So-net無料ブログ作成

世にも不思議な奇妙なフツーの話「さくやさん:便利は不便」 [アセンション]

世にも不思議な奇妙なフツーの話「さくやさん:便利は不便」



(ここから)

破・常識あつしさんが、毎日せっせとつくっていますアシュタールのメッセージの

動画ですが・・今日で50本目になりましたぁ~~^0^

破・常識あつしの歴史ドラマブログ

おかげさまで登録してくださる方もボチボチ増えてきました。

ありがとうございます。応援していただけること、こころより感謝しております。

まだ登録されていない方は、是非この機会にご登録いただければうれしいな^0^

・・ってあつしさんも、ミナミも思っております。

まだこれからもせっせとあつしさんがつくっていきますので、みなさま

どうぞよろしくお願いいたしま~~す^0^


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私もよく利用させていただいてますけど、コンビニのオーナーってホント大変なんですね。

最初のころは、朝の7時から夜11時だったのに・・今は24時間営業が当たり前?

確かに便利です・・ホント感謝してます。

でも、でも、でも・・・ホントに24時間の営業って必要なのかなぁ~~??


「コンビニオーナーは使い捨てか」元経営者が実名で語った実態 季節商品の「圧力」、

断れない24時間営業  


では、今日はさくやさんからのメッセージをお伝えしますね^^

「便利な生活って、考えようによっては不便な生活なんじゃないの?

表面上は便利になったって思うかもしれないけど、よ~く考えてみたら不便に

なってるんじゃない?

不便というより、苛酷になってるって言ったほうがいいかしら?


先ずは時計よね。

時間を計る機械が出来て、これは便利だわ・・ってみんな思ったと思うの。

でも、その時間を計る機械が出来たために、いまあなた達は時間に縛られ、時間に追われてる

んじゃない?

それも、一分一秒を争うように忙しくなってる。


時計なんてものがなかったころは、日が昇って、頭の上に来て、日が沈む・・それだけで

良かったの。

お日様が頭の上に来るころに、あそこで会いましょうね・・そんな感じの約束だった。

ちょっとでも遅れたら、イライラする・・なんてこともなく、ゆっくりゆっくり大切な人と

会える時間を楽しみに待つことが出来た。

時計は便利・・だけど不便。


そして、手紙もそう。

手紙を出して、返事が来るのも何日もかかる。

その時間を楽しみにしながら、ゆっくりとゆっくりと待つ喜びを感じてた。

でも、電子メールなる便利なものが出来てからどうかしら?

確かに緊急の連絡をするには便利かもしれない。

でも、緊急の連絡でもないのに常に気にしてイライラしてないかしら?

いつも誰かからメールが来るんじゃないか? そしてすぐに返事をしなくちゃいけない・・って

常にメールを気にする生活。

メールがなければしなくてもいい(知らなかった)仕事までしなくちゃいけなくなる

んじゃないの?

家に帰ってゆっくりしようと思ってるのに、メールが来て仕事を押し付けられ、家でまで

仕事をしなくちゃいけなくなって、休む暇もない。

メールは便利・・だけど、不便。


お店もそうよね。

確かに24時間いつも開いてるお店があれば便利かもしれない・・

でも、どう?

夜中まで働かなきゃいけない人が増えてない?

コンビニの人もそうだけど、会社で働いている人もそうじゃない?

ご飯を食べる場所がなければ、早く帰って食べようと思って早めに帰る気になるけど、

コンビニや他の深夜までやってるお店があって、そこでご飯を食べられると思えば、仕事を

切り上げる時間も遅くなってしまう。

いつまでも仕事をする環境があるってことは、ある意味いつまでも仕事をしなければいけなく

なってしまうってことじゃないの?


24時間営業しているお店があるから、みんな安心して?夜まで働いていられる。

子どもたちも塾に行ける?

そして、そうやってそれぞれに仕事や塾などで帰る時間が遅くなるから、みんなで一緒にご飯を

食べる機会も減ってるんじゃない?

家族と言いながら、同じ家に住みながら、ほとんど顔を合わせることもない・・

そんな感じになってるんじゃない??

24時間営業は便利・・だけど不便(過酷)。


便利になってるようで、反対に不便になってることって、まだまだあるでしょ?

便利だわ~~って言いながら、自分で自分の首を絞めてることって他にもたくさんあるわよね。

そこのところをもう一度考えてみたらどうかしら?


需要がなければ、成り立たたないのよね。

みんなの要求が、それを作りだしてるってことを忘れないでね。

仕事をもっと遅くまでしたい(仕事だけじゃないけどね)・・

深夜まで営業しているところは無いかな・・

という要求があるから、深夜まで営業するお店が出来る。

そして、そういうお店が出来たから、もっと仕事をしなければいけない状況になる。

そのお店で働いてる人もそう、同じよね・・その人たちも遅くまで働かなきゃいけなくなるの。

悪循環?


便利ということを、もう一度考えてみて?

江戸の子たちみたいに、日に3時間も働けば充分豊かにいきていける・・ゆったりとした社会を

いいなぁ~って思うなら、便利の意味を、便利の概念を少し見直してみたらいいと思う。


馬車馬のように働く必要なんて、まったくないんだからね。


あなた達を心から愛してるわ~~」


ありがとう さくやさん!

私たちもさくやさんを心から愛してるよ~~^0^

(ここまで)


確かにコンビニが24時間開いていれば助かることもあるけど、常に必要というわけでも

ありません。何もない国道を深夜走っていてポツンとあるコンビニはありがたいけど、都会の

ように乱立状態だとどうなんでしょうね。


もともとこの24時間営業というスタイルはアメリカでセブンイレブンが始めたもので、それが

日本に進出してきて(当初出来た当時は24時間営業ではなかったですよ)からですね。

どこかしこも24時間営業じゃないと他店に客を奪われるということで、それまで通常営業

だったコンビニがすべて24時間に移行しました。


コンビニのオーナーはかなり過酷な労働状態で24時間営業のおかげで24時間休みなし

という有様です。ましてや今のご時世人手が集まらないので、店主が休むわけに行かず

休んだりしたら、フランチャイズですから本部から大目玉や違約金を請求されることもある

らしいです。だから、コンビニの仕事にありつこうと考えたこともありません。

昔はそんな実態は知りませんでしたので、フランチャイズオーナーというスタイルに憧れた

こともありましたが・・・・・。


結局、このコンビニのフランチャイズシステムは元手である本部の収益が上がるだけで

フランチャイズのオーナーには大きなうまみはありません。いったい、だれがこんなことを

考え出したんでしょう。


ともかく、今の日本は忙しすぎです。もっとスローな仕事があって良いはずです。







nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

猫、もっとピアノを弾いて!と、演奏にメロメロの状態! [おまけ]

地域猫が多く、猫好き人口が多い国としても知られるトルコ。

イスタンブールに住む音楽家のサーパーさんもまた大の猫好きで、8匹の猫とともに暮らしているそうです。そんなサーバーさんがピアノを弾き始めると・・・・。そこにはうっとりとした猫が・・・。


Muzik sevdal?s?, dunya tatl?s? evlad?m benim [わーい(嬉しい顔)][わーい(嬉しい顔)]?

Sarper Dumanさん(@sarperduman)がシェアした投稿 -





何度でも聴いていたくなる甘いメロディです。猫が喜ぶのも無理ないですね。


引用→http://labaq.com/archives/51881830.html



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

破・常識 あつしの挑戦「アシュタール:世界が現れる・・・・」 [アセンション]

破・常識 あつしの挑戦「アシュタール:世界が現れる・・・・」




(ここから)


今日の破・常識!





楽しい思考も 苦しいつまらない思考も

どちらを選び、どちらを手にするか・・

選ぶのはあなた・・・らしい(笑)




とにかく、私は、あなたに伝えたい!

すべてのことを理解するには・・・

まず 波動(エネルギー)を知ることなのです。

このブログでは、何度も 何度も 何度も お伝えしています。

しつこい男は、嫌われるのは、わかっています(笑)

しかし、この件に関しては・・・

しつこくて・・・いい・・・らしい(爆笑) by あつし



では、アシュタールからのメッセージをお伝えします。






「こんにちは こうしてお話しできることを感謝します。

もうご存知だとは思いますが・・・宇宙は波動で出来ています。

すべて波動です。 すべては、その波動が粗いか 細かいか・・

ということで決まってきます。

どのくらいの種類があるの?・・というご質問ですが、

それこそ無限にあります。

なぜならば キャラクター(個性)が無限にあるからです。 

思考はエネルギー、波動です。 

個性が思考すると波動が起きます(少し表現に無理がありますが

言葉の限界・・起きる・・と表現しておきます)

誰かが何かを思考すると そこにその波動が現実として現れます。

現実として現れる・・というのは3次元のまだ粗い波動でのことです。

高次のもっと細かい波動の世界になると 

現実として、固い物質として表現はされなくなります。

その話になるとまた混乱が生じますので、

ここからは、3次元での話として聞いてください。

これもかなり大雑把な説明になりますが、

大体を感じて理解するようにお願いします。


あなたが 何かを思考すると 

例えばシャボン玉とか風船の中にその世界が現れるとします。

あなたは、いつも何かを思考していますから 

そのシャボン玉は、たくさん、たくさんあなたの周りに出来てきます。

そのシャボン玉のどれを選ぶか?どこに波動を合わせるか?・・・

で、あなたの現実は変わってきます。

あなたは自由にそのシャボン玉をつくります。

例えば 体のどこかに不具合があったとして、

「あ~、この痛みがなくなればいいのに、健康になりたい・・」と

思考すると(元気なあなたをハートで創造すると)

そこに元気なあなたである現実のシャボン玉が出現します。

あなたはそのシャボン玉に 波動を合わせるだけで 

元気なあなたの現実が現れるのです。

例えば、「あ~~、きれいな海に行って、

砂浜で寝転びながらビールを飲みたいな」って

思考(ハートで創造)すれば 

シャボン玉の中にその現実は出来ます。

あなたは、そのシャボン玉を手に取ればいいのです。

とても簡単なことなんです。

でも、実際には そう簡単にはいかないでしょう・・

という声が聞こえますが、

それは、あなたがせっかく作ったシャボン玉を

自分で割って無くしてしまうからです。

先ほどから、「ハートで創造したことが 

現実になります」と言っていますね。

これがミソなんです。

ハートでは、元気になりたい、海に行ってのんびりしたい・・って

楽しく創造しても、次にマインド(頭)がそれを否定しにかかります。

病気がそんなに簡単に治るわけがない・・

病院に行って入院して、手術を受けたり薬を飲まないとダメだ!

海に行きたい?・・仕事はどうする?お金はどうする?

そんなに時間もお金も自由になるわけないだろう!

なんて、片っ端から否定します。 

マインドは、否定、不安、心配、恐れが大好きです。

そしあなたの中で膨らんだ楽しくてきれいなシャボン玉は、

無残に割れて消えてしまうのです。

子供のように ハートで自由に楽しみながら想像して、

そして出来上がったシャボン玉に波動を合わせ、

受け取ればいい・・・こんな簡単で楽しいことはないでしょう?

マインドをちょっと横に置いておいて、

この情報を使ってみてください。



あなたは、何故だか楽しくない創造のシャボン玉は

上手に受け取ることができるんです。

「こうなったらいやだな」とか「現実は甘くない」という

シャボン玉は、本当に簡単に手に入れます。

どうしてですか? マインドが喜ぶからです。 

マインドは、刷り込まれたあなたの定規ですから、

あなたがこの定規を使っている限り あなたにとって

好ましくないシャボン玉ばかりを受け取ることになります。

わかりますか?



楽しい思考のシャボン玉も 苦しいつまらない思考のシャボン玉も

どちらもすべて同じただのシャボン玉なのです。

どちらを選び、どちらを手にするか・・選ぶのはあなたです。

あなただけが選び 受け取る権利を持っているのです。

そしてシャボン玉は、あなたの思考の数だけ無限にできますから、

誰かが同じ思考をしていたとしても 

それはその人のシャボン玉ですから、

取ったとか取られたとかは 全くありません。

誰かが得をした分、だれかが損をする・・ということはありませんから、

あなたは、欲しいものを欲しいだけ 

だれに遠慮することなく受け取ってください。

あなたは、どんなシャボン玉を造ってもいいのです。

自由なんです。

あなたが 創造主なのですから・・・

理解していただけましたでしょうか?


たくさん 楽しい想像をして遊んでください。

あなたに愛をこめてお伝えいたします」



ありがとう、アシュタール!


(ここまで)



そうなんですね。

マインドは何かというとすぐにブレーキをかけてきます。

そんなことはあり得ないというブレーキです。

そして、こっちの方が確実だよと安全な道を勧めてくるのですが、それだといつも同じことの

繰り返しになり、新鮮みがありません。


どうして、これほどまでにマインドは変化を嫌うの?

不思議だと思いませんか?

そもそもマインドって何?


マインドというのはいわゆる二番目の自分みたいなものです。

生まれてから多くの経験をしながら作り上げてきた自分のパーソナリティです。


では、なぜ、最初からハートがマインドとして働かないの?

と思うかもしれませんが、生まれてすぐの頃はハートが主導権を握っていたはずです。

そのころ、いろんな精霊や見えない存在と話をしていたとすれば、それはまだハートが

優位だったからですね。それが多くの経験や体験、教育が積み重なり徐々に自分自身の

脳を介したマインドが形成されて行きます。

なぜなら、3次元を生きるためにはそれがいちばん安全だからです。

マインドは基本的に自分自身を守るためにあります。

だから、冒険はしません。

もし、冒険をするとしたら、小さなハートの声があったからでしょう。

ハートのこんな体験をしてみたい、あれもしてみたいという思いがあったからですね。

ハートは今まで経験したことのないことを体験してみたいのです。

もしかしたら、それによって新しい発見があるかもしれない、あるいは違うことを起こせるかもしれない

という思いがそこにあります。

でも、マインドはそんなことをしないように歯止めをかけます。

その歯止めのほとんどはこの世の常識や道徳概念、通念によるものです。

そこにハートとマインドの大きな違いがあります。

でも、マインドもれっっきとした自分の一部分です。

死後、マインドはおそらくハートと融合されていくのだと思います。

ただ、この3次元を生きるためにはその方が都合が良いだけ・・・・。


これからはハートの思いを大切にしていく時代です。

自分自身に素直になればもっと多くのハートの声が聞けます。


そすれば、自分が何を望んでいるのかわかり、自ずと選択も決まってくるでしょう。


(自然と浮かんできた言葉ですので、そのまま書いてます)




nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

世にも不思議な奇妙なフツーの話「アシュタール:グルグルから一方方向へ・・・」 [アセンション]

世にも不思議な奇妙なフツーの話「アシュタール:グルグルから一方方向へ・・・」



(ここから)

ご存知ないかもしれませんが、実は、超次元サロン Muu は・・・

リラクゼーションサロンなんです(笑)

レイキソフト整体という、レイキとソフト整体を組み合わせた日本で?世界で?

唯一のサロンなんです^0^


ということで、サロンには毎日レイキソフト整体にお客様がいらして

下さるんですけど、みなさまほとんどと言っていいくらい、気が上がってるんですよね。

気が上がるっていうのは、エネルギーが身体に回っていなくて(循環してなくて)、

上半身にばかりエネルギーが溜まってる?っていうか、パンパン状態っていうか・・


そりゃ苦しいですって・・肩こりも頭痛もしますって・・めまいもしますって・・

気が上がったまま寝ても、浅い睡眠になって疲れも取れませんって・・


で、お話をしていると、みなさま・・頭がいつもグルグルしてるって

おっしゃるんですよね。

いつも何か考えてる・・って。

頭グルグル・・これが気が上がる原因なんですよねぇ~~・・


私の経験から・・緊急措置的に気を下すには、おへその下指3本くらい(丹田という

ところ)に手を当て、ゆっくりと息を吐き、そこに意識を集中すると良いですよ。

感覚に集中すると、頭グルグルも少しおさまります^0^

試してみてくださいね^^

寝る前にするといいですよ^0^


では、今日のアシュタールからのメッセージをお伝えしますね^^

「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

頭がグルグルするのは、楽しくないことを考えているからです。

心配、不安、怖れ・・解決できないことを考えているから、同じところをグルグル

まわってしまうのです。


そんなことを言っても、気が付いたら考えてるんだから仕方ないじゃない・・って

いう声が聞こえてきますが(笑)・・意識すれば大丈夫です。


グルグルしていることに気が付いたら・・解決できないことを考えても仕方がない・・

と思って、すぐにキャンセルしてください。

最初はすぐにまたグルグルがはじまると思いますが、グルグルしていることに気が付く

たびにキャンセルしていけば、だんだんグルグルが減ってきます。


グルグルしはじめたらキャンセルして、今度は一方方向へ行ってください。

グルグルは回るだけですが、一方方向は解決の方向です。

言ってる意味が伝わっていますでしょうか?


楽しいことを考えている時は、グルグルしませんね。

それは、解決できることだからです。

例えば、グルグルしていると思ったら、何を食べようかな・・という思考に変えて

みてください。

食べることを考えていると、楽しいですね(食べることに興味がない方は、興味のある

ことを考えてください)

あれを食べようかな、これにしようかな・・それはグルグルではなく、迷っているのです。

迷っているだけですので、決めればすぐに解決できます。


グルグルと迷いの違いが分かって頂けましたでしょうか?

迷っているなら、決めればいいだけのことです。

グルグルは、迷いにすらなっていません。

解決方法を見つけることが出来ないことを、ただ同じところで、同じことをグルグル

考えているだけですので、とても消耗します。

とても、ストレスがかかります・・だから、身体の具合が悪くなってしまうのです。


グルグルがはじまったら、意図して解決できることを考えるようにしてください。

迷うことは、ある意味楽しいことです。

それは、自分で選択できるからです。


そして、決めることで迷いがなくなるという経験をしていけば、決めることがどういう

ことがわかってきます。

決めることが出来るようになります。

分かりますか?


決めることが出来るようになれば、グルグルした時も解決する方法を見つけることが

出来るようになるのです。

グルグルは迷いではありませんが、それを迷いにすることが出来るようになるのです。

難しいですか?


例えば、会社の上司がイヤで会社に行きたくない・・

イヤだ、行きたくない、でも、行かないと会社を辞めさせられてしまう・・

これの繰り返しがグルグルです。

解決の糸口がありません。


これを迷いにするのです。

上司がイヤ、ならば会社を辞めるか、イヤだけど仕事の方が大事だから積極的に

我慢するか・・という迷いにかえるのです。

そうすると、どちらかを決めればいいだけのこととなるのです。

解決できる一方方向の思考となり、グルグルしなくてよくなります。


すこしずつでいいです。

小さなグルグルを、迷いにかえていってください。

そうすれば、大きなグルグルも迷いにかえることが出来るようになります。

迷いになれば、決めることで解決出来る・・という確信が持てるようになりますので

何もグルグルすることがなくなります。


小さなことからでいいですので、決めるクセをつけてください。

決めることで現実は変わるのです。

決めなければ、いつまでもグルグルすることになってしまいます。


グルグルは大きなストレスになりますので、キャンセルして一方方向への思考に

変えられることをお勧めします。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」


ありがとう アシュタール! 感謝します。

(ここまで)


私は頭がグルグルするということはないので、コメントしようがないのですが、これは

考えすぎることが原因のひとつかもしれませんね。

同じことで悩み解決策を見いだせないでいると、いつまでも同じ状態が続き袋小路に

迷い込んだみたいに抜け出せなくなります。

そして、次に似たような出来事があると再度同じ過ちを繰り返し堂々巡りになります。


その原因は主に本人の考え方やものの見方に起因するだろうと思います。

見る視点がいつも同じだと、いつも同じ考えにたどり着き、新しい解決法が見えない

ことがあるからです。これは、ひとえに経験不足や自ら新たなチャレンジをしない人に

多いのではないでしょうか?


たとえ、知らないことや不安を伴うことであってもやってみないとわかりません。

そんなときに勇気を出して飛び込んでやってみると、意外とそんなに難しいことでもなく

簡単にできてしまうことがあります。その経験が佳克策を見出すアドバイスになります。

だから、物事の方向を決めやってみる。それがアシュタールの言う一方方向への転換

になるのだろうと思います。



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

破・常識 あつしの挑戦「アシュタール:歴史の違和感・・・」 [アセンション]

破・常識 あつしの挑戦「アシュタール:歴史の違和感・・・」



(ここから)


今日の破・常識!



根本の知識が違っていると 

どこまで行っても真実にはたどり着かない!・・・らしい(笑)




では、アシュタールからのメッセージをお伝えします。







「こんにちは こうしてお話し出来ることに感謝します。

今 エネルギー場で思考エネルギーのせめぎ合いが

行われているとこの前もお話ししました。

ハートがこれは違う・・と気が付き始め

3次元領域の思考から離れようとしているあなたを 

まだそこに押しとどめるために 

たくさんのことが行われています。

出ようとする(離れようとする)あなたの思考エネルギーと 

そこに押しとどめようとする存在の

思考エネルギーの押し合いへし合いです。

あなたは、もう5次元領域にいるのですが、

3次元領域にフォーカスすることで

3次元領域の現実を見ることになるのです。

ですから何とかしてあなたが3次元領域に

フォーカスするように 持っていっているのです。


この話は、波動・エネルギーを理解していないと 

よくわからないかもしれませんが 

もう一度お話しさせてください。

人は言葉で話しているだけではありません

思考エネルギーをテレパシーとして送り話をしています。

ですから、言葉ではどんなにきれいなことを言っていても

それは本心ではないな・・とわかることが

多くなって来ていると思います。

これもエネルギー場での出来事です。

そして肉眼で見ているだけが

存在するものではないこともわかりますね。

肉眼では見えないけれど

何となく肌で感じる(感覚)・・というのも

エネルギー場での出来事です。

このように エネルギー場というのは 

確実にあるということを認識してください。

そして一番エネルギー場に影響を及ぼすのが思考です。

すべてのものは、まず思考から始まります。

思考がすべてを創造しているのです。

ここまでは大丈夫でしょうか?


では、あなたをコントロールしようと思えば 

どうすればよいでしょうか?

思考エネルギーをコントロールすればいいのです。

思考をミスリードしていけば 

あなたはそのように現実を創造していきます。

今まで、ずっとそれが行われてきました。

教育・・という名のもとに!

そしてテレビなどの映像などを使って 

巧妙にあなたの思考を操作してきたのです。

真実を探してください・・

そうすればミスリードされることが無くなります。

真実を知ることが出来れば何が起きても

冷静に 霊性に 対処することが出来ます。

いかに思考エネルギーをコントロールしようとしても 

それに乗ることが無くなって行きます。

真実を知るには、どうすればよいのでしょうか?

それにはあなたが教えられてきたこと、

習ってきたこと、常識と言われるものを

もう一度見直してみてください。

答えは、あなたのハートが知っています。

歴史・科学と言う物も もう一度見直してみてください。

本当に教えられてきたものが真実なのでしょうか?

根本の知識が違っていると 

どこまで行っても真実にはたどり着きません。

目に見える物だけが存在するというのはほんとうでしょうか?

宇宙の中で進化した文明を持つ惑星は 

このテラ(地球)だけでしょうか?

猿から自然発生的に(突然変異が起きて)人間になったのですか?

今いる人間が作った文明しか、今まで存在していなかったのですか?

アトランティス大陸もムー大陸も 

伝説にすぎない おとぎ話でしょうか?

これをお読みいただいているあなたは 

それが真実ではないことはお分かりだと思います。

特に歴史は、その時の為政者の都合のいいように造られ 

改ざんが繰り返されて来ましたので 

とてもわかりにくくなっています。

その歴史などに違和感を感じるのであれば 

まるで違う角度で、もう一度

見直してみることをおすすめします。

その違和感から真実にたどり着けるのです。

そこには地球が平らだと信じていた人たちが 

ほんとうは球体だった・・と知るくらいの

ショックがあることもあると思います。

しかし、ずっと平らだという考えを手放さなければ 

真実にはたどり着けないのと同じことなのです。


また 長くなってしまいますので 

今日はこの辺で終わりたいと思います。

とにかく、その思考エネルギーに巻き込まれないためにも 

あなたがハートから楽しいと思えることに集中していてください。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」



ありがとう、アシュタール!


(ここまで)


最近はテレビの嘘ニュースがあまりにもひどくて見る気が失せてきました。

それでも、世の動向を知るために見ますが、完全に見る視点が変わりましたね。

森友問題も次第にニュースの一面から遠ざかっていき、最後は選挙の話題に移っていき

そのころには「ああ、そんなことがあったね」というくらいの状態になるでしょう。

あの問題の本質は予算からの「ねこばば」にあります。当初予算の2倍を予算として請求し

その後、半分の建設費で済ませ、余った半分を政府関係者と官僚で山分けするという構図です。

そのために政治家の口利きが行われているのです。ところが、今回はそのひとつが

明るみ(おそらく政治工作がらみの情報提供でしょう)に出て国民の知るところとなりましたが

問題の本質(ねこばば)は明るみに出ていません。

結局は国民不在の政治なのです。それに気づくと全く政治に関心がなくなってしまいます。

そして、こんな馬鹿らしい世界から早く脱却したいという気持ちの方が強くなります。

今はまさにそうした時期になっています。ただ、ねこばばに気づけばです。

彼らは国民がいないとお金(税金)が入ってこなくなり、甘い汁を吸えなくなるので何とか

しないといけないと焦っているようです。それが共謀罪の成立を急ぐところに現れています。


すべては私たちが奴隷状態にあるということを認識させないように上手い嘘を散りばめ

騙してきましたが、今後はそうはいかなくなるでしょう。

アシュタールの語るように波動の上昇が進めば、ハートで嘘とわかるようになるからです。

そうなれば、今まで見せられてきた虚像のすべてが崩壊します。


そうなる日が近いようです。





nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

世にも不思議な奇妙なフツーの話「アシュタール:我慢は我慢なのです・・・」 [アセンション]

世にも不思議な奇妙なフツーの話「アシュタール:我慢は我慢なのです・・・」




(ここから)


今日のアシュタールからのメッセージをお伝えしますね^^

「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します

あなた達は、我慢することに慣れ過ぎています。

・・と言うより、我慢することを美徳とさえ思ってしまっています。

我慢することは美徳ではありません。


小さなときから、よく我慢したね、偉かったね・・と言われてきませんでしたか?

我慢出来る自分は偉い、我慢できた自分は良い子・・と思ってきませんでしたか?

悲しくても泣くのを我慢すれば、偉かったねと褒められ、痛さを我慢すれば、強い子だねと

褒められ、やりたいことを我慢して勉強すれば賢い子だと褒められ・・

常に我慢ばかりさせられてきたのです。


それは、大人にとって都合がいいからです。

泣かれるとめんどくさいから、泣くのを我慢すると褒める。

注射などの痛みを嫌がられたらめんどくさいから、強い子だと褒める。

誘惑に勝ち、勉強する(イヤなことをする)ことを褒めるれば、素直に勉強するようになるから。


すべて、大人?指導者?にとって、楽だからです。

そうして、あなた達は我慢することが美徳となっていってしまったのです。

我慢することが当たり前になり過ぎて、自分が我慢していることさえわからなくなって

しまっているのです。


そして、小さなころから・・人には優しくしなさい・・と教えられます。

それは、自分の欲求より人の欲求を満たすことを優先しなさい・・ということなのです。

自分も欲しいけど、でも人にそれを先に渡す・・そうすると優しい人だと、良い人だと

言われる・・だから、いつも自分は後回しになる。

それが当たり前になり過ぎて、自分が本当にしたいこと、欲しいものがわからなくなって

しまうのです。


都合のいい人を育てるためのミスリードなのです。

自分を常に後回しにして、人のために尽くす・・自己犠牲が出来る人が良い人で、賢い人で

素晴らしい人で、霊性の高い人・・という風に育てれば、支配者達にとってとても都合が

いいからです。

支配者(力の強い人)にとってはとても都合のいい考え方なのです。

みんなが自分のために我慢してくれるようになるからです。


わがままを言わない人、文句を言わない人が出来た人、良い人だと言われますが・・

それは、都合のいい人だということはわかりますね。

権力者(力の強い人、エネルギーバンパイア)にとって都合のいい人が、良い人であり、

優しい人であり、出来た人であり、賢い人であり、霊性の高い人と呼ばれ、褒められるのです。


自分を犠牲にしての優しさは、優しさではないのです。

対等ではありません。

それはある意味、脅されて差し上げているエネルギーです。

表現が難しいですね。

優しくない、自分勝手、自己中・・と言われたくないためにしている行為です。

そう言われたくなければ、我慢しなさい・・という脅しです。


それは、自分の中のエネルギーをどんどん失わせてしまいます。

エネルギー不足になってしまいます。

そうすれば、エネルギーバンパイアになって、今度は誰かにそれを要求するようになって

しまうのです。

自分の要求を満たしてくれない人に向かって、あなたは優しくない、自己中だ、自分勝手だと

いう言葉を投げかけるようになります。


そういう言葉を投げかけられたくないために、その人はあなたの要求を呑むようになります。

こうして、エネルギーバンパイアの悪循環がはじまります。

エネルギーバンパイア同士に優しさは生まれないのはわかりますね。

それは、エネルギーの奪いあいになってしまうからです。


自分が満たされて、エネルギーがたくさんあって、そしてそれを分けることが出来る・・

そしてはじめて人に何かをして差し上げることが出来るのです。

自分にエネルギーがなければ、人に差し上げることは出来ません。


自分が疲れ切っている時には、乗り物で人に気持ちよく席をかわってあげられないでしょ?

その時に、代わってあげる人が優しい人だからと言って我慢して代わってあげたらどうでしょう?

不満が残ります。

気持ちはよくありませんね。


でも、元気いっぱいの時は気持ちよく席を代わってあげることが出来ます。

優しい人になろうと思わなくても、座りたそうな人をみたら、気持ちよくどうぞ・・と

声をかけることが出来ますね。


伝わっていますでしょうか?

優しくしようと思うこと自体が、もう無理があるということです。

ご機嫌さんで、エネルギーがたくさんあるときは、そんなこと(優しくしよう)などと

いう考えはなく、ただ代わってあげたいと思うのです。


話しは逸れてしまいましたが・・

我慢することを美徳だと思わないでください。

我慢は、我慢なのです。

我慢はあなたからエネルギーを奪います。


我慢していることさえ認識できなくなってしまっているならば、いつも自分に聞くように

してみてください。

私はいま我慢していない?・・と。

本当にそれがしたくてしているの?・・と。


そして、ちょっとでも我慢していると思ったら、やめるにはどうしたらいいか考えてください。

そうすれば、我慢することが減ってきます。

我慢することが減ってくると、ちょっとした我慢でも自覚出来るようになります。


そうなると、我慢しなくなりますので、我慢の回路が開くことがなくなり、我慢する現実を

創造することもなくなります。

とても自由で、楽な現実を創造することが出来るようになります。


我慢を推奨する(我慢することが偉い)と教えているのは、支配者にとって都合がいいからだと

いうことを理解してください。

あなたたちが自ら我慢し、自己犠牲してくれれば、簡単にあなた達から搾取することが

出来るからです。


もう一度言います。

我慢は決して美徳ではありません。

あなたのエネルギーを失っていくだけなのです。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」


ありがとう アシュタール! 感謝します。

(ここまで)


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

破・常識 あつしの挑戦「アシュタール:音、音楽の影響・・・・」 [アセンション]

破・常識 あつしの挑戦「アシュタール:音、音楽の影響・・・・」



(ここから)


今日の破・常識!




出来る限りハートが喜ぶ音に接するほうがいい・・・らしい(笑)



最近は、できるだけマインドを止めるように

今を感じるように心がけています。

外を歩いているときも、感覚に集中しています。

とくに耳に聞こえてくる音に集中すると

普段から、たくさんのいろんな音の中で、

生きていることに驚かされます。

今日は、音について・・・


アシュタールからのメッセージ、お伝えします。








「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

天気もそうですが・・音にも気を付けてください。

音は、あなたの精神に大きく影響を及ぼします。

耳には聞こえていない音でも常に影響しています。

聞こえていることはもっとです。

ですので、あなたのハートが気持ちよくなる音に

意図して接するようにしてください。

例えば、ガラスをひっかく音をずっと聞かされていたら、

ハートは気持ち良いですか?

ずっとその音にさらされていたら

心のバランスが崩れてしまいます。

そんなに極端なことはなくても、気が付かないうちに

そのような音にさらされているのです。

人工的な機械で作った音も同じようなものです。

同じ鳥の声でも、機械で合成した声に 

あなたは安らぎを覚えないでしょう?

どんなに上手に作っていても 

あなたのハートは知っているからです。


音も波動です。 

あなたのハートが気持ち良くない・・

と思う波動(音)からは

意図して離れるようにしてください。


音楽もそうです・・

ハートが開かない音楽からは遠ざかって下さい。


音(波動)は、すべてを構成しています。

細胞の一つ一つにも それぞれの音があります。

細胞の音(波動)が共振し合って 

ハーモニーを奏で内臓の音を作ります。

そして、その内臓も共振し合って 

ハーモニーを奏で身体を作っています。

そのハーモニーに不協和音が現れたのが病気です。

ですから病気は、音(波動)で癒すことが出来るのです。

・・ということは反対に 

ハーモニーを崩す音(波動)もある・・ということです。

ハーモニーを気持ちよく奏でているものは 

ハートに気持ちよく響きます。

反対にハートに気持ちよく響かないものは 

身体のハーモニーを崩してしまう・・ということです。


少し余談になりますが・・宇宙もそうです。

テラ(地球)自身も音を出しています。

太陽も 月も 金星も 

すべての惑星は、それぞれの音を出しています。

その惑星たちのハーモニーによって 

太陽系のハーモニーが生まれます。

太陽系のハーモニーは、また別の惑星たちと共鳴し

ハーモニーを奏でます。


細胞の中も太陽系と同じ構造になっているのは知っていますね。

大きい 小さいはありますが、

このように すべては音のハーモニーです。

すべてはつながっていて共振、共鳴し合って 

ハーモニーを奏でることで出来ているのです。

ハーモニーがとても大切なのです。

とても素晴らしいハーモニーが愛と調和です。

これは単体ではできません。

それぞれの個性の音が 

お互いに共鳴し合うことでしかできないのです。


ハーモニーを大切にしてください。

そして、ハーモニーに何か不協和音が起きた時には、

排除するのではなく調整する・・という方向で考えてください。

排除は、分離です。調整は、調和です。


話がそれましたが・・音にもっと意識を持ってください。

出来る限り ハートが喜ぶ音に接するようにしてください。

身体が不調なときは、光の中に入って自分の声でいいですから、

その時に気持ちの良い音を小さくてもいいですので出してください。

身体に響くように、身体の周りの

エネルギーフィールドに響くように意図してください。

その音で身体のハーモニーを調整している・・

と確信しながらやってみてください。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」



ありがとう、アシュタール!


(ここまで)



音楽を聴いていても心地よいものとそうでないものがあります。

特にハードロックとかメタル系は聴いているとこころがすさみます。

好んで聴く人にはあのビート感がたまらなくいいのだろうと思いますが、波動的に見ると

めちゃくちゃです。音のハーモニーがどこにもありません。


音の調和のとれた音楽はクラッシックが一番ですが、同じクラシックでもすべてそうとも

言えません。なぜなら、人それぞれが違う波動を持っているので、それぞれに合うクラシック

があり、好みが分かれます。


だから、自分が聴いていて心地よいものを選ぶべきと思います。誰かがあるいは評論家が

良いと言っても必ずしも合うとは限ないようです。

要はハートが喜ぶ音楽を聴くのがいちばんです。








あり、
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

世にも不思議な奇妙なフツーの話「アシュタール:マインドが望んでもハートが望まないと・・・」 [アセンション]

世にも不思議な奇妙なフツーの話「アシュタール:マインドが望んでもハートが望まないと・・・」



(ここから)


今日のアシュタールからのメッセージをお伝えしますね^^

「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

必要なものは、必要なときに、必要なだけ・・手にすることが出来ます。


お金だけではなく、情報もそうです。

必要なときに入ってきます。

昔の人が言っていた格言?名言?ことわざ?などもそうです。

過去の言葉であっても、あなたの心に響いたのであれば、それはいま

あなたに必要な言葉だったのです。

(このブログの過去記事も同じです。過去のメッセージであっても、それがあなたの

心に響いたのならばそれは、いまのあなたに必要なメッセージだということです)


そして、あなたに本当にあなたが必要としているもの(お金も情報も物質も)は、

あなたのハートがエネルギー場にオーダーしているのです。

ハートがオーダーしたものが、ちょうどいいタイミングで手に入るのです。

分かりますか?


あなたは、そうやってアシュタールは言うけど、

どんなに欲しいと思っても手に入らないことがあるじゃないですか?・・と

言いますね(笑)


それは、ハートが望んでいるものではないのです。

マインドで望んでいるけど、ハートは望んでいない・・ということがあるのです。

不満ですね(笑)・・でも、そういうことがあるのです。

マインドでは欲しい、欲しいと思っていても、ハート(あなたの本音?ハイヤーセルフ?)

が本当に必要だと思わなければ手に入らないのです。


例えば、子どもがピアノが欲しいと言います。

他の子ども達は買ってもらっていると主張します。

でも、親の視点から見れば、それは必要ないと思います。

なぜなら、その子はピアノを習っていないし、ピアノを弾くことにもそんなに

興味がないからです。

でも、子どもはみんなが持っているから自分もピアノが欲しいと言います。

自分だけ持っていないのは、恥ずかしい・・と。

買ってくれればピアノを習って、一生懸命練習すると言います。

そういう時、親は子どもの本当の気持ちがわかりますね。

みんなが持っている、みんなが習っている・・だから欲しい。

でも、その子はピアノを弾くことに興味はないのです。

それがわかるから、親も必要ないと思うのです。


ちょっと無理やりな?たとえになってしまいましたが、そんな感じたと思って

ください。

子どもの意見はマインドです。

親の視点は、ハート?ハイヤーセルフ?なのです。


マインドは、本当に必要ではないものも欲しがったりします。

そして、必要なものを嫌がったりするのです。

だから、あなた達はいつも訳が分からなくなってしまい、不満に思うのです。


ハートは広い視点(俯瞰)で観ています。

マインドは目の前しか見えていないのです。

だから、マインドでほしがっても、広い視点から見れば必要ないものとなるのです。


でも、ハートが必要だと思うものは、必ずベストのタイミングで、必要なだけ、

手にすることが出来ます。

(子どもがピアノを弾くことが好きで、常にピアノのことを楽しんで考えているのを

みれば、親は子どもが何も言わなくてもピアノを買ってあげようと思います)

それを信じていれば、手に入らないからと焦れることがなくなり、いつも平和な

気持ちでいることが出来ます。


もし、いまあなたが欲しいと思っているけど、手に入らないものがあるとしたら、

それは広い視点から見てあなたに必要ないものか、

もしくはまだタイミングが来ていないか、なのです。


あなたは、テラに転生するときに目的(やりたいことの計画)を持ってきています。

テラで何を経験したいか・・という目的を持ってきているのです。

その目的のために必要なものは、必ず手にすることが出来ますので安心してください。

いまこの時を楽しんでいれば、必要なものはすべて手にすることが出来ます。


ものごとがスムーズに行くとき、それがあなたの目的への道にいるということです。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」


ありがとう アシュタール! 感謝します。

(ここまで)


マインドが望むことがすべて実現するわけではないということですね。

しかし、なかなかその違いがわからないかもしれません。

あれが欲しい、これが欲しいと言っても手に入らないのはハートのせい?

でも、逆に考えれば今手にしているものはすべてハートが了承しているものともいえるわけです。

まだその時期ではない、あるいは今必要がない、期が熟せば手に入るということでしょうか?


時には、そのあたりのことをよくよく考えてみる必要がありそうですね。





nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

破・常識 あつしの挑戦「アシュタール:必要なものをすべての存在に平等に・・・・」 [アセンション]

破・常識 あつしの挑戦「アシュタール:必要なものをすべての存在に平等に・・・・」



(ここから)


今日の破・常識!




あなたは、常に愛され 

必要なものは すべて与えられている・・・らしい(笑)





では、アシュタールからのメッセージをお伝えします。









「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

何か不安な気持ちが出てきたり、

足元が揺れるような感じがするときは 

テラ(地球)と共振してください。


どうやって共振すればいいの?・・という質問ですが、

こうすればいいというやり方はありません。

あなたの好きな方法でやってください。

あなたがテラと共振したい・・という意図を持てば、

すぐに共振できます。 

マインドを鎮め自分の感覚に自信を持ってください。


テラは、あなたに必要なもの すべてを与えてくれている・・

ということを思い出し、感謝と共にそれを受けってください。

すべては、用意されています。

すべては、満ち足りているのです。

足りない・・と思う気持ちが足りなさを感じさせるのです。

テラは、すべてを用意してくれています。

必要なものをすべての存在に平等に・・

今 あなたがそこに存在している・・ということは、

すべてが満ち足りているからです。

何か足りないものがあるのであれば 

あなたはそこには存在できていないはずです。

空気が吸える・・食べ物がある・・

それは、あって当たり前のことではないのです。

すべては、テラが用意してくれているからあるのです。

そのことを忘れて、そのことを当たり前だと思い・・

もっと欲しがるから足りなさを感じるのです。

リンゴが食べたかったのに みかんしかない・・

という不満が出てくるのです。

与えられたものに感謝をすることを忘れ、

自分の欲しいものではない・・

と思うから不満が出てくるのです。

これは、欲しいものを欲しがってはいけない・・

と言っているのでは無いことを理解して下さい。

言葉の壁ですね。


ここからは言葉ではなく何を伝えたいか・・

というところでエネルギーとして本質を読んでくださいね。

例え欲しいものが手に入らなくても、

べつの必要なものをしっかりと与えられている・・と感謝してください。

食べ物が欲しい・・と思った時に食べ物をもらうことが出来る・・

ということを感謝し受け取ってください。

それなのに私はリンゴではなく、みかんが食べたい・・

と文句を言うのは、本来何のためにそれが用意されたか・・

ということへの理解不足であり傲慢です。

わかりますか? 

あなたが欲しがって手に入らないものは 

必要のないものなのです。

その必要のないものに執着し手に入らない・・

と追い求めているから 

いつまでたっても満足感が得られないのです。

あなたは、すでにすべて満たされているのです。

なぜリンゴではだめなのですか?

みかんでなくてもリンゴがもらえるのは楽しいサプライズです。

このテラの楽しいサプライズを楽しんでください。

たくさんの楽しいサプライズが用意されています。

つまらないことに執着せず、

今度はどんなふうに欲しいものが手に入るのか? 

ワクワクしながら待っていてください。


そして、そのサプライズを楽しみ 

常に満たされていることに感謝し受け取ってください。


感謝し満足すれば、満足できる現実を創造出来ます。

常に不満を持ち 足りない・・と思えば、

足りないと思う現実を創造します。


テラと共振し、その愛のエネルギーを

しっかりと受け取ってください。

あなたが常に愛され 

必要なものはすべて与えられている・・

ということを思い出せるでしょう。


私は、常にあなたと共にいます。

あなたに愛をこめてお伝えいたします」



ありがとう、アシュタール!


(ここまで)




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

完ぺきな平泳ぎをするラブラドール!すごいっ!どうやって覚えたの? [おまけ]

動画を見てみると、本当に前足を両側にきれいに広げ、後ろ足で水中を蹴っています。
犬が泳ぐと言えば「犬かき」と決まっているt思っていましたが・・・・(◎_◎;)






nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog