So-net無料ブログ作成

世にも奇妙なフツーの話「アシュタール: リンゴをもらったという事実で起こる多くの未来」 [アセンション]

世にも奇妙なフツーの話「アシュタール: リンゴをもらったという事実で起こる多くの未来」


(ここから)

今日のアシュタールからのメッセージをお伝えしますね^^

「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

起きたことは、事実起きているのです。

そこに(起きたことに)どういう意味をつけるかで、起きたことがあなたの

現実に関わって来るのです。


言っている意味が伝わっていますでしょうか?

たとえば、みんなにリンゴをひとつずつ配るとします。

まったく同じリンゴです(まったく同じリンゴなどありえないのですが、例えばです)


リンゴをもらったというのは事実です。

みんなに同じように起きた出来事です。

事実だけを見るならば、みんながひとつずつリンゴを持っている・・というだけです。

事実だけでは何も起きません。

そうですね。リンゴを持っている人がたくさんいるだけです。


ここから、そのリンゴをどうするか、どう見るかで人それぞれの現実が変わってきます。

リンゴが好きですぐに食べようとする人もいるでしょう。

食べ方もそのままかじりつく人もいるし、包丁で皮をむいて芯をとって8つに切って食べる

人もいるでしょう。

赤いリンゴじゃなくて、青いリンゴの方が好きなのになぁ~って思う人もいるでしょう。

そのリンゴを絵に描いてから食べようと思う人もいると思います。

リンゴが嫌いだからといって、捨ててしまう人もいます。

あの人がリンゴが好きだから、持っていってあげようと思う人もいるかもしれません。

ジュースにする人もいるかもしれません。


ひとつの同じリンゴであっても、それぞれのストーリーが出来ます。

出来事は出来事にすぎないのです。

その出来事にどのようなストーリーを持たせるかで、その人の次の行動が決まってきます。

ストーリーが決まれば、そのストーリー通りに動きますので、現実がそうなるのです。


起きたこと(事実)には何もパワーは無いのです。

そこにあなたの思考がストーリーをつくることで現実を動かすパワーが出来るのです。

同じリンゴを手にしても、それぞれ個々の現実はまったく違うものになるということです。

それは当然のことです。

まったく同じ感想を持つ人など存在しないのですから。

だからいろんな体験をすることが出来て面白いのです。

いろんな人がいろんな経験をすることが出来るから、とても面白い社会が出来るのです。


人はそれぞれの考え方があり、価値観があり、感性があります。

それを統一しようとすることは出来ないのです。

ムリなのです。


これが正しいリンゴの使い方です・・などと言える人は誰もいないのです。

正しいリンゴの食べ方、使い方などないのです。

みんな同じことを考え、同じ行動をしなさい・・などというのはムリなのです。

そんなことを強制したとしても、近視眼的には出来るかもしれませんがそれぞれの人の中に

不平不満が溜まりますので、長い目で見ればそれはとても危険な方向へとエネルギーは動いて

しまいます。


100人いれば、100の使い方、食べ方があります。

それを尊重してください。

それぞれのリンゴの使い方、食べ方をお互い尊重し、大切にしてください。

あなたはそう食べるのですね、私は好きではないので私は食べません。

それでいいのです。

せっかくもらったものを食べないなんて失礼じゃないですか、ちゃんと食べなさい・・

などと干渉する必要はないのです。

皮をむいて食べなさい、お皿に入れて食べなさい・・などと指図する権利など誰も

持っていないのです。

リンゴをどうしようとそれはその人の自由だということです。


起きたことにどういうストーリーをつけるか・・それはあなたの自由であり、

そのストーリーがあなたの現実を動かしていくことを理解してください。


お互いのストーリーを尊重しあえることが出来れば、とても気持ちの良い関係を築く

ことが出来ます。


あなたに愛をこめてお伝えいたします。」


ありがとう、アシュタール!感謝します。

(ここまで)


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。