So-net無料ブログ作成
検索選択

世にも奇妙なフツーの話から「アシュタール:まだ24時間戦いますか?」 [アセンション]

世にも奇妙なフツーの話から「アシュタール:まだ24時間戦いますか?」



(ここから)


面白い記事を3つ見つけました^0^

ひとつは、アメリカのシアトルのアマゾン本社の内部事情を描いた記事

かなりハードなようですね・・とにかくアマゾンは猛烈社員を求める会社みたいです。

「夜中に上司のメールが来て、返信しないと、なぜ返事がないのかと言われる」

「会議室から泣きながら出てくる人がいた」

「休みの日にまで仕事のメールに追われた」

「上司に同僚についての告げ口をするよう言われている」

「ガンを患ったり流産をしたりした社員、親の介護をしながら働いていた社員の評価が下げられた」

などなど。

「何より仕事を優先する社員しか生き残れない」会社の様子が生々しく描かれている。

・・だそうです。

この記事が出た時、ニューヨークの人達は驚いたそうです。

あれ? 日本の企業だったら当たり前的な?・だから、これを読んでも

日本の人はそんなに驚かない・・・と言うことにびっくりです^^;

ドンだけ日本の人たちは働かされてるんだぁ~~~~(驚)


で、二つ目は、デンマークの最低賃金(時給)は¥2000! 

なにぃ~~~・・最低賃金が¥2000・・日本は、¥798!!!!

税金は高いけど、学費は大学院まで無料、その上学生には月額8万ほど支給されているそうな!

物価は日本と同じくらいだそうだけど、賃金が高い分生活は楽だよね・・

その上、社会保障がしっかりしてるし・・

その上、ほとんど残業は無いんですって・・


日本の人たちはどんだけひどい環境で、長い時間労働を強いられ、苦しい生活をしてるんですかね??

ホントすごいですわ・・びっくりです^0^;


でも、3つ目の記事に少しほっとしました。

長時間労働は本当に必要? ほとんどの社員が17時に帰る年商59億円の化粧品会社 

基本残業はしない・・しても18:00までというルールがあるそうです

その上、17:00前でも自分の仕事が終わればいつでも帰っていいそうです。

でも業績は創業からずっと右肩上がり!


これですよね・・これ!・・って思いました^0^

そろそろ働き方、考えませんか??


では、今日のアシュタールからのメッセージをお伝えします

「こんにちは こうしてお話し出来ることに感謝します

あなた達が大切にしている”効率””合理性”という概念から考えても、バランスが

とても大事なのです。

余裕がなければ、あなた達が望むいい仕事は出来ません。

数字を上げることも出来ないのです。

結果もよいものにはなりません。


どんなに長い時間ずっと仕事をしても、効率は良くならないのです。

反対に長い時間仕事をすればするほど、効率は悪くなります。

力任せに仕事をしても、一時期は成績?結果?は伸びるかもしれませんが、長くは

続きません。


バランスを欠いてしまっては、エネルギーが枯渇するからです。

バランスをとるには、クオリティー オブ ライフが重要になるのです。

生活の質ですね。

朝から晩まで仕事ばかりしていては、生活の質は落ちてしまいます。

生活の質が落ちれば、余裕がなくなります。

余裕がなくなれば、効率は悪くなるのです。

伸びきったゴムは弾力がなくなり、ゴムとしては使えなくなりますね。

それと同じような状況になってしまうのです。


あなた達の社会のトップにいる人たちは、そのことが分かっていません。

とにかく長時間働かせれば、成果が上がると思っているのです。

別の意味で、疲れて余裕がなくなると波動が粗く重くなりますので・・・

波動を重くするという目的で、わざと長時間働かせるということもしていますが・・


ですから、仕事でいい結果、成果を出したいと思うのであれば、バランスを大切にしてください。

長時間働いていたら余裕がなくなるのはわかりますね。

余裕がなくなれば、接客をしていても笑顔が出ません。

疲れた顔で、無理やりな笑顔で接客されてもお客さまは満足しませんので、客足は

遠のきます。

余裕がなくなれば、たとえば料理を作っていても、料理をすることを楽しめませんので、

料理に楽しいエネルギーが乗りませんので、食べる人も感動しないのです。

感動しなければ、また食べたいとは思いませんのでお客さまは減ることになります。


そして、余裕がなく疲れ切っていれば、いいアイディアも浮かばないのです。

楽しい、面白いアイディアが浮かばないので、つくるものもありきたりなものに

なってしまいますね。

そうなると、売れなくなります。


あなたは、仕事をするために生きているのではありません。

生活、人生を楽しむために生きているのです。

もちろん仕事も楽しんでいただいていいのですが、クオリティー オブ ライフを落としてまで

仕事をする必要はありません。

そして、クオリティー オブ ライフが落ちれば、効率も悪くなるのです。


朝早くから満員電車に揺られ、夜遅くまで仕事をしてまた長時間電車にのり、

帰ってきたら軽くご飯を食べ、急いでお風呂に入り、家族との交流の時間もほとんど

取れずに、少しでも睡眠時間を取るために早く寝る・・という生活は、クオリティー オブ ライフ

の高い生活とは言えません。

そんな生活は疲弊するだけです。

そんな生活では、効率の良い仕事は出来ないのです。


楽しく、効率よく、成果の出る仕事をしたいのであれば、クオリティー オブ ライフを

高くしてください。

バランスをよくして、生活の質を上げるのが一番の早道です。

人生を楽しんでください。


あなたに愛と感謝 そして平和の光を送ります」


ありがとう アシュタール!

私たちからもあなたに愛と感謝 そして平和の光を送ります。

(ここまで)

いつになったら、日本人はこの労働地獄から解放されるのか?

日増しにきつくなる労働環境を何とかしないといけません。

昭和50年代は17時に帰宅することが当たり前で、当時深夜まで働くモーレツ社員というのは

どこかにいましたけど、今と比べればその比率は段違いに少なかったと思います。

どうして、こうなってしまったのでしょうか?

日本が長期のデフレに入ってからというもの労働環境が厳しくなり、収益を増加させるために

ただで長時間働かせるという悪どい悪知恵を企業が身につけてしまったからでしょう。

何しろお金を払わずにそれまでの1.5倍以上働かせることが出来ることに味をしめてしまい

それが全体に蔓延したからでしょう。

どこかで、その連鎖を断ち切り元に戻さないといけません。

そのためには、牛丼のバイトが次々と止めて行ったことと同じことを普通の会社でやれば

いいのかもしれませんね。今はこれまでのような売り手市場になっていませんから。

今は、人材を確保できず潰れている企業が増えてきているので、その手でやれば企業はグーの

音も出なくなるはずです。







nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

破・常識 あつしの歴史ドラマから「アシュタール:今この瞬間を生きる・・・・」 [アセンション]

破・常識 あつしの歴史ドラマから「アシュタール:今この瞬間を生きる・・・・」


(ここから)

今日の破・常識!



あなたの意識エネルギーに相応して時間は流れる・・・らしい(笑)



「3000倍、引き寄せる。」の第2弾! 

「他人の引き寄せ体験ほど
       役に立つものはない。」
3000倍、引き寄せる。2  ~15人の「引き寄せ体験」の全記録~

                         ミナミAアシュタール著 

asyutarubook2.jpg


興味のある方は、是非お手に取っていただけると嬉しいです^0^

どうぞよろしくお願いいたします。

===========================


今日のアシュタールからのメッセージをお伝えします


「こんにちは こうしてお話し出来ることに感謝します。

今、今、この瞬間にあなたがしていることをじっくりと味わってください。

今このメッセージをしっかりと味わいながら読んでください。

このメッセージに集中して味わい、そしてあなたがいま何を受け取り、

それに対して何を感じたか・・しっかりとそこにフォーカスしてください。


もし今何かを口にしているとしたらその味にフォーカスし 

その味に何を感じるか・・感じ切ってください。

もしあなたが歩いているのだとしたら 

いまあなたが見ている景色を感じ、風を感じ、匂いを感じ、

地面を踏む足の感覚を感じてください。


それが今この瞬間を生きる・・ということです。

あなた達は急ぎすぎる傾向にあります。

今このメッセージを読んでいても どこかで次の事を考えていませんか?

何かを口にしながら仕事の事を考えていませんか?

歩きながら早く目的地に着こうと急いでしまって 

景色を楽しむことも地面の感覚も 

風の匂いも意識することなく過ごしていませんか?


何をそんなに急ぐ必要があるのでしょうか?

時間はたっぷりあります。

時間は、伸び縮みするのです。

時間は、時計が刻むように一定ではありません。

時間は、あなたの意識で変わるのです。


あなたの意識が今この時になく次へ急いでいると時間も縮みます。

早くなるのです。

そしてあなたが今この時をしっかりと感じ、

ゆったりとしていれば時間は伸びます。

ゆっくりと進むのです。

宇宙には時間という概念はありません。

時間はあなた達が意識でつくり出した物なのです。

ですから時間に振り回されないでください。

時間を追いかけないでください・・

そもそも追いかける時間はないのです。

時間があなたを縛っているのではなく 

あなたが時間をつくっているのですから。


間に合わない・・と思ってあきらめてゆっくり歩いていたはずなのに 

なぜだか電車に間に合った・・という経験はありませんか?

それはあなたの時間が伸びたからです。

あなたが意識をゆったりとさせたから 

時間がゆっくりとなり電車に間に合ったのです。


あなたの意識エネルギーに相応して時間は流れるのです。

ですから忙しい、忙しい、早く、早く・・と思っていると

時間はどんどん短くなります。

気持ちがゆったりとしていると時間は長くなります。


今お話ししたことを、少し意識してみてください。

きっと日常の中で面白い経験が出来ると思います(笑)

不思議なことが起きると思います。


今この瞬間を感じ、楽しむ・・そうすれば、

あなたはとても自由に時間を使えるようになります。

何も急ぐことはないのです・・

あなたが時間を伸ばせばいいのですから(笑)・・というより 

本来時間そのものが幻であり 

あなたは今この時だけにいるのですから。


あなたに愛と感謝 そして平和の光を送ります」



ありがとう アシュタール!

(ここまで)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

世にも奇妙なフツーの話から「アシュタール:言葉の波動」 [アセンション]

世にも奇妙なフツーの話から「アシュタール:言葉の波動」


(ここから)

最近 老後の不安を煽る記事が多いですねぇ~~

老後破産? 下流老人? 貧困老人?・・・イヤな言葉ですねぇ~~

先日は 昔とても人気のあった歌手?アイドル?が、ちゃんとした老後設計を

しなかったから、こんなになりました・・みたいな記事を写真付きで週刊誌に

書いているのを見ました。

私も小学生の時に大好きだった方なので、なんだかなぁ~~~な気分になりました^^;

ホントによくまぁこれだけ、次から次へ不安を煽ることが出来るものだと、反対に

その手法に感心する次第ですよ(苦笑)

私たちをどんだけ悲惨なところに追い込もうとしてるんでしょうねぇ・・

老後なんて言葉使うの止めましょうよ・・

ね~~、アシュタールぅ~~~・・ですよねぇ~~^^

「そうですね・・言葉はとても大切です。

こんにちは こうしてお話し出来ることに感謝します^^

言葉は、エネルギーなんです。

言葉に出すということは、そちらにエネルギーを流すということです。

思考のエネルギーに言葉のエネルギーが乗れば、その影響はとても大きくなります。


自分はもう年だから・・と言った時点で、あなたの身体はどんどんあなたの思う年相応の

身体になって行きます。

身体は、あなたがデザインするのです。


病気もそうです。

特に病名がつけば、容易にその病気の症状を自分で作りだすのです。

病名を聞くとその過程もわかるようになります。

お医者さんやテレビなどの情報で、詳しくその病気のことを教えてもらい、それを

あなたが受け入れると、あなた自身であなたの身体をそのようにデザインしてしまうのです。

自分で病気になるということです。


言葉のエネルギーを上手に使って下さい。

口から出る言葉のエネルギーは、あなたの耳からも入って来てあなたに影響を及ぼします。

耳から入って来るエネルギーと、思考しているエネルギーのダブルであなたに影響を及ぼすのです。

ですから、あなたが元気が出る、ご機嫌になる言葉を使うようにしてください。

言葉ひとつで、あなたの波動エネルギーを大きく変えることが出来るのです。


言葉には、軽いエネルギーを持つ言葉と、重いエネルギーを持つ言葉があります。

いい悪いではなく、軽い重いはあるのです。

口から出る言葉だけでなく、書く言葉にも重い軽いはあります。

あまり字にはしたくないのですが、波動をわかっていただくために記します。


辛い、悲しい、苦しい、


楽しい、うれしい、喜び


の波動を感じてみてください。

ただの字ですが、波動の違いがわかると思います。

上の行はなんとなく元気が出ませんね。

すごく気持ちいい~~って思う方はあまりいないと思います。


2行目の字に触れると、元気が出ませんか?

なんか明るい感じがすると思います

感じ方は人それぞれですので、私が言ったような感じではないかもしれませんが、

違いは感じられると思います。


これが言葉の波動なのです。

ですから、あなたの波動を軽くしたいと思うのならば、軽い波動の言葉を口にするように

習慣づけてください。

ちょっと意識すれば、すぐに出来るようになります。

元気の出る言葉、気持ちの良い言葉を意識して使うようにしてください。

慣れれば意識しないでも、口から出るようになります。


重い波動の方が引っ張る力が強いです。

そして あなたを重い波動領域に閉じ込めておきたい人たちは、波動のことをよく知っています。

ですから、常に重い言葉の中にいるようにミスリードするのです。

重い波動の言葉にさらされていれば、知らず知らずにあなたの出す言葉も重くなります。

言葉が重くなれば、思考も重くなります。

思考が重くなれば、またそれに従って言葉も重くなるという悪循環に陥るのです。


ですから、出来る限り重い言葉から離れるようにしてください。

波動を軽くしたいと思うのならばですよ・・(笑)


それには、いつも”ありがとうございます””感謝します””出来ました”とつぶやいて

いるのが良いと思います。

この3つの言葉はとても波動が軽いものです。

この3つの言葉の波動を身体になじませておけば、そんなに重い波動に引っ張られることは

なくなります。


自分がイヤな気持ちになるような言葉を意識して使わないようにしてくださいね。

出来ない、もう○○だから、仕方ないから、無理だ、ダメだ、・・などの言葉が出そうになったら

さっきの3つの言葉でキャンセルしてください。


あなたに愛と感謝 そして平和の光を送ります」


ありがとう アシュタール!

私たちからもあなたに愛と感謝 そして平和の光を送ります。

(ここまで)


先日宮崎で起きた老人による自動車事故は「認知症老人」であったと報道されていますが

認知症はアシュタールやさくやさんが言うように自己逃避(ウイルスなどによる病的な疾患を除けば)

反応であることがわかりますので、おそらく家庭で邪魔者扱いされていたのでしょう。

言葉は力を使わない暴力です。だから、自分を守るために起こす拒否反応とも言えます。

若い人であれば、何らかの気分転換などで解消できますが、居場所のない老人であれば気分転換

どころではないでしょう。だから、年老いた親に対しては言葉を選ばないといけないだろうと思います。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

破・常識 あつしの歴史ドラマから「アシュタール:ドアの向こうの世界」 [アセンション]

破・常識 あつしの歴史ドラマから「アシュタール:ドアの向こうの世界」



(ここから)

今日の破・常識!



感覚、直感、ひらめきなどは、

     あなたの世界の外側からくる情報であり知識・・・らしい(笑)




「3000倍、引き寄せる。」の第2弾! 

「他人の引き寄せ体験ほど
       役に立つものはない。」
3000倍、引き寄せる。2  ~15人の「引き寄せ体験」の全記録~

                         ミナミAアシュタール著 

asyutarubook2.jpg


興味のある方は、是非お手に取っていただけると嬉しいです^0^

どうぞよろしくお願いいたします。

===========================


読者の皆様、ありがとうございます!

おかげ様で、神戸で開催する

ワークショップ~身体を持って 次の次元へ行く!~ステージ1

あっという間に満席になりました。感謝いたします。

アシュタール ライブトークセッションも残りわずかになっています。

あ、すみません。今、満席になりました。

御希望の方は、キャンセル待ちを承っていますので

ご連絡くださいね。



東京のワークショップ開催の方は、

ステージ2が、残り1席になっています。

他のプログラムは、まだ若干お席はございます。

どうぞよろしくお願いいたします。


では、今日のアシュタールからのメッセージをお伝えします


「こんにちは こうしてお話し出来ることに感謝します。

ドアはもう開いています。

あなたは、いつでもそこから出られるのです。

ドアを見つけるカギは感覚です。

そして怖れを手放す少しの勇気です。

これ以上行ってはいけない・・と

教え込まれたところを踏み出す勇気です。

これ以上は何もない、これがあなたの世界です・・と、

教え込まれたあなたのマインドは、

新しいことをしようとすると、冒険しようとすると必死で止めます、

危ない、出来ない、常識では考えられない、

そして お前には無理だ・・と、叫びます。


マインドは過去のデータを持ってきて出来ない理由ばかりを叫びます。

しかしマインドが知っているのは、あなたの世界の中でだけ通用する

小さな常識、狭い知識だけなのです。

マインドはその外側の広くて大きな世界を知りません。

そこにはたくさんの真実の情報、知識がありますが、

マインドではその情報を受け取ることが出来ないのです。

なぜならば それを受け取ってしまうと

今までのすべての常識が覆ってしまうから・・

今までの知識、常識にとらわれ 凝り固まっているマインドは 

それを拒否する方向へ向かいます。

いつまでも 今までの常識が通用する

慣れ親しんだ世界にいようとするのです。

変化を嫌い、冒険なんてとんでもない・・と叫びます。

ですから、ドアを探しそこから出たいと望むのであれば 

マインドを静かにさせ 

感覚、直感、ひらめきなどに耳をすましてください。

感覚、直感、ひらめきなどは、

あなたの世界の外側からくる情報であり知識なのです。

それはドアの向こうの世界からのコンタクトなのです。


小さくても何か疑問や違和感を感じる・・それを大切にしてください。

それがドアをさがしそこから出る大きなカギになります。


ドアはすでに開いています。

あとはドアを見つけ少しの勇気を持って足を踏み出すだけです。


あなたに愛と感謝 そして平和の光を送ります」



ありがとう アシュタール!

(ここまで)


ドアを開けるかどうかは、おそらく

自分が今いる環境が5次元だと感覚的に信じられるかどうかだろうと思います。

そして、テレビや新聞に出てくる世界の出来事が自分とは違う3次元の世界の出来事だと

思えるかにかかっているだろうと思います。

最近、テレビを見ていながら、ふと視線を部屋の中に移すとそのことが実感できます。

でも、不思議な感覚ですね。世界が乖離しているというのは・・・・。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

世にも奇妙なフツーの話から「アシュタール:ハロウィンと図書館戦争」 [アセンション]

世にも奇妙なフツーの話から「アシュタール:ハロウィンと図書館戦争」



(ここから)

昨日 横浜まで行ってきましたぁ~~・・サロンがお休みなので^0^

(えっと、昨日、今日とサロンがお休みをいただいていますので、お問い合わせ、

お申込みのメールにお返事出来るのは、明日になります。

遅くなってしまって申し訳ございませんが、ご理解のほど 

どうぞよろしくお願いいたします^^;)


横浜、みなとみらい、と歩いてきたんですが・・街中どこを見ても、何を見ても

ハロウィーンの飾りばっかり^^;;

クリスマスもびっくり位の飾りつけでした。

その光景を見て・・ホントに人の思考って簡単に操作できるんだなぁ~~って

つくづく思った次第です。

だって、10年前なんてハロウィーンってなに?状態でしたもん・・

クリスマスも、バレンタインもそうですが・・企業の商戦って大したものです。

仕掛けているのは企業だけじゃないと思いますが・・


それから、図書館戦争と言う映画も見てきました。

これも、思想統制の話なんですよね。

政府に認められた本しか読んではいけない。

政府が思想的にダメだと思った本は禁書となり、焚書されるんです。

そこに「知る権利」や「本を読む自由」を守るために図書館側から”図書隊が

生まれ、国家権力の”メディア良化隊”と日夜激しい戦いが行われるというお話しです。

この映画、娯楽作品として書かれていますが、作者さんは本当にもうはじまっている

思想統制を本気で危惧していて、それを訴えたかったんだと思います。

私も本が大好きでよく読みます。

好きな本くらい、好きに読みたいです。

そして、好きにアブナイこと、破・常識なことを書きた~~い(笑)

私たちミナミAアシュタールの本、確実に禁書になるでしょうね(爆)

その禁書に、ぜひアマゾンのレビューでご感想をお書き頂けるとうれしいです^0^

出来るだけ、おひとりでも多くの方にアシュタール、さくやさんのメッセージを

お伝えしたいと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします^0^




では、今日のアシュタールからのメッセージをお伝えします

「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

本当に意識を流す方向だけなんです。

何をどう考えるか・・それだけで現実は大きく変わるのです。

あなたの体験している現実は、あなたが創造しているのです。


本当に何度も言いますが、あなたは小さな檻の中に閉じ込められているのです。

その檻はミスリードされた思考で出来ているのです。

あなたを支配・コントロールしている人たちは、あなたに直接何もしていません。

しているのは、あなたの思考を操作しているだけなんです。

出来るだけあなた自身で思考しないように、言われたように何も考えずに

思考するように、小さなころから教育されてきています。


本当に何度も何度も言いますが・・常識を疑ってください。

どうして、みんなで同じことをしたんければいけないのか・・

そこに疑問を持ってください。

どうして、一日の大半を仕事に費やさなければいけないのか?

どうして、働いたお金の多くを税金として払わなければいけないのか?

どうして、選挙で公約したことを翻した政治家が、また当選するのか?

どうして、小さなころから子供は長い時間学校にいなければいけないのか?

どうして、子供を預けてまで、遅くまで親は仕事をしなければいけないのか?

どうして、山を削り海を埋め立ててまで、土地を増やさなければいけないのか?

どうして、農薬を使わなければ作物が育たないのか?

どうして、戦争が起きるのか?

まわりを見渡せば、おかしなことばかりです。

おかしなことに気が付いてください。

気が付かなければ、そこから出ることができないのです。

すべて、当たり前として思考を停止しないでください。

常識だから、国がそういうから・・というのは、思考停止状態になっています。

思考停止になると、なんでも無邪気に受け入れてしまうことになります。

人に自分の権利を渡してしまうことになるのです。

自由の権利を渡してしまうことになるのです。


あなたは、自分は自由だと思っているかもしれませんが、それは支配者に許された

範囲内の小さな自由なのです。

自由ならば、どうして働く時間まで決められているのでしょうか?

例えばどうして、朝起きて夜寝なければいけないのでしょう。

人には個性があります。

朝早く起きて活動する方がいい人もいれば、夜に活動する人もいるのです。

でも、あなた達は早起きがよくて夜更かしはいけないと思っています。

子ども達にも、早寝早起きの規則正し習慣をつけさせなければいけないと

思っています。

その子供の個性を考えず、それが常識だからと思い、それが正しいと思っています。

それは、思考の停止状態です。


とにかく、本当に小さなことで良いですので、なんか うん?って心がざらっと

感じたことに疑問を持ってください。

どうして? どうして? どうして?

そのことが、あなたの権利を取り戻し、自由になるためのカギなのです。

あれ? うん? 何か変・・と疑問を持つためには、感覚を研ぎ澄ましてください。

感覚がいろんなことを教えてくれます。

感覚はあなたのハートの声なのです。


毎日、毎瞬、意識を持ってみてください。

あなたの意識を取り戻してください。


あなたに愛と感謝 そして平和の光を送ります」


ありがとう アシュタール!

私たちからも あなたに愛と感謝 そして平和の光を送ります。

(ここまで)


yahooニュースなどでも流れていましたが

 公立図書館の貸し出しにより本が売れなくなっているとして、大手出版社や作家らが、発売から一定期間、
新刊本の貸し出しをやめるよう求める動きがある。背景には、深刻化する出版不況に、図書館の増加、サー
ビス拡充もある。本を売る者と貸す者、相反する利害のはざまで、出版文化のあり方が問われている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151029-00000010-asahik-ent

映画の中では政府との戦争のようですが、すでに民間レベルでこうした提案が出されているとは驚きです。

本が売れないのは図書館のせいではないでしょう!と思うのは私だけでしょうか?

近年、若者の本離れが著しいと言われていますが、その原因はネットやスマホにあるだろうと思います。

今やほとんどの情報がネットを検索すれば出てきます。本や雑誌との違いはその内容をどこまで掘り下げて

書いているかの違いです。詳細を知らなくとも大筋がわかればいいという流れが本離れを生んでいるように

思うので、図書館貸し出し禁止などをしても売れ行きは回復しないと思います。何か勘違いでは?



現実は自分自身の思考が生み出すというのは本当ですね。自分が関心を持たない限り眼前にその現実が

現れてきませんから。本当にどこに意識を向けるかです。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

破・常識 あつしの歴史ドラマから「アシュタール:最高のエクスタシーを・・・・」 [アセンション]

破・常識 あつしの歴史ドラマから「アシュタール:最高のエクスタシーを・・・・」



(ここから)

今日の破・常識!



愛は所有ではない。

          エネルギーの交換・・・らしい(笑)



「3000倍、引き寄せる。」の第2弾! 

「他人の引き寄せ体験ほど
       役に立つものはない。」
3000倍、引き寄せる。2  ~15人の「引き寄せ体験」の全記録~

                         ミナミAアシュタール著 

asyutarubook2.jpg

10月 24日 (土)より 全国の書店に並んでいます^0^

興味のある方は、是非お手に取っていただけると嬉しいです^0^

どうぞよろしくお願いいたします。



では、今日のアシュタールからのメッセージをお伝えします。


「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

愛・・夫婦、パートナーの愛でも、親子愛でも、兄弟愛でも、友情でも、

世界すべての人に向けての愛でも なんでも同じです。

それは差し上げるものでも もらうものでもありません。

愛とは、すべてにおいての絶対的な信頼なのです。

信頼・・それが愛なのです。

信頼・・それは、すべてにおいてその存在への尊敬であり感謝なのです。

尊敬と感謝があるから信頼できるのです。

そしてそれは一方通行ではなくお互いのベクトルが一致するときに

エネルギーの交換が行われ信頼のきずなが出来るのです。


愛をもらおうとしないでください。

愛を与えようとしないでください。

愛とはそのようなものではなく 

エネルギーの交換から起きてくる信頼なのです。

ですから愛は失うものではありません。

愛は所有ではありません。

エネルギーの交換なのです。

愛が失うようなものだと思ってしまうと 

そこには不安、心配、怖れが生じます。

狭義の”愛”にとらわれてしまうと愛を見失ってしまいます。

狭義の意味の”愛”は所有からの考えですので、

失うという概念が生まれます。

そこに 苦しみ、悲しみの感情が出てくるのです。


そうではなく、お互いのエネルギーの交換が融合を生み 

最高のエクスタシーとなるのです。

お互いの尊敬と感謝からくる信頼のエネルギーの交換が

最高のエクスタシーとなるのです。

好きな人にふられた、失恋した・・というのは 

狭義の愛にとらわれた発想になります。

男女の愛の根底も同じ、尊敬と感謝の信頼のエネルギーを 

身体を使って表現(SOX)しているということです。

ですから、そのエネルギーの交換のない肉体だけのSOXでは、

エネルギー上でのエクスタシーは感じられず満足できないのです。

満足できないから欲求不満になってしまうのです。

そして欲求不満になるので もっと求めるようになります。

でもそこには欲求を満たしてくれる

愛のエネルギーの交換がありませんので、

いつまでたっても欲求不満は解消されない・・

という悪循環にはまってしまうのです。

男女の愛のエクスタシーは、SOXだけではありません。

チョットした目でのやり取り、手のふれあい・・

それだけでもハートがフルフルするようなエクスタシーを

感じることがあると思います。

これがエネルギーでの交流なのです。

ちょっと話がそれましたので戻します(笑)


その観点から見てみると 

いたるところでエネルギーの交換をしているのがわかると思います。

ちょっとした挨拶のしぐさ、言葉、

それも愛のエネルギーの交換なのです。

知らない方であっても そのエネルギーの交換で

楽しく感じることがあると思います。


交換した愛のエネルギーを感じると 

とてもご機嫌さんになることができます。

ご機嫌さんになると、もっとたくさんのエネルギーの交換が

出来るようになってきます。

このご機嫌さんのエネルギーに満たされた社会は 

とても自由で気持ちの良い社会になるのです。

愛・・信頼のエネルギーを大切にしてください。

あなた達は、その愛のエネルギーの交換からもたされる

最高のエクスタシーを

身体と言う物質を持って感じたいと思って

物質世界へと転生したのです。

分離である身体を持って融合を感じたかったのです。


それを思い出してください。

そしてたくさんの愛の交流を楽しんでください。


あなたに 愛と感謝 そして平和の光を送ります。」



ありがとう アシュタール!

(ここまで)
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

世にも奇妙なフツーの話から「さくやさん:自己中って言うけどね・・・」 [アセンション]

世にも奇妙なフツーの話から「さくやさん:自己中って言うけどね・・・」


新刊本読み終わりました!

とても素晴らしいです。引き寄せについてこれほどわかりやすく納得できる内容にしている本は

ほかにはないでしょう。それぞれの体験をシュタールとさくやさんが事細かにアドバイスして

くれています。そう、内容が非常識なくらい!それが心の中に染みこむように入ってきます。

読んでない方は、是非読んでみてください。




(ここから)

「2015 身体を持って 次の次元へ行く」 in  神戸

神戸です^0^  恒例の年末ぎりぎりワークショップ(笑)

今年最後のワークショップになります^0^

是非是非、今年のうちに波動を軽くするワークを体験して、楽しいお正月を

迎えましょう・・ちょっと無理やり??(爆)

12月 27日(日) ワークショップ ステージ 1 
             
               アシュタールライブトークセッション 


本当に心の底から、おひとりでも多くの方と 軽い波動を共振し合って 

その波動を広めて行きたい・・って思ってます。

波動のことが分かれば、自分の好きな現実を創造することが出来るんです。

ホントに、テレビの中や新聞の中はひどい世の中になってます・・

でも、そこに共振しなければその世界を体験することはないんです。

別の世界を創造することが出来るんです。

そして、みんなが波動のことが分かって、波動の使い方を思い出せれば、

こんなひどいピラミッド社会からそっと離れることが出来ると本気で信じてます。

是非、ご参加ください・・あなたのご参加をお待ちしています。


11月 21日(土)、22日(日)は 東京で開催します。

こちらもまだお席はございます・・あなたのご参加お待ちしています。

みんなで波動の使い方を思い出し、”波動使い”になってこの世の中・・

グルんしたいと思ってま~す^0^

詳しくは、後ほど・・・


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今日、明日はサロンがお休みになりますので、頂いたお問い合わせ、

お申込みのメールへのお返事は金曜日になります。

どうぞよろしくお願いいたします^^



今日もさくやさんからのメッセージです^^

さくやさん、なんか話したいことがいっぱいあるみたい(笑)

では、さくやさんよろしくお願いします^0^

「あのねぇ~~、あなた達は幸せになりたいんでしょ?

幸せって何?

人それぞれ、幸せの感じ方は違うと思うけど、でも究極的には

”ご機嫌さん”の状態だってことでしょ?

ご機嫌さんのときに、あ~~幸せだわ~~って感じるんでしょ?

だって、我慢してたり、無理してたりするときに、

幸せだぁ~~っては思わないよね。


なら、幸せになりたいなら、ご機嫌さんでいればいいってことよね。

すごく簡単なことよね(笑)

幸せってなんだっけ?ってな、複雑なこと考えなくてもいいんじゃない?

ご機嫌さんな状態でいれば、みんな幸せになるんだから^^


いつも自分はどうしたらご機嫌でいられるのか?・・それだけ考えてればいい。

人のことは、いいの・・だって、人のことは、その人自身で考えるから。

人は、あなたと違う幸せを求めてるかもしれないんだから、その人に

任せておけばいいのよ。

もしかしたら、あなたがそれはつらいだろうな・・って思うことも、その人に

とってはご機嫌さんになることかもしれないんだから。

すごいストイックな食事をしてる人がいるとするでしょ?

野菜しか食べない・・とか、不食しているとか・・ダイエット中・・だとか、

あなたには苦痛にしか思えない事かもしれないけど、その人はその人なりの

理由があってやってて、それをやることでなんかご機嫌さんでいられる・・って

思うのならば、それはそれでいいわけよ。


自分が、ご機嫌さんでいられることだけ考えてたらいいの。

それを言うとまた文句が聞こえてくるけどね・・

そんな自己中なことしてたら世の中ムチャクチャになっちゃうとか、

人に無関心はいけない、愛の反対は無関心なのよ・・とか、

とか、とか、とか(笑)


自己中っていうけどね・・自分を大切に出来ない人は、人も大切に出来ないのよ。

自分のことを犠牲にしてまで人に何かをしてあげる方が、考え方によれば

自己中になるの。

だって、自分を犠牲にするってことは、我慢する事でしょ?

我慢すれば、いつも言ってるけど自分の中のエネルギーが枯渇してしまうの。

エネルギーが枯渇した人は、他の人にエネルギーを上げることは出来ないわ。

だって、持ってないものは人にあげることは出来ないでしょ?


そしたら、人に尽くすことで満足できる・・とか言うんだと思うけどね、

それって、してあげた人からエネルギーをもらうってことでしょ?

それって、エネルギーバンパイアになりかねないってことにならない?

エネルギーバンパイア・・自分の中にエネルギーがないから、人からいろんな

手段を使ってエネルギーを吸い取ること。

人に何かをしてあげることで、その人が喜ぶ顔を見ることで、私は幸せです・・

っていうことは、して上げた人が笑顔を見せてくれなかったらどうする?

それでもあなたは幸せだと感じられる?

それでも幸せだと思えるならいいけど、ちょっとくらい嬉しそうにしてくれても

良いじゃない・・とか、期待はずれな感じがしたら、それはエネルギーを

そこでチャージしてると思った方がいいわね。

それは、人のためにしてあげてる・・表面はそうかもしれないけど、

よく考えてみれば実は自分のためにしてるってことにならないかしら?

それの方が自己中的な考えだと私は思うけどね。


自分がご機嫌さんでいれば、自分の中にエネルギーがどんどん湧いてくるから

人からもらったりする必要はなくなるでしょ?

エネルギーがたくさんあれば、意識しなくても人に何か提供することが

出来るのよ。

あなたがご機嫌さんでニコニコしてれば、まわりも和むでしょ・・

それって大きな貢献よね。

ご機嫌さんな人は、とても寛容になれるしね。

気持ちのキャパシティーも広いから、争いことにもならない。


それからね、無関心っていうことだけど・・

それは、人に干渉しないってこと。

みんな好きだけど、でも干渉はしない・・ってこと。

これって、すごく大事なことなのね。

たいていの人間関係のもつれは、干渉からはじまるの。

人のことに首を突っ込んで、自分のやり方をやらせようとするから、

問題が起きるの。

その人には、その人の考え方、やり方があるんだから、ほっとけばいいの。

自分だって、自分のやり方があって、それが一番いいんだから、他の人もそう。

・・って思えれば、ほとんどの人間関係の問題はなくなるわ。

自分がご機嫌さんだったら、人のことにいい意味で関心がなくなるの。

だから、干渉する気にもならないってこと。

干渉しないから、干渉されることなくなり、自由になれるのよ。

無関心は、無視ではないの。

無視が、愛の反対。


あなたがご機嫌さんでいられると、あなたも周りも幸せになるのよ。

人のためにも、あなたがご機嫌さんでいてちょうだい。

どうすれば、自分はご機嫌さんでいられるか・・それだけ考えていればいいの。

ご機嫌さんが、世界をハッピーに変えるのよ~~~


あなたを心から愛してるわ~~~」


ありがとう さくやさん!

私たちもさくやさんを心から愛してるよ~~^0^ 

(ここまで)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

破・常識 あつしの歴史ドラマから「アシュタール:成長しなくとも良いんです!」 [アセンション]

破・常識 あつしの歴史ドラマから「アシュタール:成長しなくとも良いんです!」



(ここから)

今日の破・常識!



あなたが成長と言う名前で追いかけているいるものは 

      すべて砂漠の蜃気楼のようなもの・・・らしい(笑)


「3000倍、引き寄せる。」の第2弾! 

「他人の引き寄せ体験ほど
       役に立つものはない。」
3000倍、引き寄せる。2  ~15人の「引き寄せ体験」の全記録~

                         ミナミAアシュタール著 

asyutarubook2.jpg


10月 24日 (土)より 全国の書店に並んでいます^0^





興味のある方は、是非お手に取っていただけると嬉しいです^0^

どうぞよろしくお願いいたします。



「2015 身体を持って 次の次元へ行く」 in  神戸

またまた、神戸におじゃましま~す!  

恒例の年末ぎりぎりワークショップ(笑) 

今年最後のワークショップになります^0^


12月 27日(日) 

               ワークショップ ステージ 1 
             
               アシュタールライブトークセッション 


本当に心の底から、おひとりでも多くの方と 軽い波動を共振し合って 

その波動を広めて行きたい・・って思ってます。波動のことが分かれば、

自分の好きな現実を創造することが出来るんです。

ホントに、テレビの中や新聞の中はひどい世の中になってます・・

でも、そこに共振しなければその世界を体験することはないんです。

別の世界を創造することが出来るんです。

そして、みんなが波動のことが分かって、

波動の使い方を思い出せれば、こんなひどいピラミッド社会から

そっと離れることが出来ると本気で信じてます。

是非、ご参加ください・・あなたのご参加をお待ちしています。


11月 21日(土)、22日(日)は 東京で開催します。

こちらもまだお席はございます・・あなたのご参加お待ちしています。

みんなで波動の使い方を思い出し、”波動使い”になって

この世の中・・グルんしたいと思ってま~す^0^

詳しくは、後ほど・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


では、今日のアシュタールからのメッセージをお伝えします。


「こんにちは こうしてお話出来ることに感謝します。

あなたはどこに向かっているのでしょう?

何を求めて そんなに走り続けているのですか?

あなたの目指している最終地点はどこにあるのですか?

あなた達は、よく成長しなければいけない・・と言いますが、

成長とはどういうことですか?

成長して最終的にはどこに行くのですか?


どこかに行かなければいけない・・このままの私ではいけない・・

常に何かに追い立てられるように生きていくことで

成長出来るのしょうか?

それでは常に自己否定の方向へ向かってしまいませんか?

セルフイメージがどんどん低くなってしまいませんか?


経済的成長と言いますが どんどん大きくなって

最終的にはどこに落ち着くのですか?

落ち着く場所があるのでしょうか?

精神的な成長もそうです。

どのような人が精神的成長の最終点にたどりついた人なのでしょうか?


すべて幻です。

あなたが成長と言う名前で追いかけているいるものは 

すべて砂漠の蜃気楼のようなものです。

追いかけても、追いかけても たどり着くことは出来ません。

なぜならそこはただの幻だからです。

幻を追いかけても いつまでたっても

たどり着くことはできないのです。

追いかけているあなたは、ただ消耗していくだけです。

あなたの中のエネルギーが枯渇していくだけです。


あなたには向かわなければいけない場所はないのです。

今この時を生きるだけでいいのです。

それは怠惰ではありません。

今この時を100%生き切ることが、あなたがテラに転生した目的です。

今この時を100%感じ、体験することが目的です。


あなたは成長するために、生きているのではないのです。

言い換えれば 今この時を真剣に生きていくことが

あなたの成長につながるのです。

矛盾していますか?(笑)

無理やりにでも成長と言う言葉を使うのであれば、

成長は、どこかに行くことでも、誰かになることでもありません。

あなたの体験を増やしていくことです。


成長と呼ばれる作られたモデルケースを目指さないでください。

誰か(あなたを支配、コントロールする存在)が作った、

”ここが目的地です”・・というところを目指さないでください。

・・と言うか、誰も最終目的地は示していませんね。

わざと示さないのです・・いつまでも あなたを放浪させておくために・・

あなたのエネルギーを消耗させるために・・

どこにも最終目的地はありません。


成長するために我慢は必要だという

お為ごかしを受け入れないでください。

我慢することで成長できるなんていう考えはナンセンスです。

それは、あなたを支配、コントロールしている存在達が、

あなたに我慢させるための方便にすぎないのです。

我慢や修行すれば あなたは立派な人になれる・・

なんて言うのは、全く反対です。

我慢などは、ただあなたの中のエネルギーを消耗させるだけです。


幻を求めて重い足を引きずり、

エネルギーを消耗する必要はないのです。

今この時、そこに生きてください。

そうすればあなたの中にエネルギーが戻ってきます。

無限に湧き出てきます。

遠くに探しに行かなくても あなたのエネルギーは

あなたの中から湧いてきます。


成長しなくてもいいです。

どこかを目指さなくてもいいです。

今のあなたが、100%のあなたなのですから。

あなたはすでに100%のあなたなのですから 

幻の100%のあなたを目指して、

幻の目的地へ向かって放浪しなくてもいいのです。

今この時が、あなたの目的地です。


もっと力を抜いて、リラックスして、

今の100%のあなたを楽しんでください。


あなたに愛と感謝 そして平和の光を送ります」



ありがとう アシュタール!


(ここまで)


アシュタールのかたる言葉はあまりにも「破・常識」、あるいは「非常識」なので始めて読まれる方は

一目散に離れるか、食い入るように読むかのどちらかだと思います。

常識にどっぷりと浸かってしまっている人には劇薬に等しいですね(笑)。


劇薬も使い方次第なんですが、一歩間違えればその人を破壊してしまうほどの効果が・・・。

と、いうのは冗談ですが、ホントに!

「成長しなくとも良いんだよ」と言われて、どう思ったのでしょうか?


いつも自分は完全じゃない。だから完璧を目指すためにあらゆることにおいていちばんを目指し

他人からの賞賛や礼賛を浴びるほどの人物にならないといけないんだ!

と、思っている人はごまんといらっしゃるでしょう。

新刊本の中でもアシュタールとさくやさんが15人に引き寄せ体験を元に何度も語っていました。

「そんな無理なことをして疲れない?」「別に無理して成長しようとしなくて良いんだよ」と。


男性であれば、仕事の中で常に競争を強いられ、切磋琢磨あるいは自己研鑽という目でいつも

いつも自分を叱咤し、追い込むことを求められ、それが出来なければ敗者として扱われ、ランク

を一気に落とされます。そのため、本人にとっても周りの社員も「成長しないと追い抜かれる」という

恐怖感を引きずりながら生活しています。


これって、おかしいですよね。多くの報酬を得て、満足した社会生活の実現のため、あるいは会社の

ためと言われながら、むち打って生きる悲壮な生活をなぜしないといけないのか?

そこには楽しみも喜び(まあ、達成したときの喜びはありますが、そのときだけ)も何もない生活です。


いつもいつも崖から落とされるんじゃないかという恐怖がついて回っています。

だから、自分がそうならないようにするため、ときには他人の足を引っ張ることを平気でやることも

あります。そして、それが出来ない人は軟弱ものです。

今振り返ってみてもアシュタールの言うように蜃気楼のようなものでした。


そのためには、環境を変えることと気持ちの切り替えが必要ですね。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

世にも奇妙なフツーの話から「さくやさん:死んだらどうなるの?」 [アセンション]

世にも奇妙なフツーの話から「さくやさん:死んだらどうなるの?」


(ここから)

「2015 身体を持って 次の次元へ行く」 in  神戸

神戸です^0^  恒例の年末ぎりぎりワークショップ(笑)

今年最後のワークショップになります^0^

是非是非、今年のうちに波動を軽くするワークを体験して、楽しいお正月を

迎えましょう・・ちょっと無理やり??(爆)

12月 27日(日) ワークショップ ステージ 1 
             
               アシュタールライブトークセッション 


本当に心の底から、おひとりでも多くの方と 軽い波動を共振し合って 

その波動を広めて行きたい・・って思ってます。

波動のことが分かれば、自分の好きな現実を創造することが出来るんです。

ホントに、テレビの中や新聞の中はひどい世の中になってます・・

でも、そこに共振しなければその世界を体験することはないんです。

別の世界を創造することが出来るんです。

そして、みんなが波動のことが分かって、波動の使い方を思い出せれば、

こんなひどいピラミッド社会からそっと離れることが出来ると本気で信じてます。

是非、ご参加ください・・あなたのご参加をお待ちしています。


11月 21日(土)、22日(日)は 東京で開催します。

こちらもまだお席はございます・・あなたのご参加お待ちしています。

みんなで波動の使い方を思い出し、”波動使い”になってこの世の中・・

グルんしたいと思ってま~す^0^

詳しくは、後ほど・・・


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今日もさくやさんからのメッセージをお伝えしますねぇ~~

「あのね、死んだらね、絶対無限の情報の海に帰るの・・みんなそう。

あなた達人間だけじゃなくて、犬もネコも宇宙人もみんなそこに戻るの。

だって、みんな絶対無限の情報の海から来てるんだから・・

意味通じてる(笑)?


昨日、次元の話したでしょ?・・3次元、異次元、5次元・・って。

身体を脱いだら(死んだら)、そのどこにも行かないの。

死んだら4次元に行くってことはないの。

5次元にも行かないの。

絶対無限の存在に戻るの。

じゃあ、幽霊?はなぜ異次元にいるの?・・って言うことだけど、

みんな死んでも何も変わらないのね。

人は(人だけじゃないけど)、身体が自分なんじゃなくて、意識が自分だから・・

わかる?


身体を車だと思って。

そして、意識は運転手。

車を降りても運転手は何も変わらないでしょ・・そういうこと。


だから、身体を脱いでも、意識は何も変わらないから脱いだことが分からないこともあるの。

自分が死んだことを認識出来ない人たちもいるってこと。

そういう人たちは、自分はまだ生きていると思っているから、絶対無限の存在のところに

戻ることもわからないで、まだ自分がいた波動領域をウロウロしてるってこと。

後は、死んでることは理解してても、何かどうしても執着することがあって、

絶対無限の存在のところに戻りたくない人たち。


本来は、死んだことが分かったら絶対無限の存在の海に戻るのよ。

あなたは、私もそうだけど、絶対無限の存在そのものなの。

絶対無限の存在の小さな意識なの。

その小さな絶対無限の存在が、物質的な世界ってどんなんだろうって思って体験する

ためにテラに転生して来たの。

だから、その体験が終わればまたもとに戻るだけ。


結局、次元っていうのも絶対無限の存在の中にあるわけよ。

絶対無限の存在の中に、いろんな次元をつくって、そのどこで遊ぶかを小さな絶対無限の

存在であるあなたが決めるってこと。

いま、あなたは5次元領域で遊んでるだけ・・

5次元領域だって、まだ身体という物質を持っている存在たちは居るのよ。

5次元領域の6次元よりになったら、自分の意識で自由に物質化したり、非物質化したり

出来るようになる・・ま、波動の使い方がわかれば今でも出来るんだけどね。

あなた達は、まだ波動の使い方を思い出していないから、自由に出来ないだけなんだけど。


話が逸れちゃったからもとに戻すわね(笑)

すべては、絶対無限の存在がいろんな体験をするために分裂したものだってこと。

その体験の場所が違うだけ・・5次元領域か7次元領域かってだけ。

たとえば、いろんなところの遊園地があって、どの遊園地で遊ぶかってだけ。

どの遊園地で遊ぶかは、自分で決めているの・・誰かの指示でそこにいることはない。


で、その遊園地で体験しつくして、もういいかなって思ったらそこから出て家に帰る・・

って感じかな?

だから、いま楽しんでた遊園地を出て、また別の遊園地によることはほとんどないわ。

まっすぐ家に帰って、体験したことをその情報の海に入れて、そこにいるみんなと情報を

共有するの。


この後またそこにずっといるの?とか、そこから出るにはどうするの?とか、いろんな

疑問がでてくると思うけど、それを説明するとものすごく長くなるから、今日は

”死んだらどうなるの編”だけにしとくわね(笑)


あなたを心から愛してるわ~~~^0^」


ありがとう さくやさん!

私たちもさくやさんを心から愛してるよ~~^0^

(ここまで)


「死んだら、私たちだけでなく宇宙人も絶対無限の情報の海に帰る」

えっ!宇宙人は違うと思ってました。だって中には死なない宇宙人もいるんでは?

と思ってましたから。

でも、すべての存在は永遠ではないということですね。永遠に存在できるのは意識だけ!

そう考えれば納得できますね。


すべてがあらゆる体験をして絶対無限の情報の海に戻るということになると

すべてが対等と言うことになりますね。地球人も異星人も・・・。

ただ体験している内容が異なるだけと言うことになります。


そこには文化や姿、形、文明の進捗度、科学に発達の程度などの差はありますが、絶対無限の

情報の海に戻ってしまえば、そこからまた新たな体験をしたいと思ったときにどれでも選べると

考えれば、文化や姿形、文明・科学の進捗度の違いは関係なくなります。

そうですね。だから、今いる体験を味わい尽くすことが大事と言うことになります。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog