So-net無料ブログ作成
検索選択

世にも不思議な奇妙なフツーの話「ミナミさん:死ぬときってどんな感じなの?」 [アセンション]

世にも不思議な奇妙なフツーの話「ミナミさん:死ぬときってどんな感じなの?」



(ここから)


死ぬときってどんな感じなのかなぁ~~って考えてました。

身体を脱ぐとき(死ぬとき)は、頭の中にあらかじめ用意されている脳内にある

ホルモンのカプセルが割れて、すごい幸福感?快楽?とともに身体から個性のエネルギーが

抜けるから、痛いんじゃないかな?とか心配する必要はないって、以前からアシュタールが

教えてくれてたからそれは良いんですけど・・そこに行きつく(カプセルが割れる)までは

どんな感じなのかなぁ~~って思ってたんです。

カプセルが割れるまでは、痛かったり辛かったりしんどかったりするのかなぁ~~??って。

そしたら、アシュタールからメッセージが来ましたのでお伝えしますね^^

「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

死ぬことにそんなに興味を持つ必要はないと思いますが・・とにかくあなた達は死に対して

大きな恐怖を持たされているので心配するのも仕方無いと思います。

本当にそんなに心配する必要はありません。


死は、自然なものです。

その時のことはちゃんと出来ています。

生まれるのも自然に任せておけばいいように、死ぬことも自然に任せておけばいいのです。

生まれる時、お医者さんか看護師さんなどの手を借りるかもしれませんが、それはただの

手助けであってお医者さんが産ませてくれるわけではないのはわかりますね。

自然に生まれてくるのです・・最近は、手を出し過ぎるので反対に苦痛が大きくなっている

傾向はあります。

勝手に出産の時間を決め、それに合わないと無理に薬などで出産させる(促進剤?)

というのは、自然の摂理に反していることなので余計に苦痛を伴うのです。

生まれる時には生まれます・・その母体と子どものタイミングがあるのです。

あまり手をかけないでいた頃の方が出産は楽でした。

自然に任せていたころは、ほとんど苦痛なく出産出来ていました。

自然に任せていたら、危険が大きいのではないですか?・・という質問が聞こえてきますが

いまのように病院で管理のもと出産するような時代の方が短いのです。

それまではほとんど自然に出産していましたが、人類が途切れたことはありません。

人類が減少することもありませんでした。

ということは、自然な出産でたくさんの人が実際に生まれて来ていたということです。


死ぬときもそうです。

死ぬときは、自然に死ぬのです。

それを無理に伸ばそうとすると苦しくなります。

死ぬ前は、体力がなくなっていきます。

体力がなくなると、気力もなくなります。

気力がなくなるということは、生に対して執着しなくなるということです。

だから、死を自然と受け入れられるのです。

執着がなくなるから、怖くなくなるのです。

だから、楽にスーッと死ねるのです。

執着があるから抵抗するのです。

死に対して抵抗するから、苦しくなるのです。

分かりますか?

死を怖がったり抵抗したりする気力がなくなれば、自然にスーッと行くことが出来ます。


そして、体力、気力がなくなって、それを自然に受け入れる時が来たら頭の中に準備

されているカプセルが割れて、快楽ホルモンが出て至福の中で身体から抜けることが

できるのです。


体力がなくなって来て、気力もなくなって来ると、死への恐怖、心配も消えてしまいます。

だから、カプセルが割れるまで辛いんじゃないかと心配する必要はありません。

自然に任せておけば大丈夫です。


死は怖いものではありません。

ただ循環が起きるだけです・・形態が変わるだけのことです。

液体の水が蒸気になるだけの話です。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」


ありがとう アシュタール! 感謝します。

(ここまで)


こればかりは死に際になってみないとわかりませんね(笑)。

でも、脳内から快楽ホルモン(エンドルフィン)が放出されて痛みを感じることなくスーッと

あの世に行けることは間違いないようです。

それを延命治療をしてしまうため痛みや呼吸の苦しさであえぎ、何か月も苦しむことになります。


人の死の尊厳として「生きる方向へ治療する」という行為は周囲の医者や家族、親戚などにとっては

とても大事なことのように見えますが、果たしてそうなのでしょうか?

もしかしたら、本人は心の中でよけいなおせっかいをせずに黙って逝かせてくれと思っているのかも

しれないです。それを死なせることを放置するのは罪に当たると考えるからおかしなことになります。

「死ぬときは死ぬんです」というアシュタールの言葉が響いてくるようですが、今の医学の考え方は

むしろ、延命治療によるもうけ主義の方が優先されているように見えます。

死が近くなるとダメとわかっていても医療関係者はありとあらゆることをします。その時の治療費が

生前入院治療をしていた時の数十倍の医療費となることを知っているでしょうか?

もっとも、それもその人の病状により差が出ますが、特にがん治療の場合は莫大な医療費がかかる

ので、患者がダイヤモンドに見えてしまうというのは言い過ぎでもないようです。

いつ頃からそういうふうになったのかわかりませんが、自宅で病気療養中に亡くなったとしても

警察が介入し字k厳正がないかどうかとことん調べられるそうです。これが病院に搬送され病院で

亡くなった場合はないいとうのですから、猫も杓子も病院というのもうなずけます。


黙って静かに逝かせてあげることのできない時代になってしまったようです。

困ったものですね。









破・常識 あつしの挑戦「アシュタール:気持ちの良い関係・・・・」 [アセンション]

破・常識 あつしの挑戦「アシュタール:気持ちの良い関係・・・・」


(ここから)



今日の破・常識!




気持ちの良い関係においては、コントロールはありえない。

気持ちの良い関係というのは、干渉し合わない関係・・・らしい(笑)



 

今日のアシュタールからのメッセージをお伝えします。


「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

あなた達は、コントロールが関係性だと思うように教育されています。

干渉しあうことが、関係性だと思わされているのです。

コントロール、干渉は、力関係です。

何かの関係が出来ると(出会うと)

すぐにバランスゲームがはじまります。

どちらが先に相手をコントロールするか・・というゲームです。

そして、一度そのバランスが決まってしまうと

ずっとその関係が続くことになるのです。


最初から決まっていることもあります。

会社での立場(上司や部下)、ペットならば飼い主、

仕事においては依頼する側とさせていただく側。

恋愛でもそうですね・・

どちらが主導権をとるかのゲームをするのです。

だから、あなた達は先に好きだというと、

なんだか弱みを見せるようで悔しい・・

などということが出てくるのです。


コントロール下においてはじめて安心します。

でも、それは気持ちのいい関係ではありません。

気持ちの良い関係においては、コントロールはありえないのです。

気持ちの良い関係というのは、干渉し合わない関係です。


言いたいことが伝わっていますでしょうか?

どんな関係においても、私のものだ

(人間もペットと言われる動物も)という存在はいないのです。

みんな自由で、誰のものでもありません。

お互いの存在に対しての感謝と尊敬の気持ちが”愛”なのです。

エネルギー場でしっかりとつながっていることがわかれば、

コントロールなんていらないことがわかります。


結婚という契約も必要ないし、不倫や浮気などという言葉も

ナンセンスだということが分かります。

あなたを愛してるから結婚した・・

だからあなたは私のものなの・・とても矛盾した言葉です。


愛してるのは、あなたなのです。

愛することが出来て感謝してください。

愛する人の存在に感謝してください。

そして、愛する人の気持ち、意思、思考を尊重してください。

もし、あなたが愛している人が、あなたと共にいたい

と思わなくてもそれはそれで良いんです。

愛してるのは、あなたなのですから。

あなたの愛をそのまま返してくれる人だけを

愛するのではありません。分かりますか?

愛することが出来た・・それが感謝なのです。

素晴らしい体験なのです。

だから、もしその人と思ったような体験が出来なくても、

あなたがその人を愛する障害にはならないのです。

難しいですか?


あなた達は、所有とコントロールが愛だと思わされてしまっています。

所有とコントロールは、愛から離れたものです。

自分の思い通りにならないから、私は不幸せだ、

愛されていない・・と思ってしまうのです。


愛は、感謝と尊敬です。

愛するということは、相手の意思を尊重するということです。

だから、たとえあなたが望んでいるような行動をしてくれなくても、

あなたがその人を尊敬し、その人の意思を尊重し、

存在に感謝出来たことがあなたに愛のエネルギーを

もたらしてくれるのです。

その愛は、とても穏やかで平和で安定しています。


所有とコントロールの観点から見るから、

不安と怖れと心配で苦しくなるのです。

ただお互いがいる・・そのことに感謝と尊敬だけがあれば、

とても気持ちのいい関係を築くことが出来るのです。

あなたの心に平安が訪れ、

あなたの中が愛のエネルギーで満たされるのです。

これは男女の関係だけのことではありません。

親子でも、ペットでも、どんな関係においても同じです。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」



ありがとう アシュタール! 


(ここまで)



そうですね。

いたずらに干渉しない愛を学ぶべきかもしれませんね。

それは親子でも同じことです。

互いの自由を尊重し、過度な干渉はしない、好きなようにさせておくということです。

認知症もアシュタールの語るように過度の干渉(あなたが嫌いという干渉です)が相手の

身の置き場を取り去ってしまうために、自分の心を隠してしまうのです。

考えてみれば、私の祖母もそんな環境に追いやられ、いつしか認知症になっていました。

当時は今のような食べ物によっておこる認知症はありませんでしたので、大概の原因は

そこにあるのだろうと思います。

そして、決して相手をなじるような言葉は言わないことです。

力による暴力よりも言葉による暴力の方がはるかに心的障害を与えるからです。

互いに良い関係を築きたいなら無意味な干渉は避けるべきですね。

私も親の姿を見てそう思います。

なぜなら、過度な干渉はせず、自由にさせているからです。

とはいえ、困っていれば手を差し伸べ、体調が悪ければ気遣うというのは干渉では

ありませんので、念のため・・・・。

それがアシュタールの言葉の正しさを見せてくれています。



世にも不思議な奇妙なフツーの話「ミナミさん:静かなる主張・・・・」 [アセンション]

世にも不思議な奇妙なフツーの話「ミナミさん:静かなる主張・・・・」



(ここから)


勇気あるなぁ~~

「PTAやめたの私だ ひとりの主婦の静かなる抵抗」

子どもを学校に行かせてる親なら、一度は疑問に思ったんじゃないでしょうか?

私は毎年来る役員決めの儀式をどうやって乗り切ろうか?とばかり

考えてました・・役員やってくださったみなさま、すみません。

私には、こんな勇気なかったなぁ~~・・こんな覚悟なかったなぁ~~

いまなら言えるかな???????????


では、今日のアシュタールからのメッセージをお伝えしますね

「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

違和感があっても、違うと思っても、黙っていた方がラク・・

そうでしょうか?

黙っていたら一時期は何事もなく、平和に過ごすことが出来るかもしれませんが、

それは我慢になりますので、その我慢がずっと続くことになってしまいます。

もっと大きな我慢となってしまうこともあります。


やりたくないことがあれば、感情的になるのではなく、対立するのではなく、ただ

淡々と私はやりたくありません・・と伝えてください。


では・・・・・

あなたがそれをしなければ、誰かがあなたの代わりにやらなければならなく

なるのですよ、

人に迷惑をかけてまで自分の意見を主張するのですか? 

それはわがまま、自己中心的なのではないですか?・・

と言われた時はどう考えれば良いのでしょうか?


誰かに迷惑をかけるからやらなければいけない・・という案件は、

みんなやりたくないと思っていることですね。

みんながやりたくないと思っていることを、どうしてしなければいけないのでしょうか?

あなたはやりたくないけど、他にやりたい人がいる・・ならば、やりたい人がすれば

良いのではないでしょうか?

でも、押し付け合わなければいけない事ならば、それは必要のないことなのでは

ないでしょうか?

誰もしたくない・・・ならば、誰もしなければいいのです。

とてもシンプルなことだと思うのですが、いかがでしょうか?


このような事は、あなたの社会の中にたくさんあります。

何だか分からない(意味がよく分からない)けど、昔からみんながやってるから・・

という理由だけで続けられていること、たくさんありませんか?

変化を嫌がらないでください。

形は意識によって変化していくのです。

形だけにこだわってしまうと、中身の意味がなくなってしまいます。


何かをするとき、その意味を考えてください。

何のためにそれをするのか?、それがどういう意味を持っているのか?

それをする意味が分からない・・と思う時は、分からないと言ってください。

分からないけど、みんながそのまま受け入れているから・・と思って口をつぐまないで

ください。


他の人もそう思っているかもしれません。

そして、みんなが・・

みんなが何も言わないんだから、自分も言わない方が平和でいられる・・

と思って口をふさいでしまうと、それで良いとされてしまうのです。

あなた達を支配・コントロールしている人たちは、あなた達が口を塞いで

何も言わないからそれで良いと思っているのです。

あなた達は、酷い世界だ、酷いリーダーしかいない、どうしてこんな世の中になって

しまったんだ・・とよく口にします。

でも、それはあなた達(庶民と言われる人たち)にも原因があるのです。

責任があるのです。

何もしなかった、何も言わなかった・・だから、それで良しとされ続けているのです。


ケンカしてください、集団になって抗議してください、対立してください・・と

言っているのではありません。

そうではなく、おかしいと思います・・と冷静に、淡々とあなたの意見を言ってください。

あなたが口を開けば、同じように思っている人たちも口を開くようになります。

誰かが強制しなくても、自然とそれぞれの人が思いを口にするようになります。

それは集団で抗議するのではなく、個人個人が動き出すということです。


そんなに大きなことを考える必要はありません。

いままで当たり前だとされてきた常識などを、なんだか私はおかしいと思うので

私はそれを止めます・・と静かに言えばいいだけのことです。

例えば学校に行きたくないと思えば、いまの学校制度に違和感を感じますので、

私は学校に行きません・・と静かに言えばいいのです

(もちろん行きたくないと思えばですよ)

あなたが行かなくなれば、同じように学校制度に違和感を感じている人も、私も

そう思っています・・と言えるようになります。

たくさんの人がそう言えるようになれば、学校制度そのものも見直さなければ

いけなくなってきて、学校制度というものも変化していきます。


誰かが口を開くのを待たないでください。

いままで待っていたから、この社会が続いていたのです。

いまのあなた達の社会を支えているのは、あなた達庶民なのです。

その庶民が、いまの社会(制度)はおかしいですので、従いませんと言い出せば

すぐに社会は変わります。

黙って従っているから、ずっと続いてしまうのです。


あなたからはじめてください。

あなたから口を開いてください。

あなたが変われば、あなたの世界は変わります。


あなたに愛を込めてお伝えいたします」

ありがとう アシュタール! 感謝します。

(ここまで)


「PTAに加入しないと決めた」というニュースがヤフーのトップページに踊っていたのが

目に入ったが、そのまま読まずにやりすごしていた。

PTAの忙しさやいじめの実態を知っていたので、これは大変いいことだと思っていましたが

案の定、今読んでみると思った通りでした。


そもそもPTAが何のためにあるのかという疑問の前にやること、決められたルールなどが

ものすごく自由度が低くて大変なのが問題です。本来は子供の成長を手助けにするために

互いの情報交換をすることが第一の目的だと思うのだが、現実は学校の支援団体あるい

は学校への圧力団体になってしまっているのが実情ではないだろうか?

PTAの会合に出席しなかったりすると不利益を被るみたいだし・・・・。

やめてよかったと思います。ただ、みんな辞められると困るかも・・・。


でも、今回の一人でも止められたという主張は大変インパクトのあるニュースだったと

思います。




破・常識 あつしの挑戦「アシュタール:循環こそが安定な姿・・・・」 [アセンション]

破・常識 あつしの挑戦「アシュタール:循環こそが安定な姿・・・・」



(ここから)


今日の破・常識!



我慢してそこにいること自体が、

不安定を起こしているということ。

だから、安定したい、安心したい、平和でいたいと思うならば、

変化を怖がらず循環を起こして。

循環こそが安定・・・らしい(笑)




今日のアシュタールからのメッセージをお伝えします。


「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

いつもいつも言いますが・・我慢しないでください。

少しでもそこに違和感を感じたり、違うなという感じがしたら

そっと離れてください。長年いたから、長い人間関係があるから・・

だから離れるのは難しいと思うのはナンセンスです。

波動エネルギーは変わります。波動エネルギーが変わると、

物の見方、考え方、価値観が変わるのです。

あなたの波動が変わることももちろんですが、長年いた場所、

長い間一緒にいた人の波動が変わることもあります。

そこ、その人たちと同じように、同じ方向に

あなたの波動が変われば何も問題は無いのですが、

違う方向に変わっていくことも多々あります。

波動の軽い重いや、方向が違って来ているのに

無理にそのままの関係を続けようとすると

お互いに苦しいだけになります。


時間は関係ありません。

いま、あなたがどう感じているかなのです。

あなたがいま苦しいとか、しんどいとか、違和感があるとか、

違うなとか感じているなら、そこは(その人は)

あなたの波動エネルギーと合わなくなっているのです。

これはどちらが良くて、どちらが悪いという問題ではありません。

ただ波動エネルギーが合わなくなってしまったというだけのことです。


宇宙で変化しないものはありません。

変化するから、循環が起きるのです。循環は安定なのです。


だから、変化することを怖がらないでください。

変化することを怖がり、いつまでもいままでと同じようにしたい

と思ってそれに執着してしまうと、循環が起こらなくなり、

安定しなくなるのです。そこに居続けるのが安定、

安心だと思ってそこに執着していることが反対に

不安定な状況を引き起こしてしまうことになります。

(意見の違いによって言い合いになったりして

不愉快な思いをするのは、関係が不安定になっているからです)


我慢は必要ありません。我慢は我慢の回路を開き、

もっと我慢しなければいけないことが起きてきます。

それは我慢していまの状況を続けようとすると、

循環を止めてしまって、

もっと不安定な状況を創りだしてしまうからです。

循環しているところは気持ちがいいのです。

気持ちがいいところにいれば、ご機嫌さんになれるのです。


我慢をしないで、変化をしていけば

(違和感のあるところや人間関係からそっと離れる)

安定しますので、ご機嫌さんでいることが出来るのです。


ご機嫌さんでいれば、波動が軽くなり、

軽い現実(楽しい現実)を創造することが出来るのです。

だから、ご機嫌さんになると思って我慢しないでください。

いまちょっと我慢すれば、いつかはご機嫌さんになれる・・

という考えは波動のことを知らないから出る考え方です。

我慢していれば、いつまでたってもご機嫌さんにはなれません。

いま我慢しているという波動が次の現実を創造するのですから、

我慢していると次も我慢する現実になる・・

だから、ずっと我慢する現実が続いて、

ご機嫌さんになる現実は創れないということです。


我慢せずそっと離れることは、安定につながります。

いままでのところにいればそのまま安定していられる

と思うかもしれませんが、まったく反対なのです。

軋轢が生じます・・その軋轢(けんかなど)は、

不安定から起きるものなのです。

安定したくて、安心したくて、我慢してそこにいること自体が、

不安定を起こしているということです。

だから、安定したい、安心したい、平和でいたいと思うならば、

変化を怖がらず循環を起こしてください。

循環こそが安定なのですから。


違和感を感じる、イヤだと思う、我慢を感じるところ(

人間関係など)からはそっと離れてください。

どちらが良い悪いではなく、その場所、その関係は

あなたの波動エネルギーと合わないだけのことです。

だから、罪悪感などいりません。

違ってしまったから離れる・・それだけのことです。


我慢はしないでください。

我慢しなければ、ご機嫌さんになり、

ご機嫌さんの現実を創造することが出来ます。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」



ありがとう アシュタール! 


(ここまで)



「今少しだけ我慢していれば、そのうちきっとご機嫌さんになれる」というのが続けば

それはいつまでも我慢状態を維持していることになりますね。

我慢せずに断る、あるいは離れる、去る、それともとことん我慢するんだと決めて我慢を

楽しむかしかないと思います。不満を持ち続けて我慢するなら、それは自分を苦しくさせる

だけで、相手にはそれも伝わらないので、いつまでも我慢の子です。

かっては我慢は日本人の美徳とされていましたが、この考えも本当に日本人が培ってきた

ものなのでしょうか?なんとなく、戦時中に為政者が国民に強いてきたのがそのまま残った

物のような気がします。

昭和初期に常識だったものが今常識とはみなされないということはたくさんあります。

つまり、そうした習慣も時代が変わり、世の中の風習や考えが変わったり、施行される法律が

変わったりすると常識でなくなります。

だから、我慢は美徳でないというのが今の考えですが、身に沁みついたものはなかなか

わかっていても出てくることがあります。そんなときは一歩立ち止まって考えてみると「今の

状態でいいのか?」と振り返り修正できると思います。


私たちが生きている自然をよく観察してみれば、すべてが循環で成り立っていることがわかると

思います。海の水は水蒸気となって空中に浮かび、それが雲となり雨となり地面に落ち、それが

集まって川となり再び海に流れこみます。すべての生物は栄養分となる他の生物や植物を食べ

ることで新しい生命が生まれ、死後は朽ちて他の植物の栄養分となります。すべてが循環して

いて同じように見えて二つと同じものはないし、起こりません。相似性の繰り返しはまるでフラクタル

ようにつながっていながらすべては新しい変化を創り出しその連鎖が続いていきます。

地球も太陽系も直線運動をしているように見えても、その姿は銀河を中心にしてらせん状に

動いているので、同じ位置には二度と戻りません、常に新しい変化を体験しています。

ブラックホールからホワイトホールへと循環する宇宙の姿にその極致を見ることができます。

過去を振り返り過去そのもの追体験することではなく、過去を基礎に新たな体験を求めていく

のが常に新しいタイムラインを創り出していくことになります。

そう考えるとアシュタールの語ることがよくわかると思います。





世にも不思議な奇妙なフツーの話「アシュタール:次に進むために・・・・」 [アセンション]

世にも不思議な奇妙なフツーの話「アシュタール:次に進むために・・・・」



(ここから)


今日のアシュタールからのメッセージをお伝えしますね^^

「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

何かトラブルがあった時、被害者の立場をとらないでくださいね。

被害者はいないのです。


たとえば何か話が違う、騙された・・と思ったとしても、被害者ではないのです。

あなたはその話に承諾したのです。

あなたがOKしたから、話が進んだのです。

分かりますね。

あなたが承諾しなければ、その話は無かったのです。


あなたが承諾したのですから、一方的に騙されたわけではないのです。

だから、あなたは一方的な被害者ではないということになります。


たとえば、この話に乗るとこんなに利益になります・・と勧誘されたとします。

そして、その話に乗ったとします。

でも、聞いていたように利益にはならない・・話が違う、騙された・・と思ったとします。

だから私はその話の被害者です。・・とならないことはわかりますね。

あなたはその話に自分の意志で了承したのです。

お互い合意の上での話だということですね。


もし、誰かにお金を貸してほしいとお願いされたとします。

何日までには絶対返します・・と言う言葉を信じて貸したとします。

でも約束通り返してもらえない・・私はお金を踏み倒された被害者です・・

とはならないのです。

何日までに返すという言葉を信じたのは、あなただからです。

嘘をつかれる可能性もあります、返してもらえない可能性もあります・・いくら信用して

いたとしても、その可能性は考えない訳ではありませんね。

それを承知であなたが自分の意志でお金を貸した・・ということになりますので、

あなたは一方的な被害者ではないのです。


話しはちょっと逸れますが・・お金を貸すというのが自分で選んだことで、すべては自分に

責任があると思うならば、出来ないことは出来ないとはっきり断ることができるように

なります。

もし返してもらえない状況になったとしても、それでも自分はその人にお金を貸しますか?

その覚悟があって貸しますか?・・と自問自答出来るようになります。

返してもらえなくてもいいと思って貸したならば、返してもらえなくても納得することが出来

るのです。

それは困ると思うならば、はっきりと断ることが出来ます。

・・ということは、返してもらえないと困るお金を貸すということがなくなります。

例え返してもらえなくても困らない程度のお金は貸すけど、それ以上は貸せませんと

言えるようになるのです。


ちょっと待ってくださいアシュタール・・それなら騙した者がち、踏み倒した者がち・・

ということですか?・・という怒りのエネルギーが飛んできますが、そうではないのです。

何も泣き寝入りしてくださいと言っているのではありません。

おかしいものはおかしい、貸したものは返してください・・としっかりと主張はしてください。

ただ、その時に被害者の立場に居ないでください・・とお伝えしているだけです。


被害者の立場で話をしてしまうと、あなたの主張が混乱してしまいます。

被害者の立場で話をすると、感情が先に立ってしまって、まず謝罪してくださいという

ことになってしまいます。


一番に大切なことを整理するようにしてください。

騙されたと思うこと、話が違うことを冷静に主張する必要があります。

その時大切なのは何でしょうか?

謝ってもらうことではないと思います。

何か契約をしたのなら、契約の打ち切りが大切なことですね。

これからその契約なりが継続しないことが大切ですね。

そこを冷静に考え主張することが、解決方法です。

そして、その後はもう関係しないことです。

そうすれば、その件はもうあなたの現実からは離れて行きます。

被害者の立場に甘んじていると、次に進むことが出来なくなります。

ずっと過去に引きずられたままで、新しい現実を創造することが出来なくなるのです。


お金を返してほしいなら、それなりに方法はあります。

公の機関に訴えることもできます。

その時には冷静に対処してください。

あなたはお金が戻ってくればいいのです、それが一番の目的なのです。


そこで、被害者の立場になって考えてしまうと感情が先に立ってしまって冷静に解決

することが出来なくなってしまうのです。

解決さえすればいい事なのに(お金が返ってくればいいだけのことなのに)、感情が

入ってしまうと、お金が返ってきてもいつまでも謝らせようと思ったり、思い知らせて

やろうと思ったり、とまた次の火種を創ってしまいます。

分かりますか?

その火が相手に伝わり、またその火があなたに戻って来るという悪循環が

はじまってしまいます。

悪循環にハマっても何もいいことはありません。


お金を貸したのは自分の選択であって、一方的な被害者ではない・・と思えるなら、

ただお金を返してもらう方法だけを考えることが出来ます。

冷静に相手と話しをすることができるのです。

だから、お互いにとっていい解決方法を見つけることが出来ます。


騙された、信用してたのに裏切られたなどの、ののしり合いでは解決出来ないのです。

その行動を選んだのは自分です、でも、返しては貰いたい・・では、どうすればいいかお互い

しっかりと話合いませんか?・・というコミュニケーションをとることが出来ます。



恋愛も同じです。

たとえば浮気をされた・・私は可愛そうな被害者です。

では、無いのです。

浮気をする人を好きになったのは自分の選択なのです。

自分でその人を選んだので、自分の選択ミスだった・・と思えれば対処の仕方も

変わってくるのです。

そうすれば謝れ、謝らない・・という泥沼的な状況ではなくなります。

もし、その人ともう無理だと思えば、分かれるという選択も出来ます。

もし、その人が好きでまだ付き合いたいと思うならば、それを相手に冷静に話をして今後

どうするのか決めることが出来ます。

私は被害者なんだから私に謝れ、・・的な感情だけで話をしても何の解決にも

ならないということです。


いくつか例を出しましたが、すべてにおいてそうです。

あなたが選んだ、受け入れた、了承したから、いまのあなたの現実があるのです。

一方的に押し付けられた現実ではないということを忘れないでください。

だから、一方的な被害者はいない・・ということです。


被害者の立場に居続けると、次に進むことが出来ないということを今日はお伝え

したかったのです。

あなたは被害者で、あなたにはどうすることも出来ない・・という現実はありません。

何か不都合なことが起きたら、それを選択したのは自分なので、選択をし直せばいい・・

それがわかると、あなたは自分の現実を自分でコントロールすることができるようになります。

被害者でなくなれば、自由になれます。


今日はちょっと難しかったかもしれませんが(心情的に納得できないと思うかも

しれませんが)、こんな考え方もあるんだなくらいに聞いていただければと思います。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」


ありがとう アシュタール! 感謝します。

(ここまで)



世にも不思議な奇妙なフツーの話「アシュタール:それはとても損な考え方です・・・・」


(ここから)

今日のアシュタールからのメッセージをお伝えしますね^^

「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

あなた達はエネルギーは有限だと教えられています。

あなた達の世界にあるものは、すべて有限なのです・・と思いこまされてしまっています。

だから、取り合い?になってしまうのです。


お金に関してもそうです。

お金は有限で、誰かが多く持つと誰かが損をする・・と思っています。

だから、誰かがお金を得る(お金持ちになる)とイヤな気持ちになるのです。

自分の取り分が減ってしまったような気になるのです。

そして、その人に(お金持ち)に対して、ネガティブな重い感情を流してしまいます。


お金はエネルギーです。

エネルギーは無限にあるのです。

お金のエネルギーは循環すれば無限のエネルギーなのです。

それを知らず、有限だと思い込み、人が手にすると自分のお金がとられたような気になって、

お金を手にした人に対して攻撃的なエネルギーを向けてしまうことがあります。


これは、波動的な観点から見てとても損な考え方だということを分かってください。

お金を持っている人に対して、攻撃的なエネルギーを出すということは、お金を得ることを

拒否している(ダメなことだ)ことなのです。

・・ということは、自分もお金を得てはならない、お金を得たくない・・と宣言しているのと

同じことになるということなのです。


お金持ちになりたい(豊かな生活をしたい)と思いながら、自分でそれを拒否しているのです。

分かりますか?

お金は十分にあります・・循環すれば無限にあるエネルギーなのです。

お金を潤沢に得ることができる人(豊かな生活をしている人)は、そのことを知っています。

だから、他の人のところにそのエネルギーが回って行くと、喜ぶのです。

だって、その循環が自分のところにも起きることを知っているからです。

人のところにお金のエネルギーが行くと、次は自分のところに回って来る・・と思い

ワクワクの楽しいエネルギーを放出するので、それが現実となるのです。


反対に、あの人(お金持ち)のところにお金が入ると、自分のところへ来るはずのお金が

無くなってしまう・・だから、その人のところに行くな!・・という思考になってしまうと、

お金のエネルギーの循環を自分で止めてしまうことになるので、循環しない現実を創造

してしまい、お金が入ってこなくなるのです。


波動とはそういうものなのです。

思考のエネルギーは判断しません。

お金を得る人に、嫉妬したり、イヤな気持ちになるということは、自分がお金を得ることも

止めてしまうということになるのです。


お金はただのエネルギーです。

汚いものでもなんでもありません。

必要なだけ欲しがっていいのです。

そして、無限なのです。

自分が手にしたお金は誰かから取り上げたものではありません。

誰かが手にしたお金は、あなたから取り上げたものでもないのです。

手にしたお金のエネルギーは、どんどん使ってください。

そうすればお金のエネルギーは循環します。

循環すれば、みんなの手に渡るのです。


お金のエネルギーを得ることも、それを使うことも、何も悪いことではありません。

お金に対して罪悪感を感じることは無いのです。


お金は有限だと教えている人たちは、あなた達を豊かにしたくないのです。

だから、循環させないような思考の操作をしているのです。


循環すると、庶民たちが豊かになってしまいます。

庶民たちが豊かになって、ご機嫌さんになってしまうと、支配者たちがあなた達から重い波動を

搾取することが出来なくなって困るのです。

だから、循環しないような政策ばかり推し進めるのです。

税金などもそうです。

ピラミッドのトップの一部のトップの人達のところにばかりお金のエネルギーが集中するように

しているのもそうです。

トップの何人かの資産が、テラに住む人たち(庶民)の約半分の資産と同じ・・それは循環

させないようなシステムを創っているからです。


循環すれば、お金のエネルギーは無限にあるのです。



話がずいぶん逸れてしまいましたので、もとに戻したいと思います。

人がお金を手にすることを一緒に喜んでください。

そうすれば、あなたの手にもそのエネルギーは回ってきます。

お金を手にした人を否定していると、お金のエネルギーはあなたに回ってこなくなります。

それを今日はお伝えしたいと思います。


今日はお金を例に出しましたが、お金だけではなくすべてそうです。

幸せになりたければ、幸せな人を妬まないでください。

一緒にその人の幸せを喜んでください。

その思考があなたの現実になります。

もう一度言いますが、思考エネルギーは判断しません。

だから、幸せを感じている人に向かって、不幸せになればいいのにと思ったとしたら、

その思考エネルギーはあなたにも作用するということになり、あなた自身も幸せから遠ざかり

不幸せだと思える現実を創造してしまうということになるのです。


人を羨んだり、妬んだり、焼きもちを焼くというのは、波動的にみて

とても損な考え方なのです。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」


ありがとう アシュタール! 感謝します。

(ここまで)




破・常識 あつしの挑戦「アシュタール:社会的な問題や個人的な悩みなどは・・・・」 [アセンション]

破・常識 あつしの挑戦「アシュタール:社会的な問題や個人的な悩みなどは・・・・」


昨日、今日とパソコンの調子が悪くなり記事の更新ができませんでした。
そのため、あつしさんとミナミさんの記事は2記事掲載となります。



(ここから)


今日の破・常識!




今までの社会的な問題や個人的な悩みなどは、

ピラミッド型社会の搾取が一番大きな原因。

そして、特に日本では丸型の社会が長かったということを思い出して。

わたし達は、横つながりの丸型の社会を知っている。

知っているのだから、それをまた創ることは出来る。

知っているわたし達からそれをはじめる・・といい・・・らしい(笑)




では、今日のアシュタールからのメッセージをお伝えします。


「こんにちは こうしてお話し出来ることに感謝します。

前にもお話ししましたが、今までのやり方が通用しなくなっています。

それは、あなたも肌で感じてわかっていらっしゃると思います。


では、これからどうしたらいいのか? 

どこに向かっていけばいいのか?わからない・・

と思う方もいらっしゃると思います。とても簡単です。

三角から丸へと移行する意図を持てばいいのです。


今までのピラミッド型の社会ではなく、

個々が横につながる丸い社会へとイメージすればいいのです。

それは新しく作る社会ではなく、

ピラミッド型のシステムになる前に実際に存在していました。

ですから、出来ないことは絶対にないのです。

簡単に言えば、逆行すればいいだけのことなのです。

元に戻していけばいいだけのことなのです。

逆行すると言っても、すべてそのままに戻す必要はありません。

いまの生活(テクノロジー)はそのままでいいのです。

昔の生活に戻すというと、薪で調理することなど出来ません、

家がなく洞窟で生活することなど出来ません・・

というお話しを聴くことがありますが、

そんなお話しではないので安心してください。


私がお伝えしているのは、考え方、価値観のことです。

考え方、価値観が変わるだけで、

実際の生活の方法は変わりません。

もちろん、考え方や価値観が変わってくれば、

エネルギーのチャージの方法も変わってくると思います

(今までのように石油や石炭などの化石燃料を使ったり、

核を使ったりするようなエネルギーではなく、テラの循環に沿った

フリーエネルギーを使うようになったりします)。


そして、今までのような大都市集中ではなくなりますので、

ストレスも大幅に軽減されます。

お金に対する価値観や消費についても考え方が変わってきますので、

仕事の仕方もずいぶん変わってきます。

満員電車にギュウギュウ詰めにされて

会社に向かうなどということもなくなります。


ピラミッド型システムでなくなると、搾取されることがなくなりますので

必要以上に働く必要がなくなります。

今まではピラミッドのトップの人たちに搾取されていたので、

働いても働いても豊かになることが出来なかったのですが、

横並びの社会では搾取がありませんので、必要以上に働かなくても

十分豊かに暮らすことが出来るようになります。

無理やり必要のないものを創り、そんなに欲しいと

思っていない人にまで無理にでも売らなければいけない

などということもなくなります。必要な物を少しずつ作り、

そして気にいった物を大切にする・・だから無駄な消費も無くなり、

お金もそんなに必要としなくなり、

だんだんお金という概念もなくなって行きます。


逆行すると(昔の生活に戻って行くと)

生活が不便になったりするからイヤだな・・と思わないでください。

大丈夫です・・

あなたがいま使っているテクノロジーはそのまま使えます。

生活はそんなに大きくは変わりません。

反対に、フリーエネルギーなどに代わってきますので

もっと安価に(ゆくゆくは無料で)安全にシンプルになってきます。


もちろん、横並びの社会ですので競争などしなくてよくなりますし、

戦争のようなことも起きなくなります。

戦争は、ピラミッド型社会のトップの人たちの利益のために

意図的に起こされているものですので、

ピラミッドがなくなれば自ずとなくなって行きます。


今までの社会的な問題や個人的な悩みなどは、

丸型の横つながりの社会になれば解消されるのです。

ピラミッド型社会の搾取が一番大きな原因だということを

お伝えしたいと思います。そして、特に日本では

丸型の社会が長かったということを思い出してください。

あなた達は、横つながりの丸型の社会を知っているのです。

知っているのですから、それをまた創ることは出来るのです。

知っているあなた達からそれをはじめてください。

波動の軽い日本列島に住むあなた達からはじめてください。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」



ありがとう アシュタール!


(ここまで)


破・常識 あつしの挑戦「アシュタール:逆転!」


(ここから)

今日の破・常識!



大きなひとつのピラミッドが崩れ、

小さな個性的なコミュニティーがたくさん出来、

そのコミュニティーが自然と横につながって行く。

それが、横並びの個の時代へとなって行く・・・らしい(笑)




では、今日のアシュタールからのメッセージをお伝えします。


「こんにちは こうしてお話し出来ることに感謝します。

ピラミッドシステムに嫌気がさして、

違う世界を作ろうとしている人たちがとても増えています。

ピラミッド社会からそっと出て、自分達の理想とする社会を

自分たちの手で創りたいと思い

たくさんの人たちが試行錯誤しはじめました。


その動きは、ピラミッドシステムを維持したいと思っている人たちには

とても脅威に感じます。ピラミッドを支えてくれている人たちが

いなくなってしまうのですから、それは彼らにとっては

死活問題にもなりかねません。


移住する・・都会から離れる・・それだけでも困るのに、

そこに意図が入るともっと困るのです。

新しい社会を創る意図なんてされてしまったら、

ピラミッドが成り立たなくなってしまいます。

大きなコミュニティーならまだ彼らにとって

そんなに脅威にはならないのですが

(いつものように分断させてしまえばいいのですから)

同じような意図を持った小さなコミュニティーが

いくつもいくつも出来てしまうことが困るのです。

その小さなコミュニティーが増えて行けば、

いつか逆転することになってしまうからです。

ピラミッドから出て、小さくても気持ちのいいコミュニティーが

いっぱい出来れば、それを見て

自分達もそちらの生活の方がいい・・と思う人たちが増えてきます。

そうなるとどんどんピラミッドからそっと離れる人たちが増え、

ピラミッドを支えてくれる人がいなくなってしまい、

ピラミッドは崩れてしまいます。


いままではそんなに脅威は感じなかったのですが、

ここに来てそういう(ピラミッドから離れて自分達で社会を創ろうとする)

動きがとても活発になってきているのを感じ、

怖れを感じはじめたのです。

だから、このようなイメージ作戦(いつものミスリード)を

展開しはじめたということです。


一般社会から離れようとする人たちは、大麻を育てたり、

使ったりする危険な人たちだというイメージを刷り込み、

一般人はそういう人たちに近づいてはいけません・・

とミスリードするのです。あの人たちは不良です。

そんな人たちに近づくと、あなたの人生も転落してしまいますよ・・

と脅しているのです。


新しい社会なんて夢の話です・・そんな夢を見ているから

結局は麻薬に手を染め(大麻は麻薬では無いのですが、

そういうイメージを持ってしまったのもミスリードのたまものです)

人生大きく転落してしまったのです。

だから、賢い人はそんな夢なんか見ずに、

しっかりと足元を見ていまの生活を続けて行くのです。

いまの生活が良い生活なのです。

この生活に疑問を持ったりすると落ちこぼれて、

あのような人たちみたいになってしまいますよ・・

というミスリード、思考の操作をするのです。


彼らは怖がっています。

あなた達庶民がいなくなるのが一番怖いのです。

そして、あなた達の共有意識がもういまの社会は

まっぴらだという方向へ流れています。

それはもう止めることは出来ません。

だからこんなにたくさんの人が、

自分達のオリジナルの新しい世界(社会)を創りはじめたのです。

思考錯誤しはじめたのです。


彼らは、一生懸命いまのシステムを維持するために

たくさんのミスリードを行います。

それを分かったうえでニュースなどを見るようにしてください。

ピラミッド社会に居れば安全です。

いままでの社会しか、あなたの居場所はありません・・

そこから離れようとすると、怖いことがおき人生転落していきます・・

というニュースに耳を傾けないでください。


あなた達の共有意識は、逆流をはじめています。

いままでの流れをさかのぼり、新しい流れを創りはじめています。

その流れに乗ってください

(いまの社会に違和感を感じ、そこから出たいと思うならばですが)


あなたの思う新しい世界(社会)でいいのです。

それを大きくしようと思わないでください。

小さくてもいいし、形(やり方)はみんな違っていいのです。

でも、流れて行く方向は同じなのです。

だから、彼らにとってとても恐ろしい流れなのです。


そのまま流れてください。

すぐに行動しなくても、意識だけでいいですので

その流れに乗ってください。この流れが主流になっていきます。

大きなひとつのピラミッドが崩れ、小さな個性的なコミュニティーが

たくさん出来、そのコミュニティーが自然と横につながって行きます。

それが、横並びの個の時代へとなって行くのです。


あなたに愛を込めてお伝えいたします」


ありがとう アシュタール!


(ここまで)



世にも奇妙なフツーの話より「ミナミさん:興味がある!気になる?」 [アセンション]

世にも奇妙なフツーの話より「ミナミさん:興味がある!気になる?」



(ここから)


私、小さなころからホント好奇心が旺盛で・・とにかく知りたい、やってみたい・・

何でもかんでも体験してみたい・・

たぶんそうなるだろうなぁ~・・って予測がつくものでも体験してみないと

気が済まない(苦笑)

以前のブログでも書きましたが、納豆アイスの件もそうです(笑)

バニラアイスの中に納豆(それも生のまま、まだドライ納豆ならわかるけど)が

入ってる・・だいたいの想像はつく、でもでも一度どんなものか味わいたい

(まずくても美味しくてもとにかくどんな味か知りたい)と・・

我慢できずにトライ!・・あはっ^0^; 

でも、それが何年たってもいい思い出になってるんですよ・・こうしてブログの

ネタにもなってるし^^

アシュタールも、無駄な経験などありませんって言ってるけど、マジそう思う(笑)


ホント、とにかく知りたい、やってみたい・・・でも、琴線に触れないものは一切

興味がわかないんですよね~、世間で流行ってるって言われても、興味がわかなければ

まったくスルー・・自分でも笑っちゃうくらいはっきりしてる^^;


そしたらね、やっと最近になって自分の興味あることの傾向がわかって来たんです。

あ~、私ってこういうことに興味があるのねぇ~って!


私、小さなころから今生きてる世界にすごく違和感があって、早くどこかに帰りたくて

(どこに帰るのか分からないけど、常にここは私の居場所じゃないって思ってました)

何で生まれてきたんだろう? 何しにこんなひどいところに来ちゃったんだろう?って

ずっと思ってました。


でもね、やりたいこと手当たり次第にやってきたおかげで、やっと最近になって、

あ~、私これをしたくて今のテラに生まれて来たのねぇ~・・

ってなんとなく分かりかけて来ました。

あ~、それなら納得・・って感じ? 今までの人生もそのためにあったのねぇ~って、

(私にとって良いと思うことも、酷いことだと思ったことも)全部必要だったのねぇ~って、

思うことが出来たら、今までの人生(結構波乱万丈だったけど)がとても愛おしく

なってきました。

・・ということでこれからも、好奇心まっしぐら、知りたい、やってみたい・・

で生きて行こうと思います^^


では、今日のアシュタールからのメッセージをお伝えしますね^^

「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

あなたが何のために、何がしたくてテラに転生してきたのか?知りたければ、

ピースをたくさん集めてください。

あなたは一枚の絵を完成させたくてテラに来ました。

一枚の絵が、いわゆるブループリントと呼ばれるもの、テラに来た時の計画書のような

ものです。

どこかに遊びに行くとき、それなりにある程度計画を立てますね。

海で遊びたい、山を登ってみたい・・それによって計画も変わってきます。

海で遊びたいと思っても、浜辺で寝転んでいたいと思うのか、ダイビングしてみたいと

思うのかによって装備も変わってきます。

あなたもテラに転生してくるときに、計画書を自分でたてて来たのです。

こうやって遊ぼう・・って!


でも、テラに転生してくるときにそれを忘れてしまったのです。

というか意図的に忘れるようにしたのです。

そうしないとつまらないと思ったからです。

ゲームでも、何から何まで攻略方法を知っていたらつまらないでしょう?

はじめたら、すぐに終わってしまいます・・それでは何のためにゲームをしているのか

分からないからです。

ゲームの楽しみは、過程になるのですから・・次はどうすればいい? ここはどうしよう?

と考え、うまく次に進めたときの喜び、達成感を感じることがゲームのだいご味では

ないでしょうか?

あなたのテラの遊び方も同じです。

過程を楽しみたくて来たのです・・だから、計画書を忘れるようにしたのです。


そしてそのあなたのブループリントを思い出す?ヒントがピースなのです。

ピースとは、ジグソーパズルのピースのようなものです。

一枚だけ見ていれば何のことだか全くわかりません。

でも、そのピースが何枚かになって一つのかたまりになっていけば、すこしずつ

全体像が見えてくるようになりますね。

ピースが多くなればなるほど、そのピースがつながってかたまりになってきます。

かたまりが増えれば、何となく何の絵なのかイメージすることが出来るようになるのです。

分かりますね?・・そうすれば、自分がどんな絵を描きたかったのかわかるようになります。

あなたが何をしたくてテラに転生してきたのかわかるようになってきます。


では、どうやってピースを集めればいいのでしょうか?

それは、興味です・・気になることです。

どんなに小さなことでも、それは大切なピースになります。

そして、どんなにバラバラに見えても、大切なピースの一枚なのです。

左端のピースと右端のピースはまるで関係のないもののように思えるかもしれませんが

繋がっていけばそれが関係していることがわかります。


興味があることは躊躇せずにやってみてください。

その時は何が起きたのか?どんな意味があるのか?わからなくてもいいんです。

ただ、興味があったから・・それだけでいいんです。

でも、その経験が大切な一枚のピースとなるのです。


こうして、一枚一枚ピースを集めていってください。

そうすれば、あなたのブループリントがわかってきます。

何をしにテラに転生してきたのかが分かるようになってきます。

それは役目とか使命とかそんなものではありません。

ましてや、誰かに命令されたものでもありません。

すべてあなた自身が決めたことです。


大きなピース(経験)が重要なものだとは限りません。

小さくて何のことだか分からないピースが大きなポイントとなるのかもしれません。

小さな興味で行った映画館で、誰かと合う・・それだけのことが大きな転機に

なることもあるのです。

例えその時にそれが転機になると分からなくてもです。


とにかく、興味があること、気になることはやってみてください。

やってみたことで何も起きなかったとしても、近視眼的に判断しないでください。

必ず、それはあなたにとって必要なピースなのですから。


興味がある、気になる・・それは、あなたのハイヤーセルフからのメッセージだと

思ってください。

直感、ひらめきは、大きなあなた(ハイヤーセルフ)からのメッセージです。


あなたに愛をこめてお伝えいたします。」


ありがとう アシュタール! 感謝します

(ここまで)



そうですね。興味があることは人それぞれです。そして、普段はそんなことを気にもして

いないのですが、よく考えてみればそれが自分自身の目的を示すピースの一つだと

気付くことがあります。


私の場合には「時間」と「音楽」です。

時間、特にタイムトラベルに大変興味があり、映画やドラマもも多くはそれを題材とした

ものを見ています。これは何を意味するかというと時間が何かをつかむことで宇宙の

神秘を知ることだろうと思います。宇宙を含めたこの3次元や4次元以上の世界の構造です。

それを知りたいというのがあります。アシュタールやさくやさんのメッセージがあってだいぶ

その内容をつかめてきました。そして、私たちの存在r理由がそこに隠されています。

そして、そこから得られる普遍的な真理が何かということですね。


みなさんも自分の興味あることを見つけて自分探しをしてみてください。




破・常識 あつしの歴史ドラマ「さくやさん:名前だけで信用してしまうのは・・・・」 [アセンション]

破・常識 あつしの歴史ドラマ「さくやさん:名前だけで信用してしまうのは・・・・」




(ここから)


今日の破・常識!




名前だけで信用してしまうのはとても危険なこと!




では、今日は、さくやさんからのメッセージをお伝えします。


「チャネリングってね・・テレパシーなのよね。

テレパシーってね、理解の飛ばし合いなの。言葉は使わないのよ。

高次になればなるほど、言葉は必要ないの。


でね、私はたくさんの人とチャネリングという

テレパシーを使って交信してる。

それは、言葉ではなく意識?思考?を投げかけているのね。

だから、意識?思考?の受け取る人によって、

言葉や内容が変わってくるのは仕方ないの。

すごく固くるっしく翻訳する人もいるし、

ミナミのようにはっちゃけた(笑)翻訳する人もいるわ。

だから、いろんな”このはなさくやひめ”がいる・・

って思ってる人がいるかもしれないわね。

そして、人によって態度を変えてる?・・って思われてるかも(笑)


でもねそれは私が人によって言葉や態度を

変えてるってことじゃないってこと。

この人には固っ苦しい言い回しで話をして、

この人には友達のように普通の言葉で話をする・・

そんなことはしてない。

私は、みんなに同じように伝えたいことを意識?

思考?のかたまり(理解)にして伝えてるだけ。

受け取った人が、神話の中に出て来る神さまだから、

きっとこういう話し方をするんじゃないかなっていう

先入観を持っていたら堅苦しく翻訳するかもしれないし、

神話なんて読んだこともない人なら、そんな先入観もなく

友達みたいに話しをするかもしれない。

(もう一度言うけど、私は神話の中に出て来る

”このはなさくやひめ”ではないからね。

私は、じょうもんの子たちと仲良くしていて

”このはなさくや”と呼ばれていた

ドラコニアンという種族の宇宙人で、

神話の中に出て来る”このはなさくやひめ”は、

私の名前を使ったナーガという種族の宇宙人で

私とはまったく別の存在なの。

この話しはとても長くなってしまうからここではしないけど、

そこをしっかりと抑えておいてね

ナーガの人たちも、”このはなさくやひめ”という名前で、

チャネリングしていることもあるから

ほんとややこしくなってるのよね。

神さまのいる神社に行きなさい・・神社で願い事しなさい・・

って言ってるのは、ナーガの”このはなさくやひめ”だ

と思ってもらっていいわ・・知っての通り私は神もいないし

神社に行くなんてナンセンスって伝えてるんだから)


すべてのイメージは受け取った人の側のことなの・・

私が態度を変えてるわけじゃないからね(笑)


それからね・・先入観ってことから話をするんだけど、

先入観で物事を見てしまうと

とても危険なことがあるから気をつけてね。

それはね、名前を騙る存在がいるってこと。

このはなさくやひめ・・っていう名前を使うと、

いろんな文献で見たことがある名前だということで、

安易に信用してしまうことがある。

これは、日本の神話に限らず世界的に有名?な

存在にも言えることね。

大天使○○とか、ギリシャ神話の○○とか・・ね。


あなた達は、その人の個性のエネルギーだけで

存在を認識することが苦手でしょ。

だから、名前が必要になって来るのよね。

で、エネルギーを感じようとする前に

名前だけで信用してしまう傾向が強いのよね。


たとえば、高次ではなく異次元の存在であっても、

名前を騙ってくればすぐに信用してしまう。

(名前を騙ったナーガたちも高次元の存在じゃなく、

異次元領域にいるの。そして、異次元領域にはナーガだけでなく、

眷属や幽霊などの波動の重い存在がたくさんいる)

で、一度信用してしまうと疑うことなく、

その存在の伝えてることを信用し受け入れる。

これって、すごく危険なことなのよ。


私は神話に出て来る○○という神である・・

こうして神である私と交信できるそなたは特別な存在なのだ。

だから、神である私の言葉を下々のものに伝えよ・・

なんてことが起きて来る。神だと信じ切った人は、

そのエネルギーを審神者(さにわ)することなく、

ただ言われるがままに情報として発信していく・・ということになるの。

神を崇めなさい・・あなたには力がない、

だから力を持った神に頼りなさい・・お布施をしなさい・・など、

彼らにとって都合のいい情報を発信させようとする。


これは、私だけが偉くて信じるべき存在だ・・って

言ってるんじゃないからね。誤解しないでね。

そうじゃなくて、名前だけで信用してしまうのは

とても危険なことなのよ・・って伝えたいだけなの。


今はテラの波動が軽くなって、それに共振して

あなた達の波動も軽くなってきている。

それにつれて、超感覚を思い出す人も増えて来てるわ。

テレパシーを使える人も増えてる。

だから、気をつけて欲しいの。

交信している存在の名前じゃなくて、エネルギーをしっかりと感じ、

メッセージの内容をしっかりと精査してほしいってこと。


神だと名乗る存在には近づかないことをお勧めするわ。

特に、ピカピカした感じ?黄金色?とても神々しい感じ?の存在は、

しっかりと確かめてね。

あと、自分の肖像画を描くようにという存在もね。

肖像画を描くということは、それに対して崇めなさいということだから。

肖像画をポイントとして、あなたのエネルギーを

その存在に流しなさいということだから

(それは、エネルギーを搾取するため)


高次元の存在は、自分の肖像画など欲しない。

絵でなくても、存在を象徴するような形、物は、反対にいらないのよ。

絵などの象徴が出来てしまうと、それが宗教のようになってしまうから。

宗教の教祖になりたいなんて、まったく思ってないからね。

だって、ワンネス・・すべては同じ存在ってことを知っていて

そんなことをしたいなんて思うわけないじゃない。


だから、教祖になりたがる人はワンネスを知らない人ってことよね。

そして、あなたから何かを搾取したいと

思ってる人だってことを分かってね。


あなた達を心から愛してるわ~~」



ありがとう さくやさん!

(ここまで)


世にも奇妙なフツーの話より「アシュタール:あなたの手を離れたら・・・・・」 [アセンション]

世にも奇妙なフツーの話より「アシュタール:あなたの手を離れたら・・・・・」




(ここから)


今日のアシュタールからのメッセージをお伝えしますね^^

「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します

どなたかに何かをして差し上げるときは、見返り?お返し?を期待しないでください。

プレゼントはあなたの手を離れた時から、あなたのものではなくなります。

伝わっていますでしょうか?


喜ぶ顔を見たいから・・といってプレゼントすることは期待していることに

なるのです。

ありがとう・・という言葉を期待していることになるのです。

分かりますか?

もし、あなたがプレゼントしてもその方が喜ぶこともなく、ありがとうと

いうこともなく、もしかしたら目の前で捨ててしまうこともあるかもしれません。

でも、プレゼントしたものはもうあなたの手から離れ、その人のものとなっている

のですから、その方がそれをどうしようとあなたには何もいう権利はなくなると

いうことになるのです。


私が言いたいのは、プレゼントするならばそのことを覚悟の上でプレゼントして

ください・・ということです。

プレゼントすること自体を喜びと感じられないならば、プレゼントしないでください。

期待すると、それが自分の思ったような反応が返って来なかったときに怒りや

悲しみやがっかり感が起きます。

その感情が相手の方への感情になった時に、その方との関係がおかしくなってしまう

ということになるのです。

難しいですか?


自分がプレゼントしたいだけです・・と思ってプレゼントすれば、相手の方がどういう

反応をしてもあなたはそのことに関して何の感情も起きません。

自分がプレゼント出来た・・あなたには喜びだけが残ります。

それが、提供するということです。

何かを期待してプレゼントするのは、提供ではなくある意味物々交換的な考えなのです。

差し上げたのだから、何かの形で返してくださいね・・というのは交換です。

喜ぶということも、ありがとうという言葉も交換になるのです。

だから、返してくれなければ話が違うでしょ・・と思ってしまうのです。


ですので、何かをして差し上げる時は覚悟してください。

何も返って来なくても、それでも自分がしたいからするのです・・と思えますか?・・

と自分自身に聞いてみてください。

それでもいいと思えるならば、プレゼントしてください

そうすれば、何も問題は起きません。


人を好きになる、愛するということも同じです。

私も愛してるのだから(愛のエネルギーを差し上げているのだから)、あなたも

私にそれを返してください(私も愛してください)と、見返りを期待してしまうから

問題が起きてしまうのです。

そうではなく、あなたを愛することが出来ることが私にとってうれしいことです・・

という考え方が出来れば、もしあなたにその方から愛のエネルギーが返ってこなくても

何も問題ではなくなるのです。

愛のエネルギーはプレゼントなのです。

プレゼントする喜びを大切にしてください。

プレゼントすることに見返り?お返し?を期待するから、問題が起きてくるのです。


あなたが主になってください。

あなたがどう思っているか、それだけでいいのです。

私があなたを愛しています・・それだけでいいのです。

私が愛のエネルギーを差し上げることが出来るあなたの存在に感謝します・・

と思えれば、例え愛のエネルギーが返って来なくても、あなたは平和でいられます。

自分の中に愛のエネルギーが満たされますので、あなたは満足できるのです。


それが、高次の愛の表現(プレゼント)です。

高次の愛(プレゼント)は、尊敬と感謝のエネルギーなのです。


あなたに愛をこめてお伝えいたします。」

ありがとう アシュタール!感謝します。


(ここまで)




破・常識 あつしの歴史ドラマ「アシュタール:あなたは波動のことが理解できれば・・・・」 [アセンション]

破・常識 あつしの歴史ドラマ「アシュタール:あなたは波動のことが理解できれば・・・・」




(ここから)


今日の破・常識!




波動エネルギーのことを理解できると、ワンネスがわかる。

ワンネスというのは、すべてが同じものででいているということ。

すべてが同じで繋がっている・・ということ。

あなたは私、私はあなた・・すべてが自分!




では、今日のアシュタールからのメッセージをお伝えします。


「こんにちは こうしてお話し出来ることに感謝します。

波動のことが理解出来れば、すべてがわかります。

あなたの思考のエネルギーが、

あなたの現実を創っているということが分かります。

そうなれば、あなたの現実はどんなことも

すべてあなたの自由になるのです。


良い現実も、悪い現実もありません。

良い現実とあなた達が表現しているのは、

いまあなたがいるピラミッドシステムの中で

都合の良い現実のことなのです。

お金持ちになりたい、良い生活がしたい、健康でいたい、

社会で成功したい、有名になりたい・・などは、

ピラミッドシステムから見た、小さな価値観での

良い現実だということだけです。


価値観が変わると、良い現実も悪い現実もない

ということが分かります。もっと大きな視点で見ることが出来れば、

すべてが素晴らしい現実だということが分かります。


そして、すべてが波動エネルギーで出来ているということが

理解出来れば、あなたが見ている現実さえも幻、

ホログラムであることが分かります。

その視点から、いまのピラミッドシステムの中の

良い現実というものを見た時、

それが砂漠の蜃気楼のようなものに過ぎないこともわかります。


宗教的な概念も、波動エネルギーの視点から見ることが出来れば、

とてもナンセンスなことだと分かります。

波動エネルギーのことを理解できると、ワンネスがわかります。

ワンネスというのは、すべてが同じものででいているということです。

すべてが同じで繋がっている・・ということです。

あなたは私、私はあなた・・すべてが自分なのです。


その中で、特別な存在がいるという考え方はありえないのです。

自分より素晴らしい存在がいて、

その存在が自分を生かしてくれている、

自分はその存在がいなければ何も出来ない・・などという考え方は、

波動のことがわかればまったくナンセンスなことだとわかります。


宇宙の真実を知ってください。

すべては絶対無限の存在からはじまりました。

絶対無限の存在が自分のことを知りたくて、たくさんの自分を創り、

たくさんの経験をしていく旅をしているのです。

そのたくさんの自分の一人があなたであり、私であるのです。

自分探しの旅・・それが宇宙の成り立ちなのです。


あなたは、絶対無限の存在なのです。

それがわかれば、良い体験や悪い体験などないということ、

そして優劣や貴賤などないということが理解できると思います。


お話ししたいことがたくさんありすぎて、困ってしまいます(笑)

これからも少しずつ、少しずつですが、

いろいろなことをお伝えしていきたいと思います。

もしよろしければ、耳を傾けてくださいね


あなたに愛をこめてお伝えいたします」



ありがとう アシュタール!

(ここまで)


波動のことを理解するのがとての難しいのだと思います。

なぜなら、そのような教育もされていないし、考えるようにもされていないからです。

波動というと電波の周波数のことを思い浮かべますが、それとも少し違うようです。

言ってみればひとつのエネルギー状態のことを指します。


波動をマインドで理解しようとすると今の現実世界に当てはめて考えようとするので

どうしても迷子になってしまい、全くわからなくなってしまいます。


だから、重い、軽いと表現した方がしっくり行くかと思います。

3次元と言えば、誰でもああそうかと合点が行きます。なぜなら、それは縦、横、垂直で表される

立方体がそのまま3次元になるからです。

それでは次元は?


この3次元では限られた次元という世界の中でも、波動の異なる場所が同時に存在します。

都会のざわめきの多い場所と山や海のような自然にあふれた場所の違いでおわかりと

思います。片方はどちらかというと重く、どんよりした感じで、一方は軽く爽やかなイメージです。

でも、その人が都会の方が好きだとすれば、その人にとっては都会は重くどんよりしたもので

はなく、好奇心がそそられる何か新しい近代的なものを感じさせるものになります。

そうすると都会はその人には大変エキゾチックで素晴らしい場所になります。

ところが、うるさいところが嫌いな人にとっては、自然のささやく風の音、生い茂った植物の

織り成す緑あふれる姿と、それらを照らす太陽の明るさがとても快適なものになります。


どちらも好む人によっては素晴らしい場所になります。

しかし、互いの場所を見たときには都会の人には自然がうっとうしく感じられますが、自然を

愛する人からすれば都会は汚れた重々しい感じを与えます。

波動とはそうしたものです。ある一つの状態を表します。

波動をマインドでとらえようとしてもうまく行きません。感覚でとらえることです。


波動は一つのエネルギー状態です。同じ物質でも波動が異なれば形態が異なり存在する

場所さえ異なります。それは波動がそう決めているからです。


そのため、波動と次元をごっちゃにして考えるのではなくわけて考えるようにすると良いです。

波動が異なれば集まってくる人々も違ってきます。なぜなら好みが異なるからです。


5次元は波動レベルが高いというより、波動の差が明確になる世界とでも言えます。

違う波動の人が同じ場所にいることがつらいところです。そのため互いのテリトリーを決めて

分かれて存在するようになるだろうと思います。

波動が軽い人はどんどん新しいことが出来るようになりますが、波動の重い人はそのままの

状態でいることになるのでしょう。どちらがいいかはその人の好みになります。


これからは徐々に波動の違いがわかる時代になってくるだろうと思います。