So-net無料ブログ作成
検索選択

世にも不思議な奇妙なフツーの話「さくやさん:この人のどこが好き?」 [アセンション]

世にも不思議な奇妙なフツーの話「さくやさん:この人のどこが好き?」



(ここから)


今日はさくやさんからのメッセージをお伝えしますね^^

「恋愛をするときは、結婚もそうだけどね・・・

自分はこの人のどこが好きか・・っていうことを、しっかりと分かっておいた方が

いいわね。


恋愛の情熱の期間は、きっとすべてが好き♡ってなると思うけど(笑)

でもね、情熱期間は情熱期間として 好き♡好き♡ で楽しめばいいんだけどね

ちょっと冷静な部分も残しておいて、自分は相手のどこが一番好きなんだろう?って

自分の一番好きなところを認識しておいた方がいいわ。


結婚するなら、もっとそうね。

あなたが相手に何を一番求めているか・・それをしっかり認識しているのと、していないのでは

覚悟が違ってくるから。

覚悟・・そう覚悟。


たとえば、相手の容姿が好き、それが一番!・・って思ってるとするでしょ。

そしたら、容姿以外に求めなくて済むようになるじゃない。

自分はこの人の容姿が好き・・だから、収入が少なくてもいい、掃除が下手でもいい、

料理が出来なくてもいい・・って思えるでしょ。


収入が一番って思うなら、もしその人が浮気をしたとしても、それだけの収入があるなら

許せるって思えるでしょ。


それが覚悟よね。

自分が相手に求める一番が分かっていれば、それ以外は求めなくなる。

でも、自分が求める一番がわからなければ、あれもこれも相手に求めるようになっちゃう。


だから、相手に何を求めているか・・と言うより、相手のどこが一番好きなのか?と

いうことをしっかりと知っておいた方がいいの。

そうすれば、割とうまく行くわ。

自分はこの人のここが好きだから、他のことはいいわ・・って思える。

わかるでしょ(笑)


そしてね、もう一つ覚悟出来る。

たとえば、さっきも容姿が好きっていう例を出したけど・・

その先もそれで行けるかどうか?ってことを冷静に考えることが出来るようになる。

どういうことかっていうとね・・容姿が一番好きって思っていても、一緒にいるうちにもしかしたら

容姿も変わって来るかもしれないわよね。

そうなった時にどうするか?・・ってことも考えられるようになるでしょ。

いまの容姿が好き・・でも今後その容姿が変わってしまったときに自分はどうだろうか?って。

それでも一緒にいるかどうか?って。


容姿じゃなくても、収入が一番って思うこともあるでしょ。

この人の学歴や収入が一番よね・・と思うこともあるかもしれない。

それが悪いって言ってるんじゃないのよ・・それでもいいと思うのよ。

でもね、その時の収入をいつまでも絶対に保っていられるかどうかはわからないわよね。

もし、会社が倒産したりして思っていた収入が得られなくなったとしたら、自分はどうする?

って考えてみることもいいんじゃないかしら?


結婚ってそういうものなのよ・・ってこと。

恋愛もそうだけどね・・あなた達にとっては条件だってこと。

最初は、好き好き♡ の情熱で何とかなるかもしれないけど、ずっと一緒にいるとそんなに

単純なことでは済まなくなるわよね。

こんなはずじゃなかった・・って思ってる人たくさんいるんじゃない?

お金があると思っていたのに、案外なかった・・とか、持ってるけどケチだったとか(笑)

容姿が好きだったのに、ずいぶん変わってしまったとか。


だから、一番好きだと思うところをしっかりと認識しておいた方がいいの。

そして、もしその好きなところが無くなったらどうするか?ってことを自分に確かめて

置いたらいいの。

わかる?

あの人は私にやさしくしてくれるから好き・・って思ってるなら、もし優しくなくなったら

自分はどうする?・・って。

それでもいいって思うのか? いやそれじゃぁイヤだわって思うのか?で、選択は変わって来る。


結婚するなら、そういう諸々の覚悟の上で結婚はしたほうがいいわ。

一番はこれだけど、でもそれがなくてもこの人が好き・・って思える相手なら最高よね。

お金がなくなっても、容姿が変わってしまっても、やさしくなくなっても、自分だけみて

くれなくなっても、それでもいい・・と思える相手だといいわよね。


そう思えるのが、自分主体の愛だということ。

難しい?・・結局相手に条件を付けないってことなの。

もちろん自分の望み?はあるわ・・でも、その望み、条件が満たされなくても、自分はその人が

好きって思えるってことは、自分が好きなんだからそれでいいって思えるってこと。


自分が好きなんだから、それでいい・・って思えること。

それが、高次の愛なの。

条件のない愛・・・その人がいてくれるだけでいい。

そばにいてくれなくてもいい・・自分が好きでいられる。それだけで十分って思えるの。

その人の存在に感謝し、その人を尊重出来る・・それが愛ってこと。


条件のある愛は、自分主体ではなく、相手主体の愛。

だから、相手がこれをしてくれなかった、相手が変わってしまった、相手の条件が変わった・・

っていうことで、いざこざになるわけでしょ?

自分が好きだから・・ではなく、自分に何をしてくれるか・・で考える。



自分が好きだから、相手が何をしても我慢するってことじゃないのよ。

自分がその人を好き・・そう思えることが素晴らしいことなの。

そう思える感情を持っている自分ってステキって思えることなの。

誰かを好きになることが出来る・・そのことに満足できるから、相手からのプレゼントを

求めない。

もちろん、プレゼントしてもらえたらうれしいけど、してもらうことを期待しない。



話が逸れちゃったからもとに戻すけど・・

結婚するなら、そういうところしっかりと冷静に自分で自分を観察したうえで

決めたほうがいいと思うってことを伝えたかったの。

結婚して文句ばっかり言ってる人たちは、自分が何を求めてその人と一緒にいるのかを

考えてないか、忘れっちゃったってことよね。

いま結婚してて、相手に不満を持っている人は、ちょっと原点を探ってみたら?

その相手と一緒に進もうと思った原点を思い出すことが出来れば、ただブツブツ文句ばかり

言ってるだけじゃなくて、次に進む解決策が出て来るかもしれないわよ(笑)



あなた達を心から愛してるわ~~」


ありがとう さくやさん!

私たちもさくやさんを心から愛してるよ~~^0^

(ここまで)



そうですね。

そのあたりのことは十分考えておかないといけないことだけど、案外あばたもえくぼと言われるから

誰も考えてないでしょう。

だから、結婚してから「しまった」となるか「よかった」となるかの違いが出てくるんですね。

まあ、私がそんな大口をたたけることではないですが、一考の余地ありです。


話は変わりますが、今回のシリア問題ではアメリカは墓穴を掘りました。

アメリカとシリアが協調することやアメリカがロシアと友好関係になるのを嫌う勢力が仕掛けた

罠にまんまと嵌められたようです。今後の世界情勢は果たしてどう動くのでしょうか?


とはいえ、静観していることです。あちらの世界の出来事ですから・・・・・。



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

破・常識 あつしの挑戦「アシュタール:最終目標という幻」 [アセンション]

破・常識 あつしの挑戦「アシュタール:最終目標という幻」



(ここから)


今日の破・常識!



自分のことが嫌いな人は、せっかく持っている

自分の中にある愛の井戸を閉じてしまう・・・らしい(笑)



では、アシュタールからのメッセージをお伝えいたします。






「こんにちは こうしてお話し出来ることに感謝します。

まだまだだね・・を、よくやったね・・に変えてください(笑)

あなたは何かが出来ても まだまだ・・まだ全然・・

こんなもんじゃない・・って、

自分を叱咤激励する習慣を持ってますね。

まだまだだね・・って、どこを目指しているのですか?

完璧さを目指しても それは幻ですから 

いつまでも到達することは出来ません。

これが最終目標・・っていう幻を追い求めても疲れるだけです。

幻の水を求めて蜃気楼を求めて

旅を続ける旅人のようなものです。

いつまでも手に入らない水を求めて 

のどがカラカラになりながらも

疲れ果てた身体を引きずって 

歩かなくても足元に水はあるんです。

気が付いてください。

水を外(蜃気楼)に求めていると 

あなたの中がどんどん枯渇していきます。

あなたの中にエネルギーがなくなりますから 

誰かからもらわなければ生きていけない・・

と思い込んでしまうのです。

そして水(エネルギー)は有限だと思わされていますから、

奪い合いが始まるのです。

多く持っていると思っている人は、

それを誰にもとられないように守ることに必死になり

それをもっと増やそうと躍起になります。

持っていない人は、

何とか持っている人のエネルギーをもらおうと

いろいろな手を使い自分の中を満たそうとします。

エネルギーバンパイヤーになってしまいます。

有限だと思わされているために起きる奪いあい・・

これが今までいた3次元領域の社会です。

物質に関して言えば、話がまた長くなりますので 

今日は愛の波動についてお話ししたいと思います。


あなたは、自分がまだまだ足りない存在だと 

思わされていますので・・

常に まだまだだね・・の発想に陥ります。

私は、まだまだ足りない、完ぺきではない、

こんなことではダメだ・・

いつもいつも このような言葉を自分に投げかけ、

自分の価値を低く見ていると 自分が本当につまらない 

取るに足りない存在だと勘違いしてしまい 

自分のことが 嫌いになってしまいます。

自分のことが嫌いな人は 

せっかく持っている自分の中にある

愛の井戸を閉じてしまうのです。

愛の井戸を閉じてしまうと 

自分の中が枯渇してしまうので 

誰かから貰おうとします。

誰かを力でコントロールすることで 

その人からエネルギーを奪おうとしたり、

威張り散らして優位に立つことで 

エネルギーを奪おうとしたり、

怒りや脅しでエネルギーをもらおうとしたり・・

反対にかわいそうな非力な仮面をかぶることで 

同情というエネルギーを受け取ろうとしたり・・

いろいろなやり方で 

誰かからエネルギーをもらおうとします。


みんなが このように自分の愛(エネルギー)の

井戸を閉じてしまうので、

エネルギーの奪い合いが始まってしまうのです。

わかりますか?


では、反対の考え方が出来ればどうでしょうか?

まだまだ・・ではなく、

よくやったね、素晴らしいよ、完璧だよ・・って、

自分をほめてあげられるようになればどうでしょうか?

目標を外に求めるから誰かとの比較になって 

まだまだだねがはじまるのですから、

今この時のあなたが完璧だと思い出せば 

よくやったねになりませんか?

少しでも何かが出来た・・って思えた時は 

誰に遠慮することなく自分をほめまくってください。

だって出来たんですから・・もし出来なくても 

それをやろうとしたあなたは素晴らしいんですから!

言ってしまえば、あなたがここに存在しているだけで 

どんなに素晴らしいことであるか・・思い出してください。

存在自体が 奇跡なんですから 

何をしなくても自分は素晴らしいんです・・と

胸を張って宇宙中に自慢してください。

だから常に自分を誇ってください。

誇りとおごりは違いますから 

間違えないでくださいね・・

これを話すとまた長くなりますから話を戻しますが(笑)


自分をほめまくっていると自信がついてきます。

そして自分が大好きになります。

自分が好きになると あなたの中にすでにある

愛の井戸があふれてくるのです。

愛のエネルギーが、あなたの中からあふれ出てきます。

何もしなくてもあなたがいるだけで 

まわりにその愛のエネルギーが共振していきます。

その愛のエネルギーに共振した人は 

それが呼び水となり その人の井戸も開くのです。

愛の井戸が開いた人は、どんどん愛のエネルギーを放射し 

どんどん他の人の愛の井戸を開いていきます。

わかりますか?

みんなが 愛の井戸からエネルギーをあふれさせていると 

誰かからエネルギーをもらうなんて発想はなくなり 

反対に与え合うことになります。

奪い合う・・から・・与え合う・・

これが5次元領域の波動です。


あなたの中には、絶対無限の存在とつながる

しっかりとした愛のラインがあります。

そこからは無限にエネルギーがあふれ出てくるのです。

エネルギーは外ではなく 

あなたの中から無限に湧き出てくるのです。

ですから あなたがあなたを愛し、大切にし、愛の井戸を開け 

愛の波動(エネルギー)で満ち溢れてください。


そのために まだまだだね・・ではなく、

よくやったね、素晴らしいよ、大好きだよ、

愛してるよ・・って自分を常にほめてあげてください。

ほめて ほめて 褒めちぎってあげてください。

誰に遠慮することはありません。

遠慮どころか、その楽しい波動が宇宙の隅々まで行き渡り 

私たちもそれに共振することが出来るのです。

だから私たちの為にも 

あなた自身をほめまくってください(笑)


あなたに愛をこめてお伝えいたします」



ありがとう、アシュタール!



(ここまで)



私が趣味で歌っているカラオケも日々上達しているのが自分でもわかります。

別に先生について習っているわけではありません。すべて独学です。

多くの歌手の歌を見よう見まねで歌いながら、ここをこうしたらとか、このようにしたらを

繰り返していると、こうして歌手が歌っているんだなとかわかるときがあります。

それを自分で歌いながら試し、試しては繰り返していきます。

そうするとある日突然これまでと違った歌い方が出来て自分でも驚くことがあります。

「え~っ、ここまで出来るようになったんだ!」と思います。

でも、それはどこからそうした知識が出てくるのかわかりませんが、ある日突然今まで

出来なかったことが出来るようになります。

そんなときはとてもうれしいですね。

自分にこんな力があったんだと感激します。

だから、さらに自分が好きになれるんです。

今まで不可能と思っていた小さな山の頂が上っていて現れてくるような感じです。

そうしたら、また次の頂を目指します。

それはどこまで行っても終わりがない旅と同じものです。


この宇宙の姿というのは万物がすべて流転を繰り返しながら生まれては滅し、滅しては

生まれるということを繰り返し、そして常に新しいものを創り上げダイナミックに動いています。

したがって、そこには終わりがないのです。いつまでも続きます。その終わりがどこにあるのかは

誰も知りえないことなのです。簡単に言えば、それが宇宙の姿です。

その宇宙の申し子である私たちにも終わりがありません。

いつまでもその旅は続きます。似ているようであっても同じことは二度となくすべてが新しい

変化に満ちていて、その変化を楽しみながら進んでいくのが私たちの本当の姿です。


だから、アシュタールの語るように

まだ出来ないではなく、ここまで出来たと楽しめる心の余裕を持ちたいものです。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog