So-net無料ブログ作成

世にも不思議な奇妙なフツーの話「アシュタール:過去は記憶、未来は予測・・・・」 [アセンション]

世にも不思議な奇妙なフツーの話「アシュタール:過去は記憶、未来は予測・・・・」



(ここから)

今日のアシュタールからのメッセージをお伝えしますね^^

「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

あなたがいつも頭の中で考えていることは、幻なのです。

過去はただの記憶にすぎず、未来は予測に過ぎないということです。


あなたの現実は、いまあなたの目の前にあるものだけなのです。


あなたが家族のことを思っていたとします。

朝出かけて行った子ども・・その子はいまあなたの現実にはいないのです。

でも、ちゃんと現実の中にいます・・その証拠に朝ちゃんと送りだしのですから・・

と思うかもしれませんが、その子はいまはあなたの頭の中の記憶なのです。


分かりますか?

あなたは子どもの記憶を思い出しているだけなのです。

本当の子どもは、あなたの現実とは関係ないのです。

でも、学校に行っています・・いまは目の前にはいないけど、でも学校にいるのですから

子どもはいます・・と思うかもしれませんが、それはあなたの予測なのです。

難しいですか?


子どもは学校にいる・・それはあなたが予測しているだけなのです。

もしかしたら、学校に行かずどこかで遊んでいるかもしれません。

でも、それはその子の現実であって、あなたの現実には関係ないのです。


でも、帰ってきます・・そうですね、

帰って来て、あなたの目の前に出て来て、はじめてあなたの現実になるのです。



アシュタールは何が言いたいのでしょうか?

見えない?いまあなたの現実に存在しない人を考えても仕方がないということです。

あなたの現実は、過去でも未来でもなく、いまここにしかないのです。


頭の中の幻を信じて、感情を動かしても仕方がないということです。

子どもがもしかしたら学校に行かず、どこかで遊んでいるんじゃないか?・・と

心配しても仕方がないということです。

その学校に行かず遊んでいる子どもは、あなたの頭の中だけの幻なのです。

実際の子どもは、遊んでいるかもしれないし、学校に行ってるかもしれない・・それは

その子の現実であなたには関係ないのです。


それなのに、学校へ行かず遊びまわっている子どもの幻を頭の中で作り、それに対して

心配したり、気をもんだり、怒りを覚えたりしても仕方がないのです。

本当かどうかもわからないことで感情を動かす必要はないということです。

幻を追って、意味も解らず不機嫌になる必要は無いのです。


分かりますか?

子どもが帰って来て、あなたの現実に入ってきてからその子どもと話せばいいのです。

でも、子どもが帰ってきていないうちから、あなたが幻?妄想?で感情を揺らし、いらだって

いたらどうでしょうか?

帰って来るなり・・あなた、今日何してたの?・・と問い詰めることになってしまいます。

自分の妄想で子どもを叱ってしまうことになるのです。


子どものことではピンと来なければ、パートナーの浮気?ではどうでしょうか?

パートナーが浮気しているかもしれない・・と思うとき、同じような状況になるのでは

ないですか?(笑)


自分が見ていないところで何をしているかわかったもんじゃない・・と、確信もないのに

イライラすることはないですか?

いつもより遅い・・どこかで誰かと会ってるんじゃないかしら?・・と妄想し、感情を揺らし

イライラしながら帰りを待つ・・

帰って来たら問い詰めてやる・・そんな気持ちで迎えたらどうなるでしょうか?

ただ仕事で遅くなっただけなのに、浮気?前提で怒りをぶつけられたらどうでしょうか?

怒りをぶつけなくても、なんだかプンプンしたエネルギーを出されたらどうでしょうか?


そのイライラは、あなたの頭の中のただの幻、妄想なのです。

それを分かってください。

目の前にある現実だけが、あなたの現実なのです。

帰って来る(あなたの現実に入って来る)までの、子どもやパートナーは、あなたとは関係の

ないところにいるのです。


だから、目の前で何も起きていないなら、それでいいのです。

目の前で起きていないことまで、妄想し、感情を動かす必要はないのです。

目の前で起きていることがご機嫌さんなら、それでいいのです。

目の前で起きていることが平和なら、そのままでいいのです。


あなたの関係のない現実にまで、フォーカスしようと思う必要はないのです。

もし万が一、子どもが学校に行ってなくても、もし万が一パートナーが浮気をしていても

あなたの目の前の現実になければ、それはあなたの問題ではないのです。

勝手に妄想して、不安になったり、心配したり、怒ったりする必要はないのです。


目の前にある現実以外のことを妄想しなくなれば、あなたの現実は平和なものとなります。

あなたの頭の中が平和になるからです。

思考が先、現実があと・・

あなたの思考が平和になれば、現実も平和になります。


頭の中で幻を作り(妄想し)感情を揺らし、平和でないから平和な現実を創造出来ないのです。


子どもやパートナーのことを例に出しましたが・・

他のことも同じです。

お金のこともそうです。

いま何も困っていないのに、月末の支払いのことを考えて(妄想して)心配になったり、

不安になったりする必要はないのです。

その妄想を信じて?感情を揺らすから、そのような現実が実際に出来てしまうのです。

いま困っていない・・それでいいのです。

そう思って平和でいれば、次の現実も平和なものとなるのです。

何も困らない現実をずっと創造することが出来るのです。


でも、必ず支払いはしなければいけませんよね・・そんな悠長なことを言ってられないでしょ・・

とあなたは思うかもしれませんが、出来るのです。

大丈夫、いま困ってないから・・だから、いつも困ることは無い・・と本当に信じることが

出来れば、心配しなくても支払いに困ることは無いのです。


大丈夫、私はパートナーや子どもと平和な関係でいられます・・

と本気で思うことができれば、パートナーや子どもと平和な関係でいられるのです。


それを阻止してしまうのが、あなたの頭の中の幻、妄想だということを分かってください。

あなたが現実にないことを、妄想するからそれが現実になってしまう・・ということです。

妄想を止めるには、いまあなたの目の前にある現実だけにフォーカスしていてください。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」


ありがとう アシュタール! 感謝します。

(ここまで)


これは何度もアシュタールが語ってきたことですが、この概念を受け入れることはかなり

困難なことかもしれませんが、徐々に慣れていくしかありません。

そもそも、私たちが住んでいる3次元では、過去の記憶と未来への予測がないと成立しない

世界なので、仕方がないことと思います。

たった今がすぐに過去になっていることさえ思い浮かばないことと思いますが、私がこうして

書いている今ここからすべてが過去の産物になっています。

ただ、こうして書いた文章が読めるので過去と認識できないだけです。

もし、書いたらすぐに消えてしまうなら、そこには今しかないことになります。

極端に言えば今しかないというのは書いた文字が書いた瞬間に消えてしまうことを意味します。

そして記憶さえもです。そこには今しかありません。

これは極端な例ですが、アシュタールのように高次元の方であっても過去の記憶はありますので

それは私たちと同じことでしょう。ただ今のとらえ方が異なるだけです。

今しかないと思えば、今がとても大事な瞬間であり、今しかできないことは今やらなければ

似たようなことは起きても全く同じことはないわけです。昨日のミナミさんの大阪クロワッサン事件と

同じことですね。今食べないと次はないということです。

食べていれば、ああ美味しかったということになるのですが、食べられなければ次にはいつ食べら

れるかわからないし、ましてや味もわからないことになります。


今何をするべきか、何をするかが未来を決定します。



破・常識 あつしの挑戦「アシュタール:愛の波動・・・・」 [アセンション]

破・常識 あつしの挑戦「アシュタール:愛の波動・・・・」




(ここから)

今日の破・常識!



波動を軽くすることで ”愛”の波動を思い出し、

愛に満ちた状態になることで、今までの制限を取り外すことができ 

そしたら・・・超感覚を思い出すことができる!・・・らしい(笑)




今日は、アシュタールからの確認のメッセージです。







「こんにちは こうしてお話し出来ることに感謝します。

もう一度確認させてください。

私たち宇宙ファミリーが 

あなたにお伝えしたいと思っているのは ”愛”の波動です。

高次元の”愛”の波動を思い出す為にはどうすればいいのか、

高次元の波動領域では、どのような ものの見方、考え方を

しているのか・・ということをお伝えしたいと思っています。


例えば、あなた方が作り出した原子力・・というテクノロジーですが、

それを使って争いが起き、原爆のような形で使ってしまった後の

放射能などの除去の仕方、テクノロジーではなく・・

私たちは、まず、その原爆を使わなくていい・・

そのようなものを必要としない・・

愛に基づいた 物の見方、考え方をお伝えしています。

今 あなたの知らない新しい医療、科学的なテクノロジー、

宇宙の物理的化学技術、などではなく・・

”愛”の波動を思い出すための物の見方、考え方です。


分かりますか?

5次元領域を思い出すためには、

知識は、そんなに必要ではありません。

5次元領域は ”愛”の波動に満たされています。

5次元領域を思い出すには 

”愛”の波動を思い出すことが一番なのです。

そのために私たち宇宙ファミリーは 

あなたの波動を軽くする方法も お伝えしています。


私たちは、5次元領域に行くとこんなことができます・・

あんなこともできます・・ということもお伝えします。

それは、あなたに5次元領域を

イメージしやすくしてほしいからです。

それは、あなたにとって魔法の様に感じるかもしれません。

とても素晴らしく感じることでしょう・・

でも、そのために波動を軽くしてください・・と

言っているのではなく、

波動を軽くすることで ”愛”の波動を思い出し、

愛に満ちた状態になることで、

今までの制限を取り外すことができ 

私たちがお伝えしているようなこと

(例えばテレパシー 念動力、トランスポーテーション)

が出来るようになるのです。

この順番を間違えないでください。

私たちがあなたにお伝えしたいことは、

”愛”の波動を思い出すための情報だということです。


私たち宇宙ファミリーは、常にあなたと共にいます。

あなたに愛をこめてお伝えいたします」



ありがとう、アシュタール!



(ここまで)



5次元に移行するとこれまで出来なかった様々なことが出来るようになります。

しかし、それが目的ではありません。それは結果としての出来事であり、真の目的は

愛の波動を思い出すことにあります。

たとえ、テレパシーが出来ても、瞬間移動ができても、ものを何もないところから自由に

取り出せても、そこに愛の波動がなければ元の出来ない状態に戻ってしまうことでしょう。


愛の波動とは私たちが教えられている男女の愛以上のものを含んでいます。

それは人も動物も植物も、果ては鉱物、地球、宇宙さえも私たちと同じだと認識でできる

ところにあります。すべてはひとつであり、すべてはひとつの反映であるということです。

また、立場や役割が違っていても、それは序列や上下の差を意味するものではなく

単に位置するところが異なるということです。それに対する尊敬と畏敬の念を持ちながら

相手の自由を尊重できるところに愛の姿があるようです。

私たちの考える愛はその裏に憎しみや悲しみを含んでいます。愛と憎しみが表裏一体と

なっているのが今の私たちの愛です。

本当の愛には憎しみや悲しみの感情を相手に持つことはないものです。


それを思い出すことはなかなか難しいかもしれませんが、自然とできるようになるのが

5次元への移行の鍵となるように思います。