということを忘れないでください。

誰かがあなたと違う考えだ・・といったとしても 

それは、その人の考えであって

あなたを否定していることではないのです。

そのことであなたが傷つくこともありません。

エゴが騒ぐかもしれませんが 

そこのところをしっかりと認識して

お互いの物の見方(意見)を尊重しあってください。

あまりに大きな違いがあると思われるときは 

波動が合わないものとして

離れていることもできるのです。

波動が合わない人同士 

無理に一緒にいる必要はないということです。

それは、どちらが偉い、正しい、良い 

などという問題ではありません。

ただ物の見方の角度が違うだけだということです。

理解していただけましたでしょうか?


あなたに愛をこめてお伝えいたします」



ありがとう、アシュタール!


(ここまで)



私たちが受けている教育は必ず答えが求められます。

そして、これが正しくて、これは間違いと言う答えが必ずあり、それにそぐわないと

まるをもらえません。

また、何が正義で何が悪であるかと言う区分も明確になっていて、社会的に見て

正しくあることを要求されます。

そのため、個々の考えが違うということは認められても、必ずそこには自分の考えが

正しくて他人の考えは自分にとって間違いだという考えがあるだろうと思います。


しかし、アシュタールの言うことは個々の考えの違いを認め、それを受け入れ

かつ、それを認めなさい(認めなさいと言う命令ではありませんが)と言っている

のに等しいものです。

ただ、自分とは違うのだということを認めることで相手の考えを尊重するということです。

誰しも育った環境が異なれば同じものを見てもその見方には違いがあります。

それを違うから嫌だとしたらすべてを退けなければならなくなります。

そうではなく、違っていてもこの人はこういう考え方をする人だと認めてしまえば

争うこともないはずです。もし、どうしても合わなければ、その人とお付き合いしなければ

いいだけのことです。

今、自分がいる環境はどうでしょうか?

私の場合は珍しいことにすべて合う人だけです。これは合わないと思われる人から

距離を置いてしまうという習慣が身についているからかもしれません。

そして、それ以前に合わない人とは会う機会がないのかもしれません。

結局は自分が創っている環境なのでそうかもしれません。

そのため争いはまったくありません。小さないざかいもありますが、そこはすべて

話し合いで解決するようにしていますので、その問題もしばらくすればなくなります。

また、まったく合いそうもない環境に自ら飛び込むということもないことと思っています。


ひとそれぞれですが、互いの違いを尊重することが大事なことと思います。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog