So-net無料ブログ作成
検索選択

世にも不思議な奇妙なフツーの話「アシュタール:他人のためではなく自分のために生きてください!」 [アセンション]

世にも不思議な奇妙なフツーの話「アシュタール:他人のためではなく自分のために生きてください!」



(ここから)


昨日のね、アシュタールのメッセージの中の言葉・・


国は国民を守るためにあるのです。

国民が国を守る必要はないのです。


そんなの当たり前のこと・・でも、当たり前になってない社会!

最近もこの国の大臣が・・国民はお国のために血を流せ!・・と

言ったとか(驚愕)

(でもこの大臣、自分の息子は戦争には行かせない・・ってはっきりと言った

そうな(苦笑)・・

自分の息子はイヤだけど他人の息子の血はどんどん流せと。

これが国の偉い人たちの本音ですよね。

自分は安全なところで高みの見物、

庶民だけ国を守るために血を流しなさい・・って。

守る国って何?・・こうして考えてみると、

高みの見物をしている偉い人を守るために血を流せってこと?

それも守るのがその人たちの命じゃなくて、利益だってことよね。

自分たちの利益を守るために、庶民は血を流せって言ってるのよね。

ホント冗談じゃないです。)



まわりを見回してみると、国だけの問題じゃない。

会社のために、家族のために、町内会のために、教団のために、

学校のために・・よく聞いているとそんなんばっかし。


みんなのために? 組織のために、自分を滅して奉仕しましょう。

それが素晴らしい生き方です・・って!

家族のために、○○家のために、って言う言葉が一番使われてるん

じゃないかしら?

家族のために働く・・っていう言葉、よく聞きますね。


自分は二の次にして、組織?誰か?のために生きなさい・・

私は、イヤですね。



では、今日のアシュタールからのメッセージをお伝えしますね^^

「こんにちは こうしてお話しできることを感謝します。

個が一番なのです。

個の集まりが、集団になるのです。


あなた達の社会はまるで反対のことをしています。

集団を守るために、個を犠牲にするなんてまるでナンセンスな話です。


本来は集団など必要ないのです。

どうして集団が必要なのでしょう?

それは、身を守らなければいけないという考え方から出来たものです。

敵がいる・・という仮想現実を見て作られたものなのです。


個では力が足りない・・だから、個の力を集めてもっと大きな力にして、

仮想の敵に立ち向かう・・そのための集団なのです。


敵は仮想現実だと言いました・・そうなのです。

本来敵など存在しないのです。

敵だと思うから、敵になってしまうのです。

その敵から身を守らなければいけない・・だから力を合わせましょう。

ということです。


最初は個々の集団だったものも、だんだん個よりも集団が大切になってしまい

ました。

集団がなくなれば、個を守ることが出来ない・・というすり替えになってしまい

個をないがしろにするようになりました。

個を守るために発生した集団が、個を排除しはじめたのです。

集団を守るために没個性になりなさい・・と強要しはじめたのです。

集団を守るための盾になりなさい・・と。

個々の存在の盾になるはずの集団(組織)が、個を盾にして存続しようとしている

のです。

とてもナンセンスな話ですね。


そして、もっとナンセンスな話が・・

集団(組織)が一番大切だと思わせて、結局は組織の中で一番力を蓄えた個人を

守ることが目的になっているということです。

分かりますか?


国のトップ(だと思われている人)を守るために、国民を戦争に行かせたという

事がありました・・それは、国を守るという(美しい)言葉で美化していますが、

本当はその人(の利益)を守るため・・というすり替えになっているのです。


会社という組織をまもるために、あなたは会社を辞めてください・・と

言われたとします。

会社を守るためにという名目ですが、それは会社を経営している人たちを守るため

存続させるための方便です。

いまは会社を経営している人よりも、そこにお金を貸している人(銀行)や

株主の利益を守るために・・に変わっていますが。


結局、人の利益のためにあなたは犠牲になりなさい・・と言うことです。


そんなことはまったくナンセンスです。

あなたはあなたのために生きてください。


そして、あなたが仮想敵を創らなければ、敵など存在しないのですから、

集団に属して守ってもらう必要などないのです。

反対にみんなが味方になればいいのです。

みんなが味方になれば、個々が生き生きと生きることが出来るのです。


敵がいると思わされてしまっているだけです。

競争ばかりの教育を受け、周りはみんな敵ばかりだと思わされてしまって

いるのです。

敵がいるから、集団になって守らなければいけない・・守ってもらわなければ

いけない・・と思ってしまうのです。


あなたの人生は、あなたのために存在するのです。

組織のために自分を押し殺すなどというのは、まったくナンセンスです。

あなたが会社を守るためにと辞めても、あなたにとってはまるで意味がないのです。

あなたを守ってくれない組織など、いる必要はないのです。

守る必要などないのです。


自己犠牲を美化しないでください。

組織のために・・という言葉は自己犠牲を美化しているだけです。

自ら進んで、歯車にならないでください。

あなたは歯車なんかではありません。


自分のために生きてください。

あなたの人生は、あなたのためにあるのです。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」


ありがとう アシュタール! 感謝します。

(ここまで)


今朝、ニュースを見ていて、先日シリアでの反政府勢力が攻撃を受けましたが、そのときに

化学兵器が使われたようで多くの子供や民間人が犠牲になったことで、アメリカのトランプ

大統領がシリアに対する見方が変わったと述べていました。


この化学兵器は反政府軍が所有していたもので、それを保管していた場所に子供や民間人を

集めていたからだということを書いていた記事がありましたが、私はシリアが化学兵器を使用

したのではなく、これまで西側諸国が行ってきたように他人に罪をなすりつけるために行われた

ものだと見ています。ロシアでの列車爆発事故も同じ系列に属するものでしょう。

トランプ大統領がいくらこれまでの状況を見直し、反対の行動を起こそうとしてもトランプ大統領の

周辺にいる人たちによって違った情報が伝えられたなら、判断は変わってきます。

また、いつか来た道を再度たどることになるのでしょうか?


北朝鮮のミサイル発射のニュースが昨日の朝報道されからというもの、民放放送局は今日の

朝から北朝鮮のことでほぼ埋め尽くされていました。

私はこのニュースを聞いても何ら不安は感じませんが、国民に恐怖感をこれでもかと植え付け

戦争やむなしという論調に持っていこうとする魂胆見え見えであることがわかります。


戦争に行くのは政府の閣僚でもないし、政府関係者や官僚でもありません。一般の国民です。

それが現実感として見えてこないから、日本を守らないといけないというまやかしに騙されて

しまうのですね。

先日の国の借金1000兆円と同じ論理です。騙されないようにしないといけないですね。










nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

破・常識 あつしの挑戦「アシュタール:ハイヤーセルフにおまかせ!」 [アセンション]

破・常識 あつしの挑戦「アシュタール:ハイヤーセルフにおまかせ!」




(ここから)


今日の破・常識!



しなければいけないことは そのタイミングが来れば 

ちゃんと あなたのハイヤーセルフが 教えてくれる・・・らしい(笑)





最近、記憶があいまいになって、行動に一貫性が無くなり、

時間の感覚がおかしい・・そのうえ、なんか ここにいない気がする!

・・・って、感じている方も多いんじゃないですか?

私も、瞬間忘却能力 全開で~~す(笑)

でも、病気じゃないんですよ。

ぜんぜん心配しなくていいそうです!


では、アシュタールからのメッセージです。







「こんにちは こうしてお話し出来ることに感謝します。

記憶があいまいになったり、時間の感覚がなくなったり、

今まではきっちりできていたことが出来なくなって来たり・・

遠近感が無くなって身体をぶつけることが多くなったり・・

大丈夫です・・心配しないでください。

これは、あなたの3次元的現実にフォーカスしていた焦点が 

ボケる?ずれる?・・て来ているだけです。

とにかく小さく狭くしっかりと合わせていたピント(焦点)ではなく、

焦点が大きくなってきているということです。

今までは、山の上にいて望遠鏡で 

遠くの山に生えている一本の木に焦点を合わせ

一生懸命それを見ていたけれど 

そしてそれだけしか存在しないと思い込んでいただけで

ちょっと望遠鏡のピントをずらすことで

その木がぼやけて見えてきて、

そして望遠鏡を目から外し、裸眼で大きな広い景色を

見始めた・・ようなものです。

一本の木に焦点を合わせていた時には 

見えなかったものがたくさん見えて来ているような感じです。

ですから、今までしっかりとはっきりと見えていた木が

見えなくなったと心配しているようなものですから

心配はいりません。

その木を見ることが必要な時は 

またピントを合わせればいいだけのことですから・・

この例えでわかりますか?(笑)

だからもうその一本の木だけに

ピントをあわせる必要はありません。

でも今まで、そこにだけピントを合わせていた習慣がありますから、

大きなところに視点を合わせると違和感があって 

不安が出るかもしれませんが

あなたの目がおかしくなっているわけではありませんので 

安心してください。


でも、そんなことしてたら日常生活に支障が起きるんじゃない??

って思うかもしれませんが、大丈夫です。

必要なことは、ちゃんとできます・・

ただ今までのやり方とは違うかもしれませんが(笑)

今まではマインドで次はこれをして 

これは忘れないように気をつけなければ・・

などと一生懸命何かをしていました。

しなければいけないことをノートに書き記して

いつも忘れないようにチェックしていました。

もう そうする必要はないのです。

しなければいけないことは、そのタイミングが来れば 

ちゃんとあなたのハイヤーセルフが 教えてくれますので、

あなたは安心して好きなことをしていてください。


たとえば電車に乗っていて眠くなったとします。

今までは乗り過ごしてはいけないからと 

頑張って起きていたり、小さな目覚まし時計を

セットしたりしていましたが・・

これからは、自分(ハイヤーセルフ)に、

駅に着くころに起こしてください・・

って頼んで安心して寝てください。

そうすれば駅に着くころに起こしてくれます。

えぇ~~、そんなこと出来るわけないじゃないの~~(笑)・・

って声が聞こえますが、

それは、あなたが信用していないからです。

信用しているふりをしながら 

そっと目覚ましを用意しているからです(笑)

何度かそれが出来たとしても 

偶然、偶然って思って信じていないから

いつまでも それが当たり前にならないのです。


すべて このようになっていきます。

だから記憶があいまいになって来たり、

時間の感覚がおかしくなって来たり、

行動に一貫性が亡くなった来たり、

物忘れがひどくなって来たりしても、

心配しないでください。

フォーカスするところが変わってきただけです・・

マインドで考えるか、自分のハイヤーセルフに頼むかという・・

やり方が変わってきているだけです・・


一生懸命覚えなくても 

必要な時は、あなたの中からデータが出てきます。

あなたの中にパソコンがあるようなものです。

何かのスケジュールの時間が来れば 

うっかり忘れていても

チャイムを鳴らして教えてくれます。

必要なものは、どうやって手に入れればいいかも 

教えてくれます。

どこにあるかも全部教えてくれます。

だから、あなたは今までのような形で

現実にフォーカスしなくてもいいのです。

ただ楽しくあなたがやりたいことをやっていてください。

マインド(頭)を使わなければ使わないほど 

あなたの中の情報を取り出しやすくなります。

新しいバージョンのパソコンに古いバージョンのやり方で

データを取り出そうとしても上手くいかないのと同じです。

あなたのパソコンのバージョンがアップしたのです。

あなたの物質的な体に 

あなたの本来の大きくて自由なエネルギーが

入り切れなくなって 身体から

あふれているような状態になっているのです。

ですから心配しないで、安心して

ハイヤーセルフに任せていてください。


ただ、まだそんなに緊急的なことに対処は出来ませんから、

何か危険を伴うことをしているときは 

しっかりと身体があることを意識するようにしていてくださいね。

車を運転している・・刃物を持っている・・

車の往来がある道を歩いている・・などのときは、

望遠鏡で一本の木を見ているような

焦点のあわせ方をしてください。

身体的に安全であればピントをずらしていてください

そうすれば、だんだん大きなピントに慣れてきて 

違和感が無くなるでしょう。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」



ありがとう、アシュタール!


(ここまで)


記憶が飛ぶというところまではいきませんが、確かに少しいあまいになるところがありますね。

ただ、身体の感覚はそこまではひどくないので、もし、そんな感じになったときには身体を

休めて寝てます(笑)。


これからはこうした感覚を感じることが多くなるようですね。

目を閉じて感覚に集中していると、自分の身体が一回り大きくなったような感じがしますので

感覚が広がってきているんだろうと思います。


ただ、これには個人差があると思いますので、アシュタールの語るような感覚を感じていなくても

心配はしなくていいだろうと思います。

いずれ、そういう感覚になると思いますし、全く感じない人もいると思いますので、今は参考程度に

心に留めておくといいでしょう。


でも、車の運転中にそんな感覚がパーッと出てきたら危ないですね(笑)。

そんなときはしっかりと気持ちを鎮めましょう。





nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog