So-net無料ブログ作成
検索選択

世にも奇妙なフツーの話から「アシュタール:意識を向けなれば何も出てこないのです」 [アセンション]

世にも奇妙なフツーの話から「アシュタール:意識を向けなれば何も出てこないのです」


(ここから)

先日サロンにいらしたクライアントさんが、鳩が大の苦手だそうで・・

鳩を見ると鳥肌が立つらしいです。

あのポッポーってなく声もダメ・・って^^;

で、今日来るときにも湘南台の駅の出口にもにたくさんいて、

どうしようかと思った・・っておっしゃるんですよね~~

え~~、湘南台の駅に鳩なんていたっけ??????

・・ということで、その後に駅に行った時に鳩いるのかなぁ~~って

思って観察してみると・・ホントにたくさんいる^0^;

今まで、全く目に入ってなかったんですねぇ~~(笑)

私の現実には鳩は存在してなかった(笑)


ということで、今日のアシュタールからのメッセージをお伝えします

「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

そうですね・・意識のエネルギーを注がないところには何もないのです。

あなたが意識(思考)のエネルギーを注ぐと、そこに現実(ホログラム)が

出現するのです。

あなたがあなたの現実を創造しているというのはこういうことなのです。


ですから、同じ場所にいても見ているものは人それぞれ違ってくるのです。

全く同じ現実(ホログラム)を見ている人はいないのです。


意識のエネルギーを注ぐところに、あなたの現実が出現するのですから、

イヤなことや不都合なところに意識のエネルギーを注がなければそんな現実は

目の前に出現しないということです。

例えば 気に入らない人がいるとすると、あなたは気になって仕方がなくなり

その人に意識エネルギーを注ぎ続けますので、ずっとその人があなたの現実の

中に居続けることになるのです。

気に入らない人がいれば、反対にその人のことを忘れればいいのです。

忘れれば意識エネルギーを注がなくなりますので、その人はあなたの現実から

いなくなるのです。

イヤだ、イヤだと思うことは、反対にあなたの現実に引き寄せていることに

なるのです。


好きなこと、楽しいことに意識エネルギーを注いでいると、あなたの現実は

楽しいことばかりになります。

楽しい現実を体験したいのならば、イヤなこと、嫌いなことに意識エネルギーを

注がずに、好きなこと楽しいことにだけエネルギーを注いでいればいいのです。


とてもシンプルですね。

とても簡単なことです。


あなたに愛と感謝 そして平和の光を送ります」


ありがとう アシュタール!

私たちからもあなたに愛と感謝 そして平和の光を送ります。

(ここまで)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

破・常識 あつしの歴史ドラマから「アシュタール:できることだけにフォーカスする」 [アセンション]

破・常識 あつしの歴史ドラマから「アシュタール:できることだけにフォーカスする」




(ここから)

今日の破・常識!



出来ないこと・・それはあなたの能力が低いのではなく 

             好きではない・・それだけのこと・・・らしい(笑)



今日のアシュタールからのメッセージをお伝えします


「こんにちは こうしてお話し出来ることに感謝します。

知らないことがあったり出来ない、苦手だ・・と思うことがあっても 

それは決して恥ずかしいことではありません。

すべてを知っている人はいません。

すべてを完璧に出来る人はいません。


知らないことは知っている人がいるのですから 

その人に聞けばいいのです。

知らないことを教えてもらったときは 教えてもらったことに 

ありがとうございます・・と感謝すればいいだけのことです。

知らなかった自分を恥ずかしいなどと思う必要はありません。


出来ないこと、苦手なことは 

それを得意とする人にしてもらえばいいのです。

そしてあなたはあなたが得意とすることを 

それを苦手と思っている人に提供すればいいのです。

得意な人が得意なことを提供しあうだけですべてはうまくいきます。


得意なことだけにフォーカスして下さい。

それだけでいいのです。

出来ることにだけフォーカスすればいいのです。


出来ないこと、苦手なことにフォーカスして私はダメだ・・

と思う必要はまったくないのです。

あなたにはあなたにしか出来ないことがたくさんあります。

できることを数えてください。

出来ることを誇りに思ってください。


出来ないことにフォーカスしてしまうと 

セルフイメージが低くなり 波動も重くなります。

エネルギーが内向きに入ってしまい、循環がうまくいかなくなります。

循環がうまくいかなくなると身体に不調が出たり 

精神のバランスを崩してしまいます。


出来ないこと・・それはあなたの能力が低いのではなく 

好きではない・・それだけのことです。

好きではないことには 夢中になれません・・意識がいかない・

だから出来ないだけなのです。

好きではないこと、興味がないことは する必要がないのです。

する必要がないことにいくらエネルギーをかけても上手くはいきません。

それは あなたのブループリントには無いことだからです。


あなたがあまり興味が無く 好きではないことでも 

それに興味があり好きな人がいるのです。

ですからそれはその人に任せておけばいいのです。

あなたには得意なことがあります・・

それをお互いみんなで提供しあえばいいのです。


出来ないことがあるからと言って 

自分には能力がない・・などと決して思わないでください。

セルフイメージを下げるようなことはしないで下さい。

知らないこと、出来ないことは恥ずかしいことではありません。

そこにフォーカスしないでください。


出来ることにフォーカスしていけば

あなたのセルフイメージは回復します。

自分に自信を取り戻すことが出来自分を好きになれます。

好きになれると どんどんいろいろなアイディアが湧いてきて 

したいことが増えてきます、

出来ることが増えてきます。

したいこと 出来ること 好きなこと 

楽しいことをしていたら あなたの波動は軽くなリます。


出来ることを数えてください。

出来ることを書き上げてください。


あなたに 愛と感謝 そして平和の光を送ります」



ありがとう アシュタール!

(ここまで)


そうとう頭が良ければ何でもこなせそうですが、そうでないことが多いものです。

まさにマルチと言えるくらい何でも器用にこなし、やってのける人は実際に存在します。

そういう人の頭の構造はいったいどうなっているんでしょうね?


それでも文武両道とは行かないようで、インテリジェンスと運動能力は相関しないようです。

だから、すべて100%完璧にこなせる人はこの地球上には存在しません。

そう考えれば多少のことができなくともがっかりすることはないでしょう。

好きであれば、それが自分のツールになり、それが仕事になることは十分あります。

だから、自分の好きなことに自信を持てばいいのだと思います。


できないから恥じることはないし、できなければ覚えれば良いだけのことですね。

覚えることに苦痛を感じるなら、すっぱりあきらめてやってもらえばいいだけです。

けっっこうそれでやっていけますよ!

プライドさえ捨てれば何も気にならなくなります。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

世にも奇妙なフツーの話から「アシュタール:5次元領域と共振しているあなたの現実」 [アセンション]

世にも奇妙なフツーの話から「アシュタール:5次元領域と共振しているあなたの現実」



(ここから)

この前 家の近くの道路で自転車に乗って急いでる3人の中学生とすれ違ったんですね。

その時に一人の子が

「遅れると思うから遅れるんじゃぁ~~、遅れないと思えば遅れないんじゃぁ~~」

って叫んだんです^0^

そしたら、他の子も「そっかぁ~~、だよなぁ~~」って・・

スピードを落としてゆっくりと走りはじめたんですね。

わかってるじゃ~~ん、若者たちよ~~・・世の中変わってますよ・・みなさま(笑)


では、今日のアシュタールからのメッセージをお伝えします。

「こんにちは^^ こうしてお話し出来ることに感謝します

いつも言いますが・・あなたはもう5次元領域と共振しています。

5次元領域にいるんです。

少しずつ、少しずつ、移行したので気がつかないだけなのです。

次元は、かっちりとしたものではありません。

ここからここまでが3次元領域で、ここから5次元領域です・・というものではないのです。

はっきりとした境界線はありません。

ですから、気がつかないのです。

当たり前の毎日を過ごしていると思っていますが、当たり前の毎日の中に小さな変化が

起きていたのです。

そして、今あなたが当たり前だと思っているその毎日は、5次元領域と共振した毎日なのです。


でも、3次元領域と同じで何も変わりません・・と思いますか?

それは、あなたがまだ3次元領域と共振していると思い込んでいるからです。

5次元領域は、思考が現実化するのが早いのです。

現実化しやすいのです。

ですから あなたがまだ3次元領域と共振している、3次元領域にいると思い込めば

それが現実化するので、3次元領域を見ることになるのです。

あなたは3次元領域をよく知っています。

だから、すぐにリアルにイメージすることができます。

だから、現実化することも簡単なんです。

5次元領域の中で、3次元領域を創って遊んでいるみたいなものです。


5次元領域も広いのです(時間も空間もありませんが、重い軽いはあります)

あなたは、5次元領域の中でも波動が重い領域にいるので、あなたが5次元領域はこんなものだと

思っていることはまだ出来ません。

だから 自分はまだ5次元領域にいないと思ってしまっているだけです。

たとえば、5次元領域に行けば、超能力が使えると思っていませんか?

テレパシーや念動力、何もないところから物質をとりだすことが出来る・・みたいな。

でも、自分はまだ出来ないから5次元にはいない・・と。


それが出来るのはもう少し波動が軽い5次元領域です。

今も出来ないことは無いのですが・・思考が出来ないと思っていますので出来ないのです。

思考はエネルギーで、思考したことが現実化する・・ということを信じ切ることが出来れば

今でも出来るのです。

疑いのエネルギーは重いですので、5次元領域の軽い波動領域にはまだ共振出来ないのです。


でも、重い方だとは言っても5次元領域に共振しているのは確かです。

それを信じてください・・そうすれば、自分で3次元領域をつくり出して遊ぶことはなくなります。

まわりの人達も、同じところに共振しています。

ですから、あなたの現実(ホログラム)に登場するのです。

たとえ、そういう情報(いわゆるスピリチュアル的な)を知らない人でも5次元領域に

共振しているのです。

そういう知識、情報、言葉を知らなくても、ハートが知っている人たちはたくさんいます。

その人達は、なにげに5次元領域に共振しています。

何も意識することなく当たり前のこととして、5次元領域にいるんです。


5次元領域は、あなたが思っているようないわゆる夢のような世界ではありません。

5次元領域は、波動が軽く思考が現実化しやすい世界なのです。

ですから、夢のような世界も創造することが出来ますし、3次元領域の世界を創造することも

出来るのです。

5次元領域が夢の世界なのではなく、夢の世界を創れるところだということです。

夢のような世界があらかじめ用意されているのではなく、あなたの思考で夢のような世界を

創造するのです。


だから、夢のような5次元領域に誰もあなたを連れていくことは出来ないのです。

誰かがあなたの世界を創ることは出来ないのです。

そして、何かが起きて一斉にみんなで5次元領域にアセンションすることはありません。

人にはそれぞれのペースがあります。

それを無視して、強制的に波動を変えるなんてことは誰にも出来ないのです。


波動の移行は、その人が決めた自分のペースで行います。

少しずつ、少しずつ、刺激が少ないように自然な形で移行するのです。

急に波動領域を移行すると、衝撃が大きすぎて身体も精神的なものも壊れてしまいます。

急に深海から水面に浮上するのと同じようなものです。

急に浮上すると、水圧の変化に耐えられず身体が壊れてしまいます。

少しずつ、少しずつ、水圧に慣れながらゆっくりと浮上しないととても危険なのです。

それと同じで、急に何かのイベントが起きて波動領域を移行するととても危険なのです。

ですから、そんなことは起きません。


なので、いまこうしてあなたはゆっくりと5次元領域に移行し、その波動領域のもう少し

軽い方向へ行こうとしているのです。


長くなりましたが、言いたかったのはあなたはもうすでに5次元領域と共振している・・

ということだけです(笑)


あなたに愛と感謝 そして平和の光を送ります」


ありがとう アシュタール!

私たちからもあなたに愛と感謝 そして平和の光を送ります。

(ここまで)


「遅れると思うから遅れるんじゃぁ~~、遅れないと思えば

遅れないんじゃぁ~~」


すごいですね!今の若者たちは(^o^)

もう5次元を感じ取っているんですね。


昨日の9月28日には何かが起きるとさんざんネットで騒がれていましたが、何もありませんでした。

これも5次元にいるからです。自分の思考で現実を創造しているということです。


でも、何か起きるかもしれないと恐れおののき準備を進めていた人たちには何かあったのかも

しれませんが、別のタイムラインでの出来事です。

もしかしたら、大規模な地震や宇宙からの隕石などが落下しているのかもしれません。

でも、私たちはそうでないタイムラインを選んだと言うことです。


心配せずにマイペースで行きましょう。




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

破・常識 あつしの歴史ドラマから「さくやさん:子供はすべてお見通しよ!」 [アセンション]

破・常識 あつしの歴史ドラマから「さくやさん:子供はすべてお見通しよ!」



(ここから)

今日の破・常識!



子供に 道徳も 倫理も 教育などというものはいらない・・・らしい(笑)

では 今日はさくやさんからのメッセージです。


「愛にあふれていない人は どんなに言葉で愛を説いても

誰も感動しないし ましてや 言うことを聞こうだなんて思わないわ。

人を尊敬していない人が どんなに人を尊敬しなさいって言っても 

ただむなしいだけね。

自分が嘘をついている人が 嘘をついてはいけません・・って言っても

誰も聞く耳は持たない。

まるで説得力がないのよね。

だから最後には ダメなものはダメって言ってるでしょ・・って 

力任せに押し付けるしかなくなってくるの。


これは掟の話だけのことじゃないのよ。

子どもを育てるということ全般に話をしているの。

子供に 道徳も 倫理も 教育などというものはいらない。

そんなの ナンセンス!

子供は すべてを見ているわ。

子供は 大人たちのすべてをしっかりと見ている。

道徳や倫理を教えなければいけない・・ということは 

大人たち自身が出来ていない・・ってことを 

宣言しているのと同じなのよ。

これはとても悲しいし恥ずかしいことよね。

そして大人たちが出来ていないから 

子供はそんなうわべだけのきれいごとを言っても

聞くわけがないでしょ・・だから どうしてなの?って聞き返してくるわね。

でも大人もそれにはっきりと答えることが出来ないから 

ダメなものはダメだって言ってるでしょ・・って 

逆ギレするしかなくなってくる(笑)


教育しようなんて まったくナンセンス。

大人がケンカばかりしていながら 人とは仲良くしなさい、

やさしくしなさいって・・

誰がそんな人のいうことをきく?・・お笑い種よね。


子どもにこういう人になってもらいたい・・と思うのであれば 

大人がそういう人になってちょうだい。

そしたら道徳など教える必要はまったくなくなるわ。

子供には知識と技術だけを教えればいい。

あとは大人たちの行動を見せるだけでいい。

子供が荒れるのは大人が荒れているから・・

まず子供に言う前に大人自身が自分の姿を見てちょうだい。


教育というのは大人の姿をみせること・・・

そして子ども自身の持っている能力を信じ ただ見守ること!


子供に恥じない大人になってちょうだい・・

そうすれば何も言わなくても子供は自分で育っていくから。


子供はすべてまるっとお見通しよ(笑)


あなたを 心から愛してるわ~~~」



ありがとう さくやさん!


人気ブログランキング 

(ここまで)





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

「映画スタートレックの世界は本当だった!」(3) [アセンション]

「映画スタートレックの世界は本当だった!」(3)

前回紹介した回から少し後のものになりますが、この中で闇勢力がメディアを操作して私たちをコントロールしていることがわかります。アシュタールやさくやさんが何を伝えたいのか理解できると思います。(あくまでも全体の意図だけ読んで、後は参考までに。主体は私たちの意識にあります)

もし、すべてをお読みになりたい場合はこちらから
http://japonese.despertando.me/category/news-to-the-world-of-love-and-light/news-to-the-new-world/
注)このサイトは様々なチャネリングメッセージが掲載されていますが、真偽ごちゃ混ぜですのでとことん読むことは勧めしません。


(ここから)

http://www.gaiamtv.com/seeking-truth/lp-cosmic-disclosure?cid=aff:amb:sh:goode:s024&siteID=mTckSPpGJyM-OcBAunhXNoF3ZMRdaE8cXw

DW: ようこそ。私はデイビッド・ウィルコック、インサイダー中のインサイダー、コーリー・グッドをお迎えしています。この情報はあらゆるレベルごとに分類化し ています。ヒエラルキーを上がるごとに、誰もが「自分はあり得る情報をすべて把握している」と思っています。何年もの間この世界を見てきて-失言だけは避 けたいのですが- 彼らがどれだけ無知かが見てとれて、びっくりしています。スターゲイトやポータル、反重力にET、中には明らかにテレパシーやテレキネシスを用いている ETに対面しても、彼らには”全体像”、つまり霊的要素、ETがやって来てこの世界に宗教を生み出したということも把握できないようです。コーリー、何人 もの内部関係者から聞いたのですが、私達の太陽系に球体がやって来ているそうですね。それは壮大な、途轍もない大きさで、こんな巨大なものが存在するとは 誰も思わなかった。このスフィア・ビーイング達が我が太陽系にやってきた理由を、あなたはどう理解しているのでしょう?彼ら(スフィア)は何を求めている のですか?目的は何なのでしょう?

CG: もうずいぶんの間、太陽系にいますよ。非稼動モードでね。おそらく、観察モードなのでしょう。80年代後半にやって来て90年代もいて、2011から 2012年に増加し始めました。何かが間違いなく起きようとしていました。稼動モードになるだけの、何かが起き始めたんです。秘密宇宙プログラムや地球上 で行われていたプログラム、Black Ops プログラムが宇宙のある領域を研究していたところ、私達は銀河のある部分に突入していて-”スーパー・ウェーブ”と呼ばれるエネルギー粒子雲が私達の太陽 系に向かっていることが判明したのです。そして私達の太陽系や太陽に直接の影響を与えるであろうことがわかりました。実際に、ある時点から太陽や全惑星に 変化が起きていました。おそらく、もっと前から変化は起きていたのでしょう。我が太陽系の背景エネルギーが徐々に変化していたのです。振動エネルギーの波 が満ち引きしながら我が太陽系に流れ込んでいました。そして何千個もの球体が太陽系全体に等間隔にあることがわかりました。この球体は”共鳴バッファー” の役割をしており、エネルギー波がぶつかると球体が振動して球体どうしの間でエネルギーを均一化させています。そうすることで地球上の生命に害を与えない よう、また太陽が激しいエネルギーを放射して破壊的CMEを生じさせないようにしています。

DW: 球体のマトリックスが実際にどんな形態になっているか、見せてもらったことはありますか?

CG: 私は見せてもらっていませんが、私自身が球体にいる間、球体の壁を通してコミュニケーションをとるんです。その間はそこから他の球体が遠くに見えます。等間隔で並んでいます。何千とありますよ。

DW: 一色ですか、それとも多彩色?

CG: 藍色か青に近い藍色に見えます。私が球体の中から壁を通して見る限り、ですが。球体の外に出ると見えないんです。位相(フェーズ)が違いますから。探査機を送っても、おそらく通過してしまうでしょうね。
DW: 他に面白いなと思っているんですが、等間隔で並んでいると言いましたが、球体は3つのサイズがあるとも言いましたね。月サイズ、海王星サイズ、木星サイズ と。比較的大きな球体が太陽の近くにあってエネルギーを吸収しているんでしょうか、それとも互いに等間隔に並んでいるというならサイズがそれぞれ違うのに は理由があるのでしょうか?

CG:サイズに違いがある理由はわかりません。大きな球体はガス惑星の近くにあり ます。一番たくさんあるのは月サイズの球体です。月サイズのものが等間隔に広がっています。海王星サイズのもたくさんあります。木星サイズのものはガス惑 星やオールトの雲に向かって間隔が広く配置されています。私の推測で言えば-中心に向かって大、中、小と配置されているのかもしれません。共鳴に関する目 的があって球体による遮断規模が大、中、小とあるのかもしれません。あくまで私の推測ですが。

DW: このスフィア・ビーイング達は、こうして最近姿を現しましたが、もっと前、近代歴史上で私達の政府にコンタクトしようとした証拠はありましたか?

CG:直接証拠となるものは、私は知りません。彼らが私に告げたところでは、歴史 上、3度コンタクトしたと。人類に話しかけ、ある人達に同じメッセージを伝え、もっと詳しい情報も伝えたそうですが、その人達はそれを宗教やカルトに変え てしまい、情報は歪められてしまったそうです。ですが政府と直接コンタクトしたことがあったかどうかは知りません。1950年代に、私達は多数の存在達か らコンタクトを受けました。中には、私達に核兵器を駆除してほしいと言って、同じような”ヒッピーのメッセージ”を伝えてきた存在もいます。軍隊はそれを 気に入りませんでした。核兵器を駆除したくはありませんでしたから。軍隊は武器に利用できるようなテクノロジーを求め、入手したがっていました。

DW: もう少し、そのメッセージについて詳しく話してくれませんか? 1950年代に現れてそのメッセージを伝えてきたのは誰ですか?

CG: 報告によると、”グレイ(The Greys)”に似たようなあるグループがいて、”ブルー(The Blues)”と呼んでいたそうです。背がとても高かったそうです。そういう描写を聞きましたね。彼らはとても”愛、ヒッピー”的だったと。彼らは私達に 警告しようとしました。慎重な選択を採るように、どんなグループと関わり合うか慎重になるように。また核エネルギーの危険性や核兵器について警告をし、ど のような道を採択するかについても警告しようとしました。それに対し、私達はあっさりと追い返したのです。

DW:”ブルー”と“ブルー・エイビアンズ”のメッセージに類似点はありますか?

CG: 両者のメッセージや全般的な考え方はとても近く関連しているようです。だからといって、この”ブルー”がスフィア・ビーイングの、まだ正体を明かしていな い2種類のどちらかだろうか、とは敢えて推測しませんが。あとの2種類が誰か、私にはわかりません。ただ、もしそうだったとしても驚きはしませんね…

DW: もし私達が核兵器を手放したら、私達に何の得があると彼らは言ったんでしょう?彼らは情報開示を求めていたのでしょうか?

CG: ええ、完全なる情報開示を求めていました。私たちは当時、軍国主義で戦争もしていました。それを諦めたら、彼らは交換条件として平和なテクノロジーを提供 する準備がありました。ちょうど第二次世界大戦を終わらせ、冷戦が激化していた頃です。彼らは”早いうちに芽を摘みたかった”んですが、地球上でコント ロールされていた人々はそのやり方には関わりたくなかった。もっとパワーを、もっと武器を、もっとテクノロジーを欲していました。そういったものを喜んで 与える存在達は他にいましたしね。

DW: それで、そのブルー・エイビアンズの意図ですが、何に関わりたいんでしょう?なぜ地球に来ているのですか?

CG: 彼らのメッセージでは、彼らは救世主となるために来たのではないと言っています。降りてきて悪人達を逮捕したり、どこかへ連れて行ってしまうために来てい るのではない。彼らは私達にメッセージを伝えました。メッセージは基本的に、この地球上の基本的な宗教すべてが教義としていることと同じです。黄金のルー ルですね。太陽系がいま振動の変化のただ中を通過しています。そのため、私達は振動を高め、意識を高めることに集中せねばならないと言っています。

DW: それで、彼らが鳥のような姿を選んだのには理由があると思いますか?羽根、天使に繋がるような?

CG: 私にはまったくわかりません。彼らがなぜあの姿を選んだかはわかりません。

DW: 彼らはあの姿である必要はないとあなたに言いました?

CG: はい。彼らが質問に答えていた時に言ったのですが、彼らは輸送手段を一切必要としていないと。スペースシップも、テクノロジーも要らないそうです。彼らは 意識であり、高次振動であり、高次密度の存在です。意識を使って位置を変えられるのです。ただ、そう考えるだけでね。

DW: 派遣団の最初のミーティングに行った時のことですね。部屋の中で、彼らがあなたの背後に現れて、あなたは彼らの代理で話したという?

CG: その通り。

DW:知的文明は、通常そのようなものなんですか? (訳注:輸送手段が不要という点について)

CG: いえ、通常は何らかのテクノロジーを使います。テレポーテーションを使っている場合でもね。

DW: 明らかに、これは複雑なところですね。彼らはメッセンジャーにあなたを選んだ。明らかにあなたは普通の人間ではない。宇宙に連れ去られた人がこのように名 乗り出ようなんて、まずありませんからね。あなたの人生はそんなことばかりです。あなたがここまで異常な人生を辿ってきているのはなぜか、彼らから聞きま したか?以前からあなたは彼らと繋がりを持っていたのでしょうか?

CG: 私が話をしているロー・ティアー・エーというエイビアンは、私は彼らのソウル・グループから来ていると。私は理由があってここにいて、ある理由のために私がここ地球にいることを選んだのだと言われました。

DW: そのソウル・グループの意味は説明されましたか?

CG: この地球にはワンダラー(放浪者)やスターシードがいて、彼らは選んだ理由・目的があってここにいると。スターシードやワンダラーについては、世の中にあ りとあらゆる定義が存在します。私の場合、定義はというと、かつて私は彼らと一緒に彼らのプレーンにいた。私は今まで知らなかったのですが、この目的のた めに今生をここで生きることを選んだそうです。彼らといろいろな会話をしている間、彼らに言われたことは、自分をグルのように見せかけてはいけないと。エ ゴを肥大化させてメッセージを利用する方向に持って行ってはいけない、一部でもこれを宗教に変えてしまってはいけない、細心の注意を払いなさいと。私達は メッセージに焦点を合わせ、意識の拡大と振動を高めることに集中しなければなりません。

DW: この番組を見ている人の中には、あなたはこの地球外生命体エリートの一員だと思っている人がいるかもしれません。地球にいる、ある人達はそういった高次の繋がりを持ち、彼らのグループソウルでもある。一方、他の人達は何てことのない普通の人間でしかないのにと。

CG: いま目的をもって地球にいる人の数、それは気が遠くなるほどの人数です。80年代に聞いたのですが、その数6000万人を超えると聞きました。スターシード、ワンダラーとしてここにいるけれどまだ目覚めていない人の数は膨大なんです。私だけではないんです。

DW: スターシードやワンダラーでない人々にも、ソウルはあるのですか?

CG: もちろん、すべての人にソウルはあります。

DW: でも、ほとんどの人はそれを知りませんからね。

CG: 大勢の人がこのオーブ・ビーイングの訪問を受けたりコンタクトがきたりしています。これは目覚めが起きるプロセスなんです。

DW: 他に、これらの存在が人々を目覚めさせるために使う方法はどんなものがありますか?

CG: 夢です。

DW: どんな夢でしょう、例えば?

CG: たくさんの人が、夢の中でこういった存在達からコンタクトを受ける夢を見ていると報告されています。教室にいる夢です。何を教わっているかは意識に記憶し ていないかもしれませんが、教室にいる夢を見るのです。ただ、他の人達とグループで教室にいた記憶はあります。夢の中では色んな事が起きるんですよ。

DW: 彼らのメッセージでは、ソウルはどれくらい重要なのでしょうか?

CG: ソウルとハイヤーセルフとの繋がり、これが本来の私達です。意識的に目覚めている自分、いまここで会話している自分は、本来の自分自身のほんの小さな一部 でしかありません。私達は多次元存在なんです。あらゆるレベルで、あらゆるたくさんのことが進行しています。何人かの存在達と話した結果の私の見方です が、私達には顕在意識の自己と潜在意識の自己、ハイヤーセルフ、そしてハイヤーセルフはずっと高次までのぼってゆき、やがて自己の均衡が消えるまで続いて います。すると自分はただハイヤーだけになり、それはソース(源)に戻ります。ソースとは私達全員がもと来たところで、ソースが断片化したのが私達です。 ですが何らかの形で私達は今も繋がっています。このように、私達はいまでもONE-ひとつなのです。

DW: では、彼らはこの”ONEの法則”を私達に教えるために地球に来ている?

CG: そう言えるでしょうね。

DW:  11:11を目にしている人達は?これももしかしたら-何らかのシンクロですか?

CG: ええ、もちろんです。そういうシンクロ二シティ-私も目にしますよ、そういうシンクロを30年以上目にしています。時計を見たら11:11だったり、 11:33、3:33だったり。こういったシンクロは、あなたはしかるべき道を進んでいますよ、もしくはあなたは目覚めの道を歩んでいますよというサイン です。もし気づいたら、たいていは良いサインだと思います。

DW: 私達はみな何らかのユニヴァーサル・マインド(万物のマインド)の一部だと彼らがあなたに説明した、と言いましたね?

CG: その通り。

DW: もう少し詳しく言っていただけますか?彼らはそれを何か映像で見せてくれたのですか?思考でしたか、それとも感覚ですか?その情報はどのように伝えられた のでしょう、そして私達はみな一つのソースから来ているという、そのアイデンティティ(自己認識)のエッセンスは何なのでしょう?

CG: 彼らは、私達はみなひとつ(We Are One)だ。みな、ソースから来ていると言ったんです。

DW: それが何か、説明はありましたか?

CG: 説明はありませんでした。ですが私は子供のころから、おかしなことを言ってました。5歳、6歳の子供にしては異常なことをね。母親に、「僕は以前ママだっ たの、知ってる?ママは僕だったんだよ?僕はおじいちゃんだったし、おじいちゃんは僕だったことも知ってる?」と。母親は私を見て、「まぁ、そんなことは 物理的に不可能よ」と言ったものです。私は「ううん、僕たちはみんな一緒なんだ。僕達はそうだったんだ。」と言うと、母親は「同時にどうやって他の人にな れるの?」と。私はこう言いました。「時間は関係ないよ。大切なのは経験だけ。」と。母親は心配していました。そして私は祖父とそれについて話し合いまし た。祖父は私に調子を合わせてくれて、長い間話しました。でもあの年齢の子供にしては異常な会話でしたね。そういう洞察力をもった子供は大勢います。そう いう時、両親はもっと耳を傾け、促してやるべきなんですが、却下してしまうんです。

DW:彼らは私達を助けようとして以前に何度も試したようで、それは宗教やカルト になってしまったとあなたは言いましたが、その中で彼らは瞑想を重視しているようですね。関係あるんですか?瞑想と、その”ユニヴァーサル・マインド(万 物のマインド)”について、彼らは何か言ってましたか?

CG: ええ、祈りと瞑想は振動を高め意識を高める助けとなります。祈りや瞑想を通して高めることが可能であり、瞑想はたいへん重要です。少なくとも一日に一時間はすべきでしょうね。

DW: 彼らがそう具体的に言ったのですか?

CG: いや、これは…

DW: それはあなたがそう理解した、ということ?

CG: ええ、これは私の個人的な意見です。私が意識を向けて毎日一時間瞑想していると、集中力がずいぶん上がり、もっと愛しもっと許すということ、すべてにただ 反応的に行動しないで生きるというこの困難な道を歩んでゆけることに気づいたんです。この世、この9時~5時の世界にとらわれていると、私達は反動的に行 動し、ものごとに動かされやすくなります。祈りや瞑想を通して意識を高める時間をもっと持てば、他者奉仕、愛すること・許すことにもっと焦点を合わせるた めのツールが手に入りやすくなるんです。

DW: 瞑想の実践は、私達が生きているこの現実の共同創造の助けともなりますか?

CG: はい、それは実験でも何度も繰り返し証明されています。あなたが言ったのは、7000から10000人の人々が瞑想すると犯罪率が減少したという実験ですね。

DW: ええ、世界中で72%の減少ですね。

CG: 72%の減少です。そしてシャーレ-にあるイースト菌を入れ、ある人はそこに瞑想したり愛のこもった思いを向ける。また一方で別の人は別のイースト菌に憎 悪の思考を向ける。そうして何日か過ごすと、違いが出てきます。これも繰り返し同じ結果が出ます。科学です。実際に起きていることに反論することはできま せん。意識は物理現実に影響を与えているんです。

DW: そう。集団ヒステリーもですね? 大人数のグループがあって2~3人がパニックを起こすと、そのパニックは伝染するという。

CG: その通り。人類は広範な感情スペクトラムを持っています。これは恩恵でもあり、不幸でもあります。私達がこの感情をコントロールして焦点の合わせどころが わかるようになり、自分達の意識ももっとコントロールできて焦点を合わせられるようになれば、もっと共同創造的に集団意識にアクセスできるようになりま す。私たちは集団意識を分かち合っています。そして自分達にとって好ましい現実を作り出せるようになるんです。すべては振動だという概念を聞いたことはあ りますよね。私達の周りにある光、思考、物理的な物質、背景すべてです。私たちはそれを固体として知覚するかもしれませんが、すべては振動状態です。私達 の意識は現実に影響を与えることができます、実際に物理的な物質にね。意識はエネルギーにも、他人の思考や感情にも影響を与えることができるんです。

DW: ウエブのコメントでこんなことを言ってる人を見かけます、コーリー・グッドは私達に誤った安心感を持たせようとしている。これはカバルのPsy-Op で、やつらは自分達で選んだメッセンジャーを通して話してるんだ…と。そういう人達は、あなたを秘密カルトだと非難しています。彼(コーリー・グッド)は 一時しのぎを与えようとしているだけだ、ちょっとしたロリポップ(キャンディ)を私達に与えようとしている。あなたは軍事複合産業の”ハーメルンの笛吹 き”で、私達を間違った安心感へと陥れ、やがて彼ら(カバル)がやってきて私達は飲みこまれるんだと言っています。こういう批判に対してあなたはどう答え ますか?

CG: ネガティブな勢力で、こういう愛と許容のメッセージ、振動を高めてネガティブな勢力に気づき、そこから逃れなさいといったメッセージを伝える勢力をあまり 私は知りませんね。ネガティブな勢力は、光を自分達にあてられるのを嫌がります。自分達に意識を向けてほしくないのです。ネガティブは暗がりの中に隠れた がります。私は彼らの活動に光をあてていますから、間違いなく彼らはハッピーではないでしょうね。

DW: 隠れようのない公の場で正体を隠すために、真実を語っている(ふりをする)のだろうとなと人は思うんです。これも彼らのマジックです。

CG: そうですね。

DW: ええ。

CG: 彼らは今もこうやって、私達に対して私たち自身の共同創造意識を利用しているんです。彼らは科学を隠蔽しました。科学の領域で彼らに判明したことは、もし 一定の科学実験を観察すれば、その観察によって結果は変わるということでした。それについてはかなり研究がなされ、彼らはそれを隠し、語ることもありませ んでした。彼らは、私達の共同創造意識の能力を隠しておきたいんです。なぜなら、彼らが私達に対するツールとして共同創造意識を利用しているから。ですか らもし私達が意識を解放すれば、ネガティブな勢力が私達を奴隷化するツールを彼らから取り上げることになる。私達には、自分達を解放するツールがあるんで す。

DW: しかし、メディアは世界中で何よりもネガティブな行為を見つけてくる。そして大騒ぎしている、と人は言っています。いつだって恐れなんです。血が流れれ ば、伝わる。ところが疑い深い人は、人間は本質的に反応するものだから、メディアは流すのだと。私達は生まれもって問題を探しては修正しようとする生き物 だからと。メディアがそういうニュースを流すのは、それだけが理由なのでしょうか?どうしてメディアはこんなにも恐れにフォーカスするのでしょう?これが 誰の役に立つというんでしょうね?

CG: 私達の集団意識に種を植えてるんです。そして後で、私達の意識に種を植えた後で、敵になりすまして嘘を流したり、また別の映像を流したり、いろいろやって 私達の広範な感情スペクトラムや共同創造意識を動かし、何かを扇動する。これがいわゆる”ブラック・マジック(黒魔術)”の裏の秘密です。実際、彼らのパ ワーではない。彼らは私達の共同創造意識のパワーを利用し、吸収しているんです。

DW: もしブルー・エイビアンズが地球にきてあらゆる形でメッセージを伝えていなかったら、あなたの話している大衆操作の終局はどうなっているでしょう? もし、こうやって助けてもらっていなかったら、どうなってたでしょうね?

CG: 不変の現状維持でしょうね。

DW: 彼らは警察国家や戒厳令のようなものを行おうとしていますか?

CG: いつだって、政治家選出には土壇場の逆転が控えている、という推測がありますね。”恐れというポルノ”マシーンはいつでも新しいものを出してきます。いつだって、兆しが見えて、そして大暴落が起きる。何か大ごとが起きそうだと…

DW: それはそうですね。

CG: 彼らは、常に私達の意識の背後にいるんです。決して終わりはありません。

DW: そうではないメディア、明らかに信用できるメディア記者もいますが、もし 彼らが私達をネガティブなものに向けさせることができれば。私達にはこのクリエイティブなパワーがあり、瞑想効果は犯罪率やテロを減少させるポジティブな 効果もある。ですがもし私達が恐れにフォーカスしたら、私たちのマインドのパワーだけで実際に地球にネガティブなことを起こすことになると言うのですか?

CG: ええ、それは意図的に行われていたのです。

DW: ハリウッド映画は、カバルについて知っている大勢の人々を条件づけしていると思いますか?このカバルに対する唯一の解決策は軍事的攻撃だと思わせるように条件づけしている?アクション映画の派手な戦闘シーンそのものが解決策だと?

CG: はい、そしてブルー・エイビアンズのメッセージが伝えようとしているのは、ネガティブなものからポジティブは生まれないということです。爆弾を落として、 そこから解決への道に脱することはできない。暴動を起こすことで解決への道は生まれない。ここから抜け出す道、それは共同創造意識の力と目覚めです。私た ちは何十億もの蟻で、彼らはとても数少ないカブトムシ。わずかなカブトムシが私達を抑圧しようとしているのです。いったん私達が目覚めて彼らに意識を向け れば、彼らはもう”終わり”です。彼らの思い通りに私たちが小さなアリ塚で動き回り、彼らにフォーカスを向けないでいる限り、彼らは私達から免れているん です。

DW: 大勢の人が三次密度で思考している、と言う風に彼ら-ブルー・エイビアンズは言いましたね。三次密度しかないと。もし三次密度の問題があるなら、そこで解決せねばならない。

CG: 他の存在達についても耳にしますね。もし誰かに非難された時に、いろいろなことがわかりますね。通常、彼らも同じ状況になればそうします。誰かに何かにつ いて非難された時に、人間のことがとてもよく見えてきます。これは他の高次密度の存在についても同様なんです。私たちは彼らの刻印のようなもの-課題で す。私達の三次密度の考え方、と言うと人は怒ります。私達には彼ら(ブルー・エイビアンズ)の考え方が理解できないし、彼らのやり方も理解できない。私が 人類を、人類の知性を”けなしている”ととってとても怒る人もいます。彼らにはただ理解できないんです、私たちはまだこういった高次領域や彼らのやり方を 完全には理解できるところまで達していないんです。

DW: 妄想型統合失調症にかかっている人によく見られる特徴があって、キリスト・コンプレックスというのがあります。自分を救世主的な人物だと思い、人類のためのすべての答えを知っているという。

CG: そういう人達から、たくさんEメールが送られてきます(笑)

DW: まるで統合失調症のせいで実際に起きている事実が、そのように思っている 人々のために、どの密度のどの観念も、たとえば”高次密度”と言うと、それがまったく違ったもの-あなたは狂っている、統合失調症だ、全部こいつの作りご とだと思われるようですね。欺かれてる、と感じるようで。どうすれば高次密度を体験できるのですか?自分の気がおかしくなっていないと、どうしてわかるん ですか?自分は統合失調症じゃない、リアルな何かがここで起きていると、彼らはどうやってわかるのでしょうね?もしくは、あなたにとってはどうでしたか? 私達の現実はこれだけではない、とどのように確信したのでしょう?

CG: そうですね、”スピリットの試し”とでもいいますか。始めの頃、彼らは私の夢の中に現れました。まずは驚かせないように、そうするんです。ですが、初めて 物理的に姿を現し始めた頃は、それが物理的経験であることを確信したいと思いました。そして、他の人も同じ経験をしていると知り、その人、ゴンザレスと話 をしたんです。彼は私と同じくらい彼らとコンタクトをしていて、彼は私について彼ら(ブルー・エイビアンズ)から聞き、私は彼のことを彼らから聞いたんで す。彼らが秘密宇宙プログラム同盟のメンバーと話した時もリアルな経験でした。彼らは私のところに物理的にシップでやって来て私を拾い、ある物理的場所に 連れて行って本当に物理的な人達と会話しました。私はチャネリングはしません。チャネリングが悪いとかではなく、ただ私は見えも聞こえもしないフォースか らこの情報を得ているのではありません。SIA(Security Intelligence Agencies -防衛情報機関)にはそれがあります。”神のマインド”(Mind of God)テクノロジーというのを使っているのを見たことがあります。彼らは人の頭の中に声を送り、そうやって情報を人の頭の中にダウンロードするんです。 チャネリングしている人の中に実際、この”神の声”テクノロジーのコンタクトを受けている人もいます。チャネラーの全員とは言っていませんよ、何人かはそ うだということです。ただチャネリングについてはよく注意し、よく見分ける必要があります。私はいつも、私からの情報を聞いている人達にも言いますが、自 分自身で見分けてくださいと伝えます。共鳴するか、しないか。霊的に共鳴するか、しっくりこないかですね。

DW: もし今日という日をこの人生でスペシャルな日にしたい、いつまでも記憶に残る日にしたいとしたら、どうすればよいのでしょう?

CG: 今日、少しの時間の余裕をとってください。座って、静かな場所を見つけてください。瞑想の仕方がわからなければ、瞑想は一種の白昼夢のようなものです。 座って、思考に焦点を向けます。できるだけ長い時間、ポジティブで愛に満ちた思考にフォーカスします。どうすればもっとポジティブになり、もっと周りの人 達に愛を向けられるかにフォーカスします。そしてどうすればもっと他者奉仕ができるか、自分や他人を許せるか、にね。

DW: それにはどんな効果がありますか?

CG: 一人ずつが自分自身になることで、世界が変わるでしょう。

DW: それは素晴らしい。あなたを通してこのメッセージを世に伝えられるのは実に名誉なことです。ずっと私も同じことを言ってきましたが、他の人から聞けるのは 嬉しいことです。皆さん、お楽しみいただきましたでしょうか。私はデイビッド・ウィルコック、コーリー・グッドをお迎えしましたが、あなたが知っている宇 宙プログラムについての詳しい情報のまだ表面をかすった程度ですね。早々にメッセージについて聞きたかったもので。先にデザートをいただく感じですね。さ らなる事実に関心がおありなら、まだまだエピソードは続きます。これからもどうぞご覧ください。ありがとう。

youtube: We Are One
https://www.youtube.com/watch?v=S8IuhMZFloY
翻訳:Rieko

(ここまで)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

世にも奇妙なフツーの話から「アシュタール:こうしなさいと言ってくれないのは?・・・・・」 [アセンション]

世にも奇妙なフツーの話から「アシュタール:こうしなさいと言ってくれないのは?・・・・・」



(ここから)

アシュタールもさくやさんも、絶対に”こうしなさい””あーしなさい”

とは答えてくれないんですね^^;

質問したら、こう考えてはどうですか? こういう方法もありますよ・・と

いろんな考え方、方法を示してはくれるんですけど、でも最後は絶対に

あなたはどうしたいのですか? 自分で決めてください・・ってなるんです。


最近、アシュタールは何も教えてくれない・・っていうご意見をよくいただきますが、

教えてくれるんですけど、”決めてはくれない”・・

ってことをご理解いただければと思います。

そして、私に何かメッセージをください・・ということもよく言われるんですけど、

アシュタールもさくやさんも ある程度具体的に何を知りたいのかを言わなければ

答えてはくれません。


それから、アシュタールは何でも知ってるんだから話をしなくても私の聞きたいことは

わかるんでしょ?・・的なことには、まったく答えてくれません。

黙って座ればピタリと当たる・・なんてことは一切ありませんので(笑)


アシュタールもさくやさんも私たちと何も変わらないんだと思います。

私たちが知らない知識、情報をたくさん持っているだけだと思います。

感情もあるし(って言うか、感じるし)、ときどきなんかちょっと切ない気持ちの

エネルギーを感じることがあって・・・あ~~、ごめんなさいって思う事もあります。

特に、ちょっと”試し”的なエネルギーで質問されると、すごく悲しいエネルギーを

感じるんです・・アシュタールは何も言いませんよ・・でもそんな感じを

私は受けるんですね。

このアシュタールは本物か?って試したくなるお気持ちはわかりますが・・

でもそれってすごく失礼だと思うんです。


アシュタールやさくやさんは、占いやさんや予言者ではないんですよね

(占いや予言が悪いと言っているわけじゃないことはご了承くださいね。)

あくまでも、私たちが知らない知識、情報を教えてくれているだけなんです。

そして、リーダーじゃないんです。 導いてくれる存在じゃないと思います。

二人ともとてもフランクで、ユーモアたっぷりの素敵な友達だと思ってます。

そして 彼ら宇宙ファミリーも私たちのことをとても大切な友として

接してくれています。


今日はちょっと最近感じていることを正直に書かせていただきました。


では 今日のアシュタールからのメッセージをお伝えします

「こんにちは こうしてお話し出来ることに感謝します

あなたには自分の現実を選択し、創造する力があります。

その権利を絶対に手放さないでください。

どんな存在でも あなたになにか指図する権利はないのです。

すべてはあなたが感じ、考え、決めてください。


誰かに命令されたとしても、結局はその命令を受け入れた時点であなたが決めたことに

なるのです。

気に入らないことでも、あなたが決めた時点であなたの現実としてあなたは

受け入れなければいけないのです。

どうせ受け入れる現実ならば、あなた自信で考え、選択したほうが楽しいのでは

ないでしょうか?


自立してください。

自分で考え、自分で選択し、すべての責任は自分で取る・・それが自立です。

責任を取るというのは、何かしたら誰かに罰を受ける・・とかそういうものでは

ありません。

自分で作りだした現実を受け入れる・・ということです。

あなたの前(未来)には何もないのです。

今のあなたの思考が、次の未来になるのです。

あなたの前にはたくさんの選択肢(可能性、道、タイムライン)がたくさんあります。

そのうちからどれを選ぶかで、あなたの未来が変わって来るのはわかりますね。

その選択をするのは、あなたです。

そして、その選択によって見る現実は変わってきます。

その選択で創った現実を、しっかりと受け取る・・これが責任を取るということです。


私たちは、可能性をお伝えすることはできます。

でも、これにしなさい・・などと決めることは絶対に出来ません。

それは、自由への介入になってしまいます。


自分で決めることに慣れてください。

あなた達は、小さなころから自分で決めてはいけないと教えられてきているのです。

誰か権威のある人たち(教師、親、まわりの大人、など)の許し、お墨付き 太鼓判

がなければ不安で仕方がないように教育されているのです。

だから、自分で決めることに慣れていないのです。

すぐに誰かの意見、判断、に頼ろうとしてしまう癖がついているのです。

でも、さっきも言いましたが、誰がどう言おうと最終的に責任を取るのはあなたなのです。

あなたにとって都合の悪い現実になったとしても、誰もあなたの現実の責任を取っては

くれないのです。

自分で責任を取るしかないのです。

それならば、自分で決めたほうが気持ちがすっきりしませんか?

誰かの意見を取り入れ選択して都合の悪い現実になったら、その人に恨み言のひとつも

言いたくなったり、文句タラタラになったりして楽しくないですね。

でも、自分が決めたことだと思えれば、積極的にその現実を受け入れることができます。

そして、選択しなおすことが出来るのです。


自分で決めることに慣れてください。

自分ですべて決められるようになると、とても自由になります。

とても楽しく、楽になります。

あなたはどうしたいですか?


あなたに愛と感謝 そして平和の光を送ります」


ありがとう アシュタール!

私たちからもあなたに愛と感謝 そして平和の光を送ります。

(ここまで)


アシュタールは「こうした方が良いのでは」ということは言ってくれますが、あくまでもその方向性に

ついてです。AとBならAを選びなさいとは言わないですね。

必ず、AとBの道がありますが、A,Bともこうなる可能性がありますが、みなさんの判断次第で未来は

決まってきますので、どちらかを選択するかは自由です。

と、いうような感じですね。


自由への介入が許されていないというのは相当進化した存在なんだろうと思います。

文明が発達し、次元が上昇するにつれ「自由の尊さ」を知ることになるので、他人の自由に

介入すること自体が許されないという宇宙の真理を知ることになるのだろうと思います。

私たち地球人はまだそこまで到達していませんので、平気で他人の自由への介入が行われます。

個人の判断の自由より、家庭、組織、社会、国家の決定の自由の方が優先するという考え方です。


逆に考えると、地球人にこうしなさいとかああしなさいという介入をしてくる異星人には注意しない

といけないということですね。あるいは誘導することも同じです。

チャネリングメッセージにはこうしたものが多いので注意しましょう。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

破・常識 あつしの歴史ドラマから「アシュタール:(続き)決めてきた目的(ブループリント)」 [アセンション]

破・常識 あつしの歴史ドラマから「アシュタール:(続き)決めてきた目的(ブループリント)」



(ここから)

では、今日のアシュタールからのメッセージをお伝えします。


「こんにちは こうしてお話し出来ることに感謝します。

あなたは この惑星テラに転生する時に 何をするか・・

という計画を持ってきています。

それがブループリントです・・とお伝えしました。


あなたが物質次元に転生して来たのは 物質という身体の中に入り 

その身体を持って いろいろな経験をするためです。

どのような経験がしたいのかをあらかじめ決めてきているのです。

でもそれは変更が可能なのです。

それは 前回お話ししました。


このブループリントは それぞれの人によって違います。

100人いれば100の違うブループリントがあるのです。


そしてこのブループリントは あなたがエネルギー体であった時に・・

テラに転生する前に決めてきたことですので 

この惑星の成功と呼ばれるものとはまったく関係ないのです。

今までの社会における成功は マインドで考えたものです。

でもブループリントは マインドは関係のないハートでのことですので

マインドでは わかりません。


これを混同してしまうと迷子になってしまいます。

ブループリントとマインドの成功は

全く関係のないものだと思ってください。

お金持ちになること、有名になること、権力を持つこと、

素晴らしいパートナーを得ること・・などは社会的に見ての成功です。

ブループリントは それとは関係のないところで決めてきています。


言葉は難しいですね・・少しは理解していただけますでしょうか?

マインドでの思う希望とブループリントは違うのです。

見ている視点が全く違うのです。


ブループリントは、何を体験したいのか・・というところです。

どうなりたい・・ではないのです。

どうなりたい、こうなりたい・・というのは、マインドです。

そして社会的な成功を求めるのもマインドです。

社会的成功というのもマインドがつくりだした幻ですが・・・

ブループリントは 体験することを目的としています。

どのような体験をしたいのか・・それが目的です。

結果ではなく すべての体験が目的なのです。


そこをしっかりと分かってください。

それを混同しないようにしてください。

社会的に成功するために あなたは転生して来たのではないのです。

ただブループリントに沿って生きていたら 

いわゆる社会的に成功した・・ということは ありますが。


今日は 言葉ではなかなか表現が難しい話になりましたが 

エネルギーで受け取って頂ければうれしいです。

マインドでは分からなくても 大丈夫です。

私は あなたのエネルギーにお伝えしています。

そんな話もあるんだなぁ~・・程度で聞いていただいて大丈夫です(笑)


あなたに 愛と感謝 そして平和の光を送ります」



ありがとう アシュタール!


人気ブログランキング 


(ここまで)


私たちは何を経験したいと決めてこの地球に生まれてきたのでしょうか?

そのヒントは、自分が経験したいと思う遺伝的に適した体を産んでくれる両親、あるいは環境を

選んできて生まれてきているというところにあるだろうと思います。

もし、病弱な子供として生まれてきていれば、そのような体験をしたかったのかもしれません。

また、貧しい家庭環境に生まれたとすれば、それもブループリントのひとつかもしれませんね。


逆もしかりです。とても丈夫な体を持ち、健康的でしかも家庭も裕福であったら、体も弱く貧しい

家庭とは雲泥の差だろうと思います。

ただ、日本に生まれていると言うことはとても幸運なことだっただろうと思いますね。

これがシリアやアフガニスタンだったら、いくら体が頑丈でもかなりしんどい生活だったかもしれ

ないし、途中で戦争に巻き込まれ亡くなっているかもしれません。

幸い、日本では戦後こうした争いは起きておらず、平和ボケと揶揄されるくらいの安全な環境で

暮らすことができています。


私自身の場合で言えば、それほど裕福ではなく貧しい家庭に生まれましたが、それも私の病気が

原因であったので、自らが招いていたものだった(幼い子供心にはなかなかわかないことでした)

ということから、そのような体験をしたかったのでしょう。病気と貧しさですが、それでも家庭環境

には恵まれていたと思います。兄弟も多かったのですが、親の教育が良かったせいか兄弟げんか

はしても、仲違いするほどのこともない兄弟愛が育っています。だから、社会人になってから私の方

が助けられることが多いので、不思議な縁を感じますね。


仮に裕福な家庭に育ってしまえば、こうした体験はすることもできず、その環境に置かれた心理的な

苦痛や困難も理解できなかったでしょうし、体が割と丈夫とはいえ、子供の頃のこうした病気が原因

で体験する苦難も理解できなかったことでしょう。

だから、今振り返ってみるとこれが私のブループリントの出だしだったのかもしれませんね。

でも、ブループリントは後から変えられるとありますので、この体験はもう十分できたので、新しい

体験をしたいと望めばできると言うことになります。だから体験を大事にして次の新しい体験にチャレ

ンジしていくことが大事なことだろうと思います。


もうひとつは自分自身を知るということでしょう。多くの体験の中でどうしても叶わないものというのが

あります。どれだけ努力を払ってもできないもの・・・それがブループリントにはないものであり、

それが自分自身を知ると言うことにもつながるものと感じます。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

お小遣い激減リーマンのど根性節約術「牛丼以下の「貧乏めし」で節約するサラリーマンたち」 [アセンション]

お小遣い激減リーマンのど根性節約術「牛丼以下の「貧乏めし」で節約するサラリーマンたち」


本来ならアセンション関連の話題を掲載するのだが、ある記事を読んで、日本はここまで貧乏になって
しまったのか?と思わざるを得ない内容でしたので、転載しました。

それにしてもすごいですね。子供の教育費捻出のため、住宅ローン返済のためなど様々な理由がある
と思いますが、こうまでして頑張っているのも気の毒な気がします。もう少し視点を変えれば違った生活
スタイルを体験できるような気もします。



(ここから)

サラリーマンのお小遣いはここ30年で史上最低に! そんな状況下で編み出されたサラリーマンの“ど根性節約術”を紹介。ぜひともこれを参考に、このお小遣い不況期を乗り切ってもらいたい

◆牛丼すら買えない人が急増中! 貧乏めしで節約はもはや基本<食事編>

 消費増税の影響でますます貧しくなっているサラリーマンのランチ事情。「昼はめし抜きか、買い置きした1個50円のカップ麺で乗り切っている。1食300円以上なんて言語道断です」(31歳・販売)と、牛丼さえ手が届かない人も多数。当然、値引き品しか買えないという人も珍しくない。

「ランチは午後3時まで我慢。店をたたむ直前の路上販売で値引き弁当を買う。お腹が空いたら水道の水をがぶ飲みし、空腹感をごまかす」(35歳・公務員)

「スーパーの閉店セール開始30分前に行き、目当ての夕飯用惣菜を確保。セールが始まったら商品をこっそり棚に戻して、店員に値引きシールを貼ってもらう」(36歳・事務)

 また、彼らには飲み物を買うお金もない。

「マクドナルドのアンケートアプリ『KODO』で、ドリンクかポテトのSサイズなどの無料券がもらえる。お昼はこれと自宅で作ったサンドイッチでセルフのバリューセットを食べます」(33歳・教育)

「『みかん味の天然水』などのフレーバードウォーターを買って、水道で2倍に薄めて飲んでいる。もともと濃い味なので、薄めてもちゃんと味はする」(35歳・通信)
日刊SPA![コピーライト] SPA! 提供 日刊SPA!

 さらに、ウォーターサーバー未設置の職場で働く人のなかには、「毎日、薬局や携帯ショップ店内のウォーターサーバーでペットボトルに水を詰めている。また、輸入食品チェーンの『カルディ』はコーヒーの試飲ができるので、ランチ休憩のときにフラッと立ち寄って利用している。月4500円ほどの節約になる」(40歳・総務)という人もいる。しかし、これはまだ序の口。

「丸亀製麺で120円の(天丼用の)ごはんのみ注文し、無料の天かすとネギで山盛りにして、タレをかけて『オリジナル天かす丼』にして食べています。店員の『天ぷらはいかがですか?』も断ってください」(34歳・不動産)

 もはや周囲の視線を気にする余裕なんてないのだ。

― お小遣い激減リーマンのど根性節約術 ―

(ここまで)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

世にも奇妙なフツーの話から「アシュタール:磁場が揺れています」 [アセンション]

世にも奇妙なフツーの話から「アシュタール:磁場が揺れています」



(ここから)

ここのところなんか変な感じがします。

特に昨日今日と、身体がものすごく重いんですね^^;

圧力を感じるっていうのかなぁ~~・・深い海の中にいるような。

重くてだるくて動きにくい、みたいな^^;

そして 眠くてボ~~っとするし(笑)

身体のあちこちがチクチクかゆいんですね。

その上 中からボコボコと忘れてた感情が出てきて、メンタルも結構

しんどい、みたいな^^;

他の方もいろいろ変な感じがするっておっしゃってるんで、私だけじゃないと

思うんですが・・何かまた大きな変化が来てるのかなぁ~~??


では 今日のアシュタールからのメッセージをお伝えします

「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

磁場が揺れています。

磁場の揺れが、身体の電気の流れに変化を起こしています。

感受性の高い方はそれを感じているのだと思います。

(感じていないから、私には起きていないとか 私はまだまだだ・・

などと思わないでくださいね。

感受性は個性のエネルギーですので、高い(敏感)から良いということではありません。

辛い物を食べられるか、苦手か・・その程度の問題です)

身体の変化に伴い、感情も揺れます。


磁場の変化の原因は、複合的なものですので具体的にこれですと

お伝えすることが出来ません。

テラの波動の変化もありますし、人工的なものもあります。


あまりそこにフォーカスする必要はありません。

そんなことが起きている・・程度で良いです。

身体がつらいときは、ゆっくり身体を休めるようにしてください。

感情が揺れるときは、それに巻き込まれないように冷静に俯瞰で見るように

してください。

あなたの芯がぶれないように、しっかりと中心でいるように意図してください。

それには、いつも自分が何がしたいのか? 何を大切に思っているのか?を

確認するようにしてください。

自分がご機嫌にいられることにフォーカスしてください。


怖いことではありません。

変化は必要なことです。

変化を怖がったり、嫌がったり、拒否しないでください。

変化を受け入れ、それをどう自分がご機嫌になる方向へ持っていくか・・

自分で考えるようにしてください。

起きていることを、どう使うか? どちらの方向へ持っていくか?・・で

あなたの現実は変わります。

起きていることを、どう考えるか?・・ということです。

ジェットコースターを怖がりながら乗るのか? せっかく乗ったのだから楽しもうと

思うのかでは、ずいぶん違ってきます。


このところ大きな変化が起きたので、それに合わせるのに少し違和感が出たのです。

慣れれば、違和感は消えます。

車が急に加速するときに、G(重力)を感じるのと同じだと思ってください。

一定の速度になると感じなくなります。


いろんな流れが速くなってきています。

それに伴い変化も大きくなっています。

これからもチョクチョクこのような感じになるかもしれませんが、

心配せず、変化を楽しむようにしてください。

積極的に変化を受け入れて、楽しむという意図をしてください。


あなたに愛と感謝 そして平和の光を送ります」


ありがとう アシュタール!

私たちからもあなたに愛と感謝 そして平和の光を送ります。

(ここまで)
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

破・常識 あつしの歴史ドラマから「アシュタール:決めてきた目的(ブループリント)」 [アセンション]

破・常識 あつしの歴史ドラマから「アシュタール:決めてきた目的(ブループリント)」



(ここから)


今日の破・常識!



決めて来た目的(ブループリント)は 

いつでも変更可能・・・らしい(笑)



では、今日のアシュタールからのメッセージをお伝えします。


「こんにちは こうしてお話し出来ることに感謝します。

あなたのまわりにはたくさんのあなたがいます。

(マトリョーシカのような感じだと思ってください。)

注)
マトリョウシカ
マトリョーシカ(露:Матрёшка)とは、人形の中に人形が入っている木製のロシアの民芸品

matoryousika.jpg



あなたは多次元的な存在なのです。

いまあなたの意識は物質次元にフォーカスしているので 

その現実を体験しているのです。

今の物質次元のあなたには多次元的なあなたは認識出来ませんが 

多次元的なあなたは物質次元のあなたを認識しています。

迷子になりましたか?(笑)


あなたのまわりには たくさんのあなたが重なっているのです。

物質次元の外側にいる多次元的なあなたを

ハイヤーセルフとも呼びます。

そして物質次元にいる(フォーカスしている)あなたが 

すべてを選択しているのです。

ハイヤーセルフが物質次元のあなたに

指示を出しているわけではありません。

選択権は いまのあなた(物質次元にいる)にあるのです。

分かりますか?

あなたはハイヤーセルフの操り人形的な存在ではない・・ということです。

あなたは 物質次元で自分の自由に選択していいのです。


ここまで 大丈夫でしょうか?

そしてあなたはこのテラに転生する時に

何かの目的を持ってきています。

たとえばどこかに留学する時には 何を見たい、学びたい・・

という目的がありますね。

それと同じだと思ってください。

その目的をブループリントと言います。

それは転生する前にあなた自身が決めているのです。

誰かに指示されたり決められたものではありません。


そしてそのブループリントはハイヤーセルフと共有しています。

当たり前ですね・・ハイヤーセルフはあなたなのですから。

転生すると、俯瞰で見ることが出来なくなるのです。

たとえば大きな迷路に入って行くのと同じだと思ってください。

迷路に入ったあなたは 物質次元にフォーカスしたあなたです。

迷路に入ってしまうと 道が分からなくなります。

そこでハイヤーセルフの目が必要となるのです。

ハイヤーセルフは 物質次元の外側から見ることが出来ます。

迷路を上から俯瞰で見るのと同じです。

転生する前にあなたは迷路のA出口から出ることを決めてきます。

そしてハイヤーセルフの目を使いながらA出口へと進むわけです。

A出口から出る・・これがあなたの転生する前に決めて来た

ブループリントだとします。


でも迷路に入ってから気が変わってD出口から出たいと思ったとしたら

それは変更可能だということです。

ハイヤーセルフにD出口に変更します・・と伝えればいいのです。

そうすればハイヤーセルフはそのようにしてくれます。


いいですか・・・出口を決めるのは 

迷路に入っているあなただということです。

外側から この出口にしなさい・・と言われているわけではありません。

留学する前は建築を学びたい・・と思っていたとしても 

現地で暮らしはじめたら そこのお菓子が好きになったので 

建築からお菓子へ変更することは可能なのです。


今のあなたが決めているのです。

どこの道を行くかは 物質次元のあなたが選択しているのです。

ハイヤーセルフは それを実行するために俯瞰で見る目です。

ただ俯瞰で見ている目が危険だと思う道はふさぎます。

あなたのハートからの選択ではなく 

マインドで決めた選択にはガイドしないのです。

あなたが目指している出口と明らかに違う道や 

危険なところに続く道に行こうとしたときは

俯瞰で見ているあなた(ハイヤーセルフ)は、

その道を進むことが出来ないように道をふさぐことがあります。

何をやっても上手くいかない・・と感じる時はそういうときなのです。

それは誰かが邪魔をしているのではなく 

自分自身で止めているということになります。


話が逸れてしまいました(笑)

何が言いたかったのかというと・・

いまのあなたに道の選択権がある・・ということです。

そして決めて来た目的(ブループリント)は 

いつでも変更可能だということです。

もちろんブループリントどおりに行くのもいいのですが 

それにこだわることはないということです。


また話が少しそれてしまいますが・・

ブループリントを思い出すためには 

あなたの楽しいこと、得意なこと、好きなことをしていてください。

そうすれば ブループリントを思い出すことが出来ます。


また長くなってしまいました(笑)


あなたに 愛と感謝 そして平和の光を送ります」



ありがとう アシュタール!

(ここまで)
あなたのまわりにはたくさんのあなたがいます。
(マトリョーシカのような感じだと思ってください。)

物質次元ではたくさんの自分が平行して存在していて、それぞれ違う時代や異なる波動域で様々な体験を

しているのだと思います。しかし、それぞれとのつながりはなく意思の疎通もできませんので、全く独立して

存在しているようです。

だから、その行動はそれぞれの自分自身に任されていて、何をするにも自由なようです。

ただ、ハイアーセルフ(多次元的自分自身)はすべてを知っていて、それぞれに指示を出していてブルー

プリントを目的通り遂行できるようにしているようです。


考えてみると大変面白いですね。なぜ、こんな仕組みを作ったんでしょうか?

すべてのことを経験して自分自身を知りたいという欲求が心の中にあったのだろうと思いますが

それにしてもシンプルでありながら、非常に複雑な仕組みのようです。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog