So-net無料ブログ作成

世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:”夢を持ち楽しむ”と”夢に執着する”の違い」 [アセンション]

世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:”夢を持ち楽しむ”と”夢に執着する”の違い」



(ここから)

私たちチームミナミAアシュタールはいま”夢”「じょうもんの麓(村)を創るぞ大作戦」

の途中に居ます。

・・ということで、その活動の一環として岡山にて移住体験中です。


29日、30日と「ミナミAアシュタール 破・常識してみるぅ~」にご参加いただいた

みなさまありがとうございましたぁ~~^0^

とても楽しかったです^^ 

トークしてみるぅ~~の中では移住体験を少しお話しさせていただきました。

でもまだ途中なので岡山での生活についての詳しいお話しはおいおいブログにて

書かせていただきますね。



で、何気なく過去のブログを読み返していたところ・・

持ち続ける夢と執着との違い!・・・についてアシュタールがメッセージをくれていました。

4年も前の記事なのに、すごくタイムリーでしたので、

今日はその記事をもう一度掲載したいと思います^^


「こんにちは こうしてお話し出来ることに感謝します

夢を持ち続ける・・と言うことは、もうすでにその夢を生きている・・

と言うことです。

分かりますか?

その夢を実現化させるために、いろいろ考え、工夫を凝らし、行動しています。

それは、その時点を、その時間をワクワクしながら楽しんでいるということです。

ですから、その夢が実現しようが、しまいが、関係なく・・今を生きていることを

心から 楽しんでいる状態になっているのです。

そして もし、たとえその夢がたとえ実現しなくても 

そのことに対して満足するでしょうし、

思い残すことなく 現実を受け入れることが出来るのです。

夢をみるのではなく、夢をすでに生きている・・状態です。



では、夢への執着ですが・・

そこには 夢を生きている現実はありません。

エゴが夢を、自分とはかけ離れた遠いところに追いやってしまって、

そこにたどり着くことだけに集中してしまっています。

言葉で言うと 同じように聞こえるかもしれませんが、

そこには 喜び、楽しみ、ワクワク感はありません。

そこに生きてはいないから・・・夢をかなえる途中を楽しまずに

そこに行くことしか見えていない・・だから、その夢が実現しないかも知れないと

思うことが恐怖になってしまって、自由さが全くなくなってしまっている状態です。

その夢を実現することだけに 自分の存在価値を置いてしまっているのです。

とても微妙な違いなので 言葉では上手く伝わらないかも知れませんが

感覚で読み取ってください。

同じ事をしているように見えて、実は全く反対の状態にいるのです。



そして、3次元では 面白いことに 夢を生きている・・その過程を

心から楽しんでいるほうが現実化しやすいのです。

もうその夢の中で生きているから、満足しているから・・それはもう実現していると

心が認識して、その実現した現実を引き寄せるのです。

反対に 夢がかなわなかったらどうしよう?

もう自分の生きている価値はなくなるんじゃないか?

だから、どうしてもこの夢だけは実現させなければいけない・・っていう執着で

行動していると その夢が叶わないことのほうが多いのです。

なぜならば ネガティブな態度で接しているとネガティブな現実を引き寄せるという

波動の原理が働くからです。

理解していただけましたか?

とにかく、”いま、その瞬間にしっかりと存在する、いまを楽しむ”ということに

集中してください。

将来とか 未来とかは、幻です。

その”いま””瞬間”が将来、未来なのです。

”いま””その瞬間”をないがしろにしていては 

ないがしろにした”未来のいま”が現実化します。

あなた達に愛と感謝 そして平和の光を送ります」


ありがとう アシュタール!

私たちからもあなたに愛と感謝 そして平和の光を送ります。

(ここまで)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

破・常識 あつしの歴史ドラマ「アシュタール:人類のセルフイメージが低いので・・・・」 [アセンション]

破・常識 あつしの歴史ドラマ「アシュタール:人類のセルフイメージが低いので・・・・」




(ここから)


今日の破・常識!




セルフイメージを低くしてしまっている原因である、

いままでの常識、道徳、価値観、倫理観などを手放す。

反対の物の見方、考え方、価値観が持てるようになれば、

セルフイメージももとに戻る・・・らしい(笑)



では、今日のアシュタールからのメッセージをお伝えします。


「こんにちは こうしてお話し出来ることに感謝します。

すべては繋がっていて、すべての存在が自分なのだということを

肌感覚で、もう一度思い出すことが出来れば、世界は変わります。


それには、人類のセルフイメージをもとに戻すことが

大切になってきます。人類はとてもセルフイメージが

低くなってしまっているのです。あなただけ、個人だけ・・

という範囲ではなく、人類そのもののセルフイメージが低くなって

しまっているので、人類以外の存在とうまくコミュニケーションが

取れなくなってしまって孤立してしまっているのです。

人類は他の生命体(存在)たちとは違うと思っています。

そして、自ら進んで他の生命体(存在)たちから距離を持ち、

コミュニケーションをとろうとせず孤立してしまっているのです。


人類は特別な存在だと思うこと自体が、

もうセルフイメージの低さの現れなのです。

特別な存在だという考え方は、優劣を基準にした考え方ですね。

どちらの方が優秀で、どちらの方が劣っている・・

それは自信のなさの表れなのです。

自信がないから、比較するのです。


セルフイメージが低いと、他の生命体(存在)だけでなく、

同じ人類の中でも優劣をつけたがるようになるのです。

ピラミッド社会のトップに立つ人たちは、

セルフイメージが高いからトップにいるのでしょうか?

反対です。

セルフイメージが低くなっているので人の上に立ちたくなるのです。

権力が欲しくなるのです。自分の存在価値に

自信がなくなってしまっているので、力、権力が欲しくなるのです。

自分を価値のある存在だと認識するための条件として、

権力、富を欲しがるのです。


そして、セルフイメージが低くなってしまっているので、

自分を大切な存在として認識出来ないのです。

自分を愛することが出来ないのです。自分という存在に対して

尊敬と感謝の気持ちを持つことが出来ないのです。


だから、他の存在に対しても尊敬と感謝の気持ちを持つことが出来ず、

愛することが出来ず、大切にすることが出来ないので、

ないがしろにしてしまうことになるのです。

わかりますか?

自分を大切に出来ないから、他の存在も大切に出来ないのです。

セルフイメージが低いから、

自分は特別だと思い込まなければ落ち着かないのです。


セルフイメージが高い?もとの価値観を持っている?人は、

優劣など気にしません。自分の存在価値に自信があるからです。

人の評価による自信ではなく、自分で自分の価値を認識している

自信ですので、揺らぐことがないのです。


だから、人と(他の存在と)比較するなんて必要なくなるのです。

ただ自分が存在している・・それだけで満足?満たされる?

ことが出来ます。そして、無条件で自分を愛することが出来、

無条件で大切に思うことが出来るのです。


人類以外の存在は、自分の存在を無条件で愛しています。

それは、セルフイメージがそのままだからです

(低くもなく、高くもないのです)

ただ存在することだけ、それだけで

素晴らしい価値があるとわかっているんです。


人類のセルフイメージがまたもとに戻れば、

すぐに世界は変わることが出来ます。もう孤立することもなく、

人類以外の存在たちと共存することが出来るのです。

愛と調和と平和の世界を創造することが出来るようになります。


人類と大きな規模でお話ししましたが、

まずあなたからセルフイメージを戻してくださいね。

あなたのセルフイメージがもとに戻れば、その波動エネルギーを受けて

他の人たちの波動エネルギーも変わって行きます。

それには、セルフイメージを低くしてしまっている原因である、

いままでの常識、道徳、価値観、倫理観などを手放してください。

反対の物の見方、考え方、価値観が持てるようになれば、

セルフイメージももとに戻ります。


あなたは誰とも比較する必要はないのです。

あなたが存在する・・それだけで素晴らしいことなのですから。

それが、もともとのセルフイメージなのです。



あなたに愛と感謝 そして平和の光を送ります」



ありがとう アシュタール!


(ここまで)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:あなたのアイデンティティーが宇宙を進化させる!」 [アセンション]

世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:あなたのアイデンティティーが宇宙を進化させる! 」



(ここから)

今日のアシュタールからのメッセージをお伝えしますね^^

「こんにちは こうしてお話し出来ることに感謝します

あなたのアイデンティティー(存在価値)を外に求めないでください。

○○会社のあなた、○○学校を卒業したあなた・・それはあなたの一部です。

外にそのアイデンティティーを持ってしまうと迷子になってしまいます。

外に求めたアイデンティティーほど脆弱なものはありません。

外に求めたアイデンティティーは簡単に崩れてしまうのです。


もしあなたが○○会社の社員というところにアイデンティティーを見出し、

それが自分の価値だと信じていたとすると、それを失ってしまったときあなたは

自分の存在さえ失ってしまったと思ってしまいます。

○○会社の社員でなくなった自分は、存在する理由がなくなったと思います。

アイデンティティーの崩壊が起き、自分の存在価値を見失ってしまいます。


外に求めたアイデンティティーは、本当に簡単に崩壊してしまいます。

分かりますね?


○○会社のあなたが、あなたの価値ではありません。

あなたの存在理由でもないのです。

それは、あなたの一部に過ぎないのです。

それがなくなったとしても、あなた自身は何も変わらないのです。


あなた自身が、あなたそのものがあなたのアイデンティティーなのです。

あなたのすべてが、あなたのアイデンティティーなのです。


あなたが失ったものも含めて、あなたのアイデンティティーなのです。

あなたが○○会社の社員という立場をなくしたとしても、その○○会社にいたという

こともあなたのアイデンティティーだということです。

それも素晴らしいあなたの一部であり、あなたのアイデンティティーそのものなのです。


○○会社の社員、○○学校の生徒(卒業生)、○○ちゃんのママ、○○さんの妻(夫)、

○○さんの子ども、○○さんの教え子・・・あなたにはたくさんの立場があります。

それは立場にすぎないのです。

立場とアイデンティティーと混同しないでください。

混同して、それが自分のアイデンティティーだと思い違いしてしまうから、その立場を

失ったときに大きな喪失感を持ってしまうのです。


あなたのアイデンティティーは、あなたそのものです。

立場などまったく関係ないのです。

あなたが息をして、動いて、思考している・・それがあなたのアイデンティティーです。

あなたとまったく同じ人などいないのです。

あなたは、宇宙でたった一人のユニークな存在なのです。

あなたしか、あなたはいないのです。

そして、あなたが居るから宇宙にたくさんの波が出来るのです。

あなたが思考(行動)することは、宇宙の隅々まで届いています。

それは波(波動)となって宇宙の隅々まで影響を及ぼします。

良い波動も悪い波動もありません。

すべての波動は素晴らしい波なのです。


波が起きるから、宇宙も存在しているのです。

波がなくなると宇宙そのものも存在することが出来なくなります。

たくさんの波がぶつかり合って、重なり合って、干渉しあって、新しい波が出来ます。

新しい波が進化(変化)なのです。

進化しながら、宇宙は存在しています。

分かりますか?


宇宙の進化を担っているのは、あなたの波(思考、行動)なのです。

その波そのものが、あなたのアイデンティティーだということです。

ですので、あなたが居る・・それがあなたのアイデンティティー(存在価値、存在理由)です。

○○のなになに・・そんな小さな存在ではないということを理解してください。


あなたのアイデンティティーは、外にある条件ではなく、あなたの存在そのものだという

ことです。

外に自分のアイデンティティーを持ってしまうと、迷子になって自分がわからなくなって

しまいます。

あなたは、あなたそのものでいてください。

自分の思考をいちいちあなたの社会の小さな常識などで判断していると、自分が

どういう存在か、どうしたらいいのか?・・がわからなくなってしまいます。

判断はいりません。

自分がいまどう思考しているか・・それだけを認識してください。

あなたがいまどうしたいのか・・それだけにフォーカスしてください。

それが、あなたの波なのです。

その波が宇宙の進化を担っているのです。

それが、あなたのアイデンティティー(存在価値)なのです。


あなたに愛と感謝 そして平和の光を送ります」


ありがとう アシュタール!

私たちからもあなたに愛と感謝 そして平和の光を送ります。

(ここまで)


会社と言うのは辞めてみればわかります。

自分とは何の関係もないものだということが・・・。

止めて元の会社に遊びに行ったとしても、それは数か月の間だけです。

いずれよそ者扱いされることでしょう。


だから、組織を離れてしまえばただの人なのです。

でも、なかなかそのことが受け入れられず、何々の社長だったとか、専務だった

とか今でも鎧を着ている人はたくさんいます。本人が気づかないだけです。


辞めてからが本当の自分を見出す旅になるのだと思います。

それが宇宙を進化させる原動力になります。すべては波動となって宇宙に放散して

いることが理解できれば・・・・。




nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

破・常識 あつしの歴史ドラマ「アシュタール:混乱の現実」 [アセンション]

破・常識 あつしの歴史ドラマ「アシュタール:混乱の現実」



(ここから)


今日の破・常識!



方向性がないところには、現実が出来ない・・・

というか、方向性の見えない現実が出来る。

だから、こんなに方向性のない、混沌とした、

混乱の現実が起きている・・・らしい!



では、今日のアシュタールからのメッセージをお伝えします。


「こんにちは こうしてお話し出来ることに感謝します。

たくさんの出来事が起きています。

あなたの社会はいま深い混沌の中にいます。

表面的にたくさんの出来事が起きていて、

何がどうなっているのかわからなくなって来ている方も

たくさんいらっしゃると思います。

意図的にたくさんの情報が方向性もなく飛び交っています。

それは、あなた達の思考エネルギーを攪乱するためです。


どこかに方向性を持たせてしまうと、

そちらへ向かってしまうからです。

混沌の中、混乱の中にいる人たちを

真実から遠ざけることが簡単になるからです。

大変だと思わせるニュースを流したかと思えば、

今度はゲームに夢中になる人たちの映像を流す・・

どれが本当の現実かわからなくしてあるのです。

何か大変だと思うニュースばかり流してしまうと、

何とかしなければいけないという方向がついてしまいます。


伝わっていますでしょうか?

言い方はとても悪いのですが・・汚れた水で満たされた

洗濯機の中に居るようなものだと思ってください。

汚れた水の中に居て、そしてクルクルと回されていますので

方向性も何もわからなくなってしまっているのです。

それはもちろんあなた達の方向性を失わせるために

意図されたことです。


この状態では、何も考えることが出来ません。

ただ、クルクルと回されて目を回してしまって、

思考停止になってしまうだけです。

ですから、じっとしてみてください。

目を閉じ、耳をふさぎ、感覚だけに集中するのです。

静かにじっと感じるのです。

そうすれば、回転を停止することが出来ます。

回転が止まれば、ゆっくりと水が分離していき、

汚れは下に溜まり、水が澄んできます。

そうすればいろんなことが見えてきます。


言っていることがわかりますか?

いろんなニュースを見て右往左往しないでください・・ということです。

意図的に流されるニュースは、水をかき混ぜる棒のようなものです。

棒でクルクルと汚れた水をかき回し、

あなた達の方向感覚を失わせるためのものです。

ですから、ニュースを見る時は・・そんなこともあるのね・・

くらいの気持ちでみてください。


ゲームひとつで世界がかき回されています。

それも、これは楽しそうでいい、いやこれは何かの陰謀だ、

でも役に立つこともある・・

こうして波を立てるのです。人々をかく乱するのです。

そして、お互いに争わせるタネを放り込み、クルクルとかき混ぜます。

それに乗ってしまうと、右往左往で方向性を失ってしまうのです。


方向性がないところには、現実が出来ません・・・

というか、方向性の見えない現実が出来ると言ったほうがいいですね。

だから、こんなに方向性のない、混沌とした、

混乱の現実が起きているのです。


方向性を持つように意図してください。

あなたがどこに行きたいのか? どんな世界にしたいのか?・・

その方向性です。

その方向性を持たせたくない人たちが、

クルクルと水をかき混ぜるのです。

だから廻っている水を静かにするために、

目を閉じ、耳をふさぎ、感覚に集中してください。


感覚を研ぎ澄ませば、方向性が見えてきます。

彼らがどこを目指しているかの方向性と、

あなたがどこに行きたいのかという方向性が見えてきます。

方向さえわかれば、その現実を創造することが出来るのです。


ニュースなどを見る時、映像などを見る時は、注意してみてください。

そこにはあなたの現実はありません。

ただ、あなたをクルクルとかき混ぜるためのネタが

あるだけだと認識したうえで見るようにしたくださいね


あなたに愛と感謝 そして平和の光を送ります」



ありがとう アシュタール!

(ここまで)


最近はニュースを見ていても、思考が冷めているのがわかります。

TPP法案をアメリカの2候補が反対しているのになぜ日本だけが推進しようと

あせっているのか?今朝の日曜討論を昼のニュースで放送していましたが

自民党・公明党はすぐに法案締結と述べ、維新の会はそうだそうだと言い

民進党と共産党は議論が尽くされていないと言ってました。

しかし、民進党と共産党は絶対Noと言っているわけではなく、議論が足りない

からもう少し時間をかけあわよくば法案の提出を見送るようにしようとしている

だけです。日本の政界そのものがアメリカにコントロールされていることが良く

見えてきます。アメリカと言う国はダブルスタンダードの国です。表向きでは

Yseと言っていても裏ではNoの政策を実行しています。なぜなら、それを言って

いる中心人物が異なるからです。

ヒラリーは人気を集めるためにNoといっているだけで、もし当選したら推進政策を

取り始めるでしょう。トランプは反対ですが、その代わり日本に莫大な軍事費用の

負担を求めるでしょう。だから、どちらも日本の負担が増すという点では同じです。

そうかと言えば渋谷ではハロウイン(悪魔を祝う祭りです)でにぎわい、国民に

華やかさを見せつけています。いったいどっちが本当の日本なの?という感覚に

とらわれますが、どちらも日本です。

方や鳥取県では大地震が起き、今でのその余震が続いています。

今回の地震は人工地震のようで狙いは原子力施設のようです。

不安と期待とがごっちゃまぜの世の中を見ていると頭が混乱しますが、どちらも

起きている目的は同じと言うことを見ていないとかき回されます。

他にも多くの事件が起きています。大川小学校訴訟問題もひどいものです。学校

関係者が証拠隠滅を行っているのですから。裁判以前の問題です。

高樹沙耶の大麻事件も大麻の医療解禁の抑止です。小泉新次郎氏の定年制

廃止や解雇規制緩和などは笑えます。


ともかく冷静に観察していることが大切です。事件の背後に何があるのか見る

ことが必要と思います。



nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:そんな判断は大きなお世話です! 」 [アセンション]

世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:そんな判断は大きなお世話です! 」



(ここから)

昨日の話で、まだ言い足りないことがあるそうで・・^^;

では、アシュタール、どうぞ・・・

「こんにちは こうしてお話し出来ることに感謝します

昨日、あなたの世界はバーチャルリアリティーの中で遊ぶゲームだとお伝えしました。

このゲームは一回ごとに完全に終了します。

前回のゲームの得点などを持ちこすことは出来ないのです。


どういうことかと言うと・・

死んだあと、その人生はそれで終わりだということです。

死んでもあなたの意識は何も変わりません。

でも、前の人生のプラスの得点もマイナスの得点も全部なくなるということです。

(まず、プラスの得点もマイナスの得点もないのですが・・プラスだのマイナスだのという

判断は、いまのあなたの社会に置いてだけ通じるものです)


何が言いたいかというと、あなた達が良く使う言葉、前世とかカルマなどない・・

ということをお伝えしたいのです。

前回のゲームが戦いもので、その時に誰かを傷つけたから今回のゲームではそれを

償わなければいけないなどということはない・・のです。

今回のゲームで良いことをたくさんしたから、次のゲームでは最初から貯金がたくさんある

・・ということもありません。

ゲームは一回切りです。

次のゲームは、まったく新しいところから始まるのです。

前回は戦いものであっても、次は旅行ものでもいいのです。

旅行するゲームに、前回のカルマ?行い?などの尻拭い?をしなければいけないなどという

考え方は全くのナンセンスですね。

すべてのゲームは一回完結なのです。

続き物のゲームはないのです。


そして、前回のゲームのキャラクターをそのまま使うことできません。

まったく違うキャラクターでまたゲームを楽しむのです。

だから、前回のゲームのキャラクターは全く関係ありません。

前世というものはない・・と言うことなのです。


たくさんのキャラクターを自分でつくって、今度はどのキャラクターで遊ぼうか?と

あなたが選択するのです(前回使ったキャラクターはもう使えません)

そして、あなたはたくさんのシチュエーションも創ります。

(前回使ったシチュエーションも使えません)

どのキャラクターで、どのシチュエーションで、どんなジャンルのゲームをするか・・

何もかも自分で選んでゲームをはじめるのです。

まったく新しいゲームをはじめるわけです。


ゲームが終わったあと、それに関して審査する人もいません。

良いゲームだったとか、悪いゲームだったとか、誰かが審査して判断するなどありえない

のです。

そんな判断は大きなお世話です。

どんなゲームをしたとしても、それはゲームをした人の勝手なのです。

そのゲームはその人のものであり、他の人が判断するのはおかしなことです。

ましてや、そのゲームを判断して悪いゲームの仕方をしたから罰を与えるなんて

まったくナンセンスなのです。

死んだ後に、生きているときの行いを誰か(閻魔さま、神さま、天使 鬼)などが

勝手に判断して、勝手に判決を下して、勝手に天国だの、地獄だのというところに送る・・

なんてありえないのです。

そんなことが出来る存在はいません。


良いゲームも悪いゲームもないのです。

あなたが好きに楽しめばいいのです。

どんなゲームで遊ぼうとあなたの勝手なのです。


ただ、ゲームが終わった時に残るのは体験から得た記憶だけだということです。

どのような記憶であっても、それは素晴らしい記憶なのです。

せっかくゲームを楽しんでいるのですから、積極的楽しんでください。

終った後のことや、次のゲームのことなど、心配することはありません。


ゲームは一回限り、一回完全終了型なのですから。

次のゲームは、まったく関係のない新しいゲームなのです。


あなたに愛と感謝 そして平和の光を送ります」


ありがとう アシュタール!

私たちからもあなたに愛と感謝 そして平和の光を送ります。

(ここまで)



今日のアシュタールのメッセージはいつになく強い口調でしたね。

これも、私たちが「カルマ」や「前世の償い」「罪の意識」などに大きくとらわれていて

そこからなかなか抜け出せないからでしょう。


よく言いますよね。嘘をつくと地獄で閻魔様に舌を抜かれるとか、現世で善い行いをすると

来世は幸運な人生を送れるとか、極め付きは神様に多額の寄付をすれば現世の罪は

許され、来世は神に近い位置に座れるとか・・・。

すべては私たちにご利益という考えを刷り込むためのものです。

このご利益信仰で誰が得をするのでしょうか?おそらく自分自身だと思っているのかも

しれませんが、それはそういうご利益信仰を広めている人々やその背後にいる存在です。


人生は一度きりと言われてがっかりする方もいらっしゃるでしょう。

これだけ得を積んだのだから、来世は今のような生活ではなくもっとバラ色の人生を送れる

はずだと期待していたのに。。。。ですね。


今しかないというのはなかなか理解しにくい言葉ですが、こうしてみると一度きりしかない

人生には今しかないということが改めてわかります。

何を選択するのか、何を体験するのか、何を求めるのか?ということですね。

それならば、自分の求めることをとことんやるしかないですね。

ただ、波動にも重い軽いがありますので、その程度を考えないといけないようです。


さて、アメリカ大統領選挙の日にちが差し迫ってきましたが、ここにきてクリントン候補の

メール問題が再燃してきました。韓国では朴大統領が窮地に立たされているようですが

どちらも似たような構図です。果たしてどうなるのか?

先日久しぶりにマシュー君の最新のメッセージを読みましたが、この中には驚くべき内容が

書かれていました。ここまで詳細に明らかにするとは思いませんでしたが、これも時代の流れ

でしょうか?ただ、3次元でのお話しと割り切るには随分と隠されていることが多いみたいです。

ただ、現実の私たちの世界には関係がないことかもしれません。そういうことすら体験する

機会にはないのですから。


昨日はたきさんのホームページ閉鎖のことを書きましたが、マシュー君のメッセージは

過去も今も大きくぶれてはいないようですね。ある大統領候補を推薦する以外では・・・。

その内容はこちらから。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

破・常識 あつしの歴史ドラマ「アシュタール:波動使いはイメージ使いです・・・」 [アセンション]

破・常識 あつしの歴史ドラマ「アシュタール:波動使いはイメージ使いです・・・」



(ここから)


今日の破・常識!




わたし達は、右脳を抑え込む教育を受けてきたので、

右脳をフル活動するイメージは苦手になってしまっている。

いまからイメージが大切・・・らしい(笑)




では、今日のアシュタールからのメッセージをお伝えします。

「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

頭だけで考えていても現実化は難しいです。


イメージです・・すべてイメージからなのです。

そしてそこに感覚?感情が乗ればもっと良いですね。

出来る限りリアルにイメージするのです。

そうすれば、そこに感情が動きます。

それが、一番簡単に現実化する方法なのです。


”波動使い”は、イメージ使いなのです。

イメージを上手に使いこなすことができれば、

現実を変えることが出来ます。

例えば、いまあなたのまわりの波動が重く、

なんだか息をするのもつらいな・・と思ってるとします。

軽い波動に変えたいなと思うのであれば、

気持ちの良い景色などを思い出してください。

最初なれない時は、実際に行ったことがある、

体験したことがあるところが良いです。

気持ちがいいなぁ~~・・って思った海辺を

イメージの中で再体験するのです。出来る限りリアルに・・

海の波の音、潮のかおり、肌に当たる風の感覚、

そして、それを感じた時のあなたの感情・・・そうすれば、

あなたのまわりの(あなた自身の)波動を軽くすることができます。

反対に重くしたいと思えば、

重く辛いと感じた時のことをイメージすればいいのです(笑)

波動には良い悪いはありませんが、重い軽いはあります。

そして、あなたの気持ち?感情?気分?で

それを自由に変えることができます。


現実もそれと同じで、イメージ次第で

いくらでも好きに変えることができます。

感情の乗ったイメージは、とても大きなパワーを持っているのです。

頭ばかりでイメージしても、波動を動かすことは出来ないのです。

そこに感情というエネルギーが乗って

はじめて動かすことが出来るのです。


ただ鉄の棒を近づけても砂鉄は動きませんね。

鉄の棒に磁気が乗る?から、砂鉄はその磁気の力で動くのです。

頭で考えるだけのときは、ただの鉄の棒だということです。

そこに感情という磁気が加わるから磁石となって

砂鉄(波動エネルギー)を好きなように動かすことが出来るのです。


イメージをすることに慣れてください。

どれだけ感情を伴うリアルなイメージが出来るか・・

それで現実化が違ってきます。


そして、どんなに一生懸命感情が乗ったイメージをしよう

と思ってもなかなか出来ない・・と思うときは、

それは本当に自分が望んでいることなのか?

とちょっと考えてみてください。


本当にやりたいことならば、努力などしなくても

勝手にイメージしています。

イメージすること自体が楽しくて仕方がなくなります。

やめようと思っても、気が付いたらまた

そのイメージをして楽しんでいる・・という感じになるのです。

だから、イメージしようとしても他のことを考えはじめたり

(雑念が入る)してイメージに集中できなかったり、

楽しいと思わないことはハートが望んでいないことだと思ってください。


頭(マインド)で望んでいることと、

ハートで望んでいることは違うのです。

だから、マインドで考えてるのか?ハートで望んでいるのか?

わからないと思うときはイメージをするときの感覚をみてください。

イメージをするのが楽しくて仕方がない、

勝手にいろんなイメージが出てきて

どんどんそのイメージが膨らんでいく・・と思えるのは

ハートから出ている望みです。


そうではなく、ちょっとでも努力?頑張って?みたいな感じで

イメージをしようとしているならば、

それはマインドからの望みだと思ってください。


すべてはイメージなのです。

あなた達は右脳を抑え込む教育を受けてきましたので、

右脳をフル活動するイメージは苦手になってしまっているのです。

いまからイメージが大切になります。

イメージをすることに慣れてください。

そして、イメージをすることを楽しんでください。

感覚?感情が伴った楽しいイメージは現実化します。


感情が動くイメージさえできれば、もう現実化したのも同じなのです。


あなたに愛と感謝 そして平和の光を送ります」



ありがとう アシュタール!

(ここまで)


速読と言う本をたくさん読む方法があります。

私も何度か挑戦したことがありますが未だに成功してません(笑)。

あれもイメージ法です。右脳には不思議な力があって見ているものをそのまま

カメラで写し取るように記憶できるようです。よく優れた画家は屋外でスケッチして

あるいは途中まで描いていて、持ち帰ってからそれを完成させることがありますが

見た風景の隅々まで記憶しているそうです。そこに自分の求めるイメージを重ね

合わせ思い通りの絵を完成させるのです。


私も子供のころはほとんど映像のように自分が好きなことは記憶することができた

のですが、義務教育が進むに従いなくなりました。小学校のころには好きな恐竜の

名前は図鑑を見てすべて覚え、童話は一字一句がその場面を思っただけで浮かんで

来ましたので、同じ童話を読むことはありませんでした。

高校のころも黒板に先生が書いた内容をほぼ記憶していましたのでノートを取ることは

習慣として身に着きませんでした。

それが今では以前見た映画のDVDをほとんど忘れていて、2度3度見て楽しめる

ようになったので、良いのか悪いのか(笑)。


本来は、私たちにはこうした映像記憶の能力がありますが、義務教育段階での

文字記憶を中心とした教育によって高校のころにはほとんど失われてしまいます。

そのため鮮明にイメージすることが苦手になっていて、どうしても言葉で考えて頭に

浮かべようとしますが、それが現実化の障害となっていることは明らかです。

おそらく為政者はイメージによって現実化を促進させることがわかっていたので

教育現場に文字記憶によるものを持ち込んだのでしょう。

先日の新聞で外国の教師が日本人の教育の問題点を突いていました。

それは記憶偏重のやりかたから生徒の思考力を引き延ばす「創造力」を伸ばす

教育に変えていく必要があるということです。

日本人のこうした教育方法は明治に入ってからのように思います。江戸時代は寺子屋

が教育の中心でしたが、主に「考える」ということを重視していたと思います。


だから、波動使いはイメージすることに上手くならないといけないように思います。

日常の生活を見ていてもすべてイメージが先行します。ただ、気づかないだけです。

自分が何をどう考えているかを子細に追ってみればイメージが先に出てきて、それ

から言葉になることが理解できるはずです。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

様々なチャネリングメッセージを翻訳してきたたきさんのサイトが閉鎖 [アセンション]

これまで、大天使ミカエル、宇宙連合、大天使ガブリエルのメッセージを翻訳して掲載してきたたきさん

ですが、10月26日にホームページを閉鎖することを決めたようです。

その言葉は「私は真実を把握できていないようなので、このホームページを閉鎖します」というもの

でしたが、先日まで地球が次元上昇をするというメッセージを受け、その都度エネルギー調整という

名目でそのイベントが何度もキャンセルされていたようです。

さすがに、たきさんも自分が騙されていたことに気付いたようですね。

たきさんのホームページはこちら→http://www12.plala.or.jp/gflservice/gflservice.html


チャネリングメッセージは実に数多いのですが、そのほとんどが闇勢力や人工知能が送ってくるもので

中には地球から送られてくるものもあるようです。

私はある時からこうしたメッセージで信頼できると思われるもの以外は掲載してきませんでした。

これはたきさんと同じように読む人をはなはだ混乱させ、期待感だけ煽るからです。

5次元にいる私たちは基本的にアシュタールのメッセージだけで十分と思います。

後はいろいろ読むとしても自分でその取捨選択を考えることだと思います。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:持っているのは記憶だけ・・・・ 」 [アセンション]

世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:持っているのは記憶だけ・・・・ 」




(ここから)

今日のアシュタールからのメッセージをお伝えしますね^^

「こんにちは こうしてお話し出来ることに感謝します

あなた達が見ている世界は、ホログラムなのです。

とてもよく出来たバーチャルリアリティーなのです。

あまりに精巧に出来ているために、本当にそこにいると思い込んでしまって

いるだけなのです。


あなたはそこに居るのではなく、それを見ているだけなのです。

そして、見ている場面は自分で創りだしたものなのです。

いまあなたの世界でつくられているバーチャルリアリティーは、誰かが先に

作った世界(ソフト)を使っていますが、あなたがいま見ているバーチャルリアリティーは

もっと進化していますので、誰かが創ったソフトではなく、あなたの思考がそのまま

ソフトになるのです。


あなたの思考とバーチャルリアリティーの画面が直結していると説明すれば

分かりやすいでしょうか?

バーチャルリアリティーを見るためにあなたはメガネをかけている状態だと

思ってください。

そのメガネが外れたところに、真の世界が広がっているのです。

かなり違う見え方になると思いますが・・・」


ちょっといいですか?・・・私もその経験があるのでお話ししたいのですが・・ミナミ

2年ほど前に、私転んで怪我をしたことがあるんです。

ものすごく痛かったんです・・右足首捻挫して、左ひざ殴打・・痛くて痛くて立ち上がる

ことも出来なかったとき・・衝撃でメガネが外れたらしいんです。

そしたら急に景色が変わったんですよ・・今まで見えていた世界じゃなくて、

なんかモザイクの世界になった感じ・・たくさんのモザイクが目の前にあるような、

それが流れているような・・変な感じだったんです。

それに見とれてると、痛みも消えてました。

で、また急にメガネがかかったのかな?・・元の世界に戻って強烈な痛みも戻ってました

あれって、いまアシュタールが言ってる世界なの?


「そうですね・・ただ、まだ肉体的な目で見ようとしたためにそのようなモザイクの

世界になったのです。

肉体的な目で見なければ、もう少し違う世界を見ることが出来たと思います。

メガネを外してみる世界は、きっと今はまだイメージ出来ないと思います。

ですので、メガネをかけていること、そしてメガネを外してみる世界は全く違う景色だ

ということだけわかっていただけるといいと思います。


今日私がお伝えしたいのは、あなたがメガネを外した世界のことではなく、いま見ている

バーチャルリアリティーの世界の話なのです。

あなたはバーチャルリアリティーの世界で遊んでいるのだということをお伝えしたいのです。

何が言いたいのかというと、バーチャルリアリティーで遊ぶ一番の目的は体験だと

いうことです。

体験するために、わざわざバーチャルリアリティーのメガネをかけているのですから。


あなた達が遊んでいるゲームも同じだと思います。

ゲームの中でどんなにコインを集めても、ゲームが終わったらそれでお終いですね。

バーチャルな世界でコインを集めても、それそのものは実際の世界には持って来れないのです。

バーチャルな世界でどんなに宝石を集めても、実際の宝石ではないのです。

でも、体験した記憶は残ります。

その時に感じた感情も残ります。

楽しかったという喜びも感じることが出来ます。


体験するために、あなたはメガネをつけて遊んでいるのです。

冒険したくて遊んでいるのです。

バーチャルな世界でどんなに怖い体験をしても、あなたの身体には影響ないですね。

バーチャルな世界で、バンジージャンプをしても、実際には飛んでいないので怪我はしません。

死ぬこともないのです。

だから、せっかくのバーチャルの遊びを楽しむことに集中してください。

言っていることが伝わっていますでしょうか?


体験することを楽しんでください。

そのためにメガネをかけて、バーチャルな世界にいるのです。

ただそこにいるためだけに居ないでください。

積極的にやりたいことをどんどん体験してください。

それは、素晴らしいあなたの宝になるのです。

バーチャルの中の物質的な宝は、メガネを外した後の実際の世界には持っていけないのです。

それを集める・・と言う体験もそれはそれで楽しいかもしれませんが、それを集めること

だけに夢中にならないでいただきたいと思います。

集める体験を楽しむならばいいのですが、それを集めることを目的にしても

仕方がないのです。

分かりますか?

目的を間違えないでください。

集めることを目的にしても、それはバーチャルな世界でしか通用しませんので、メガネを

外した後の世界には持って行くことは出来ません。


持っていける?のは、体験した記憶だけだということを忘れないでください。

メガネを外した後の世界・・それは死後と言い換えてもいいと思います。

死んだあと(身体を脱いだあと)も、あなたの意識は何も変わりません。

バーチャルのメガネを外しても、あなたが何も変わらないのと同じです。

死ぬというのは、ゲームが終了するだけのことです。

バーチャルリアリティーのゲームが終了して、あ~楽しかったって言いながらメガネを

外すのと同じことです。

面白かったぁ~、怖かったぁ~、気持ち良かったぁ~、悲しかったぁ~・・ゲームが終わった

あとにはいろんな記憶が残ると思います。

それを他の存在と共有して、楽しむのです。

メガネをかけて遊んでいるあなたのまわりには大きなスクリーンがあって、あなた以外の

存在も一緒に見ているのです。

あなたのまわりには、あなたの体験を共有してる存在がいます。

とにかく、あなたの見ている世界を一緒に見てまわりでワイワイとアドバイスしている

のです。

右だとか、左だとか・・こうしたらいいとか・・いろんなことをそれぞれがあなたに

言っていると思ってください。

それらのアドバイスを聞くか聞かないかはあなた次第です。

実際にゲームをしているのは、あなただからです。


でも、外から見ている方が冷静に見ることは出来ます。

俯瞰でみていますので、実際にゲームをしている人より大きな範囲で見ることができます。

そのようにして見て、右のほうが良いよ、まっすぐ行った方が良いよ・・と言うアドバイスの

声が、ひらめきや直感として入ってくるのです。

でも、その存在たちがいわゆる守護霊だとかガイドだとかいう、あなたの社会でよく言われる

あなたを守っている存在ではないことはお伝えしたいと思います。


また長くなってしまいました(苦笑)

今日は、この辺にしておきたいと思います


あなたに愛と感謝 そして平和の光を送ります」


ありがとう アシュタール!

私たちからもあなたに愛と感謝 そして平和の光を送ります。

(ここまで)


私が「現実が3Dホログラムである可能性について」で書いたことがほぼ合っていたことに

なりますが、たとえそうであってもなかなか信じがたいことですよね。

360度すべてがバーチャルリアリティ(VR)ということです。異なるのはソニーのVRは

誰かが作ったプログラムで見せられているものですが、私たちが実際に体験しているのは

自分が創っている現実だということです。


最初に生まれてくるのもVRで、その後順調に成長していくのもVRだなんて・・・・。

ましてや戦争や各爆弾投下による被害も、東北大震災のような大地震も・・・、すべてが

完全なVR(バーチャルリアリティ)=ホログラムだということが信じられるでしょうか?

誰かそのあたりを歩いている人にそんなことを言ったら、警察に突き出されますよ!

きっと!(笑)。「この人頭おかしい」と言われて・・・・。


ミナミさんが書かれているように、メガネを突然なくしたら?

どう見えるのでしょうね。

モザイクと表現してますが、そうかもしれないですね。3次元(5次元?)の思考で

見るならばいつもの風景には見えないでしょう。

エネルギーのらせん模様が見えるかもしれないですね。あるいは色とりどりの様々な

形態模様がダンスのように動き回っている様子やエネルギーの流れがスパークのように

絡み合う様子が見えるような気がします。

もっと次元が上がればエネルギーをひとつの形態としてではなく状態としてとらえる

ことができるようになると思いますので違った形になるのかもしれません。

あらゆる物質の根源は光です。3次元で言えば、それは電子に相当するようです。

それが意識が集中する場所に凝縮して物質として現れるのですが、私の考えるところ

によれば、脳がそれを認識して初めて形態として見えるので、実際には何もない空間に

イメージだけが広がっているようなものでしょうか?

たとえば、私はこうしてパソコンのキーボードで入力して文章を書いていますが、指が

キーボードに触れたときだけ、圧力を感知してキーボードに触れたことを認識し、入力が

終わり、離れた瞬間には目の前にキーボードはありますが、触れた部分以外はイメージ

だけがあるということです。つまり、触れた部分以外は目に映っている映像があるのみで

実体はないのではないかと言うことです。ホントかな~(笑)。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

破・常識 あつしの歴史ドラマ「アシュタール:リーダーは必要ない」 [アセンション]

破・常識 あつしの歴史ドラマ「アシュタール:リーダーは必要ない」



(ここから)



今日の破・常識!




リーダーは必要ない。リーダーを探さないで。

リーダーに頼る時代は終わったのです。

あなた自身があなたのリーダー。

他にあなたを導くリーダーはいない!



では、今日のアシュタールからのメッセージをお伝えします。


「こんにちは こうしてお話し出来ることに感謝します。

力のある数人のリーダーが多くの人を導くという社会は

終わりに近づいています。これからは、個の時代なのです。

個人個人、一人ひとりの力が大きな変化を起こしていくのです。


地道に見えますが、それが一番パワフルなのです。

庶民といわれる人たちの一人ひとりの力は、

ひとつの方向性を見出すと膨大なパワーを発揮します。

リーダーによって方向性をつけられるのではなく、

自分たちの意識で方向性をつけるのですから

ぶれることなくそちらへ向かうことが出来るのです。


とても表現が難しいですが、

エネルギーで受け取っていただけるとうれしいです。

これまで何度か大きな光の柱が立ったことがあります。

変化を起こそうとして、立ち上がった大きな光の柱が

あなた達の社会に出来たことがありました。

でも、それは大きいがゆえに、そしてひとつふたつだったゆえに、

すぐに消えて行きました。消されてしまったのです。

大きくて目立ちますし、数が少ないので、消すことは簡単だったのです。

わかりますか?


でも、今度は違います。

大きなリーダーのような存在(大きな光)はいませんが、

今度は小さな光がたくさんあるのです。

小さな光の柱がテラの上にたくさんできてきたのです。

たくさんありますので、その光を消したい存在たちも

手を付けられなくなってきています。

どこから、どうやって消していけばいいのか

わからなくて困っているのです。


どんどん小さいですが力強く光る光の柱が増えてきているのが

こちらからよく見えます。とても素晴らしい光景です。

この光が、これまでの社会を大きく変えていきます。

この光が、これからの新しい”個の時代”をつくっていくのです。


この光が増えて行くことで、ピラミッド社会は崩れ

横並びの個の時代へと移行できるのです。

ちょっとイメージしてみてください。

大きな光が数本立つより、小さな光がたくさん立っている方が

まんべんなく明るくなりますね。

小さな光は、庶民といわれる人たち一人ひとりの光なのです。

一人ひとりが光りはじめることで、

いままで閉じ込められていた暗い檻から出ることが出来るのです。


どんどん光ってください。

それには、いままでの考え方、価値観を変え、

好きなこと楽しいことをしてください。

リーダーに頼るのではなく、自分の感性を信じて進んでください。


もう一度言います・・リーダーは必要ありません。

リーダーを探さないでください。

リーダーに頼る時代は終わったのです。

あなた自身があなたのリーダーなのです。

他にあなたを導くリーダーはいません。


あなたの光が、あなたの望む

新しい世界を照らしだして(創造して)くれるのです。


あなたに愛と感謝 そして平和の光を送ります」



ありがとう アシュタール!

(ここまで)


自民党は安倍総理が3期9年間首相を務めることができるように法改正を行ったと

報道されましたが、3次元劇場ではどうしても強い力を持つ人物が必要だということを

示しているものと見えます。


これからは一国の総理が政治をけん引する時代は終わりを告げていくだろうと思います。

明日からというのは無理としても、次第に国家としての形態より小集団(コロニー)の

集合体として存在するようになると思います。

国家を隔てるもっとも大きな阻害要因は言語です。各国家ごとに話す言語が異なるので

意思疎通がなかなか難しいのです。そのために国家同士のリーダーが外交政策を取り

ながら互いの意思疎通を図らなければなりませんでしたが、これからはテレパシーが

日常的に使える時代になり、隠し立ても通用しなくなります。そうなれば国家と言う壁が

なくなりますので、個人対個人、あるいはコロニー対コロニー、そうでなければコロニーの

集団体コロニーの集団となって意思疎通を図るようになることでしょう。

そうなればリーダーは必要なくなります。個々の自由意思が尊重される時代になります。







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:大好きですと100回言うより・・・・ 」 [アセンション]

世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:大好きですと100回言うより・・・・ 」





(ここから)


daisuki01.jpg
daisuki02.jpg


今日のアシュタールからのメッセージをお伝えしますね^^

「こんにちは こうしてお話し出来ることに感謝します

スキンシップを大切にしてください。

男女だけでなく、親子、友達、別の種族の存在たち・・その関係をとても気持ちが

良いものにしてくれます。


あなた達は、このテラに転生してくる前はエネルギー体として存在していました。

そして、エネルギー場でエネルギー体同士の交流を持っていたのです。

お互いのエネルギーを統合させることでエネルギーの交流をしていました。

交流が終わったら、すっきりと統合を解き、また別のエネルギーとなるのです。

理解しにくいですか?


Aという個性のエネルギーとBという個性のエネルギーが統合?合体?することで

その両者のエネルギーの交流が起きるのです。

これがとても気持ちのいい交流ですので、あなた達のいうエクスタシーを感じることが

出来ます。

そして、AとBが交流してCのエネルギーになるのです。

Cのエネルギーになって、お互いもういいかなと思えばまた離れます。

その時には、交流によって刺激されたのでAとBではなく、A+、B+ というように

個性のエネルギーも変化?進化?するのです。

これを他の個性エネルギーとも行い、どんどん変化?進化?していくのです。

個性のエネルギーは、意識エネルギーですのでたくさんの情報を得る(エネルギーの交流を

する)によって、刺激を受け、面白い体験になるのです。


言葉の壁ですね・・表現が難しいです。

でも、このエネルギーの交流(愛のエネルギーの交流)が、ステキな体験となるのです。

ここまでは何となく理解していただけましたでしょうか?


あなたは、このエネルギー場での愛のエネルギーの交流を、身体という物質を持った

状態で体験してみたいと思ったのです。

分離している状態でどうやって密接な愛のエネルギーの交流をして、それはどう感じる

のか?・・それが知りたかったのです。


ですから、あなた達は人との交流を求めるのです。

この愛のエネルギー(恋人とか親子とかの狭い愛ではなく)の交流を感じられた時

なんとも言えない感動(エクスタシー)を感じ、ハートがあたたかくなったり、

胸キュンする感じを覚えると思います。

それは、エネルギー場での愛の交流を思い出すからです。


あなたのまわりにはエネルギー体が存在しています。

そのエネルギー体での交流が出来たときにそのような感じがするのです。

エネルギー体での交流には、言葉も何もいりません。

何もしなくても、感じることは出来ます。

でも、あなた達には身体があります。

ですから、その身体をも含めてエネルギーを感じられたほうが、よりエクスタシーを

得ることが出来るのです。

ですから、愛のエネルギーの交流にはスキンシップはとても大切なのです。

大好きです・・と100回言うより、一回のハグの方が伝わるというのはそういうことです。

何も話さなくても、ハグする(抱き合う)ことで通じることがたくさんあります。


誰かがそばにいて、何も言わなくても手を触ってくれているだけで落ち着くのは

そういうことです。

(エネルギーには、合う合わないがありますので、ここでお話ししているのは合う人との

ことです)


大好きな人とのスキンシップをもっと取ってください。

子どもをもっと抱きしめてください。

パートナーと手をつないで歩いてください。

他の種族(犬やネコや植物たち)とも抱き合ってください。


ハグしあっている写真を見て、なんだか楽しくなったり、うれしくなったりするのは

ハグしあっている人たち(存在たち)が感じているエクスタシーのエネルギーと

あなたも共振しているからです。


言葉ではなかなか伝えられないことも、スキンシップでは伝わるのです。

ちょっとのことでいいんです。

触れ合うことの喜び、エクスタシーを大切にしてください。


あなたは、身体を持った状態で愛の交流を楽しみたいと思ってテラに転生したのですから。

それをもっともっと楽しんでくださいね。



あなたに愛と感謝 そして平和の光を送ります。」


ありがとう アシュタール!

私たちからもあなたに愛と感謝 そして平和の光を送ります。


(ここまで)


日本人はあまりハグをする民族ではないですね。

子供となら親は抱きしめますが、大人になると・・・・。その機会は減ります。

どこかに、ためらいや恥じらいがあるのだと思います。

外国人はよくハグしますね。ハグが文化みたいです。

私も正直あまりハグはしないですね。むしろ相手との心のハグを楽しんでます。

これはなんとなくエネルギー体で交流し合った記憶があるからのようです。

人それぞれですね。



nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog