So-net無料ブログ作成

世にも奇妙なフツーの話「さくやさん:名前って・・・なに?」 [アセンション]

世にも奇妙なフツーの話「さくやさん:名前って・・・なに?」



(ここから)

新しく最高裁判事になられた方が自分は旧姓を使うと表明したそうです。

それに対していろんな意見がネットで出ていました。

先日も大手の会社の社長さんたちが「選択的夫婦別姓制度」を

求めて提訴したとか・・


どうしてこんなことが話題になるのかさえよく分からないんですよ、私。

別に国民全員を別姓にしてくださいと言ってるんじゃなくて、

別姓でも良いという選択肢を増やしてくださいと言ってるだけなのに、

そんなことをしたら結婚制度が崩壊するとか、別姓にしたら家族の絆?が

なくなってしまうとかいう意見が結構あったんですけど・・

なんか???って思ってしまいました。

名前が一緒なら固いきずなが結べるってもんじゃないと思うし、名前が

一緒でもダメなものはダメなんだし・・

どの名前を名乗るかは自分で決めてもいいと思うんですけどねぇ~~。

そこんとこどうなの~?教えてさくやさ~ん


「名前ってね、そもそも個人のエネルギーを特定するためのものなのよね。

さくやさんってあなた達は私を呼ぶけど、私にはそもそも名前は無いの。

私は私の個性のエネルギーがあるだけ・・エネルギーで存在している世界では

その個性のエネルギーを感じて、その存在を認識しているのよ。


あ~、このエネルギー(雰囲気)はこの存在ねって感じ。

でも、エネルギーをそこまで認識出来ないあなた達は、名前という認識方法

を使わないとなかなか難しいから、一応名前を使ってるだけなの。

最初に名前というものが出来たのはそういう経緯からなの。


でもね、その名前というエネルギーの認識方法だけが最近になって

一人歩きしてしまったの。

所有という方向へね・・日本では特に明治維新後からね。


江戸時代には庶民は苗字(名字)は使わなかった。

個々の名前だけで十分だったの。

いまのような家制度がしっかりと制定されたのは明治維新以降だから。

江戸時代は封建制で家に縛られ、個人の自由などなかったというのは

庶民にはないの。

それは武士や公家など一部の支配階級だけの話。

しっかりとした戸籍などの制度が出来たのは明治維新後だから。

庶民たちを管理するため(税金などを徴収するなど)に戸籍が便利だったのね。


だから、江戸時代は庶民には必要なかった苗字(名字)を明治になってから

全員に使わせるようになったってこと。

それから庶民たちも一部の支配者たちの概念である家族の一員は家族の

所有というような考え方になってしまったの。

家族ありき、組織ありき・・で個人が軽んじられるようになっていったの。


家という組織になったとき、個人はその所有物と化すの。

苗字(名字)というのは、その概念ね。

○○家の当主、○○家の長男、○○家の嫁・・この概念になったとき

個人のエネルギーは消えてしまう。

個人ではなく、組織の一部としてカウントされてしまうということ。


そういう考え方をしている人にとっては、苗字(名字)はとても大切なものと

なるわけ。

個人のエネルギー、名前が主となってしまうと、組織の統制が取れなく

なってしまい不安になるから。


組織の中に人がいるのではなく、感性の合う人たちが集まって出来る

組織ならば、ひとつの統制された名前は必要ないのよ。

組織ありきになってくると、統制された名前が絶対になってくる。


家制度という組織が大切だと思う考え方だと、苗字(名字)は絶対に必要となる。

でも、家制度という概念で家族になるのではなく、感性があって一緒に

いたいと思う人たちにとっては苗字(名字)はどうでもいいことと思える。


それだけのことなの。

どこに価値観を置くか・・それによって見るものも変わってくるし、

考え方も変わってくる。


どちらを選ぼうとその個人の自由だと思うけどね。

でも、家族、結婚などの価値観が変わってきているのは確かね。

価値観って言うのは、その時代に生きている人によってどんどん変わって

行くの。

変化、進化していくものなのよ。

変化すること、進化することに抗えば抗うほど辛くなっていくわ。

臨機応変に変化、進化していけばいいと思うんだけど。


宇宙に変化しないものは無い。

変化するからこそ、安定するんだから。


あなたたちをこころから愛してるわ~~」


ありがとう、さくやさん!

私たちもさくやさんをこころから愛してるよ~~^0^

(ここまで)

夫婦別姓でも同性でもどちらでもいいような気がしますが、今までの流れだと

夫婦であることを証明するひとつの手段のようなものなので、社会的には同性

でああった方が何かと便利じゃないかと思いますね。

夫婦別姓を望む人は自分の親の家族や家柄を重視しているのだと思います。

つまり、別の家に入ってそこの住人になりたくないと表明しているようなもの

ですね。今回最高裁判事になった方は進歩的な人として有名で特に女性の独立

に力を注いできたような人なので、別の角度から見れば差別されたくないという

思惑がそこにあるように思えます。そこをどう見るかによりますが、何でも

女性を貶めていると見てしまえばそれ以前の問題があると言わざるを得ないような

気がします。

この人が判事になったのでおそらく夫婦別姓認可をいう流れになっていくことが

予想されますが、社会的混乱がなければいいですね。



nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。