So-net無料ブログ作成

破・常識 あつしの歴史ドラマ「アシュタール:モデルケースを追うのは止めましょう・・・・」 [アセンション]

破・常識 あつしの歴史ドラマ「アシュタール:モデルケースを追うのは止めましょう・・・・」



(ここから)

今日の破・常識!



日常に疑問を持つこと・・これが 目覚める・・と言うこと・・・らしい(笑)



では、アシュタールからのメッセージをお伝えいたします。







「こんにちは こうしてお話し出来ることに感謝します。

もう自分をいじめることはやめてください。

あなたは常に自分を批判、非難する思考にいます。

たとえばですが・・・私は目が小さい(二重ではない)から美しくない。

痩せていて手足が長く細くないから魅力的ではない。

髪にボリュームがない(薄い)。

年をとってしわが出来てきたから、もう魅力的ではない。

英語(他国後)が出来ないから恥ずかしい。

走るのが遅い。絵がうまく描けない。

話術がうまくないから 人を笑わせることが出来ない。

人付き合いがうまくなく 友達が少ないからダメだ。

学校や会社などの団体行動が嫌いで馴染めないダメな人間だ。

一流企業に入る能力がなく収入も少ないから 

社会の負け犬だ。結婚していない(出来ない)。

子供がいないから 一人前じゃない。・・・・・それぞれ違うでしょうが 

上げたらきりがないくらい 

あなたの頭の中は、自分への批判でいっぱいです。

一度自分の嫌いなところ イヤだと思っているところを 

列記してみてください。自分の好きなところを書くより 

たくさん書けるのではないでしょうか(笑)


どうして、そんなに自分をいじめなくてはいけないのでしょう?

すべて何もかも完璧に出来る人はいません。

すべて完璧に出来る人が素晴らしい人ではないのです。

何もかも完璧に非の打ちどころがないくらいな人はいない!・・

ということを分かってください。

あるところはAさんが自分より出来る・・

ここはBさんが自分より秀でている・・

と、それぞれの人の一つ一つと比べて 

自分は出来ないと思っているだけです。

Aさんより自分のほうが出来るところは 

見えないのです(見ようとしないで

自分が劣っているところばかりに

焦点を合わせるのです)誰かと自分を

比較すること自体がナンセンスだということから

分かって頂けると嬉しいです。


そんなに自分に対して批判ばかりしていたら 

苦しくて仕方がないですね。

そんな自分を好きになれるはずがありませんね。

もう自分を批判 非難 嫌うことはやめてください。

人と比べて自分をダメな人だと判断するのはやめてください。


自分を批判するのは、すべてにおいて 

モデルケースを目指しているからです。

モデルケース・・これがあるべき姿ですというものです。

あなたの世界は、すべてこのモデルケースをもとに作られています。

たとえば、身体も細く、手足が長く 

目も二重でぱっちりとして、色白で・・・

健康も血圧はここからここまでが正常、

それ以上それ以下は異常・・・語学は、何とかというテストで

何点以上が合格ライン・・・生活的には 

何歳くらいまでには結婚して・・・結婚相手はこんな条件・・

家も庭付き一軒家に住み 

車はこのクラス以上子供は二人以上持って 

年に何回かは家族旅行する・・・これが幸せな家族の姿・・・

書き出すときりがないくらい 

すべてにモデルケースが用意されていて

それを目指さないと社会では生きていけない

(落ちこぼれ、アウトローと呼ばれて社会では相手にしてもらえない)と

刷り込まれてしまっているのです。


このモデルケースに上手に嵌らない自分はダメだ!

こうして毎日 毎日 知らず知らずのうちに 

自分のダメなところばかりに

(ダメだと思ってしまっているところばかり)

焦点を合わせ、自分の批判を繰り返してしまっているのです。

出来るところは当たり前・・いやこのくらい出来ても意味はない・・

もっともっと出来るようにならなければ 

出来るなどとはおこがましくて人にはいえない・・

と結局自分で出来ることまで まだまだダメだと批判するのです。

そうして、どんどん どんどんセルフイメージ

(自分のイメージ)を低くしてしまい

毎日 毎日 自分はダメな存在だと自己暗示をかけているのです。

思考はエネルギーですから 

それをしっかりと認識する現実を創りだし

そしてまた ”ね、やっぱり自分はダメな存在でしょ”・・

と確認してしまうことが起きてくるのです。


もう自分をいじめる必要はありません。

誰かが創ってあなたに押し付けている

モデルケースを手放せばいいのです。

あなたがそのモデルケースに焦点をあわさなければ 

そのモデルケースは パワーを失い 

あなたに何も影響を及ぼすことが無くなります。

モデルケースを 手放してください。


手放すためには疑問を持ってください。

どうして目が大きくなければいければ 

美しいと思わないと思っているのでしょう?

どうして多国語が話せなければいけないのでしょう?

毎日多国語を話す機会がどれだけありますか?

仕事などで必要な場合以外 ほとんど使うことはないですね?

それなのに、たまにしか使うことがないのに 

どうしてぺらぺらと話が出来ないといって 

恥ずかしがらなければいけないのでしょうか?

どうして結婚していなければ 子供がいなければ一人前として

見られないと思ってしまっているのでしょうか?

これらは本当に小さなことですが 

この小さなことに疑問を持ってください。

それがモデルケースから出る 手放すためのカギです。

モデルケースは、3次元的領域の物の見かた、考え方です。

あなたが生まれてからずっと刷り込まれてしまったものなのです。


日常に疑問を持つこと・・これが目覚める・・ということです。

あなたのまわりにある現実(ホログラム)に疑問を持つということです。

ホログラムに疑問を持つことで 

そのホログラムは脆弱になっていきます。

確固たる現実(ホログラム) 決して自分ではどうしようも出来ない現実

(ホログラム)が脆弱になり緩み始めると 

ホログラムからあなたの真実の世界が

透けて見えるようになってきます。

ホログラムを疑ってください・・

小さなところからでいいですから疑問を持ってください・・・

そうすればホログラムが揺らぎ弱くなり透き通ってきます。

透き通ってそこから見える世界が、あなたの真実の世界です。

ホログラムに焦点をあわせて、それにパワーを与えないでください。

パワーを与えなければ、おのずと消えて行きます。

ホログラムが消えた所に あなたの真実の世界があります。


今日はとても長くなってしまいました(笑)

この情報が、あなたのハートに響けば嬉しいです。


あなたに愛をこめてお伝えいたします。」



ありがとう、アシュタール!


(ここまで)


みなさんをがっかりさせるかもしれませんが、モデルケースを追うことを止めてそこから

新たに見える世界と言うのは、これまでとガラッと違ったパラダイスのような世界と言う

ことではないと思ってます。


あくまでも日常の延長線上にありますが、自分自身が様々なことに束縛されない世界が

そこに現れてきます。それは人によって違いがあるかもしれませんが、それまでモデルケース

を追っていたときのような狭い世界ではなく、もっと広々とした自由な世界です。

それをどう見るかどうかだけのことですが、そこには大きな違いがあります。


他人と比較することでいつも競争していなければならないし、他人をうらやんだり、嫉妬心を

持ってその人を見たり、他人から見下されたり、上司に文句を言われたり、仕事の出来が

悪いことで悩んだり、出世レースに巻き込まれしんどい思いをしたりといつもストレスを抱えて

いるような状態にあると思いますが、そのような世界ではなくなります。

それが5次元の世界です。





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。