So-net無料ブログ作成

世にも不思議な奇妙なフツーの話「アシュタール:正解はどれですか?と、聞かない・・・・」 [アセンション]

世にも不思議な奇妙なフツーの話「アシュタール:正解はどれですか?と、聞かない・・・・」



(ここから)


今日のアシュタールからのメッセージをお伝えしますね^^


「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

誰かあなた以外の人に、これは正解ですか?・・と聞かないでください。

これは正しいですか? これで大丈夫ですか? これで合ってますか?・・


あなたにとってどれが正解で正しいことなのか答えられる人は誰もいません。

それは、あなたが決めることなのです。

あなたがそれでいい・・と思えば、それがあなたにとって正解なのです。

誰の太鼓判もいらないのです。


あなた達は、学校でこれが正解ですという答えを覚えるように訓練されています。

正解は一つです・・と、教えられるのです。

あなたは考える必要はありません・・答えを覚えればいいのです・・と。

答えは決まっている・・○か×か・・二つしか世界は無いと思い込んでしまいます。


そして、選択するときも、あらかじめ選択肢がいくつか決められており、その中から

選びなさい・・と。

それは自由に選択できるように見せかけていますが、制限のある選択しか出来ない

ように訓練されているのです。

用意された選択肢以外は、間違いだと思わされているのです。

あなたは考える必要はありません・・用意されたものの中から選べばいいのです・・と。


だから、常に誰かに提示された答えを探そうとしてしまいます。

答えはもう決まっているのだから・・と。


決まった答えなどないのです。

あなたが決めるのです。

だから、誰に聞いてもわかりません。


私がここテラに転生してきた理由?目的?はなんですか?・・と誰に聞いても

それは分からないのです。

自分にしか分からないのです。


誰かに聞いて答え合わせをしたくなる気持ちはわかります。

誰かに、これがあなたの目的ですよ・・と教えてもらえれば楽だということもわかります。

でも、もし誰かがそれをしたとしたら、それは自由への介入になるのです。

あなたは、この目的のために転生してきました、あなたの使命は○○です・・と

言ったとします。

それが正しい答えだとあなたが受け入れてしまうと、あなたはその現実を創造して

しまうのです。

あなた自身で考えることを止めてしまい、それが自分の目的だとして、その方向を

目指してしまうのです。

分かりますか?

それだと自分の人生ではなくなってしまいます。

それでは、その人に自分の人生を渡してしまうことになるのです。


私は自分でこれがしたくて転生してきたような気がします。

そして、それがしたいです。

それをするにはどうしたら良いでしょうか?・・という問いならば、お答えする

事は出来るのです。

いくつかの方法を提案することは出来るのです。


私はお腹がすきました・・私は何を食べればいいでしょうか??・・と誰かに

聞かれたらあなたはどうしますか?

困りますね・・あなたは何が食べたいですか?・・と聞くしかないですね。

私は何のためにここに転生してきたのでしょうか?と聞くのは、これと同じことです。

私がしたいことはなんですか?楽しいことはなんですか?何の仕事に向いていますか?

私の良いところはどこですか?私のパートナーはどこにいますか?どんな人ですか?

私の人生これからどうなりますか?・・と聞いているのと同じです。


例えば、パスタはどうですか?・・お寿司はどうですか?・・天ぷらという選択も

ありますよ・・と提案することはできます。

いまパスタの気分か、そばの気分か、お寿司の気分か・・その中にピンと来るものが

あるのかないのか・・それはあなたにしか分からないのです。

こんなメニューがありますよ・・と、人は提案するしか出来ないのです。

決めるのはあなたなのです。

その中で私は何が食べたいのでしょうか?・・と聞かれても、それはわかりませんと

答えるしかないのです。


あなたはカレーを食べなさい。

それが正解です。それがあなたにとっての答えです・・と答えたらどうでしょうか?

違和感がありますね。

そんなこと勝手に決めないでよ・・・って思いませんか?

それとも、決めてもらってよかったって思いますか?


決めてもらってよかったと思う人は、どうでしょうか?

言わなくてもわかりますね。


簡単に説明しましたが、あなた達がいつも誰かに問いかけている答えはこういう

ものです。

正解はどれですか? 答えを教えてください・・という問いかけは、何を食べたら

良いですか?私が食べるものをあなたが決めてください・・と言っていると同じです。


食べたいものを好きに食べてください。

あなたが食べたいものを知っているのは、あなただけなのです。

そして、その食べたいものがあなたにとっての正解なのです。

他の人が違うものを食べていても、それはあなたが食べたいものではありません。

それは、その人が食べたいものであって、あなたの正解ではないのです。


あなた以外の誰かに、あなたの答えを聞かないでください。

あなた以外の人に、あなたの正解は分からないのです。


そして、これがあなたの正解だから、こうしなさいと言う人がいるならば、

その人から離れることをおすすめします。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」


ありがとう アシュタール! 感謝します。

(ここまで)


正解は自分自身の中にしかないということですが、自分に問いかけても・・・・。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

全然答えが返ってきません(笑)。

でも、その実答えはもらっているかもしれませんね。

それは自分が今何をしているかの中に答えがありそうだと思っています。

今自分は何をしたいか?何をすればいいのか?問いながら今していること。

それが答えだろうと思います。

それは、極端な話ぐうたら生活でもいいし、超多忙な生活でも同じことだろうと思います。

ただ、本当に答えを得たいなら静かに目を閉じてマインドを鎮め、浮かんでくるイメージを

つかんでみる訓練が必要かもしれませんね。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

破・常識 あつしの挑戦「アシュタール:あなたがどうありたいかで決まる・・・・」 [アセンション]

破・常識 あつしの挑戦「アシュタール:あなたがどうありたいかで決まる・・・・」



(ここから)


今日の破・常識!




同じ環境でもあなたのあり方によって

違う世界に見える・・・らしい(笑)





では、アシュタールからのメッセージをお伝えします。







「こんにちは こうしてお話し出来ることに感謝します。

宇宙人がいる・いないの話題が尽きないようですが、

宇宙人は絶対にいる・・ということを 

私が証明しましょう・・

だって、私が宇宙人ですから(笑)

宇宙人が宇宙人はいる・・と言っているのですから 

それ以上の証拠はないでしょう(笑)

そして、私たち宇宙ファミリーは 

あなた達の世界にも介入はしていませんが 

ある程度の関与はしています。 



それはさておき・・

ひとつ あなたに質問させてください。

あなたは、どうしたいのですか? 

どうありたいのですか?


この答えが、あなたにとってすべてです。

あなたが、どうありたいか・・ですべてが決まります。

わかりますか?

私たち高次元の存在は 

あなたはもうすでに5次元領域にいるんです・・と

お知らせしています。

でも、まだ実感がないから信じられない・・

という気持ちを持っていますね。

5次元領域では、今の時点では、

まだ超感覚といわれている 

テレパシーや念動力などを思いだし 

使えることが出来ると言われているけど・・

私にはまだそんな感覚はないし・・

現実はほとんど何も変わったような気がしない!

だから5次元と言われてもねぇ~~・・と思っていませんか?


わかりました・・

では、その情報をすべて忘れてください。

すべてが波動で出来ていることも、

次元の話も超感覚の話も・・すべてです。

ずっとこれからも今あなたが感じている

物質次元にいると思ってください。

あなたが思って来た物質社会が

そのままの形であり続けるとしてください。

あなたは、このままでいいですか?

このままの世界を 

そのまま続けていきたいと心から思いますか?

今持っている世界観、価値観、

常識と言われるものをそのまま持ち続け、

今の生活を続けていきたいと願っていますか?

次元とか 波動とか 

まったく関係なく考えてみてください。

今の制限された社会の中で生きていきたいと思っていますか?

それとも 今の社会ではない 

平和な世界を築きたいと思いますか?


私が何を言いたいのか理解していただけますでしょうか?

次元とか 波動とか 関係なく考えても・・

(あなた達をコントロールし 自分たちの都合のよいように

導いていこうとしている一部の人を除いては) 

平和な世界を望んでいると思います。

言葉にするのは、とても難しいですね。

一言で言ってしまえば、

たとえば5次元領域でなくても 

みんなが平和を望み

それを実現しようと思えば実現できる・・ということです。

別の次元に行かなくても 

あなたのまわりが平和であれば、

あなたの世界が平和であれば、

そこがあなたの望む世界だということです。

同じ環境でも あなたのあり方によって

違う世界に見える・・ということです。

この違いが分かりますか?

5次元領域にいなければ 

新しい平和な世界を創造出来ない・・と

あなた方が思っていると、このところ少し感じるので

このように言わせていただきましたが・・

この考え方は、反対の考え方です。

いいですか?


平和で愛に満ち溢れた愛と調和の世界であれば、

3次元の波動であっても

そこは、もうすでに高次元の波動領域なんです。

またぁ~~、アシュタールが

訳の分からないことを言ってる~~って

思うかもしれませんが(笑)・・

そうなんです。


5次元領域という幻を探さないでください。

???????ですね。(笑)

私が言っているのは、あなたが作り上げた幻である

5次元領域を探さないでください・・

ということです。

こんなところが5次元領域だから 

まだ私はそこまで達していないから・・

何も思い出せないから・・

何も超感覚的なことができないから・・

だから私は、まだダメ!5次元領域にはいない!・・

このいつものパターンにはまらないでください。

そのあなたが考える5次元領域は、

幻てあり 蜃気楼です。

それを目指していれば、いつまでたっても

そこにたどり着くことはありません。

5次元領域は、場所ではないのです。

あなたのどうありたいか・・という思考なのです。

ですから私たち宇宙ファミリーは

いつも次元を上昇するために波動を上げて、

軽くなってください・・といますが・・

それを間違った形で受け取らないでくださいね。


5次元領域を思い出すために 

波動を上げる 軽くする・・のではなく、

波動が軽くなるから5次元領域を思い出すのです。

5次元領域を思い出すために 

波動を軽くしようとすると、

蜃気楼を追い求めることになってしまいます。

そうではなく、あなたが、どうありたいか・・

をしっかりと決め それを実行していくことで 

5次元領域を思い出すのです。

そうやって5次元領域を思い出すことで 

少しづついろいろなことが出来るようになるのです。

順番を間違えないようにしてください。

順番を間違えると

蜃気楼を追い求める迷子になってしまいます。


5次元領域は、特別で神聖な場所ではありません。

もうすでにあなたの足元にあります。

もうすでにあなたはそこにいるのです。

ただあなたが、どうありたいか・・と、

思考するだけのことです。

5次元領域は、あなたの外にはありません。

あなたの中(思考)にあるのです。


ここでは、あくまでも5次元領域の波動を思い出したい・・

と思われてる方へのメッセージをお伝えしていますので、

そうではなく、今までの世界が好きで 

そこをまだ遊んでいたいと思われる方には 

不要なメッセージだと思います。

まぁ、まだ3次元的物質世界を遊んでいたいという方も 

ある意味 しっかりと 

どうありたいかを決めている方ですので・・。

決めているところの波動に合った 

現実が目の前に現れてくる・・ということです。


ですから 最初に戻りますが・・

すべては あなたのどうありたいか・・

どういう波動の世界を望むのか・・

という思考で、すべては決まります。


本当に言葉で説明するのは難しいです。

言葉ではなく、エネルギーで感じ 

受け取っていただければ嬉しいです。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」



ありがとう、アシュタール!

(ここまで)


今、自分がいる周囲を見渡してみればわかるのでは?

北朝鮮からロケットが飛んできてますか?

今戦争が始まり、周りの若い人が戦争に駆り出されていますか?

毎日何かと争いや喧嘩が絶えず悩まされているでしょうか?


もし、そんなこともなく平穏無事な毎日を送っていれば、そこが5次元ということですね。

5次元という世界はアセンションのチャネリング情報をググってみると、もすごく違う世界の

ように書かれていますが、どうも違うようです。

宇宙人がすべてを整えてくれて管理された平和な社会というイメージを持っているかも

しれませんが、それとは違うようです。その世界は彼らが人工的に創り上げた仮想の

社会だろうと思います。


だから、今自分がいる世界がどうなるのか?

また、どのような世界が望みなのかということですね。

なぜなら、今いる場所が自分が創っている世界なので、それを変えたければ

思考を変えるしかないということです。

問題はどのような世界にしたいかですね。

考えてみましょう。








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog