So-net無料ブログ作成
検索選択

世にも不思議な奇妙なフツーの話「アシュタール:調和とは誰も我慢しないこと!」 [アセンション]

世にも不思議な奇妙なフツーの話「アシュタール:調和とは誰も我慢しないこと!」




(ここから)


今日のアシュタールからのメッセージをお伝えしますね^^

「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

みんなと合わせることが調和ではないのです。

お互いの意見を尊重しあうことが調和なのです。

分かりますか?


みんなと違う意見を言うと波風が立つから・・それは調和ではなく我慢なのです。

何も意見を言わないことで、表面上は平和に見えるかもしれませんが、あなたの中には

大きな波風が立っています。

だから、その時は平和を保てた、調和でいられたと思っても、時間が立てば現実は

違うものとなってしまいます。


小さなときに消しておけばよかった火を、気がつかないふりをして放置しておくと

大火になってしまうようなものです。


分かりますか?

ちょっとした我慢をすることで、あなたの中に不満のエネルギーが溜まります。

その不満のエネルギーを押さえつけることによって、それは少しずつ膨張しはじめるのです。

そして、もう我慢できないところまで来て爆発してしまうのです。

いつもニコニコとしていて、自分の意見もあまり言わない人が突然怒りはじめてまわりが

びっくりする・・ということがありますね。

それは、その人が小さな我慢を重ねていて、もうそれが限界になってしまったということです。


話が逸れてしまいましたので、戻したいと思います。

調和とは、誰も我慢しないことです。

みんなが気持ちよくいられること・・それが調和なのです。

みんなが自分の意見を言って、そして個々の意見を尊重出来ること・・それが調和なのです。


意見を言うといっても、押し付け合う?主張しあう?どちらが勝つ?そんなことではありません。

それはケンカです・・調和からとても離れてしまいます。


自分の考え、意見をいう・・そして、人の考え、意見を聞く。

そして、お互いどうすれば満足できるかを一緒に考える・・それが調和です。


私はこう思うんですが、あなたはこれに関してどう思いますか?・・・という会話です。

私はカレーが食べたいです。あなたは何が食べたいですか?

私はうどんが食べたいです。

では、どうすればいいか一緒に考えましょう・・

先ず食べたいものが違うので、別々に違うお店に行って食べましょうか?

それとも、家でカレーとうどんを別々に作って、一緒に食べましょうか?

それとも、今日はカレーにして、明日はうどんという順番ではどうですか?

それか、カレーをうどんを一緒に食べる・・カレーうどんを作ってみましょうか?


いろんなことが考えられますね。

その中でお互いが納得できるものを選べばいいのです。

それが調和です。


そして、どのアイディアもお互い納得できない時は、その件に関して一緒にするのは無理

なので、別の道を行きましょう・・ということもできるのです。


自分の気持ち、考え、意見を飲みこまないでください。

それを飲み込み、人に合わせることが平和を保つことではありません。

自分の考え、気持ち、意見を尊重してあげてください。

そして、自分の意見と同様に相手の意見も尊重してください。

その上での話合いが調和を保つ、平和を保つコツなのです。


表面上の調和、平和ではなく、真の調和、平和を求めてください。


そうすれば、ケンカや争いは無くなります。

とても風通しのいい、気持ちの良い関係を築くことが出来るようになります。

パートナー、親子、友達、仕事関係・・すべての人間関係に置いて同じです。

自分の意見を尊重出来る人が、人の意見も尊重出来るということを忘れないでくださいね。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」


ありがとう アシュタール! 感謝します。


(ここまで)




nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

破・常識 あつしの挑戦「アシュタール:自由な発想でいい」 [アセンション]

破・常識 あつしの挑戦「アシュタール:自由な発想でいい」



(ここから)



今日の破・常識!




出来ない・・と思うと 出来ない現実をそのまま創造する・・・らしい(笑)







では、アシュタールからのメッセージをお伝えします。









「こんにちは こうしてお話し出来ることに感謝します。

いつも言いますが思考はエネルギーです。

あなたが思考することが現実化します。

そして、あなたはもうすでに5次元領域にいるのです。

その5次元領域の中で 

今まで 慣れ親しんできた3次元領域の現実を

創造して遊んでいるのです。

と、いうことは あなたの思考が変われば 

5次元領域の波動、5次元領域の現実を

創造することができる・・ということです。

5次元領域は、なんでも思考すれば

すぐに現実化する領域です。

ここまで大丈夫でしょうか?

ですので、もっと広い、簡単に言えば

ぶっ飛んだ思考をする練習をしてください。

あなたの思考が3次元的傾向に縛られている限り 

あなたは5次元領域を思い出すことができません。

たとえば、どこかに行きたい・・と思ったとします。

あなたはまず何を思い浮かべますか?

どうやってそこまで行こうか??・・ですよね。

次に電車?車?飛行機?・・と考えます。

そして何時間くらいかかるか・・とか、

お金はいくらくらいかかるか・・とか、

とても3次元的、現実で頭がいっぱいになり・・

結局、お金や時間や諸々のことを

考えて、あ~~無理だ・・と、

自分の可能性を止めてしまうのです。

これは、3次元的発想です。

これでは5次元の波動領域を思い出すことは出来ません。


5次元の波動領域では、どこかに行きたい・・

と思えば、すぐにそこに行けるのです。

どんな手段でも可能です。

テレポーテーションで行くか、

空を飛んで(飛行機ではなく)行くか、

海の上を歩いて行くか、UFOに乗っていくか、

それとも ゆっくりと電車の旅を楽しむか・・

あなたの思考ひとつで、なんでも可能なのです。

わかりますか?

だから、あなたの思考をもっと自由に楽しいものに変えてください。

あなたが今まで大事にしてきた 

3次元の現実的な思考を

意図して手放すように方向つけないと 

ずっとそのまま3次元的現実を

創造し続けることになります。


だけど、今、じゃあ

テレポーテーションで行きたいって言っても無理じゃない・・

そんなことできないでしょ?・・

っていう思考エネルギーが飛んできますが(笑)・・

それは、あなたが信じていないからです。

疑いを持ち、出来ない・・という思考とお友達でいるからです。

思考はエネルギーです。

そしてエネルギー自体には、良い悪い 正しい間違っている・・

という判断は ありません。

ということは、あなたが思考したものは 

そのまま現実になるということです。


出来ない・・と思うと 出来ない現実を

そのまま創造するのです。


自由に発想出来る・・今の制限をまったく考えなくて 

想像の中では、なんでも出来るということを 

許して思いつく限り、ぶっ飛んだ想像を

心から楽しんでください。

何もまったく制限はいりません。

まずは想像(イメージ)からはじめましょう(笑)

自由に楽しく想像できるようになると、

現実にもそれが表れてきます。

その時に間違っても、こんなこと想像してもできっこないよ、

なんだかバカみたい・・などと考えないでくださいね(笑)。

小さな子供のように 

本当にその気になってその想像(イメージ)の中で

楽しく遊んでください。

あなたの発想が自由になれば 

あなたの波動も自由に軽くなっていきます。

まずはあなたの思考を柔軟に 

軽く楽しくしていきましょう。

そこから自由な現実を創造できるようになります。

出来るだけ3次元的現実から

ぶっ飛んだ思考を楽しむことが出来るように

たくさんいろいろなぶっ飛んだ情報を受け取ってください。

5次元領域は、あなたが今想像(イメージ)できないくらい

ぶっ飛んだ世界です(笑)

でも、とても自由で愛にあふれ楽しい世界です。

まずは、自由な想像からはじめましょう。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」



ありがとう、アシュタール!


(ここまで)


5次元の中で3次元の現実を創っているということすら認識してないのが大部分だから

ぶっ飛んだ発想自体が出てこないのかもしれませんね。

こうなると、本当にぶっ飛んだ想像を試してみるしかないです。

そこで、外国へ飛んでいきたいと思ったんだけど止めました(笑)。

なぜって、行くことに成功してしまったら戻ってこれないじゃないですか!

だから、思い直したんです。ちょっと数メートルのところに瞬間移動してみようかと・・・。

これだったら戻ってくる心配ないですからね(笑)。


でも、空想するだけなら自由なので、思いっきり楽しい空想をしてみるのが良いですね。

空を自由に飛んでいるところとか、欲しいものをすべて何もないところから取り出して

ご満悦に浸っているところとか・・・。


考えてみるといっぱいありますね。

平和で戦争もない世界にいることとか、UFOで宇宙を自由に行き来していることとか

たらふく美味しいものを食べているところとか・・・。

それぞれ楽しんで空想してみましょう。そうすれば、ある日突然現実になるかもしれません。




nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog