So-net無料ブログ作成
検索選択

世にも不思議な奇妙なフツーの話「アシュタール:それはもうあなたの世界ではありません」 [アセンション]

世にも不思議な奇妙なフツーの話「アシュタール:それはもうあなたの世界ではありません」



(ここから)


ゴールデンウイーク真っただ中・・寒くもなく、暑くもなく、気持ちの良い

季節です。

近所の洗濯物が気持ちよさそうに風にたなびいているのを見ていると、

平和だなぁ~~、、あ~~幸せだなぁ~~って思うんですよね。

巷の喧騒なんてまったく別の次元の話に思います。

どこの話?・・私の世界にはないんだけど・・って。

でもね、ちょっとニュースなどで巷の喧騒を垣間見ると急に頭の上を飛ぶ

飛行機(軍用機)の音が耳に入ってくるんです。

すっごいうるさいんですよね、爆音って感じでイライラするほどの音・・・

なのに、気持ちいいなぁ~~、楽しいなぁ~~、幸せだなぁ~~っていう気分に

浸ってる時はまったく聞こえてこないんです。

あんな爆音で、地響きを感じるくらいなのに・・不思議です。


では、今日のアシュタールからのメッセージをお伝えしますね^^

「こんにちは こうしてお話し出来ることに感謝します。

あなた達はもう5次元領域にいるんです。

信じられない?・・それは、あなたが信じていないからです(笑)


この話は、空間、時間の概念を持っているあなた達にとってはとてもわかりにくい

話だと思いますので、あ~、こんな話もあるんだな程度で聞いてみてください。


まず、お話ししておかなければいけないのは・・

次元というのは時間や空間ではありません。

”愛”の割合なのです。

”愛”と言ってもそれは男女の愛や親子の愛などという狭義の愛ではありません。

”愛”は、尊敬と感謝の気持ちなのです。

その”愛”の割合が多くなってくると、波動が軽くなり、次元が上昇するのです。

何度も言いますが、軽いのがよくて、重いのが悪いということはありません。

5次元領域が善で、3次元領域が悪・・だということもありません。

ただ、見る現実が違ってくるだけです。

”愛”の割合が少ないと、やはり紛争が多くなってきます。

尊敬、尊重、感謝の気持ちが少ないですので、ある意味弱肉強食の世界になります。

どちらが偉い、どちらが強い、どちらが権力がある、どちらがたくさん持っている、

どちらが正しい・・という競争から、紛争が絶えなくなります。

だから、3次元領域では紛争がたくさんあるのです。



あなたはいまもうすでに5次元領域の波動と共振しています。

ですので、5次元的な現実を創造しています。

あなたの現実を見てください。

平和ですね・・紛争はありませんね。

でも、実際にある次元もあるんです。

それは、3次元的領域のテラです。


でも、いままでの世界と何も変わっていません・・と思っていますね。

それは、あなたの思考が変わっていないからです。

あなたの思考が、あなたの現実を創造します・・それはわかりますね。


ですから、あなたの思考がまだいままでの思考を続けていれば、自分でその

思考に合った現実を創造するのです。

5次元領域は波動の軽いところですので、思考の現実化がとてもはやいのです。

そして、自由になんでも現実化することが出来ます。


だから、あなたの思考が3次元的なものの見方、考え方、価値観に近ければ

それを現実化してしまうのです。

どう表現すればいいのでしょうか?・・難しいですね、言葉の壁です。


5次元領域の中で、いままでの3次元領域を創りだして遊んでいる・・という

感じでしょうか?


でも3次元領域の現実と言っても、そんなにばっちりした3次元領域の現実では

ありませんね。

ちょっとした人間関係の問題くらいのことだと思います。

ちょっとしたお金の問題くらいだと思います。

平和な、”ちょっとした問題”程度ではないでしょうか?


だから、それはがっちりとした3次元領域のものではないのです。

あなたが創りだした3次元領域なのです。


本当に3次元領域の真っただ中にある現実とは違いますね。

それは、テレビの中にあります。

テレビの中の3次元領域を見て、自分の世界だと思わないでください。

それは、あなたの波動を重くするためにわざわざ流されているものなのです。

3次元領域の出来事を、さもあなたの現実化と思わせるために流している

ものなのです。


実際に、テレビの中で起きてることがあなたの現実に起きていますか?

起きていませんね。

戦争が起きます・・とさんざん煽っていますが、実際にミサイルは

落ちていませんね。


テレビの中の世界を自分と同じ世界だと思わないでください。

テレビの中では、悲惨な状況が繰り広げられているかもしれませんが、

それはもうあなたの共振する世界ではないのです。

それをしっかりと認識してください。


テレビの中で繰り広げられていることに、怖れなどの感情を持ってしまうと、

そこにエネルギーを流してしまうことになり、あなたの現実に引き込んでしまいます。


思考のエネルギーを流したところにあなたの現実が出来るのです。

それは、いつもお伝えしています。

思考が先、現実があと。


あなた達の科学、量子力学という分野でもそのことは証明されています。

関心を持ったところに、現実が出来るのです。

ですから、3次元領域に関心を持たないでください。


3次元劇場は、あなたのいるところではありません。

ですので、もしニュースなどを見るときは、これは3次元劇場だとしっかりと

客観的に見るようにしてください。

映画のように見てください・・演劇を見るときのように見てください。

映画館を出れば(テレビを消せば)、それはあなたの現実ではないことはわかりますね。

自分の世界のことではないとしっかりと認識してみれば大丈夫です。


あなたはもう5次元領域にいるんです。

それを信じてください・・あなたのまわりの現実を見てください。

いま急に誰かが入ってきて、ライフルで撃たれるという心配はありませんね。

空から爆弾が降ってくるかもしれないといつも怖れていることはありませんね。

平和ですね。


3次元的な領域で行われていることに怖れを持たないでください。

それは、あなたの世界ではありません。

あなたは、自分でもう5次元領域にいることを選んでいるのです。

そのことを信じてください。


今日の話は、マインドでは理解しにくいものだと思いますが、ハートでは受け取って

いただいておりますので安心してくださいね。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」


ありがとう アシュタール! 感謝します。

(ここまで)


もうすでに5次元にいるということをどのように実感するかですね。

それ次第だと思います。

すべてがそうでなければと思うと、すべてが3次元になりますので、一部だけでも5次元かも

しれないと認識できればいいのではないのでしょうか?


今ネットの世界に溢れているアセンション情報を読んでいて、ふと「これって私たちを攪乱

させるために出しているのでは?」と思うことがあります。

特にこれから5次元に移行しますとか、5次元に移行すればこうなりますという情報がそうです。

なぜなら、それを肯定してしまうと自分はいまだに3次元にいるという現実を創造してしまう

からです。そうなればいつまでも5次元が現実化しません。さらに質の悪いのはそうした

5次元に誰かが連れて行ってくれるとか、波動が変わり自然に移行するとか、それに対応

出来ない人は別の3次元的地球に移されるとか・・・。もうありとあらゆる幻想を持ち出して

幻惑させようとしている魂胆見え見えです。こうした情報にはひっかからないようにしたい

ものだと思います。

もう5次元に居るんですよという言葉を再度かみしめて考える必要があると思います。

なぜなら、自分がいる場所はとても平和ところなのですから。





破・常識 あつしの挑戦「アシュタール:続・ディスクロージャー(情報開示)」 [アセンション]

破・常識 あつしの挑戦「アシュタール:続・ディスクロージャー(情報開示)」


(ここから)


今日の破・常識!



ディスクロージャーも 金融崩壊も NESARA(ネサラ)も 大量逮捕も 

すべては、ただのきっかけ チャンスに過ぎない・・・らしい(笑)




前回の続きになります・・

では、アシュタールからのメッセージをお伝えいたします。






これはディスクロージャーについてだけではありません・・


何かが起きれば魔法の様にすべてが好転する・・

と言うことはありません。

外に答えはありません。

あなたの中が変わらなければ何も変わらないのです。


たとえば、たくさんのUFOが来て、宇宙ファミリーとの対面があって

そのファミリー達が今まで自分を支配していた存在を 

片っ端から逮捕し、そして良い世界へと変えてくれる・・

と思っていても、それは出来ません。

もし私たち宇宙ファミリーが、そのようにしたとしても 

あなたの中が変わらなければ何も変わらないのです。

一時的にいろいろなことが出来ても 

あなたの波動が変わらなければ 

また同じ波動に戻るのです。

今までの支配者たちはいなくなっても 

また次の支配者が出てきます。

あなたの波動(思考のエネルギー)が変わらなければ 

あなたの現実は変わりません。

そして、誰かが変えてくれる・・という思考を

手放さない限り同じことが続きます。

また、あなた以外の誰かにあなたの権利を渡してしまい 

あなたはまた同じように

コントロールされることを許してしまうことになるのです。

あなたを助けられるのは誰でもありません・・

あなた自身しかいないのです。

答えは外にはありません。

あなたの中にすべての答えがあります。


平和な世界を望むのであれば 

誰かにそれをしてもらうことを期待するのではなく

あなたの中を平和にしてください。

ヒーロー、ヒロインは、もう必要ありません。

刺激的な出来事も必要ありません。

これからは、リーダーはいらないのです

リーダーを求めたり団結しないでください。

団結は、分離を起こします。

分離は、あなた達からパワーを奪います。

これからは ”個”の時代です。

団結もリーダーもいりません。

”個”がそれぞれの自分の”楽しい”を見つけてください。

団結すると またこういう生き方が良い生き方だとか、

これが幸せな生き方だとか、こういう人になりなさい的な 

モデルケースを作ってしまいます。

みんなのためにという

自己犠牲をしなければならなくなります。

みんながよくなるためにという

ルールというものができはじめます。

自立した”個”が集まればパワーが生まれます。

でもこれは団結するのではありません。

ただ同じような考え(思考エネルギー)を持つ

”個”が 集まるだけです。

表面上は同じように見えますが、まったく違うことです。

団結ではない ”個”の集まりには分離はありません。

そこには柔らかさがあるからです。

団結は固さです・・固さを求めると壊れます(分離します)

柔らかなところには分離は起きません。

氷は割れますが、水や水蒸気は割れたり壊れたりはしませんね。

ただ緩やかに形状が変わるだけですので 

パワーを奪われることがないのです。



それぞれの”個”が それぞれに楽しく 

幸せを感じて入ればルールなど必要はないのです。

子供に道徳や善悪など教える必要もなくなります。

なぜならみんなが幸福であれば 

誰かを傷つけようとしたり 

誰かから何かを盗もうなどという概念は

存在しなくなるからです。

大人たちのそれぞれの”個”が楽しく 

自分の中が(物質ではなく)豊かであれば

子供たちに何も教えなくても 

子供たちはその姿を見て愛にあふれて育つのです。

道徳やルール、善悪を教えなければいけないと思うのは 

愛の社会ではないからです。


ディスクロージャー(情報開示)の話から 

またずいぶんとそれてしまいました(笑)

しかし、私があなたに一番お伝えしたいことは、


答えは、外には無い・・

すべては、あなたの中にある・・ということだけです。


それが腑に落ちてわかると 

おのずとあなたのまわりの環境が変わってきます。

何度も言いますが、

5次元領域という空間はどこにもありません。

5次元領域は、あなたの中にあるのです。

あなたの思考がどこを向いているか・・

それだけのことなのです。

ですからあなたがどうありたいのか?・・それだけです。

あなたの物の見かた、考え方が変われば 

見る現実が変わってきます。

3次元領域の考え方を持ち続ければ 

あなたは3次元領域の現実を見ることになります。

5次元領域に波動(思考エネルギー)を合わせれば 

5次元領域の現実になります。

ですから、誰かがあなたを

5次元領域に連れて行ってくれるわけではない・・

ということをしっかりと理解してください。


ディスクロージャーも金融崩壊もNESARA(ネサラ)も

大量逮捕も すべてはただのきっかけ

チャンスに過ぎないということです。

あなたを次元上昇させ 新しい世界に導くのは 

あなたの思考ひとつなのです。

知識 情報は、あなたの思考を変えるという意味では 

とても大切なものです。

しかしそれに振り回されたり 

知識を得ることだけで安心して 

そこに留まってしまったりしないようにしてください。

そして大きな期待をしないよう気をつけてください。


とても長くなりましたが、

理解していただければ嬉しいです。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」



ありがとう、アシュタール!


(ここまで)


前回は日本人のUFOやミステリーに対するとらえかたの問題を書きましたが、これがあるゆえに

いくらディクロージャーが行われ、異星人が姿を現したとしてもなかなか進まないということに

なります(すべての人がというわけではありません)。


そして、根本的なことは現実は私たちが自分の意志と思考で創り上げているという点です。

このため、NESSARAが実現しても、悪い人を逮捕・拘束しても、しばらくすると互いの不和が

起こり、それを解決するために法律や罰則、そしてそれを裁く人や政治的な要人が必要となり

結局は元の状態に戻ってしまうということですね。


たとえばNESSARAが実現したとします。これについてはコブラ情報などではクレジットカード

などの負債が帳消し(限度はあるようですが)、現行の銀行制度の廃止、税金は消費税のみ

などなど、そして、全国民にとりあえず困らない程度のお金が支給されるという話になっています。

これが実現すると、人々はお金に困らないだけでなく必要なものがすべて手に入るので今までの

ように一人の人が多くの財産を持つということはなくなるように思えますが、どうなのでしょう。

もし、私たちの思考がいままのままなら、人より多く持ちたいという欲望は残されたままです。

そうなると、誰かが一人占めするようなことを始めるかもしれません。そうすると、それを規制する

法律や罰則が必要になりますね。

これでは、アシュタールの語るような世界は実現しません。なぜなら、アシュタールの語る世界は

誰もが提供し合う社会だからです。NESSARAは支給されて創り上げられたとりあえずなんとか

なるという世界です。そこには大きな違いがあります。

ただ、それをきっかけとして全人類の共通意識として、求めあう社会ではなく、自分の得意なものを

提供し合う社会へと進むという合意を成しえれば、それが可能になります。

アシュタールの語るあなたたちの思考が変わらなければいくら5次元に連れて行かれたとしても

何も変わらないのですという言葉を今一度考えてみる必要があると思います。



今日は朝から快晴で雲一つない天気でしたので、隣の県まで花見見物に行ってきました。

しかし、桜の花はほとんど散りかけていて、唯一すだれ桜だけところどころ散らずに残っていまし

たので、何とか花見の名分だけは保てました(笑)。

こうした日は思いっきり戸外で日差しを浴びて楽しむのが良いみたいですね。