So-net無料ブログ作成

世にも不思議な奇妙なフツーの話「アシュタール:ギブもテイクもないのです・・・・」 [アセンション]

世にも不思議な奇妙なフツーの話「アシュタール:ギブもテイクもないのです・・・・」




(ここから)

人が困っているときに助けなければ、自分が困ってる時にも助けてもらえなくなるよ・・

っていうことを耳にします。

なんか違和感を感じるんですよね・・この言葉。

自分が助けてもらえないと困るから、人をあらかじめ助けておく??

ギブ&テイク??・・それって・・・・。。。

そんなこと考えなくても、人が困っていたら助けるんじゃないかな・・って思うけど。

現実に目の前で誰かが困ってたら、そして助けを求めていたら自分の時のことなんか

考えないで助けると思うんだけど(もちろん自分の出来る範囲内ですけど)

知人や友達じゃなくても、助けると思うんだけど・・


いや、どうしてこんな話になったかというと・・

アシュタールがよく自分の現実にないことは考えたり心配しなくてもいいんです・・っていう

メッセージをくれるじゃないですか。

その時よくこの言葉を聞くんです。

じゃあ、自分に関係ない人はどうなってもいいんですか?

そんな冷たい考え方をしていたら、自分が困ったときも自分には関係ないことだからって

誰も助けてはくれませんよ・・って。


ちょっと誤解がある気がするんですよね・・そこんとこどうなの?アシュタールぅ~~

「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

私がお伝えしているのは、現実にあなたの目の前で起きていないことを心配することはありません

ということです。

現実に目の前で起きていないことは、あなたの現実には無いのです。


どこか遠くで事故が起きたり、紛争が起きている・・

それに関してあなたが心配することはないのです。

ニュースなどをみなければ、あなたは何も知らずにいるのです。

知らなければあなたの現実には無い・・ということです。

分かりますか?

現実にないことまであなたが心配しても仕方ないのです。

波動的な観点から見て、反対にフォーカスしない方がいいのです。


何故、悲惨だと思われるニュースばかり流すのか??ということに疑問を

感じたことはないですか?

どうしてもっとハッピーなことをニュースにしないのか??と思いませんか?

それは、波動的な観点からみて、あなた達の波動を重い方向へミスリードしたいからです。

自分がこんな目に合ったらどうしよう・・と思わせるためです。


思考が先、現実があと!

私ももしかしたらこんな状況になるかもしれない・・と思えば、それが現実となるのです。

そんなところにフォーカスしなければ、そんな現実も創造しないのです。


そして、そのニュースに感情を揺らされ、その人達を助けなければと思うとあなたもそこに

巻き込まれるということです。

巻き込まれる?・・そんな冷たい言い方はないんじゃないですか?

人として人が困っているときに助けるのが親切というものではないですか?

・・というエネルギーが飛んできますが、それは一時的なことではないですか?

ずっと助けることが出来ますか?


もし、目の前で困っている人がいれば、困っていることが解消するまで助けることが出来る

かもしれません。

でも、目の前で起きていないことを心配して一時的に助けても、ずっと助け続けることは

出来ませんね。


そして、一時的に助けることで、その人達を被害者にしてしまうことになるのです。

被害者という立場をとってしまうと、自分自身で立ち上がるという意識(力)をなくしてしまい

依存になってしまうのです。

依存は自立を妨げます。


これはあなた達には慣れない考え方だと思います。

優しさや協力するということを依存の方向へもっていくように教え込まれてしまっていますので・・


私が言っているのは、目の前に起きていないことに関してです。

目の前に困っている(たとえば怪我をして動けなくなっている)人を、自分には関係ないこと

だからと素通りしてくださいと言っているのではありません。

自分の目の前、見えている現実だけがあなたの現実だということを知っていただきたいのです。


そして、最初の話題に戻りますが・・

自分が困った時に助けてもらえないと困るから、人が困っているときに助ける・・

という考えかたは愛から離れた考え方だと思います。


愛を基本とした社会には考えられないことです。

ある意味、宗教的な概念で教えられている・・徳の積み立て、善意の貯金・・

と言うのもそうです。

良いことをして宇宙にそれを積み立てておくと、自分に良いことが返って来る。

それは愛ではありません。

愛には貯金などないのです。

積み立てるという考え自体がもう愛とは離れています。

それは、利益優先のいまのあなた達の社会システムでの考えかたです。

そして、徳、善意というもの自体もあなた達の社会での判断にすぎないのです。

宇宙的観点(波動的観点)から見ると、徳も善意もないのです。


愛を基本とした社会では、ギブ&テイクという考え方はありません。

ギブもテイクもないのです。

すべては自分ですから、何をするにも自分に対してするのと同じだと考えます。

自分が困っていたら自分のために出来ることをする・・

自分のためにすることですから、貯金などとか自分が困った時のために・・

などと考えることもないのです。

ワンネスがわかれば、私がお伝えしていることも理解していただけると思います。


利己主義も利他主義もないのです。

すべては自分のためなのです。

あなたは私、私はあなた・・

私があなたを助けるのは、私が私を助けるのと同じこと・・なのです。

だから、自分が困った時に助けてもらえるように、人も助けようなんて

考えなくていいんです。


今日は、あなた達の気持ちがザワザワすることをお伝えしたかもしれません。

こんな考え方もあるんだな・・というくらいに受け取っていただけるとうれしいです。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」


ありがとう アシュタール! 感謝します。

(ここまで)



目の前で困っているという人がいたら助けてあげるというのは当然の当たり前のことです。


ただ、それが自立を促すやり方になるのかどうかということだけです。

それが依存につながるなら、自立できるようになるような方法で助けるべきです。

また、自分の手に負えないなら誰かの助けを借りるべきもので、負担を超えてまでも長く

続けるものでもないし、それは自らを破たんさせてしまいます。

それらに注意するなら目の前で困っている人がいるなら助けるのが当然の行為です。

交通事故で怪我しているのに放っておく人がいるでしょうか?救急車を呼び、警察に連絡をし

出血がひどければ止血をし、呼吸困難であれば楽にさせ(これは医療技術が要るので無理に

しなくてもいいでしょう)、場所が危険な場所であれば安全なところに避難させるなどの処置が

できると思います。

しかし、経済的な問題に関しては難しいかもしれません。これは最近私の知り合いにもいました。

詳しくは書けませんが、結局は依存心を助長させる結果になることと、原因は本人以外にある

ことがわかりましたので、今は放置しています(冷たいと思うかもしれませんが、それなりの

アドバイスはしました)。


日常においてはひとそれぞれと思いますので、自分に最適と思う方法を取るのがいいでしょう。




nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

破・常識 あつしの挑戦「アシュタール:SF映画の話でがありません・・・・・」 [アセンション]

破・常識 あつしの挑戦「アシュタール:SF映画の話でがありません・・・・・」



(ここから)


今日の破・常識!




波動を重くする政策ばかりを繰り広げている存在がいる・・・らしい(笑)




では、今日のアシュタールのメッセージをお伝えします。







「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

今からお話しすることは、あなたにとって 

SFの映画の中の話のように思うかもしれません。

でも、現実に起きていることなのです。

今 あなたの認識できる波動領域の外のところで、

いろいろなことが起きています。


今まであなた達を狭い波動領域のところに閉じ込め

あなた達をコントロールしている存在がいることは 

もうご存じだと思います。


そして、今 この時になって、テラの波動が上昇し

そのテラの波動に伴って、あなた達も波動が軽くなり始めています。

波動が軽くなる・・ということは、

狭い波動領域から出てしまう・・ということです。

そこに進まれてしまうと 

その存在達は、あなた達に何もできなくなってしまうのです。

手も足も出なくなって、自分たちの力を失うと思っています。

ですから、必死であなた達の波動を粗く、重く保とうとしています。


波動を重くするために空に薬品をまき、食物に添加物という薬を混ぜ、

病気を無暗に怖がらせるように誘導し、経済をコントロールし、

富むものと持たないものを作りだし対立 妬み 羨望などの

感情をあおり、教育では競争だけを教え込む・・まだありますが、

このように波動を重くする政策ばかりを繰り広げています。

あなたの波動領域だけではなく あなたが感知できない領域でも

同じようなことが起きているのです。


その領域のことに関しては、私たちも出来る範囲の防御はしています。

しかし、あなたの今の領域に関してはあなた達で防御してください。


今 その存在達がやろうとしていることは、

特に光を強く放っている人たちの光を消すこと・・

そこに焦点を持って行っています。


力強く輝く光を放射されることを とても嫌がっています。

なぜならその光が新しい気付きをもたらすからです。

狭い波動領域以外のことを知り始める人が増えて来るからです。

それを阻止したい・・と思っています。


わかりますか?

これがあなたに感知できない領域で起きている出来事です。

これは空想話でもなく 大げさに話しているのでもありません。

本当に起きていることなのです。

そのことを しっかりと 認識してください。

今が しっかりと自分の足で立ち 歩き始めるときなのです。

誰かに寄りかかろう・・とか、

自分の見えている世界のことを誰かのせいにしたりとか・・

していると、その波動領域から出ることはできません。

その波動領域の外の世界を感知することができないのです。


なぜなら その世界を創造しているのは あなた自身なのですから・・


すべてが自分が創造している・・

ということを認め 受け入れてください。

すべて自分自身の想いに責任がある・・

ということを 受け入れれば、

あなたの波動を重くしようとする人たちと 

波動を共振することがなくなり、

その狭い領域から出ることができます。


あと少しです。ここはしっかりと踏ん張ってください。

どこに波動を合わせたいのか・・もう一度 自分自身に確認し、

そしてそれをしっかりと意図し 自分の足で歩き出だしてください。

今はあなた自身の感覚を信じきり 

光を放射出来る波動を保つことだけに集中してください。

私たちは、常に あなたとともにいます。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」



ありがとう アシュタール!


(ここまで)


波動を重くするために空に薬品をまき、
食物に添加物という薬を混ぜ、
病気を無暗に怖がらせるように誘導し、
経済をコントロールし、
富むものと持たないものを作りだし対立 妬み 羨望などの
感情をあおり、教育では競争だけを教え込む・・まだありますが、
このように波動を重くする政策ばかりを繰り広げています。


これらのことを知らない人もいるかもしれませんが、実際に行われていることです。



ケムトレイル(ナノ粒子、細菌、ウイルス、他の有毒物質を含む)が大気中にまき散らされている

のを知らないかもしれませんが、晴れた日に上空を飛行機が飛んだ後にできる白い筋のような

ものです。通常の飛行機雲は数十分後には拡散し消えますが、ケムトレイルは消えません。

長時間空中を漂い、地上に降りてきます。それが私たちの呼吸障害や様々な内臓疾患を引き

起こしています。波動を重くするためには体調を崩し病気にさせればいいのだと思います。

健康でいれば何にも感じないものが病気になることで始終それが気になり、自分自身の内面に

ついての関心を持つことを妨げてしまいます。

また、空中に電離層に近いベールを作り、地上から電磁波を放射しすることで、地磁気をコント

ロールし地震や台風と言った気象操作も可能になります。


食品添加物以下のことはよくご存じと思いますので割愛させていただきます。詳しく知りたい方は

ググってみるとたくさん出てきます。


世界で今その勢力に対して懸命に対抗しているのはトランプ大統領かもしれません。しかし、

彼も今自分のスキャンダルで脅されていて自由に行動できない状態に追い込まれているようです。

日本はもうよく見ていてわかるように政府自民党が支配勢力の片棒になって多くの政策を行使

していることがわかると思います。共謀罪を成立させるために金正男氏を暗殺させ(これは日米

の影の指導部が背後にいる可能性があるとみています。実行犯は北朝でしょう)大きな話題を

巻き起こし、今は森友学園問題です。これらの事件が今共謀罪の成立に向けて起こされた

世論を攪乱させるためのものの可能性があると思います。しかし、森友問題は彼ら自らへも刃を

向ける結果となっているようですので、国民もいずれその真実を知ることでしょう。


しかし、大事なことはそのような事件を知り見ても平常心でいることにあります。事件はあくまでも

事件であり、それが直接私たちの日常を混乱させるものではなく、その事件を知り動揺し混乱を

きたす私たちの心のあり方に問題があるのだと思います。事件に対する猜疑心や怒りが波動を

低下させます。むしろ無関心でいるくらいが一番いいようです。


また、文中でアシュタールが指摘している

今 その存在達がやろうとしていることは、
特に光を強く放っている人たちの光を消すこと・・
そこに焦点を持って行っています。

という部分が分かりにくいかもしれませんが、簡単に言えば暗殺することです。


今、世界中で真実を知り、それを広めようとしているジャーナリストや研究者、政府関係者などの

多くが次々と消されています。そのことを指しているのだと思います。最近有名な事件として

あるのがピザゲート事件がありますね。

もちろん、私たちには直接そのような脅威は及びませんが、それでも冷静に今の状態を保ち

光を維持し広げていく役割があるものと思います。


2017年は昨年の流れとは一変し、まるで激しいせめぎあいの頂点に立っているかのように

思いますが、いずれは通過しなければならないものだと思います。ここを通過すれば未来は

明るく輝くものとなるでしょう。




nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog