So-net無料ブログ作成

世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:私はいつ死ぬのだろうか?」 [アセンション]

世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:私はいつ死ぬのだろうか?」



(ここから)

今日のアシュタールからのメッセージをお伝えしますね^^

「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

突然ですが・・死ぬときは死にます。

死なないときは、どんなことになっていても死なないのです。


アシュタールは何を言っているのでしょうか?

死ぬときは、自分で決めているということです。

死ぬというのは、不測の事態ではないのです。


そんなことを言っても、死にたくないと思いながら死ぬ人は大勢います。

バカなことを言わないでください・・というエネルギーがたくさん飛んできますが、

それは頭で考えていることです。


死ぬときは、自分で死ぬときが来たと思っていますので、死にます。

でも、まだ死ぬときが来ていないときは、どんな事態になっても死にません。

言葉で説明するのは難しいですね。


同じことが起きたとしても、死ぬと決めた人は死にますし、死なないと決めた人は

死なないのです。

同じ事故などで死ぬ人と死なない人がいるというのはそういうことです。


死ぬときは、え?こんなことで死ぬの?って思うくらいのことでも死にます。

でも、死なないときは、よくこんな状況の中で生き残りましたね・・ということに

なるのです。


死ぬ、死ぬとイヤな言葉ばかり出していますが、アシュタールは一体何が言いたいのでしょうか?

それは、だから死ぬことにフォーカスしないでくださいということです。

死ぬときは死ぬのです・・だから、死ぬことを怖がってそこにフォーカスするのではなく、

生きているいまにフォーカスしてくださいと言いたいのです。


死ぬときは死ぬのですから、どんなに拒否しても死ぬのです。

(拒否をするのは頭です、ハートで死ぬことを決めているのです)


だから死ぬときのことを考える必要はありません。

私はいつ死ぬのだろうか?・・などと考えて怖がる必要はないのです。

死ぬときが来れば死にます。

だから、安心して生きてください(笑)


そして、これは余談になりますが・・

だから、余命などわからないのです。

特に病気になって、その病気になった他の人のいままでの統計からみて

このくらいの余命でしょう・・などとわかる人などいないのです。


もし、宣告された余命で亡くなったという人がいたら、その人がその余命を受け入れて

自分で死ぬと決めたからです。

余命宣告されたから、その時間で死んでしまったということです。

余命宣告されても、それを受け入れなければ死なないのです。


だから、余命宣告などナンセンスなことだとお伝えしたいと思います。

自分以外の人に、自分の死期など分かりません。

同じ病気で、同じくらいの症状でも、死ぬ人と死なない人がいるのはそういうことです。


そして、死ぬときは痛くもかゆくもありません。

死ぬときは、快楽ホルモンが出るようになっています。

ですから、快楽の中で身体を脱ぐことが出来ますので安心してください。


死ぬときは、少しずつ死にます・・またアシュタールはおかしなことを言い出しましたね。

急に死ぬときも、ゆっくり死ぬときも同じです。

(死ぬときには、あなたの時間が変わります。外の感覚で急死にみえても、あなたの時間は

ゆっくりと流れますので、ゆっくりとショックが少ないように時間がのびるのです)


少しずつ力が抜けて行きます。

力が抜けるということは、気力がなくなって行くということです。

生きる気力がなくなって行きます。

それはどういうことかというと、生きることに執着がなくなるということです。

生きたいという本能的な執着がなくなるということです。


生きる気力があるときは、死に対して抗う気持ちが大きいのです。

だから、死なないのです。

でも、気力が薄れていくと生きることに執着がなくなりますので、死ぬことが怖いとか

イヤだとかいう気持ちもなくなり、スッと死ぬことを決めることが出来るのです。

そして、死ぬことを決めれば快楽ホルモンが出ますので、気持ちよく快楽の中で

身体を脱ぐことが出来るのです。


あまりに簡単に身体を脱ぎ過ぎたために、そして身体を脱いだあとも自分の意識が

何も変わらないために、自分が死んだことに気がつかない人もいるのです。


死ぬというのはそのくらいのものです。

みんな必ず死にます。

そして、死んだあとはみんなちゃんと次の世界に行きます。

だから、何も心配はいりません。


死ぬ前は気力がなくなり、生に対して執着がなくなりますので痛みや怖れなども

感じなくなります。

そしていよいよ身体を脱ぐ段になったら、快楽ホルモンがでて快楽の中で脱ぐことが

出来ます。

そして脱いだあとも、あなたの意識は何も変わりません。

ただ意識だけの状態になり、あなたの前に死んだ人たちと同じところに行くだけです。


ね、何も怖がることはないでしょ。

ならば、死ぬときのことを怖がって不安な時間を過ごすより、生きているいまを

楽しんでください。

同じ時間ならば、生きている時間を楽しんでください。


今日はなかなか言葉で説明するのが難しいテーマになりましたのが、頭ではなく

エネルギーのところで受け取っていただければと思います。


死ぬ前も、死ぬ瞬間も、死んだあとも何も怖いことはありませんし、何も心配

することもありません。

そして、死ぬときは死にますし、死なないときは死なないのです。


ならば、生きているいまのこの時間を精一杯楽しむことに費やしてください。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」


ありがとう、アシュタール!感謝します。

(ここまで)


私も時々いつまで生きているのだろうな?と漠然とした思いになることはあります。

平均余命を考えればどう見ても・・・ですが、どうもまだまだ死なないみたいです(笑)。

頭はこれと言って老化の兆候は見られないし、身体も疲れやすいということはありますが

完全にガタっと来ているというわけではありませんので、まだ大丈夫でしょう。


でも、アシュタールの言うように自分の死ぬときは自分で決めているとしたら、ある日

もうそろそろかなという気持ちが湧いてくるんでしょうね。

これは肉体の体力限界を超えた衰えを感じる以外にも、自分がこの3次元でブループリントを

書きつくしたと思うときもそうではないかと思います。

次の体験をするために身体を脱ぐという感じでしょうか?でもこれはマインドではなく

ハートの感覚でしょうね。


それまでは出来る限りの楽しい体験を通して過ごすべきでしょうね。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。