So-net無料ブログ作成

世にも不思議な奇妙なフツーの話「アシュタール:マインドが望んでもハートが望まないと・・・」 [アセンション]

世にも不思議な奇妙なフツーの話「アシュタール:マインドが望んでもハートが望まないと・・・」



(ここから)


今日のアシュタールからのメッセージをお伝えしますね^^

「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

必要なものは、必要なときに、必要なだけ・・手にすることが出来ます。


お金だけではなく、情報もそうです。

必要なときに入ってきます。

昔の人が言っていた格言?名言?ことわざ?などもそうです。

過去の言葉であっても、あなたの心に響いたのであれば、それはいま

あなたに必要な言葉だったのです。

(このブログの過去記事も同じです。過去のメッセージであっても、それがあなたの

心に響いたのならばそれは、いまのあなたに必要なメッセージだということです)


そして、あなたに本当にあなたが必要としているもの(お金も情報も物質も)は、

あなたのハートがエネルギー場にオーダーしているのです。

ハートがオーダーしたものが、ちょうどいいタイミングで手に入るのです。

分かりますか?


あなたは、そうやってアシュタールは言うけど、

どんなに欲しいと思っても手に入らないことがあるじゃないですか?・・と

言いますね(笑)


それは、ハートが望んでいるものではないのです。

マインドで望んでいるけど、ハートは望んでいない・・ということがあるのです。

不満ですね(笑)・・でも、そういうことがあるのです。

マインドでは欲しい、欲しいと思っていても、ハート(あなたの本音?ハイヤーセルフ?)

が本当に必要だと思わなければ手に入らないのです。


例えば、子どもがピアノが欲しいと言います。

他の子ども達は買ってもらっていると主張します。

でも、親の視点から見れば、それは必要ないと思います。

なぜなら、その子はピアノを習っていないし、ピアノを弾くことにもそんなに

興味がないからです。

でも、子どもはみんなが持っているから自分もピアノが欲しいと言います。

自分だけ持っていないのは、恥ずかしい・・と。

買ってくれればピアノを習って、一生懸命練習すると言います。

そういう時、親は子どもの本当の気持ちがわかりますね。

みんなが持っている、みんなが習っている・・だから欲しい。

でも、その子はピアノを弾くことに興味はないのです。

それがわかるから、親も必要ないと思うのです。


ちょっと無理やりな?たとえになってしまいましたが、そんな感じたと思って

ください。

子どもの意見はマインドです。

親の視点は、ハート?ハイヤーセルフ?なのです。


マインドは、本当に必要ではないものも欲しがったりします。

そして、必要なものを嫌がったりするのです。

だから、あなた達はいつも訳が分からなくなってしまい、不満に思うのです。


ハートは広い視点(俯瞰)で観ています。

マインドは目の前しか見えていないのです。

だから、マインドでほしがっても、広い視点から見れば必要ないものとなるのです。


でも、ハートが必要だと思うものは、必ずベストのタイミングで、必要なだけ、

手にすることが出来ます。

(子どもがピアノを弾くことが好きで、常にピアノのことを楽しんで考えているのを

みれば、親は子どもが何も言わなくてもピアノを買ってあげようと思います)

それを信じていれば、手に入らないからと焦れることがなくなり、いつも平和な

気持ちでいることが出来ます。


もし、いまあなたが欲しいと思っているけど、手に入らないものがあるとしたら、

それは広い視点から見てあなたに必要ないものか、

もしくはまだタイミングが来ていないか、なのです。


あなたは、テラに転生するときに目的(やりたいことの計画)を持ってきています。

テラで何を経験したいか・・という目的を持ってきているのです。

その目的のために必要なものは、必ず手にすることが出来ますので安心してください。

いまこの時を楽しんでいれば、必要なものはすべて手にすることが出来ます。


ものごとがスムーズに行くとき、それがあなたの目的への道にいるということです。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」


ありがとう アシュタール! 感謝します。

(ここまで)


マインドが望むことがすべて実現するわけではないということですね。

しかし、なかなかその違いがわからないかもしれません。

あれが欲しい、これが欲しいと言っても手に入らないのはハートのせい?

でも、逆に考えれば今手にしているものはすべてハートが了承しているものともいえるわけです。

まだその時期ではない、あるいは今必要がない、期が熟せば手に入るということでしょうか?


時には、そのあたりのことをよくよく考えてみる必要がありそうですね。





nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

破・常識 あつしの挑戦「アシュタール:必要なものをすべての存在に平等に・・・・」 [アセンション]

破・常識 あつしの挑戦「アシュタール:必要なものをすべての存在に平等に・・・・」



(ここから)


今日の破・常識!




あなたは、常に愛され 

必要なものは すべて与えられている・・・らしい(笑)





では、アシュタールからのメッセージをお伝えします。









「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

何か不安な気持ちが出てきたり、

足元が揺れるような感じがするときは 

テラ(地球)と共振してください。


どうやって共振すればいいの?・・という質問ですが、

こうすればいいというやり方はありません。

あなたの好きな方法でやってください。

あなたがテラと共振したい・・という意図を持てば、

すぐに共振できます。 

マインドを鎮め自分の感覚に自信を持ってください。


テラは、あなたに必要なもの すべてを与えてくれている・・

ということを思い出し、感謝と共にそれを受けってください。

すべては、用意されています。

すべては、満ち足りているのです。

足りない・・と思う気持ちが足りなさを感じさせるのです。

テラは、すべてを用意してくれています。

必要なものをすべての存在に平等に・・

今 あなたがそこに存在している・・ということは、

すべてが満ち足りているからです。

何か足りないものがあるのであれば 

あなたはそこには存在できていないはずです。

空気が吸える・・食べ物がある・・

それは、あって当たり前のことではないのです。

すべては、テラが用意してくれているからあるのです。

そのことを忘れて、そのことを当たり前だと思い・・

もっと欲しがるから足りなさを感じるのです。

リンゴが食べたかったのに みかんしかない・・

という不満が出てくるのです。

与えられたものに感謝をすることを忘れ、

自分の欲しいものではない・・

と思うから不満が出てくるのです。

これは、欲しいものを欲しがってはいけない・・

と言っているのでは無いことを理解して下さい。

言葉の壁ですね。


ここからは言葉ではなく何を伝えたいか・・

というところでエネルギーとして本質を読んでくださいね。

例え欲しいものが手に入らなくても、

べつの必要なものをしっかりと与えられている・・と感謝してください。

食べ物が欲しい・・と思った時に食べ物をもらうことが出来る・・

ということを感謝し受け取ってください。

それなのに私はリンゴではなく、みかんが食べたい・・

と文句を言うのは、本来何のためにそれが用意されたか・・

ということへの理解不足であり傲慢です。

わかりますか? 

あなたが欲しがって手に入らないものは 

必要のないものなのです。

その必要のないものに執着し手に入らない・・

と追い求めているから 

いつまでたっても満足感が得られないのです。

あなたは、すでにすべて満たされているのです。

なぜリンゴではだめなのですか?

みかんでなくてもリンゴがもらえるのは楽しいサプライズです。

このテラの楽しいサプライズを楽しんでください。

たくさんの楽しいサプライズが用意されています。

つまらないことに執着せず、

今度はどんなふうに欲しいものが手に入るのか? 

ワクワクしながら待っていてください。


そして、そのサプライズを楽しみ 

常に満たされていることに感謝し受け取ってください。


感謝し満足すれば、満足できる現実を創造出来ます。

常に不満を持ち 足りない・・と思えば、

足りないと思う現実を創造します。


テラと共振し、その愛のエネルギーを

しっかりと受け取ってください。

あなたが常に愛され 

必要なものはすべて与えられている・・

ということを思い出せるでしょう。


私は、常にあなたと共にいます。

あなたに愛をこめてお伝えいたします」



ありがとう、アシュタール!


(ここまで)




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

完ぺきな平泳ぎをするラブラドール!すごいっ!どうやって覚えたの? [おまけ]

動画を見てみると、本当に前足を両側にきれいに広げ、後ろ足で水中を蹴っています。
犬が泳ぐと言えば「犬かき」と決まっているt思っていましたが・・・・(◎_◎;)






nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

世にも不思議な奇妙なフツーの話「アシュタール:怖いのは社会の抑圧、そして疑問を持つこと」 [アセンション]

世にも不思議な奇妙なフツーの話「アシュタール:怖いのは社会の抑圧、そして疑問を持つこと」



(ここから)


私もはじめて知ったのですが・・

中東のある国では、女性が車を運転することを禁じられている?いた?そうです。

(いま現在はどうなっているかはわかりません)

法律では禁止する規定はないけど、風習?習慣?社会による抑圧?で車を運転

出来なかったそうです。

2011年にこのことに疑問を持った一人の女性が、自ら運転し世間?に訴えたそうです。

・・・その後は・・・彼女は投獄され、彼女を支援したお兄さんもつかまり、

祖国では車を運転したあばずれ女というレッテルを張られ(でも海外では勇気ある女性

としてたくさんの応援があった)・・もう大騒ぎの状態になったそうです。


この女性は、政府による抑圧と社会(常識?習慣?みんながそうしてるから?)による

抑圧・・どちらが難敵でしょうか?と問いかけていらっしゃいます。

車の運転は法的には禁止されていないにかかわらず、投獄され、鞭打たれ、社会的に

酷い仕打ちを受ける・・・





これって、この女性の国だけではないと思うんです。

問題は違いますが、日本も変わらないと思うんですよね。

不倫の問題で、同じような状況になったタレントさんもいらっしゃいましたし・・

(原発事故で)避難した方が、避難先や故郷で”逃げた”と非難されることもあると

聞きました(どうして逃げることがいけない事なのか?私にはわからないんです。

原因を起こした方に問題があるのに、そちら(原因)ではなく、どうして被害者が

非難されなければいけないのか? 

これもある種の問題のすり替え?ミスリード?による印象操作じゃないでしょうか?)


こういうのを見ていると、怖いのは社会の抑圧の方だと私は思います。

社会の抑圧?常識?習慣?道徳感?などが変われば、政府は簡単に変わると思うんです。

庶民の意識が変われば、形(現実)は変わると思うんです。


なんかすごく考えさせられる記事でした。


もしご興味があるならば、「マナル・アルシャリフ:女性にも車を運転する権利を」 

ごらんになってくださいね。

この女性の話の中で、私の感性に響いた言葉を少し転載させて頂きますね。


「その時初めて知りました

勇気を持って立ち上がれば 虐げる者も恐れるに及ばない

相手から奪い取れる最大の武器 それは恐怖です」


「こうした小さな一歩も大切ですが 女性自身も考えねばなりません

ある友人が私に言いました “女性も運転できるようになるのって いつだろう”

私は答えました “いつだろうって言葉を捨てた時よ” “いつだろう じゃなくて 今でしょ”

制度だけの問題ではないのです 女性である私達が 自分の人生のハンドルを握ることです」



では、今日のアシュタールからのメッセージをお伝えしますね

「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

いまの世界?社会?に疑問を感じ、そこから離れたいと思うのであれば、

めんどくさい人になってください。


いままでの社会システムを継続したい人がいます。

それは、あなた達を都合よく支配・コントロールしている人たちです。

彼らは、あなた達を思考の操作によって支配しています。

何か具体的にしているわけではありません。


あなた達が自らすすんで彼らの作った檻の中に入るように思考を操作しているのです。

その檻は透明で見えません。

そして、いつでも出られるのです。

でも、思考によって自分で自分を閉じ込めているのです。


その思考が、常識、倫理観、道徳感、合理性、利益、などです。

それを外してしまえば、実際の檻などありませんのでいつでも自由にいられるのです。


そして彼らはもっと狡猾な手段を使います。

それは、監視し合わせるという手段です。

あなた達を互いに監視させるようにミスリードするのです。

分かりますね?


檻から出ようとする人を、出さないようにお互いに見張らせるのです。

それが常識の罠なのです。

よく耳にしませんか?

・・それが常識でしょ? だから従わないとダメなんですよ・・という言葉。


その時に、めんどくさい人になって頂きたいのです。

常識ってなんですか?・・と聞いてください。

納得できるまで聞いてみてください。

納得できればいいと思います・・でも、納得できないことを受け入れる必要はないのです。

納得できないことを受け入れて来たから、いまのあなた達の窮屈な社会になったのです。


どうしてそれをしなければいけないのですか?

どうして、それをしてはいけないのですか?

あなたが納得できるまで聞いてください。

ケンカを売るのではなく、ただ教えてくださいと聞いてみてください。


法律では禁止されていないのに、これが常識だからという理由で強制されていることが

たくさんあります。

みんながしているんだから、あなたもしなければいけないんです・・と言われることも

たくさんあると思います。


それを素直に?従順に?思考停止で?受け入れていると、いつまでたってもそこから

出ることは出来ないのです。

別に集団になって抗議してくださいと言っているのではありません。

おかしいと思うので、それを説明してください・・と聞いてくださいと言っているのです。


きっと、めんどくさい人だと言われてイヤな顔をされると思います(笑)

でも、それは説明する人にも分からないからです。

あなたにそれを強要している人も、何も考えずただ常識だから、みんながしているから、

上の人にそうしろと言われたから・・と言う理由でやっているだけなのです。

だから、説明できません。

説明できないから、イライラするのです。


あなたが聞くことで、その人も疑問を持つかもしれません。

みんなが疑問を持つことで、現象が変わることもあります。(というより変わります)


何か???と思うことがあれば、納得できるまで聞いてみてください。

めんどくさい人になってください。

あなたが問題提議することで、そのこと(疑問、矛盾)に気が付く人も出てきます。

常識だから、習慣だから、みんながしているから・・という言葉で終わらせるのではなく

たくさん話しあってください。(お互いの意見を主張し合って、どちらが正しい、

間違っているというケンカではありません)

それによって、あなたの社会が変わります。


考えてください・・そして、それをしたいか、したくないか・・・あなた自身の

感性で判断してください。

常識、道徳、倫理・・などに疑問を持ってください。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」


ありがとう アシュタール! 感謝します。

(ここまで)


ただ、みんなそう決めているから・・・。

あるいは、そうしないといけないから・・・・。

という理由だけで行動を否定されるものが世の中にはいっぱいあります。

よく言われるのが村の風習や掟というものがあります。

また、会社内でも規則ではないのに、こうしなければならない・・・・。

例えば、「酒の席では部下は上司に酒を注がないといけない」なんてのがありますね。

それは暗黙の了解で、誰かが教えてくれるというのでもなく、自然に会得しないといけない

もののようです、なぜなら、それをしないと翌日以降上司から軽く扱われるからです(笑)。

まあ、それに似たような軽いものはいっぱいありますが、怖いのは社会的風潮です。

特に今はエロの規制がすごいですね。それにもかかわらず、誰もがSOXをしているというのに

関心を持つことのどこがいけないのか・・・。表向きは犯罪防止と言ってますが、こうした犯罪は

抑圧するから増えるものです。だから100%開放するのが良いというわけではありませんが

極端な規制は逆効果になり、人々の活動エネルギーを奪ってしまうからです。



ところで、籠池理事長が100万円送ったと国会で証言しているにもかかわらず、政府は

真っ向から否定しているところを見ると、どうも政府に分が悪そうですね。

なぜなら、国会証言で嘘を言えば偽証罪で投獄されるからです。それがわかって嘘を言う

証人はいないでしょう。国会議員なら、バレない限りいくらでも嘘が言え、しかも罪に問われる

ことはありませんからね。

どんどん真実が明るみに出てくるようです。






nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

破・常識 あつしの挑戦「アシュタール:ただ、思考しているという感覚を思い出すこと・・・・」 [アセンション]

破・常識 あつしの挑戦「アシュタール:ただ、思考しているという感覚を思い出すこと・・・・」



(ここから)


今日の破・常識!




ただ、ここにいる・・という感覚・・

それが あなた・・・らしい(笑)





では、アシュタールからのメッセージをお伝えします。







 「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

あなたは思考である・・ということを思い出せればいいですね。

あなたは何物でもありません。

ただ思考しているだけの存在です。

思考・・と言っても、今のあなたが考える 

マインドでの 思考ではありません。

マインドではないハートから出てくる思考です。

思考=思い・・です。思考=存在・・です。

ただ、ここにいる・・と言う感覚・・

それが、あなたなのです。


ただ思考している存在いる・・という思考があなたなんです。

身体を持っているとか、いないとか関係ありません。

思考している存在があなたなのです。

静かな場所で目をつぶり深呼吸をして、

自分の存在だけに集中してみてください。

すべてが消えていきます。 

身体の感覚もなくなり、周りにあったはずの

諸々のエネルギーの感じもすべて消えていきます。

そこに残ったのは、あなたの思考だけです。

これがあなたの中にある絶対無限の存在です。


むずかしいですか? 感覚だけで読んでください。

きっとあなたの中のどこかで 

この思考だけになった時の感覚を思い出せるはずです。

自分は、ただの思考(ここにいると思う)だけの存在! 

でも確かに存在している。

そのことを確かめたくて、ゆっくりと振動するようにしました。

ゆっくりと振動していくうちに思考だけだった存在のまわりに 

物質のようなものが出来てきました。

そして、もっと振動を重くしていくことで 

自分が何かの中(身体の中)にいる・・という面白い、

奇妙な感覚にとらわれはじめ、それを感じていくうちに

その身体が自分だと思うようになっていったのです。

身体を認識し、それが自分だと思うようになると 

自分(身体)を取り巻く物質が現れました。 

何かを考えるとそれが物質となって目の前に現れるのです。

それが面白くて、どんどんいろいろなものを創造していきました。

これが、今のあなたのいる世界です。

自分で作り出した身体の感覚を楽しむうちに 

本来、自分が思考だけの存在だと

いうことを忘れてしまったのです。

ただ面白い遊びに夢中になりすぎてしまっただけのことです。

でも最近 それを思い出しはじめています。

身体の中にいる自分が窮屈に感じたり、違和感を感じることが

多くなってきていませんか?

その感覚を しっかりと感じてください。

その身体自体も周りにあるものも 

すべてあなたが作り出したものです。

あなたの振動を落として物質を感じてみたかっただけのことです。

空気の中では何も感じませんが、空気が揺れ風になると

空気を風として感じることができますね。

それと同じようなこと・・として考えてください。

抵抗があって、はじめてその存在を感じることができます。

だからあなたは、あなたを感じるために自分で物質の身体を作り出し

自分を感じてみることにしたのです。

でもその遊びも そろそろ終わりが来ています。

身体の中にいることに何か違和感を感じたら、

さっき言ったように静かなところで 

自分の思考だけに集中してみてください。

すべてが溶けていくのが感じられるはずです。

あなたの思考だけが残る感覚・・を思い出すでしょう。


今 話しているのは感覚のことですので、

言葉にするのはとてもむずかしいですが、

この言葉にのっているエネルギーを感じ取ってください。

思考は マインドの思考ではありません。

ただ 自分はここにいる・・と、それだけを思うことです。


あなたは、ただそこに存在する思考なのです。

そのことを思い出して身体を持っていることと、

思い出さずに身体が自分だと思っていることには、

大きな違いがあります。


今日は、頭(マインド)で考えると理解しにくい話をしました。

でもあなたは、どこか(ハート)で理解できると思い、この話をしました。


今理解できなくてもいいです。

ただこのメッセージを感じていただければ嬉しいです。

私達は、常にあなたと共にいます。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」



ありがとう、アシュタール!


(ここまで)


抵抗があって、はじめてその存在を感じることができます。
だからあなたは、あなたを感じるために自分で物質の身体を作り出し
自分を感じてみることにしたのです。
でもその遊びも そろそろ終わりが来ています。

これって、身体を脱ぐこと?あるいは思考だけの世界になるということなの?

という思いも湧いてきましたが、どうやらそれに近い状態になるのかもしれないですね。

波動が書くるくなると肉体の波動が精妙になり、今までのような重い感じがなくなると思います。

自分の意志で自由にコントールできるようになり、マインドの影響も薄くなるのでしょう。

今は身体のDNA配列が変化している時期でもあるので、これから様々な変化が起きてくるでしょう。



ただ、感じてみるというのは意外と難しいのですが、目を閉じて何も考えずにぼんやりとした

リラックス状態と作り、感じてみるというのがよさそうです。


少しやってみましたが、目を閉じていて浮かんでくる考えやイメージはマインドのものです。

ハートはそれ以外の領域にあります。ただ、感じること。そうすると自分の身体が自分自身を

包んでいるという感覚が出てきます。ハートの思いはその先にあるようです。

これを実感するためには少し訓練が必要なようです。

そして頭で思いを感じるのではなく体全体で感じるような感覚を使うと良いようです。

脳はあくまでも情報の中継機関であり、ハートは脳を介して来ないようです。


また、やってみたいと思います。







nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog