So-net無料ブログ作成
検索選択

世にも不思議な奇妙なフツーの話「アシュタール:ワンネスのハーモニー」 [アセンション]

世にも不思議な奇妙なフツーの話「アシュタール:ワンネスのハーモニー」



(ここから)


”幸せな人生を送るためにはどうしたらいいのか?”を知るために700人の人たちを

75年間追跡して研究した人たちがいるそうです(気が長い(笑)

700人を75年間追跡してわかった「幸せな人生を送る秘訣」 

(記事の一部を転載させていただきました)

そして、出た結論は・・

「75年間におよぶこの研究が明確に示しているポイントは、

良い人間関係が私たちの幸福と健康を高めてくれるということです。これが結論です」

・・だそうです。


ほしいだけのお金を手にし、仕事で成功し、肉体的に健康な状態にあっても、

愛情に満ちた人間関係がなければ、結局、人は幸せにはなれないらしいです。


「良い人生は良い人間関係でできているのです」


大切な人と一緒に食事する代わりにFacebookをスクロールしている時や、

親友に会う代わりに残業しようかなと考えている時や、

姉や妹といっしょにファーマーズマーケットに行く代わりに土曜出勤している自分に気づいた時には、

違う選択もあることを思い出してみてください。


・・だよねぇ~~^0^


では、今日のアシュタールからのメッセージをお伝えしますね^^

「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します

ワンネスは、ハーモニーです。

ワンネス・・あなたは私、私はあなた・・すべてが絶対無限の存在の分身(小さな絶対無限の

存在)なのです。

でも、すべてが同じものではないのです。

ちょっと難しいですか?


絶対無限の存在の分身(小さな絶対無限の存在)には、それぞれの個性があるのです。

分身?別れた?時に、同じ絶対無限の存在ながら違う音を持つのです。

その違う音たちが個性のエネルギーだと思ってください。


すべての存在が同じ音だとしたら、ひとつの音になってしまいます。

最初はひとつの音でした・・それではつまらない?自分がよくわからない?から、

たくさんの音を創ったのです。

それによって、きれいなハーモニーが出来ると思ったのです。

分かりますか?

絶対無限の存在はハーモニーなのです。

どんなハーモニーを奏でるかによって、自分の音を探しているのです。

表現が難しいですね・・何となくでいいですので感覚で受け取っていただければうれしいです。


あなたという存在は、ハーモニーを奏でる大切な音なのです。

そして、たくさんの自分(絶対無限の存在の分身)と素晴らしいハーモニーを奏でることに

至福のエクスタシーを感じているのです。

絶対無限の存在は、エクスタシーなのです。


ちょっと感じてみてください・・素晴らしいハーモニーを聞いたとき、または奏でることが

出来たときにハートからほとばしるような感激?ハートの震え?を感じることがあると思います。

その感覚は、絶対無限の存在のハーモニーを感じたときの感覚なのです。

その感覚の大きなものが絶対無限の存在なのです。

マインドではわからない、とにかく素晴らしい感覚だと思います。


そして、あなたはそれをハートで覚えているのです。

あなたは物質次元では分離を経験しています。

分離の経験の中で、絶対無限の存在のハーモニーを感じてみたい、奏でてみたいという

思いを持って、物質次元のテラに転生してきたのです。


物質という分離の上に、あなた達を支配・コントロールしている存在の教育もあって、

あなた達はほとんどワンネスを忘れてしまっています。

ワンネスのハーモニーを忘れてしまっているのです。


だから孤独感を感じ、苦しくなってしまい、そして物質をたくさん持つことでエクスタシーを

感じるられるのではないかと思い、物質に執着してしまうことになるのです。

そうではありません。

ハーモニーのエクスタシーは、人(動物、植物)とのつながりにしかないのです。


あなた以外の存在に、絶対無限の存在のハーモニーを感じたとき(ワンネスを思い出したとき)

ものすごくエクスタシーを感じるのです。

それが幸せエネルギーなのです。


物でもいいんですよ・・その物の中にあるエネルギーとつながれると感じるのであれば、

それもまたワンネスのエクスタシーなのですから。

ただ、物質としてみているだけの物には、そのエネルギーを感じることは出来ません。

難しいですね・・感覚でとらえてくださいね。


とにかく、あなたはワンネスのエクスタシーを思い出したいのです。

素晴らしいハーモニーのエクスタシーを感じたいのです。

そして、それを感じることが出来るのが、同じ絶対無限の存在の分身との愛のエネルギーの

交流なのです。

それが出来る時に感じられるのが、絶対幸福のエクスタシーなのです。


ワンネスのハーモニーの中に居てください。

それを感じられるところに居てください。

そうすれば、あなたはいつも絶対幸福のエクスタシーの中に居ることが出来ます。

いつも超ご機嫌さん状態でいることが出来るのです。(ハイな状態、興奮状態が

ご機嫌さんなのではありません)

無条件でご機嫌さんでいることが出来ます。

すべての存在(自分も含めて)に対して、感謝することが出来ます。

すべての存在(自分を含めて)に対して、尊敬の気持ちを持つことが出来ます。


絶対無限の存在の分身との交流の中に、絶対幸福があるのです。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」


ありがとう アシュタール! 感謝します。

(ここまで)


確かにそうだと最近つくづく感じます。


人はもともと一人で生まれてきて、一人で死んでいきますが、生きている間は決して一人で

存在するものではないことは明らかです。

必ず誰かのサポートや交流があって存在します。

だから、本来孤独というのはあり得ませんが、それは自らが望んで創り出した環境とも

言えるものです。だから、逆に望めば誰とでも交流する機会は創れるものです。


いちばんの幸福とは?

自分を信頼してくれる人とともに居るか、あるいはともに生きていける交流の機会を

持てるかだろうと思います。たったひとり暗闇に閉じこもっていても幸福感はありません。

あるのは自己満足の心だけです。それでは心の渇きは満たされないでしょう。


そのために一番いいのは趣味を作ることですね。

仕事の交友関係は利害を基盤にしているのでもろく崩れやすいですが、仕事仲間でも

趣味が同じだとその基盤は崩れにくくなります。

趣味は何でもしいでしょう。釣り、音楽、絵、スポーツなどいろいろあります。

その中から何か共通する趣味がないか探してみるといいかもしれません。





破・常識 あつしの挑戦「アシュタール:マインドとハート」 [アセンション]

破・常識 あつしの挑戦「アシュタール:マインドとハート」


(ここから)


今日の破・常識!



あなたは、ひとりではなく

ふたつの意見を持っている・・・らしい(笑)





私たち、チーム ミナミAアシュタールのワークショップでは、

よくマインドとハート・・という言葉を使います。

マインドとハートについて・・・

アシュタールがわかりやすく話してくれました。


では、アシュタールからのメッセージをお伝えします。







「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

あなたは自分とお話していますか?

しっかりと自分の気持ちを聞いてあげていますか?

何かしようと思った時、必ず自分と相談してください。

頭(マインド)だけでどんどん決めてしまわないで、

あなたのハートにも問いかけてください・・

今こうしようと思うんだけど 

私の気持ちは、どうかしら??って!


アシュタールは、いったい何を言っているのかしら??(笑)

あなたは、自分は一人だと思っていますが・・

実は、二つの意見を持っています。

わかりますか? 

マインドと ハートです。

あなたは、マインドの声ばかりを聴いてしまう傾向があります。

マインドが決めたことが自分の意見だと思い込んでしまっています。

その時にちょっとだけハートに聞く習慣をつけてみてください。


これで いい??・・って!


ちゃんと聞いてあげれば、きっと小さな声で答えてくれます。

その声があなたの本当の声なんです。

マインドの声は大きくて いつもこうするべきだ、

このほうが得だ、これが世間の常識なんだから、このほうが合理的だ、

こちらのほうが効率がいい、こちらのほうが評価を得られる・・・

いつも大きな声であなたに話しかけます。

だからあなたは、その声が自分の意見だと思ってしまいます。

でも、ちょっとだけその声を横によけて、

ハートに聞いてみてください。

こういう風にしようと思うけど

あなた(ハート)はどんな感じがする?

楽しい? 気持ちいい? すっきりする? 

あなたは 楽しい? ・・って!


ハートは、マインドのように理屈では話はしません。

そっと ”感覚”で、あなたに本当の気持ちを伝えてきます。

とても小さな声で・・だから注意深く耳を傾けてください。

そして、あまりいい感じがしないとき(重い感じがする、

暗い感じがする、きゅっと緊張感を感じる、

胸が苦しくなるなど)は、どうしてなのか?

聴いてください。きっと答えてくれます。

やさしく小さな子供に接するように 急がず時間をかけて・・

何を言っても大丈夫・・だと安心させてあげてください。


その声が本当にあなたが望んでいることなのです。

問いかければ必ず答えてくれます。

今までは、あなたが積極的に聞いてあげなかったから 

話をしてくれなかっただけです。

その声があなたの魂の声(本当の声)なのです。

ですから、その声に素直に従えば 

あなたは、とても自由になります。

楽しいことが待っています。

すべてはスムーズに動き始めます。

でもその小さな声をどうやって聞けばいいのでしょうか?

先ず静かな場所で大きく深呼吸を繰り返しリラックスして下さい。

迷っていること、考えていることを 

静かに そっと自分に話してください。

そして、じっと待っていてください。

何も考えずに ただ待っていてください。

ゆっくりとした気持ちで、答えが返ってくることを信じて、

ただ信頼して待っていてください。

必ず話をしてくれます。 

最初は小さな聞き取れないくらいの声かもしれませんが、

先ず何かあったら すぐに自分(ハート)に相談するという

習慣を付ければ、声は大きくしっかりとしたものになります。

それが自分の真実であることを確信できます。

そこには疑問や不安、揺らぎはありません。

先ずは、自分を信じ切る・・ということを意図してください。

新しい世界は、あなたの真の声(ハート)の声とともに訪れます。

あなたのハートの声を信じ、仲良くし常にその声とともにいてください。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」



ありがとう アシュタール!


(ここまで)



ハートの声というのは感覚的なもので、言葉ではないということですね。

例えば、私がカラオケを練習していると、こんな感じにすると良いよという感覚が伝わってくるときが

あります。それは単に声を大きくとか響き渡らせるとかではなく、もっと感覚的なものです。

頭の中に浮かんでくるイメージが広がる感覚です。それを実行に移すと歌が上手くなるのが

わかります。これは多分に経験によるものなのですが、歌を感覚でとらえるようにしているのが

いいのかもしれません。そうすると感覚で答えが返ってきます。

しかし、これだけは自分でその感覚をつかむしかありません。言葉では言い表せないのです。


でも、日常生活ではその声はかなり小さくなり、マインドの声が大きくなります。

それはアシュタールが語るように、自分自身に問いかけることを習慣にしていないからかもしれません。


また、かなり以前に読者へのコメントとして書いたことがありましたが、あのとき車の事故が起きていれば

今私がこうして記事を書いていることもなかったと思いますが、あれもおそらくハートの声だったのでしょう。


深夜の国道を走っていて、つい居眠りをしていたようです。わずか数十秒の居眠りだったと思いますが

ふと目を覚ました瞬間目の前に飛び込んできたのは国道の中央分離帯でした。それが後数十メートル

の距離しかありませんでした。道路と平行に走っている中分離帯が目の前に見えたのは、車が交差点を

少し右にそれて侵入していたからでしょう。その端が目の前に迫っていて、ぶつかるまでに2,3秒しか

ありません。その間が数十秒のように感じられましたが、まるでシローモーションのように時間が過ぎて

いくのがわかり、その間だけ時間が止まっているようです。まるでひっそりと静まり返った国道に自分の

車だけが走っている静寂がそこにありました。

なぜか、こうしたときに冷静になると回答が浮かんできます。それはイメージとしてはっきりハンドルを

左にチョンとつつくように切るというものです。スピードが出ているので切りすぎると横転してしまう可能性

があり、ブレーキをかけても間に合わない距離でした。それが瞬間的に浮かび、その指示に従いチョンと

ハンドルを左に10度くらい切って何とか回避できました。今思うとあれはマインドの声ではありません。

ハートの声だったと思います。そうして助けられた経験が車を運転していて何度かありましたので

ハートは自分の行動をよく見ているのでしょう。でも、それは本当に危ないという瞬間だけです。

あるいは、本当は事故が起きていて、そのあと、事故の前に戻りタイムラインをやり直しているのかも

しれないという可能性もありますね(笑)。

いずれにしても、危機に迫ると急速に冷静になりものすごい静寂感の中に自分がいることがわかり

そうしたときにはハートの声が届きやすくなるのかもしれませんね。

また、危ない場所に行くときも、ここまでは安全だけど、これから先は危ないということも感覚で伝えて

くることがあります。だから、すべてハートの声は感覚です。言葉ではありません。

でも、もし、それが言葉だったとしたら・・・・。その場合は私にはわかりません。そうとも言えるし、そうでない

とも言えるからです。なぜなら、マインドの代わりに話しかけてくる地球の技術や異星人、あるいは霊的

存在がいるからです。その判断は個人でしかできませんので、注意が必要です。


いずれにしても、ハートの声は誰にでもあるものと思います。しかし、その声は微弱で小さくマインの

大きな喧騒の中ではよく聞こえません。そんなときは感覚を頼りにするのがいいようです。