So-net無料ブログ作成

世にも不思議な奇妙なフツーの話「アシュタール寺のエネルギーフィールド・・・・・」 [アセンション]

世にも不思議な奇妙なフツーの話「アシュタール寺のエネルギーフィールド・・・・・」




(ここから)

今日のアシュタールからのメッセージをお伝えしますね^^

「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

物質的な身体の周りには、実際の目には見えないエネルギーフィールドという

ものがあります。

あなた達がオーラとも呼んでいるものです。


あなたは実際に身体で触っているものだけで判断していると思っていますが、

実はその前にそのエネルギーフィールドで触って、その感触?感覚?で

判断しているのです。


波動エネルギーを感じるのも、このエネルギーフィールドです。

雰囲気が良いとか悪いとか・・それもこのエネルギーフィールドで感じた感覚

なのです。

初対面の人と会った時に、この人と合うなとか合わないなとか判断するのも

このエネルギーフィールドの感覚なのです。


このエネルギーフィールドの中に他の人のエネルギーが入ると違和感を

感じ、ある意味不快な感覚を持ちます。

家族や友達などならまだそんなに違和感を感じませんが、知らない人や自分と

雰囲気が違うと思う人が隣にべったりいると気持ちがよくないですね。


ベンチなどに座るとき、他に空いているのに知らない人の隣に座ることは

ありませんね。

必ず距離を保って座りますね。

離れて座るのはこのエネルギーフィールドに他の人のエネルギーが入らない

ようにするためです。

それをあなた達は無意識にしているのです。


知らない人や合わないと思っている人が自分のエネルギーフィールドに入ると

いうのは、とても大きなストレスになるのです。


何が言いたいかというと・・人が密集している都会は、こういう意味でも人々に

とってとてもストレスフルなところだということです。

特に満員電車などは、ストレス以外の何ものでもないのです。


集合住宅もそうです。

壁で隔たれていると思っていても、エネルギーは壁を通して飛んできます。

上からも下からも左右からも、あなたは常に他の人のエネルギーに干渉されている

のです。

だから、いつも緊張状態でいることになります。


エネルギーフィールドにも個性があり、大きいフィールドの人と小さいフィールド

の人がいます。

それは個性であっていい悪いではありませんが、大きなフィールドの人にとっては、

小さい人よりも都会的な密集地は苦しいものとなります。


エネルギーフィールドだけでなく、都会に建てられている高層住宅もとても大きな

ストレスになるのです。

それは、高くなればなるほど地面から遠ざかっていくからです。

あなた達は意識していませんが、テラのエネルギーとつながっているのです。

テラのエネルギーフィールドの中で生活していると言ってもいいと思います。

テラのエネルギーフィールドの中にいれば、母親のエネルギーフィールドの中で

安心している幼児のようにいられます。

ですので、地面から遠ざかれば遠ざかるほど(建物が高くなればなるほど)テラの

エネルギーフィールドから遠ざかっていくということになり、不安感が増すのです。


このことを知っている文明では、あなた達のような都会はありません。

人が密集する都会がどれだけストレスフルな社会かということがわかっているからです。

そして、そんなにストレスフルな都会に生活していると、どれだけ愛から遠ざかるかも

よく知っています。


反対に言えば、あなた達を支配・コントロールしている存在達もそのことをよく

知り尽くしています。

だから、余計に人を密集地(都会)に誘導するのです。

あなた達がストレスにさらされればさらされるほど、重いエネルギーを搾取出来る

からなのです。


ですので、もしあなた達が今の社会にうんざりして、もうピラミッド社会から

そっと離れたいと思っているのならば、人との距離を保てる場所に移動してください。

都会に居なくても十分生活は出来ます。

反対に、都会じゃない方が豊かに生活できるのです。


ストレスフルな都会から出ることが出来れば、時間もゆっくりし、気持ちもゆったり

したものとなります。

ゆったりとした気持ちで生活することが出来れば、愛と調和のエネルギーを思い出す

ことが出来ます。

そうすれば、お互い提供し合う”個の時代”を創造することが出来るようになります。


ピラミッド社会に対して集団で抗議しても何も変わりません。

力対力になると、力が強いほうが勝つのです。

だから、ピラミッド社会はもうイヤです・・横並びの個の時代へ向かいたいと思うなら

そっとそこから離れてください。

都会という密集地にいたら、離れるエネルギーさえなくなってしまいます。


人々が離れて行くのが彼らにとって一番困ることなのです。

だから、どんどん都会に人を呼び寄せ、ストレスな環境に押し込めようとしているのです。


あなたのエネルギーフィールドを保てる環境を、あなた自身で創ってくださいね。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」

ありがとう アシュタール! 感謝します

(ここまで)


ここ数年ほど関東圏に人口が集中しすぎると指摘され、それが地方の疲弊化を招いていることから

地方活性化政策が行われていますが、どうなんでしょう。

あまり効果が上がっていないように見受けられ、最近は関東の人口集中が危険水域を超えたとも

指摘されています。

どうやら見ていると政府には関東圏に人口が集中することを奨励している節さえ見えます。

やはり、ストレスを多く抱えてもらって重いエネルギーをどんどん流してもらいたいという思惑が

どこかに見え隠れしているような気がします。



ここ数日報道がさらにヒートアップしてきた森友学園事件ですが、山本議員が首相に「巷では

アッキード事件と呼ばれています」と突きつけたら、首相が真っ赤になって怒ったとかそうでないとか。

・アッキード事件とはロッキード事件をもじったんでしょう(笑)

またまた新事実が出てきて、この問題はかなり多くのことがゾロゾロ出てきそうですね。




nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

破・常識 あつしの挑戦「アシュタール:原子力の宇宙への影響・・・・・」 [アセンション]

破・常識 あつしの挑戦「アシュタール:原子力の宇宙への影響・・・・・」



(ここから)


今日の破・常識!




原子ひとつで、宇宙が 変わる!





今日は、原子力について・・・

アシュタールからのメッセージをお伝えします!








「こんにちは こうしてお話が出来ることに感謝します。

今日は、今あなた達の中で問題になっている

原子力の話を簡単に話したいと思います。

結論から言わせてもらいますが、

原子に人工的な力を加えるというのは

とても、とても危険なことですので止めて頂きたい!


原子は、基本です。 原子は、宇宙です。

宇宙は原子で構成されています。

原子は、小さな宇宙だと考えて下さい。

宇宙はすべて微妙なバランスで動いています。

太陽系が太陽を中心にいくつもの惑星が

微妙なバランスを保ちながら回っているのと同じです。

この中の惑星のひとつでも違う動きをしてしまうと 

すべての惑星に影響が出ます。


月がいつもと違う動きをすれば地球はどうなってしまうか?

地軸は今のように保っていられなくなり、

磁場が乱れ、地震が起きたり、気象が激しく変化します。

影響は もちろん地球だけではすみません。

太陽系すべての惑星が大きな影響を受けます。

そして、それは太陽系だけにとどまらず、

宇宙の果てにまで大きく関係してきます。


原子においても同じことです。

自然には起きない力が原子に加えられ、

原子のバランスが崩れると、すべてに影響が出ます。

小さな原子一個くらいと思うかもしれませんが、

そうではありません。広大な宇宙から見れば、

月などほんの小さな存在でしかありませんが、

その月の動き一つが宇宙全体に

大きく関係しているのと同じです。

原子ひとつで宇宙が変わるのです。

それを分かってください。


原子を操作するということは、

宇宙全体に危険を及ぼしていると言うことです。

操作してエネルギーを得ることでも とても危険なのに、

ましてや、それを武器として爆発させるなどもってのほかです。

日本に落とされた核兵器による宇宙への影響は

計り知れないものでした。

まだその影響は続いています。

一度バランスを崩してしまうと修復には

膨大な労力が必要となる上、完全に修復は出来ません。


そういう意味でもあなた達は、

その事の重大さが分かっていません。

小さな子供が使い方も分からず

ライフルを振り回しているようなものです。

小さな子供が操縦の仕方も分からず 

飛んでいるジャンボジェットの操縦管を

持っているようなものです。

私達、愛を基本としている宇宙ファミリーは 

決して原子を操作しません。


今までに原子力を誤って使って滅んでしまった星もあります。

その星には、もう生命は住むことは出来ず、

その原子を誤って操作してしまった存在は

遺伝子に影響し本来の姿を保つことが出来なくなりました。

もっと安全に制限なくエネルギーを得る方法はたくさんあります。

原子力を使うことは、あなた達、人類の危機、

ひいてはこの惑星の存亡にも関わっていることに 

早く気づいてください。

その地域、その国、この惑星だけのちいさな出来事ではありません。

これは宇宙全体の問題なのです。


わたし達 宇宙ファミリーは宇宙の法則に従い 

あなた達への直接的介入はしませんが、

原子力、核兵器に関してだけは 

そのような理由から直接的介入を許されていますので、

全力で阻止していきます。

あなたもどうぞ原子力による

エネルギーの確保をやめることを決めてください。

あなたの意識が強くそう願えば、

あなた達の共有意識がそう決めれば、

止めることが出来ます。あと少しです。

自分をしっかりと保ち自分の中を光で満たしてください。

真実を知ることを恐れず、目をしっかりと開いて見てください。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」



ありがとう、アシュタール。

(ここまで)


ここ1週間ほどのアシュタールのメッセージはかなり変化しましたね。

それは5次元に入学した私たちに5次元生としての自覚を促そうとしているように見えます。

今回のメッセージは自由、尊厳、愛とともに守るべきものは何かということですね。


私たちの教えられてる物理学はことエネルギーに関しては物質を燃やす、破壊するという

形で得られるものばかりです。それを電気に変換して利用しているわけです。

重油やガスを燃焼させてタービンを回し、回転エネルギーを電気に変えて使います。

原子力エネルギーも原子が崩壊するときに放出される熱源で蒸気を発生させ、その圧力で

タービンを回し電気を起こします。すべて同じです。

自動車や船舶はガソリンや軽油、重油を燃焼させて得られる回転を使います。


どうして、私たちはこの宇宙に無尽蔵ともいえるほどあるフリーエネルギーに目を向けて

来なかったのか?そうではないのです。1980年代に生まれたニコラテスラが発見した

無送電システムによる電力がまさに空間から電気を取り出すフリーエネルギーの草分けでした。


しかし、当時エジソンが発明した電球で明かりをともせることをが知られ、同時に水力発電

による電気エネルギーがその電球をともすことができるという経緯。そして電気を各家庭に

送り届けるためには電線や送電灯の設備が必要という時代背景がありました。

このエジソンの発明に力を貸したのが当時の金融王ジョン・モルガン・でした。その彼が

ニコラテスラの発明が世に出ると彼の出資する電線や送電灯の設備投資が失敗し何ら

利益がもたらされなくなることを恐れ、ニコラテスラの発明をすべて奪い、完膚なきまで

叩き潰したのでした。そのため、それ以降の物理学の流れはフリーエネルギーではなく

石油や水力を用いるものへと発展していきました。

そのモルガンも最初はニコラテスラの発明を絶賛し資金援助していましたが、誰かに何かを

吹き込まれたのでしょう。

その後原子に関する多くの発見がなされ、原子力エネルギーの利用を決定的にしたのが

アインシュタインの特殊相対性理論から導き出されたE=MC2の法則でした。

この発見によって原子には膨大なエネルギーが存在することがわかり、その後の原子力発電や

原子爆弾の開発、そして軍事的利用へと進んでいき、今があります。

そこにはモルガンのエネルギーによってこの世を支配するという野望があったようです。

そして同時に金融を支配するためにFRBの創設がなされたのもこのころです。


そのようにして人類が見つけかけたフリーエネルギーの灯をつぶし、エネルギーは可燃性燃料から

しか取れないと欺き続けたのも彼らでした。

それはフリーエネルギーの存在に気づくとお金が必要なくなり、すべてのものが手に入ることになり

残された関心は人類自らの存在価値へと向かうからです。それを恐れたのだと思います。

そのため、これまでにも多くの永久機関開発者が圧殺され葬り去られてきた歴史に思い至すべき

ことでしょう。


しかし、これからはもはやそのような考えは通用しなくなります。原子をいじることでエネルギーを

取り出す必要がないことを多くの人々が知ることになり、それが当たり前になる時代が到来するからです。

多くの人々がそのことが可能だと気付きさえすれば、世の中の流れは大きく変わります。

特に日本がそうあらねばならないのですが、残念ながらその道のりは険しそうです。

しかし、それでもそのような時代がやってくることと思います。





nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog