So-net無料ブログ作成

世にも不思議な奇妙なフツーの話「アシュタール:あなたはいくら欲しいですか?」 [アセンション]

世にも不思議な奇妙なフツーの話「アシュタール:あなたはいくら欲しいですか?」


(ここから)


今日のアシュタールからのメッセージをお伝えしますね^^

「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

いま、お金が手に入ったら何をしますか?

100万円?1000万円?1億円?・・・いくらでもいいです。

考えてみて下さい。






即座に思いついたこと・・それがあなたがいつも考えてることです。

あなたがしたいこと、欲しいものです。



もし、すぐに思いつかない場合は、あなたはいま欲しいものは無い・・

ということです。

あれこれ悩む(何にしようか?あれも欲しい、これも欲しい・・)と迷うのは、

それは本当はあなたにとって必要ないものなのです。

必要で、とにかく欲しいと思っているものは、すぐに思いつきます。

そして、どんどん勝手にイメージが膨らんでいきます。

旅がしたい・・とすぐに思いついた人は、次にすぐにじゃあ、どこに行こうとイメージを

膨らませることが出来るのです。

それが出来ないならば、それはあなたにとっていま必要なもの、必要なことではないのです。



でも、私お金は欲しいです・・と思いますか?

実際特にそんなに欲しいと思うもの、したいと思うことがなくても、一応お金は

欲しいと思いますか?

そうですね・・お金は欲しいと思います。



でも、それではお金というエネルギーは得ることが出来ないのです。

何故なら、安全のために欲しいという気持ちで欲しがるからです。

安全のため、保障のため・・何かあった時のためにお金が欲しい・・

それは不安から欲しがっているのです。

不安から欲しがっていると、不安を感じる現実を創造します。

思考が先、現実があと・・・



お金がたくさんないと、これからの生活不安で仕方がありません・・

その思考が、お金を遠ざけるのです。


お金は、どんどん欲しがってください。

ただ、お金そのものを欲しがらないでください。

不安からお金そのものを欲しがっていると、いつまでも満足できません。

分かりますね。

100万円手に入ったとしても、それでは不安だから1000万円手に入ればいいのに・・と

もっともっとがはじまってしまいます。

限度がなくなるのです。

手に入っても満足することが出来ませんので、満足する現実、安心できる現実は

創造出来ないのです。




ならば、お金を得るにはどうしたらいいのでしょうか?

それは・・お金そのものではなく、欲しいものが手に入るだけのお金を欲しがって

ください。

それを買える、やりたいことが出来るためのお金を欲しがってください。

その金額を明確にして、そのお金を欲しがってください。

それは不安ではなく、積極的に欲しいお金ですから手に入ります。

(それを信じ切れればの話です・・疑っていれば手に入りません)



もし、”いま”すぐに何がしたい、これが欲しいという具体的なアイディアが浮かんで

来なかった方は、とても豊かな方だということです。

欲しいものはもうすでに持っていて、したいことも出来ていて、すべてに

満足している方なのです。


そういう方は、大きな声で自分に宣言してください。

私はすべてにおいて満たされています・・と!

そうすれば、不安からお金を欲しがることはなくなります。

いつも満たされた気持ちでいることが出来ます。

それが、安心なのです。


あなたにとって必要なものは、必要なときに、必要なだけ・・手に入るのです。

必要ではないものを、不安から欲しがっているから手に入らないのです。



あなたに愛をこめてお伝えいたします」


ありがとう アシュタール! 感謝します。

(ここまで)


私も、今、いくら欲しいですか?

と、聞かれたなら、これだけ欲しいと思う金額はあります。

でも、一方でないお金は望んではいけないとか、働かないと手に入らないという

思考が先に立つのではないでしょうか?

それは私も同じですね。そして、手に入るはずはない!と断言するくらいの思いも

どこかにあります。お金が空から降ってくるわけないでしょう、と誰かに言われている

ような気もします(笑)。


でも、アシュタールは目的が明確なら、きちんと金額を明らかにして欲しがってくださいと

明言してますから、今日からそれをやってみることにします(笑)。

その場合に必要なことは疑いを持たないということですね。

ん~。それが一番難しい(笑)。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

毎日ファーストフードを食べ続けていると脳にとりかえしのつかない変化をもたらす [健康・病気]

毎日ファーストフードを食べ続けていると脳に取り返しのつかない変化をもたらす


(ここから)

junkfood.jpg


ダビッドソン所長と彼の研究グループは、マウスを使った動物実験を行い、マウスの脳を調べた。それによると、ファーストフードを食べたマウスは、一定の時間が経過すると、奇妙な行動をとり始めることが分かった。

マウスの記憶をつかさどる海馬の部分に特徴的な病変が生じ、マウスは、空腹でない時でさえも、ファーストフードを食べるようになった。学者らは、マウスには単に「腹がいっぱいになった」という感覚がなくなったのだと考えている。

彼らの意見によれば、もし人間が、こうした有害な食品を長く、食べ続けた場合、脳の中の飽食感をつかさどる部分がブロックされてしまい、さらにそうした食品をつい食べてしまうようになる、とのことだ。

また、そうした人々の記憶は、有害食品を食べない人に比べ何倍も悪く、脳の老化もはるかに速くなるという。

先に伝えられたところによると、ファストフードで使われる、油をはじく包装紙や容器には、食べ物に染み込むおそれがある化学物質が使われているケースが半数ほど。

(ここまで)


私は今ではファーストフードをほとんど食べないようになりましたが、時々友人んと一緒になった

ときにマグドナルドに誘われることがあります。

そのときにはハンバーグは絶対食べません。代わりにポテトフライはしばらくぶりに食べましたが

あじが微妙?なんとなく薬品の味がしました。そのためそれ以来マグドナルドは一度も行ってません。

代わりに行くのがモスバーガーです。ここはマグドよりは良いです。ポテトフライも薬品の味はしません。

最近の調査によるとマグドナルドの肉の正体はくず肉だったと報道されて話題になりましたが

そのニュースも数日で消えましたね。たぶん消されたのでしょう。


今回取り上げた記事を読んだ方はご自身の脳のためにもファーストフードを食べる機会を減らした

方がよさそうですね。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

破・常識 あつしの挑戦「アシュタール:(続)ピラミッド社会の崩壊・・・・・」 [アセンション]

破・常識 あつしの挑戦「アシュタール:(続)ピラミッド社会の崩壊・・・・・」



(ここから)


今日の破・常識!




自分の波動(エネルギー)は、自分で決められる・・・らしい(笑)



今日のアシュタールのメッセージは、 

かなり前に私たちに送ってくれたメッセージです。

今 このメッセージを再び読み返し 

とても大切な内容だと思いましたので

皆様にも再度お読みいただきたいと思いました。



では、アシュタールのメッセージです。





「こんにちは、こうしてお話しできることに感謝します。

集合意識がどんどん変わってきています。今までのような

固いつながりがどんどんほどけて緩くなってきています。

これは何を意味するのでしょうか?

”個”が自由になっているということです。

”個”が自由にいろいろ選択するには 

これまでは集合意識の縛りが強すぎました。

でも、その結束が緩くなってくると、

それぞれの”個”が自由に自分の行きたいところに、

味わいたい現実を選ぶことができるようになりました。

そして、集合意識は大きな出来事を回避するように選択しました。

これまでのように、集合意識で縛られた人類が一斉に

大きな出来事を体験することを辞めました。

一斉に アセンションをする・・ということはなくなりました。

”個””個”の選択です。 そしてゆっくりと進みます。

何月何日に何かが起きて 

それまでの世界とは打って変わった別の世界になる・・

ということはありません。

それは 集合意識が変わったからです。

”個””個”に その”個”に合った(選択した)スピードで起きます。

そして突然ではなく、ゆっくりと進みます。

”個””個”はバラバラと自分の選択した波動へと 

その人のタイミングで進んでいきます。


もうすでに感受性の高い人は感じていると思いますが、

波動の違う人と接することが 少なくなってきています。

波動が違いすぎると、お互い・・見えない・・いない・・という

存在しないのと同じ状況になってきています。

テラは とても自由な領域に入っていますので、

そこに合わせる人はそこに行き、

前の波動のテラに合わせる人はそこにとどまり、

別の波動を選ぶ人はその波動に行きます。

ゆっくり進みますので、変化をそんなに感じることがないでしょう。

気が付くと、何となく言葉ではなくイメージ(エネルギー)で話をしている。

思うとすぐに現実化している・・

でもそれが当たり前・・というように自然に進んでいきます。



波動を 雨に例えてみましょう。

土砂降りの雨・・雨粒が大きく当たった時の刺激も大きいです。

小雨・・少し雨粒が小さくなり 刺激もそんなに感じません。

霧雨・・少し雨粒を感じる程度になります。

そして、滝のそばのように 水の粒も感じないけれども、

何か気持ちよく水を感じるというように なっていきます。


水が細かくなればなるほど精妙な感覚になります。

それを感じるには自分も精妙な波動にならなければいけません。

土砂降りの雨の中では、滝のそばのような水の感覚は感じられません。

それが 良い悪いではなく波動の違いです。

どの波動を選ぶかは、本人の意思です。


そして ここからは土砂降り・・ここからは小雨・・

というようにはっきりと分けられないように、波動も分けられません。

ということは”個””個”の場所は無限にあるということです。

似ている・・同じような繊細さ・・ということはありますが、

全くすべてが同じ波動という人はいません。

それがキャラクター(個性)です。

そして 同じような波動の人たちが周りに集まります。

今 自分がどのような波動か?・・は、自分の周りを見ればわかります。

もう一度言いますが 土砂降りの雨の中では

精妙な水の感覚は感じられません。


どの波動にいたいか・・決めてください。

意図することで そこに行けます。

意図すれば、自分が精妙な波動になるためにはどうすればいいか・・

自分が教えてくれます。


そして、誰かがあなたを

どこかに連れて行ってくれる・・のではありません。

誰もあなたをどこかに連れて行くことは出来ません。

自分で どこに行きたいか?を決め、自分で行くしかないのです。


みんなが一斉にどこか同じところに行く・・

というタイムラインは変わりました。

そして、”個”が自分で決め、

気がつかないくらい少しずつ変化していきます。

ある日 気が付いたらすごく変わっていた・・と思うでしょう。


理解していただけましたでしょうか?


あなたに愛をこめてお伝えいたします」



ありがとう、アシュタール!

(ここまで)


もう一度言いますが 土砂降りの雨の中では
精妙な水の感覚は感じられません。

かなり以前に聞いたメッセージのように思いますが、今聞いても新鮮な響きがありますね。

いつもあつしさんとミナミさんが掲載しているアシュタールのメッセージはフリーt-キングで

出たもののなかから抜粋したもののようですので、ある意味参加者から出た質問に対する

回答のようなものなので、かなり話題が多様です。

でも、はじめのころは主にアシュタールが自ら話しかけてくる内容のものでしたので

その内容には普遍性があります。(これまでのメッセージには普遍性がないと言っている

ものではありませんので、誤解なきように・・・)


2012年アセンションが起きると言われていたときのことを思い出してみればわかると思います。

あのとき、本当は集団アセンションが起こるはずでした。でも、私たちは突然わけのわからない

世界に放り込まれるよりも、自分自身が進む道を自分で選ぶことを選択したようです。

それがあって今があります。


だから、今の自分の周囲にどんな人たちがいるかを見ればおのずと自分が今どの位置に

いるのかがわかります。また自分の今いる環境もそうです。それが選択の結果です。

私は、2012年の4年前に田舎に戻ることになって今は田舎に住んでいますが、不思議な

ことにその前の年になぜか仕事を辞める羽目になったのですから、それも今日のために選んだ

ものだったかもしれません。当時はそんなことは露とも理解できていませんでしたが・・・。

そして、その後の生活は大変なものでしたがハートが勧めてくれた道なのかもしれませんね。

しかし、それもよい体験になりました。

その後、ものの見方考え方が大きく変わったのは2012年以降のことでしたから、今の世界を

選択した結果としてそれがあるのだろうと思います。


そして、今世界は大きな分岐点を迎えようとしていますが、ただいたずらにその動きに翻弄

されることなくじっくりと自分自身を見据えていたいものです。












nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog