So-net無料ブログ作成

世にも不思議な奇妙なフツーの話「さくやさん:便利は不便」 [アセンション]

世にも不思議な奇妙なフツーの話「さくやさん:便利は不便」



(ここから)

破・常識あつしさんが、毎日せっせとつくっていますアシュタールのメッセージの

動画ですが・・今日で50本目になりましたぁ~~^0^

破・常識あつしの歴史ドラマブログ

おかげさまで登録してくださる方もボチボチ増えてきました。

ありがとうございます。応援していただけること、こころより感謝しております。

まだ登録されていない方は、是非この機会にご登録いただければうれしいな^0^

・・ってあつしさんも、ミナミも思っております。

まだこれからもせっせとあつしさんがつくっていきますので、みなさま

どうぞよろしくお願いいたしま~~す^0^


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私もよく利用させていただいてますけど、コンビニのオーナーってホント大変なんですね。

最初のころは、朝の7時から夜11時だったのに・・今は24時間営業が当たり前?

確かに便利です・・ホント感謝してます。

でも、でも、でも・・・ホントに24時間の営業って必要なのかなぁ~~??


「コンビニオーナーは使い捨てか」元経営者が実名で語った実態 季節商品の「圧力」、

断れない24時間営業  


では、今日はさくやさんからのメッセージをお伝えしますね^^

「便利な生活って、考えようによっては不便な生活なんじゃないの?

表面上は便利になったって思うかもしれないけど、よ~く考えてみたら不便に

なってるんじゃない?

不便というより、苛酷になってるって言ったほうがいいかしら?


先ずは時計よね。

時間を計る機械が出来て、これは便利だわ・・ってみんな思ったと思うの。

でも、その時間を計る機械が出来たために、いまあなた達は時間に縛られ、時間に追われてる

んじゃない?

それも、一分一秒を争うように忙しくなってる。


時計なんてものがなかったころは、日が昇って、頭の上に来て、日が沈む・・それだけで

良かったの。

お日様が頭の上に来るころに、あそこで会いましょうね・・そんな感じの約束だった。

ちょっとでも遅れたら、イライラする・・なんてこともなく、ゆっくりゆっくり大切な人と

会える時間を楽しみに待つことが出来た。

時計は便利・・だけど不便。


そして、手紙もそう。

手紙を出して、返事が来るのも何日もかかる。

その時間を楽しみにしながら、ゆっくりとゆっくりと待つ喜びを感じてた。

でも、電子メールなる便利なものが出来てからどうかしら?

確かに緊急の連絡をするには便利かもしれない。

でも、緊急の連絡でもないのに常に気にしてイライラしてないかしら?

いつも誰かからメールが来るんじゃないか? そしてすぐに返事をしなくちゃいけない・・って

常にメールを気にする生活。

メールがなければしなくてもいい(知らなかった)仕事までしなくちゃいけなくなる

んじゃないの?

家に帰ってゆっくりしようと思ってるのに、メールが来て仕事を押し付けられ、家でまで

仕事をしなくちゃいけなくなって、休む暇もない。

メールは便利・・だけど、不便。


お店もそうよね。

確かに24時間いつも開いてるお店があれば便利かもしれない・・

でも、どう?

夜中まで働かなきゃいけない人が増えてない?

コンビニの人もそうだけど、会社で働いている人もそうじゃない?

ご飯を食べる場所がなければ、早く帰って食べようと思って早めに帰る気になるけど、

コンビニや他の深夜までやってるお店があって、そこでご飯を食べられると思えば、仕事を

切り上げる時間も遅くなってしまう。

いつまでも仕事をする環境があるってことは、ある意味いつまでも仕事をしなければいけなく

なってしまうってことじゃないの?


24時間営業しているお店があるから、みんな安心して?夜まで働いていられる。

子どもたちも塾に行ける?

そして、そうやってそれぞれに仕事や塾などで帰る時間が遅くなるから、みんなで一緒にご飯を

食べる機会も減ってるんじゃない?

家族と言いながら、同じ家に住みながら、ほとんど顔を合わせることもない・・

そんな感じになってるんじゃない??

24時間営業は便利・・だけど不便(過酷)。


便利になってるようで、反対に不便になってることって、まだまだあるでしょ?

便利だわ~~って言いながら、自分で自分の首を絞めてることって他にもたくさんあるわよね。

そこのところをもう一度考えてみたらどうかしら?


需要がなければ、成り立たたないのよね。

みんなの要求が、それを作りだしてるってことを忘れないでね。

仕事をもっと遅くまでしたい(仕事だけじゃないけどね)・・

深夜まで営業しているところは無いかな・・

という要求があるから、深夜まで営業するお店が出来る。

そして、そういうお店が出来たから、もっと仕事をしなければいけない状況になる。

そのお店で働いてる人もそう、同じよね・・その人たちも遅くまで働かなきゃいけなくなるの。

悪循環?


便利ということを、もう一度考えてみて?

江戸の子たちみたいに、日に3時間も働けば充分豊かにいきていける・・ゆったりとした社会を

いいなぁ~って思うなら、便利の意味を、便利の概念を少し見直してみたらいいと思う。


馬車馬のように働く必要なんて、まったくないんだからね。


あなた達を心から愛してるわ~~」


ありがとう さくやさん!

私たちもさくやさんを心から愛してるよ~~^0^

(ここまで)


確かにコンビニが24時間開いていれば助かることもあるけど、常に必要というわけでも

ありません。何もない国道を深夜走っていてポツンとあるコンビニはありがたいけど、都会の

ように乱立状態だとどうなんでしょうね。


もともとこの24時間営業というスタイルはアメリカでセブンイレブンが始めたもので、それが

日本に進出してきて(当初出来た当時は24時間営業ではなかったですよ)からですね。

どこかしこも24時間営業じゃないと他店に客を奪われるということで、それまで通常営業

だったコンビニがすべて24時間に移行しました。


コンビニのオーナーはかなり過酷な労働状態で24時間営業のおかげで24時間休みなし

という有様です。ましてや今のご時世人手が集まらないので、店主が休むわけに行かず

休んだりしたら、フランチャイズですから本部から大目玉や違約金を請求されることもある

らしいです。だから、コンビニの仕事にありつこうと考えたこともありません。

昔はそんな実態は知りませんでしたので、フランチャイズオーナーというスタイルに憧れた

こともありましたが・・・・・。


結局、このコンビニのフランチャイズシステムは元手である本部の収益が上がるだけで

フランチャイズのオーナーには大きなうまみはありません。いったい、だれがこんなことを

考え出したんでしょう。


ともかく、今の日本は忙しすぎです。もっとスローな仕事があって良いはずです。







nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

猫、もっとピアノを弾いて!と、演奏にメロメロの状態! [おまけ]

地域猫が多く、猫好き人口が多い国としても知られるトルコ。

イスタンブールに住む音楽家のサーパーさんもまた大の猫好きで、8匹の猫とともに暮らしているそうです。そんなサーバーさんがピアノを弾き始めると・・・・。そこにはうっとりとした猫が・・・。


Muzik sevdal?s?, dunya tatl?s? evlad?m benim [わーい(嬉しい顔)][わーい(嬉しい顔)]?

Sarper Dumanさん(@sarperduman)がシェアした投稿 -





何度でも聴いていたくなる甘いメロディです。猫が喜ぶのも無理ないですね。


引用→http://labaq.com/archives/51881830.html



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

破・常識 あつしの挑戦「アシュタール:世界が現れる・・・・」 [アセンション]

破・常識 あつしの挑戦「アシュタール:世界が現れる・・・・」




(ここから)


今日の破・常識!





楽しい思考も 苦しいつまらない思考も

どちらを選び、どちらを手にするか・・

選ぶのはあなた・・・らしい(笑)




とにかく、私は、あなたに伝えたい!

すべてのことを理解するには・・・

まず 波動(エネルギー)を知ることなのです。

このブログでは、何度も 何度も 何度も お伝えしています。

しつこい男は、嫌われるのは、わかっています(笑)

しかし、この件に関しては・・・

しつこくて・・・いい・・・らしい(爆笑) by あつし



では、アシュタールからのメッセージをお伝えします。






「こんにちは こうしてお話しできることを感謝します。

もうご存知だとは思いますが・・・宇宙は波動で出来ています。

すべて波動です。 すべては、その波動が粗いか 細かいか・・

ということで決まってきます。

どのくらいの種類があるの?・・というご質問ですが、

それこそ無限にあります。

なぜならば キャラクター(個性)が無限にあるからです。 

思考はエネルギー、波動です。 

個性が思考すると波動が起きます(少し表現に無理がありますが

言葉の限界・・起きる・・と表現しておきます)

誰かが何かを思考すると そこにその波動が現実として現れます。

現実として現れる・・というのは3次元のまだ粗い波動でのことです。

高次のもっと細かい波動の世界になると 

現実として、固い物質として表現はされなくなります。

その話になるとまた混乱が生じますので、

ここからは、3次元での話として聞いてください。

これもかなり大雑把な説明になりますが、

大体を感じて理解するようにお願いします。


あなたが 何かを思考すると 

例えばシャボン玉とか風船の中にその世界が現れるとします。

あなたは、いつも何かを思考していますから 

そのシャボン玉は、たくさん、たくさんあなたの周りに出来てきます。

そのシャボン玉のどれを選ぶか?どこに波動を合わせるか?・・・

で、あなたの現実は変わってきます。

あなたは自由にそのシャボン玉をつくります。

例えば 体のどこかに不具合があったとして、

「あ~、この痛みがなくなればいいのに、健康になりたい・・」と

思考すると(元気なあなたをハートで創造すると)

そこに元気なあなたである現実のシャボン玉が出現します。

あなたはそのシャボン玉に 波動を合わせるだけで 

元気なあなたの現実が現れるのです。

例えば、「あ~~、きれいな海に行って、

砂浜で寝転びながらビールを飲みたいな」って

思考(ハートで創造)すれば 

シャボン玉の中にその現実は出来ます。

あなたは、そのシャボン玉を手に取ればいいのです。

とても簡単なことなんです。

でも、実際には そう簡単にはいかないでしょう・・

という声が聞こえますが、

それは、あなたがせっかく作ったシャボン玉を

自分で割って無くしてしまうからです。

先ほどから、「ハートで創造したことが 

現実になります」と言っていますね。

これがミソなんです。

ハートでは、元気になりたい、海に行ってのんびりしたい・・って

楽しく創造しても、次にマインド(頭)がそれを否定しにかかります。

病気がそんなに簡単に治るわけがない・・

病院に行って入院して、手術を受けたり薬を飲まないとダメだ!

海に行きたい?・・仕事はどうする?お金はどうする?

そんなに時間もお金も自由になるわけないだろう!

なんて、片っ端から否定します。 

マインドは、否定、不安、心配、恐れが大好きです。

そしあなたの中で膨らんだ楽しくてきれいなシャボン玉は、

無残に割れて消えてしまうのです。

子供のように ハートで自由に楽しみながら想像して、

そして出来上がったシャボン玉に波動を合わせ、

受け取ればいい・・・こんな簡単で楽しいことはないでしょう?

マインドをちょっと横に置いておいて、

この情報を使ってみてください。



あなたは、何故だか楽しくない創造のシャボン玉は

上手に受け取ることができるんです。

「こうなったらいやだな」とか「現実は甘くない」という

シャボン玉は、本当に簡単に手に入れます。

どうしてですか? マインドが喜ぶからです。 

マインドは、刷り込まれたあなたの定規ですから、

あなたがこの定規を使っている限り あなたにとって

好ましくないシャボン玉ばかりを受け取ることになります。

わかりますか?



楽しい思考のシャボン玉も 苦しいつまらない思考のシャボン玉も

どちらもすべて同じただのシャボン玉なのです。

どちらを選び、どちらを手にするか・・選ぶのはあなたです。

あなただけが選び 受け取る権利を持っているのです。

そしてシャボン玉は、あなたの思考の数だけ無限にできますから、

誰かが同じ思考をしていたとしても 

それはその人のシャボン玉ですから、

取ったとか取られたとかは 全くありません。

誰かが得をした分、だれかが損をする・・ということはありませんから、

あなたは、欲しいものを欲しいだけ 

だれに遠慮することなく受け取ってください。

あなたは、どんなシャボン玉を造ってもいいのです。

自由なんです。

あなたが 創造主なのですから・・・

理解していただけましたでしょうか?


たくさん 楽しい想像をして遊んでください。

あなたに愛をこめてお伝えいたします」



ありがとう、アシュタール!


(ここまで)



そうなんですね。

マインドは何かというとすぐにブレーキをかけてきます。

そんなことはあり得ないというブレーキです。

そして、こっちの方が確実だよと安全な道を勧めてくるのですが、それだといつも同じことの

繰り返しになり、新鮮みがありません。


どうして、これほどまでにマインドは変化を嫌うの?

不思議だと思いませんか?

そもそもマインドって何?


マインドというのはいわゆる二番目の自分みたいなものです。

生まれてから多くの経験をしながら作り上げてきた自分のパーソナリティです。


では、なぜ、最初からハートがマインドとして働かないの?

と思うかもしれませんが、生まれてすぐの頃はハートが主導権を握っていたはずです。

そのころ、いろんな精霊や見えない存在と話をしていたとすれば、それはまだハートが

優位だったからですね。それが多くの経験や体験、教育が積み重なり徐々に自分自身の

脳を介したマインドが形成されて行きます。

なぜなら、3次元を生きるためにはそれがいちばん安全だからです。

マインドは基本的に自分自身を守るためにあります。

だから、冒険はしません。

もし、冒険をするとしたら、小さなハートの声があったからでしょう。

ハートのこんな体験をしてみたい、あれもしてみたいという思いがあったからですね。

ハートは今まで経験したことのないことを体験してみたいのです。

もしかしたら、それによって新しい発見があるかもしれない、あるいは違うことを起こせるかもしれない

という思いがそこにあります。

でも、マインドはそんなことをしないように歯止めをかけます。

その歯止めのほとんどはこの世の常識や道徳概念、通念によるものです。

そこにハートとマインドの大きな違いがあります。

でも、マインドもれっっきとした自分の一部分です。

死後、マインドはおそらくハートと融合されていくのだと思います。

ただ、この3次元を生きるためにはその方が都合が良いだけ・・・・。


これからはハートの思いを大切にしていく時代です。

自分自身に素直になればもっと多くのハートの声が聞けます。


そすれば、自分が何を望んでいるのかわかり、自ずと選択も決まってくるでしょう。


(自然と浮かんできた言葉ですので、そのまま書いてます)




nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog