So-net無料ブログ作成
検索選択

毎日ゆるっとチャネリング(^ε^)-☆Chu!! より「カルマ~?」 [アセンション]

毎日ゆるっとチャネリング(^ε^)-☆Chu!! より「カルマ~?」




(ここから)

今日も読んで下さって ありがとうございます



受け取ったのは一瞬なのに 長文になってしまってゴメンナサイなメッセージ。





波動の事を理解し始めて

波動に重い 軽いがあるのであれば 自分は軽い方へ行きたいと思い、

波動が軽い世界に行くためには

一つ一つ カルマを見つけ出して 浄化しなければならない とか

一つ一つ トラウマを見つけ出して 解放しなければならない、

それが済めば ハイヤーセルフや宇宙と繋がりやすくなる、

と言われている情報を信じて



自分のこれまでの経験、時には過去生までさかのぼって

カルマやトラウマと思われるものを探し出して 向き合い、

それらを一つ残らず浄化、解放しようとして



手に負えなさそうな謎を解くために たくさんのお金を払って

カルマを浄化します、トラウマを解放します、と言っている人の所へ

何度も行って、助けてもらって



解決したと思ったのに、また新たな問題が現れて

これはどうしたことだろう、私の何がいけなかったのか?

と 思い悩んでいる方が たくさんいるようです。



まず一つ伝えたい事は

波動が軽い=良いこと、波動が重い=悪い事 ではないのです。

どちらを自分が選びたいか、というだけです。

そして、軽い方にしか進まないとか、重い方にしか進まないとかいう事はなく

行ったり戻ったりしながら 長い目で見れば 決めた方向に進んで行くので

短期間で見れば、 軽い方に行くと意図したにもかかわらず

重い方に行っている という時期もあるでしょう。

同じ所に留まるという事はなく 常に変化しているのですから。

波動が上がった下がった という事に 振り回され過ぎない事です。

そこに注目するのではなく ただもっとシンプルに

スッキリする、しっくり来る、無理がない、楽しい、幸せだ、

という感覚のする方を選んで 過ごしていれば良いのです。



もう一つには

自分が出した思考によって あなたの目の前に何か現象が現れる事を

恐れる必要はない という事です。

現れた現象に対して 意味を付けたり 感情を動かしたりしているのはあなたです。

そこに感情を伴って入り込むことなしに

その現象と わき起こった自分の感情を ただ眺められるようになれば良いのです。



問題を綺麗に全て解決しなければならない という事はないですし

綺麗に全部なくなるという事もないのです。

解決の仕方も 以前とは 変わってきている部分もあります。

必ずしも両極を十分体験し尽くさなくても

全体を理解できる段階に来ていますから

必ずしも古い情報が伝える通りのやり方をしなくて良い事が多くあります。



また、誰かに手助けしてもらって問題の解決を行うにしても

行うのはあなた自身です。

あなたは自分で、自分の良いと思ったやり方で出来ますから

外のものに頼ったり 誰かに依存しないでください。



過去の過ちを償うために 今の人生があるのではありません。

人によっては 「出したものを受け取る法則」 を 「カルマ」と言っているだけです。

人々のコントロールの為に 「カルマ」 という言葉を使っている場合もあります。

いずれにしても そんなものを気にする必要はありません。

大切な事は 自分が自分の人生の主である事を思い出すこと。

もっと頭を柔らかくして シンプルに 心のままに 楽しく生きて下さい。

(ここまで)


今日からもうひとつチャネリングメッセージを追加します。

Muuサロンでお仕事をなさっているYUMIさんが受け取っているチャネリングメッセージ

ですが、アシュタールやさくやさんとまた違った感じのメッセージですが、語っていることは

ほぼ同じです。


(追記 2016/12/2)

Muuサロンでお仕事をなさっているYUMIさん」という部分ですが、間違いでしたので訂正させて

いただきます。正しくは「Muuワークショップに参加されたYUMIさん」で、Muuのスタッフではありません

でした。ミナミさんとMuuスタッフの皆様並びに読者の皆様に誤解を与えたことを心からお詫びいたします。




でも、違ったスタイルなのでこの方がしっくりくる方もいらっしゃると思います。


カルマって、そんなに深刻に考えなくともいいのがわかりますね。

それに波動が重いからと言って超落ち込んだり、悲観することもないわけです。

アシュタールじゃありませんので、波動はどうしても上下します。

それでも、次第に軽くなっていくのであれば、それで良しとしないといつも自分を

責めていなければならないので、その方がよほど問題でしょう。

自分なりの気分転換を図ってそこから脱出できればいいのではないでしょうか?


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:限界集落と逮捕続出の間にあるもの」 [アセンション]

世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:限界集落と逮捕続出の間にあるもの」



(ここから)

なんだかイヤぁ~な動きですねぇ~^^

限界集落と大麻・・・この前テレビのニュース番組でやってたんですけど、

そこまでする?って言うくらいの報道の仕方。

名前はもちろん顔写真から動画まで、これでもかっていうくらい報道してた。

この程度のニュースにこれほどの時間と手間をかけるかなぁ~??って思いました。


この人たちが本当に大麻を作ったり、使ったりしてたかは分かりません。

でも、すごく思ったのは”大麻を使って逮捕”・・ということより、「限界集落=大麻」

というイメージを植え付けたいのかな?ってことです。

限界集落に移住する人たちは、なんかアブナイ人達っていうイメージを強く押し出してる

気がするのは、私だけでしょうか?

この前の沖縄の女優さんの件も、ちょっと異常な報道の仕方に思えました。

大麻を使ってたということよりも、沖縄の生活の異常さを無理やり視聴者にイメージさせようと

している作り方だなって思ったんですよね。

よく見てみると別にそんな異常な生活じゃないと思うんですけどね。

(一般社会の生活ではなかったのは確かですが・・・)

いわゆる都会の普通の生活(一般社会)「から脱出しようとした人たちは、怖い人たち、

ヤバい人たち、犯罪を犯す人たち、異様な人たち・・的なレッテルを張ろうとしてる感じが

してならないんです。


なんかイヤな動きを感じます。


では、今日のアシュタールからのメッセージをお伝えしますね^^

「こんにちは こうしてお話し出来ることに感謝します。

ピラミッドシステムに嫌気がさして、違う世界を作ろうとしている人たちがとても増えています。

ピラミッド社会からそっと出て、自分達の理想とする社会を自分たちの手で創りたいと思い

たくさんの人たちが試行錯誤しはじめました。


その動きは、ピラミッドシステムを維持したいと思っている人たちにはとても脅威に感じます。

ピラミッドを支えてくれている人たちがいなくなってしまうのですから、それは彼らに

とっては死活問題にもなりかねません。


移住する・・都会から離れる・・それだけでも困るのに、そこに意図が入るともっと困るのです。

新しい社会を創る意図なんてされてしまったら、ピラミッドが成り立たなくなってしまいます。

大きなコミュニティーならまだ彼らにとってそんなに脅威にはならないのですが(いつものように

分断させてしまえばいいのですから)同じような意図を持った小さなコミュニティーがいくつも

いくつも出来てしまうことが困るのです。

その小さなコミュニティーが増えて行けば、いつか逆転することになってしまうからです。

ピラミッドから出て、小さくても気持ちのいいコミュニティーがいっぱい出来れば、それを見て

自分達もそちらの生活の方がいい・・と思う人たちが増えてきます。

そうなるとどんどんピラミッドからそっと離れる人たちが増え、ピラミッドを支えてくれる人が

いなくなってしまい、ピラミッドは崩れてしまいます。


いままではそんなに脅威は感じなかったのですが、ここに来てそういう(ピラミッドから離れて

自分達で社会を創ろうとする)動きがとても活発になってきているのを感じ、怖れを感じ

はじめたのです。

だから、このようなイメージ作戦(いつものミスリード)を展開しはじめたということです。


一般社会から離れようとする人たちは、大麻を育てたり、使ったりする危険な人たちだという

イメージを刷り込み、一般人はそういう人たちに近づいてはいけません・・とミスリードするのです。

あの人たちは不良です。

そんな人たちに近づくと、あなたの人生も転落してしまいますよ・・と脅しているのです。


新しい社会なんて夢の話です・・そんな夢を見ているから結局は麻薬に手を染め(大麻は麻薬では

無いのですが、そういうイメージを持ってしまったのもミスリードのたまものです)人生大きく

転落してしまったのです。

だから、賢い人はそんな夢なんか見ずに、しっかりと足元を見ていまの生活を続けて行くのです。

いまの生活が良い生活なのです。

この生活に疑問を持ったりすると落ちこぼれて、あのような人たちみたいになってしまいますよ・・

というミスリード、思考の操作をするのです。


彼らは怖がっています。

あなた達庶民がいなくなるのが一番怖いのです。

そして、あなた達の共有意識がもういまの社会はまっぴらだという方向へ流れています。

それはもう止めることは出来ません。

だからこんなにたくさんの人が、自分達のオリジナルの新しい世界(社会)を創りはじめたのです。

思考錯誤しはじめたのです。


彼らは、一生懸命いまのシステムを維持するためにたくさんのミスリードを行います。

それを分かったうえでニュースなどを見るようにしてください。

ピラミッド社会に居れば安全です。

いままでの社会しか、あなたの居場所はありません・・そこから離れようとすると、怖いことがおき

人生転落していきます・・というニュースに耳を傾けないでください。


あなた達の共有意識は、逆流をはじめています。

いままでの流れをさかのぼり、新しい流れを創りはじめています。

その流れに乗ってください(いまの社会に違和感を感じ、そこから出たいと思うならばですが)


あなたの思う新しい世界(社会)でいいのです。

それを大きくしようと思わないでください。

小さくてもいいし、形(やり方)はみんな違っていいのです。

でも、流れて行く方向は同じなのです。

だから、彼らにとってとても恐ろしい流れなのです。


そのまま流れてください。

すぐに行動しなくても、意識だけでいいですのでその流れに乗ってください。

この流れが主流になっていきます。

大きなひとつのピラミッドが崩れ、小さな個性的なコミュニティーがたくさん出来、

そのコミュニティーが自然と横につながって行きます。

それが、横並びの個の時代へとなって行くのです。


あなたに愛を込めてお伝えいたします」


ありがとう アシュタール! 感謝します!

(ここまで)



ここ数か月の間に関連する事件が多くなりましたね。

なんで、こんな人が?と、思うくらいの衝撃が夕食の時間にも走ったみたいです。

調べてみれば双里夫人との関連もあるようです。


そして先日の芸能人逮捕!後日の報道によれば証拠があったとかなかったとか?

明らかに何らかの意図をもって起きていることには間違いないようです。


医療分野では許されるのが世界的な流れになっていますが、日本でそれを認めてしまうと

これまでの方程式が成立しなくなるからでしょう。

何とかして阻止しようとの意図が丸見えです。


これからは個が自由に集まって自由に生活する社会が目指す世界です。

規則や法律は必要なものだけあればいい。

税金も必要なものだけというシンプルライフの実現です。


この流れが踏み止まらないように、そして限界集落に必要なクリーンエネルギーが実用化される

ことを期待しましょう。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

破・常識 あつしの歴史ドラマ「さくやさん:猛烈にすべてを投げ打って働くの?」 [アセンション]

破・常識 あつしの歴史ドラマ「さくやさん:猛烈にすべてを投げ打って働くの?」


(ここから)



今日の破・常識!




仕事ってあなたにとって何?・・

そこのところをもう一度考えてみて。

あなたは仕事をするためだけに生まれて来たんじゃない。

猛烈にすべてを投げ打って働くのが、優秀な人じゃない。




では、今日は、さくやさんからのメッセージをお伝えします。


「ホントに誰のために働いてるのかしら?

何のために働いてるのかしら?・・ってゆっくり考えたことある?

みんながそうしてるから・・って無条件に何も考えずに働いてない?

(もちろんみんながみんなそうじゃないとは思うけど)


でも、ある意味褒められたいっていうのも

どこかにあるんじゃないかな?

こんな状況でも会社に来る・・それは会社への忠誠心?

みたいなものを示したい・・みたいな。

上司に褒めてもらいたい・・みたいな。

でもね、褒めてもらいたいのはわかるけどね、

そんなことをしていたら、ずっといつまでも無理してでも

仕事しなきゃいけなくなるわよ。誰かが、それはおかしいでしょって

やめない限り、忠誠心や勤勉さを計るバロメーターになって

それでいつも計られるようになる。


でもね、仕事ってそんなところで計るものじゃないとおもうのよね。

会社や上司への忠誠心的なところで

仕事をしても仕方ないじゃない?

何かあった時に一番に掛けつけるのが良い社員?・・

そんなバロメーターいらないわよ。

そして、上司もそんなバロメーターで計っている限り、

本当の仕事は出来なくなるわ。


会社は社員の人たちに働いてもらって成り立つのよ。

その社員の人たちが気持ちよく働ける環境を

つくれる会社が一番強くなれるの。社員が無理して、無理して、

我慢して働かなきゃいけない会社は、近視眼的にはよく見える、

業績も上がるかもしれないけど、長くは続かない。

だってそうでしょ・・働いてくれて、業績を上げてくれている人達が

疲弊して動けなくなってしまったら誰が働いてくれるの?

なら、疲弊した社員、働かなくなった社員を切って、

新しくまた入れればいい??

そんな考え方は、ナンセンスにもほどがあるわ。

そんなことをしてたら、いつまでも新人ばかりになって

ある意味素人の集まりになる。

そんな会社がどうなるかは火を見るより明らかよね。


いまあなた達の社会で問題になってるブラック企業がそれそのものよ。

社員たちを無理やりこき使って疲弊させて、

一時的には業績は伸びるけど、長くは続かないでしょ。

だって、疲弊した社員が良い仕事をするとは思えないものね。

形としての仕事は出来るけど、愛のこもった仕事は出来るわけないわ、

仕事をしている人に、もうエネルギーが残ってないんだから。

たとえば、何かの販売をしている人をイメージすればわかるわよね。

疲れ切って、笑顔も出ず、クラ~~い顔した人から

何か買おうと思わないでしょ。

やっぱり楽しそうにしている人から買いたいと思うでしょ。


気持ちよく働いてくれている人たちがいる会社の方が、

長い目で見れば絶対に長続きするの。

業績も上がるの・・わかるでしょ。

だから、会社は働いている人たちを無理させたり、

我慢させたりしちゃいけないの。

会社の業績を良くしたいと思うなら、コストを下げようとするよりも

先に働いている人たちを大切にして

気持ちよく出来る環境をつくるのが一番優先すること。


そして、働いている人も、変な忠誠心や勤勉さをアピールする前に、

まず自分を疲弊させないこと。ちゃんと休んで余裕を持って

仕事が出来るようにしておくことが仕事を優先させるってこと。

長時間がむしゃらに働くことが、素晴らしい働き方じゃない。

そんなのただ疲弊して、摩耗して、つぶれてしまうだけ・・

そんな疲弊してしまった状態でいい仕事なんて出来るわけないのよ。

仕事は、時間で計るものじゃない・・短時間で集中すればいいの。

そのためにも、しっかりと自分の時間を大切にして

エネルギーも余裕を持たなければそれは出来ないわ。


そして、会社のために働いてるんじゃないってことを忘れないでね。

会社のために働くなんて考えるから、おかしなことになるの。

仕事は自分のため、自分を表現するためにしていること。

良い表現するためには、自分に余裕がなければ出来ない。


仕事ってあなたにとって何?・・

そこのところをもう一度考えてみてちょうだいね。

あなたは仕事をするためだけに生まれて来たんじゃないんだから。

猛烈にすべてを投げ打って働くのが、優秀な人じゃないのよ。

そこを忘れないでね。


あなた達を心から愛してるわ~~」



ありがとう さくやさん!

(ここまで)


モーレツ社員というのはどこの会社でもその部署に一人や二人はいるようです。

はた目から見ていてもものすごく働いているという評価はあります。そして業績を上げていれば

なおさらのことで、それがその部署の基準になるようになります。

そこから悲劇が始まるんでしょうね。モーレツに名を借りたサービス残業蔓延の温床になります。

そして、もっとひどいのがこうしたモーレツ社員が出世して課長や部長になったときでしょう。

自分ができたから周りもできると、出来ないといけないと勘違いを起こし、強制的に過重労働を

部下に果たすようになることです。もうこうなると、その部署は数年後には社員が疲弊してしまい

辞めるか手抜き労働などで業績が伸びなくなり、次第に業績不振に陥ります。

しかし、当のモーレツ社員だった上司はそのことに気付きません。なぜなら、過去の自分の姿を

脳裏に焼き付けているので、これは働きが足りないからだと、さらに部下を追い立てます。

もしかしたら、今言われるブラック企業というのはこうした人が上司になった企業の姿かもしれ

ないと思うのです。


当人はそれがモルヒネのように効いているので働かないと自分が落ちてしまうということを極端に

怖れるので止まらないのでしょう。止めるにも止められない仕事中毒患者です。


つける薬はありませんね。

いちばんいいのはこんな人には辞めてもらうことです。

そうすれば、みんなが平和でいられる仕事場になります(笑)。


辞めてみればモーレツだった人も気づくでしょう。

今までのモーレツは何だったのかと、改めて世間を見回す余裕が生まれるからです。

だから、時には立ち止まって周囲をじっくり見て自分を見る必要があります。


日本人は会社のためと言われると弱いです。

自己中が嫌われるので、会社のためにやっているんだと言えばそれが正当化されるからです。

これはすべての人に言えます。社員でも部長でも社長でも同じ考えを持っています。

会社のためと言っても辞めてしまえば何もなしです。それまで会社のためと思ってやってきた

ことが評価されるかと言えばNoです。意外とこのことがわからないのでモーレツに拍車がかかり

歯止めがきかない状態になります。

日本で言う会社のためというのはイコールみんなのためという方便があります。

それが最大の過ちをもたらすロジックです。みんなのためと言うのは会社の収益を上げることで

みんなに貢献していると言うものですが、それで果たして社員全員の給与が上がるのでしょうか?

答えは「上がりません」です。すべて株主への配分と会社の利益として蓄財されるだけです。

一昔前なら、それも通用しましたが、今は全く通用しません。その原因は会社が外国資本に

乗っ取られているからです。社員より株主の幸せという世界ですから・・・・。


また、モーレツ社員は自分の給与が上がることを期待しての働きですが、周りのためと言いながら

自分の給与が上がって周りの給与が下がっても知らんぷりですからご用心(笑)。

これを見ても「周りのため」というのは真っ赤な嘘ということです。

仕事というのはかっては自己実現や社旗貢献を意味する部分がありましたが、今はないですね。

あくまでも求められているのは会社の歯車です。そのことに気付きましょう。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

世にも奇妙なフツーの話「さくやさん:昨日のチャネリングに関しての話だけど・・ 」 [アセンション]

世にも奇妙なフツーの話「さくやさん:昨日のチャネリングに関しての話だけど・・ 」




(ここから)


昨日の記事に関して、さくやさんが話がしたいことがあるそうなのでお伝えしますね^^

「チャネリングってね・・テレパシーなのよね。

テレパシーってね、理解の飛ばし合いなの。

言葉は使わないのよ。

高次になればなるほど、言葉は必要ないの。


でね、昨日の記事でも書いてたけど、私はたくさんの人とチャネリングというテレパシーを

使って交信してる。

それは、言葉ではなく意識?思考?を投げかけているのね。

だから、意識?思考?の受け取る人によって、言葉や内容が変わってくるのは仕方ないの。

すごく固くるっしく翻訳する人もいるし、ミナミのようにはっちゃけた(笑)翻訳する人も

いるわ。

だから、いろんな”このはなさくやひめ”がいる・・って思ってる人がいるかもしれないわね。

そして、人によって態度を変えてる?・・って思われてるかも(笑)


でもねそれは私が人によって言葉や態度を変えてるってことじゃないってこと。

この人には固っ苦しい言い回しで話をして、この人には友達のように普通の言葉で話をする・・

そんなことはしてない。

私は、みんなに同じように伝えたいことを意識?思考?のかたまり(理解)にして伝えてるだけ。

受け取った人が、神話の中に出て来る神さまだから、きっとこういう話し方を

するんじゃないかなっていう先入観を持っていたら堅苦しく翻訳するかもしれないし、

神話なんて読んだこともない人なら、そんな先入観もなく友達みたいに

話しをするかもしれない。

(もう一度言うけど、私は神話の中に出て来る”このはなさくやひめ”ではないからね。

私は、じょうもんの子たちと仲良くしていて”このはなさくや”と呼ばれていた

ドラコニアンという種族の宇宙人で、

神話の中に出て来る”このはなさくやひめ”は、

私の名前を使ったナーガという種族の宇宙人で私とはまったく別の存在なの。

この話しはとても長くなってしまうからここではしないけど、そこをしっかりと抑えておいてね

ナーガの人たちも、”このはなさくやひめ”という名前で、チャネリングしている

こともあるからほんとややこしくなってるのよね。

神さまのいる神社に行きなさい・・神社で願い事しなさい・・って言ってるのは、

ナーガの”このはなさくやひめ”だと思ってもらっていいわ・・知っての通り私は神もいないし

神社に行くなんてナンセンスって伝えてるんだから)


すべてのイメージは受け取った人の側のことなの・・

私が態度を変えてるわけじゃないからね(笑)


それからね・・先入観ってことから話をするんだけど、先入観で物事を見てしまうととても危険

なことがあるから気をつけてね。

それはね、名前を騙る存在がいるってこと。

このはなさくやひめ・・っていう名前を使うと、いろんな文献で見たことがある名前だという

ことで、安易に信用してしまうことがある。

これは、日本の神話に限らず世界的に有名?な存在にも言えることね。

大天使○○とか、ギリシャ神話の○○とか・・ね。


あなた達は、その人の個性のエネルギーだけで存在を認識することが苦手でしょ。

だから、名前が必要になって来るのよね。

で、エネルギーを感じようとする前に名前だけで信用してしまう傾向が強いのよね。


たとえば、高次ではなく異次元の存在であっても、名前を騙ってくればすぐに信用してしまう。

(名前を騙ったナーガたちも高次元の存在じゃなく、異次元領域にいるの。

そして、異次元領域にはナーガだけでなく、眷属や幽霊などの波動の重い存在がたくさんいる)

で、一度信用してしまうと疑うことなく、その存在の伝えてることを信用し受け入れる。

これって、すごく危険なことなのよ。


私は神話に出て来る○○という神である・・

こうして神である私と交信できるそなたは特別な存在なのだ。

だから、神である私の言葉を下々のものに伝えよ・・なんてことが起きて来る。

神だと信じ切った人は、そのエネルギーを審神者(さにわ)することなく、

ただ言われるがままに情報として発信していく・・ということになるの。

神を崇めなさい・・あなたには力がない、だから力を持った神に頼りなさい・・

お布施をしなさい・・など、彼らにとって都合のいい情報を発信させようとする。


これは、私だけが偉くて信じるべき存在だ・・って言ってるんじゃないからね。

誤解しないでね。

そうじゃなくて、名前だけで信用してしまうのはとても危険なことなのよ・・って

伝えたいだけなの。


今はテラの波動が軽くなって、それに共振してあなた達の波動も軽くなってきている。

それにつれて、超感覚を思い出す人も増えて来てるわ。

テレパシーを使える人も増えてる。

だから、気をつけて欲しいの。

交信している存在の名前じゃなくて、エネルギーをしっかりと感じ、メッセージの内容を

しっかりと精査してほしいってこと。


神だと名乗る存在には近づかないことをお勧めするわ。

特に、ピカピカした感じ?黄金色?とても神々しい感じ?の存在は、しっかりと確かめてね。

あと、自分の肖像画を描くようにという存在もね。

肖像画を描くということは、それに対して崇めなさいということだから。

肖像画をポイントとして、あなたのエネルギーをその存在に流しなさいということだから

(それは、エネルギーを搾取するため)


高次元の存在は、自分の肖像画など欲しない。

絵でなくても、存在を象徴するような形、物は、反対にいらないのよ。

絵などの象徴が出来てしまうと、それが宗教のようになってしまうから。

宗教の教祖になりたいなんて、まったく思ってないからね。

だって、ワンネス・・すべては同じ存在ってことを知っていてそんなことをしたいなんて

思うわけないじゃない。


だから、教祖になりたがる人はワンネスを知らない人ってことよね。

そして、あなたから何かを搾取したいと思ってる人だってことを分かってね。


あなた達を心から愛してるわ~~」


ありがとう さくやさん!

私たちもさくやさんを心から愛してるよ~~^0^

(ここまで)


昨日の記事で私はイメージと書きましたが、意識も同じことです。

意識、つまり思うことというのは言葉を使わなければ、それはイメージになります。

以前に何回も書きましたが、私たちが言葉を発する前には必ずイメージが先行して現れます。

たとえば、昨日あなたと渋谷へ行きましたね。と話すときに何もイメージが浮かばず、ただ

言葉だけが浮かんでくると思いますか?そうではないはずです。昨日渋谷で友人と駅前で

会ったなら、まずその光景が浮かんでくるでしょう。そこで手を振ってここだよと示したことや

会ってすぐに「しばらくだったね」と話したことなどが思い浮かぶはずです。

その意識をさくやさんがミナミさんに送っているはずです。だから、私たちがよく漫画やテレビで

テレパシーが頭の中で声として聞こえてくるのは本当は間違いなのです。

ただ、訓練を重ねるうちに意識を自動的に頭の中でこの意識はこの言葉、これは別の言葉と

無意識のうちに変換できるようになると思いますので、次第に言葉になるのではないかと

思われます。


問題はそれを変換する過程でどうしても個人の主観、先入観に基づくものや体験、経験による

違いが出てくるということです。仮にバーベキューという意識があった時に、それが野外なのか

野外でも、そこが海なのか、山なのか、あるいは自宅の庭なのかによって自分の頭の中で

意識されるバーベキューの光景は違ってくるはずです。海でのバーベキューしか経験ない人の

頭の中にプールの中でバーベキューなんて突拍子のないものは浮かんできませんが、少なくとも

山で行うバーベキューの光景は浮かんでこないでしょう。それは山でのバーベキューの経験が

ないからです。ただし、山でべーべキューしているところが本かテレビなどで見ている場合は別です。

その場合は山でバーベキューした光景が浮かんでくるでしょう。


最近はテクノロジーの進歩が著しく、個人の頭の中に言葉を浮かび上がらせる方法も開発されて

いるようです。主に軍事目的ですが、この方法でチャネリングメッセージを送っている例もあると

ネットでは散見します。主にスカラー波によるものです。スカラー波については一般的には認知

されていませんが、公然の秘密となっています。ネットで調べてみるとわかるでしょう。

だから、チャネリングメッセージと言っても信用できないものが多いのです。そのためには内容で

判断しなさいと言っているのです。そして、自分のハートと照らし合わせてYesなのかNoなのかで

判断することもできます。その時には読んでいて何か引っかかるようなとか、ちょっとおかしいなとか

という感覚があるはずです。それがあればたいていは偽物でしょう。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

破・常識 あつしの歴史ドラマ「アシュタール:身体との対話について」 [アセンション]

破・常識 あつしの歴史ドラマ「アシュタール:身体との対話について」



(ここから)


今日の破・常識!




あなたの身体と対話できるのはあなただけ。

身体を信じ、自分の感覚を信じ、

楽しく身体と話をする・・といい・・・らしい(笑)





では、今日のアシュタールからのメッセージをお伝えします。


「こんにちは こうしてお話し出来ることに感謝します

身体の声を聴いてください。何かあった時は身体が教えてくれます。


何か選択を迷った時も身体に聴いてください。

身体がキュッと緊張したり、固くなったりしたら

それはあなたにとってNoのサインです。

反対に身体がホワッと緩んだり、あたたかくなったりしたら

それはあなたにとってYesのサインです。

気持ちの良い方があなたのYes だということです。


物質的な身体の不調も同じです。

どこか不調がある時は身体に聴いてください。

身体は自分で治し方を知っています。

どうすればいいか・・身体に聴くのが一番早く治る方法なのです。

温めた方がいいのか?冷やした方がいいのか? 

動かした方がいいのか?そのまま安静にしておいた方がいいのか?

食べ物もそうです・・身体が必要なものを知っています。

不要なものを知っています。

だから、何を食べればいいのか?身体に聴いてください。

特にどこか不調なところがある時は身体に聴いてみてください。

食欲がない時は食べなくてもいいのです。

食欲がないということは、身体が今は消化する体力を残し

別のところに体力を使いたいと思っている時なのです。


でも、そう簡単に身体の声を聴いてくださいと言われても・・・ですね。

あなた達は身体にフォーカスすることを教えてもらっていません。

病気などの不安でフォーカスすることは良く知っているのですが(笑)


病気などの時だけでなく、普段から身体にフォーカスできるようになると

身体から聞こえてくる小さな囁きが聞こえるようになります。

身体の声は、本当に小さな囁きくらいのものなのです。

だから、意識していないと聞き逃してしまいます。


では、そんな小さな囁きをどうやって聞けばいいのでしょうか?

静かにすることです・・大音響の中では

小さな鳥のさえずりは聞こえませんね。

マインドが大音響で騒いでいる時には、身体の声は聞こえないのです。

だから、マインドを止めてください。マインドを止めて、

なおかつ身体の声を聞くことが出来るようになるためには、

ある程度練習が必要になります。

その練習のために、ストレッチはとても有効です。

身体の部分部分を伸ばし、その伸ばした時の感覚を

感じることだけにフォーカスする。そのことでマインドは止まります。

(そう言う意味ではストレッチは瞑想と同じです。)

そして、身体が気持ちいい感覚を知ることが出来ます。

どこをどういう風にどのくらい伸ばせば身体が気持ちよく、

すっきりするか・・そこにフォーカスすることが出来れば、

身体の声を聴くことが出来るようになります。

慣れて来ればストレッチをしていない時でも、

身体にフォーカスすることが出来るようになります。

身体の微妙な感覚を常に感じることが出来ようになります。


でも、アシュタールがストレッチをすればいいって言ったから・・

といって特別にストレッチ教室やヨガ教室に

通う必要はないですからね(笑) 形ではありません・・

特に正確な?正しい?ストレッチの形ややり方はないです。

そうではなく、どうすれば自分の身体が気持ちいいと感じるのか?・・

それが大切なのです。どうすれば気持ちよくなるのか?・・

それを探っていくのが身体との対話なのです。

この対話が大切なのです・・そのためにおすすめしているのです。


それはあなたにしか出来ません。

あなたの身体と対話できるのはあなただけなのです。

身体を信じ、自分の感覚を信じ、楽しく身体と話をしてください。

(無理はしないでくださいね、修行や苦行ではないのですから・・

痛いところまでやらないでくださいね。やり過ぎないでくださいね。

身体を柔らかくしたりするのが目的ではなく、

自分の感覚を感じることが目的だということを

くれぐれも忘れないでくださいね(笑)


身体はあなたの味方です。

信頼し、大切にし、たくさん話をしてください。


あなたに愛と感謝 そして平和の光を送ります」



ありがとう アシュタール!

(ここまで)


一口に身体との対話と言ってもどうすればいいのか見当もつかないでしょうね。

身体の出すサインでいちばんわかりやすいのは体温です。

風邪の前触れに起こる寒気がそのよい例です。

これはウイルスの侵入によって体内で免疫反応が起こり結果として体温が少しだけ

上がります。たとえば平熱が36℃の人が37℃になったとき、外界との温度差が著しく

増大したように感じるので身体の表面の毛穴が収縮すると同時に筋肉の緊張が

発生します。そしてさらに体温を上げて外界の寒さを和らげようとするので身体が

ブルブル震えさせることで表面の温度を上げます。これがいわゆる寒気です。

だから、こんな状態になった時には体内で風邪に限らず異常反応が起きていることを

教えてくれていると思うことは間違いないではないです。


身体を感じるときには身体の異常がある場所、関節痛なら痛みのある関節である

膝、肘、肩関節、腰、背中などに意識を集中させ、その痛みの状態を思い浮かべます。

関節の場所を絵にかくように思い浮かべながらどうなっているか感じます。

そして、次に痛みの原因となることをそれまでしていなかったか考えます。

食べ物なのか、どこかにぶつけなかったか、歩くときに変な歩き方をしなかったか

無理な運動をしていなかったのかなど様々ですが、痛みのある関節を思い浮かべ

同時に今のような経過を思い浮かべると、自然に原因となるものが浮かんできます。

食事であれば長期にわたって食べているものが原因なのでそれをもとに考えます。

食事で短期間、あるいは短時間で影響が出るのは胃や腸などの内臓器官であり

関節ではありません。たとえば、コラーゲンを多く含む魚やビタミン・ミネラルの多い

食品の少なく肉類の多い食事でなかったかどうかとかです。

この場合、影響が出るまでかなりの時間がかかるのでわかりにくいと思いますが

食事の場合はそうです。身体のPHが酸性に傾くとどうしても様々な不調が起こり

やすくなります。尿酸が多くたまるようになると関節が痛むようになります。

これは身体の波動が軽い重いではなく摂取する食品の波動が低いからです。

対策はミネラルやビタミンの多い生野菜、納豆類、醤油、味噌などの発酵食品を

多くとることで改善されると思います。

身体をぶつけたり、過重な運動などの場合は原因を特定しやすいでしょう。

その場合は、できるだけ身体を休め回復に努めることが肝要です。自然に回復

すると思います。


また、とっておきの方法として身体をわかる保ちたいなら、若いころの自分自身の

身体の状態を思い浮かべ、それを今の身体に重ね合わせて若いころと同じに

なっていると意識することも良い方法です。老化は私たちの身体自身が作って

いるものですが、その最大の原因は私たちの思考方法にあることに最近気づきました。

以前も書きましたが、なぜ老いるのかというのは、いつもお王の人々が老いていく姿を

見ているからです。年とともにそうなると自分の意識に埋め込んで行くのでそれが

現実化している結果です。もし、周囲にいる人々が闊達で元気があり老いていかず

いつまでも若々しい姿だったら、すべての人がそうなるでしょう。

もちろん遺伝子的な要素もありますが、私たちのDNAは意識の作用を強く受けるので

逆に言えば意識を若いころの方向に向けてあげれば、DNAのい再活性化が起こり

ミトコンドリアの細胞再生能力が蘇ってきます。

最近、体内の細胞に振動を加えてあげると老化が抑制されることがニュースになり

ましたが、このことは老化の主因がミトコンドリアの再生能力の低下にあると思われます。

したがって、意識の力でその方向を変え、スイッチを入れ直せばいいのだということに

なります。そのために若いころの自分の身体の状態を思い浮かべることです。

これで明日から若いころのような健康体に戻るとは言いませんが老化が少しだけ抑制

されることを感じることは出来るはずです。


もうひとつはクエン酸の摂取です。500mlのペットボトルにクエン酸(薬局処方)大さじ

2/3くらいを入れて溶かします。それを100ml程度、2時間おきに飲むことです。

クエン酸は2時間で体内から出てしまうので、2時間おきに飲むことが良いのです。

これで体内のPHがアルカリ性に傾き様々な身体の症状が和らいでいきます。

具体的な効果を本当に実感するまでには3か月ほどかかります。もちろん飲み始めて

すぐにその効果が表れますが、効果が定着しもとに戻らない状態になるまでには3か月

くらい必要だということです。これは試してみる価値はあります。







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

世にも奇妙なフツーの話「トークセッションから:私、混乱しています!?」 [アセンション]

世にも奇妙なフツーの話「トークセッションから:私、混乱しています!?」



(ここから)

昨日の藤沢でのワークショップステージ2の中の”破・常識トークシヨウ”の中で

・・私すごく混乱しているんですが・・”とおっしゃる方がいらっしゃいました。

何を混乱されているのかとお話しを伺ってみると・・・

ミナミAアシュタールの他に、同じようにアシュタールやさくやさん(このはなさくやひめさん)

とチャネリングしている方のブログを読んだんですけど、こちらのさくやさんの言っていること

とまったく違うんで、なんかいろんなことがわからなくなっちゃいました・・とのことでした。


確かに、アシュタールやさくやさんと交信(チャネリング)しているのは私たちだけでは

ありません。

アシュタールやさくやさんも、たくさんの人と交信しています・・って言ってるし。

さくやさんだけじゃなくて、ククリさん(菊理姫)と交信している人を私も2人知っています。


ここでちょっと混乱してしまうのが・・同じ存在と交信していても、受け取るチャネラーの

個性が違うと、受け取り方も変わって来てしまうということなんです。

そのチャネラーの生きて来た背景によって、翻訳も違ってくるということです。

カトリック的な考え方を背景に持っているチャネラーは、どうしてもカトリック的な価値観や

言葉を使って翻訳します。

仏教なら仏教的に、無神論者は無神論者的に・・・

そして、チャネラーの知識の量、語彙力によっても違ってきます。


なので、すべてが同じ情報になるとは限らないのです。

・・と言うか、かなり違ってくることも多々あると思います。

だから、アシュタールやさくやさんたち宇宙ファミリーは、情報が偏らないようにたくさんの

人と交信するのです。


ですので、どのチャネラーの情報を受け取るかは、受け取る方が選んでくださるしかないと

思います。

メッセージを読んだ時に、すっきりする、腑に落ちる・・と言う感覚があるメッセージが、

きっとその方にとって必要なメッセージなんだと思います。

どのチャネラーが本物だ、偽物だ・・などという議論しても仕方無いと思います。

アシュタールもいつも・・私(アシュタール)が誰でもいいんです。

名前や肩書?などで判断するのではなく、メッセージの内容をしっかりと感じてください。

そして、そのメッセージが腑に落ちたならそれを使ってください・・と言っています。


ただ、これは私の見解ですが・・高次元の方からのメッセージはずっと一貫しているんですね。


それは・・

自分に力があるんです、

自分の現実は自分で創っているんです、

だから外に頼らないでください

・・というものです。


思考が先、現実があと・・これだけなんです。

それを、言葉を変え、たくさんのたとえ話でわかりやすく、繰り返し、繰り返し教えてくれて

いるだけなのです。

そして、すべては繋がっていてワンネスだということも教えてくれています。

だから、すべては同じ(波動エネルギー)であって優劣や貴賤などない・・

だから、神(全知全能で誰よりも優れた存在)というものもいない・・

神という言葉を使うならば、私たち自身が神だということを伝えてくれているんです。


それを教えてくれている存在は・・

神社や神殿に行ってそこにいる存在を崇め奉り、

神(自分以外の誰か)の前にひざをついて頭を垂れてください、

神(自分以外の誰か)に自分の願い事をしてください

・・とは絶対に言わないです。

アシュタールやさくやさんも絶対に言わないです。

なので、私は私が交信しているアシュタールやさくやさん、時々くくりさんに絶対的な

信頼を置いています。

だから、彼らが伝えてくれているメッセージをみなさまと共有したいと思いこうして毎日

ブログを書かせていただいているということをご理解いただければうれしいです^^


では、今日のアシュタールからのメッセージをお伝えしたいと思います。

「こんにちは こうしてお話し出来ることに感謝します。

波動のことが理解出来れば、すべてがわかります。

あなたの思考のエネルギーが、あなたの現実を創っているということが分かります。

そうなれば、あなたの現実はどんなこともすべてあなたの自由になるのです。


良い現実も、悪い現実もありません。

良い現実とあなた達が表現しているのは、いまあなたがいるピラミッドシステムの中で都合の

良い現実のことなのです。

お金持ちになりたい、良い生活がしたい、健康でいたい、社会で成功したい、有名になりたい

・・などは、ピラミッドシステムから見た、小さな価値観での良い現実だということだけです。


価値観が変わると、良い現実も悪い現実もないということが分かります。

もっと大きな視点で見ることが出来れば、すべてが素晴らしい現実だということが分かります。


そして、すべてが波動エネルギーで出来ているということが理解出来れば、あなたが見ている

現実さえも幻、ホログラムであることが分かります。

その視点から、いまのピラミッドシステムの中の良い現実というものを見た時、それが砂漠の

蜃気楼のようなものに過ぎないこともわかります。


宗教的な概念も、波動エネルギーの視点から見ることが出来れば、とてもナンセンスなことだと

分かります。

波動エネルギーのことを理解できると、ワンネスがわかります。

ワンネスというのは、すべてが同じものででいているということです。

すべてが同じで繋がっている・・ということです。

あなたは私、私はあなた・・すべてが自分なのです。


その中で、特別な存在がいるという考え方はありえないのです。

自分より素晴らしい存在がいて、その存在が自分を生かしてくれている、自分はその存在が

いなければ何も出来ない・・などという考え方は、波動のことがわかればまったく

ナンセンスなことだとわかります。


宇宙の真実を知ってください。

すべては絶対無限の存在からはじまりました。

絶対無限の存在が自分のことを知りたくて、たくさんの自分を創り、たくさんの経験をしていく

旅をしているのです。

そのたくさんの自分の一人があなたであり、私であるのです。

自分探しの旅・・それが宇宙の成り立ちなのです。


あなたは、絶対無限の存在なのです。

それがわかれば、良い体験や悪い体験などないということ、そして優劣や貴賤などないという

ことが理解できると思います。


お話ししたいことがたくさんありすぎて、困ってしまいます(笑)

これからも少しずつ、少しずつですが、いろいろなことをお伝えしていきたいと思います。

もしよろしければ、耳を傾けてくださいね


あなたに愛と感謝 そして平和の光を送ります」


ありがとう アシュタール!

(ここまで)


これは自分で解決するしかないと思いますが、そうは言ってもその判断基準で悩むだろうと

思います。なぜなら、どれかひとつに絞りたいというのが人の求めるところだからです。

カレーを作るときに「ケチャップ」を混ぜると良いよという人もいれば「いや、本物のトマトじゃ

ないとダメだよ」と言う人もいます。

同じカレーを作ろうとしているのですが、ケチャップとトマトではカレーの味が異なると言って

議論することと同じことです。

でも、ケチャップとトマトでは行きつく味が違うんでじゃないですか?

と言われば「そうです」と答えるしかありません。あるいは「そんなに違わないよ」と答える人が

いると思います。でもどちらもカレーであることには違いはないのです。


同じアシュタールがメッセージを語っているのに、受けるチャネラーによって語る内容が異なる。

そんなことがあってはならないし、あるはずないんじゃないですか?

と、思う人もいるでしょう。


でも、メッセージを受けるときには言葉で受けるのではないようです。

あくまでも、その人の経験と体験に基づくものからそのイメージを翻訳して文字化しているものです。


たとえば、アシュタールが「平和な世界」ということを伝えようとしたときに、Aさんの頭の中では

日没前の田園風景と自然に囲まれた様子が浮かび、Bさんの頭の中では人々が平和に仲良く

暮らしている光景が浮かんで来たら、Aさんは平和な世界とは「自然と共存して暮らして行ける

生活」と語ることになり、Bさんは「人々が争うことなく協業生活を営める世界」と語るだろうと

思います。同じ平和な世界と言っても、AさんとBさんでは語る言葉が異なります。

それはなぜかと言えば、平和という波動からイメージするものがAさんとBさんで異なるからです。

それは個々の生活体験に根差したものなのでそのような違いが出てくるものと思います。

言葉というのはとても難しく、同じ言葉でも人によって受けるものが違います。

たとえば、「リンゴ」と言ったときに思い浮かべるのは?

大概の人は「赤いリンゴ」でしょう。でも、中には黄色のリンゴ」を思い浮かべる人もいるはずです。

そして、同時に思い出すリンゴの味は?

「甘いリンゴ」「ちょっとすっぱいリンゴ」「甘くも酸っぱくもないリンゴ」と様々です。

だから、同じリンゴと言っても人によって千差万別なのです。これが「正しいこと:という抽象的な

言葉だったらどうしますか?かなり複雑なものになると思います。

正しいの定義が人によってものすごく異なります。もっとも一般的には争いのない世界という

ことになりますが、その争いも軽い親子喧嘩程度ならあっても仕方がないというものなのか

絶対、親子げんかですらの争いがあってはならないとするものなのかですね。


つまるところ、自分が求めるものは何なのかというところに行きつきます。

それが自分が求めているものであったなら、それを信じていくしかありません。ただし、それだけ

を盲信するということを言っているのではなく、時には疑問も持ち、それを調べ解決していく

ようなスタイルが必要です。これしか信じないとしたら、宗教団体の信者と同じになります。

したがって、ミナミさんも語っているようにその内容で判断すべきものなのです。

そのため、アシュタールはこのチャネラーが正しくて、このチャネラーはmな違いということは

決して言わないでしょう。なぜならどれも正しいからです。

ただし、それ以外のチャネラーの語るメッセージは十分吟味すべきでしょう。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

破・常識 あつしの歴史ドラマ「アシュタール悟る前も後った後も何も変わらない・・・・」 [アセンション]

破・常識 あつしの歴史ドラマ「アシュタール悟る前も後った後も何も変わらない・・・・」



(ここから)


今日の破・常識!





悟る前も、悟った後も何も変わらない。

ただ、素直に自分のすべてを受け入れられただけのこと・・・らしい(笑)




では、今日のアシュタールからのメッセージをお伝えします。


「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

悟りとは、本来の自分に戻ることを言います。

何か別の自分になるのではなく、本来の自分になることです。

悟れば何か超人的なことが出来るようになるとか、

特別な知識が入って来るとか・・そう言うことではないのです。


本来の自分にもどる・・というのは、

自分のすべてを受け入れるということです。

あなた達は、良い自分と悪い自分がいると思っています。

そして、悪い自分を排除し良い自分だけになろうとしているのです。

そして、外に向けて良い自分という自分を演じているのです。

それは、鎧をつけ、自分を覆い隠しているのと同じです。

悪い自分は居てはいけないと思い込んでしまっているのです。


悪い自分と同じところを持った人を見ると

無性に腹が立つこともあります。その人が悪いのではなく、

排除しようと思っている悪い自分と同じところを

その人の中に見ると悪い自分を思い出し腹が立つのです。

悟ったと言われる人があまり腹を立てないというのは、

その人の中に悪い自分がいないからです。

悪い自分がいないから、他人の中に悪い自分を投影させて

腹を立てることがないだけのことなのです。


元に戻りますが・・良い自分もいないし、悪い自分もいないのです。

それは誰かに刷り込まれた概念です。

特に宗教的なところで刷り込まれた概念です。

○○しなければいけない、○○してはいけない・・という

たくさんの○○を刷り込まれてきました。

そして、それに従わなければ罰を受けると脅されてきたのです。


そして、自分の中にしてはいけないといわれている○○を見つけると、

悪い自分がいると思ってしまうのです。

そして、ちゃんとその概念に従える自分を良い自分だと思うのです。

人の前で怒ってはいけません、

いつもニコニコ穏やかな人がいい人です・・という教えから見れば、

いつもニコニコ穏やかでいられない自分は悪い自分なのです。

だから、他の人にその悪い自分を見せないように、

心の中は嵐が吹き荒れていても

ニコニコ穏やかな良い自分を演じるのです。

そして、疲れ果てるのです・・・・・・・


悟りとは、良い自分もいないし、悪い自分もいないということが

わかるということなのです。

ただ、自分がいる・・それだけでいいということがわかることなのです。

さっきも言いましたが、悟った人があまり怒らないのは

悟って何か超人的な感覚を手に入れたからではなく、

自分の悪いところを他人に投影することがないからなのです。

悪い自分などという区分がその人の中にはないからです。

無理してかくして穏やかにいるのは、悟ってるということではありません。

それはただ鎧を身に着け、自分を隠しているだけのことです。


悟る前も、悟った後も何も変わらないのです。

ただ、素直に自分のすべてを受け入れられただけのことです。

宗教的に、常識的に、道徳的に、倫理的に・・悪いとされていることも、

そんな部分を持っている自分もそれでいいと思えるだけのことです。

そんな概念を超越し、どんな自分でも自分であると思い、

自分を尊重し大切に出来る・それが悟りです。


良い悪いの判断をしているのはあなたです。

その判断を手放すことで、自分のすべてを受け入れ、

尊重し大切にすることが出来るのです。

○○をしてはいけない・・を手放してください。

常識を手放してください。


あなたに愛と感謝 そして平和の光を送ります。」



ありがとう アシュタール!

(ここまで)


この世で一般的に言われている「悟り」とはものすごく崇高で人生の極致に達したような

ことを言いますが、あれは作られた偶像です。

そのことに気付くまでどれだけかかったか・・・。

人生の大半は私もそう信じていて、懸命にそれに近づこうとしていろいろ彷徨い歩いた

記憶があります。でも見つかりませんでした(笑)。

ないいんです。本に書かれたような、宗教書に書かれているような、聖職者が語るような

聖域に近いものはどこにもありません。あるのは目に見えるこの世界だけです。

江戸時代には万物に神が宿るとして、自然との一体感の中に自分を感じることで良し

としていたので、特別何かにすがるというものはありませんでしたが、強いて言えば

そこら中にあるものすべてがお祈りの対象になるみたいなところでしょうか。

また、亡くなった後のことなんか誰も教えてくれません。日本で言えば極楽浄土の世界が

それに当たると思いますが、それすら死んでからではないとわかりません。

そもそも、生まれたときにすべての記憶を失いここに居ること自体が謎です。

もし、アシュタールの語るように本来の自分を取り戻すことが出来たならば、これまでの

記憶もすべて蘇ってくるのだろうと思っています。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

1000万回再生で別府市に「湯~園地」を実現しますと言った動画がいいですね [社会・経済]

大分県別府市がまちおこしでPRに踏み切った「別府温泉と遊園地を融合させた夢のアミューズ
「湯~園地」が実現しそうです(笑)。

「この動画の再生回数が100万再生を達成したら、別府市での湯~園地を作ります」と市長自ら
動画の中で公言したもんだから、話題を呼び、ネットニュースにもなり、ついに21日に公開し、25日
でいは100万回再生を達成したようです。ちなみに現在の再生回数は1,815,119回です。

beppu01.jpg

これを受けて市長はやっちゃったなという感じですね、やっちゃった。やっちゃった以上、これは
当然、公約ですから、実現します」というコメントを発表したとのことですが、実現が待ち遠しい
ですね。

beppu02.jpg

でも、これだと湯~園地で遊んでいたらタオルが飛んじゃったなんてことも起こりそうです(笑)。
もっとも、水着で湯~園地を楽しむということになるだろうと思います。

この動画、コミカルで面白いですね。いい宣伝になったと思いますよ。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:これは自分が本当に望んでいる現実なの?」 [アセンション]

世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:これは自分が本当に望んでいる現実なの?」




(ここから)

アシュタールは、すべて自分が望んで起こしてる現実です・・って言うけど、

でも、そんなこと絶対望んでないよねぇ~~・・ってこと、あるよね。

たとえば、泥棒の被害に遭うなんて誰も望まない・・それも、自分で望んだ現実だって

ことなの?

よくわからないんだけど・・教えてアシュタールぅ~~^^


「こんにちは こうしてお話し出来ることに感謝します。

あなた達は、役者さんなのです。

いろんなドラマで、いろんな役を演じてみたいと思ってる役者さんだと思ってください。

テラは舞台なのです。

テラと言う舞台の上で、こんなドラマを演じてみたい・・と思っている役者さんなのです。

自分でドラマの脚本をつくり、その主役として舞台に立っているのです。


もしかしたら、あなたが泥棒の被害に遭う役を演じてみたいと思います。

それは、役の上だということ、自分で脚本を書いているということを知っていれば、

泥棒に遭うことも、役者としては興味深いだ役だと思えるのではないでしょうか?

すべては舞台の上で演じるだけのことで、舞台を降りてしまえばその役は終わります。

だから、舞台の上で泥棒の被害に遭っても、何も困らないのです・・ただの役なのですから。


言っている意味が伝わっていますでしょうか?

ドラマの中で、泥棒に遭うというシチュエーションが必要だと思えば、その方がドラマが

面白くなると思えば、それをあえて自分で選ぶということです。

自分は泥棒に遭うという役を演じてみたい・・と思うのです。


そして、そのドラマに付き合ってくれる役者さんを募集するのです。

私は、泥棒に遭うという役を演じてみたいと思っています。

どなたか泥棒をしてくれる役者さんはいらっしゃいませんか?・・

とエネルギー場で募集します。

そして、その募集に応募してくれる人がいたら、そのドラマが出来るということになるのです。

お互いの合意のもと、泥棒する方とされる方の配役が出来るのでドラマが進行して行くのです。


だからどんなことも、自分で書いた脚本であり、自分がその主人公として自分が書いたドラマの

中で役を演じているということになるのです。

すべてはテラ劇場の上で演じられているドラマなのです。


あなたは、役者さんですので、いろんな役を演じてみたいのです。

楽しい役だけではなく、意地悪な人や悲しい経験をする人や人間関係で悩む人などの役も

面白そうだと思って演じてみたいと思う時もあります。

この役を演じるとどういう感情を感じるのだろうか?・・実際に演じてみたいと思うのです。

そして、納得すればその役をやめることもできます。


私がお伝えしたいのは、あなたの経験に良い経験も悪い経験もないということです。

ただ、その経験がどういうものなのかを知りたくて、自分で選んで

体験しているということです。

自分が泥棒に遭うという経験をしてみたい(そういう役を演じてみたい)と

思っただけのことです。

そして、その経験をさせてくれる共演者を自分で募ったということです。

泥棒を演じた共演者は、泥棒に遭ってくれる役を演じてくれるあなたという共演者を

募っていた。

二人の役どころが合致したということなのです。


でも、舞台から降りたらそのドラマ、その役は終わりです。

面白いドラマが出来たね・・と二人で握手出来るのです。


常識や道徳的、宗教的概念の上での良い悪い、善悪だけの概念で判断するように

教育されているあなた達にはなかなか理解しにくいことだと思います。

そんな考え方もあるんだな・・くらいでお聞きいただいて大丈夫です。


テラは、楽しい遊び場です。

ドラマを演じる舞台なのです。

そして、あなたは脚本家であり主演俳優なのです。

どんなドラマを創り演じるかは、あなたが決めているということをお伝えしたいと思います。


あなたに愛と感謝 そして平和の光を送ります」


ありがとう アシュタール!

私たちからもあなたに愛と感謝 そして平和の光を送ります。

(ここまで)


アシュタールの言葉によると、すべてが自分が望んで起きている現実だということになりますが

う~ん。どうもそうとは思えない現実もあるような(;一_一)

と思うのは私だけでしょうか?


ただ、問題は相手との合意という部分ですが、この部分は潜在意識、あるいはハートが

それを体験したいと望んでいるようなところもあるようです。


嫌な現実が起こるというのは

1)自分のマインドが望んで起きている場合
2)自分のハートが望んで起きている場合(この場合は起きてからでないとわかりません)
3)ハートが自分に注意を促すためにあえて望んでいない現実を創っている場合
4)自分が望んだのではなく、相手からの要望により合意した場合(これもわかりません)
5)あらかじめ予定されていた場合

この5つにあるだろうと思いますが、3)から4)は自分のマインドにはわかりません。

そのため、そんな現実は望んでいないのに・・・・。ということになるのでしょうか?

もう少し、自分のマインドの動きと現実に起きていることを観察してみる必要が

あるかもしれませんね。



nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

破・常識 あつしの歴史ドラマ「アシュタール:聖人君子などいない・・・・」 [アセンション]

破・常識 あつしの歴史ドラマ「アシュタール:聖人君子などいない・・・・」





(ここから)


今日の破・常識!




たとえば聖人君子と呼ばれるような人になることが

素晴らしいとされていますが、聖人君子などいない・・

誰かがつくったモデルケースにすぎない。

そんな幻を追って自分をまだまだダメだと思う必要はない。

あなたは、そのままのあなたでいればいい・・・らしい(笑)




では、今日のアシュタールからのメッセージをお伝えします。


「こんにちは こうしてお話し出来ることに感謝します

宇宙は進化しています・・宇宙というより、絶対無限の存在ですね。

絶対無限の存在が宇宙ですので。


絶対無限の存在は、進化し続けています。

進化です!・・成長ではありません。

成長はどこかを目指してそこに向かって行く・・という概念です。

成長には目的がありますが、進化には目的はありません。


進化というのは、変化です。

宇宙は変化しているのです。

宇宙に存在するものすべて、必ず変化し続けているのです。

変化しなくなると、すべてのエネルギーが止まってしまいます。

水の流れを止めてしまうと、淀んでしまい、水は腐ってしまいます。

でも、腐るというのも結局は変化なのです。

ですので、変化を止めることは出来ないということですね。

変化(進化)は、どんなに頑張っても

止めることは出来ないということです。


もう一度言いますが、成長と進化は違います。

成長はする必要はありません。

何かを目指す、今の自分以外のものになろうとするのは成長です。

何かのモデルケースをつくり、それになりたいと思うことが

成長と言われているのです。

たとえば聖人君子と呼ばれるような人になることが

素晴らしいとされていますが、聖人君子などいません・・

誰かがつくったモデルケースにすぎないのです。

そんな幻を追って自分をまだまだダメだと思う必要はないのです。

あなたは、そのままのあなたでいればいいのです。


でも、進化はしてください。

では、進化というのはどういうことでしょうか?

それは、いろんな視点を持つことが出来るようになるということです。

いろんな考え方が出来るようになるということです。

絶対無限の存在の意義は進化なのです。

たくさんの分身をつくり、それぞれに自由にいろんな経験をしてもらい、

そのことによって、いろんな視点、いろんな考え方を

持てるようになることで、自分(絶対無限の存在)とは

何者なのかということを知りたいと思ったのです。


何かになりたいと思っているのではなく、

自分が何者なのかを知りたいと思っているのです。

ですので成長しようとしているのではなく、

進化したいと思っているのです。

その絶対無限の存在の分身であるあなたも同じなのです。

たくさんの経験をすることで視野が広がるのです。

いろんな視点で物事を見ることが出来るようになるのです。

偏った考え方ではなく、柔軟に

いろんな考え方が出来るようになるのです。

いろんな考え方が出来るようになると、自分以外の考え方も

受け入れることが出来るようになります。

それは、人の意見、考え方を尊重出来るようになるということです。

自分とは違う価値観、物の見方、考え方をしている人を尊重し、

尊敬し、そして今までの自分が知らなかった考え方を知る

機会をくれたその人に感謝することが出来るようになるのです。


それが愛です。

愛とは尊敬と感謝のエネルギーなのです。

絶対無限の存在は、すべての分身の価値観、

物の見方、考え方を尊重し大切に思い、

いろんな体験をしてくれる分身たちに感謝しています。

それは、自分を尊敬し大切にし感謝しているのと同じことです。


だから、絶対無限の存在は究極の愛なのです。

そして、私もこれを読んでくださっているあなたも

究極の愛である絶対無限の存在に向かっているのです。

愛に向かっているのです。

それは何度も言いますが成長ではありません。

絶対無限の存在のようになろうとしているのではなく、

もうすでに絶対無限の存在なのですから

成長する必要はないのです。

ただ、進化しているだけなのです。


理解して頂けますでしょうか?

ですので、私たちとは違う方向へ向かっている人たち(存在たち)も

進化をし続けているのです。

どちらも同じことをしているのです。

ただ見ている方向が違うだけなのです。

だから、良い体験も悪い体験もないのです。

善悪もありません。

どちらの方向であっても、絶対無限の存在にとっては

素晴らしい体験なのです。

良い分身も悪い分身もいないのです。


今日は少し理解しにくい内容だったかもしれませんが、

こんな話もあるんだなというくらいで読んでいただければと思います。



あなたに愛と感謝 そして平和の光を送ります」



ありがとう アシュタール!

(ここまで)



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog