So-net無料ブログ作成
検索選択

世にも不思議な奇妙なフツーの話「アシュタール:”すみません”から”ありがとう”へ・・・・・」 [アセンション]

世にも不思議な奇妙なフツーの話「アシュタール:”すみません”から”ありがとう”へ・・・・・」



(ここから)


今日のアシュタールからのメッセージをお伝えしますね^^

「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します

意識を変えたいと思うならばまず口から出る言葉を変えてください。

とても簡単ですね。


たとえば、”すみません”という言葉を”ありがとう”に変えるだけでも

あなたの意識エネルギーは変わってきます。

”すみません”という言葉から発するエネルギーと”ありがとう”という言葉から

発するエネルギーを感じてみてください。

違いがわかると思います。

”すみません”という言葉は、内向きなエネルギーなのです。

分かりますか?


”すみません”という言葉を無意識に使っていませんか?

たとえば、誰かに何かをしていただいたとき、”すみません”と言っていませんか?

それを”ありがとう”に変えてみてください。


いまちょっと試してみてください。

”すみません”と言う言葉を出している自分のエネルギーと、それを”ありがとう”に

変えたときのエネルギーの違いを感じてみてください。

身体の姿勢も変わると思います。

”すみません”という言葉を出したとき、身体は小さく?丸く?猫背?になると

思います。

そして視線?目線?は下へ行きますね。

それはエネルギーが内側に向かっているからです。


でも”ありがとう”という言葉に変えると、姿勢が良くなります。

胸が開いて、身体も大きくなったような感じがすると思います。

顔も上がり、視線も上がり、人の眼を見て話すことが出来るようになります。

何よりも、堂々とした気分になれると思います。

堂々とした気分というのは、傲慢なとか上から目線とかではありませんよ(笑)

自分に自信がある気分になるのです。


言葉ひとつで、いろんなことが変わってきます。

”すみません”という言葉でお話ししましたが、他にもたくさん内向きな?

重い?言葉があると思います。


あなた達が良く使う”頑張ってね”もそうですね。

あいさつ代わりになっているみたいですが、その言葉を使うととても身体が固くなります。

頑張るという言葉は、しんどさ、辛さに耐えてください、それと戦ってください・・

と言う印象をあたえる言葉だからです。

そんな意味で使っていない、応援の言葉で使ってる・・と思われるかもしれませんが、

言葉自体のエネルギーがそうなので、言葉を投げかけられた人はそのエネルギーを感じ、

身体が固くなるのです。

緊張感を感じ、プレッシャー?を一緒に受け取ってしまうのです。

もちろん自分に対して頑張ろうと言っても同じです。

あなたは臨戦態勢のように緊張状態になってしまい身体が固くなります。


”頑張ってね”という代わりに”楽しんでね”と言い換えればどうでしょうか?

”楽しんでね”という言葉には、身体は固くなりません。

反対にリラックスできるのです。

リラックスできると、その人が持っている実力を出し切ることが出来ます。

身体が固くなって、緊張すると実力を出し切れなくなってしまうのです。


言葉はエネルギーです。

言葉だけだと思っていても、そこにはエネルギーが乗りますので、そのエネルギーに

大きく影響されるのです。


ちょっといつも使っている言葉にフォーカスしてみてください。

結構、内向きなエネルギーを持つ言葉や、緊張感を感じる言葉を使っていると思います。

もし、それらの言葉が見つかったら、反対の言葉を使うように意識してみてください。

言葉を変えると意識も変わって来ることが実感できると思います。


身体が柔らかく、軽くなる言葉、気持ちが和らぐ(リラックスする)言葉、を使うように

意識してください。

そうすれば、あなたの意識も知らず知らずのうちに変わって行きますので、現実も軽いものに

変わって行きます。


少しずつです・・黒い水に一滴ずつ透明な水を垂らしていくと、しばらくすると黒い水が

透明になって行きますね・・それくらいゆっくり、ゆっくりです。

でも、確実に変わります。


言葉もエネルギーだということを忘れないでくださいね。

あなたに愛をこめてお伝えいたします」


ありがとう アシュタール! 感謝します。

(ここまで)


そうですね。

私もつい「すみません」という言葉を連発しているような気がします。

なかなか直せないものですね(~_~;)。


すみませんという言葉は暗に自分が悪いと言っているようなものなので、そこには自責の念が

入っています。それが内向きのエネルギーを生じさせ、エネルギーを中に貯めこむ働きをする

と思います。それがありがとうであれば、外に対して自分の感謝の意を表現することなので

エネルギーは外向きになります。

こうしたことは、それを意識してないとつい普段の口癖で「すみません」と言ってしまうのでしょう。

これからは、「ありがとう」「感謝してます」「愛してます」が一つの呪文のようになるだろうと思います。

私も意識して始めてみたいと思います。

でも、今日のメッセージあった「頑張ってください」を楽しんでください」と言い換えるのはとても

大きな変化をもたらすと思います。





破・常識 あつしの挑戦「アシュタール:すべてはタイミング!」 [アセンション]

破・常識 あつしの挑戦「アシュタール:すべてはタイミング!」




(ここから)


今日の破・常識!




待つということは・・楽しいこと・・・らしい(笑)


そして、早ければいい・・というものではない・・・らしい(笑)




では、アシュタールからのメッセージをお伝えします。







「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

待つ・・ということを楽しんでください。

よく忍耐力をつけてください・・と言われますが、

待つことは、そんな修行のように

考える必要はないのでは無いですか?

待つということは・・楽しいことです。

例えば、種を植え、花が咲く時を待つ・・ひと時・・

どんな花が咲くのか? 

ワクワクしながら待つ喜びを思い出してください。

花が咲くのを忍耐をもって待ちますか?

種を植えて、すぐ花が咲かないことはわかっていますから、

その過程を楽しむことを知っています。


すべて、そのタイミングがあります。

早ければいい・・というものではありません。

特に子供の成長・・というのはタイミングがあるのです。

何もかも早くできればいい・・のではないのです。

じっくりゆっくり育つと根がしっかりとした 

少しのことでも揺らぐことのない太いエネルギーになります。


そして、子供のことになりますが、

すべてが平均して出来ることを目的としないでください。

子供に限ったことではありませんが・・・

すべて平均して出来ることが優秀なのではありません。

何か一つ好きなこと、自信が持てることがあればいいのです。

それを探してください・・子供は、自分で探します・・

子供を信頼して放っておいてあげてください。


種を植えてから花が咲く(実がなる)のに時間がかかるように

何かを見つけ、それが出来るようになり 

自信がつくようになるまで時間がかかります。

その時間をいろいろと楽しみながら 

ワクワクしながら待っていてください。

種を撒けば、その種の生命力を信じ 

任せきり ただ待っていてください。

本当に芽が出るのか?・・と疑い土を掘り返すような

愚かな真似はしないようにしてくださいね。

必ず芽は出るのです。 

それを信じ切って待つことを楽しんでください。

忍耐力を・・待つ喜びに変えてください。

言いたいことが伝わっているでしょうか?

生きることを眉間にしわを寄せて深刻にとらえないで、

リラックスし、起きているすべてのことを

楽しむようにしてください。

そうすれば、波動は軽くなり 

あなたのまわりの状況も軽くなります。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」



ありがとう、アシュタール!

(ここまで)


アシュタールが子供たちと言っているのは私たちのことを指しているのだと思います。

波動が軽くなるにつれていろいろ思い出す人々が増えてくるのだろうと思います。

そのときに、自分はまだだからダメなのかもしれないと考えるのはナンセンスだと

いうことを言いたかったのだと思います。


人それぞれ、もって生まれた肉体の状態や育った環境が異なりますので、ひとによっては

変化に敏感に反応する人もいるだろうと思います。また逆に何も感じられず普段の日常

生活を送っているひともいるだろうと思いますが、それは当然のことなのです。

インフルエンザにしても罹りやすい人もいれば、ほとんど影響を受けずに一冬過ごして

しまう人もいます。これはその人の持つ身体の状態や心理的状態が個々それぞれ異なる

からです。身長が低い人もいれば、高い人もいるように、体重が軽い人もいれば重い人も

いるように、千差万別です。生まれつきチャクラに敏感な人もいればそうでない人もいます。

それでも、波動が次第に軽くなってくればチャクラの反応が鈍かった人も反応するように

なります。その間は今まで通りの生活を心行くまで楽しんでくださいということのなのでしょう。

もしかした、ここを卒業すれば次に同じ体験をしようとしてもかなり待たされることになるので

今いるうちに思いっきりその環境を楽しんでくださいということです。それが待つということ

だろうと思っています。焦っても仕方ありません。すでにレールは敷かれているのですから

電車が来るのを待っていれば必ず乗せてもらえます。